DISM の言語と地域と言語サービスのコマンド ライン オプションDISM Languages and International Servicing Command-Line Options

Windows と Windows プレインストール環境 (WinPE) 内のインターナショナル設定を変更するのには、国際対応のコマンドを使用できますイメージ。The international commands can be used to change international settings in Windows and Windows Preinstallation Environment (WinPE) images. オフラインまたはオンラインの Windows イメージ内の既存の設定をクエリすることもできます。You can also query existing settings in an offline or online Windows image.

Deployment Image Servicing and Management (DISM.exe) ツールを使用して Windows イメージをサービスの基本構文です。The base syntax for servicing a Windows image using the Deployment Image Servicing and Management (DISM.exe) tool is:

DISM.exe {/イメージ:<パス_に_オフライン_イメージ_ディレクトリ> | /Online} [ dism_グローバル_オプション] {サービス_オプション} [ <サービス_引数>]DISM.exe {/Image:<path_to_offline_image_directory> | /Online} [dism_global_options] {servicing_option} [<servicing_argument>]

国際対応のサービス コマンドの 3 つの種類があります。There are three types of international servicing commands:

  • コマンドを取得します。Get commands. オフライン イメージまたはオペレーティング システムの実行の各国対応設定のレポートを取得します。Retrieves a report of the international settings for an offline image or a running operating system.
  • Set コマンドします。Set commands. オフライン イメージに対して別のインターナショナル設定を設定します。Sets the different international settings for an offline image.
  • Gen LangIni コマンドします。Gen-LangIni commands. セットアップ中に使用される元の Lang.ini ファイルを生成します。Generates the Lang.ini file that is used during Setup.

次の国際対応のサービス オプションは、オフライン イメージに対して使用されます。The following international servicing options are available for an offline image:

DISM.exe/image:<パス_に_オフライン_イメージ_ディレクトリ> [ /Get-Intl ] [ /Set-UILang | /Set-UILangFallback | /Set-SysLocale | /Set-UserLocale | /Set-InputLocale | /Set-AllIntl | /Set-Timezone | /Set-SKUIntlDefaults | /Set-LayeredDriver ] [ /Gen-Langini | /Set-SetupUILang | /Distribution]DISM.exe /Image:<path_to_offline_image_directory> [/Get-Intl] [/Set-UILang | /Set-UILangFallback | /Set-SysLocale | /Set-UserLocale | /Set-InputLocale | /Set-AllIntl | /Set-Timezone | /Set-SKUIntlDefaults | /Set-LayeredDriver] [/Gen-Langini | /Set-SetupUILang | /Distribution]

実行中のオペレーティング システムは次の国際対応のサービス オプションです。The following international servicing options are available for a running operating system:

DISM.exe /Online /Get-IntlDISM.exe /Online /Get-Intl

次の表では、各地域と言語サービス オプションの使用方法の説明を提供します。The following table provides a description of how each international servicing option can be used. これらのオプションは区別されません。These options are not case-sensitive.

オプションと引数Option/Argument 説明Description

オプション: /Get-Help/でしょうか。Option: /Get-Help /?

国際対応のサービスのコマンド ライン オプションの後にすぐに使用する場合、オプションと引数の詳細情報が表示されます。When used immediately after an international servicing command-line option, information about the option and the arguments is displayed. 他のトピックは、イメージを指定すると、使用可能になる可能性があります。Additional topics might become available when an image is specified.

例:Examples:

Dism /image:C:\test\offline /Set-UILang /?Dism /image:C:\test\offline /Set-UILang /?

Dism/online/Get-intl/でしょうか。Dism /online /Get-intl /?

オプション: /Get-IntlOption: /Get-Intl

国際対応の設定と言語に関する情報が表示されます。Displays information about international settings and languages.

使用して、 /online実行中のオペレーティング システムの言語と設定に関する情報を表示するオプション。Use the /Online option to display information about international settings and languages in the running operating system.

使用して、 /image:<path_to_offline_image_directory >オフライン イメージに言語と設定に関する情報を表示するオプション。Use the /Image:<path_to_offline_image_directory> option to display information about international settings and languages in the offline image.

使用すると、 /Distributionオプション、国際対応の設定と配布の言語に関する情報が表示されます。When used with the /Distribution options, information about international settings and languages in the distribution is displayed. 配布共有フォルダーの名前は検証されません。The name of the folder in the distribution share is not validated. ...\Langpacks として報告されます&lt;locale_name>\Lp.cab します。It will be reported as …\Langpacks&lt;locale_name>\Lp.cab. 場所< locale_name >フォルダーの名前を指定します。Where <locale_name> is the name of the folder.

