構成パスのしくみHow Configuration Passes Work

構成パスとは、この中にイメージをカスタマイズすることができます、Windows® インストールの段階です。Configuration passes are the phases of a Windows® installation during which you can customize an image. 使用する設定によって、1 つまたは複数の構成パスでは、Windows 無人インストール設定を適用できます。Windows unattended installation settings can be applied in one or more configuration passes, depending on the setting you use. 構成パスが実行する方法とタイミングを理解することは、Windows の展開戦略を開発することが重要です。Understanding how and when configuration passes run is very important in developing a Windows deployment strategy.

このトピックの内容:In this topic:

構成パスの理解Understanding Configuration Passes

次の図は、さまざまな展開ツールの基準と構成の間のリレーションシップを渡します。The following diagram shows the relationship between the configuration passes relative to the different deployment tools.

構成パスの概要

すべての構成パスは、特定の Windows のインストールで実行します。Not all configuration passes run in a particular installation of Windows. など一部の構成が渡されますauditSystemauditUserコンピューターを監査モードで起動した場合にのみ実行します。Some configuration passes, such as auditSystem and auditUser, run only if you boot the computer to audit mode. ほとんどの Windows セットアップの無人設定いずれかに追加できる、 specializeまたはoobeSystem構成パス。Most Windows Setup unattend settings can be added to either the specialize or the oobeSystem configuration pass. その他の構成パスは、特定の状況で便利なことができます。The other configuration passes can also be useful in certain situations. 次の表では、各構成パスについて説明します。The following table describes each of the configuration passes.

構成パスConfiguration pass 説明Description 構成パスの実行タイミングConfiguration pass runs when

windowsPEwindowsPE

中に、インストール プロセスの多くの側面を自動化することができます、 windowsPE構成パス。Many aspects of the installation process can be automated during the windowsPE configuration pass. このパスでは、次の構成できます。In this pass you can configure:

  • Windows PE のオプションWindows PE options

    これらのオプションは、ネットワークまたは Windows PE のページファイルを有効にする Windows PE のログ ファイルの場所の指定を含めることができます。These options can include specifying the location of the Windows PE log file, which enables networking or a Windows PE page file.

  • Windows のセットアップ オプションWindows Setup options

    これらのオプションには、インストールする Windows イメージを指定して、対象のコンピューターでディスクの構成を含めることができます。These options can include specifying the Windows image to install and configuring a disk on the destination computer.

この構成パス中には、対象のコンピューターに Windows イメージをコピーで設定した後、 windowsPE構成パスが処理されます。During this configuration pass, the Windows image is copied to the destination computer after the settings in the windowsPE configuration pass are processed.

Windows PE のドライバー ストアにドライバーを追加して、必要な起動に不可欠なドライバーを反映するためにこの構成パスを使用して、Windows PE のインストールには、ローカルのハード ディスク ドライブまたはネットワークにアクセスする起動に不可欠なドライバーが必要とする場合If your installation of Windows PE requires boot-critical drivers to access the local hard disk drive or a network, use this configuration pass to add drivers to the Windows PE driver store and to reflect the required boot-critical drivers

次のいずれかが発生します。One of the following occurs:

  • Windows セットアップ メディアの起動Booting the Windows Setup media

  • 以前の Windows インストールから Windows セットアップの開始Starting Windows Setup from a previous Windows installation

Windows PE のオプションは、Windows PE 環境から Windows セットアップを実行している場合にのみ適用されます。The Windows PE options are applied only when you are running Windows Setup from a Windows PE environment. Windows セットアップのオプションは、Windows PE または以前の Windows インストールのいずれかから実行するときに適用されます。The Windows Setup options are applied when it runs from either Windows PE or a previous Windows installation.

offlineServicingofflineServicing

この構成パスを使用して、Windows イメージに更新プログラム、ドライバー、または言語パックを適用します。This configuration pass is used to apply updates, drivers, or language packs to a Windows image.

