DISM のイメージの管理コマンド ライン オプションDISM Image Management Command-Line Options

Deployment Image Servicing and Management (DISM.exe) は、サービスの Windows イメージ (.wim) ファイルまたは仮想ハード_ディスク (.vhd または .vhdx) をマウントします。Deployment Image Servicing and Management (DISM.exe) mounts a Windows image (.wim) file or virtual hard disk (.vhd or .vhdx) for servicing. マウントするイメージのアーキテクチャを確認、イメージを追加、イメージを適用、イメージをキャプチャしてイメージを削除するのにイメージのインデックス番号を一覧表示するのに DISM のイメージの管理コマンドを使用することもできます。You can also use the DISM image management command to list the image index numbers, to verify the architecture for the image that you are mounting, append an image, apply an image, capture an image and delete an image. そのいずれかをマウント解除する必要があります、イメージを更新した後のコミットまたは対して行った変更を破棄します。After you update the image, you must unmount it and either commit or discard the changes that you have made.

このトピックでは、イメージの管理に関連する DISM コマンドについて説明します。This topic discusses DISM commands related to image management. その他のコマンド ライン オプションを表示するには、Deployment Image Servicing and Management (DISM) コマンド ライン オプションを参照してください。To see other command-line options, see Deployment Image Servicing and Management (DISM) Command-Line Options. DISM の一般的なシナリオの詳細については、DISM とは何ですか?を参照してください。For more information about common DISM scenarios, see What is DISM?.

コマンド ライン ツール、だけでなくは DISM は Windows PowerShell を使用して使用できます。In addition to the command-line tool, DISM is available by using Windows PowerShell. 詳細については、Windows PowerShell での展開イメージ サービス管理 (DISM) コマンドレットを参照してください。For more information, see Deployment Imaging Servicing Management (DISM) Cmdlets in Windows PowerShell.

次のコマンドは、マウント、マウントを解除、キャプチャ、追加、削除および .wim、.vhd と .vhdx ファイルのクエリを使用できます。The following commands can be used to mount, unmount, capture, append, and delete and query .wim, .vhd and .vhdx files. これらのオプションは大文字小文字が区別されません。These options are not case sensitive.

/追加のイメージ/Append-Image

.Wim ファイルに追加のイメージを追加します。Adds an additional image to a .wim file. /追加イメージので指定された既存の .wim ファイル内のリソースへの新しいファイルを比較し、 /ImageFile引数、およびストアの各ファイルは 1 回のみキャプチャできるように各一意のファイルの 1 つだけをコピーします。/Append-Image compares new files to the resources in the existing .wim file specified by the /ImageFile argument, and stores only a single copy of each unique file so that each file is only captured once. .Wim ファイルには、1 つだけ割り当てられている圧縮の種類を持つことができます。The .wim file can have only one assigned compression type. そのため、ファイルには、同じ圧縮の種類にのみ追加できます。Therefore, you can only append files with the same compression type.

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード_ディスク (VHD) ファイルには適用されません。This command-line option does not apply to virtual hard disk (VHD) files.

重要

必要なディスク領域があることを確認、 /Append-Imageオプションを実行します。Ensure that you have enough disk space for the /Append-Image option to run. イメージに追加するときにディスク領域不足を実行する場合は、.wim ファイルが破損する可能性があります。If you run out of disk space while the image is being appended, you might corrupt the .wim file.

構文:Syntax:

DISM.exe /Append-Image /ImageFile:<path_to_image_file> /CaptureDir:<source_directory> /Name:<image_name> [/Description:<image_description>] [/ConfigFile:<configuration_file.ini>] [/Bootable] /WIMBoot [/CheckIntegrity] [/Verify] [/NoRpFix]
パラメーターParameter 説明Description
/WIMBoot/WIMBoot /WIMBoot を使用すると、Windows イメージ ファイル (WIMBoot) ブート構成にイメージを追加します。Use /WIMBoot to append the image with Windows image file boot (WIMBoot) configuration. これは、キャプチャまたは WIMBoot ファイルとしてエクスポートされている Windows 8.1 のイメージにのみ適用されます。This only applies to Windows 8.1 images that have been captured or exported as a WIMBoot file. この機能は、Windows 10 でサポートされていません。This feature isn't supported in Windows 10.
/ConfigFile/ConfigFile イメージのキャプチャの除外一覧が表示され、圧縮コマンドの構成ファイルの場所を指定します。specifies the location of a configuration file that lists exclusions for image capture and compress commands. 詳細については、DISM 構成一覧と WimScript.ini ファイルを参照してください。For more information, see DISM Configuration List and WimScript.ini Files.
/起動可能です/Bootable ボリューム イメージを起動可能としてマークします。Marks a volume image as being a bootable image. この引数は、Windows プレインストール環境 (WinPE) のイメージでのみ使用できます。This argument is available only for Windows Preinstallation Environment (WinPE) images. .wim ファイルでは、1 つのボリューム イメージしか起動可能としてマークできません。Only one volume image can be marked as bootable in a .wim file.
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
または検証します。/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。Checks for errors and file duplication.
/NoRpFix/NoRpFix 再解析ポイント タグの修正を無効にします。Disables the reparse point tag fix. 再解析ポイントとは、ファイル システム上の他のファイルへのリンクを含んでいるファイルです。A reparse point is a file that contains a link to another file on the file system. /NoRpFix が指定されていない場合、/ImageFile によって指定された値以外のパスに解決される再解析ポイントはキャプチャされません。If /NoRpFix is not specified, reparse points that resolve to paths outside of the value specified by /ImageFile will not be captured.

以下に例を示します。Example:

Dism /Append-Image /ImageFile:install.wim /CaptureDir:D:\ /Name:Drive-D

/適用-FFU/Apply-FFU

FFU のこのコマンドは、完全なフラッシュ ユーティリティ (FFU) を適用または FFU (SFU) を指定した物理ドライブに分割します。For FFU, this command applies a Full Flash Utility (FFU) or split FFU (SFU) to a specified physical drive.

