OEM 展開の Windows 10 デスクトップ エディションの場合OEM Deployment of Windows 10 for desktop editions

Windows 10 デスクトップ PC を構築しテストを行う準備はできましたか? Getting ready to build and test Windows 10 desktop PCs? このラボでは、Windows イメージを展開し、する手順を示します。This lab shows you the steps to make and deploy Windows images. ツールとコマンドを使用して、エンド ツー エンドのデプロイを設定する方法について説明します。We'll show you how to use the tools and commands to setup an end-to-end deployment. コマンドをスクリプト化することで、特定の市場の顧客ニーズに合わせて新しいイメージを簡単にカスタマイズできます。The commands can be scripted, helping you quickly customize new images for specific markets to meet your customers' needs.

カスタマイズされた Windows 展開の構築プロセスを通じてみましょう。We'll walk you through the process of building a customized Windows deployment. 取り上げる内容を次に示します。Here's what we'll cover:

フローのデプロイのイメージ

お客様の環境を準備することから始め、する手順について説明します。We'll start by preparing your environment, then we'll cover the steps for:

  • 準備と WinPE イメージのマウントPreparing and mounting a WinPE image
  • パッケージを追加します。Adding packages
  • ドライバーを追加します。Adding drivers
  • WinPE のメディアを作成します。Creating WinPE media

次に、Windows イメージのカスタマイズに移動します。Next we'll move onto customizing your Windows image. まず始めにオフライン カスタマイズをマウントされた Windows イメージに場所について説明します。We'll start with offline customizations to a mounted Windows image, where we'll cover:

  • ドライバーを追加します。Adding Drivers
  • 言語の追加Adding Languages
  • 更新プログラムの追加Adding Updates
  • 受信トレイ アプリを再インストールします。Reinstalling inbox apps
  • Microsoft Office をプレインストールします。Preinstalling Microsoft Office
  • 開始レイアウトへのタイルの追加Adding tiles to the Start Layout
  • カスタム使用許諾契約書を表示する OOBE をセットアップします。Setup OOBE to display a custom EULA
  • 構成して、応答ファイルを使用して、Windows セットアップをカスタマイズするにはConfiguring and using answer files to customize Windows Setup

Windows イメージをカスタマイズする終了させていただきますPC にイメージを展開して、監査モードで起動し、などの変更が完了したら。We'll finish customizing the Windows image by deploying your image to a PC and then booting into Audit mode and finish making changes, including:

  • 監査モードで変更を行うMaking changes in Audit mode
  • プッシュ ボタンのリセットを準備します。Preparing Push Button Reset

あると最後に、 Finalize しイメージをキャプチャ、すべてが動作することを確認し、展開、イメージを準備Finally, we'll Finalize and Capture your image, verify everything works, and prepare your image for deployment.

  • イメージの最終処理中Finalizing the image

それでは始めましょう。Let's get started!

ラボ環境を準備します。Prepare your lab environment

注意

このラボに移動しを参照してください、ファイルを収集していない場合に必要デスクトップ エディションの Windows 10 の OEM 展開に必要なツールを入手するします。If you haven't gathered the files you need to go through this lab, see Get the tools you need for OEM deployment of Windows 10 for desktop editions.

この時点では、準備が整ったら、ツールが必要です。At this point, you should have your tools ready to go. この時点では、ことが必要です。At this point, you should have:

パーティションで、NTFS では、次の 2 つのパーティションでフォーマットされた USB ドライブ (/o:)。A USB drive, formatted with two partitions, with the following on the NTFS, partition (O:):

  • 抽出したフォルダー構造と USB B からのファイルThe extracted folder structure and files from USB-B

技術者が PC:A technician PC that has:

  • フォルダーと呼ばれるC:\temp\lab次のメディアのダウンロードします。A folder called C:\temp\lab with the following media downloaded:
    • Windows のインストール メディアWindows installation media
    • Microsoft Office の OPK の最新バージョンThe most recent version of the Microsoft Office OPK
    • Iso をオンデマンドでの Windows 機能Windows Features on Demand ISOs
    • Windows の言語パック ISOWindows Language pack ISO
    • アプリの更新プログラムの OPK または受信トレイ アプリ ISOOPK App Update or Inbox Apps ISO
    • Windows ADK のインストーラーWindows ADK installer
    • WinPE ADK アドオン (、ADK for Windows 10 1809、またはそれ以降のバージョンの場合)WinPE ADK Add-on (if using the ADK for Windows 10 version 1809, or later)
    • (必要な) 場合、イメージのドライバーDrivers for your image (if needed)

ラボをセットアップしましょう。Let's setup your lab.

Windows ADK for Windows 10 をインストールInstall the Windows ADK for Windows 10

Windows ADK は、カスタムの Windows インストールを新しいコンピューターに展開を管理することができるツールのコレクションです。The Windows ADK is a collection of tools that enables you to manage and deploy custom Windows installations to new computers.

重要

カスタマイズしたイメージには、一致するバージョンの ADK を使用します。Use the matching version of ADK for the images being customized. たとえば、Windows 10、バージョンは 1809 を使用している場合は、ADK for Windows 10、バージョンは 1809 を使用します。For example, if you're working with Windows 10, version 1809, use the ADK for Windows 10, version 1809.

で、技術者は PC:On your technician PC:

  1. Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) の以前のバージョンを使っている場合はアンインストールします。If you have a previous version of the Windows Assessment and Deployment Kit (ADK), uninstall it.

  2. インストールする Windows のバージョンに一致するバージョンの Windows ADK をダウンロードします。Download the version of the Windows ADK that matches the version of Windows that you’re installing.

  3. 次のオプションを使用して、ADK をインストールする ADK インストーラーを実行します。Run the ADK installer to install the ADK with the following options. 場合の Windows 10 ADK を使用しています。If you're using the ADK for Windows 10. バージョン 1809、WinPE は ADK インストーラーに含まれていないし、個別のアドオン パッケージが、ADK をインストールした後にインストールする必要があります。version 1809, WinPE isn't part of the ADK installer and is a separate add-on package that you have to install after you install the ADK:

    • 展開ツールDeployment Tools
    • ユーザー状態移行ツール (USMT)User State Migration Tool (USMT)
    • Windows プレインストール環境 (Windows PE)Windows Preinstallation Environment (Windows PE)
  4. インストールが完了したら、インストーラー ウィンドウを閉じます。When installation finishes, close the installer window.

起動可能な Windows PE (WinPE) パーティションを作成します。Create a bootable Windows PE (WinPE) partition

WinPE は、小規模、コマンド ライン ベース オペレーティング システムをキャプチャし、更新、および、Windows イメージを最適化するに使用できます。WinPE is a small, command-line based operating system that you can use to capture, update, and optimize Windows images. このセクションでは、起動可能な USB フラッシュ ドライブ上の基本的な WinPE イメージを準備し、試してみる方法を紹介します。In this section, we'll show you how to prepare a basic WinPE image on a bootable USB flash drive and try it out.

WinPE ファイルを準備します。Prepare WinPE files

  1. テクニシャン PC で、管理者として展開およびイメージング ツール環境を起動します。On your technician PC, start the Deployment and Imaging Tools Environment as an administrator:

    • [スタート] ボタンをクリックし、「展開およびイメージング ツール環境」と入力します。Click Start, type Deployment and Imaging Tools Environment. [展開およびイメージング ツール環境] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。Right-click Deployment and Imaging Tools Environment and select Run as administrator.
  2. 使用copypeベースの WinPE ファイルを含む作業ディレクトリを作成します。Use copype to create a working directory that has the base WinPE files:

    copype amd64 C:\winpe_amd64
    

    ヒント

    これでうまくいかない場合は、展開とイメージング ツール環境では、標準のコマンド プロンプトではないにしているを確認します。If this doesn't work, make sure you're in the Deployment and Imaging Tools Environment, and not the standard command prompt.

WinPE をカスタマイズします。Customize WinPE

WinPE イメージをマウントするファイルとコンポーネントを追加することで、いくつかの方法で WinPE イメージ (boot.wim) をカスタマイズできます。You can customize a WinPE image (boot.wim) in several ways by adding files and components to a mounted WinPE image.

WinPE イメージを変更する方法の例をいくつか次に示します。Here are some examples of how you can modify your WinPE image:

  • 省略可能なコンポーネントを追加するします。Add an optional component. 省略可能な WinPE コンポーネントADK に付属します。WinPE Optional components ship in the ADK. これらは、追加できるパッケージを WinPE に機能を追加する WinPE イメージにします。These are packages that you can add to your WinPE image to add functionality to WinPE.

  • グラフィックスやネットワーク ドライバーを追加するします。Add a graphics or network driver. (WinPE には汎用のビデオ ドライバーやネットワーク ドライバーが含まれていますが、場合によっては、画面表示やネットワーク接続用に追加のドライバーが必要になります)。(WinPE includes generic video and network drivers, but in some cases, additional drivers are needed to show the screen or connect to the network.). 詳細についてを参照してくださいWinPE:。ドライバーを追加します。To learn more, see WinPE: Add drivers.

  • 電源設定を高パフォーマンスに設定するSet the power scheme to high-performance. 展開が早くなります。Speeds deployment. サンプルの展開スクリプトでは、このスキームが自動的に設定されます。Note, our sample deployment scripts already set this scheme automatically. 参照してくださいWinPE:マウントおよびカスタマイズします。高パフォーマンスします。See WinPE: Mount and Customize: High Performance.

  • WinPE の最適化:制限付きの RAM と記憶域 (たとえば、1 GB の RAM と 16 GB ストレージ) を使用してデバイスをお勧めします。Optimize WinPE: Recommended for devices with limited RAM and storage (for example, 1GB RAM/16GB storage). Windows PE にドライバーやその他のカスタマイズを追加した後は、次を参照してくださいWinPE:。最適化し、イメージを縮小起動にかかる時間を減らすためにします。After you add drivers or other customizations to Windows PE, see WinPE: Optimize and shrink the image to help reduce the boot time.

WinPE にパッケージを追加すると、パフォーマンスが低下して、ブート時間が長くなります。When you add packages to WinPE, performance will be reduced and boot time will increase. 成功した展開を完了する必要があるパッケージを追加のみです。Only add packages that you need to complete a successful deployment.

WinPE イメージをマウントします。Mount your WinPE image

Windows イメージをカスタマイズするを使用する前にマウントする必要があります。To customize a Windows image, you have to mount it before you can work with it. これは WinPE イメージにも当てはまります。This is true for WinPE images as well. イメージをマウントするには、表示および変更の場所にイメージ ファイルの内容が抽出されます。Mounting an image extracts the contents of an image file to a location where it can be viewed and modified. この演習全体にわたって DISM をマウントおよび変更するイメージを使用します。Throughout this lab we'll use DISM to mount and modify images. DISM が付属して、Windows が使用する、ADK は、展開とイメージング ツール環境にアクセスしてみましょうによってインストールされているバージョン。DISM comes with Windows, but we'll be using the version that is installed by the ADK, which we'll access through the Deployment and imaging tools environment.

WinPE イメージ ファイルを Boot.wim に示します。Boot.wim is the WinPE image file. Copype.cmd でコピーしたファイルには、それを検索します。You can find it in the files that you copies with copype.cmd.

イメージをマウントします。Mount the image:

  • 展開とイメージング ツール環境イメージをマウントします。From the Deployment and imaging tools environment, mount the image:
Dism /mount-image /imagefile:c:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim /index:1 /mountdir:c:\winpe_amd64\mount

(省略可能) winpe のパッケージ、オプションのコンポーネント、依存関係、および言語パックを追加します。Add packages, optional components, dependencies, and language packs to WinPE (optional)

使用Dism /Add-Packageマウントする WinPE イメージにパッケージを追加します。Use Dism /Add-Package to add packages to your mounted WinPE image. ADK がWinPE オプション コンポーネントWinPE の他の機能を追加することができます。The ADK has WinPE Optional Components you can add for additional WinPE functionality. 一部のパッケージは、依存関係があり、その他のパッケージをインストールする必要があります。Some packages have dependencies and require other packages to be installed. これらのパッケージは、追加する前に、依存関係をインストールする必要があります、パッケージ。For these packages, you'll have to install the dependencies before you add the a package. たとえば、WinPE で Powershell を使用する場合は、言語固有の OCs と同様に、NetFx をインストールする必要があります。For example, if you want to use Powershell in WinPE, you have to install the NetFx as well as the language-specific OCs. OC Cab を検索するC:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\<arch>\WinPE_OCs\します。You can find OC CABs in C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\<arch>\WinPE_OCs\. En 用 Powershell のサポートを追加する方法を次に示します-ください。Here's how to add Powershell support for en-us:

Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-WMI.cab"  /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-WMI_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-NetFX.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-NetFX_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-Scripting.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-Scripting_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-PowerShell.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-PowerShell_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-StorageWMI.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-StorageWMI_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-DismCmdlets.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-DismCmdlets_en-us.cab"

注意

パッケージは必要な場合にのみ追加してください。Only add additional packages when necessary. 追加するその他のパッケージ、ブート時間とパフォーマンスに影響も大きくします。The more packages you add, the greater the impact to boot time and performance.

(必要に応じて) ドライバーを WinPE に追加します。Add drivers to WinPE (If needed)

使用するドライバーを WinPE に追加する必要がある場合Dism /Add-Driverします。If you need to add drivers to WinPE, you'll use Dism /Add-Driver. のみ、WinPE は、ハードウェアのドライバーをまだ含まれていない場合に実行する必要があります。You'll only need to do this if WinPE doesn't already include the drivers for your hardware.

ドライバーを WinPE に追加する方法を次に示します。Here's how to add drivers to WinPE:

注意

このメソッドでは、.inf ベースのドライバーが必要です。This method requires .inf-based drivers. ハードウェア ベンダーに .inf ベースのドライバーを取得します。Get .inf-based drivers from your hardware vendor.

dism /image:C:\winpe_amd64\mount /Add-Driver /driver:"C:\Out-of-Box Drivers\mydriver.inf"

場所C:\Out-of-Box Drivers\mydriver.infを追加するドライバーのパスです。Where C:\Out-of-Box Drivers\mydriver.inf is the path of the driver you're adding.

すべてのドライバーをフォルダーとすべてのインストールには、そのサブフォルダーは、/recurse オプションを使用します。To install all of the drivers in a folder and all its subfolders use the /recurse option. 次に、例を示します。For example:

Dism /Image:C:\Winpe_amd64\mount /Add-Driver /Driver:c:\drivers /recurse

場所C:\driversを追加するドライバー フォルダーです。Where C:\drivers is the drivers folder that you're adding.

高パフォーマンス電源設定します。Set the power scheme to high-performance

高パフォーマンス モードを使用する WinPE を設定すると、展開が短縮されます。Setting WinPE to use high-performance mode will speed deployment. サンプル スクリプトが、テストの実行が WinPE が常に高パフォーマンス モードで実行するかどうかを確認する場合は場合、に、高パフォーマンス モードに WinPE を設定変更startnet.cmdWinPE イメージのします。The sample scripts set WinPE to high-performance mode when they run, but if you want to make sure that WinPE always runs in high-performance mode, you can modify startnet.cmd in the WinPE image.

  1. メモ帳を使用して、C:\Winpe_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd を開くUse notepad to open C:\Winpe_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd

    notepad C:\Winpe_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd
    
  2. Startnet.cmd を次の行を追加します。Add the following line to startnet.cmd:

    powercfg /s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c
    
  3. ファイルを保存し、メモ帳を閉じます。Save the file and close Notepad.

クリーンアップ、WinPE イメージCleanup your WinPE image

実行dism /cleanup-imageWinPE のディスクとメモリのフット プリントを削減し、さまざまなデバイスとの互換性を向上します。Run dism /cleanup-image to reduce the disk and memory footprint of WinPE and increase compatibility with a wide range of devices:

DISM /image:c:\winpe_amd64\mount /Cleanup-image /StartComponentCleanup

参照してくださいWinPE:最適化し、イメージを縮小の詳細。See WinPE: Optimize and shrink the image for more details.