Windows セットアップ中に Windows イメージをハード ディスクと任意の設定を適用、 offlineServicing応答ファイルのセクションでは、コンピューターを再起動する前にそのイメージに適用されます。During Windows Setup, the Windows image is applied to a hard disk and any settings in the offlineServicing section of an answer file are then applied to that image before the computer reboots.

この構成パス中にイメージが開始する前に Windows イメージにドライバーを追加することができます。During this configuration pass, you can add drivers to a Windows image before the image starts. これにより、インストールして、Windows セットアップ中に、インボックス デバイス ドライバーを処理することができます。This enables you to install and process out-of-box device drivers during Windows Setup.

この構成パスは、サービス シナリオ中には、Windows イメージに更新プログラムを適用するも使用されます。This configuration pass is also used to apply updates to a Windows image during servicing scenarios.

  • 自動的に切り替え、 windowsPE構成パスと、コンピューターを再起動する前にします。Automatically after the windowsPE configuration pass and before the computer reboots.

  • Deployment Image Servicing and Management を使用して、応答ファイルを指定すると、サービス シナリオでは、(Dism.exe) をツールです。During servicing scenarios when you specify an answer file by using the Deployment Image Servicing and Management tool (Dism.exe).

特殊化します。specialize

この構成パスを作成し、Windows イメージの情報を構成するために使用しに Windows イメージをインストールするハードウェアに固有です。This configuration pass is used to create and configure information in the Windows image, and is specific to the hardware that the Windows image is installing to.

イメージが最初の起動後、Windows、 specialize構成パスが実行されます。After the Windows image boots for the first time, the specialize configuration pass runs. この段階では、一意のセキュリティ Id (Sid) が作成されます。During this pass, unique security IDs (SIDs) are created. さらに、ネットワーク設定、国際対応の設定、およびドメイン情報を含む、多くの Windows 機能を構成することができます。Additionally, you can configure many Windows features, including network settings, international settings, and domain information.

応答ファイルの設定、 specializeパスが監査モードで表示されます。The answer file settings for the specialize pass appear in audit mode. コンピューターが監査モードでを起動すると、 auditSystem auditUser 設定を実行し、コンピューターのプロセスを渡します。When a computer boots to audit mode, the auditSystem pass runs, and the computer processes the auditUser settings.

  • Windows イメージ ブート、初めてのときに自動的に表示します。Automatically when the Windows image boots for the first time.

  • [次へ] の起動を実行した後で、 sysprepコマンドと、 /generalizeオプション。On the next boot after you run the sysprep command with the /generalize option.

汎用化します。generalize

この構成パス中には、コンピューターに固有の情報は、Windows のインストールをキャプチャし、別のコンピューターに Windows イメージを再適用できるようにすることから削除されます。During this configuration pass, computer-specific information is removed from the Windows installation enabling you to capture and reapply the Windows image to different computers. たとえば、この段階では、一意のセキュリティ ID (SID)、一意のデバイス ドライバー、およびその他のハードウェアに固有の設定から削除されますイメージ。For example, during this pass, the unique security ID (SID), unique device drivers, and other hardware-specific settings are removed from the image.

この構成パスでは、最低限の構成することができます、 sysprep/generalizeマスター イメージに保持する必要が他の Windows 設定を構成するだけでなく、コマンド。This configuration pass enables you to minimally configure the sysprep /generalize command, in addition to configuring other Windows settings that must persist on your master image.

後に、を汎用化パスが完了すると、Windows イメージの起動時に、次回、 specialize構成パスが実行されます。After the generalize pass finishes, the next time that Windows image boots, the specialize configuration pass runs. Microsoft Windows 非を使用するには、Windows のインストールにインストールされている一意のデバイス ドライバーを保持する場合は、|PersistAllDeviceInstalls設定します。If you want to retain the unique device drivers that are installed to your Windows installation, you can use the Microsoft-Windows-PnpSysprep | PersistAllDeviceInstalls setting. この設定が構成されている場合、一意のデバイス ドライバーは、インストールから削除されません。If this setting is configured, unique device drivers are not removed from the installation.

