コマンドライン構文の DISM のグローバル オプションDISM Global Options for Command-Line Syntax

グローバル オプションは、ほとんどの展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールでサービスとイメージング オプションに追加できます。Global options can be added to most of the servicing and imaging options in the Deployment Image Servicing and Management (DISM) tool. コマンド ライン ヘルプにアクセスしてを使用するファイルの場所を指定、およびログ記録を制御するこれらのオプションを使用できます。These options can be used to access the command-line help, specify the location of files to use, and control logging.

コマンドを提供するための基本構文Basic Syntax for Servicing Commands

使用できるように、Windows® イメージを適用またはマウントした後とフラット ファイル構造をオフライン DISM グローバル オプション、イメージ、およびオフラインのイメージの場所を更新するサービスのオプションを指定することができます。After you have mounted or applied a Windows® image so that it is available offline as a flat file structure, you can specify any DISM global options, the servicing option that will update your image, and the location of the offline image. コマンド ラインあたり 1 つだけのサービス オプションを使用することができます。You can use only one servicing option per command line.

実行中のコンピューターをサービスする場合は使用できます、 /onlineオフライン Windows イメージの場所を指定する代わりにオプション。If you are servicing a running computer, you can use the /Online option instead of specifying the location of the offline Windows image. コマンドとイメージを提供するために使用できるオプションは、サービスする Windows オペレーティング システムによって異なります。The commands and options that are available for servicing an image depend on which Windows operating system you are servicing. イメージがオフラインかどうかや、実行中のオペレーティング システムにも依存します。They also depend on whether the image is offline or a running operating system. すべてのコマンドは、オフライン Windows イメージで機能します。All commands work on an offline Windows image. コマンドのサブセットは、実行中のオペレーティング システムを提供するために使用できます。Subsets of the commands are available for servicing a running operating system.

DISM サービス コマンドの基本構文です。The base syntax for DISM servicing commands is:

DISM.exe {/イメージ:<パス_に_イメージ> | /online}[ dism_グローバル_オプション] {サービス_オプション} [ <サービス_引数>]DISM.exe {/Image:<path_to_image> | /Online} [dism_global_options] {servicing_option} [<servicing_argument>]

サービス コマンドの詳細については、Deployment Image Servicing and Management (DISM) コマンド ライン オプションを参照してください。For more information about servicing commands, see Deployment Image Servicing and Management (DISM) Command-Line Options.

コマンドのイメージングの基本構文Basic Syntax for Imaging Commands

グローバル オプションの多くは、コマンドのイメージを入手できます。Many of the global options are also available for imaging commands. DISM のイメージ作成コマンドの基本構文です。The base syntax for DISM imaging commands is:

DISM.exe [ dism_グローバル_オプション] {サービス_オプション} [ <サービス_引数>]DISM.exe [dism_global_options] {servicing_option} [<servicing_argument>]

DISM を使用して、イメージの管理を適用するか、イメージをマウントするなどの詳細については、DISM イメージ管理コマンド ライン オプションを参照してください。For more information about using DISM for image management, such as applying or mounting an image, see DISM Image Management Command-Line Options.

サービスとコマンドのイメージングのグローバル オプションGlobal Options for Servicing and Imaging Commands

次の DISM グローバル オプション オフライン イメージに対して利用できます。The following DISM global options are available for an offline image.

DISM.exe/image:<パス_に_オフライン_イメージ_ディレクトリ> [ /WinDir: <パス_に_%windir% > ] [ /LogPath: < パス_に_ログ_file.log > ] [ /LogLevel:<n> ][ /SysDriveDir:<パス_に_bootMgr_ファイル> ] [/Quiet ] [ /NoRestart ] [ /ScratchDir: < パス_に_ゼロ_ディレクトリ> ] [ 英語/ ] [形式:<出力_形式> ]DISM.exe /image:<path_to_offline_image_directory> [/WinDir:<path_to_%WINDIR%>] [/LogPath:<path_to_log_file.log>] [/LogLevel:<n>] [/SysDriveDir:<path_to_bootMgr_file>] [/Quiet] [/NoRestart] [/ScratchDir:<path_to_scratch_directory>] [/English] [/Format:<output_format> ]

次の DISM グローバル オプションの実行中のオペレーティング システムを利用できます。The following DISM global options are available for a running operating system.

