DISM イメージ管理のコマンド ライン オプション

展開イメージのサービスと管理 (DISM.exe) は、Windows イメージ (.wim) ファイルまたは仮想ハード ディスク (.vhd または .vhdx) をサービスのためにマウントします。 また、DISM イメージ管理コマンドを使用すると、イメージ インデックス番号を一覧表示したり、マウントしようとしているイメージのアーキテクチャを確認したり、イメージを追加、適用、キャプチャ、削除したりすることもできます。 イメージを更新したら、そのマウントを解除し、加えた変更をコミットまたは破棄する必要があります。

このトピックでは、イメージ管理に関連した DISM コマンドについて説明します。 他のコマンド ライン オプションを確認するには、展開イメージのサービスと管理 (DISM) のコマンド ライン オプションに関するページを参照してください。 一般的な DISM シナリオの詳細については、DISM の概要に関するページを参照してください。

コマンド ライン ツールに加えて、DISM は Windows PowerShell でも使用できます。 詳細については、Windows PowerShell での展開イメージのサービスと管理 (DISM) コマンドレットに関するページを参照してください。

.wim、.vhd、.vhdx ファイルをマウント、マウント解除、キャプチャ、追加、削除、クエリするには、次のコマンドを使用できます。 これらのオプションでは大文字と小文字が区別されません

/Append-Image

.wim ファイルにイメージを追加します。 /Append-Image は、 /ImageFile 引数で指定された既存の .wim ファイル内のリソースと新しいファイルを比較し、各ファイルが 1 回しかキャプチャされないように各固有のファイルのコピーを 1 つのみ格納します。 .wim ファイルには、1 つの圧縮の種類だけを割り当てることができます。 そのため、圧縮の種類が同じファイルしか追加できません。

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード ディスク (VHD) ファイルには適用されません。

重要

/Append-Image のオプションを実行するために十分なディスク領域があることを確認してください。 イメージが追加されている間にディスク領域が不足すると、.wim ファイルが破損することがあります。

構文:

DISM.exe /Append-Image /ImageFile:<path_to_image_file> /CaptureDir:<source_directory> /Name:<image_name> [/Description:<image_description>] [/ConfigFile:<configuration_file.ini>] [/Bootable] /WIMBoot [/CheckIntegrity] [/Verify] [/NoRpFix]
パラメーター 説明
/WIMBoot Windows イメージ ファイル ブート (WIMBoot) 構成のイメージを追加するには、/WIMBoot を使用します。 これは、WIMBoot ファイルとしてキャプチャまたはエクスポートされている Windows 8.1 イメージにのみ適用されます。 この機能は、Windows 10 ではサポートされていません。
/ConfigFile イメージのキャプチャ コマンドと圧縮コマンドの除外リストを含む構成ファイルの場所を指定します。 詳細については、DISM 構成リストと WimScript.ini ファイルに関するページを参照してください。
/Bootable ボリューム イメージを起動可能としてマークします。 この引数は、Windows プレインストール環境 (WinPE) イメージに対してのみ使用できます。 .wim ファイルでは、1 つのボリューム イメージしか起動可能としてマークできません。
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。
/NoRpFix 再解析ポイント タグの修正を無効にします。 再解析ポイントとは、ファイル システム上の他のファイルへのリンクを含んでいるファイルです。 /NoRpFix が指定されていない場合、/ImageFile で指定された値の外部のパスに解決される再解析ポイントはキャプチャされません。

例:

Dism /Append-Image /ImageFile:install.wim /CaptureDir:D:\ /Name:Drive-D

/Apply-FFU

FFU の場合、このコマンドは、指定された物理ドライブに Full Flash Utility (FFU) または分割 FFU (SFU) を適用します。

構文:

/Apply-Ffu /ImageFile:<path_to_image_file> /ApplyDrive:<physical_drive_path> [/SFUFile:<pattern>]
パラメーター 説明
/ImageFile 適用される FFU イメージ ファイルのパスと名前。
/ApplyDrive イメージングされる物理ドライブへのパス。
/SFUfile<pattern> 省略可能。圧縮なしでキャプチャされる分割 FFU の場合。 分割 FFU ファイル (SFU) を参照するには、/SFUFile を使用します。 pattern は、分割ファイルの名前付けパターンと場所です。 名前付けパターンを指定するときはワイルドカード文字を使用します。 たとえば、"E:\image\install*.sfu" は、E:\image ディレクトリ内のすべての分割ファイル (install1.sfu、install2.sfu など) を適用します。

例:

DISM.exe /Apply-Ffu /ImageFile:flash.ffu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive0

/Apply-Image

WIM の場合、このコマンドは、指定されたパーティションに Windows イメージ ファイル (.wim) または分割 Windows イメージ (.swm) ファイルを適用します。 Windows 10 バージョン 1607 から、DISM は拡張属性 (EA) を適用およびキャプチャできます。

FFU の場合、このコマンドは、指定されたドライブに Full Flash Update (.ffu) イメージを適用します。 仮想ハード ディスク (.vhdx) ファイルからのイメージの適用はサポートされていませんが、このコマンドを使用して VHD に完全なイメージを適用できます。 FFU は Windows 10 にのみ適用されます。 FFU を適用するためにこのコマンドを使用できますが、代わりに /apply-ffu を使用してください。

このオプションでは仮想ハード ディスク (VHD) からのイメージの適用はサポートされていませんが、このコマンドを使用して、アタッチ、パーティション分割、フォーマットされている .vhdx ファイルにイメージを適用できます。

WIM の引数:

DISM.exe /Apply-Image /ImageFile:<path_to_image_file> [/SWMFile:<pattern>] /ApplyDir:<target_directory> {/Index:< image_index> | /Name:<image_name>} [/CheckIntegrity] [/Verify] [/NoRpFix] [/ConfirmTrustedFile] [/WIMBoot (deprecated)] [/Compact] [/EA]

FFU の引数

/apply-ffu を参照してください。

パラメーター 説明
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。
/NoRpFix 再解析ポイント タグの修正を無効にします。 再解析ポイントとは、ファイル システム上の他のファイルへのリンクを含んでいるファイルです。 /NoRpFix が指定されていない場合、/ImageFile で指定された値の外部のパスに解決される再解析ポイントはキャプチャされません。
/SWMFile 分割 .wim ファイル (SWM) を参照できるようにします。 pattern は、分割ファイルの名前付けパターンと場所です。 名前付けパターンを指定するときはワイルドカード文字を使用します。 たとえば、"E:\image\install*.swm" は、E:\image ディレクトリ内のすべての分割ファイル (install1.swm、install2.swm など) を適用します。
/ConfirmTrustedFile Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 上の信頼されたデスクトップのイメージを検証します。 このオプションは、WinPE 4.0 以降を実行しているコンピューター上でのみ実行できます。 WinPE で /ConfirmTrustedFile オプションと共に /Apply-Image を使用している場合は、常に物理メディアの場所を指す /ScratchDir オプションを指定します。 これにより、短いファイル名を常に使用できるようになります。 /ScratchDir オプションの既定の動作の詳細については、コマンド ライン構文での DISM のグローバル オプションに関するページを参照してください。 Windows 10 バージョン 1607 からは、/EA を使用して拡張属性を適用できます。
/WIMBoot Windows イメージ ファイル ブート (WIMBoot) 構成のイメージを追加するには、/WIMBoot を使用します。 これは、WIMBoot ファイルとしてキャプチャまたはエクスポートされている Windows 8.1 イメージにのみ適用されます。 この機能は、Windows 10 ではサポートされていません。
/Compact イメージをコンパクト モードで適用してドライブ領域を節約します。 WIMBoot を置き換えます。 Windows 10 デスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、Education) の場合のみ。