  • 次の設定を構成します。Microsoft Windows の展開 |Generalize.The following setting is configured: Microsoft-Windows-Deployment | Generalize.

- または、- or -

  • 実行、 sysprep/generalizeコマンド。Run the sysprep /generalize command.

auditSystemauditSystem

この構成パス中には、Windows はユーザーが Aaudit モードでコンピューターにログオンする前に、システム コンテキストで実行するときに、設定が処理されます。During this configuration pass, settings are processed when Windows is running in system context, before a user logs onto the computer in Aaudit mode.

このパスは、通常の非インボックス デバイス ドライバーのインストールなど、インストールする追加の構成に使用されます。This pass is typically used to make additional configurations to an installation, such as installing out-of-box device drivers.

このパスは、コンピューターが構成されている場合にのみが実行されます。 監査モードで起動します。This pass runs only when a computer is configured to boot to audit mode.

  • 次の無人セットアップ設定を構成します。Microsoft Windows の展開 |Reseal | Mode =監査します。The following unattended Setup setting is configured: Microsoft-Windows-Deployment | Reseal | Mode=Audit.

- または、- or -

  • 実行、 sysprepコマンドと、 /監査オプション。Run the sysprep command with the /audit option.

auditUserauditUser

このパスは、ユーザーが監査モードでコンピューターにログオンした後に、無人セットアップの設定を処理します。This pass processes unattended Setup settings, after a user logs onto the computer in audit mode.

このパスは通常、カスタム コマンドを実行するか、Windows シェルのオプションを構成に使用します。This pass is typically used to run custom commands or configure Windows Shell options.

このパスは、コンピューターが構成されている場合にのみが実行されます。 監査モードで起動します。This pass runs only when a computer is configured to boot to audit mode.

  • 次の無人セットアップ設定を構成します。Microsoft Windows の展開 |Reseal | Mode =監査します。The following unattended Setup setting is configured: Microsoft-Windows-Deployment | Reseal | Mode=Audit.

- または、- or -

  • 実行、 sysprepコマンドと、 /監査オプション。Run the sysprep command with the /audit option.

oobeSystemoobeSystem

この構成パス中に Windows へようこそ を開始する前に、設定は Windows に適用されます。During this configuration pass, settings are applied to Windows before Windows Welcome starts.

このパスは通常、Windows シェルのオプションを構成、ユーザー アカウントを作成し、言語およびロケールの設定を指定に使用します。This pass is typically used to configure Windows Shell options, create user accounts, and specify language and locale settings.

応答ファイルの設定、 oobeSystem Windows へようこそ で、OOBE とも呼ばれるパスが表示されます。The answer file settings for the oobeSystem pass appear in Windows Welcome, also known as OOBE. これらの設定は、監査モードでは表示されません。These settings do not appear in audit mode.

  • 次の設定を構成します。Microsoft Windows の展開 |Reseal | Mode = OOBEThe following setting is configured: Microsoft-Windows-Deployment | Reseal | Mode=OOBE

- または、- or -

  • 実行、 sysprepコマンドと、 /OOBEオプション。Run the sysprep command with the /OOBE option.

Windows コンポーネントと応答ファイルに追加できる設定の詳細については、無人 Windows セットアップのリファレンス ガイドを参照してください。For more information about Windows components and settings that can be added to an answer file, see the Unattended Windows Setup Reference Guide. ログ記録の詳細については、展開のトラブルシューティングとログ ファイルWindows セットアップのログ ファイルとイベント ログを参照してください。For more information about logging, see Deployment Troubleshooting and Log Files and Windows Setup Log Files and Event Logs.