変更をコミットして、イメージのマウントを解除Commit your changes and unmount your image

WinPE イメージに余分なファイルを追加した場合は、イメージのサイズを削減し、パフォーマンスが向上することを削除できます。If you've added extra files in your WinPE image, you can delete them to reduce your image size and improve performance. 完了したら、イメージを使用して変更をコミットし、イメージのマウントを解除します。When you're done working with your image, you can commit your changes and unmount your image. WinPE フォルダーに、カスタマイズした WinPE イメージをエクスポートし。Then export your customized WinPE image into your WinPE folder:

dism /unmount-image /mountdir:c:\winpe_amd64\mount /commit
dism /export-image /sourceimagefile:c:\winpe_amd64\media\sources\boot.wim /sourceindex:1 /DestinationImageFile:c:\winpe_amd64\mount\boot2.wim
Del c:\winpe_amd64\media\sources\boot.wim
Copy c:\winpe_amd64\mount\boot2.wim c:\winpe_amd64\media\sources\boot.wim

起動可能な WinPE ドライブを作成します。Create a bootable WinPE drive

これで、必要なすべてのオブジェクトが、WinPE イメージを更新するには、起動可能な WinPE ドライブを行うことができます。Now that you've updated your WinPE image to include everything it needs, you can make a bootable WinPE drive. 展開とイメージング ツール環境。From the Deployment and Imaging Tools Environment:

  1. USB キーをテクニシャン コンピューターに接続します。Connect your USB key to your technician PC.

  2. コピーに WinPE、 WinPEパーティション。Copy WinPE to the WinPE partition:

    MakeWinPEMedia /UFD C:\winpe_amd64 P:
    

    P: の文字は、場所、 _WinPE_ドライブ。Where P: is the letter of the WinPE drive.

    メッセージが表示されたら、 Y キーを押して、ドライブをフォーマットし、WinPE をインストールします。When prompted, press Y to format the drive and install WinPE.

参照元のコンピューターを WinPE で起動します。Boot your reference PC to WinPE

  1. 参照デバイスを USB ドライブを接続します。Connect the USB drive to your reference device.

  2. 参照デバイス、オフにして、USB ドライブから起動し、します。Turn off the reference device, and then boot to the USB drive. これを行うには、通常、デバイスの電源を投入して、キー ( Esc キーや Volume up キーなど) をすぐに押します。You usually do this by powering on the device and quickly pressing a key (for example, the Esc key or the Volume up key).

    注意

    一部のデバイスでは、USB ドライブを選択するブート メニューに移動する必要があります。On some devices, you might need to go into the boot menus to choose the USB drive. UEFI モードまたは BIOS モードでの起動を選ぶことができる場合は、UEFI モードを選びます。If you're given a choice between booting in UEFI mode or BIOS mode, choose UEFI mode. 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。To learn more, see Boot to UEFI Mode or Legacy BIOS mode. デバイスが USB ドライブから起動しない場合のトラブルシューティングのヒントを参照してくださいWinPE:。起動可能な USB ドライブを作成するします。If the device does not boot from the USB drive, see the troubleshooting tips in WinPE: Create USB Bootable drive.

    WinPE は、コマンドラインで開始され、実行されるwpeinitシステムを設定します。WinPE starts at a command line, and runs wpeinit to set up the system. これには数分かかる場合があります。This can take a few minutes.

この時点では、PC で Windows PE を起動したままにします。Leave this PC booted to Windows PE for now. 起動可能な USB ドライブを削除することができます。You can remove the bootable USB drive.

Windows イメージをカスタマイズします。Customize your Windows image

WinPE イメージ、展開用にカスタマイズしたら、表示されます、Windows イメージを取得する方法に配置の準備完了。Now that you have your WinPE image customized for your deployment, we'll get into how to get your Windows image ready for deployment. プロセスは、WinPE イメージを変更した方法に似ていますが、Windows で多くの追加のカスタマイズ オプションがあります。The process is similar to how we changed our WinPE image, but Windows has many additional customization options.

Windows イメージにオフラインまたはオンラインまたはオンラインのカスタマイズを行うことができます。You can make either offline or online or online customizations to a Windows image. テクニシャン コンピューターから、または変換先を WinPE で起動したときに PC から windows イメージ (install.wim) をオフラインのカスタマイズを行います。Offline customizations are done to the windows image (install.wim) from either the Technician PC or from the destination PC while booted into WinPE. ほとんどのシナリオでは、オフラインのカスタマイズは、技術者のコンピューターから実行するカスタマイズです。In most scenarios, offline customizations are customizations you perform from the Technician PC. 監査モードに起動された後に、参照を PC にオンラインのカスタマイズを行います。Online customizations are done on the Reference PC after it’s been booted into audit mode.

次の表に示しますできるカスタマイズが行われたオンラインとオフラインにすることができます。The table below shows which customizations can be made online and offline. 製造する環境、ことをオフラインにできるだけ多くのカスタマイズを行うにお勧めします。In a manufacturing environment, it’s recommended to do as many customizations as possible offline.

シナリオScenario オフラインOffline オンラインOnline
デバイス ドライバーを追加します。Adding device drivers XX XX
Microsoft Store アプリの追加Adding Microsoft Store apps XX XX
デスクトップ (win32) アプリの追加Adding Desktop (win32) apps - XX
言語パックを追加します。Adding language packs XX XX
既定の言語パックを削除します。Remove default language pack XX -
オンデマンド機能の追加Adding features-on-demand XX XX
最新の累積的な更新プログラムの追加Adding the latest cumulative update XX XX
イメージの最適化Image optimization XX XX
Microsoft Store アプリの重複するファイルのクリーンアップMicrosoft Store apps duplicate files cleanup XX -
Microsoft OfficeMicrosoft Office XX XX

準備し、Windows イメージのマウントPrepare and mount a Windows image

マウントし、プロセスをカスタマイズします。

このセクションでは、技術者の PC を Windows イメージをマウントする方法を説明します。In this section we'll cover how to mount Windows images on your technician PC. WinPE イメージのマウントを以前に使用するのと同じプロセスは、Windows イメージをマウントします。Mounting a Windows image is the same process that we used to mount the WinPE image earlier. Windows イメージ (install.wim) をマウントする場合回復シナリオをサポートするイメージは、2 つ目のイメージを WinRe.wim にアクセスするようになります。When we mount our Windows image (install.wim), we'll be able to access a second image, WinRe.wim, which is the image that supports recovery scenarios. Install.wim と WinRE.wim を同時に更新すると、2 つのイメージを同期、回復が想定どおりのことが保証するのに役立ちます。Updating install.wim and WinRE.wim at the same time helps you keep the two images in sync, which ensures that recovery goes as expected.

続行する前に作成したこと確認、 _USB B_ドライブ。Before we continue, make sure that you've created your USB-B drive. 設定する方法を紹介しました、必要があるツールを入手するセクション。We showed you how to set it up in the Get the tools you need section.

Windows イメージ ファイルをバックアップします。Backup your Windows image file

Windows イメージを操作する前に問題が発生した場合に備えて、バックアップ コピーがあるかどうかを確認します。Before working on your Windows image, you want to make sure you have a backup copy in case something goes wrong. 元のイメージのコピーを作成します。Make a copy of the original image:

最初に、Windows のインストール メディアから、install.wim をコピー _USB B_します。First copy the install.wim from your Windows installation media to USB-B. Install.wim には、Home および Professional の両方のイメージが用意されています。Install.wim includes both Home and Professional images. Install.wim からホーム イメージをエクスポートし、このラボの中にそのイメージで機能しします。We'll export the Home image from install.wim, and then work with that image during this lab.

  1. 挿入_USB B_テクニシャン コンピューターにします。Insert USB-B into your technician computer.

  2. Win ホーム 10 32-ビット/X 64 の英語 OPK から Windows 10 Home .img をマウントします。Mount the Windows 10 Home .img from the Win Home 10 32-BIT/X64 English OPK.

  3. マウントされたイメージから D:\sources\install.wim を C:\temp\lab\images にコピーします。From the mounted image, copy D:\sources\install.wim to C:\temp\lab\images. (ここで d: マウントされたイメージのドライブ文字です)。(Where D: is the drive letter of the mounted image.)

  4. 開いている Windows キット、[スタート] から開きます、展開とイメージング ツール環境管理者として。From the Start menu, open Windows Kits, open the Deployment and Imaging Tools Environment as administrator.

  5. 問題が発生した場合は、イメージのコピーを作成します。Make a copy of your image in case something goes wrong.

    copy "C:\temp\lab\Images\install.wim" C:\temp\lab\Images\install-backup.wim
    
  6. Basicimage.wim として install.wim から Home edition (インデックス 2) をエクスポートし、元の C:\temp\lab\images\install.wim を削除します。Export the Home edition (index 2) from install.wim as basicimage.wim and delete the original C:\temp\lab\images\install.wim:

    Dism /export-image /sourceimagefile:C:\temp\lab\images\install.wim /sourceindex:2 /destinationimagefile:C:\temp\lab\images\basicimage.wim
    Del C:\temp\lab\images\install.wim
    

    イメージをエクスポートしたら、それをマウントできます。Now that you have your image exported, you can mount it.

Windows イメージをマウントします。Mount your Windows image

マウント ディレクトリを作成し、basicimage.wim をマウントします。Create a mount directory and mount basicimage.wim:

Md C:\mount\windows
Dism /Mount-Wim /WimFile:C:\temp\lab\images\basicimage.wim /index:1 /MountDir:C:\mount\windows

(場所 E:\ドライブ文字は、 USB B)(where E:\ is the drive letter of USB-B)

WinRE イメージをマウントします。Mount your WinRE image

システムは、Windows に正常に起動できない場合、は、Windows 回復環境 (WinRE) にフェールオーバーされます。If a system can't successfully boot into Windows, it will fail over to the Windows Recovery Environment (WinRE). WinRE は、オペレーティング システムを起動できない一般的な原因の修復に役立ちます。WinRE can repair common causes of unbootable operating systems. WinRE は、WinPE に基づいており、顧客向け動作をさせるドライバー、言語、Windows PE オプション コンポーネント、およびその他のトラブルシューティングと診断ツールを追加することができます。WinRE is based on WinPE, and to make it work for your customers, you can add drivers, languages, Windows PE Optional Components, and other troubleshooting and diagnostic tools.

WinRE イメージは、Windows 10 イメージ内では含まれており、最終的に PC またはデバイスの接続先で、Windows RE ツールのパーティションにコピーします。The WinRE image is included inside the Windows 10 image, and is eventually copied to the Windows RE tools partition on the destination PC or device. WinRE のイメージを変更するには、Windows イメージをマウントし、その内部 WinRE のイメージをマウントします。To modify the WinRE image, you'll mount the Windows image, then mount the WinRE image inside it. 変更を加えて、WinRE イメージのマウントを解除し、Windows イメージのマウントを解除します。Make your changes, unmount the WinRE image, then unmount the Windows image.

Windows イメージと入れ子になった WinRE のイメージをマウントするためのプロセス

次のような場合は、一貫した回復エクスペリエンスを保つために、回復イメージを更新する必要があります。You should update your recovery image to ensure a consistent recovery experience whenever you:

  • グラフィックスと記憶域ドライバーなど、.inf 形式の起動に不可欠なドライバーを追加します。Add boot-critical .inf-style drivers, such as the graphics and storage drivers.
  • LCUs などの Windows には、主要な更新プログラムを追加します。Add major updates to Windows, like LCUs.
  • 新しい言語を追加、すべての言語が Windows RE の相当する、可能であれば、これが当てはまらない場合。)Add new languages, though this isn’t always possible, as not all languages have Windows RE equivalents.)

注意

このラボでは、winre.wim を install.wim 内に保持して、言語とドライバーの同期を保つものとします。工場で時間を節約したい場合、およびこれらのイメージを個別に管理できる場合、イメージから winre.wim を削除して、個別に適用することもできます。This lab assumes you’d rather keep winre.wim inside of install.wim to keep your languages and drivers in sync. If you’d like to save a bit of time on the factory floor, and if you’re okay managing these images separately, you may prefer to remove winre.wim from the image and apply it separately.

  • マウントされたイメージから Windows RE イメージ ファイルをマウントします。Mount the Windows RE Image file from your mounted image.

    Md c:\mount\winre 
    Dism /Mount-Wim /WimFile:C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim /index:1 /MountDir:C:\mount\winre
    

    ヒント

    場合は、指定されたディレクトリ winre.wim を見なすことはできません、ファイルの表示を設定する次のコマンドを使用します。If winre.wim cannot be seen under the specified directory, use the following command to set the file visible:

    attrib -h -a -s C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim
    

    [トラブルシューティング]:マウント操作が失敗した場合、展開とイメージング ツール環境から DISM を使用していることを確認します。Troubleshoot: If the mounting operation fails, make sure you're using DISM from the Deployment and Imaging Tools Environment. User\Documents フォルダーなど、保護されたフォルダーにイメージをマウントしないでください。Do not mount images to protected folders, such as the User\Documents folder. DISM のプロセスが中断された場合は、一時的に、ネットワークから切断して、ウイルス対策を無効化を検討してください。If DISM processes are interrupted, consider temporarily disconnecting from the network and disabling virus protection.

オフラインのカスタマイズOffline customizations

イメージをマウントすると、カスタマイズを開始することができます。With your images mounted, you can start customizing. Windows イメージをオフラインにカスタマイズする方法についてを説明します。We'll show you how to make offline customizations to your Windows image. オフラインのカスタマイズは、マウントされたイメージをさせることがなく変更を Windows のインストール時に起動します。Offline customizations are changes that you can make to a mounted image without having to boot into the Windows installation. 見て最初に、Windows イメージから言語を追加する (および削除) します。First, we'll walk through adding (and removing) languages from your Windows image.

言語についてAbout Languages

このセクションでは、Windows インストールに言語を追加する方法を紹介します。In this section, we'll show you how to add languages to a Windows installation. 言語を追加する場合は、言語パック、ISO から言語パックと、インターネット接続が必要または需要 ISO でこの機能へのアクセスします。If you want to add a language, you'll need a language pack from the Language Pack ISO, as well as an internet connection or access to the Feature on Demand ISO.

メモNotes

  • 主要な更新プログラムの前に言語を追加します。Add languages before major updates. 主要な更新プログラムには、修正プログラム、一般配布リリース、サービス パックなどがあります。Major updates include hotfixes, general distribution releases, or service packs. 後で言語を追加する場合は、更新プログラムを再インストールする必要があります。If you add a language later, you'll need to reinstall the updates.
  • アプリの前に主要な更新プログラムを追加しますAdd major updates before apps. これらのアプリには、ユニバーサル Windows アプリとデスクトップ アプリケーションが含まれます。These apps include universal Windows apps and desktop applications. 更新プログラムを後で追加する場合は、アプリを再インストールする必要があります。If you add an update later, you'll need to reinstall the apps. 実習 6 で後でこれらを追加する方法についてを説明します。ユニバーサル Windows アプリを追加します。We'll show you how to add these later in Lab 6: Add universal Windows apps
  • 回復イメージを言語を追加:多くの一般的な言語は、回復イメージを追加できます。Add your languages to your recovery image, too: Many common languages can be added to your recovery image. 12 のラボに後でこれらを追加する方法についてを説明します。回復イメージを更新します。We'll show you how to add these later in Lab 12: Update the recovery image.

Windows イメージの言語とプラットフォームに一致する言語パックおよびオンデマンド機能 (FOD) パッケージを常に使います。Always use language packs and Features-On-Demand (FOD) packages that match the language and platform of the Windows image.

オンデマンド機能 (FOD) は、いつでも追加できる Windows 機能パッケージです。Features on demand (FODs) are Windows feature packages that can be added at any time. ユーザーは PC で新しい機能が必要になったら、Windows Update から機能パッケージを要求できます。When a user needs a new feature, they can request the feature package from Windows Update. OEM は、デバイスにこれらの機能をプレインストールして、すぐに使用できるようにすることが可能です。OEMs can preinstall these features to enable them on their devices out of the box.

一般的な機能には、手書き文字認識などの言語リソースが含まれています。Common features include language resources like handwriting recognition. これらの機能の一部は、Cortana のすべての機能を有効にするために必要です。Some of these features are required to enable full Cortana functionality.

次の表は、Windows 10 で利用可能な言語パッケージと言語コンポーネントの種類を示しています。The following table shows the types of language packages and components available for Windows 10:

ComponentComponent サンプル ファイルの名前Sample file name 依存関係Dependencies 説明Description
言語パックLanguage pack Microsoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_de-de.cabMicrosoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_de-de.cab なしNone UI テキスト (基本的な Cortana の機能を含む)。UI text, including basic Cortana capabilities.
言語インターフェイス パックLanguage interface pack LanguageExperiencePack.am-et.neutral.appxLanguageExperiencePack.am-et.neutral.appx 完全にローカライズされた、または部分的にローカライズされた特定の言語パックが必要です。Requires a specific fully-localized or partially-localized language pack. 例: ca-ES では es-ES が必要になります。Example: ca-ES requires es-ES. UI テキスト (基本的な Cortana の機能を含む)。UI text, including basic Cortana capabilities. 詳細については、使用可能な言語パックの Windows を参照してください。To learn more, see Available Language Packs for Windows.
基本Basic Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-de-de-PackageMicrosoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-de-de-Package なしNone スペル チェック、予測入力、単語分割、およびハイフネーション (言語で利用可能な場合)。Spell checking, text prediction, word breaking, and hyphenation if available for the language.