構文:Syntax:

/Apply-Ffu /ImageFile:<path_to_image_file> /ApplyDrive:<physical_drive_path> [/SFUFile:<pattern>]
パラメーターParameter 説明Description
/ImageFile/ImageFile 適用される FFU イメージ ファイルの名前とパスThe path and name of the FFU image file that will be applied
/ApplyDrive/ApplyDrive イメージ化される phyisical ドライブへのパスThe path to the phyisical drive that will be imaged
/SFUfile<pattern>/SFUfile<pattern> ためのオプションは圧縮なしでキャプチャされた FFUs を分割します。Optional, for split FFUs that are captured with no compression. 分割 FFU ファイル (Sfu) を参照するには、/SFUFile を使用します。Use /SFUFile to reference split FFU files (SFUs). パターンは分割ファイルの場所と名前付けパターン。Pattern is the naming pattern and location of split files. 名前付けパターンを指定する場合は、ワイルドカード文字を使用します。Use a wildcard character when specifying the naming pattern. たとえば、"E:\image\install*.sfu"が適用されます、E:\image 内の分割ファイルのすべて install1.sfu や install2.sfu、ディレクトリの名前します。For example, "E:\image\install*.sfu" will apply all of the split files in the E:\image directory named install1.sfu, install2.sfu, and so on.

以下に例を示します。Example:

DISM.exe /Apply-Ffu /ImageFile:flash.ffu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive0

/-イメージの適用/Apply-Image

WIM では、このコマンドを適用、Windows イメージ ファイル (.wim) または分割を Windows イメージ (.swm) ファイルを指定したパーティションにします。For WIM, this command applies a Windows image file (.wim) or a split Windows image (.swm) files to a specified partition. 以降では、Windows 10 バージョン 1607、DISM は適用し、拡張属性 (EA) をキャプチャします。Beginning with Windows 10, version 1607, DISM can apply and capture extended attributes (EA).

FFU は、このコマンドは、フラッシュの完全な更新プログラム (.ffu) イメージを指定したドライブに適用できます。For FFU, this command applies a full flash update (.ffu) image to a specified drive. このコマンドを使用して完全なイメージを VHD に適用する場合は、仮想ハード_ディスク (.vhdx) ファイルからイメージの適用をサポートしていません。It doesn’t support applying an image from a virtual hard disk (.vhdx) file, though you can use this command to apply a full image to a VHD. FFU は、Windows 10 にのみ適用されます。FFU applies to Windows 10 only.

このコマンドを使用するには接続されている、パーティション分割、および書式設定された .vhdx ファイルにイメージを適用する場合、仮想ハード_ディスク (VHD) からイメージを適用することが、このオプションにサポートしていません。This option doesn’t support applying an image from a virtual hard disk (VHD), though you can use this command to apply images to a .vhdx file that's been attached, partitioned, and formatted.

Dism/Apply-Image が失敗し、エラー コード 5、Linux (WSL) 機能の Windows サブシステムで Windows 10 バージョン 1607 を使用する場合を参照してください。サポート技術情報記事 319598します。If Dism /Apply-Image fails with error code 5 and you are using Windows 10 version 1607 with Windows Subsystem for Linux (WSL) feature, see KB article 319598.

WIM の引数:Arguments for WIM:

DISM.exe /Apply-Image /ImageFile:<path_to_image_file> [/SWMFile:<pattern>] /ApplyDir:<target_directory> {/Index:< image_index> | /Name:<image_name>} [/CheckIntegrity] [/Verify] [/NoRpFix] [/ConfirmTrustedFile] [/WIMBoot (deprecated)] [/Compact] [/EA]

FFU の引数Arguments for FFU

DISM.exe /Apply-Image /ImageFile:<path_to_image_file> /ApplyDrive:<target_drive> [/SFUFile:<pattern>] /index:1
パラメーターParameter 説明Description
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
または検証します。/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。Checks for errors and file duplication.
/NoRpFix/NoRpFix 再解析ポイント タグの修正を無効にします。Disables the reparse point tag fix. 再解析ポイントとは、ファイル システム上の他のファイルへのリンクを含んでいるファイルです。A reparse point is a file that contains a link to another file on the file system. /NoRpFix が指定されていない場合、/ImageFile によって指定された値の外部のパスに解決される再解析ポイントはキャプチャされません。If /NoRpFix is not specified, reparse points that resolve to paths outside the value specified by /ImageFile will not be captured.
/SWMFile/SWMFile 分割された .wim ファイル (Swm) を参照できます。Enables you to reference split .wim files (SWMs). パターンは分割ファイルの場所と名前付けパターン。Pattern is the naming pattern and location of split files. 名前付けパターンを指定する場合は、ワイルドカード文字を使用します。Use a wildcard character when specifying the naming pattern. たとえば、"E:\image\install*.swm"が適用されます、E:\image 内の分割ファイルのすべて install1.swm や install2.swm、ディレクトリの名前します。For example, "E:\image\install*.swm" will apply all of the split files in the E:\image directory named install1.swm, install2.swm, and so on.
/ConfirmTrustedFile/ConfirmTrustedFile Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 での信頼されたデスクトップのイメージを検証します。Validates the image for Trusted Desktop on a Windows 10, Windows 8.1, or Windows 8. このオプションは、少なくとも実行するコンピューターでのみ実行できます WinPE 4.0。This option can only be run on a computer running at least WinPE 4.0. /Apply-Image WinPE で/ConfirmTrustedFile オプションを使用する場合は、常に物理メディアの場所を指している/ScratchDir オプションを指定します。When using /Apply-Image with the /ConfirmTrustedFile option in WinPE, always specify the /ScratchDir option pointed to a physical media location. これにより、短いファイル名は常に利用できること。This ensures that short file names will always be available. 参照してくださいのコマンドライン構文の DISM のグローバル オプション/ScratchDir オプションの詳細について、既定の動作はします。See DISM Global Options for Command-Line Syntax for more information about the default behavior of the /ScratchDir option. Windows 10 バージョン 1607 を所有以降/EA を使用して、拡張属性を適用します。Beginning with Windows 10, version 1607, you can use /EA to apply extended attributes.
/WIMBoot/WIMBoot /WIMBoot を使用すると、Windows イメージ ファイル (WIMBoot) ブート構成にイメージを追加します。Use /WIMBoot to append the image with Windows image file boot (WIMBoot) configuration. これは、キャプチャまたは WIMBoot ファイルとしてエクスポートされている Windows 8.1 のイメージにのみ適用されます。This only applies to Windows 8.1 images that have been captured or exported as a WIMBoot file. この機能は、Windows 10 でサポートされていません。This feature isn't supported in Windows 10.
/Compact/Compact ドライブの空き領域を保存する、コンパクト モードでイメージを適用します。Applies an image in compact mode, saving drive space. WIMBoot を置き換えます。Replaces WIMBoot. Windows 10 デスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、および教育機関向け) の場合のみです。For Windows 10 for desktop editions (Home, Pro, Enterprise, and Education) only.