デバイス ドライバーを構成します。Configuring Device Drivers

無人インストール中に、既製の起動に不可欠なドライバーを追加するにはプレインストール メディア、起動に不可欠なドライバーがあることを確認する必要があります。To add out-of-box, boot-critical drivers during an unattended installation, you must make sure that the boot-critical driver is available on preinstallation media. 中に起動に不可欠なドライバーを追加する必要があります、 windowsPE構成パス。Boot-critical drivers should be added during the windowsPE configuration pass. すべてのドライバーがドライバー ストアにステージングされますが、起動に不可欠なドライバーのみが反映またはオフラインの Windows イメージだけでなく、Windows PE イメージにインストールされています。All drivers are staged in the driver store, but only boot-critical drivers are reflected or installed in the offline Windows image in addition to the Windows PE image. 非の起動に不可欠なドライバーを追加できる、 offlineServicing構成パス。Non-boot-critical drivers can be added to the offlineServicing configuration pass. こうことで、起動に不可欠なドライバーが使用できると、コンピューターの起動時、ドライバーが読み込まれます。This makes sure that boot-critical drivers are available and when the computer boots, the driver will load.

詳細については、デバイス ドライバーと展開の概要を参照してください。For more information, see Device Drivers and Deployment Overview.

国際対応の設定を構成します。Configuring International Settings

国際対応の設定は、顧客の要件やさまざまな展開シナリオに基づく Windows イメージをカスタマイズするために、複数の構成パスで使用できます。International settings are available in multiple configuration passes, to enable you to customize the Windows image based on customer requirements and different deployment scenarios.

など、米国 (EN-US のインターナショナル設定になります) でコンピューターを構築する場合は、英語ですべてのテストを実行する場合があります。For example, if you build a computer in the United States (which would be an en-US international setting), you might perform all your tests in English. ただし、コンピューターをフランスに納入し、Windows がフランス語で起動する必要がある場合は、言語パックが既にインストールされていない場合は、FR-FR 言語パックを追加して、FR-FR を適用する Microsoft Windows International コア コンポーネントを構成設定中に、 specialize構成パス。However, if you intend to deliver the computer to France and need Windows to boot in French, you can add the fr-FR language pack, if the language pack is not already installed, and then configure the Microsoft-Windows-International-Core component to apply fr-FR settings during the specialize configuration pass. でコンピューターを起動すると、インストールには英語のテキストが表示されます。When the computer boots, the installation will display English text. ただし、specialize 構成が完了すると、渡す後フランス語のテキストが表示されます。However, after the specialize configuration pass finishes, French text will be displayed.

DISM を使用して、Windows イメージ (オンラインまたはオフライン) の言語設定を構成することができます。You can use DISM to configure the language settings of a Windows image (either online or offline). 詳細については、DISM 言語とサービスのコマンド ライン オプションを国際を参照してください。For more information, see DISM Languages and International Servicing Command-Line Options.

既定では、Windows へようこそ は、既定の言語、ロケール、および入力の設定を選択するには、エンドユーザーの地域の設定のユーザー インターフェイス (UI) ページを表示します。By default, Windows Welcome displays a Regional Settings user interface (UI) page for the end user to select default language, locale, and input settings. この UI ページの設定で言語およびロケールの設定を指定して事前に構成することができます、 oobeSystem Microsoft Windows International コア コンポーネントの構成パス。You can preconfigure the settings on this UI page by specifying language and locale settings in the oobeSystem configuration pass in the Microsoft-Windows-International-Core component. 設定されている場合oobeSystem構成パスでは、地域の設定 ページはスキップされます。If settings are set in oobeSystem configuration pass, the Regional Settings page is skipped. Specialize パス中には、言語設定が構成されている、地域の設定ページが表示されます。If language settings are configured during specialize, the Regional Settings page will be displayed.

詳細については、言語パックを Windows に追加を参照してください。For more information, see Add Language Packs to Windows.

Examples

次のセクションでは、サンプル デプロイ シナリオについて説明し、構成パスが実行時を説明します。The following sections describe sample deployment scenarios and describe when configuration passes run.

Windows セットアップを実行するにはTo run Windows Setup

このシナリオでは、新しいコンピューターに Windows をインストールします。In this scenario, you install Windows to a new computer. Windows の製品メディアと応答ファイルを使用します。You start with the Windows product media and an answer file.

  1. Windows セットアップを実行し、応答ファイルを指定します。Run Windows Setup and specify an answer file. Windows セットアップを開始します。Windows Setup starts.