このコンポーネントは、次の各コンポーネントの前に追加する必要があります。You must add this component before adding any of the following components.

フォントFonts Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Fonts-Thai-PackageMicrosoft-Windows-LanguageFeatures-Fonts-Thai-Package なしNone 一部の地域に必要なフォント。Fonts required for some regions. たとえば、th-TH ではタイ語フォント パックが必要です。Example, th-TH requires the Thai font pack.
光学式文字認識Optical character recognition Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-de-de-PackageMicrosoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-de-de-Package 基本Basic 画像内のテキストを認識し、出力します。Recognizes and outputs text in an image.
手書き認識Handwriting recognition Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-de-de-PackageMicrosoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-de-de-Package 基本Basic ペン入力を備えたデバイス用に手書き認識を有効にします。Enables handwriting recognition for devices with pen input.
音声合成Text-to-speech Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-de-de-PackageMicrosoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-de-de-Package 基本Basic Cortana やナレーターで使われる音声合成を有効にします。Enables text to speech, used by Cortana and Narrator.
音声認識Speech recognition Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-de-de-PackageMicrosoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-de-de-Package 基本、音声合成、音声認識Basic, Text-To-Speech recognition 音声認識を入力し、Cortana と Windows 音声認識で使用されます。Recognizes voice input, used by Cortana and Windows Speech
市販デモ エクスペリエンスRetail Demo experience Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-de-de-PackageMicrosoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-de-de-Package Basic、および言語に依存しない製品デモ パッケージ:Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-PackageBasic, plus the language-neutral Retail Demo package: Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-Package 小売りのデモ エクスペリエンスします。Retail Demo experience.

追加または言語を変更します。Add or change languages

このセクションで言語とオンデマンド機能を Windows イメージに追加します。In this section, we'll add languages and Features On Demand to your Windows image. ドイツ (de-de) 言語パックを追加しますし、日本語 (ja-jp) 言語を追加します。We'll add the German (de-de) language pack, then we'll add the Japanese (ja-jp) language. 日本語では、追加のフォントのサポートを必要とする言語の例を示します。Japanese is an example of a language that requires additional font support.

重要

言語パックをインストールする前に、言語に依存するリソースを含む更新プログラムをインストールする場合は、言語パックを追加すると、更新プログラムの言語固有の変更が適用されません。If you install an update that contains language-dependent resources prior to installing a language pack, the language-specific changes in the update won't be applied when you add the language pack. 言語固有の変更を適用する更新プログラムを再インストールする必要があります。You need to reinstall the update to apply language-specific changes. 更新プログラムを再インストールを回避するには、更新プログラムをインストールする前に言語パックをインストールします。To avoid reinstalling updates, install language packs before installing updates.

言語更新プログラムは、特定の順序でインストールする必要があります。Language updates have a specific order they need to be installed in. たとえば、Cortana を有効にする、順序でインストールします。Microsoft Windows のクライアントの言語パック、し – 基本的な– フォント、– TextToSpeech、– 音声.For example, to enable Cortana, install, in order: Microsoft-Windows-Client-Language-Pack, then –Basic, then –Fonts, then –TextToSpeech, and then –Speech. [Ok] をそれらすべて、同じフォルダー内に配置し、追加してからすべてを使用して、依存関係のわからない場合はDISM /Add-Packageします。If you’re not sure of the dependencies, it’s OK to put them all in the same folder, and then add them all using DISM /Add-Package.

使用するイメージのアーキテクチャに一致する要求を言語パックと機能を使っていることを確認します。Make sure that you are using language packs and features on demand that match the architecture of the image you are working with. 64 ビット システムを構築するための例を次に示します。Below are examples for building 64-bit systems.

言語ファイルをコピーします。Copy language files
  1. 言語パック、ISO をマウントしに追加する言語の言語パックの .cab ファイルをコピーC:\temp\lab\LanguagePacksします。Mount the Language pack ISO, and copy the language pack .cab files for the languages you're adding to C:\temp\lab\LanguagePacks. 次の例では、ドイツ語と日本語の言語を使用します。The examples below will use the German and Japanese languages.

  2. オンデマンドの ISO に機能をマウントしに追加する言語の言語機能の .cab ファイルをコピーC:\temp\lab\LanguagePacksします。Mount the Feature on Demand ISO, and copy the LanguageFeatures .cab files for the languages you're adding to C:\temp\lab\LanguagePacks. 次の例では、ドイツ語と日本語の言語を使用します。The examples below will use the German and Japanese languages.

  3. 必要に応じて言語パッケージで、ドイツ語言語パックと機能を追加します。Add German language pack and Feature on Demand language packages.

    64 ビット Iso からオンデマンドで、言語パックと機能を使用します。Use the language packs and Features on Demand from the 64-bit ISOs:

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_de-de.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /packagepath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab
    
  4. (省略可能)オンデマンドで、日本語言語パックと機能を追加します。(Optional) Add Japanese language packs and features on demand.

    Windows 10 で一部の言語固有のフォントを別の言語の .cab ファイルに分離されました。In Windows 10, some language-specific fonts were separated out into different language .cab files. このセクションでは、日本語フォントのサポート、JA-JP 言語を追加します。In this section, we'll add the ja-JP language along with support for Japanese fonts.

    64 ビット Iso からオンデマンドで、言語パックと機能を使用します。Use the language packs and Features on Demand from the 64-bit ISOs:

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_ja-jp.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Fonts-Jpan-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /packagepath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab
    
  5. 言語パックは、マウントされたイメージの一部であるようになりましたことを確認します。Verify that the language packs are now part of the mounted images:

    dism /get-packages /image:"C:\mount\windows"
    

    追加の言語が一覧にあることを確認します。Make sure that the added languages are on the list.

    Package Identity : Microsoft-Windows-Client-LanguagePack  ...  de-DE~10.0.17134.1
    State : Installed
    
  6. オンデマンド機能が、イメージであることを確認します。Verify that the Features on Demand are in your image:

    dism /get-capabilities /image:"C:\mount\windows"
    

    言語 FODs が内にある一覧を確認します。Make sure that the language FODs are in the list:

    Capability Identity : Language.Basic~~~de-de~0.0.1.0
    State : Installed
    ...
    Capability Identity : Language.Handwriting~~~de-de~0.0.1.0
    State : Installed
    

言語設定を構成します。Configure language settings

このセクションでは、既定の言語と、マウントされた Windows イメージのタイム ゾーンを変更する方法について説明します。This section covers how to change the default language and timezone of your mounted Windows image.

  1. DISM を使用すると、イメージの既定の言語を設定できます。Use DISM to set the default language of the image. 前の手順で、イメージに追加しましたので、ドイツ語に既定の言語を設定しますします。We'll set the default language to German, since we added it into our image in the previous steps.:

    Dism /Image:C:\mount\windows /Set-AllIntl:de-DE
    
  2. 変更内容を確認します。Verify your changes

    Dism /Image:C:\mount\windows /Get-Intl
    

既定のタイム ゾーンを設定します。Set the default timezone

DISM を使用して、PC の既定のタイム ゾーンを設定することができます。You can use DISM to set the default timezone for a PC. ここでは、タイム ゾーンを設定します。Here we'll set the time zone. 参照してください既定のタイム ゾーン使用可能なタイム ゾーンの一覧についてはします。See Default time zones for a list of available time zones.

Dism /Set-TimeZone:"W. Europe Standard Time" /Image:"C:\mount\windows"

イメージから基本言語を削除します。Remove the base language from the image

このセクションでは、Windows イメージから言語の削除について説明します。This section covers removing a language from the Windows image. これは、オプションの手順です。This is an optional step.

既定の言語としてドイツ語を使用する、イメージが設定されているようになりましたから英語の言語機能を削除して、英語以外のイメージになります。Now that our image has been set to use German as the default language, we can remove the English language features from it and make it a non-English image. イメージから EN-US を完全に削除するには、いくつかのコンポーネントを削除する必要があります。To remove en-US completely from the image, you'll have to remove several components.

警告

英語で PC を出荷している場合は、英語ベースの言語を削除しません。Don't remove the English base language if you're shipping a PC in English.

64 ビット イメージから言語のコンポーネントを削除します。For removing the language components from a 64-bit image:

dism /image:"c:\mount\windows" /remove-package /packagename:Microsoft-Windows-Client-LanguagePack-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1

ヒント

トラブルシューティング:これらのコマンドを実行するときにエラーが発生する場合は、失敗したパッケージをもう一度コマンドを試してください。Troubleshooting: If an error occurs when running these commands, try the command again on the package that failed. 以下に例を示します。Example:

Error: 0x800f0825
Package Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-en-us-Package may have failed due to pending updates to servicing components in the image. 

コマンドは、エラーで終了すると、DISM のログ ファイルを確認します。If the command completes with errors, check the DISM log file. で C:\windows\Logs\DISM\dism.log します。at C:\windows\Logs\DISM\dism.log.

言語を Windows RE に追加します。Add languages to Windows RE

ここで紹介する WinRE に言語を追加する方法。Here we'll show you how to add languages to WinRE. WinRE への言語の追加により、顧客が必要とする言語が回復のシナリオで使用できること。Adding languages to WinRE ensures that the language that a customer expects is available in recovery scenarios. Windows イメージに言語を追加した場合は、以下の手順を実行します。Follow these steps if you added languages to your Windows image.

WinRE では、WinPE と同じ言語パックを使用します。WinRE uses the same language packs as WinPE. これらの言語パックを確認するには、ISO、言語パックに言語固有の WinPE OCs で ADK のインストール フォルダーで確認できます。 C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\<lang>You can find these language packs on the language pack ISO, and you can find language-specific WinPE OCs in the ADK installation folder at C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\<lang>

このセクションを完了するには、コピー、言語パック、言語パックから ISO から WinPE OCsC:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCsC:\Temp\Lab\LanguagePacks\RE\<language>します。To complete this section, copy the language packs from the Language pack ISO and the WinPE OCs from C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs to C:\Temp\Lab\LanguagePacks\RE\<language>.

  1. ドイツ語の言語パッケージを追加します。Add German language packages

    言語パックおよび省略可能なコンポーネントの WinPE の 64 ビット バージョンを使用します。Use the 64-bit versions of language packs and WinPE optional components:

    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\lp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\Temp\Lab\LanguagePacks\RE\de-deWinPE-Rejuv_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\\de-de\WinPE-EnhancedStorage_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-Scripting_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-SecureStartup_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-SRT_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-WDS-Tools_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-WMI_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-StorageWMI_de-de.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-HTA_de-de.cab"
    
  2. (省略可能)WinRE を日本語言語パックとフォントのサポートを追加します。(Optional) Add Japanese language packs and font support to WinRE. 日本語では追加するフォントのサポートのある追加の cab に注意してください。Note that for Japanese, we will add an additional cab that is for font support.

    言語パックおよび 64 ビット iso イメージから WinPE オプションのコンポーネントを使用します。Use the language packs and WinPE optional components from the 64-bit ISOs:

    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\lp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-Rejuv_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-EnhancedStorage_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-Scripting_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-SecureStartup_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-SRT_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-WDS-Tools_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-WMI_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-StorageWMI_ja-jp.cab" 
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-HTA_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-FontSupport-JA-JP.cab"
    
  3. Windows の既定の言語に一致するように、WinRE の既定の言語を設定します。Set the default language for WinRE to match the default Windows language.

    Dism /Image:C:\mount\winre /Set-AllIntl:de-DE
    

基本言語 WinRE (省略可能) から削除します。Remove the base languages from WinRE (Optional)

Install.wim に基本の言語を削除すると同様に、削除できます基本言語 WinRE からもします。Similar to removing the base language in install.wim, we can remove the base language from WinRE as well.

64 ビット イメージから言語のコンポーネントを削除します。For removing language components from a 64-bit image:

Dism /image:"c:\mount\winre" /remove-package /packagename:Microsoft-Windows-WinPE-LanguagePack-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-EnhancedStorage-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-HTA-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-Rejuv-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-Scripting-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-SecureStartup-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-SRT-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-StorageWMI-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-WDS-Tools-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-WMI-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1

ドライバーDrivers

Windows を最初に正常に起動できるようにするドライバーを追加することができます。You can add drivers to ensure Windows can successfully boot for the first time. 右側の画像には、ドライバーを追加することを確認します。Make sure that you add your driver to the right image:

  • DCHU ドライバー:多くのドライバーには、ドライバーのインストールを支援する (拡張子が .inf) の情報ファイルが含まれます。DCHU drivers: Many drivers include an information file (with an .inf extension) to help install the driver. これらは、このセクションで説明されているツールを使用してインストールすることができます。These can be installed using tools described in this section.
  • 起動に不可欠なドライバー:グラフィックスと記憶域のドライバーは、Windows PE イメージに (示すようにこのラボで)、Windows イメージに追加して、WindowsRE でイメージを必要がある場合があります。Boot-critical drivers: Graphics and storage drivers may sometimes need to be added to the Windows image (as shown in this lab), Windows PE image, and in the WindowsRE image.

さまざまな方法でドライバーを追加する方法を次に示します。The following shows how to add drivers in various ways. ハードウェアがその他のドライバーを必要としない場合は、追加するのには必要はありません。If your hardware doesn't require any additional drivers, you don't have to add any.

ヒント

同一のハードウェア構成を持つ複数のデバイスを作成する場合、Windows イメージをキャプチャするときにドライバー構成を維持することによりインストール時と最初の起動が時間を短縮できます。If you're creating several devices with identical hardware configurations, you can speed up installation time and first boot-up time by maintaining driver configurations when capturing a Windows image.

Windows イメージにドライバーを追加します。Add drivers to your Windows image

  1. .Inf ファイルを含む 1 つのドライバーを追加します。Add a single driver that includes an .inf file. この例で media1.inf という名前のドライバーを使います。In this example, we're using a driver named media1.inf:

    Dism /Add-Driver /Image:"C:\mount\windows" /Driver:"C:\Drivers\PnP.Media.V1\media1.inf"
    

    場所"C:\Drivers\PnP.Media.V1\media1.inf"は、ドライバー パッケージに基本の .inf ファイルです。Where "C:\Drivers\PnP.Media.V1\media1.inf" is the base .inf file in your driver package.

  2. ドライバーのフォルダー全体を追加する場合は、/Recurse オプションを使用することができます。If you want to add an entire folder of drivers, you can use the /Recurse option. これは、フォルダーとそのすべてのサブフォルダーにすべての .inf ドライバーを追加します。This adds all .inf drivers in the folder and all its subfolders.

    警告

    /Recurse は便利ですが、これを使用して、イメージが膨れ上がる簡単です。While /Recurse can be handy, it's easy to bloat your image with it. 一部のドライバー パッケージには複数の .inf ドライバー パッケージが含まれており、多くの場合、同じフォルダーのペイロード ファイルを共有しています。Some driver packages include multiple .inf driver packages, which often share payload files from the same folder. インストール中、各 .inf ドライバー パッケージは個別のフォルダーに展開されます。各フォルダーにはペイロード ファイルのコピーが格納されます。During installation, each .inf driver package is expanded into a separate folder, each with a copy of the payload files. 900 MB のフォルダーに含まれている一般的なドライバーについて、/Recurse オプションを使って追加したときに、イメージが 10 GB 増加したという例が確認されています。We've seen cases where a popular driver in a 900MB folder added 10GB to images when added with the /Recurse option.

    Dism /Add-Driver /Image:"C:\mount\windows" /Driver:c:\drivers /Recurse 
    
  3. ドライバーがイメージに含まれていることを確認します。Verify that the drivers are part of the image:

    Dism /Get-Drivers /Image:"C:\mount\windows"
    

    パッケージの一覧を確認し、一覧に追加したドライバーが含まれていることを確認します。Check the list of packages and verify that the list contains the drivers you added.

WinRE イメージにドライバーを追加します。Add drivers to your WinRE image

Windows イメージにドライバーを追加した場合もに、WinRE イメージを追加する必要があります。If you added drivers to your Windows image, you should also add them to your WinRE image. 復旧イメージにドライバーを追加により、使用可能な回復シナリオ中には。Adding drivers to your recovery image ensures they are available during recovery scenarios. ドライバーを追加する、WinRE イメージは、通常の Windows イメージにドライバーを追加すると同じプロセスです。Adding drivers to a WinRE image is the same process as adding drivers to a regular Windows image.