DISM.exe/online [ /LogPath:<パス_に_ログ_ファイル> ] [ /LogLevel:<n > ] [ /SysDriveDir: < パス_に_bootMgr_ファイル> ] [ /quiet ] [ /NoRestart ] [ /ScratchDir:<パス_に_ゼロ_ディレクトリ> ] [英語/ ] [形式: < 出力_形式> ]DISM.exe /online [/LogPath:<path_to_log_file>] [/LogLevel:<n>] [/SysDriveDir:<path_to_bootMgr_file>] [/Quiet] [/NoRestart] [/ScratchDir:<path_to_scratch_directory>] [/English] [/Format:<output_format> ]

次の表では、各 DISM グローバル オプションの使用方法の説明を提供します。The following table provides a description of how each DISM global option can be used. これらのオプションは大文字小文字が区別されません。These options are not case sensitive.

グローバル オプションGlobal option 説明Description

/Get-Help/Get-Help

/?/?

使用可能な DISM コマンド ライン オプションと引数に関する情報が表示されます。Displays information about available DISM command-line options and arguments.

使用して、 /でしょうか。Use the /? または/Get-Helpなど、イメージ管理コマンドに関するヘルプを表示するイメージ ファイルを指定することがなくオプション/Mount-Imageします。or /Get-Help option without specifying an image file to get help on image management commands such as /Mount-Image.

以下に例を示します。Example:

Dism/でしょうか。Dism /?

イメージ ファイルを指定、 /イメージ:<path_to_an_image >オプションを使用するか、 /onlineサービスに関するヘルプを表示するオプションなど、イメージのコマンド/Get-Packagesします。Specify an image file with the /Image:<path_to_an_image> option or use the /Online option to get help on the servicing command in the image, such as /Get-Packages. イメージを提供するために使用できるオプションは、イメージで提供されるサービス テクノロジに依存します。The options that are available for servicing an image depend on the servicing technology that is available in your image.

以下に例を示します。Example:

Dism/image:C:\test\offline/でしょうか。Dism /image:C:\test\offline /?

Dism/online/でしょうか。Dism /online /?

追加のヘルプを表示するには、コマンド ライン オプションを指定します。You can display additional Help by specifying a command-line option.

以下に例を示します。Example:

Dism/image:C:\test\offline/Add-Driver/でしょうか。Dism /image:C:\test\offline /Add-Driver /?

Dism/image:C:\test\offline/Add-Package/でしょうか。Dism /image:C:\test\offline /Add-Package /?

Dism/online/Get-Drivers/でしょうか。Dism /online /Get-Drivers /?

/LogPath:<file.log ログへのパス>/LogPath:<path to log file.log>

ログの記録先の完全なパスとファイル名を指定します。Specifies the full path and file name to log to. 設定しないかどうか、既定値は: %WINDIR%\Logs\Dism\dism.logIf not set, the default is: %WINDIR%\Logs\Dism\dism.log

重要 Important

Windows PE では、既定のディレクトリは RAMDISK スクラッチ領域に 32 mb できます。In Windows PE, the default directory is the RAMDISK scratch space which can be as low as 32 MB.

ログ ファイルは自動的にアーカイブされます。The log file will automatically be archived. アーカイブされたログ ファイルはファイル名に .bak が追加されて保存され、新たなログ ファイルが生成されます。The archived log file will be saved with .bak appended to the file name and a new log file will be generated. ログ ファイルがアーカイブされるたびに、.bak ファイルが上書きされます。Each time the log file is archived the .bak file will be overwritten.