注: /ScratchDir オプションを使用してコンパクト モードでイメージを適用する場合、ScratchDir フォルダーが FAT32 でフォーマットされたパーティションにないことを確認します。Note: If you're applying an image in compact mode with the /ScratchDir option, make sure your ScratchDir folder is not on a FAT32-formatted partition. FAT32 パーティションを使用すると OOBE の間に予期しない再起動可能性があります。Using a FAT32 partition could result in unexpected reboots during OOBE.
/EA/EA Windows 10 バージョン 1607 の新機能です。New in Windows 10, version 1607. 拡張属性を適用します。Applies extended attributes.
/ApplyDrive/ApplyDrive DeviceID を使用して、論理ドライブを指定します。Specifies the logical drive, using the DeviceID. をコマンドラインから、デバイス ID を取得するには、「wmic ディスク ドライブ リスト簡単な」を入力します。to get the device ID from the command line, type "wmic diskdrive list brief". 注: VHD が表示される「PhysicalDrive」の説明での名前を持つなど.\PhysicalDrive2 します。Note: a VHD may appear with the name “PhysicalDrive” in the description, for example, .\PhysicalDrive2.
/SFUFile/SFUFile 分割 FFU ファイル (Sfu) を参照するには、/SFUFile を使用します。Use /SFUFile to reference split FFU files (SFUs). パターンは分割ファイルの場所と名前付けパターン。Pattern is the naming pattern and location of split files.

例:Examples:

Dism /apply-image /imagefile:install.wim /index:1 /ApplyDir:D:\
Dism /apply-image /imagefile:install.swm /swmfile:install.swm /index:1 /applydir:D:
DISM.exe /Apply-image /ImageFile:flash.ffu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive0 /index:1
DISM.exe /Apply-image /ImageFile:flash.sfu /SFUFile:flash*.sfu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive0 /index:1

/Capture-CustomImage/Capture-CustomImage

新しいファイルに特定の install.wim ファイル、custom.wim WIMBoot イメージに基づく増分のファイルの変更をキャプチャします。Captures the incremental file changes based on the specific install.wim file to a new file, custom.wim for a WIMBoot image. 空のディレクトリをキャプチャすることはできません。You can’t capture an empty directory. キャプチャしたファイルは、ポインターのファイルに変換されます。The captured files are converted to pointer files. Install.wim の横にある同じフォルダーには、custom.wim が配置されます。The custom.wim is placed in the same folder next to the install.wim.

重要Important

  • /CustomImage キャプチャは、カスタマイズ ファイルのみをキャプチャします。/Capture-CustomImage only captures the customization files. 新しい WIM にインストール ファイルをキャプチャする使用できません。It can’t be used to capture installation files into a new WIM.
  • Install.wim と custom.wim ファイルをまとめておくためです。Keep the install.wim and custom.wim files together. Custom.wim ファイルまたは install.wim ファイルのいずれかを切り替えるはありません。Don't switch out either the custom.wim file or the install.wim file.
  • カスタム イメージを 1 回のみキャプチャできます。You can only capture the custom image once. ファイルの差分変更のキャプチャ後、custom.wim を再キャプチャまたは削除しないでください。Don’t remove or recapture a custom.wim after capturing the incremental file changes.

構文:Syntax:

Dism /Capture-CustomImage /CaptureDir:<source_directory> [/ConfigFile:<configuration_file.ini>] [/CheckIntegrity] [/Verify] [/ConfirmTrustedFile]
パラメーターParameter 説明Description
/CaptureDir/CaptureDir イメージが適用され、カスタマイズされたディレクトリを指定します。Specifies the directory to which the image was applied and customized.
/ConfigFile/ConfigFile イメージのキャプチャ コマンドと圧縮コマンドの除外リストを含む構成ファイルの場所を指定します。Specifies the location of a configuration file that lists exclusions for image capture and compress commands. 詳細については、DISM 構成一覧と WimScript.ini ファイルを参照してください。For more information, see DISM Configuration List and WimScript.ini Files.
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
または検証します。/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。Checks for errors and file duplication.
[/ConfirmTrustedFile[/ConfirmTrustedFile Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 での信頼されたデスクトップのイメージを検証します。Validates the image for Trusted Desktop on a Windows 10, Windows 8.1, or Windows 8. このオプションは、少なくとも実行するコンピューターでのみ実行できます WinPE 4.0。This option can only be run on a computer running at least WinPE 4.0.

以下に例を示します。Example:

Dism /Capture-CustomImage /CaptureDir:D:\

/FFU キャプチャ/Capture-FFU

新しい .ffu ファイルへの物理ドライブのパーティションのイメージをキャプチャします。Captures an image of a physical drive's partitions to a new .ffu file.

ユーティリティの完全なフラッシュ イメージ (.ffu) ファイルまたは一連の分割 ffu (.sfu) ファイルとしてイメージをキャプチャすることができます。You can capture the image as a full flash utility image (.ffu) file or a set of split ffu (.sfu) files;

構文:Syntax:

Dism /Capture-Ffu /ImageFile:<path_to_image_file> /CaptureDrive:<physical_drive_path> /Name:<image_name> [/Description:<image_description>] [/PlatformIds:<platform_ids>] [/Compress:{default|none}] 
パラメーターParameter 説明Description
/CaptureDrive/CaptureDrive キャプチャする物理ドライブです。The physical drive to be captured. できますdiskpart を使用してドライブ番号情報を取得するします。You can use diskpart to get drive number information. 形式を使用して\\.\PhysicalDriveXここで、 Xディスク番号は、その diskpart を提供します。Uses the format \\.\PhysicalDriveX, where X is the disk number that diskpart provides.
/PlatformIds/PlatformIds 必要なデスクトップをキャプチャしません。Not needed for desktop capture. イメージに追加するには、セミコロンで区切って 1 つまたは複数のプラットフォーム id を指定します。Specifies one or more platform ids (separated with semicolon) to be added to the image. プラットフォーム id になりますが指定されていない場合は、' *'。If not specified, platform id will be '*'.
/圧縮します。/Compress キャプチャするときに使用する圧縮の種類を指定します。Specifies the type of compression used for when capturing. 指定の場合は、FFU を分割します、 noneDISM は圧縮 FFUs の分割をサポートしないため、します。If you'll be splitting the FFU, specify none, as DISM doesn't support splitting compressed FFUs.