Dism /Add-Driver /Image:"C:\mount\winre" /Driver:"C:\Drivers\PnP.Media.V1\media1.inf" /LogPath=C:\mount\dism.log

注意

/Recurse オプションを使用するにはドライバーのフォルダー全体を追加するにはYou can use the /recurse option to add an entire folder of drivers

更新プログラムUpdates

イメージのマウント中には、Windows 更新プログラムを追加できます。While your image is mounted, you can add Windows updates. プロセスは、ドライバーを追加する前に使用したのと似ています。The process is similar to the one we used to add drivers earlier.

リマインダー:Reminder:

  • 主要な更新プログラムの前に言語を追加します。Add languages before major updates. 主要な更新プログラムには、修正プログラム、一般配布リリース、サービス パックなどがあります。Major updates include hotfixes, general distribution releases, or service packs. 後で言語を追加する場合は、更新プログラムを追加し直す必要があります。If you add a language later, you'll need to re-add the updates.
  • アプリの前に主要な更新プログラムを追加しますAdd major updates before apps. これらのアプリには、ユニバーサル Windows アプリとデスクトップ アプリケーションが含まれます。These apps include universal Windows apps and desktop applications. 更新プログラムを後で追加する場合は、アプリを追加し直す必要があります。If you add an update later, you'll need to re-add the apps.
  • 大がかりな更新の回復イメージをでも更新:これらの修正プログラム、一般配布リリース、サービス パック、またはその他のプレリリース版の更新プログラムがあります。For major updates, update the recovery image too: These may include hotfixes, general distribution releases, service packs, or other pre-release updates. 12 のラボに後でこれらを更新する方法についてを説明します。回復イメージを更新します。We'll show you how to update these later in Lab 12: Update the recovery image.
  • 場合、サービス スタック更新プログラム (SSU) が必要です。、最新の一般配布リリースまたは任意の将来の Gdr を適用する前に適用する必要があります。If a Servicing Stack Update (SSU) is required, you'll have to apply it before applying the most recent General Distribution Release or any future GDRs.

Windows 更新プログラムをイメージに追加します。Add Windows updates to your image

最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) および一般配布リリース (GDR) に加えて、サポート技術情報の前提条件の更新プログラムを適用する DISM を使用します。Use DISM to apply the latest servicing stack update (SSU) and general distribution release (GDR) as well as any prerequisite KB updates. サポート技術情報の更新プログラムは、次の場所にあります。You can find KB updates in the following locations:

GDR: https://aka.ms/win10releaseinfoGDR: https://aka.ms/win10releaseinfo

SSU: https://msdn.microsoft.com/en-us/windows/hardware/commercialize/manufacture/whats-new-in-windows-manufacturingSSU: https://msdn.microsoft.com/en-us/windows/hardware/commercialize/manufacture/whats-new-in-windows-manufacturing

KB ファイル: https://catalog.update.microsoft.comKB Files: https://catalog.update.microsoft.com

重要

言語パックを追加するときに言語パックをインストールする前に、言語に依存するリソースを含む更新プログラム (修正プログラム、一般配布リリース (GDR)、またはサービス パック (SP)) をインストールする場合、更新プログラムの言語固有の変更は適用されません.If you install an update (hotfix, general distribution release [GDR], or service pack [SP]) that contains language-dependent resources prior to installing a language pack, the language-specific changes in the update won't be applied when you add the language pack. 言語固有の変更を適用する更新プログラムを再インストールする必要があります。You need to reinstall the update to apply language-specific changes. 更新プログラムを再インストールを回避するには、更新プログラムをインストールする前に言語パックをインストールします。To avoid reinstalling updates, install language packs before installing updates.

  1. Windows 更新プログラム パッケージを入手します。Get a Windows update package. たとえば、取得、 、Microsoft Update カタログから Windows 10 更新履歴の最新の累積的な更新プログラムが表示されているします。For example, grab the latest cumulative update listed in Windows 10 update history from the Microsoft Update catalog. フォルダー、たとえば、E:\updates\windows10.0-kb4016240-x64_0e60aebeb151d4b3598e4cfa9b4ccb1fc80e6e4d.msu .msu ファイル更新プログラムを抽出します。Extract the .msu file update to a folder, for example, E:\updates\windows10.0-kb4016240-x64_0e60aebeb151d4b3598e4cfa9b4ccb1fc80e6e4d.msu. 更新プログラムが使用するイメージのアーキテクチャと一致することを確認します。Make sure that your update matches the architecture of the image you are working with.

    詳細については、「 https://myoem.microsoft.com/oem/myoem/en/product/winemb/pages/comm-ms-updt-ctlg-trnstn.aspx」を参照してください。To learn more, see https://myoem.microsoft.com/oem/myoem/en/product/winemb/pages/comm-ms-updt-ctlg-trnstn.aspx.

  2. Msu にマウントされたイメージを使用して、追加dism /add-packageします。Add the msu to your mounted image using dism /add-package.

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb4000001-x64.msu"
    

    同じコマンド内で複数の更新プログラムを追加することもできます。You can also add multiple updates in the same command:

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb4000001-x64.msu" /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb0000002-x64.msu"
    

    注意

    各パッケージは、通常、Windows のビルドのリビジョン番号が増加する新しい (kb) です。Each package is typically a new KB that increases the build revision number of Windows. 次のレジストリ キーでは、windows のリビジョン番号があります。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\UBRYou can find the revision number of windows in the following registry key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\UBR

  3. 復旧中に、復元を取得することを確認する更新プログラムにロックします。Lock in the update to ensure it get restored during recovery.

    DISM /Cleanup-Image /Image=C:\mount\windows /StartComponentCleanup /ScratchDir:C:\Temp
    
  4. イメージの更新があることを確認します。Verify that the updates are in the image.

    Dism /Image:C:\mount\windows /Get-Packages
    

    表示されるパッケージの一覧を調べ、パッケージが一覧に含まれていることを確認します。Review the resulting list of packages and verify that the list contains the package. 次に、例を示します。For example:

    Package Identity : Package_for_RollupFix~31bf3856ad364e35~amd64~~15063.250.1.1
    State : Installed
    Release Type : Security Update
    Install Time : 04/29/2017 6:26 PM
    The operation completed successfully.
    

WinRE に更新プログラム パッケージを追加します。Add Update packages to WinRE

このセクションでは、WinRE イメージに更新プログラムを追加する方法について説明します。In this section, we cover how to add updates to the WinRE image.

重要

Windows イメージだけでなく、WinRE イメージに累積的更新プログラムを適用する必要があります。You have to apply cumulative updates to your WinRE image in addition to your Windows image. 更新プログラムは、累積的なため、新しい更新プログラムがインストールされている場合は、古い更新プログラムを削除できます。Because updates are cumulative, when a new update is installed, old updates can be removed. ラボに後で取り上げます WinRE の最適化では、これからサイズの増大 WinRE イメージが維持されますを不必要に更新を削除します。The WinRE optimization that we cover later in the lab will remove unnecessary updates which will keep the WinRE image from growing in size.

実行しなければ、WinRE イメージを前のセクションでダウンロードした更新プログラムの適用、 dism /add-package WinRE のマウントされたイメージに更新プログラムを適用します。To apply the update that you downloaded in the previous section to your WinRE image, you have to run dism /add-package to apply the update to the mounted WinRE image.

Dism /Add-Package /Image:C:\mount\winre /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb4000001-x64.msu"

機能とアプリFeatures and Apps

オンデマンド機能Features on Demand

Windows イメージに必要に応じて (FOD) で機能を追加します。Add a Feature on Demand (FOD) to your Windows image. オンデマンド機能機能がプレインストールすることもできます。Features on Demand are features that you can choose to preinstall. 使用可能な FODs とプレインストールの推奨事項の一覧を確認できますここします。You can see a list of available FODs, and recommendations for preinstallation here.

ここで紹介する、.Net のプレインストール方法オンデマンドのフレームワーク機能。Here we'll show you how to preinstall the .Net Framework Feature on Demand.

注:/Add-package コマンドを使用して FODs を追加することはできますが、DISM を使用して、/Add-Capability オプションをお勧めします。Note: While it’s possible to add FODs using the /add-package command, we recommend using DISM with the /Add-Capability option.

  1. ISO のオンデマンド機能をマウントします。Mount the Features on Demand ISO

  2. テクニシャン コンピューターでは、DISM を使用してイメージで使用可能な FODs の一覧を取得します。On your technician PC, use DISM to get a list of available FODs in an image:

    dism /image:C:\mount\windows /get-capabilities
    

    これにより、利用可能な機能の一覧が表示されます。This will show a list of available capabilities.

  3. .NET framework を追加します。Add the .NET framework.

    dism /image:C:\mount\windows /add-capability /capabilityname:NetFX3~~~~ /Source:E:
    

    E: が FOD ISO をマウントします。Where E: is the mounted FOD ISO.

.NET framework は、イメージに追加されます。.NET framework is now added to your image.

アプリApps

このセクションでは、受信トレイ アプリを再インストール後の更新プログラム、Microsoft Store アプリを追加する方法、および Microsoft Office を追加する方法を含め、アプリの使用について説明します。This section covers working with Apps, including reinstalling inbox apps after updates, how to add Microsoft Store apps, and how to add Microsoft Office.

このセクションでは、マウントされた Windows イメージを使用し続けます。This section continues to use your mounted Windows image. イメージいない引き続きマウントされている場合は、それをマウントします。If your image isn't still mounted, mount it.

アラーム:この順序で言語と、更新プログラムをインストールした後にのみ、アプリをインストールします。Reminder: Install apps only after you have installed languages and updates, in that order.

受信トレイ アプリを再インストールします。Reinstall inbox apps

これで、イメージには、言語と更新プログラムを追加した、Windows に付属しているアプリを再インストールする必要です。Now that you've added languages and updates to your image, you have to reinstall the apps that come with Windows. こうことで、アプリは作業し、イメージに追加した言語が含まれます。This makes sure that the apps will work and include the languages you have added to your image. これらのアプリを再インストールするにはアプリの更新の OPK または受信トレイ アプリ ISO 必要があります。To reinstall these apps, you'll need the App update OPK or the inbox Apps ISO.

  1. C:\temp\lab\apps\inbox\amd64 に受信トレイ アプリ ISO を抽出します。Extract the inbox apps ISO to c:\temp\lab\apps\inbox\amd64
  2. 実行、E:\apps\ReinstallInboxApps-x64.batスクリプト。Run the E:\apps\ReinstallInboxApps-x64.bat script.

アプリは、イメージを使用する準備が整いました。Your apps are now ready to work with your image.

Microsoft Store アプリを追加します。Add a Microsoft Store app

このセクションを完了するには、OPK アプリの更新プログラムや受信トレイ アプリ ISO を持つ必要があります。To complete this section, you'll need to have the App update OPK or the inbox apps ISO. どちらを使用する言いますが、次の手順でアプリの更新 OPK として。Whichever you are using, we'll refer to it as the App update OPK in the following steps.

  1. DISM を使用すると、手順 1. で抽出したファイルから HEVC コーデックの .appx を追加します。Use DISM to add the HEVC codec .appx from the files you extracted in Step 1:

  2. HEVC .appx をインストールします。Install the HEVC .appx:

    DISM /Add-ProvisionedAppxPackage /Image:c:\mount\windows /PackagePath:"C:\temp\lab\apps\amd64\Microsoft.HEVCVideoExtension_8wekyb3d8bbwe.x64.appx" /licensepath:"C:\temp\lab\apps\inbox\amd64\Microsoft.HEVCVideoExtension_8wekyb3d8bbwe.x64.xml" /DependencyPackagePath:"C:\temp\lab\apps\inbox\amd64\Microsoft.VCLibs.x64.14.00.appx" /DependencyPackagePath:"C:\temp\lab\apps\inbox\amd64\Microsoft.VCLibs.x86.14.00.appx"
    

    注意

    依存関係パッケージの x86 および x64 バージョン両方にはが含まれます。Include both the x86 and x64 versions of the dependency packages.

  3. 使用DISM /Add-ProvisionedAppxPackageイメージに追加のすべてのアプリを追加します。Use DISM /Add-ProvisionedAppxPackage to add any additional apps to your image.

  4. アプリがインストールされていることを確認します。Verify that the apps are installed:

    Dism /Image:"C:\mount\windows" /Get-ProvisionedAppxPackages
    

[スタート] メニューに固定しないを Microsoft Store アプリをインストールします。Install a Microsoft Store app that won't be pinned to the Start Menu

このセクションでは、イメージに追加するには少なくとも 2 つのアプリがある必要があります。For this section, you'll need to have at least two apps to add to your image. すべて署名済みアプリがあるない場合は、次のセクションにスキップできます。If you don't have any signed apps you can skip to the next section.

Windows 10、バージョン 1803 で新しい:[スタート] メニューにピン留めすることがなく Microsoft Store アプリをインストールできます。New in Windows 10, version 1803: A Microsoft Store app can now be installed without being pinned to the Start Menu. 固定せずにアプリをインストールするには、使用DISM /Add-ProvisionedAppxPackageで、/regionアプリをインストールするときに切り替えます。To install an app without also pinning it, use DISM /Add-ProvisionedAppxPackage with the /region switch when installing the app. ラボに後で、カスタムの [スタート] メニューを作成するときに、[スタート] メニューからインストール済みのアプリを除外することができます。When you create a custom Start Menu later in the lab, you'll be able to exclude an installed app from the Start Menu.

  1. 収集、アプリのインストールGather your apps for installation

  2. あるリージョンを指定する、アプリのインストール、/regionアプリごとのオプション。Install your apps, specifying a region with the /region option for each app. 複数のリージョンを指定するには、リージョンを分離することで、;します。You can specify multiple regions by separating the regions with a ;. 見せ LayoutModification.xml での使用方法/region演習の後半。We'll show you how you can use LayoutModification.xml with /region later in the lab:

    Dism /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:app1.appxbundle /region="all"
    Dism /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:app2.appxbundle /region="US"
    

    注: アプリが依存関係を持つ場合、コマンドを使用して、それらを含める、/DependencyPackagePathします。Note: If your apps have dependencies, include them in the command using the /DependencyPackagePath. 前のセクションで例に示すようには、アプリの依存関係からの .NET の一般的です。CoreRuntime とします。VCLibs が、アプリがそれらの依存関係を共有していない場合、コマンド内に含めないでください。Like the examples in the previous section, it's common for apps to have dependencies on .NET.CoreRuntime and .VCLibs, but If your apps do not share those dependencies, then do not include them in your command.

インストールされているアプリを最適化します。Optimize your installed apps

Windows 10、バージョン 1803 で新しい:実行して、アプリのディスク使用量を減らすことができますDISM /Optimize-ProvisionedAppxPackagesアプリをインストールした後。New in Windows 10, version 1803: You can reduce app disk usage by running DISM /Optimize-ProvisionedAppxPackages after you install apps. オフライン イメージに対して実行すると、このコマンドは機能のみ。This command will only work when run against an offline image:

DISM.exe /Image:"C:\mount\windows" /Optimize-ProvisionedAppxPackages

Microsoft Office をプレインストールします。Preinstall Microsoft Office

Office アプリがインストールされ、まとめて処理するアプリのセットとして配信されます。The Office apps are delivered as a set of apps that are installed and serviced together. Office のメイン パッケージは、一連の共有コードと、各 Office アプリ (たとえば、Word、Excel、および PowerPoint など) は、オプションのパッケージとしてインストールされます。The main package for Office is a set of shared code and each Office app (for example, Word, Excel, and PowerPoint) is installed as an optional package. これらのパッケージは、ストアのすべての言語をサポートする appxbundles として配信されます。These packages are delivered as appxbundles that support all Store languages.