注: /ScratchDir オプションを使用してイメージをコンパクト モードで適用している場合は、ScratchDir フォルダーが FAT32 でフォーマットされたパーティション上ではないことを確認してください。 FAT32 パーティションを使用すると、OOBE 中に予期せず再起動することがあります。
/EA Windows 10 バージョン 1607 の新機能。 拡張属性を適用します。
/ApplyDrive DeviceID を使用して論理ドライブを指定します。 コマンド ラインからデバイス ID を取得するには、「wmic diskdrive list brief」と入力します。 注: 説明に "PhysicalDrive" という名前を持つ VHD (.\PhysicalDrive2 など) が表示される可能性があります。
/SFUFile 分割 FFU ファイル (SFU) を参照するには、/SFUFile を使用します。 pattern は、分割ファイルの名前付けパターンと場所です。

例:

Dism /apply-image /imagefile:install.wim /index:1 /ApplyDir:D:\
Dism /apply-image /imagefile:install.swm /swmfile:install.swm /index:1 /applydir:D:

/Capture-CustomImage

特定の install.wim ファイルに基づく増分ファイル変更を WIMBoot イメージの新しいファイル custom.wim にキャプチャします。 空のディレクトリはキャプチャできません。 キャプチャされたファイルはポインター ファイルに変換されます。 custom.wim は、同じフォルダーの install.wim の横に配置されます。

重要

  • /Capture-CustomImage は、カスタマイズ ファイルのみをキャプチャします。 これは、インストール ファイルを新しい WIM にキャプチャするときには使用できません。
  • install.wim ファイルと custom.wim ファイルは一緒に保持してください。 custom.wim ファイルと install.wim ファイルのどちらも交換しないでください。
  • カスタム イメージは 1 回しかキャプチャできません。 増分ファイル変更をキャプチャした後に custom.wim を削除または再キャプチャしないでください。

構文:

Dism /Capture-CustomImage /CaptureDir:<source_directory> [/ConfigFile:<configuration_file.ini>] [/CheckIntegrity] [/Verify] [/ConfirmTrustedFile]
パラメーター 説明
/CaptureDir イメージが適用およびカスタマイズされたディレクトリを指定します。
/ConfigFile イメージのキャプチャ コマンドと圧縮コマンドの除外リストを含む構成ファイルの場所を指定します。 詳細については、DISM 構成リストと WimScript.ini ファイルに関するページを参照してください。
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。
[/ConfirmTrustedFile Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 上の信頼されたデスクトップのイメージを検証します。 このオプションは、WinPE 4.0 以降を実行しているコンピューター上でのみ実行できます。

例:

Dism /Capture-CustomImage /CaptureDir:D:\

/Capture-FFU

物理ドライブのパーティションのイメージを新しい .ffu ファイルにキャプチャします。

イメージは、Full Flash Utility イメージ (.ffu) ファイルまたは一連の分割 ffu (.sfu) ファイルとしてキャプチャできます。

構文:

Dism /Capture-Ffu /ImageFile:<path_to_image_file> /CaptureDrive:<physical_drive_path> /Name:<image_name> [/Description:<image_description>] [/PlatformIds:<platform_ids>] [/Compress:{default|none}] 
パラメーター 説明
/CaptureDrive キャプチャされる物理ドライブ。 diskpart を使用してドライブ番号情報を取得できます。 形式 \\.\PhysicalDriveX を使用します。ここで、X は diskpart によって提供されるディスク番号です。
/PlatformIds デスクトップ キャプチャには必要ありません。 イメージに追加される (セミコロンで区切られた) 1 つ以上のプラットフォーム ID を指定します。 指定されていない場合、プラットフォーム ID は '*' になります。
/Compress キャプチャ時に使用される圧縮の種類を指定します。 DISM では圧縮された FFU の分割がサポートされていないため、FFU を分割する場合は none を指定します。

例:

デスクトップ FFU をキャプチャします。

DISM.exe /Capture-Ffu /ImageFile:install.ffu /CaptureDrive:\\.\PhysicalDrive0 /Name:Drive0

分割されるデスクトップ FFU をキャプチャします。

DISM.exe /Capture-Ffu /ImageFile:install.ffu /CaptureDrive:\\.\PhysicalDrive0 /Name:Drive0 /Compress:none