例:Examples:

デスクトップ FFU をキャプチャします。Capture a desktop FFU:

DISM.exe /Capture-Ffu /ImageFile:install.ffu /CaptureDrive:\\.\PhysicalDrive0 /Name:Drive0

分割するデスクトップ FFU をキャプチャします。Capture a desktop FFU that will be split:

DISM.exe /Capture-Ffu /ImageFile:install.ffu /CaptureDrive:\\.\PhysicalDrive0 /Name:Drive0 /Compress:none

/イメージのキャプチャ/Capture-Image

新しい .wim ファイルにドライブのイメージをキャプチャします。Captures an image of a drive to a new .wim file. キャプチャしたディレクトリには、すべてのサブフォルダーとデータが含まれます。Captured directories include all subfolders and data. 空のディレクトリをキャプチャすることはできません。You cannot capture an empty directory. ディレクトリは、少なくとも 1 つのファイルを含める必要があります。A directory must contain at least one file.

イメージをキャプチャするには、Windows イメージ (.wim) ファイルまたは一連の Windows イメージ (.swm) ファイルの分割このオプションは、仮想ハード ディスク (.vhd/.vhdx) ファイルまたはフラッシュの完全な更新プログラム (.ffu) イメージのキャプチャをサポートしていません。You can capture the image as a Windows image (.wim) file or a set of split Windows image (.swm) files; this option doesn’t support capturing a virtual hard disk (.vhd/.vhdx) file or a full flash update (.ffu) image. 以降では、Windows 10 バージョン 1607、DISM は適用し、拡張属性 (EA) をキャプチャします。Beginning with Windows 10, version 1607, DISM can apply and capture extended attributes (EA).

構文:Syntax:

Dism /Capture-Image /ImageFile:<path_to_image_file> /CaptureDir:<source_directory> /Name:<image_name> [/Description:<image_description>]
[/ConfigFile:<configuration_file.ini>] {[/Compress:{max|fast|none}] [/Bootable] | [/WIMBoot]} [/CheckIntegrity] [/Verify] [/NoRpFix] [/EA]
パラメーターParameter 説明Description
/ConfigFile/ConfigFile イメージのキャプチャ コマンドと圧縮コマンドの除外リストを含む構成ファイルの場所を指定します。Specifies the location of a configuration file that lists exclusions for image capture and compress commands. 詳細については、DISM 構成一覧と WimScript.ini ファイルを参照してください。For more information, see DISM Configuration List and WimScript.ini Files.
/圧縮します。/Compress 最初のキャプチャ操作で使用する圧縮の種類を指定します。Specifies the type of compression used for the initial capture operation. 最大オプションは最善の圧縮を提供しますが、イメージをキャプチャするより時間がかかります。The maximum option provides the best compression, but takes more time to capture the image. 高速オプション、高速のイメージの圧縮を提供しますが、生成されるファイルが最大のオプションを使用して圧縮したに比べて大きくなります。The fast option provides faster image compression, but the resulting files are larger than those compressed by using the maximum option. これは、この引数を指定しなかった場合に使われる既定の圧縮タイプです。This is also the default compression type that is used if you do not specify the argument. Noneオプションが、キャプチャしたイメージをまったく圧縮されません。The none option does not compress the captured image at all.
/起動可能です/Bootable ボリューム イメージを起動可能としてマークします。Marks a volume image as being a bootable image. この引数は、WinPE イメージに対してのみ使用できます。This argument is available only for WinPE images. .wim ファイルでは、1 つのボリューム イメージしか起動可能としてマークできません。Only one volume image can be marked as bootable in a .wim file.
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
または検証します。/Verify エラーやファイルの重複がチェックされます。Checks for errors and file duplication.
/NoRpFix/NoRpFix 再解析ポイント タグの修正を無効にします。Disables the reparse point tag fix. 再解析ポイントとは、ファイル システム上の他のファイルへのリンクを含んでいるファイルです。A reparse point is a file that contains a link to another file on the file system. /NoRpFix が指定されていない場合、/ImageFile によって指定された値以外のパスに解決される再解析ポイントはキャプチャされません。If /NoRpFix is not specified, reparse points that resolve to paths outside of the value specified by /ImageFile will not be captured.
/WIMBoot/WIMBoot /WIMBoot を使用すると、Windows イメージ ファイル (WIMBoot) ブート構成にイメージを追加します。Use /WIMBoot to append the image with Windows image file boot (WIMBoot) configuration. これは、キャプチャまたは WIMBoot ファイルとしてエクスポートされている Windows 8.1 のイメージにのみ適用されます。This only applies to Windows 8.1 images that have been captured or exported as a WIMBoot file. この機能は、Windows 10 でサポートされていません。This feature isn't supported in Windows 10.
/EA/EA Windows 10 バージョン 1607 の新機能です。New in Windows 10, version 1607. 拡張属性をキャプチャします。Captures extended attributes. 拡張属性をキャプチャするスイッチを明示的に指定する必要があります。The switch must be explicitly specified to capture extended attributes. DISM は、WIM イメージにキャプチャされるコンポーネントで設定されている場合に、拡張属性のビットをキャプチャします。DISM will capture extended attribute bits if they are set in the components to be captured in the WIM image. ビットが設定されていない場合、DISM に設定されません。If the bits are not set, DISM won't set them. AppX パッケージのコンポーネントや Win32 アプリケーションのコンポーネントではない、これらの拡張属性ビット CAB パッケージとドライバーの受信トレイのコンポーネントのみになります。Only the inbox components of CAB packages and drivers will have these extended attribute bits, not the AppX package components or Win32 application components. 拡張属性にプレフィックス"$Kernel"Extended attributes with prefix “$Kernel.” 名前ではスキップされます拡張属性のユーザー モードのみがキャプチャされるためです。in name will be skipped because only user mode extended attributes are captured. DISM を Windows 10 を使用する場合は、バージョン 1607 の拡張属性をキャプチャしてイメージを適用する以前のバージョンの DISM を使用し、操作は成功しますが、拡張属性が適用されたイメージに設定されなくなります。If you use DISM in Windows 10, version 1607 to capture extended attributes and use an earlier version of DISM to apply the image, the operation will succeed but the extended attributes will not be set to the applied image.