AppApp [パッケージ ID]Package ID ファイルFiles
共有コードと必要なアプリ (ユーザーには表示されません)Shared code & required app (not visible to user) Microsoft.Office.Desktop_8wekyb3d8bbweMicrosoft.Office.Desktop_8wekyb3d8bbwe shared.appxbundleshared.appxbundle
shared_License1.xmlshared_License1.xml
アクセス権Access Microsoft.Office.Desktop.Access_8wekyb3d8bbweMicrosoft.Office.Desktop.Access_8wekyb3d8bbwe access.appxbundleaccess.appxbundle
access_License1.xmlaccess_License1.xml
ExcelExcel Microsoft.Office.Desktop.Excel_8wekyb3d8bbweMicrosoft.Office.Desktop.Excel_8wekyb3d8bbwe excel.appxbundleexcel.appxbundle
excel_License1.xmlexcel_License1.xml
OutlookOutlook Microsoft.Office.Desktop.Outlook_8wekyb3d8bbweMicrosoft.Office.Desktop.Outlook_8wekyb3d8bbwe outlook.appxbundleoutlook.appxbundle
outlook_License1.xmloutlook_License1.xml
PowerPointPowerPoint Microsoft.Office.Desktop.PowerPoint_8wekyb3d8bbweMicrosoft.Office.Desktop.PowerPoint_8wekyb3d8bbwe powerpoint.appxbundlepowerpoint.appxbundle
powerpoint_License1.xmlpowerpoint_License1.xml
発行元Publisher Microsoft.Office.Desktop.Publisher_8wekyb3d8bbweMicrosoft.Office.Desktop.Publisher_8wekyb3d8bbwe publisher.appxbundlepublisher.appxbundle
publisher_License1.xmlpublisher_License1.xml
WordWord Microsoft.Office.Desktop.Word_8wekyb3d8bbweMicrosoft.Office.Desktop.Word_8wekyb3d8bbwe word.appxbundleword.appxbundle
word_License1.xmlword_License1.xml
Office アプリをイメージに追加します。Add Office apps to your image

にイメージを Office アプリを追加するには、と DISM を使用して、/Add-ProvisionedAppxPackageオプション。To add the Office apps to an image, use DISM with the /Add-ProvisionedAppxPackage option. このオプションは、追加する各アプリに対して、次の情報も必要です。This option also requires the following information for each app you add:

  • /PackagePath:これは、共有コード パッケージの .appxbundle ファイルへのパスを指定するにのみ使用します。/PackagePath: This is only used to specify the path to the .appxbundle file for the shared code package.
  • /OptionalPackagePath:これは、Word や Excel などの個々 のアプリの .appxbundle ファイルへのパスの指定に使用されます。/OptionalPackagePath: This is used to specify the path to the .appxbundle file for an individual app, such as Word or Excel.
  • /LicensePath:これは、個別のアプリの _License1.xml ファイルへのパスの指定に使用されます。/LicensePath: This is used to specify the path to the _License1.xml file for an individual app. これは、共有のパッケージと各省略可能なアプリ パッケージの両方必要です。This is needed for both the shared package and each of the optional app packages.
  1. Office C:\temp\lab\apps\ OPK を抽出します。Extract the Office OPK to C:\temp\lab\apps.

  2. DISM を使用して、すべての Office アプリをオフライン イメージに追加します。Use DISM to add all the Office apps to an offline image. 次の例では、appxbundle とライセンスの xml ファイルがサブディレクトリ内では_USB B_ (d:)。The following example assumes the appxbundle and license xml files are in subdirectories on USB-B (D:). 例では、両方のすべてのアプリ一覧で、[スタート] メニュー タイルとして表示される Office たいので、/地域のスイッチも除外されます。The example also excludes the /region switch because we want Office to appear in both the All Apps list, and as a Start Menu tile.

    DISM /Image:C:\mount\windows /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\shared.PreinstallKit\shared.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\excel.PreinstallKit\excel.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\powerpoint.PreinstallKit\powerpoint.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\word.PreinstallKit\word.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\outlook.PreinstallKit\outlook.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\publisher.PreinstallKit\publisher.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\access.PreinstallKit\access.appxbundle" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\shared.PreinstallKit\shared_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\excel.PreinstallKit\excel_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\powerpoint.PreinstallKit\powerpoint_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\word.PreinstallKit\word_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\outlook.PreinstallKit\outlook_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\publisher.PreinstallKit\publisher_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\access.PreinstallKit\access_License1.xml"
    

    ヒント

    Appxbundle と、パッケージを共有およびインストールする個々 のアプリごとのライセンス パッケージの両方を指定する必要があります。You need to specify both an appxbundle and a license package for the shared package, as well as for each individual app that you want to install.

    注意

    監査モードでの Office アプリを追加するためのコマンド (オフラインではなくオンライン) は同じである場合は、オンライン//Image:C:\mount\windows を置き換えます。The command for adding the Office apps in audit mode (online instead of offline) would be the same, but replace /Image:C:\mount\windows with /online.

    言語サポートに関する留意事項Notes on Language Support

    ときに DISM を Windows イメージに含まれる言語に一致する言語のファイルが自動的に追加の Office で Office をインストールします。When install Office with DISM, Office language files are automatically added that match the languages that are in the Windows image.

    • Office では既定では、Windows の UI 言語が使用されます。By default, Office will use the UI language of Windows. Windows UI 言語を構成するには、DISM 言語と国際サービス コマンド ライン オプションを参照してください。To configure Windows UI language, see DISM Languages and International Servicing Command-Line Options.
    • Windows イメージに含まれていないその他の Office 言語を追加する方法はありません。There isn't a way to add additional Office languages that aren't part of the Windows image.
    • 各 Windows 言語の表示と Office 用のリソースの文章校正がインストールされます。Both display and proofing resources for Office will be installed for each Windows language.
    • Office によって – このような場合は、Windows でサポートされている一部の言語をサポートされていません、Office では、最も近い利用可能な言語を使用します。 (たとえば、es mx が使用するとき、es-es 代わりに)。Some languages supported by Windows are not supported by Office – for these cases, Office will use the closest available language (for example, es-mx will attempt to use es-es instead).
    • Windows の設定でインストールされている Windows の言語を確認できます > 時刻と言語 > 言語。You can find installed Windows languages in Windows Settings > Time & language > Language.
  3. Office がインストールされていることを確認します。Verify Office was installed:

    Dism /Image:"C:\mount\windows" /Get-ProvisionedAppxPackages
    

    C には、イメージが含まれるドライブのドライブ文字を指定します。where C is the drive letter of the drive that contains the image.

    パッケージの結果の一覧を確認し、Office アプリが一覧になどにあることを確認します。Review the resulting list of packages and verify that the list contains the Office apps, such as:

    ...
    Displayname : Microsoft.Office.Desktop.Access
    Version : 16000.8528.2136.0
    Architechture : neutral
    ResourceID : ~
    PackageName : Microsoft.Office.Desktop.Access_16000.8528.2136.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
    Regions : None
    
    Displayname : Microsoft.Office.Desktop.Excel
    Version : 16000.8528.2136.0
    Architechture : neutral
    ResourceID : ~
    PackageName : Microsoft.Office.Desktop.Excel_16000.8528.2136.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
    Regions : None
    
    Displayname : Microsoft.Office.Desktop.Outlook
    Version : 16000.8528.2136.0
    Architechture : neutral
    ResourceID : ~
    PackageName : Microsoft.Office.Desktop.Outlook_16000.8528.2136.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
    Regions : None
    ...
    

    [Start] 画面に表示されるアプリには、次のセクションの手順に従います。スタート タイルとタスク バーの pin を構成します。To have the apps appear on the Start screen, follow the steps in the next section: Configuring Start tiles and taskbar pins.

    Office のインストールを完了するには、イメージのマウントを解除しがあると、変更をコミットする必要があります後、このラボの最後にすべてのカスタマイズが終了しました。To complete the Office install, you’ll need to unmount the image and commit your changes, which we'll do this after we’ve completed all customizations at the end of this lab.

スタート画面のレイアウトを変更します。Modify the Start layout

Windows 10、バージョン 1803 の新機能New in Windows 10, version 1803

ピン留めすることもなくアプリがすべてのアプリの一覧に固定するようになりましたことができますをスタート タイルとして。Apps can now be pinned to the All Apps list without also having to be pinned as a Start tile. これは、(前のセクションで説明) に従って、新しい「リージョン」スイッチを通じて実行されます。This is done through the new "region" switch (as described in the previous section). 前のセクションでは、イメージに 3 つのアプリを追加しました。App1、App2、および Office。In the previous section, we added three apps to our image: App1, App2, and Office. このラボで App1 LayoutModification.xml App1 はすべてのアプリの一覧で、スタート メニュー タイルとしてもないのみが表示されることを確認してから省略されます。In this lab, we will omit App1 from LayoutModification.xml to ensure that App1 only appears in the All Apps list, and not also as a Start menu tile. App2 のことを示す「リージョン」スイッチは、イメージにアプリを追加するときに使用された場合でも LayoutModification.xml も含めますが、LayoutModification.xml ファイルに含まれている場合、アプリは、[スタート] メニューに表示されます。We will also include App2 in LayoutModification.xml to demonstrate that even if the "region" switch was used when adding the app to the image, the app will still appear in the Start Menu if included in the LayoutModification.xml file. つまり、LayoutModification.xml ファイルが優先されます。In other words, the LayoutModification.xml file takes precedence.

スタート メニューStart menu

Windows を最初の 12 個になります LayoutModification.xml ファイルを作成しない開始の無人セットアップ設定を使用する場合は、SquareTilesまたはDesktoporSquareTiles無人セットアップ ファイルで指定された設定。If you don’t create a LayoutModification.xml file and you use the Start Unattend settings, Windows will take the first 12 SquareTiles or DesktoporSquareTiles settings specified in the Unattend file. システムは、新しく作成したグループ内に自動的にこれらのタイルをスタートの最後に配置します。The system then places these tiles automatically within the newly-created groups at the end of Start. 最初の 6 つのタイルは、OEM の最初のグループにして、6 つのタイルの 2 番目のセットが 2 つ目の OEM グループに配置されます。The first six tiles are placed in the first OEM group and the second set of six tiles are placed in the second OEM group. 場合OEMNameに作成される OEM のグループの名前をこの要素の値が使用される無人セットアップ ファイルで指定します。If OEMName is specified in the Unattend file, the value for this element is used to name the OEM groups that get created.

注意

開始のレイアウトとタスク バーのピンが失われる場合、ユーザーが組み込みの回復ツールを使用して各自の PC をリセットします。The Start layout and taskbar pins can be lost if the user resets their PC with the built-in recovery tools. デバイスで常にこれらの設定を確認するには、Windows イメージと共に回復イメージを更新します。To make sure these settings stay on the device, update the recovery image along with the Windows image.

Windows 10 のスタート タイル レイアウトは、Oem Web リンク、セカンダリ タイル、従来の Windows アプリケーション、およびユニバーサル Windows アプリに含める既定の開始レイアウトにタイルを追加する機能を提供します。The Start tile layout in Windows 10 provides OEMs the ability to append tiles to the default Start layout to include Web links, secondary tiles, classic Windows applications, and universal Windows apps. OEM は、多くの作業を重複することなく、さまざまな地域や市場に合わせたレイアウトを作成できます。OEMs can use this layout to make it applicable to multiple regions or markets without duplicating a lot of the work. さらに、Oem は、最大 3 つの重要なやアクセス頻度のシステムの場所を含むシステムに基づくリストを提供するシステム領域は、頻繁に使用されるアプリ セクションに既定のアプリと最近インストールしたアプリを追加できます。In addition, OEMs can add up to three default apps to the frequently used apps section in the system area, which delivers system-driven lists, including important or frequently accessed system locations and recently installed apps.

、の新しい機能を活用して、Windows 10 の最も信頼性の高い、完全なスタート カスタマイズ エクスペリエンスには、LayoutModification.xml ファイルの作成を検討してください。To take advantage of the new features, and to have the most robust and complete Start customization experience for Windows 10, consider creating a LayoutModification.xml file. このファイルでは、スタート画面での OEM タイルのレイアウトを指定します。This file specifies how the OEM tiles should be laid out in Start. 新しいスタート画面のレイアウトをカスタマイズする方法の詳細については、Windows 10 のスタート レイアウトをカスタマイズするを参照してください。For more information about how to customize the new Start layout, see Customize the Windows 10 Start Layout.

開始:含まれていますサンプル layoutmodification.xml を使用して、 _USB B_ファイル。Get started: Use the sample layoutmodification.xml we've included in the USB-B files. このラボのこのセクションには、このファイルを起動します。Start with this file for this section of this lab. 見つかりますUSB-B\StartLayout\layoutmodification.xmlします。You can find it in USB-B\StartLayout\layoutmodification.xml.

Layoutmodification.xml の詳細については、LayoutModification XMLを参照してください。To learn more about layoutmodification.xml, see LayoutModification XML.

[スタート] メニューのレイアウトについてAbout the Start Menu layout

  1. オプションを使用して、Region属性、RequiredStartGroupsさまざまなリージョンの異なるレイアウトを使用する要素。Use the optional Region attribute in the RequiredStartGroups element to use different layouts for different regions. Region 2 文字の国/地域コード、かつ、パイプで区切られた値がある必要があります"|"複数のリージョンを指定している場合は、区切り記号。The Region value must be equal to two-letter country/region codes, and separated by a pipe "|" delimiter if you're specifying multiple regions. 使用して、イメージにアプリを追加したときに指定した領域に関連する、グループの一覧に、リージョン、/regionオプション。The regions listed in the group are related to the regions you specified when you added apps to your image using the /region option. Windows デバイスの国/地域の設定と一致するかどうか、RequiredStartGroups中、タイルにレイアウトし、RequiredStartGroups開始に適用されます。If the country/region setting for the Windows device matches a RequiredStartGroups, then the tiles laid out within the RequiredStartGroups is applied to Start. リージョンに依存しないを指定する場合RequiredStartGroups(または省略可能な領域の属性のない)、リージョンに依存しないRequiredStartGroups開始に適用されます。If you specify a region-agnostic RequiredStartGroups (or one without the optional Region attribute) then the region-agnostic RequiredStartGroups is applied to Start.

    Layoutmodification.xml で追加するリージョンをRequiredStartGroups:In your layoutmodification.xml, add regions to RequiredStartGroups:

    <RequiredStartGroups Region="DE|ES|FR|GB|IT|US">
    
  2. AppendGroup 内で追加するタイルを指定します。Specify the tiles you want to add within an AppendGroup. Oem は、2 つの AppendGroups の最大値を追加できます。OEMs can add a maximum of two AppendGroups. 次の例では、「Fabrikam グループ 1」と呼ばれる 2 つのグループと"Fabrikam グループ 2"、デバイスの国/地域のリージョンに指定されているものと一致する場合に適用されるタイルを含む (この場合は、リージョンは、英国、ドイツ、スペイン、フランスイタリアと United States)。The following example shows two groups called "Fabrikam Group 1" and "Fabrikam Group 2", which contains tiles that will be applied if the device country/region matches what’s specified in Region (in this case, the regions are Germany, Spain, France, United Kingdom, Italy, and United States). 各グループには、3 つのタイルと、スタートにピン留めするタイルに応じて使用する必要があるさまざまな要素が含まれています。Each group contains three tiles and the various elements you need to use depending on the tile that you want to pin to Start.

    <LayoutModificationTemplate
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/LayoutModification"
    xmlns:defaultlayout="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/FullDefaultLayout"
    xmlns:start="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/StartLayout"
    Version="1">
    <RequiredStartGroupsCollection>
    <RequiredStartGroups
      Region="DE|ES|FR|GB|IT|US">
      <AppendGroup Name="Fabrikam Group 1">
          <start:DesktopApplicationTile
            DesktopApplicationID="Microsoft.Windows.Explorer" 
          Size="2x2" 
          Row="0" 
          Column="4"/>
      </AppendGroup>    
      <AppendGroup
        Name="Fabrikam Group 2">
        <start:Tile AppUserModelID="Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge" 
          Size="2x2" 
          Row="0"
          Column="0"/>
       </AppendGroup>
    </RequiredStartGroups>
    </RequiredStartGroupsCollection> 
    
  3. 前の Microsoft Store アプリの追加セクションでお願いした/地域のスイッチを使用して 2 つのアプリをインストールします。App1 および App2 します。In the Add Microsoft Store Apps section above, we asked you to install two apps using the /region switch: App1 and App2. 含まれていますので、/regionスイッチの場合も、両方がインストールされ、すべてのアプリの一覧に表示されます。Since we included a /region switch for both, both will be installed and appear in the All Apps list. ただし、スタート メニュー タイルとして表示されるも App2 だけを取得する、2 つ目の内部では、次の行を追加LayoutModification.xml ファイルでなど。However, to get just App2 to also appear as a Start menu tile, add the following line inside your second in the LayoutModification.xml file, such as:

    App2 のことをプロビジョニングするときに、リージョンを"US"を設定しますので、App2 が米国の画像のスタート メニュー タイルとしてのみ表示されるように、LayoutModification.xml でを"US"ここで、リージョンを設定します必要があります。Since we set the region to "US" for App2 when provisioning it, we should set the region to "US" here in our LayoutModification.xml to ensure App2 only appears as a Start menu tile in US images. そのため、確認、次のようなリージョン パラメーター。So, ensure your region parameter looks like this:

    <RequiredStartGroups Region="US">
        <AppendGroup Name="MyGroup">
            <start:Tile AppUserModelID="App2!App" Size="2x2" Row="2" Column="0"/>
        </AppendGroup>
    

    少なくともこのなど、米国が含まれています。Or at least includes the US, such as this:

    <RequiredStartGroups Region="DE|US|JA">
        <AppendGroup Name="MyGroup">
            <start:Tile AppUserModelID="App2!App" Size="2x2" Row="2" Column="0"/>
        </AppendGroup>
    
  4. Microsoft Office の [スタート] メニューのタイルを追加します。Add Microsoft Office Start Menu tiles. これは、すぐに開始プログラムに参加している Oem の要件です。This is a requirement for OEMs that participate in the Jumpstart program.