注: Note

ユーザー ロケールは、オフライン イメージに対してのみ報告されます。The user locale is reported only for offline images. レポートでは、オペレーティング システムを実行するためこの設定は含まれません。The report does not include this setting for running operating systems.

例:Examples:

Dism/online/Get-IntlDism /online /Get-Intl

Dism/image:C:\test\offline/Get-IntlDism /image:C:\test\offline /Get-Intl

Dism /image:C:\test\offline /distribution:C:\windows_distribution /Get-IntlDism /image:C:\test\offline /distribution:C:\windows_distribution /Get-Intl

オプション: /Set-UILang:Option: /Set-UILang:

引数: < language_name>Argument: <language_name>

既定のシステム ユーザー インターフェイス (UI) 言語を設定します。Sets the default system user interface (UI) language. Windows イメージに言語がインストールされていない場合、コマンドは失敗します。If the language is not installed in the Windows image, the command will fail.

<language_name > ; 既定値として設定する言語の名前を示す JA-JP など。<language_name> specifies the name of the language to set as the default; for example, ja-JP.

注: Notes:
  • このオプションは、として、.appx ベース言語エクスペリエンス パック (LXP) がインストールされている言語を UI に設定をサポートしていません。This option doesn't support setting the UI to a language that's been installed as a .appx-based Language Experience Pack (LXP).

  • .Cab ファイルを使用して、LIP をインストールし、既定のシステム UI 言語として指定する場合 LIP の言語は既定の UI 言語 (またはシステムのロケール) として設定して、既定システム UI 言語 (インストール言語) として、親言語が設定されます。If you install a LIP by using a .cab file and specify it as the default system UI language, the LIP language will be set as the default UI language (or system locale) and the parent language will be set as the default system UI language (or install language).

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Set-UILang:fr-FRDism /image:C:\test\offline /Set-UILang:fr-FR

Option: /Set-UILangFallback:Option: /Set-UILangFallback:

引数: < language_name>Argument: <language_name>

オフライン Windows イメージのシステム UI の既定のフォールバック言語を設定します。Sets the fallback default language for the system UI in the offline Windows image. によって指定された言語の場合にのみこの設定が使用される、 /Set-UILangオプションは一部がローカライズされた言語です。This setting is used only when the language specified by the /Set-UILang option is a partially localized language.

<language_name > ; 既定のフォールバックとして設定する言語の名前を指定します。 たとえば、EN-US。<language_name> specifies the name of the language to set as the default fallback; for example, en-US.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Set-UILangFallBack:fr-FRDism /image:C:\test\offline /Set-UILangFallBack:fr-FR

オプション: /Set-Syslocale:Option: /Set-Syslocale:

引数: < locale_name>Argument: <locale_name>

オフライン Windows イメージには、Unicode 以外のプログラム (システム ロケール) やフォントの設定言語を設定します。Sets the language for non-Unicode programs (also called system locale) and font settings in the offline Windows image.

<locale_name >言語と unicode 以外の場合は既定の言語として設定するロケールの名前を指定します。 たとえば、EN-US。<locale_name> specifies the name of the language and locale to set as the default language for non-Unicode; for example, en-US.

重要 Important

システム ロケールとして Unicode 専用言語を設定することはできません。You cannot set Unicode-only languages as the system locale. しようとすると、 /Set-SysLocaleオプションは失敗し、Unicode 以外のプログラムの言語は変更されません。If you try, the /Set-SysLocale option will fail and the language for non-Unicode programs will not be changed.

以下に例を示します。Example:

Dism/image:C:\test\offline/Set-SysLocale:fr-FRDism /image:C:\test\offline /Set-SysLocale:fr-FR

オプション: /Set-UserLocale:Option: /Set-UserLocale:

引数: < locale_name>Argument: <locale_name>

セット、"標準と形式"オフライン Windows イメージの言語 (ユーザーのロケールとも呼ばれます)。Sets the "standards and formats" language (also called user locale) in the offline Windows image. "標準と形式"言語は、既定の並べ替え順序を決定するユーザーごとの設定と既定の設定の日付、時刻、通貨、および数値の書式を設定します。The "standards and formats" language is a per-user setting that determines default sort order and the default settings for formatting dates, times, currency, and numbers.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Set-UserLocale:fr-FRDism /image:C:\test\offline /Set-UserLocale:fr-FR

オプション: /Set-InputLocale:Option: /Set-InputLocale:

引数: < input_locale>:<keyboard_layout>Argument: <input_locale>:<keyboard_layout>

入力ロケールとオフラインの Windows イメージで使用するキーボード レイアウトを設定します。Sets the input locales and keyboard layouts to use in the offline Windows image.