/Capture-Image

ドライブのイメージを新しい .wim ファイルにキャプチャします。 キャプチャされたディレクトリには、すべてのサブフォルダーとデータが含まれます。 空のディレクトリはキャプチャできません。 ディレクトリには、少なくとも 1 つのファイルが含まれている必要があります。 DISM では、必要に応じて、拡張された属性 (EA) を適用してキャプチャすることもできます。

イメージは、Windows イメージ (.wim) ファイルまたは一連の分割 Windows イメージ (.swm) ファイルとしてキャプチャできますが、このオプションでは、仮想ハード ディスク (.vhd/.vhdx) ファイルのキャプチャはサポートされていません。 FFU をキャプチャすることを検討している場合は、/Capture-FFU を参照してください。

構文:

Dism /Capture-Image /ImageFile:<path_to_image_file> /CaptureDir:<source_directory> /Name:<image_name> [/Description:<image_description>]
[/ConfigFile:<configuration_file.ini>] {[/Compress:{max|fast|none}] [/Bootable] | [/WIMBoot]} [/CheckIntegrity] [/Verify] [/NoRpFix] [/EA]
パラメーター 説明
/ConfigFile イメージのキャプチャ コマンドと圧縮コマンドの除外リストを含む構成ファイルの場所を指定します。 詳細については、DISM 構成リストと WimScript.ini ファイルに関するページを参照してください。
/Compress 初期のキャプチャ操作に使用される圧縮の種類を指定します。 maximum オプションは最高の圧縮を提供しますが、イメージのキャプチャに時間がかかります。 fast オプションはより高速なイメージ圧縮を提供しますが、結果として得られるファイルは maximum オプションを使用して圧縮されるファイルより大きくなります。 これは、この引数を指定しなかった場合に使われる既定の圧縮タイプです。 none オプションでは、キャプチャされたイメージがまったく圧縮されません。
/Bootable ボリューム イメージを起動可能としてマークします。 この引数は、WinPE イメージに対してのみ使用できます。 .wim ファイルでは、1 つのボリューム イメージしか起動可能としてマークできません。
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。
/NoRpFix 再解析ポイント タグの修正を無効にします。 再解析ポイントとは、ファイル システム上の他のファイルへのリンクを含んでいるファイルです。 /NoRpFix が指定されていない場合、/ImageFile で指定された値の外部のパスに解決される再解析ポイントはキャプチャされません。
/WIMBoot Windows イメージ ファイル ブート (WIMBoot) 構成のイメージを追加するには、/WIMBoot を使用します。 これは、WIMBoot ファイルとしてキャプチャまたはエクスポートされている Windows 8.1 イメージにのみ適用されます。 この機能は、Windows 10 ではサポートされていません。
/EA 拡張属性をキャプチャします。 拡張属性をキャプチャするには、このスイッチを明示的に指定する必要があります。 WIM イメージにキャプチャされるコンポーネントで拡張属性ビットが設定されている場合、DISM はこれらのビットをキャプチャします。 これらのビットが設定されていない場合、DISM はこのビットを設定しません。 これらの拡張属性ビットは、AppX パッケージ コンポーネントや Win32 アプリケーション コンポーネントではなく、CAB パッケージおよびドライバーのインボックス コンポーネントにのみ存在します。 ユーザー モードの拡張属性のみがキャプチャされるため、名前にプレフィックス "$Kernel." を含む拡張属性はスキップされます。 Windows 10 バージョン 1607 の DISM を使用して拡張属性をキャプチャし、以前のバージョンの DISM を使用してイメージを適用した場合、操作は成功しますが、適用されたイメージに拡張属性は設定されません。

例:

Dism /Capture-Image /ImageFile:install.wim /CaptureDir:D:\ /Name:Drive-D
dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\ /ImageFile:"C:\WindowsWithOffice.wim" /Name:"Chinese Traditional" /ea

/Cleanup-Mountpoints

破損しているマウントされたイメージに関連付けられたすべてのリソースを削除します。 このコマンドでは、既にマウントされているイメージのマウントは解除されず、 /Remount-Image コマンドを使用して回復できるイメージの削除も行われません。