例:Examples:

Dism /Capture-Image /ImageFile:install.wim /CaptureDir:D:\ /Name:Drive-D
dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\ /ImageFile:"C:\WindowsWithOffice.wim" /Name:"Chinese Traditional" /ea

/クリーンアップのマウント ポイント/Cleanup-Mountpoints

すべてのマウントされたイメージが破損していますに関連付けられているリソースを削除します。Deletes all of the resources associated with a mounted image that has been corrupted. このコマンドは既にマウントされているイメージのマウントを解除できませんもを使用して回復可能なイメージを削除するが、 /Remount-Imageコマンド。This command will not unmount images that are already mounted, nor will it delete images that can be recovered using the /Remount-Image command.

以下に例を示します。Example:

Dism /Cleanup-Mountpoints

詳細についてを参照してくださいWindows イメージの修復。To learn more, see Repair a Windows Image

/コミット イメージ/Commit-Image

マウントされたイメージに対して行った変更を適用します。Applies the changes that you have made to the mounted image. イメージをマウントするまでは、 /Unmount-Imageオプションを使用します。The image remains mounted until the /Unmount-Image option is used.

構文:Syntax:

Dism /Commit-Image /MountDir:<path_to_mount_directory> [/CheckIntegrity] [/Append]
パラメーターParameter 説明Description
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
または末尾に追加します。/Append 元のイメージを上書きする代わりに既存の .wim ファイルを変更した画像を追加します。Adds the modified image to the existing .wim file instead of overwriting the original image. /CheckIntegrity と/Append 引数は、仮想ハード_ディスク (VHD) ファイルには適用されません。The /CheckIntegrity and /Append arguments do not apply to virtual hard disk (VHD) files.

以下に例を示します。Example:

Dism /Commit-Image /MountDir:C:\test\offline

/Delete-Image/Delete-Image

複数のボリューム イメージを含む .wim ファイルから指定したボリューム イメージを削除します。Deletes the specified volume image from a .wim file that has multiple volume images. このオプションは、メタデータ エントリおよび XML エントリのみを削除します。This option deletes only the metadata entries and XML entries. ストリーム データは削除されませんし、.wim ファイルの最適化は行いません。It does not delete the stream data and does not optimize the .wim file.

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード_ディスク (VHD) ファイルには適用されません。This command-line option does not apply to virtual hard disk (VHD) files.

構文:Syntax:

Dism /Delete-Image /ImageFile:<path_to_image_file> {/Index:<image_index> | /Name:<image_name>} [/CheckIntegrity]
パラメーターParameter 説明Description
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.

以下に例を示します。Example:

Dism /Delete-Image /ImageFile:install.wim /Index:1

/イメージのエクスポート/Export-Image

指定したイメージのコピーを別のファイルにエクスポートします。Exports a copy of the specified image to another file. ソースと変換先のファイルには、同じ圧縮の種類を使用する必要があります。The source and destination files must use the same compression type. 新しいイメージ ファイルにエクスポートすることによって、イメージを最適化することもできます。You can also optimize an image by exporting to a new image file. イメージを変更するときに、DISM は、全体的なサイズのイメージの追加のリソース ファイルを格納します。When you modify an image, DISM stores additional resource files that increase the overall size of the image. イメージをエクスポートすると、不要なリソース ファイルが削除されます。Exporting the image will remove unnecessary resource files.

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード_ディスク (VHD) ファイルには適用されません。This command-line option does not apply to virtual hard disk (VHD) files.

構文:Syntax:

Dism /Export-Image /SourceImageFile:<path_to_image_file> {/SourceIndex:<image_index> | /SourceName:<image_name>} /DestinationImageFile:<path_to_image_file> [/DestinationName:<Name>] [/Compress:{fast|max|none|recovery}] [/Bootable] [/WIMBoot] [/CheckIntegrity]
パラメーターParameter 説明Description
/SWMFile/SWMFile 分割された .wim ファイルを参照できます。Enables you to reference split .wim files. パターンは、分割ファイルの場所と名前付けパターンです。pattern is the naming pattern and location of split files. ワイルドカード文字を指定することもできます。You can also specify wildcard characters. たとえば、"E:\image\install*.swm"が、E:\image で分割ファイルをエクスポート install1.swm や install2.swm、ディレクトリの名前します。For example, "E:\image\install*.swm" will export the split files in the E:\image directory named install1.swm, install2.swm, and so on.
/圧縮します。/Compress 最初のキャプチャ操作で使用する圧縮の種類を指定します。Specifies the type of compression used for the initial capture operation. /Compress 引数は、イメージを既存の .wim ファイルにエクスポートするときに適用されません、イメージを新しい .wim ファイルにエクスポートするときにのみ、この引数を使用できます。The /Compress argument does not apply when you export an image to an existing .wim file, you can only use this argument when you export an image to a new .wim file. 最大オプションは最善の圧縮を提供しますが、イメージをキャプチャするより時間がかかります。The maximum option provides the best compression, but takes more time to capture the image. 高速オプション、高速のイメージの圧縮を提供しますが、結果として得られるファイルを使用して圧縮よりも大きく、最大オプション。The fast option provides faster image compression, but the resulting files are larger than those compressed by using the maximum option. これは、この引数を指定しなかった場合に使われる既定の圧縮タイプです。This is also the default compression type that is used if you do not specify the argument. 使用して、 recoveryプッシュ ボタンをエクスポートするオプションは、イメージをリセットします。Use the recovery option to export push-button reset images. 結果として得られるファイルは、サイズを大幅に小さく、さらに、回復のドライブに、クリック 1 回のリセット イメージを保存するために必要なディスク領域の量が大幅に削減します。The resulting files are much smaller in size, which in turn, greatly reduce the amount of disk space needed for saving the push-button reset image on a recovery drive. .Esd 拡張機能の追加先のファイルを指定します。The destination file must be specified with an .esd extension. Noneオプションが、キャプチャしたイメージをまったく圧縮されません。The none option does not compress the captured image at all.
/起動可能です/Bootable ボリューム イメージを起動可能としてマークします。Marks a volume image as being a bootable image. この引数は、WinPE イメージに対してのみ使用できます。This argument is available only for WinPE images. .wim ファイルでは、1 つのボリューム イメージしか起動可能としてマークできません。Only one volume image can be marked as bootable in a .wim file.
/WIMBoot/WIMBoot /WIMBoot を使用すると、Windows イメージ ファイル (WIMBoot) ブート構成にイメージを追加します。Use /WIMBoot to append the image with Windows image file boot (WIMBoot) configuration. これは、キャプチャまたは WIMBoot ファイルとしてエクスポートされている Windows 8.1 のイメージにのみ適用されます。This only applies to Windows 8.1 images that have been captured or exported as a WIMBoot file. この機能は、Windows 10 でサポートされていません。This feature isn't supported in Windows 10.
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.