  2. WindowsPE構成パスが実行されます。The windowsPE configuration pass runs. 設定、<settings pass="windowsPE">応答ファイルのセクションを処理します。Settings in the <settings pass="windowsPE"> section of an answer file are processed. 2 つのさまざまな種類の設定中に構成できるは、 windowsPE構成パス。Windows PE のディスプレイ解像度とログ ファイルの場所など、Windows PE 環境に適用される設定。There are two different types of settings that you can configure during the windowsPE configuration pass: Settings that apply to the Windows PE environment, such as the display resolution and log file locations for Windows PE. ディスク パーティションの構成や、動的更新を有効化など、Windows インストールに適用される設定を指定することもできます。You can also specify settings that apply to the Windows installation, such as configuring disk partitions or enabling dynamic updates.

    • 応答ファイルで Windows PE に固有の設定は、Windows PE 環境から Windows セットアップを実行している場合にのみ適用されます。The Windows PE-specific settings in an answer file are applied only when you are running Windows Setup from a Windows PE environment.

    • Windows セットアップのオプション、 windowsPE構成パスは、Windows PE または以前の Windows インストールからの実行時に適用されます。The Windows Setup options in the windowsPE configuration pass are applied when it runs from either Windows PE or a previous Windows installation.

  3. Windows イメージをハード_ディスクにコピーした後、 offlineServicing構成パスが実行されます。After the Windows image is copied to the hard disk, the offlineServicing configuration pass runs. 任意の設定、<servicing><settings pass="offlineServicing">応答ファイルのセクションでは、Windows イメージに適用されます。Any settings in the <servicing> and <settings pass="offlineServicing"> section of an answer file are applied to the Windows image. 通常、この構成パス内のアクションは、インストールまたは、パッケージ、言語パック、またはデバイス ドライバーを削除します。Typically, the actions in this configuration pass install or remove packages, language packs, or device drivers.

  4. システムを再起動し、Windows セットアップが実行され、 specialize構成パス。The system restarts and Windows Setup runs the specialize configuration pass. この時点での設定、<settings pass="specialize">応答ファイルのセクションを処理します。At this point, settings in the <settings pass="specialize"> section of the answer file are processed.

  5. Windows セットアップの完了後、コンピューターを再起動します。After Windows Setup completes, the computer restarts. 次に、 oobeSystem構成パスの実行と設定、<settings pass="oobeSystem>応答ファイルのセクションを処理します。Then, the oobeSystem configuration pass runs and settings in the <settings pass="oobeSystem> section of an answer file are processed.

      使用できる作業の開始、Windows へようこそ をカスタマイズする Oobe.xml と呼ばれる別のコンテンツ ファイルを作成して、ISP サインアップします。Note   You can create a separate content file called Oobe.xml that you can use to customize Windows Welcome, Getting Started, and ISP sign up. Oobe.xml を使用するは、すべてのブランド化、ライセンス条項、および複数の国、地域や言語のサインアップ機会を一覧表示する 1 つのファイルを維持するためにできるため、これらのカスタマイズを整理するために便利です。Using Oobe.xml is useful for organizing these customizations, because it enables you to maintain a single file that lists all of the branding, license terms, and signup opportunities for multiple countries, regions and/or languages. 詳細については、構成 Oobe.xmlを参照してください。For more information, see Configure Oobe.xml. 一般に、Oobe.xml は、Oem およびシステム ビルダーによって使用されます。Generally, Oobe.xml is used by OEMs and System Builders. ただし Oobe.xml の一部の側面には、企業の展開シナリオをにとっても有益な。However some aspects of Oobe.xml might also benefit corporate deployment scenarios.

  6. Windows へようこそ が起動し、コンピューターの使用を開始することができます。Windows Welcome starts and you can begin using the computer.

/Generalize/shutdown コマンド、Sysprep を実行するにはTo run the Sysprep /generalize /shutdown command

このシナリオでは、環境全体で使用する Windows イメージの参照を作成します。In this scenario, you will create a reference Windows image to use throughout your environment. カスタマイズされた Windows インストールを開始するとします。You start with a customized Windows installation.