例:

Dism /Cleanup-Mountpoints

詳細については、「Windows イメージの修復」を参照してください。

/Commit-Image

マウントされたイメージに加えた変更を適用します。 /Unmount-Image オプションが使用されるまで、イメージはマウントされたままになります。

構文:

Dism /Commit-Image /MountDir:<path_to_mount_directory> [/CheckIntegrity] [/Append]
パラメーター 説明
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/Append 元のイメージを上書きするのではなく、既存の .wim ファイルに変更されたイメージを追加します。 /CheckIntegrity および /Append 引数は、仮想ハード ディスク (VHD) ファイルには適用されません。

例:

Dism /Commit-Image /MountDir:C:\test\offline

/Delete-Image

複数のボリューム イメージを含む .wim ファイルから指定されたボリューム イメージを削除します。 このオプションでは、メタデータ エントリと XML エントリのみが削除されます。 ストリーム データは削除されず、.wim ファイルの最適化も行われません。

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード ディスク (VHD) ファイルには適用されません。

構文:

Dism /Delete-Image /ImageFile:<path_to_image_file> {/Index:<image_index> | /Name:<image_name>} [/CheckIntegrity]
パラメーター 説明
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。

例:

Dism /Delete-Image /ImageFile:install.wim /Index:1

/Export-Image

指定されたイメージのコピーを別のファイルにエクスポートします。 ソース ファイルと宛先ファイルでは、同じ圧縮の種類が使用されている必要があります。 また、新しいイメージ ファイルにエクスポートすることによりイメージを最適化することもできます。 イメージを変更すると、DISM により、イメージの全体のサイズを増やす追加のリソース ファイルが格納されます。 イメージをエクスポートすると、不要なリソース ファイルが削除されます。

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード ディスク (VHD) ファイルには適用されません。

構文:

Dism /Export-Image /SourceImageFile:<path_to_image_file> {/SourceIndex:<image_index> | /SourceName:<image_name>} /DestinationImageFile:<path_to_image_file> [/DestinationName:<Name>] [/Compress:{fast|max|none|recovery}] [/Bootable] [/WIMBoot] [/CheckIntegrity]
パラメーター 説明
/SWMFile 分割 .wim ファイルを参照できるようにします。 pattern は、分割ファイルの名前付けパターンと場所です。 また、ワイルドカード文字を指定することもできます。 たとえば、"E:\image\install*.swm" は、E:\image ディレクトリ内の分割ファイル (install1.swm、install2.swm など) をエクスポートします。
/Compress 初期のキャプチャ操作に使用される圧縮の種類を指定します。 /Compress 引数は、イメージを既存の .wim ファイルにエクスポートする場合には適用されません。この引数は、イメージを新しい .wim ファイルにエクスポートする場合にのみ使用できます。 maximum オプションは最高の圧縮を提供しますが、イメージのキャプチャに時間がかかります。 fast オプションはより高速なイメージ圧縮を提供しますが、結果として得られるファイルは maximum オプションを使用して圧縮されるファイルより大きくなります。 これは、この引数を指定しなかった場合に使われる既定の圧縮タイプです。 プッシュボタン リセット イメージをエクスポートするには、recovery オプションを使用します。 結果として得られるファイルのサイズがはるかに小さくなります。それにより、プッシュボタン リセット イメージを回復ドライブに保存するために必要なディスク領域の量が大幅に削減されます。 宛先ファイルは、.esd 拡張子を使用して指定する必要があります。 none オプションでは、キャプチャされたイメージがまったく圧縮されません。
/Bootable ボリューム イメージを起動可能としてマークします。 この引数は、WinPE イメージに対してのみ使用できます。 .wim ファイルでは、1 つのボリューム イメージしか起動可能としてマークできません。
/WIMBoot Windows イメージ ファイル ブート (WIMBoot) 構成のイメージを追加するには、/WIMBoot を使用します。 これは、WIMBoot ファイルとしてキャプチャまたはエクスポートされている Windows 8.1 イメージにのみ適用されます。 この機能は、Windows 10 ではサポートされていません。
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。