ドメインに参加していないネットワーク共有を使用するとき、 netコマンドと共に、DISM ログのログのパスを設定する前に、アクセス許可を設定するドメインの資格情報。When using a network share that is not joined to a domain, use the net use command together with domain credentials to set access permissions before you set the log path for the DISM log.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /LogPath:AddPackage.log /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cabDism /image:C:\test\offline /LogPath:AddPackage.log /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab

/LogLevel:<n>/LogLevel:<n>

ログに表示される最大の出力レベルを指定します。Specifies the maximum output level shown in the logs. 既定のログ レベルには 3 です。The default log level is 3. 指定できる値は次のとおりです。The accepted values are as follows:

1 = エラーのみ1 = Errors only

2 = エラーと警告2 = Errors and warnings

3 = エラー、警告、および情報3 = Errors, warnings, and informational

4 = すべての情報、およびデバッグ出力4 = All of the information listed previously, plus debug output

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /LogPath:AddPackage.log /LogLevel:1 /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cabDism /image:C:\test\offline /LogPath:AddPackage.log /LogLevel:1 /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab

/Image:<path_to_offline_image_directory>/Image:<path_to_offline_image_directory>

これは、サービスがオフラインの Windows イメージのルート ディレクトリへの完全パスです。This is the full path to the root directory of the offline Windows image that you will service. Windows をという名前のディレクトリがルート ディレクトリのサブディレクトリではない場合/WinDir指定する必要があります。If the directory named Windows is not a subdirectory of the root directory, /WinDir must be specified.

このオプションは併用できません/onlineします。This option cannot be used with /Online.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /LogPath:AddPackage.log /LogLevel:1 /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cabDism /image:C:\test\offline /LogPath:AddPackage.log /LogLevel:1 /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab

/WinDir:<path_to_%WINDIR%>/WinDir:<path_to_%WINDIR%>

使用される、 /imageイメージのパスに関連する Windows ディレクトリへのパスを指定するオプション。Used with the /Image option to specify the path to the Windows directory relative to the image path. Windows ディレクトリへの完全パスではなく、相対パスを指定する必要があります。This cannot be the full path to the Windows directory; it should be a relative path. 指定しない場合、オフライン イメージ ディレクトリのルートにある Windows ディレクトリが既定で使用されます。If not specified, the default is the Windows directory in the root of the offline image directory.

このオプションでは使用できません、 /onlineオプション。This option cannot be used with the /Online option.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /WinDir:WinNT /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cabDism /image:C:\test\offline /WinDir:WinNT /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab

/Online/Online

現在実行中のオペレーティング システムで実行されるアクションを指定します。Specifies that the action is to be taken on the operating system that is currently running.

このオプションでは使用できません、 /imageまたは/WinDirオプション。This option cannot be used with the /Image or the /WinDir option. ときに/onlineはオンライン イメージが自動的に検出する場合は、Windows ディレクトリを使用します。When /Online is used the Windows directory for the online image is automatically detected.

以下に例を示します。Example:

Dism/online/Get-PackagesDism /online /Get-Packages

/SysDriveDir:<path_to_sysdrive_directory>/SysDriveDir:<path_to_sysdrive_directory>

使用/SysDriveDirを Windows PE 環境からインストールされた Windows イメージのサービスを提供します。Use /SysDriveDir to service an installed Windows image from a Windows PE environment.

/SysDriveDirオプションは、BootMgr ファイルの場所へのパスを指定します。The /SysDriveDir option specifies the path to the location of the BootMgr files. これは、コマンドの実行元でないパーティションに BootMgr ファイルが配置されている場合にのみ指定する必要があります。This is necessary only when the BootMgr files are located on a partition other than the one that you are running the command from.

たとえば、Windows PE コマンド プロンプトで、次のように入力します。For example, at a Windows PE command prompt, type:

Dism /image:C:\Windows /SysDriveDir:C:</strong>Dism /image:C:\Windows /SysDriveDir:C:</strong>

/Quiet/Quiet

情報と進行状況の出力をコンソールにオフにします。Turns off information and progress output to the console. エラー メッセージのみが表示されます。Only error messages will be displayed.