    Word、PowerPoint および Excel 用の Windows 10 のスタート メニューに表示するタイルがあることができます。You can have tiles appear on the Windows 10 Start menu for Word, PowerPoint and Excel. Microsoft アプリ (次の図の左上) の指定された領域に、タイルが表示されます。The tiles appear in a designated area for Microsoft apps (upper left in the following diagram). その他のすべてのアプリは、左側のアプリの一覧でアクセス可能になります。All additional apps will be accessible in the Apps list on the left.

    タイルを追加する LayoutModification.xml ファイルに、次を追加します。Add the following to the LayoutModification.xml file to add the tiles:

    <AppendOfficeSuite/>
    <AppendOfficeSuiteChoice Choice="DesktopBridgeSubscription"/>
    

注意

デスクトップ アプリを追加するには、開始: DesktopApplicationTile タグを使用します。To Add a desktop app, use the start:DesktopApplicationTile tag. アプリのアプリケーション ユーザー モデル ID がわかっている場合は、それを使ってアプリを識別します。If you know the application user model ID for the app, use that to identify it. それ以外の場合、.url または .lnk ファイルを必要とするタイルをピン留めした場合は、そのファイルを次の従来の Start Menu ディレクトリに追加します。Otherwise, if you pinned tiles that require .url or .lnk files, add the files to the following legacy Start Menu directories:

  • %APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\
  • %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

以下に例を示します。Example:

Copy E:\StartLayout\Bing.url  "C:\mount\Windows\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
Copy E:\StartLayout\Paint.lnk "C:\mount\Windows\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
Copy E:\StartLayout\Bing.url  "C:\mount\Windows\Users\All Users\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
Copy E:\StartLayout\Paint.lnk "C:\mount\Windows\Users\All Users\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
  1. 開始レイアウト layoutmodification.xml として保存します。Save the Start Layout file as layoutmodification.xml.
  2. マウントされたイメージに保存したファイルをコピー、C:\Mount\Windows\Users\Default\Appdata\Local\Microsoft\Windows\Shellフォルダー。Copy the saved file to your mounted image, to the C:\Mount\Windows\Users\Default\Appdata\Local\Microsoft\Windows\Shell folder. Layoutmodification.xml ファイルがフォルダーに既に存在する場合は、新しいもので、既存のファイルを置き換えます。If a layoutmodification.xml file already exists in the folder, replace the existing file with the new one.

ライセンス契約と情報ファイルを追加します。Add a license agreement and info file

OEM 固有のライセンスを追加します。Add an OEM-specific license

このセクションで、OEM が OOBE の間に、独自のライセンス条項を追加する方法が取り上げます。In this section, we'll cover how an OEM can add their own license terms during OOBE.

注意

ライセンス条項が含まれる場合は、OEM は PC にプレインストールされている各言語でライセンス条項のバージョンを含める必要があります。If the license terms are included, the OEM must include a version of the license terms in each language that is preinstalled onto the PC. ライセンス用語のテキストは .rtf ファイルであるし、名前が一致する .html ファイルを同じフォルダーにある必要があります。A license term text must be an .rtf file, and have an .html file with a matching name in the same folder. 参照してくださいOEM ライセンス条項ライセンス ファイルの詳細についてはします。See OEM license terms for more information on license files.

ライセンス条項を追加するには、フォルダー、ライセンス ファイルを作成し、最初の起動時にライセンスを表示する OOBE を構成する必要があります。To begin adding license terms, you'll have to create folders for your license files, and then configure OOBE to show the license on first boot.

  1. 次のディレクトリの下で、システムの言語用のフォルダーを作成します。C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\Create folders for your system languages under the following directory: C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\

  2. 言語に対応する言語の 10 進識別子として C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\ ディレクトリの下には、各フォルダーを名前します。Name each folder under the C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\ directory as the Language Decimal Identifier that corresponds to the language. Windows イメージ内にある各言語パックには、この手順を実行します。Do this step for each language pack that's in the Windows image.

    注: 参照してくださいに対応する言語の言語の 10 進識別子の完全な一覧を表示するには、このリンクします。Note: Please see this link to see complete list of language decimal identifiers of corresponding languages.

    たとえば場合、en- と de-de などがあります「1033」という名前のフォルダーを追加する言語パックは、Windows イメージに追加されます (en を表す-ご言語) C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\ でします。For example, if en-us and de-de language packs are added to the Windows image, add a folder named "1033" (representing en-us language) in C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default. 次に「1031」(de-de などがあります言語) C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\ ディレクトリの下をという名前のフォルダーを追加します。Then add a folder named "1031" (de-de language) under the same C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\ directory.

    MD c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031
    MD c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033
    
  3. イメージ内にある言語ごとにライセンス条項の .rtf ファイルを作成し、言語固有の oobe フォルダーにコピーします。Create a license terms .rtf file for each language you have in your image, and copy them to the language-specific oobe folder.

    次に、例を示します。英語 agreement.rtf ファイルを C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1033\ ディレクトリに移動し、ドイツ語の agreement.rtf を C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1031\ に移動します。For example: Move the English agreement.rtf file to C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1033\ directory and move the German agreement.rtf to C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1031.

    copy E:\resources\english-agreement.rtf c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033\agreement.rtf
    copy E:\resources\german-agreement.rtf c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031\agreement.rtf
    
  4. テキスト エディターを開き、他のライセンス条項の .html バージョンを作成します。Open a text editor and create .html versions of your license terms. .Rtf バージョンと同じフォルダーには、条件を保存します。Save the terms to the same folders as the .rtf versions. 使用することができます、使用許諾契約書の使用例からOEM ライセンス条項サンプル ファイルを作成します。You can use the EULA example from OEM license terms to create sample files. 使用許諾契約書のファイルの名前を拡張機能を除いて同じですがあります。The names of the EULA files should be identical, except for the extension.

    C:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033\agreement.html  (English version)
    C:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031\agreement.html  (German version)
    
  5. ライセンス agreement.rtf ファイルのパスを指定するための oobe.xml ファイルを作成します。Create an oobe.xml file to specify the license agreement.rtf file path. Windows では、付随する .html ファイルを自動的に検出されます。Windows will automatically find the accompanying .html file. 以下にあるサンプル oobe.xml は、 USB B\ConfigSet\oobe.xmlBelow is a sample oobe.xml which is located at USB-B\ConfigSet\oobe.xml

     <FirstExperience>
    <oobe>
        <oem>
            <eulafilename>agreement.rtf</eulafilename>
        </oem>
    </oobe>
    </FirstExperience>
    
  6. Oobe.xml ファイルをコピー ' C:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\Copy oobe.xml file to `C:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\

  7. Oobe.xml を先ほど作成した言語では固有のフォルダーにコピーします。例えば:Oobe.xml に C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1033 コピー,英語 agreement.rtf という名前のファイルを持ちます。Copy oobe.xml to the laguage-specific folders you created earlier.For example: Copy oobe.xml to C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1033, which has a file called agreement.rtf in English. ドイツ語の契約を追加するには、oobe.xml をドイツ agreement.rtf ファイルのある C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1031\ ディレクトリにコピーします。To add the German agreement, copy oobe.xml to C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1031\ directory, which has the German agreement.rtf file.

    copy E:\configset\oobe.xml c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033
    copy E:\configset\oobe.xml c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031
    
  8. これで各言語のフォルダーは、oobe.xml、agreement.rtf、およびその対応する言語で agreement.thml ファイルをが。Now each language folder has an oobe.xml, agreement.rtf, and agreement.thml file in that corresponding language.

イメージの初回起動時 OOBE に、使用許諾契約書が表示されます。When the image first boots into OOBE, it will display the license agreement.

イメージ情報ファイルを作成し、イメージに追加Create an image info file and add it to your image

  • Windows イメージが作成された日時を指定する csup.txt ファイルを作成します。Create an csup.txt file to specify when the Windows image was created. このファイルでは、ファイルの先頭に単一行として、イメージが作成された日付を "MM-DD-YYYY" の形式で指定する必要があります。それ以外の文字は含めないでください。This file must include the date that the image was created, in the form of 'MM-DD-YYYY', with no other characters, on a single line at the top of the file. このコマンドは、ファイルを作成します。This command will create the file:

    echo 4-24-2018 >"C:\mount\windows\Windows\csup.txt"
    

応答ファイルを使用した Windows をカスタマイズします。Customize Windows with an answer file

応答ファイル (または無人セットアップ ファイル) を使って、セットアップ中にイメージの Windows の設定を変更できます。Answer files (or Unattend files) can be used to modify Windows settings in your images during Setup. 最初のユーザーが自分のアカウントを作成し、既定の言語を取得後に実行されるイメージ内のスクリプトの実行設定を作成することもできます。You can also create settings that trigger scripts in your images that run after the first user creates his/her account and picks the default language. 応答ファイルを使用して、インストールする Windows イメージと適用するプロダクト キーの場所、ディスクをパーティション分割する方法などのさまざまなセットアップ オプションを指定します。Answer files allow you specify various setup options, including how to partition disks, the location of the Windows image to install, and the product key to apply. ユーザーのアカウントの名前など、Windows インストールに適用される値の設定を表示して、Internet Explorer のお気に入りが指定することもできます。Values that apply to the Windows installation, such as the names of user accounts, display settings, and Internet Explorer Favorites can also be specified. セットアップの応答ファイルは Unattend.xml と通常呼び出されます。The answer file for Setup is typically called Unattend.xml.

無人セットアップ ファイルには、Windows のインストール プロセス全体でさまざまなタイミングで処理がそれぞれのいくつかのセクションが含まれます。Unattend files include several sections, each of which are processed at different times throughout the Windows installation process. これらのフェーズでは、構成パスと呼ばれます。These phases are called configuration passes. 最も頻繁に使用されるパスを次に示します。Here are the most often-used passes:

新しい設定を追加するには、どの構成パスを指定できます。You can specify which configuration pass to add new settings to:

  • 1-windowsPE:これらの設定は、Windows セットアップのインストール プログラムによって使用されます。1 - windowsPE: These settings are used by the Windows Setup installation program. 既存のイメージを変更する場合は通常、これらの設定は無視できます。If you’re modifying existing images, you can usually ignore these settings.
  • 2-offlineServicing:DISM を使用してオフライン イメージに無人セットアップ ファイルを適用するときに、offlineServicing 設定が処理されます。2 - offlineServicing: Settings in offlineServicing are processed when DISM is used to apply an unattend file to an offline image.
  • 4-specialize:ほとんどの設定は、ここで追加する必要があります。4 - specialize: Most settings should be added here. これらの設定は、監査モードの最初および OOBE の最初にトリガーします。These settings are triggered both at the beginning of audit mode and at the beginning of OOBE. 複数の更新またはテスト設定を作る必要がある場合は、再びデバイスを一般化して、Specialize 構成パスに別のバッチ設定を追加します。If you need to make multiple updates or test settings, generalize the device again and add another batch of settings in the Specialize Configuration pass.
  • 6-auditUser:実行を開始するとすぐには監査モードです。6 - auditUser: Runs as soon as you start audit mode. AuditUser は、システム テスト スクリプトを実行することをお勧めします。AuditUser is a good place to run a system test script. この例として Microsoft-Windows-Deployment\RunAsynchronousCommand を追加します。We'll add Microsoft-Windows-Deployment\RunAsynchronousCommand as our example. 詳細については、Windows セットアップにカスタム スクリプトの追加を参照してください。To learn more, see Add a Custom Script to Windows Setup.
  • 7-oobeSystem:控え目に使う。7 - oobeSystem: Use sparingly. これらの設定のほとんどは、ユーザーが OOBE を完了した後に実行されます。Most of these settings run after the user completes OOBE. OOBE をバイパスし、監査モードの PC の起動に使用する Microsoft-Windows-Deployment\Reseal\Mode = 監査設定は例外です。The exception is the Microsoft-Windows-Deployment\Reseal\Mode = Audit setting, which we’ll use to bypass OOBE and boot the PC into audit mode. スクリプトが OOBE 中にユーザーが選択した言語の認識に依存する場合は、oobeSystem パスにスクリプトを追加します。If your script relies on knowing which language the user selects during OOBE, you’d add it to the oobeSystem pass.

監査モードでは多くの Windows の設定を定義できますが、メーカーのサポート情報の追加など、応答ファイルや Windows 構成デザイナーを使うことによってのみ構成できる設定もあります。While you can set many Windows settings in audit mode, some settings can only be set by using an answer file or Windows Configuration Designer, such as adding manufacturer’s support information. 応答ファイルの設定 (無人設定とも呼ばれる) の完全な一覧は、無人 Windows セットアップのリファレンスします。A full list of answer file settings (also known as Unattend settings) is in the Unattended Windows Setup reference.

応答ファイルを作成します。Make an answer file

作成し、無人セットアップ ファイルを変更するには、Windows システム イメージ マネージャー (SIM) を使用します。Use Windows System Image Manager (SIM) to create and modify unattend files. SIM は、ADK の一部としてインストールされます。SIM is installed as part of the ADK. 一部の応答ファイルに含まれていますが_USB B_作業を開始するを取得します。We have included some answer files in USB-B that will get you started. OEM のポリシー ドキュメントで説明したように、応答の設定が必要な設定を含めることを確認します。Make sure that your answer settings include the required settings as outlined in the OEM Policy Document:

  • OA 3.0 システム。For OA 3.0 systems:

    md c:\mount\windows\windows\panther
    copy /y E:\AnswerFiles\OA3.0\Unattend.xml C:\Mount\Windows\Windows\Panther 
    

    (場所 E:_USB B_)(where E:\ is USB-B)

  • OA 3.0 システム。For non-OA 3.0 systems:

    md c:\mount\windows\Windows\panther
    copy /y E:\AnswerFiles\Non_OA3.0\Unattend.xml C:\Mount\Windows\Windows\Panther
    

    (場所 E:_USB B_)(where E:\ is USB-B)

Windows SIM でカタログ ファイルを作成します。Create a catalog file in Windows SIM

カタログ ファイル (.clg) は、特定の Windows イメージに適用される設定に関する情報を含むファイルです。Catalog files (.clg) are files with information about settings that are applicable to a particular Windows image. SIM で Windows イメージを使用する場合は、まず使用している Windows WIM のカタログ ファイルを作成する必要があります。When working with a Windows image in SIM, you have to first create a catalog file for the Windows WIM you're working with.

  1. Windows System Image Manager (WSIM) を起動します。Start Windows System Image Manager (WSIM).
  2. [ファイル] をクリックして > Windows イメージを選択します。Click File > Select Windows Image.
  3. Windows イメージを選択して、参照およびイメージ ファイル (D:\install.wim) を選択します。In Select a Windows Image, browse to and select the image file (D:\install.wim).
  4. Windows 10 Home エディションを選択し、[ok] をクリックします。Select the Home edition of Windows 10 and click OK.
  5. カタログ ファイルを作成するには、[はい] をクリックします。Click Yes to create the catalog file. Windows SIM は、イメージ ファイルに基づいたカタログ ファイルを作成し、イメージ ファイルと同じフォルダーに保存します。Windows SIM creates the file based on the image file, and saves it to the same folder as the image file. この処理は数分かかる場合があります。This process can take several minutes.

カタログ ファイルは、[Windows イメージ] ウィンドウが表示されます。The catalog file appears in the Windows Image pane. Windows SIM によって、そのイメージ内で構成できるコンポーネントとパッケージの一覧が表示されます。Windows SIM lists the configurable components and packages in that image.

応答ファイルを作成するCreate an answer file

既存の無人セットアップ ファイルと作業しない場合は、Windows SIM で、新しいものを作成できます。If you're not working with the existing unattend file, you can create a new one in Windows SIM:

  • [ファイル] をクリックして > 新しい応答ファイルClick file > New Answer File

新しい応答ファイルは、右側のウィンドウに表示されます。The new answer file will appear in the right-pane.