値、 < input_locale>:<keyboard_layout >ペアは、次のいずれかを指定できます。The value of the <input_locale>:<keyboard_layout> pair can be one of the following:

  • <language_id:keyboard_layout><language_id:keyboard_layout>

    たとえば、0409:00000409For example, 0409:00000409

  • <locale_name><locale_name>

    たとえば、ローカルの名前として EN-US を指定する場合、セット-inputlocale:オプションもこのロケールに対して定義されている既定のキーボード レイアウトを設定します。For example, if you specify en-US as the local name, The Set-InputLocale: option also sets the default keyboard layout defined for this locale.

区切り記号としてセミコロンを使用して、1 つ以上の値を指定できます。You can specify more than one value by using semicolons as separators. これは、1 台のコンピューターで複数のキーボードのサポートを追加する場合に便利です。This is useful when you want to include support for multiple keyboards on a single computer. 最初の値は、既定のキーボードとして設定されます。The first value will be set as the default keyboard.

コンピューターに構成できる有効なキーボード レイアウトは、次のレジストリ キーに表示されます。The valid keyboard layouts that can be configured on your computer are listed in the following registry key.

HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard レイアウトHKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts

値の一覧では、既定の入力ロケール既定のキーボード設定を参照してください。For a list of the values, see Default Input Locales and Default Keyboard Settings.

設定する言語 ID とキーボード レイアウトの 16 進数の値を使用します。Use the hexadecimal value of the language ID and keyboard layout that you intend to configure.

このパラメーターは省略可能です。This parameter is optional.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Set-InputLocale:fr-fr
Dism /image:C:\test\offline /Set-InputLocale:0410:00010410

オプション: /Set-AllIntl:Option: /Set-AllIntl:

引数: < language_name>Argument: <language_name>

既定のシステム UI 言語を Unicode 以外のプログラムの言語の設定、"標準と形式"言語、および入力ロケールとキーボードのレイアウトをオフライン Windows イメージで指定された言語です。Sets the default system UI language, the language for non-Unicode programs, the "standards and formats" language, and the input locales and keyboard layouts to the specified language in the offline Windows image. このオプションは、次の言語の値を指定します。This option specifies the language value for the following:

  • UI の言語UI language

  • システム ロケールSystem locale

  • ユーザー ロケールUser locale

  • 入力ロケールInput locale

個別の言語またはロケールを指定するオプションのいずれかを併用する場合、個々 の設定が優先されます。If used with any of the options that specify the individual language or locales, then the individual settings take precedence.

<language_name >言語名およびロケール コードを指定しますたとえば、EN-US、ES-ES、または個。<language_name> specifies the language name and locale code; for example, en-US, es-ES, or fr-FR.

  • このオプションは、として、.appx ベース言語エクスペリエンス パック (LXP) がインストールされている言語を UI に設定をサポートしていません。This option doesn't support setting the UI to a language that's been installed as a .appx-based Language Experience Pack (LXP).

  • .Cab ファイルを使用して、LIP をインストールし、既定のシステム UI 言語として指定する場合 LIP の言語は既定の UI 言語 (またはシステムのロケール) として設定して、既定システム UI 言語 (インストール言語) として、親言語が設定されます。If you install a LIP by using a .cab file and specify it as the default system UI language, the LIP language will be set as the default UI language (or system locale) and the parent language will be set as the default system UI language (or install language).

以下に例を示します。Example:

Dism/image:C:\test\offline/Set-AllIntl:fr-FRDism /image:C:\test\offline /Set-AllIntl:fr-FR

オプション: /Set-TimeZone:Option: /Set-TimeZone:

引数: < timezone_name>Argument: <timezone_name>

Windows イメージでは、既定のタイム ゾーンを設定します。Sets the default time zone in a Windows image. タイム ゾーンを設定する前に、DISM では、指定されたタイム ゾーン文字列がイメージに対して有効であるを確認します。Before setting the time zone, DISM verifies that the specified time zone string is valid for the image.