Quiet モードで実行するには、このオプションは、設定、コマンド ライン ユーティリティを実行するたびにする必要があります。To run in quiet mode, this option must be set every time that the command-line utility is run.

注: Note

使用しないでください、 /quietオプションと/getコマンド。Do not use the /Quiet option with /Get commands. 情報は表示されません。No information will be displayed.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab /quietDism /image:C:\test\offline /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab /quiet

/NoRestart/NoRestart

再起動を抑制します。Suppresses reboot. 再起動が必要ない場合、このコマンドでは何も実行されません。If a reboot is not required, this command does nothing. このオプションは、再起動のプロンプトから、アプリケーションで保持されます (場合に自動的に再起動されないようにするか、 /quietオプションを使用)。This option will keep the application from prompting for a restart (or keep it from restarting automatically if the /Quiet option is used).

以下に例を示します。Example:

Dism /online /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab /NoRestart /quietDism /online /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab /NoRestart /quiet

/ScratchDir:<path_to_scratchdirectory>/ScratchDir:<path_to_scratchdirectory>

サービス中に一時的に使用するためのファイルを抽出するときに使用される一時ディレクトリを指定します。Specifies a temporary directory that will be used when extracting files for temporary use during servicing. このディレクトリはローカルに存在する必要があります。The directory must exist locally. 指定しない場合、\Windows<em>%temp% DISM の実行ごとにランダムに生成された 16 進値のサブディレクトリ名、ディレクトリを使用します。If not specified, the \Windows<em>%Temp% directory will be used, with a subdirectory name of randomly generated hexadecimal value for each run of DISM. 各操作の終了後、このスクラッチ ディレクトリ内の項目は削除されます。Items in the scratch directory are deleted after each operation.

インストール時のパッケージ (.cab または .msu ファイル) の展開用として、ネットワーク共有の場所をスクラッチ ディレクトリとして使用しないでください。You should not use a network share location as a scratch directory to expand a package (.cab or .msu file) for installation. 操作の実行中にファイルの展開に一時的に使用するディレクトリはローカル ディレクトリであることが必要です。The directory used for extracting files for temporary usage during servicing should be a local directory.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /ScratchDir:C:\Scratch /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cabDism /image:C:\test\offline /ScratchDir:C:\Scratch /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab

/English/English

英語では、コマンドライン出力を表示します。Displays command-line output in English.

注: Note

一部のリソースは、英語で表示できません。Some resources cannot be displayed in English.

使用する場合、このオプションはサポートされていません、 DISM/でしょうか。This option is not supported when you use the DISM /? コマンドなど) を指定します。command.

以下に例を示します。Example:

Dism /Get-ImageInfo /ImageFile:C:\test\offline\install.wim /index:1 /EnglishDism /Get-ImageInfo /ImageFile:C:\test\offline\install.wim /index:1 /English

/Format:{Table | List}/Format:{Table | List}

レポートの出力形式を指定します。Specifies the report output format.

以下に例を示します。Example:

Dism/Image:C:\test\offline Get Apps/Format:tableDism /Image:C:\test\offline /Get-Apps /Format:table

関連トピックRelated topics

Deployment Image Servicing and Management (DISM) コマンド ライン オプションDeployment Image Servicing and Management (DISM) Command-Line Options

DISM アプリケーション サービスのコマンド ライン オプションDISM Application Servicing Command-Line Options

DISM Windows エディションのサービスのコマンド ライン オプションDISM Windows Edition-Servicing Command-Line Options

DISM の言語と地域と言語サービスのコマンド ライン オプションDISM Languages and International Servicing Command-Line Options

DISM のオペレーティング システム パッケージがサービスのコマンド ライン オプションDISM Operating System Package Servicing Command-Line Options

DISM のドライバーがサービスのコマンド ライン オプションDISM Driver Servicing Command-Line Options

DISM 無人サービス コマンド ライン オプションDISM Unattended Servicing Command-Line Options

DISM の Windows PE Servicing コマンド ライン オプションDISM Windows PE Servicing Command-Line Options