応答ファイルの設定を追加します。Add answer file settings

このセクションでは、Windows イメージを展開するときに、設定を構成する応答ファイルを作成する方法を紹介します。In this section, we'll show you how to create an answer file that can configure settings when you deploy your Windows image.

開始する前に、マウントされた Windows イメージに Panther をという名前のフォルダーを作成します。Before you start, create a folder called Panther in your mounted Windows image. 応答ファイルをこのフォルダー内に Windows が自動的になります。Windows will automatically look in this folder for an answer file.

md c:\mount\windows\Windows\panther
OEM 情報 (省略可能) を追加しますAdd OEM info (optional)
  1. [Windows イメージ] ウィンドウで、コンポーネントを右クリックして amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_(version) を展開し、選択した追加設定を渡す 4 特殊します。In the Windows Image pane, expand Components, right-click amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_(version), and then select Add Setting to Pass 4 specialize.
  2. 応答ファイル ウィンドウで、Components\4 specialize\amd64_Microsoft-Windows のシェルの Setup_neutral\OEMInformation を選択します。In the Answer File pane, select Components\4 specialize\amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral\OEMInformation.
  3. OEMInformation のプロパティ ウィンドウで 設定 セクションを設定します。In the OEMInformation Properties pane, in the Settings section, set:
    Manufacturer=Fabrikam
    Model=Notebook Model 1
    Logo=C:\Fabrikam\Fabrikam.bmp
    
  4. Panther フォルダーに、応答ファイルを保存USB-B\AnswerFiles\unattend.xmlします。Save the answer file in the Panther folder as USB-B\AnswerFiles\unattend.xml.

次に上記で指定したロゴが、Windows イメージであるかどうかを確認する必要があります。Next you'll have to make sure that the logo you specified above is in your Windows image.

  1. 最大サイズが 120 x 120 ピクセルの 32 ビット カラー イメージを作成します。Create a 32-bit color image with a maximum size of 120x120 pixels. テクニシャン コンピューター上の D:\AnswerFiles\Fabrikam.bmp ファイルとして保存します。Save it as D:\AnswerFiles\Fabrikam.bmp file on your Technician PC. このラボに使用できる USB B 上の例が掲載されています。D:\Logos\Fabrikam.bmp します。We've included a sample on USB-B, which you can use for this lab: D:\Logos\Fabrikam.bmp.

  2. 呼ばれる、マウントされた Windows イメージにフォルダーを作成Fabrikamです。Create a folder in your mounted Windows image called Fabrikam.

    mkdir c:\mount\windows\Fabrikam
    
  3. Fabrikam.bmp を作成した Fabrikam フォルダーにコピーします。Copy Fabrikam.bmp to the Fabrikam folder you just created:

    copy fabrikam.bmp c:\mount\windows\fabrikam
    
監査モードを自動的に起動するデバイスを設定します。Set the device to automatically boot to audit mode

同じ unattend.xml ファイルを使用して、PC 自動的に設定監査モードで起動します。Using the same unattend.xml file, set the PC to automatically boot into Audit mode.

  1. Windows イメージ ウィンドウでは、コンポーネントを展開し、amd64_Microsoft-Windows-Deployment_(version) を右クリックし、7 oobeSystem に渡す追加の設定を選択します。In the Windows Image pane, expand Components, right-click amd64_Microsoft-Windows-Deployment_(version), and then select Add Setting to Pass 7 oobeSystem.
  2. 応答ファイル ウィンドウで、Components\7 oobeSystem\amd64_Microsoft Windows Deployment_neutral\Reseal を選択します。In the Answer File pane, select Components\7 oobeSystem\amd64_Microsoft-Windows-Deployment_neutral\Reseal.
  3. セットアップを再シール プロパティ ペインの 設定 セクションで次のように選択します。Mode=Auditします。In the Reseal Properties pane, in the Settings section, select Mode=Audit.
  4. Panther フォルダーで、応答ファイルを unattend.xml として保存します。Save the answer file in the Panther folder as unattend.xml.
Enable S-ModeEnable S-Mode

注意

S モードを有効にしない場合は、次のセクションにスキップします。If you don't want to enable S-Mode, you can skip to the next section.

Windows 10、バージョン 1803 で新しい:Windows 10 S は、Windows の他のバージョンから別の SKU ではなくなりました。New in Windows 10, version 1803: Windows 10 S is no longer a separate SKU from other versions of Windows. S モードは、ここで、ホームと Pro の Sku でアクティブにできるモードです。S-mode is now a mode that can be activated on Home and Pro SKUs.

S モード設定このセクションで紹介する Windows イメージで S モードを有効にする方法。Set S Mode In this section, we'll show you how to enable S mode in a Windows image. 設定のある無人セットアップ ファイルを使用します渡す 2 - offlineServicingDISM を使用して、マウントされた Windows イメージに適用するとします。We'll use an Unattend file that has a setting in Pass 2 - offlineServicing, and use DISM to apply it to our mounted Windows image.

  1. Unattend.xml を変更するのにには、Windows SIM を使用します。Use Windows SIM to modify unattend.xml.

  2. パス 2 のオフライン サービスに amd64_Microsoft_Windows_CodeIntegrity コンポーネントを追加します。Add the amd64_Microsoft_Windows_CodeIntegrity component to Pass 2 offline Servicing.

  3. 設定 amd64_Microsoft_Windows_CodeIntegrity\SkuPolicyRequired1します。Set amd64_Microsoft_Windows_CodeIntegrity\SkuPolicyRequired to 1.

  4. Panther フォルダーで、応答ファイルを unattend.xml として保存します。Save the answer file in the Panther folder as unattend.xml.

  5. 無人セットアップ ファイルを適用し、S モードを有効にするには、DISM を使用します。Use DISM to apply the unattend file and enable S Mode:

    dism /image:C:\mount\windows /apply-unattend:C:\mount\windows\windows\panther\unattend.xml
    

    注意:のみパス 2 - DISM を使用した無人セットアップ ファイルが適用されるときに、オフライン サービスは処理されます。Note: Only Pass 2 - offline Servicing is processed when an unattend file is applied with DISM.

S モードは Windows イメージに適用されるようになりました。S mode is now applied to the Windows image. PC の起動時に、Windows インストールで Windows 10 S で適用される同じコード整合性ポリシーが適用されます。When the PC boots, the same Code Integrity policy that is enforced in Windows 10 S will be enforced on your Windows installation.

製造モードを有効にします。Enable Manufacturing mode

さらに、イメージ、レジストリの編集などの監査モードで変更する予定の場合、スクリプトの実行や、コマンド プロンプトからコマンドを実行している必要がある S で通常ブロックは符号なしのコードは、工場出荷時のモードを一時的に有効にするには監査モードで実行するモード。If you plan to make additional changes to your image in audit mode, such as editing the registry, running a script, or running a command from the command-prompt, you have to temporarily enable Manufacturing Mode, which allows unsigned code that is normally blocked in S Mode to run in Audit mode. これにより、製造プロセス中にスクリプト、インストーラー、および診断ツール (つまり、署名のないコード) を実行することができます。This allows you to run scripts, installers and diagnostic tools (i.e., unsigned code) during the manufacturing process. オフラインのイメージをレジストリ キーを追加することによって製造モードが有効になっているし、起動したときに監査モードのキーを削除することで無効になっています。Manufacturing Mode is enabled by adding a registry key to the offline image, and it’s disabled by removing the key when booted into audit mode.

  1. マウントされたイメージ上には、regedit テクニシャン コンピューター上に、マウントされたイメージからシステム レジストリ ハイブを読み込みます。On your mounted image, load the SYSTEM registry hive from your mounted image into regedit on your Technician PC. HKLM\Windows10S と呼ばれる一時的な hive を使用します。We'll use a temporary hive called HKLM\Windows10S.

    reg load HKLM\Windows10S C:\Mount\Windows\Windows\System32\Config\System
    
  2. 製造レジストリを追加するキー。Add the manufacturing registry key.

    reg add HKLM\Windows10S\ControlSet001\Control\CI\Policy /v ManufacturingMode /t REG_DWORD /d 1
    
  3. テクニシャン コンピューターからのレジストリ ハイブをアンロードします。Unload the registry hive from your Technician PC.

    reg unload HKLM\Windows10S
    

イメージのマウントを解除し、(下記参照)、S モード イメージで、Windows 10、変更をコミットした後は、製造キー署名のないコードを監査モードで実行できるがあります。After you unmount your image and commit your changes (below), your Windows 10 in S Mode image will have the manufacturing key that will allow you to run unsigned code in audit mode.

重要

製造レジストリを削除することを確認 S モードのデバイスで、Windows 10 を出荷する前にキー。Make sure to remove the manufacturing registry key before shipping your Windows 10 in S mode device. ラボで後で作成する方法を紹介または学習できる方法で製造モードWe show you how to do that later in the lab, or you can learn how at Manufacturing mode

Windows エディションを設定します。Set the Windows edition

このセクションで、Windows OS エディション自宅から Pro にアップグレードされます。In this section, we will upgrade the Windows OS edition from Home to Pro.

:Notes: - Windows イメージのエディションを下げることはできません。You cannot set a Windows image to a lower edition. - 注:上位エディションに変更済みのイメージに対して、この手順を実行しないでください。Note: You should not use this procedure on an image that has already been changed to a higher edition. - 無人セットアップ設定を適用する前後に/set-edition コマンドを実行していてもかまいません参照デバイスでこのイメージが起動されるまで S モードが有効でないため (S モードを含む<SkuPolicyRequired>要素)。Since S-mode is not enabled until this image is booted on the Reference device, it doesn’t matter if you run the /Set-Edition command before or after applying the unattend settings (which includes the S-mode <SkuPolicyRequired> element). - ここで紹介しますようにオフラインは、通常のエディションを切り替えることはありません。You wouldn't normally switch editions offline like we'll show you here. エディションをアップグレードするには、代わりにはマウント Windows Professional wim 始めにします。Instead of upgrading editions, you would've mounted a Windows Professional wim to begin with. この手順が含まれるここで説明を目的表示する/set-edition コマンドを使用します。This step is included here for instructional purposes; just to show you the use of the /Set-Edition command.

  1. 使用可能なエディションを特定するには、どのようなイメージをイメージをアップグレードするかを判断するには、次のコマンドを実行します。Determine available editions by running the following command to determine what images you can upgrade the image to:

    Dism /Get-TargetEditions /Image:C:\mount\windows
    

    エディションに使用できる Id に注意してください。Note the edition IDs available.

  2. Professional edition のエディションをアップグレードします。Upgrade the edition to the Professional edition.

    Dism /Set-Edition:Professional /Image:C:\mount\windows
    

回復を使用して Windows 設定を保持します。Keep Windows settings through a recovery

回復のシナリオで、Windows は応答ファイル、LayoutModification.xml、または oobe.xml から最初のログイン情報で作成された Windows の [スタート] メニューのカスタマイズを使って作成された設定を自動的に保存されません。In recovery scenarios, Windows doesn't automatically save settings created through with answer files, Windows Start Menu customizations created with LayoutModification.xml, or first-login info from oobe.xml.

確認するのには、Windows は、カスタマイズを保存します。To make sure Windows saves your customizations:

WinRE (パート 1) の最適化します。Optimize WinRE (part 1)

  1. WinRE のイメージのスクラッチ領域サイズを増やします。Increase the scratchspace size of the WinRE image.

    Dism /image:c:\mount\winre /set-scratchspace:512
    
  2. 使用されていないファイルのクリーンアップ winre.wim のサイズを小さくし、Cleanup unused files and reduce the size of winre.wim

    dism /image:"c:\mount\winre" /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
    

イメージのマウントを解除します。Unmount your images

  1. ファイル エクスプ ローラーを含む、イメージからファイルにアクセスするすべてのアプリケーションを閉じます。Close all applications that might be accessing files from the image, including File Explorer.

  2. 変更をコミットして Windows RE イメージのマウントを解除します。Commit the changes and unmount the Windows RE image:

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\mount\winre" /Commit
    

    C には、イメージが含まれるドライブのドライブ文字を指定します。where C is the drive letter of the drive that contains the image.

    この処理には数分かかることがあります。This process can take a few minutes.

  3. 更新された Windows RE イメージのバックアップ コピーを作成し、新しくエクスポートを古い WinRE イメージに置き換えます。Make a backup copy of the updated Windows RE image and replace the old WinRE image with the newly exported one:

    dism /export-image /sourceimagefile:c:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim /sourceindex:1 /DestinationImageFile:c:\temp\lab\winre_bak.wim
    Del c:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim
    Copy c:\temp\lab\winre_bak.wim c:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim
    

    求められたら、FファイルIf prompted, specify F for file

    トラブルシューティングします。Winre.wim を指定されたディレクトリが見つからない場合は、ファイルの表示を設定する次のコマンドを使用します。Troubleshoot: If you cannot see winre.wim under the specified directory, use the following command to set the file visible:

    attrib -h -a -s C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim
    
  4. Windows RE イメージの新しいサイズを確認します。Check the new size of the Windows RE image:

    Dir "C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim"
    
  5. 新しい winre.wim のサイズに基づき、配置スクリプトでパーティションのサイズを調整、winre.wim に十分な空き領域といくつか追加の空き領域が含まれているように。Based on the size of the new winre.wim, adjust the partition sizes in the deployment scripts so they include enough room for winre.wim, as well as some additional free space.

    に従って、createpartitions - で、回復パーティションのサイズを決定するパーティション レイアウトのサイズのグラフの下<ファームウェア >-<imageformat > .txt ファイル。Follow the below partition layout size chart to determine the size of your recovery partition in the createpartitions-<firmware>-<imageformat>.txt files. 残りの空き領域の量は、winre.wim を非表示のパーティションにコピーした後です。The amount of free space left is after you copy winre.wim to the hidden partition. 参照してください、以下の詳細については、ディスク パーティション規則。See the below disk partition rules for more information.

    パーティションのサイズPartition Size 空き領域Free space
    500 MB 未満Less than 500 MB 最小 50 MB の空きMinimum 50 MB free
    450 680 MB450 MB - 680 MB 最小 320 MB の空きMinimum 320 MB free
    680 MB を超えるMore than 680 MB 1024 MB の空き1024 MB free

    Createpartitions diskpart スクリプトからの回復パーティションのサイズの例です。 します。Example of the recovery partition size from the createpartitions diskpart scripts.:

    rem == 3. Windows RE tools partition ===============
    create partition primary size=465
    
  6. WinRE イメージと同様、Windows イメージを最適化します。Optimize the Windows image the same way you did with the WinRE image:

    Dism /Image:c:\mount\windows /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
    
  7. 変更をコミットして Windows イメージのマウントを解除します。Commit the changes and unmount the Windows image:

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\mount\windows" /Commit
    

    C には、イメージが含まれるドライブのドライブ文字を指定します。Where C is the drive letter of the drive that contains the image. この処理は数分かかる場合があります。This process may take several minutes.

  8. イメージをエクスポートすることによって、イメージの最適化を完了します。Finish optimizing your image by exporting the image. エクスポート プロセス中に DISM が置き換えられたファイルを削除し、イメージ ファイルのサイズになります。During the export process, DISM removes files that were superseded and the image will have a reduced file size. 新しいイメージ ファイルに Windows イメージをエクスポートします。Export the Windows image into a new image file:

    Dism /Export-Image /SourceImageFile:"C:\temp\lab\Images\basicimage.wim" /SourceIndex:1 /DestinationImageFile:"C:\temp\lab\Images\install.wim"
    

その他の Pc に展開できるカスタマイズされた Windows イメージがあるようになりました。You now have a customized Windows image that you can deploy to other PCs. 次のセクションでは、参照元のコンピューターにイメージをデプロイ、オンラインの変更を行い、最終的な配置用に準備する Windows イメージを完成させる方法を紹介します。In the next section, we'll show you how to deploy the image to your reference PC, make online changes, and then finalize the Windows image to get it ready for final deployment.

新しい PC に、イメージを展開します。Deploy your images to a new PC

このセクションでは、PC にイメージをデプロイしてには、監査モードでカスタマイズできるようにします。In this section we'll deploy an image to a PC so that it can be customized in Audit mode. このセクションを開始する前に。Before you start this section:

  • カスタマイズされたイメージのコピー USB B\ImagesCopy your customized images to USB-B\Images

    copy c:\temp\lab\images\install.wim e:\images
    copy c:\temp\lab\images\winre_bak.wim e:\images
    
  • 配置スクリプトを必ずUSB B\Deployment です。Make sure the deployment scripts in USB-B\Deployment. これらがコピーされている USB B のダウンロードが抽出されたときに_USB B_します。These should have been copied when you extracted the USB-B download to USB-B.