<timezone_name > ; を使用するタイム ゾーンの名前を指定します。 たとえば、太平洋標準時。<timezone_name> specifies the name of the time zone to use; for example, Pacific Standard Time. タイム ゾーン文字列の完全な一覧は、Windows® 無人セットアップ リファレンス 』 を参照してください。For a complete list of time-zone strings, see the Windows® Unattended Setup Reference. Windows 7 を実行しているコンピューターでは、そのコンピューターのタイム ゾーンを一覧表示するのに tzutil コマンドライン ツールを使用できます。On a computer that is running Windows 7, you can use the tzutil command-line tool to list the time zone for that computer. Tzutil ツールは、Windows 7 では既定でインストールされます。The tzutil tool is installed by default on Windows 7.

タイム ゾーンの名前でレジストリにタイム ゾーンの設定の名前と一致する必要がありますhklm \software\microsoft\windows nt \currentversion\time Zonesします。The name of the time zone must exactly match the name of the time zone settings in the registry in HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time Zones.

コンピューターに、カスタム タイム ゾーンを追加する場合は、そのカスタム タイム ゾーン文字列を指定できます。If you add a custom time zone to your computer, you can specify that custom time-zone string.

以下に例を示します。Example:

Dism/image:C:\test\offline/Set-TimeZone:"w.ヨーロッパ標準時"Dism /image:C:\test\offline /Set-TimeZone:"W. Europe Standard Time"

オプション: /Set-SKUIntlDefaults:Option: /Set-SKUIntlDefaults:

引数: < language_name>Argument: <language_name>

既定のシステム UI 言語を Unicode 以外のプログラムの言語の設定、"標準と形式"言語、および入力のロケールでは、キーボード レイアウト、および時刻の指定された既定値をオフライン Windows イメージ内のゾーン値によって< language_name>します。Sets the default system UI language, the language for non-Unicode programs, the "standards and formats" language, and the input locales, keyboard layouts, and time zone values in an offline Windows image to the default value specified by <language_name>. /Set-SKUIntlDefaultsオプションで、日本語と韓国語キーボードのキーボード ドライバーによって変更されません。The /Set-SKUIntlDefaults option does not change the keyboard driver for Japanese and Korean keyboards. 使用する必要があります、 /Set-LayeredDriverこれを変更するオプション。You must use the /Set-LayeredDriver option to change this.

使用/Set-SKUIntlDefaults設定を変更するすべて国際オフラインの Windows イメージの製品版のインストール時に設定されている既定値に一致するようにします。Use /Set-SKUIntlDefaults to change all the international settings in an offline Windows image to match the default values that are set during retail installations. 各言語パックの詳細については、既定値は、既定の入力ロケールの Windows 言語パックを参照してください。For more information about the default values of each language pack, see Default Input Locales for Windows Language Packs.

このパラメーターは省略可能です。This parameter is optional. このセクションで前に、設定のいずれかと組み合わせると、個々 の設定が優先されます。If combined with one of the settings earlier in this section, the individual setting takes priority.

Unicode 専用のロケールが渡される言語に一致する場合は設定すると、システム ロケールは変更されませんが、コマンドは失敗しません。If the language passed matches a Unicode-only locale setting, the system locale will not be changed but the command will not fail.

以下に例を示します。Example:

Dism/image:C:\test\offline/Set-SKUIntlDefaults:fr-FRDism /image:C:\test\offline /Set-SKUIntlDefaults:fr-FR

オプション: /Set-LayeredDriver:Option: /Set-LayeredDriver:

引数:<1-6>Arguments: <1-6>

日本語または韓国語キーボードを使用するためのキーボード ドライバーを指定します。Specifies a keyboard driver to use for Japanese or Korean keyboards.

日本では、101 キーまたは 102 キー キーボードがある他のユーザーが多くの小売ユーザー 106 キーのキーボードがあります。In Japan, many retail users have 106-key keyboards, whereas others have 101- or 102-key keyboards. 韓国、キーボードのキーの数が異なるを使用して一部のさまざまな種類があります。In Korea, there are several different types of keyboards, some with different numbers of keys.

これらの設定可能な値とは、1 ~ 6 です。The possible values for these settings are [1-6]:

  1. PC を指定します]、[AT 拡張キーボード (101/102 キー)。Specifies the PC/AT Enhanced Keyboard (101/102-Key).

  2. 韓国語の PC を指定します]、[101 キー互換性のあるキーボード/MS Natural Keyboard (種類 1) にします。Specifies the Korean PC/AT 101-Key Compatible Keyboard/MS Natural Keyboard (Type 1).