以下に例を示します。Example:

Dism /Export-Image /SourceImageFile:install.wim /SourceIndex:1 /DestinationImageFile:install2.wim

/Get-ImageInfo/Get-ImageInfo

.Wim、.ffu、.vhd または .vhdx ファイルに含まれるイメージに関する情報が表示されます。Displays information about the images that are contained in a .wim, .ffu, .vhd or .vhdx file. /Index または/Name 引数と共に使用すると、イメージが WIMBoot イメージの場合を含む、指定されたイメージに関する情報が表示されます。、イメージが Windows 8.1 の場合は、を参照してください。イメージまたはコンポーネントを使用した DISM のインベントリを実行します。When used with the /Index or /Name argument, information about the specified image is displayed, which includes if an image is a WIMBoot image, if the image is Windows 8.1, see Take Inventory of an Image or Component Using DISM. /Name 引数は、VHD ファイルには適用されません。The /Name argument does not apply to VHD files. /Index:1 FFU および VHDX ファイルを指定する必要があります。You must specify /Index:1 for FFU and VHDX files.

構文:Syntax:

Dism /Get-ImageInfo /ImageFile:<path_to_image.wim> [{/Index:<Image_index> | /Name:<Image_name>}]

例:Examples:

Dism /Get-ImageInfo /ImageFile:C:\test\offline\install.wim
Dism /Get-ImageInfo /ImageFile:C:\test\images\myimage.vhd /Index:1

/Get-MountedImageInfo/Get-MountedImageInfo

.Ffu、.vhd、.vhdx の一覧を返し、現在マウントされている .wim イメージ、イメージが有効かどうかなど、マウントされたイメージに関する情報を読み取り/書き込みアクセス許可、マウントされたマウント場所がファイルへのパスとイメージのインデックスをマウントします。Returns a list of .ffu, .vhd, .vhdx, and .wim images that are currently mounted, as well s information about the mounted image such as whether the image is valid, read/write permissions, mount location, mounted file path, and mounted image index.

以下に例を示します。Example:

Dism /Get-MountedImageInfo

/Get-WIMBootEntry/Get-WIMBootEntry

/Get-WIMBootEntry を使用すると、指定されたディスク ボリュームの WIMBoot 構成エントリを表示します。Use /Get-WIMBootEntry to display WIMBoot configuration entries for the specified disk volume.

WIMBoot 構成エントリを表示する方法の詳細については、イメージまたはコンポーネントを使用した DISM のインベントリの実行を参照してください。For more information about how to display WIMBoot configuration entries, see Take Inventory of an Image or Component Using DISM.

これは Windows 8.1; にのみ適用されます。この機能は、Windows 10 でサポートされていません。This only applies to Windows 8.1; this feature isn't supported in Windows 10.

構文:Syntax:

Dism /Get-WIMBootEntry /Path:<volume_path>

以下に例を示します。Example:

Dism /Get-WIMBootEntry /Path:C:\

/イメージの一覧/List-Image

指定したイメージ ファイルとフォルダーの一覧を表示します。Displays a list of the files and folders in a specified image.

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード_ディスク (VHD) ファイルには適用されません。This command-line option does not apply to virtual hard disk (VHD) files.

構文:Syntax:

Dism /List-Image /ImageFile:<path_to_image_file> {/Index:<image_index> | /Name:<image_name>}

以下に例を示します。Example:

Dism /List-Image /ImageFile:install.wim /Index:1

/イメージのマウント/Mount-Image

サービスに使用されるように、指定したディレクトリに .ffu、.wim、.vhd または .vhdx ファイルからイメージをマウントします。Mounts an image from a .ffu, .wim, .vhd or .vhdx file to the specified directory so that it is available for servicing.

イメージをマウントする際に、次に注意してください。When mounting an image, note the following:

  • マウント ディレクトリは、作成されたが、空である必要があります。The mount directory must be created, but empty.
  • インデックスまたは名前の値はすべてのイメージの種類に必要です。An index or name value is required for all image types. Wim はイメージを複数含めることができます。WIMs can contain more than image. FFU と VHD は、次のように使用します。index:1します。For FFU and VHD, use index:1.

構文:Syntax:

Dism /Mount-Image /ImageFile:<path_to_image_file> {/Index:<image_index> | /Name:<image_name>} /MountDir:<path_to_mount_directory> [/ReadOnly] [/Optimize] [/CheckIntegrity]
パラメーターParameter 説明Description
/ReadOnly/ReadOnly 読み取り専用アクセス許可を持つ、マウントされたイメージを設定します。Sets the mounted image with read-only permissions. (省略可能)。Optional.
/最適化します。/Optimize 最初のマウントする時間を短縮します。Reduces initial mount time.
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.