例:

Dism /Export-Image /SourceImageFile:install.wim /SourceIndex:1 /DestinationImageFile:install2.wim

/Get-ImageInfo

.wim、.ffu、.vhd、または .vhdx ファイルに含まれているイメージに関する情報を表示します。 /Index または /Name 引数と共に使用されている場合は、指定されたイメージに関する情報が表示されます。これは、イメージが WIMBoot イメージである場合に含まれます。イメージが Windows 8.1 である場合は、「DISM を使ったイメージまたはコンポーネントのインベントリの取得」を参照してください。 /Name 引数は、VHD ファイルには適用されません。 FFU および VHDX ファイルの場合は /Index:1 を指定する必要があります。

構文:

Dism /Get-ImageInfo /ImageFile:<path_to_image.wim> [{/Index:<Image_index> | /Name:<Image_name>}]

例:

Dism /Get-ImageInfo /ImageFile:C:\test\offline\install.wim
Dism /Get-ImageInfo /ImageFile:C:\test\images\myimage.vhd /Index:1

/Get-MountedImageInfo

現在マウントされている .ffu、.vhd、.vhdx、.wim イメージの一覧のほか、イメージが有効かどうか、読み取りまたは書き込みのアクセス許可、マウント位置、マウントされたファイル パス、マウントされたイメージ インデックスなどのマウントされたイメージに関する情報を返します。

例:

Dism /Get-MountedImageInfo

/Get-WIMBootEntry

指定されたディスク ボリュームの WIMBoot 構成エントリを表示するには、/Get-WIMBootEntry を使用します。

WIMBoot 構成エントリを表示する方法の詳細については、「DISM を使ったイメージまたはコンポーネントのインベントリの取得」を参照してください。

これは Windows 8.1 にのみ適用されます。この機能は、Windows 10 ではサポートされていません。

構文:

Dism /Get-WIMBootEntry /Path:<volume_path>

例:

Dism /Get-WIMBootEntry /Path:C:\

/List-Image

指定されたイメージ内のファイルとフォルダーの一覧を表示します。

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード ディスク (VHD) ファイルには適用されません。

構文:

Dism /List-Image /ImageFile:<path_to_image_file> {/Index:<image_index> | /Name:<image_name>}

例:

Dism /List-Image /ImageFile:install.wim /Index:1

/Mount-Image

.ffu、.wim、.vhd、または .vhdx ファイルのイメージを指定されたディレクトリにマウントして、サービスに使用できるようにします。

イメージをマウントする場合は、次のことに注意してください。

  • マウント ディレクトリが空として作成されている必要があります。
  • すべてのイメージの種類にインデックスまたは名前の値が必要です。 WIM にはイメージ以外を含めることができます。 FFU と VHD の場合は index:1 を使用します。

構文:

Dism /Mount-Image /ImageFile:<path_to_image_file> {/Index:<image_index> | /Name:<image_name>} /MountDir:<path_to_mount_directory> [/ReadOnly] [/Optimize] [/CheckIntegrity]
パラメーター 説明
/ReadOnly マウントされたイメージを読み取り専用アクセス許可で設定します。 任意。
/Optimize 初期のマウント時間を短縮します。
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。

例:

Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.wim /index:1 /MountDir:C:\test\offline
Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.vhd /index:1 /MountDir:C:\test\offline /ReadOnly
Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\WinOEM.ffu /MountDir:C:\test\offline /index:1

/Optimize-FFU

FFU イメージを最適化して、より高速に展開できるように、またサイズの異なるディスクにより簡単に展開できるようにします。 詳細については、Windows Full Flash Update イメージのキャプチャと適用に関する記事を参照してください。

構文:

Dism /Optimize-FFU /ImageFile:<path-to-ffu-file> [/PartitionNumber:<PartitionNumber>]
パラメーター 説明
/ImageFile 最適化する FFU へのパス。
/PartitionNumber 任意。 既定では /Optimize-FFU によって OS パーティションが最適化されます。 /PartitionNumber を使用すると、最適化するパーティションを指定できます。