  3. 韓国語の PC を指定します]、[101 キー互換性のあるキーボード/MS Natural Keyboard (種類 2) にします。Specifies the Korean PC/AT 101-Key Compatible Keyboard/MS Natural Keyboard (Type 2).

  4. 韓国語の PC を指定します]、[101 キー互換性のあるキーボード/MS Natural Keyboard (タイプ 3) にします。Specifies the Korean PC/AT 101-Key Compatible Keyboard/MS Natural Keyboard (Type 3).

  5. 韓国語のキーボードを指定します (103/106 キー)。Specifies the Korean Keyboard (103/106 Key).

  6. 日本語キーボード (106/109 キー) を指定します。Specifies the Japanese Keyboard (106/109 Key).

以下に例を示します。Example:

Dism/image:C:\test\offline/Set-LayeredDriver:1Dism /image:C:\test\offline /Set-LayeredDriver:1

Option: /Gen-LangINI:Option: /Gen-LangINI:

内外のセットアップで、イメージ内で言語パックの定義に使用されるは、新しい Lang.ini ファイルを生成、配布します。Generates a new Lang.ini file, which is used by Setup to define the language packs inside the image and outside in the distribution. セットアップの既定の UI 言語を定義します。It also defines the default UI language for Setup.

新しい Lang.ini ファイルは、Windows 配布の Sources フォルダーに追加されます。The new Lang.ini file will be added to the Sources folder of the Windows distribution.

注: Note

いない、既存の Lang.ini ファイルを上書きするように求めされます。You will not be prompted for permission to overwrite an existing Lang.ini file. 既存の Lang.ini ファイルは自動的に上書きされます。The existing Lang.ini file will be overwritten automatically.

オフライン Windows イメージを指定する必要があります (/イメージ:<path_to_offline_image.wim >および分布 (/Distribution: < path_to_distribution_directory>)。You must specify an offline Windows image (/Image:<path_to_offline_image.wim> and a distribution (/Distribution:<path_to_distribution_directory>).

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Gen-LangINI /distribution:C:\windows_distributionDism /image:C:\test\offline /Gen-LangINI /distribution:C:\windows_distribution

オプション: /Set-SetupUILang:Option: /Set-SetupUILang:

引数: < language_name>Argument: <language_name>

セットアップによって使用される既定の言語を定義します。Defines the default language that will be used by Setup. この言語を使用することはできません、セットアップは自動的に英語を使用します。If this language cannot be used, Setup automatically uses English.

これは、省略可能なコマンドです。This is an optional command. 使用しない場合、イメージの既定の UI 言語が使用します。If not used, the default UI language in the image will be used. 言語が存在しない場合は、存在する言語の一覧の最初の言語が使用されます。If the language is not present, the first language in the list of present languages will be used.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Set-SetupUILang:fr-FR /distribution:C:\windows_distributionDism /image:C:\test\offline /Set-SetupUILang:fr-FR /distribution:C:\windows_distribution

オプション: /Distribution:Option: /Distribution:

引数: < path_to distribution_directory>Argument: <path_to-distribution_directory>

Windows 配布へのパスを指定します。Specifies the path to the Windows distribution. Windows 配布は、Windows 製品 DVD でリリースされるコンテンツのコピーです。The Windows distribution is a copy of the content that releases on the Windows product DVD. このオプションは、のみで使用するため、 /Get-Intl/Gen-LangINI外部の言語パックがある場合は、オプションです。This option is only for use with the /Get-Intl and /Gen-LangINI option if there are external language packs.

以下に例を示します。Example:

Dism /image:C:\test\offline /Gen-LangINI /distribution:C:\windows_distributionDism /image:C:\test\offline /Gen-LangINI /distribution:C:\windows_distribution

制限事項Limitations

  • DISM 国際サービス コマンドは、Windows Vista または Windows Server 2008 のイメージでは使用できません。The DISM International servicing commands cannot be used on a Windows Vista or a Windows Server 2008 image. Windows Vista および Windows Server 2008 のイメージのサービスについては、Windows OEM プレインストール キット (Windows OPK) または Windows 自動インストール キット (Windows AIK) の Windows Vista SP1 のリリースを参照してください。For information about servicing Windows Vista and Windows Server 2008 images, see the Windows Vista SP1 release of the Windows OEM Preinstallation Kit (Windows OPK) or Windows Automated Installation Kit (Windows AIK).