例:Examples:

Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.wim /index:1 /MountDir:C:\test\offline
Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.vhd /index:1 /MountDir:C:\test\offline /ReadOnly
Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\WinOEM.ffu /MountDir:C:\test\offline /index:1

/最適化イメージ/WIMBoot/Optimize-Image /WIMBoot

オフライン イメージに指定された構成を実行します。Performs specified configurations to an offline image.

パラメーターParameter 説明Description
/WIMBoot/WIMBoot オフライン Windows イメージ ファイルのブート (WIMBoot) システムをインストールするためのイメージを構成します。configure an offline image for installing on a Windows image file boot (WIMBoot) system.
/最適化します。/Optimize 最初のマウントする時間を短縮します。Reduces initial mount time. /最適化イメージ/WIMBoot はキャプチャまたは WIMBoot ファイルとしてエクスポートされている Windows 8.1 のイメージにのみ適用されます。/Optimize-Image /WIMBoot only applies to Windows 8.1 images that have been captured or exported as a WIMBoot file. WIMBoot に使用されるイメージを使用して/Optimize-Image のみには、システムがサポートされています。Only use /Optimize-Image with images that will be used for WIMBoot supported systems. /Optimize-Image 非 WIMBoot でサポートされているシステムのイメージを使用する場合、非 WIMBoot でサポートされているデバイスにインストールした後、想定どおり Windows が機能しません。If /Optimize-Image is used with a non-WIMBoot supported system image, Windows may not work as expected, after installation on a non-WIMBoot supported device.

以下に例を示します。Example:

Dism /Image:C:\test\offline /Optimize-Image /WIMBoot

/再マウント イメージ/Remount-Image

アクセスできなくなりましたを提供するために使用できるようにマウントされたイメージを再マウントします。Remounts a mounted image that has become inaccessible and makes it available for servicing.

構文:Syntax:

Dism /Remount-Image /MountDir:<path_to_mount_directory>

以下に例を示します。Example:

Dism /Remount-Image /MountDir:C:\test\offline

/FFU 分割/Split-FFU

FFU には、このコマンドは、既存の更新プログラムの完全なフラッシュ (.ffu) ファイルを複数の読み取り専用の分割 .sfu ファイルに分割します。For FFU, this command splits an existing full-flash update (.ffu) file into multiple read-only split .sfu files. DISM では、圧縮された FFUs の分割をサポートしていません。DISM doesn't support splitting compressed FFUs. FFUs を分割する場合、FFU をキャプチャしていることを確認、/compress:noneオプションを指定します。If you are splitting FFUs, make sure that your FFU was captured with the /compress:none option specificed.

このオプションは、番号が付加されますが、指定の/SFUFile として各ファイルを同じ名前の指定したディレクトリ内 .sfu ファイルを作成します。This option creates the .sfu files in the specified directory, naming each file the same as the specified /SFUFile, but with an appended number. たとえば、 c:\flash.sfuflash.sfu ファイル、flash2.ffu ファイル、flash3.sfu ファイルが表示されますを定義する各部分に保存することと、分割 .sfu ファイルの C:\ にディレクトリ。For example, if you use c:\flash.sfu, you'll get a flash.sfu file, a flash2.ffu file, a flash3.sfu file, and so on, defining each portion of the split .sfu file and saving it to the C:\ directory.

FFU 構文:Syntax for FFU:

Dism /Split-Ffu /ImageFile:<path_to_image_file> /SFUFile:<pattern> /FileSize:<MB-Size> [/CheckIntegrity]
パラメーターParameter 説明Description
/FileSize/FileSize メガバイト (MB) を作成した各ファイルの最大サイズを指定します。Specifies the maximum size in megabytes (MB) for each created file. 1 つのファイルが、/FileSize オプションのいずれかの結果に大きなファイルを格納するために、/FileSize オプションで指定された値より大きくなること分割 .swm ファイルで指定された値より大きい場合は。If a single file is larger than the value specified in the /FileSize option, one of the split .swm files that results will be larger than the value specified in the /FileSize option, in order to accommodate the large file.
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
/ImageFile/ImageFile パスを指定します。FFU ファイルの例: flash.ffu します。Specifies the path of a .FFU file, example: flash.ffu.
/SFUFile/SFUFile 参照は、FFU ファイル (Sfu) を分割します。References split FFU files (SFUs). パターンは分割ファイルの場所と名前付けパターン。Pattern is the naming pattern and location of split files.

以下に例を示します。Example:

DISM.exe /Split-Ffu /ImageFile:flash.ffu /SFUFile:flash.sfu /FileSize:650

/分割イメージ/Split-Image

WIM には、このコマンドは、既存の .wim ファイルを複数の読み取り専用の分割 .swm ファイルに分割します。For WIM, this command splits an existing .wim file into multiple read-only split .swm files.

このオプションは、指定したのと同じ名前を各ファイルの指定されたディレクトリに .swm ファイルを作成しますpath_to_swmが番号が付加されます。This option creates the .swm files in the specified directory, naming each file the same as the specified path_to_swm, but with an appended number. たとえば、設定した場合path_to_swmとしてc:\Data.swm定義する各部分に保存することと、分割された .wim ファイルの C:\ に、このオプションは Data.swm ファイル、Data2.swm ファイル、Data3.swm ファイルを作成します。ディレクトリ。For example, if you set path_to_swm as c:\Data.swm, this option creates a Data.swm file, a Data2.swm file, a Data3.swm file, and so on, defining each portion of the split .wim file and saving it to the C:\ directory.

このコマンド ライン オプションは、仮想ハード_ディスク (VHD) ファイルには適用されません。This command-line option does not apply to virtual hard disk (VHD) files.

WIM の構文:Syntax for WIM:

Dism /Split-Image /ImageFile:<path_to_image_file> /SWMFile:<path_to_swm> /FileSize:<MB-Size> [/CheckIntegrity]
パラメーターParameter 説明Description
/FileSize/FileSize メガバイト (MB) を作成した各ファイルの最大サイズを指定します。Specifies the maximum size in megabytes (MB) for each created file. 1 つのファイルが、/FileSize オプションのいずれかの結果に大きなファイルを格納するために、/FileSize オプションで指定された値より大きくなること分割 .swm ファイルで指定された値より大きい場合は。If a single file is larger than the value specified in the /FileSize option, one of the split .swm files that results will be larger than the value specified in the /FileSize option, in order to accommodate the large file.
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
/ImageFile/ImageFile イメージ ファイルのパスを指定します例: install.wim します。Specifies the path of an image file, example: install.wim.