  1. 実行、 sysprepコマンドと、 /generalize/shutdown/oobeマスターのイメージを作成するためのオプションは、Windows へようこそ で起動し、コンピューターをシャット ダウンし、コンピューターを構成します。Run the sysprep command with the /generalize /shutdown /oobe options, to create a master image, configure the computer to boot to Windows Welcome, and then shut down the computer.

  2. 設定、<settings pass="generalize">応答ファイルのセクションが適用されます。The settings in the <settings pass="generalize"> section of an answer file are applied.

    • 応答ファイルを指定しなかった場合、 Sysprepコマンドを応答ファイルをコンピューターにキャッシュが使用されます。If you did not specify an answer file with the Sysprep command, the answer file cached to the computer will be used. 応答ファイルを使用する方法の詳細については、Windows セットアップの自動化の概要を参照してください。For more information about how to use answer files, see Windows Setup Automation Overview.

    • 応答ファイルを指定した場合、 sysprepコマンド、その応答ファイルは、%windir% にキャッシュ\Panther ディレクトリの Windows インストールの後の構成パスで使用されるとします。If you specified an answer file with the sysprep command, that answer file is cached to the %WINDIR%\Panther directory of the Windows installation and will be used on subsequent configuration passes.

  3. コンピューター シャット ダウンすると、Windows PE または別のオペレーティング システムを起動し、イメージのキャプチャを有効にします。The computer shuts down, enabling you to boot to Windows PE or another operating system and capture the image. 次回は、Windows イメージを起動、 specialize構成パスが実行され、Windows には、コンピューターに Windows へようこそ が起動します。The next time the Windows image boots, the specialize configuration pass will run and Windows will boot the computer to Windows Welcome.

スクリプトを使用して Windows イメージをデプロイするにはUsing a Script to Deploy a Windows Image

このシナリオでをマスター イメージを使用してコンピューターを起動する、 sysprep/generalize/shutdown/oobeコマンドが実行され、イメージをキャプチャしました。In this scenario, you boot the computer with a master image on which the sysprep /generalize /shutdown /oobe command was run and the image was captured. イメージ、Windows PE と、DISM ツールをマスターから始めます。You start with a master image, Windows PE and the DISM tool.

  1. 使用して、マスター イメージをコンピューターに適用、 dismコマンドと、 /apply-imageオプション。Apply the master image to a computer by using the dism command with the /apply-image option.

  2. マスター イメージを使用してコンピューターを起動します。Boot the computer with the master image. Windows が起動します。Windows starts.

  3. Specialize構成パスが実行されます。The specialize configuration pass runs. 設定、<settings pass="specialize">応答ファイルのセクションを処理します。Settings in the <settings pass="specialize"> section of the answer file are processed.

  4. コンピューターが再起動します。The computer restarts.

  5. OobeSystem構成パスが実行されます。The oobeSystem configuration pass runs. 設定、<settings pass="oobeSystem">応答ファイルのセクションを処理します。Settings in the <settings pass="oobeSystem"> section of the answer file are processed.

  6. Windows へようこそ が起動し、コンピューターの使用を開始することができます。Windows Welcome starts and you can begin using your computer.

監査モードの Windows を起動するにはTo boot Windows to audit mode

このシナリオでは、監査モードで起動するように構成された Windows イメージを起動します。In this scenario, you boot a Windows image that is configured to start in audit mode. 監査モードは、カスタム アプリケーション、ドライバー、および他の更新プログラムをマスター イメージに追加するのに役立ちます。Audit mode is useful for adding custom applications, drivers, and other updates to a master image. 監査モードで応答ファイルで、次の設定を構成するコンピューターを起動する Windows イメージを構成できます。Microsoft Windows の展開 |Reseal |Mode =監査または、実行、 Sysprepコマンドと、 /監査オプション。You can configure a Windows image to boot the computer to audit mode by configuring the following setting in an answer file: Microsoft-Windows-Deployment | Reseal | Mode=Audit or, run the Sysprep command with the /audit option.