例:

Dism /Optimize-FFU /ImageFile:flash.ffu
Dism /Optimize-FFU /ImageFile:flash.ffu /PartitionNumber:2

/Optimize-Image /WIMBoot

オフライン イメージに対して指定された構成を実行します。

パラメーター 説明
/WIMBoot Windows イメージ ファイル ブート (WIMBoot) システムにインストールするためのオフライン イメージを構成します。
/Optimize 初期のマウント時間を短縮します。 /Optimize-Image /WIMBoot は、WIMBoot ファイルとしてキャプチャまたはエクスポートされている Windows 8.1 イメージにのみ適用されます。 /Optimize-Image は、WIMBoot でサポートされたシステムに使用されるイメージでのみ使用します。 /Optimize-Image が WIMBoot でサポートされていないシステム イメージで使用された場合は、WIMBoot でサポートされていないデバイスへのインストールの後、Windows が期待どおりに動作しない可能性があります。

例:

Dism /Image:C:\test\offline /Optimize-Image /WIMBoot

/Remount-Image

アクセス不可になったマウントされたイメージを再マウントして、サービスに使用できるようにします。

構文:

Dism /Remount-Image /MountDir:<path_to_mount_directory>

例:

Dism /Remount-Image /MountDir:C:\test\offline

/Split-FFU

FFU の場合、このコマンドでは、既存の Full Flash Update (.ffu) ファイルが複数の読み取り専用の分割 .sfu ファイルに分割されます。 DISM では、圧縮された FFU の分割はサポートされていません。 FFU を分割する場合は、その FFU が /compress:none オプションを指定してキャプチャされたことを確認してください。

このオプションでは、.sfu ファイルが指定されたディレクトリに作成されます。各ファイルには、指定された /SFUFile と同じ名前が付けられますが、番号が追加されます。 たとえば、c:\flash.sfu を使用すると、flash.sfu ファイル、flash2.ffu ファイル、flash3.sfu ファイルなどが作成されます。これにより、分割 .sfu ファイルの各部分が定義され、C:\ ディレクトリに保存されます。

FFU の構文:

Dism /Split-Ffu /ImageFile:<path_to_image_file> /SFUFile:<pattern> /FileSize:<MB-Size> [/CheckIntegrity]
パラメーター 説明
/FileSize 作成される各ファイルの最大サイズ (MB 単位) を指定します。 1 つのファイルが /FileSize オプションで指定された値より大きい場合は、その大きなファイルに対応するために、結果として得られる分割 .swm ファイルのいずれかが /FileSize オプションで指定された値より大きくなります。
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/ImageFile .FFU ファイルのパス (flash.ffu など) を指定します。
/SFUFile 分割 FFU ファイル (SFU) を参照します。 pattern は、分割ファイルの名前付けパターンと場所です。

例:

DISM.exe /Split-Ffu /ImageFile:flash.ffu /SFUFile:flash.sfu /FileSize:650

/Split-Image

WIM の場合、このコマンドでは、既存の .wim ファイルが複数の読み取り専用の分割 .swm ファイルに分割されます。

このオプションでは、.swm ファイルが指定されたディレクトリに作成されます。各ファイルには、指定された path_to_swm と同じ名前が付けられますが、番号が追加されます。 たとえば、path_to_swmc:\Data.swm と設定すると、このオプションでは Data.swm ファイル、Data2.swm ファイル、Data3.swm ファイルなどが作成されます。これにより、分割 .wim ファイルの各部分が定義され、C:\ ディレクトリに保存されます。

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード ディスク (VHD) ファイルには適用されません。

WIM の構文:

Dism /Split-Image /ImageFile:<path_to_image_file> /SWMFile:<path_to_swm> /FileSize:<MB-Size> [/CheckIntegrity]
パラメーター 説明
/FileSize 作成される各ファイルの最大サイズ (MB 単位) を指定します。 1 つのファイルが /FileSize オプションで指定された値より大きい場合は、その大きなファイルに対応するために、結果として得られる分割 .swm ファイルのいずれかが /FileSize オプションで指定された値より大きくなります。
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/ImageFile イメージ ファイルのパス (install.wim など) を指定します。

例:

Dism /Split-Image /ImageFile:install.wim /SWMFile:split.swm /FileSize:650

/Unmount-Image

.ffu、.wim、.vhd、または .vhdx ファイルのマウントを解除し、イメージがマウントされたときに加えられた変更をコミットまたは破棄します。

/Unmount-Image オプションを使用する場合は、/commit または /discard 引数のどちらかを使用する必要があります。

構文:

Dism /Unmount-Image /MountDir:<path_to_mount_directory> {/Commit | /Discard} [/CheckIntegrity] [/Append]
パラメーター 説明
/CheckIntegrity キャプチャ、マウント解除、エクスポート、コミット操作で使用されているときの .wim ファイルの破損を検出して追跡します。 /CheckIntegrity を指定すると、適用およびマウント操作で使用されているときに .wim ファイルが破損していることが DISM によって検出された場合は操作が停止されます。
/Append 元のイメージを上書きするのではなく、既存の .wim ファイルに変更されたイメージを追加します。 /CheckIntegrity および /Append 引数は、仮想ハード ディスク (VHD、VHDX) または FFU ファイルには適用されません。

例:

Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\test\offline /commit
Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\test\offline /discard

/Update-WIMBootEntry

指定されたデータ ソース ID に関連付けられた WIMBoot 構成エントリを、名前が変更されたイメージ ファイルまたは移動されたイメージ ファイル パスに更新します。

注: /Update-WIMBootEntry では、すべての更新を有効にするために再起動が必要です。

構文:

Dism /Update-WIMBootEntry /Path:<Volume_path> /DataSourceID:<Data_source_id> /ImageFile:<Renamed_image_path>
パラメーター 説明
/Path WIMBoot 構成のディスク ボリュームを指定します。
/DataSourceID /Get-WIMBootEntry によって表示されるデータ ソース ID を指定します。

例:

DISM.exe /Update-WIMBootEntry /Path:C:\ /DataSourceID:0 /ImageFile:R:\Install.wim

/Apply-SiloedPackage

1 つ以上の孤立プロビジョニング パッケージ (SPP) を指定されたイメージに適用します。 このオプションは、ADK バージョン 1607 以降から CopyDandI.cmd を実行し、CopyDandI.cmd によって作成されたターゲット フォルダーから dism.exe /Apply-SiloedPackage を実行した後でのみ使用できます。

注意

/Apply-SiloedPackage は Windows イメージに対して 1 回しか実行できませんが、 /PackagePath は、複数の SPP を適用するために同じコマンドで複数回使用できます。 SPP は指定された順序で適用されるため、依存関係に依存する SPP の前に、その依存関係を指定する必要があります。

孤立プロビジョニング パッケージの詳細と CopyDandI.cmd の使用方法については、「孤立プロビジョニング パッケージ」を参照してください。

孤立プロビジョニング パッケージを操作する方法を見つけるには、「ラボ 10: 孤立プロビジョニング パッケージ (SPP) を使ってデスクトップ アプリケーションと設定を追加する」を参照してください。

/Apply-SiloedPackage /PackagePath:<package_path> /ImagePath:<applied_image_path>
パラメーター 説明
/PackagePath 孤立プロビジョニング パッケージ ファイルのパスを指定します。
/ImagePath SPP を適用する Windows イメージのパスを指定します。

例:

Dism.exe /apply-SiloedPackage /PackagePath:C:\test\Word.spp /PackagePath:C:\test\spp2.spp /ImagePath:C:\

DISM - 展開イメージのサービスと管理 Windows 用テクニカル リファレンス

DISM とは

コマンド ライン構文での DISM のグローバル オプション

Full Flash Update (FFU) を使用して Windows を展開する

WIM とVHD と FFU: イメージ ファイル形式の比較