以下に例を示します。Example:

Dism /Split-Image /ImageFile:install.wim /SWMFile:split.swm /FileSize:650

/マウント解除-イメージ/Unmount-Image

.Ffu、.wim、.vhd または .vhdx ファイルといずれかのコミットをマウント解除またはイメージをマウントするときに行われた変更を破棄します。Unmounts the .ffu, .wim, .vhd or .vhdx file and either commits or discards the changes that were made when the image was mounted.

/Unmount-Image オプションを使用する場合は、/commit または/discard のいずれかの引数を使用する必要があります。You must use either the /commit or /discard argument when you use the /Unmount-Image option.

構文:Syntax:

Dism /Unmount-Image /MountDir:<path_to_mount_directory> {/Commit | /Discard} [/CheckIntegrity] [/Append]
パラメーターParameter 説明Description
/CheckIntegrity/CheckIntegrity 検出し、.wim ファイルの破損を追跡します。 マウントを解除キャプチャを併用すると、エクスポート、および操作をコミットします。Detects and tracks .wim file corruption when used with capture, unmount, export, and commit operations. /DISM では、適用およびマウント操作を使用すると、.wim ファイルが破損していることが検出された場合、CheckIntegrity は、操作を停止します。/CheckIntegrity stops the operation if DISM detects that the .wim file is corrupted when used with apply and mount operations.
または末尾に追加します。/Append 元のイメージを上書きする代わりに既存の .wim ファイルを変更した画像を追加します。Adds the modified image to the existing .wim file instead of overwriting the original image. /CheckIntegrity と/Append 引数は、仮想ハード ディスク (VHD、VHDX)、または FFU ファイルには適用されません。The /CheckIntegrity and /Append arguments do not apply to virtual hard disk (VHD, VHDX), or FFU files.

例:Examples:

Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\test\offline /commit
Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\test\offline /discard

/Update-WIMBootEntry/Update-WIMBootEntry

イメージの名前を変更したファイルまたは移動したイメージ ファイルのパスに指定されたデータ ソース id では、関連付けられた WIMBoot 構成エントリを更新します。Updates the WIMBoot configuration entry, associated with the specified data source ID, with the renamed image file or moved image file path.

注: /Update-WIMBootEntryで加えた変更を有効にするために再起動が必要です。Note: /Update-WIMBootEntry requires a restart in order for any updates to take effect.

構文:Syntax:

Dism /Update-WIMBootEntry /Path:<Volume_path> /DataSourceID:<Data_source_id> /ImageFile:<Renamed_image_path>
パラメーターParameter 説明Description
/パス/Path WIMBoot 構成のディスク ボリュームを指定します。Specifies the disk volume of the WIMBoot configuration.
/DataSourceID/DataSourceID /Get-WIMBootEntry によって表示されるデータ ソース ID を指定します。Specifies the data source ID as displayed by /Get-WIMBootEntry.

以下に例を示します。Example:

DISM.exe /Update-WIMBootEntry /Path:C:\ /DataSourceID:0 /ImageFile:R:\Install.wim

/Apply-SiloedPackage/Apply-SiloedPackage

指定したイメージには、1 つまたは複数孤立したプロビジョニング パッケージ (Spp) を適用します。Applies one or more siloed provisioning packages (SPPs) to a specified image. ADK の Windows 10 バージョン 1607 から CopyDandI.cmd を実行し、実行した後はこのオプションは使用可能なのみdism.exe /Apply-SiloedPackageCopyDandI.cmd によって作成されたターゲット フォルダー。This option is only available after running CopyDandI.cmd from the ADK for Windows 10, Version 1607, and running dism.exe /Apply-SiloedPackage from the target folder created by CopyDandI.cmd.

注: /Apply-SiloedPackageのみに対して実行できる 1 回、Windows イメージが :/PackagePath複数 Spp を適用する同じコマンド内で複数回使用できます。Note: /Apply-SiloedPackage can only be run once against a Windows image, but /PackagePath can used more than once in the same command to apply multiple SPPs. 依存している SPP する前に、依存関係を指定する必要がありますので、Spp を指定した順序で適用されます。SPPs will be applied in the specified order, so a dependency should be specified before the SPP that depends on it.

孤立したプロビジョニング パッケージ、および CopyDandI.cmd を使用する方法の詳細については、プロビジョニング パッケージを孤立を参照してください。For more information about siloed provisioning packages, and how to use CopyDandI.cmd, see Siloed provisioning packages.

孤立したプロビジョニング パッケージを操作する方法についてを参照してください。実習 10。プロビジョニング パッケージ (Spp) サイロ化したデスクトップ アプリケーションとの設定に追加します。To find out how to work with siloed provisioning packages, see Lab 10: Add desktop applications and settings with siloed provisioning packages (SPPs).

/Apply-SiloedPackage /PackagePath:<package_path> /ImagePath:<applied_image_path>
パラメーターParameter 説明Description
/PackagePath/PackagePath 孤立したプロビジョニング パッケージ ファイルのパスを指定します。Specifies the path of a siloed provisioning package file.
/ImagePath/ImagePath SPP. を適用する Windows イメージのパスを指定しますSpecifies the path of the Windows image where you are applying the SPP.

以下に例を示します。Example:

Dism.exe /apply-SiloedPackage /PackagePath:C:\test\Word.spp /PackagePath:C:\test\spp2.spp /ImagePath:C:\

関連トピックRelated topics

DISM - 展開の Windows イメージのサービスと管理のテクニカル リファレンスDISM - Deployment Image Servicing and Management Technical Reference for Windows

DISM は何ですか。What is DISM?

コマンドライン構文の DISM のグローバル オプションDISM Global Options for Command-Line Syntax

完全なフラッシュ更新 (FFU) を使用して Windows を展開します。Deploy Windows using Full Flash Update (FFU)

WIM とします。VHD とします。FFU: イメージ ファイル形式の比較WIM vs. VHD vs. FFU: comparing image file formats