  1. コンピューターを監査モードで起動する Windows イメージを構成します。Configure the Windows image to boot the computer to audit mode. このシナリオでは、実行、 sysprepコマンドを /監査/rebootオプション。In this scenario, run the sysprep command with the /audit /reboot options.

  2. Windows では、コンピューターを再起動します。Windows reboots the computer.

  3. AuditSystem構成パスが実行されます。The auditSystem configuration pass runs. 設定、<settings pass="auditSystem">応答ファイルのセクションを処理します。Settings in the <settings pass="auditSystem"> section of the answer file are processed.

  4. ビルトイン administrator アカウントが有効になっているとします。The Built-in administrator account is enabled.

  5. AuditUser構成パスが実行されます。The auditUser configuration pass runs. 設定、<settings pass="auditUser">応答ファイルのセクションを処理します。Settings in the <settings pass="auditUser"> section of the answer file are processed.

  6. デスクトップが表示されます。The desktop appears.

次回、コンピューターを再起動して監査モードで起動します。The next time that you reboot the computer, it will boot to audit mode again.

使用する必要があります、コンピューターを起動して Windows へようこそ で構成する、 sysprepコマンドと、 /oobeオプション、または Microsoft Windows 展開の構成 |Reseal |Mode設定oobe応答ファイル。To configure the computer to boot to Windows Welcome, you must use the sysprep command with the /oobe option, or configure the Microsoft-Windows-Deployment | Reseal | Mode setting to oobe in an answer file.

オフライン Windows イメージに対して DISM を実行するにはTo run DISM against an offline Windows image

このシナリオでは、オフライン Windows イメージに対して DISM を実行します。In this scenario, you run DISM against an offline Windows image.

  1. オフライン Windows イメージに対して DISM ツールを実行し、応答ファイルを指定します。Run DISM tool against an offline Windows image and specify an answer file. などのオフライン Windows イメージにパッケージを一覧表示するには、次のコマンドを使用します。For example, to list the package in an offline Windows image, use the following command:

    Dism /image:C:\test\offline /Get-Packages
    
  2. 設定、<servicing><settings pass="offlineServicing">応答ファイルのセクションでは、Windows イメージに適用されます。Settings in the <servicing> and <settings pass="offlineServicing"> sections of an answer file are applied to the Windows image. 次回コンピューターを起動するパッケージと設定が処理されます。The next time that you boot your computer, the packages and settings are processed.

詳細については、DISM イメージ管理コマンド ライン オプションを参照してください。For more information, see DISM Image Management Command-Line Options.

実行中の Windows イメージに DISM を使用するにはTo use DISM on a running Windows image

このシナリオでは、実行中の Windows インストールに対して、DISM ツールを実行します。In this scenario, you run the DISM tool against a running Windows installation.

  • オンラインの Windows イメージに対して DISM を実行し、応答ファイルを指定します。Run DISM against an online Windows image and specify an answer file. たとえば、Windows イメージにドライバー情報を一覧するには、次のコマンドを使用します。For example, to list driver information in a Windows image, use the following command:

    Dism /online /Get-Drivers
    

    重要な  応答ファイル内の要素のみを含める必要があります、オンライン Windows インストールに対して応答ファイルを使用した DISM を使用すると、 offlineServicing構成パス。Important   When you use DISM with an answer file against an online Windows installation, the answer file should contain only the elements in the offlineServicing configuration pass. これはいくつかの設定、 specialize構成パスは、オンライン Windows インストールに適用可能性があります。This is because some settings in the specialize configuration pass might be applied to the online Windows installation.

いくつかのインスタンスでは、コンピューターを再起動する必要があります。In some instances, you might be required to restart your computer. たとえば、Windows のインストールに言語パックを追加する場合は、コンピューターを再起動する必要があります。For example, if you add a language pack to your Windows installation, you must reboot the computer.

関連トピックRelated topics

auditSystemauditSystem

auditUserauditUser

汎用化します。generalize

offlineServicingofflineServicing

oobeSystemoobeSystem

特殊化します。specialize

windowsPEwindowsPE