  • 国際対応のサービスのコマンドと同じコマンド行では、他のサービス コマンドを使用できません。You cannot use other servicing commands on the same command line with international servicing commands.

  • システム ロケールとして Unicode 専用言語を設定することはできません。You cannot set a Unicode-only language as the system locale.

    次の言語は、Unicode のみ。The following languages are Unicode-only:

    言語Language 国/地域Country/Region
    アムハラ語Amharic エチオピアEthiopia
    アルメニア語Armenian アルメニアArmenia
    アッサム語Assamese インドIndia
    ベンガル語Bangla バングラデシュBangladesh
    ベンガル語Bangla インド (ベンガル文字表記)India (Bengali Script)
    ディベヒ語Divehi モルディブMaldives
    ジョージア語Georgian ジョージアGeorgia
    グジャラート語Gujarati インド (グジャラート文字表記)India (Gujarati Script)
    ヒンディー語Hindi インドIndia
    イヌクティトット語 (音節文字)Inuktitut (Syllabics) カナダCanada
    カンナダ語Kannada インド (カンナダ文字表記)India (Kannada Script)
    カザフ語Kazakh カザフスタンKazakhstan
    クメール語Khmer カンボジアCambodia
    コンカニ語Konkani インドIndia
    ラオス語Lao ラオス語 PDRLao PDR
    マラヤーラム語Malayalam インド (マラヤーラム文字表記)India (Malayalam Script)
    マルタ語Maltese マルタMalta
    マオリ語Maori ニュージーランドNew Zealand
    マラーティー語Marathi インドIndia
    モンゴル語 (モンゴル文字)Mongolian (Mongolian) 中華人民共和国PRC
    ネパール語Nepali ネパール連邦民主共和国Federal Democratic Republic of Nepal
    オディア語Odia インド (オディア筆記体)India (Odia Script)
    パシュトゥー語Pashto アフガニスタンAfghanistan
    パンジャーブ語Punjabi インド (グルムキー文字表記)India (Gurmukhi Script)
    サンスクリット語Sanskrit インドIndia
    シンハラ語Sinhala スリランカSri Lanka
    シリア語Syriac シリアSyria
    タミール語Tamil インドIndia
    テルグ語Telugu インド (テルグ文字表記)India (Telugu Script)
    チベット文字Tibetan 中華人民共和国PRC
    イ語Yi 中華人民共和国PRC
  • 更新後は、言語パックをインストールしません。Do not install a language pack after an update.

    更新プログラムをインストールする場合 (修正プログラムは、一般配布リリース[GDR]、または service pack [SP]) 言語パック、言語固有のインストール前に、言語に依存するリソースを含む更新プログラムに含まれる変更は適用されません。If you install an update (hotfix, general distribution release [GDR], or service pack [SP]) that contains language-dependent resources before you install a language pack, the language-specific changes contained in the update are not applied. 常に更新プログラムをインストールする前に言語パックをインストールします。Always install language packs before installing updates.

  • 使用してタイム ゾーンを指定するときに /Set-TimeZone:<タイムゾーン_名前>複数の単語を二重引用符を使用する必要があります。When specifying a time zone by using /Set-TimeZone:<timezone_name> you must use straight quotation marks for multiple words. たとえば、 /Set-TimeZone:「太平洋標準時」 します。For example, /Set-TimeZone:"Pacific Standard Time". コピーして、引用符を含む、タイム ゾーン名を貼り付ける場合、Microsoft® Word ドキュメントから引用符可能性があります認識されず、コマンドラインが失敗する可能性があります。If you copy and paste the time zone name, including quotation marks, from a Microsoft® Word document, the quotation marks might not be recognized and the command line might fail.

  • 各国対応のイメージをサービスするホスト環境がそのイメージの言語をサポートしていない場合は、国際対応のイメージから発信されたエラー メッセージを読み取ることができません。If you are servicing an international image, and your host environment does not support the language in that image, you might not be able to read an error message that originates from the international image.

関連トピックRelated topics

DISM は何ですか。What is DISM?

DISM のイメージの管理コマンド ライン オプションDISM Image Management Command-Line Options

Deployment Image Servicing and Management (DISM) コマンド ライン オプションDeployment Image Servicing and Management (DISM) Command-Line Options