WinPE で起動するBoot to WinPE

されていないデバイスの WinPE を起動している場合、winpe で起動するイメージをデプロイします。If you're not already booted into WinPE on the device you're deploying your image to, boot into WinPE:

  1. 接続すると、USB キー、 WinPEパーティションは、参照コンピューターを起動します。Connect the USB key with the WinPE partition boot the reference computer.
  2. 2 つを使用している場合は、別々 の USB ドライブ、WinPE が起動された後に、接続_USB B_します。If you're using two separate USB drives, after WinPE has been booted connect USB-B.
  3. X:\Windows\system32 > コマンド ラインで、「 diskpart Enter キーを押します。At the X:\Windows\system32> command line, type diskpart and press Enter.
  4. \DISKPART > コマンド ライン型list volumeします。At the \DISKPART> command line type list volume.
  5. 「ラベル」 列では、"Ltr"列の下のボリュームのドライブ文字に注意してください。In the "Label" column, note the letter of the volume under the "Ltr" column. これは、USB キーのドライブ文字です。This is the drive letter of your USB key. (例 E)(example E)
  6. Diskpart を終了する種類の終了Type exit to quit Diskpart

配置スクリプトを使用して、イメージを適用するにはUse a deployment script to apply your image

パーティションを作成して、イメージを適用するスクリプトを実行します。Run a script to create partitions and apply your image. Applyimage.bat で使用して_USB B_\deployment に私たちにとっては。We'll use applyimage.bat in USB-B\deployment to do this for us.

ApplyImage.bat では、diskpart スクリプトを使用して、パーティションを作成し、パーティション レイアウトを定義します。ApplyImage.bat uses diskpart scripts to create the partitions and define the partition layout. このスクリプトと呼び出しの添字は、同じサブフォルダーに配置する必要があります。This script and the subscripts it calls must be placed in the same subfolder. 必要に応じて、パーティションのサイズを変更するこれらのスクリプトを更新することができます。You can update these scripts to change the partition sizes as you desire.

注意

キャプチャされ、FFU として、最終的なイメージを展開する場合は、回復を構成するオプションを選択します。If you're going to be capturing and deploying your final image as an FFU, choose the options to not configure recovery. これにより、FFU を適用した後、必要な場合は、Windows パーティションを展開することができます。This allows you to expand the Windows partition, if needed, after you apply your FFU. Windows パーティションを拡張した後、回復を構成できます。You can configure recovery after you expand the Windows partition.

  1. Applyimage.bat を実行し、イメージを適用するを指定します。Run applyimage.bat and specify the image to apply:

    D:
    cd Deployment
    ApplyImage.bat D:\Images\install.wim
    

    D: は、スクリプトとイメージを USB 記憶域ドライブのドライブ文字です。Where D: is the drive letter of your script and image on your USB Storage drive.

    スクリプトによってプロンプトが表示された場合:When prompted by the script:

    1. 復旧パーティションを構成するかどうかを選択します。Choose whether or not to configure the recovery partition

      • Y:Windows 回復パーティションを構成します。Y: Configures the Windows recovery partition
      • N:復旧パーティションを構成しません。N: Does not configure the recovery partition. 復旧パーティションを後で構成できます。The recovery partition can be configured later. キャプチャされ、FFU としてイメージを展開する場合は、このオプションを選択します。Choose this option if you're going to be capturing and deploying your image as an FFU.
    2. キーを押してYドライブをフォーマットするにはPress Y to format the drive

    3. 選択Nをコンパクトな OS として展開します。Choose N to not to deploy as Compact OS.

    4. キーを押してN(EA) の拡張属性を含まない、イメージを指定するにはPress N to indicate the image does not include extended attributes (EA)

      注意

      コンパクトな OS のパフォーマンスが記憶域デバイスの機能に大きく依存は、フラッシュ ドライブがベースのデバイスでコンパクトな OS を使用しています。Only use compact OS on Flash drive based devices as compact OS performance is heavily dependent on the storage device capabilities. 回転のデバイスでは、コンパクトな OS はお勧めしません。Compact OS is NOT recommended on rotational devices. 詳細については、コンパクトな OS を参照してください。Please reference Compact OS for more information.

  2. USB ドライブを削除し、参照元のコンピューターを再起動します。Remove the USB drive and reboot the reference PC.

    exit
    

    PC する必要があります前に作成した無人セットアップ ファイルの設定に基づいて Windows 監査モードで起動します。The PC should boot into Windows Audit mode based on the settings of the unattend file we created earlier. 押すと、監査モードでブートする PC を設定する unattend.xml ファイルを使用していない場合Ctrl+Shift+F3oobe を監査モードで起動します。If you're not using an unattend.xml file that sets the PC to boot into Audit Mode, you can press Ctrl+Shift+F3 during OOBE to boot into Audit mode.

オンラインのカスタマイズ (監査モード)Make online customizations (audit mode)

監査モードを使用して、使い慣れた Windows 環境で Windows をカスタマイズすることができます。You can use audit mode to customize Windows using the familiar Windows environment. 監査モードでは、Windows デスクトップ アプリケーションの追加、システム設定の変更、データの追加、スクリプトの実行といった操作を行うことができます。In audit mode, you can add Windows desktop applications, change system settings, add data, and run scripts.

監査モードで行った変更が回復イメージに含まれていることを確認するには、ScanState を使ってプロビジョニング パッケージにこれらの変更をキャプチャする必要があります。To make sure your audit mode changes are included in the recovery image, you'll need to capture these changes into a provisioning package using ScanState. このパッケージは、問題が生じた場合に、変更内容を復元する、システム回復ツールで使用を取得します。This package gets used by the system recovery tools to restore your changes if things go wrong. 必要に応じて、圧縮された回復ファイルから直接アプリケーションを実行することによってドライブの領域を節約できます。これは、単一インスタンス作成と呼ばれます。You can optionally save drive space by running the applications directly from the compressed recovery files; this is known as single-instancing.

画像の変更をキャプチャし、その他のデバイスに適用する場合は、Sysprep を使用して、イメージを一般化する必要があります。If you want to capture the changes in an image and apply it to other devices, you'll need to use Sysprep to generalize the image.

監査モードでカスタマイズを確認します。Verify Customizations in Audit Mode

製造時に、PC をインターネットに接続すること勧めせずもしない推奨 isntalling 更新 Windows Update から監査モードでは sysprep の中にエラーが発生可能性がありますので、します。We don't recommend connecting your PC to the internet during manufacturing, and also don't recommend isntalling updates from Windows Update in audit mode because it will likely generate an error during sysprep.

  1. セットアップが完了すると、コンピューター ログを Windows に監査モードで自動的に管理者として。After setup has finished, the computer logs into Windows in Audit mode automatically as an Administrator.
  2. 応答ファイル (製造元の名前を参照してください、サポートの電話番号、およびその他のカスタマイズ) からの変更が存在することを確認します。Verify the changes from the answer file (see manufacturer name, support phone number and other customizations) are present.

エディションを確認します。Verify the edition

演習では、前にエディションから Windows ホームにアップグレード Windows Professional。Earlier in the lab, we upgraded the edition from Windows Home to Windows Professional. この変更を確認します。Verify this change:

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開くOpen Command Prompt as administrator

  2. 次のコマンドを実行します。Run:

    dism /online /get-current-edition
    
  3. 適切なエディションであることを確認します。Make sure it's the right edition. これは次のようになります。It should look like this:

    Current edition is:
    
    Current Edition : Professional
    
    The operation completed successfully.
    

    注意:S モードを有効になっているデバイスを使用する場合、edition は引き続きだと"Professional"Note: If you are working with a device that has S Mode enabled, the edition will still just say "Professional." S モードは、モード、エディションではないためにです。This is because S Mode is a mode, not an edition.

S モードを確認します。Verify S Mode

ラボで以前のモードを有効にした場合は、S モードが有効にすることを確認します。If you enabled S Mode earlier in the lab, verify that S Mode is enabled.

  1. [スタート] から設定を開きます。From Start, open Settings.
  2. 設定で、更新とセキュリティを開くIn Settings, open Update & Security
  3. 左側のウィンドウからのアクティブ化を選択します。Choose Activation from the left pane

デバイスの S モードを有効になっている場合は、ここで表示されます。If your device has S Mode enabled, it will show here.

アプリとストアの営業案件Apps and Store opportunities

Windows 10 と Microsoft Store では、ブランドとデバイスの差別化、収益の作成、およびアクセス権を顧客に大きな機会があります。Through Windows 10 and the Microsoft Store, you have tremendous opportunities for brand and device differentiation, revenue creation, and customer access.

Microsoft Store アプリでは、Windows 10 エクスペリエンスの中心です。Microsoft Store apps are at the center of the Windows 10 experience. Windows ユニバーサル アプリ、デスクトップ、タブレット、または Windows 10 を実行するスマート フォン用のアプリをビルドできるようには。They are Windows universal apps, so you can build apps for desktops, tablets, or phones that run Windows 10. OEM として、魅力的なカスタマー エクスペリエンスを提供し、優れた付加価値のあるソフトウェアとサービスをビルドする高品質なハードウェアとのセットを提供することでブランドのロイヤルティの向上できます。As an OEM, you can provide an engaging customer experience and increase brand loyalty by providing a great set of value-added software and services along with the high-quality hardware that you build.

概要監査モードでは、次のキーを設定する必要があります。Important: The key below must be set in Audit mode.

OEM、ID を追加するレジストリ設定を変更する必要があります。You have to change a registry setting to add your OEM ID. OEM Microsoft Store のプログラムの参加要素の場合にお問い合わせくださいPartnerOps@microsoft.comOEM id を取得するには。If you're an OEM Microsoft Store Program participant, contact PartnerOps@microsoft.com to get your OEM ID.

項目Item レジストリの場所Location in Registry
含まれている OEMIDOEMID HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store、(REG_SZ) 含まれている OEMIDHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store, (REG_SZ) OEMID
SCM IDSCM ID HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store、(REG_SZ) StoreContentModifierHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store, (REG_SZ) StoreContentModifier

含まれている OEMIDOEMID

  1. コマンド プロンプトから regedit.exe を実行します。Run regedit.exe from Command Prompt
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store に移動しますNavigate to HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store
  3. (既定) の下の右クリックして [新規] をクリックRight click under (Defalut) -> click new
  4. 文字列値をクリックします。Click String Value
  5. 含まれている OEMID の種類Type OEMID
  6. 含まれている OEMID をダブルクリックし、値のデータで OEM の名前を入力しますテキスト フィールド。Double click OEMID and enter OEM name in Value data: text field

SCMIDSCMID

  1. コマンド プロンプトから regedit.exe を実行します。Run regedit.exe from Command Prompt
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store に移動しますNavigate to HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store
  3. (既定) の下の右クリックして [新規] をクリックRight click under (Defalut) -> click new
  4. 文字列値をクリックします。Click String Value
  5. 型 StoreContentModifierType StoreContentModifier
  6. StoreContentModifier をダブルクリックし、値のデータで OEM の名前を入力しますテキスト フィールド。Double click StoreContentModifier and enter OEM name in Value data: text field

重要

Windows 10 で PBR 中に含まれている OEMID のレジストリ キーは自動的に復元されません。The OEMID registry key is not restored automatically during PBR in Windows 10. PBR 操作中に含まれている OEMID のレジストリ キーを復元する方法については、このガイドの scanstate セクションを参照してください。Please refer to the scanstate section of this guide on how to restore the OEMID registry key during PBR operation.

プッシュ ボタンのリセットのため、イメージを準備します。Prepare your image for Push Button Reset

このセクションでは、プッシュ ボタンのリセット (PBR) シナリオ用の回復環境を設定するためのガイダンスを提供します。This section provides guidance for setting up the recovery environment for Push Button Reset (PBR) scenarios.

詳細については、クリック 1 回のリセットと Windows 回復環境 (Windows RE) およびハード ドライブとパーティションを参照してください。Please reference Push-button reset and Windows Recovery Environment (Windows RE) and Hard Drives and Partitions for more information.

クリック 1 回のリセットは、ユーザーがそのデータを事前にバックアップをすることがなく、データと重要なカスタマイズを維持しながら、OS を回復する組み込みの回復ツールです。Push-button reset, is a built-in recovery tool which allows users to recover the OS while preserving their data and important customizations, without having to back-up their data in advance. その他の回復オプションと自信が自分の Pc を修正する機能でユーザーを提供し、回復のカスタム アプリケーションの必要性が減少します。It reduces the need for custom recovery applications by providing users with more recovery options and the ability to fix their own PCs with confidence.

I

ScanState を準備します。Prepare ScanState

プッシュ ボタンのリセットの操作を開始するには、ScanState にコピーする必要がありますUSB Bします。To start working with Push Button Reset, you'll need to copy ScanState to USB-B.

Scanstate を使用して、従来の Windows アプリケーションと、イメージの設定をキャプチャします。Use scanstate to capture Classic Windows applications and settings on your image.

注意:ScanState を準備するのに、テクニシャン コンピューターを使用します。Note: You'll use your technician PC to prepare ScanState.

  1. テクニシャン コンピューターの挿入時USB BOn Technician PC Insert USB-B

  2. 展開とイメージング ツール コマンド プロンプトを管理者としてを開くOpen Deployment and Imaging tools command prompt as administrator

  3. 実行に必要なファイルをコピーする copydandi.cmd USB B\scanstate:Run copydandi.cmd to copy necessary files to USB-B\scanstate:

    Copydandi.cmd amd64 e:\scanstate
    

    E: は、USB B ドライブの文字です。Where E: is the letter of USB-B drive.

Scanstate 移行ファイルを作成します。Create a Scanstate migration file

このセクションでは、クリック 1 回のリセット中にファイルおよびレジストリ キーを復元する構成ファイルを作成します。In this section, you'll create a configuration file that will restore files and registry keys during Push-button reset.

製造プロセス中に手動で入力したレジストリ値の復元に使用する移行 XML ファイルを作成します。Create a migration XML file used to restore registry values manually entered during manufacturing process. 次の例では、含まれている OEMID のレジストリ値がこのドキュメントで既に設定を復元します。The sample below restores the OEMID registry value set earlier in this document.

注: USB B\recovery\recoveryimage\regrecover.xml に既にレジストリ値が含まれています。Note: USB-B\recovery\recoveryimage\regrecover.xml already contains the registry values. このファイルは、新しいファイルを作成する代わりに使用できます。You can use this file instead of creating a new file.

  1. メモ帳を開くOpen notepad

  2. コピーして、次の xml をメモ帳に貼り付けます。Copy and paste the following xml into Notepad. これに含まれている OEMID のレジストリ キーを移行する ScanState に指示します。This tells ScanState to migrate the OEMID registry key:

    <migration urlid="https://www.microsoft.com/migration/1.0/migxmlext/test">
         <component type="System" context="UserAndSystem">
              <displayName>OEMID</displayName> 
            <role role="Settings">
                <rules>
                    <include>
                        <objectSet>
                            <pattern type="Registry">HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store [OEMID]</pattern> 
                        </objectSet>
                    </include>
                </rules>
            </role>
        </component>
    </migration>
    
  3. S モードを有効にした場合、以下のことを確認製造レジストリ キーが exlcude を ScanState するように指示して移行されませんが。If you enabled S mode, make sure that the manufacturing registry key doesn't get migrated by telling ScanState to exlcude it. レジストリ キーを除外するのには、次の規則を追加します。Add the following rule to exclude the registry key:

    <unconditionalExclude>
        <objectSet>
            <pattern type="Registry">HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CI\Policy [ManufacturingMode]</pattern>
        </objectSet>
    </unconditionalExclude>
    
  4. Regerecover.xml として保存します。Save the file as regerecover.xml.

Scanstate を使用して、回復パッケージを作成します。Create recovery package using Scanstate

で、参照元のコンピューター。On your reference PC:

キャプチャを使用して ScanState にプロビジョニング パッケージの場合は、カスタマイズをインストールし、c:\Recovery\customizations に保存します。Use ScanState to capture installed customizations into a provisioning package, and then save it to c:\Recovery\customizations. サンプルを使用して_USB B_\Recovery\RecoveryImage プロビジョニング パッケージを作成します。We'll use samples from USB-B\Recovery\RecoveryImage to create the provisioning package.

概要プッシュ ボタンは、適切に機能するリセットのパッケージが C:\Recovery\Customizations に格納されている .ppkg ファイルをある必要です。Important: For Push Button Reset to work properly, packages have to be .ppkg files that are stored in C:\Recovery\Customizations.

  1. 回復 USB B\Recovery\RecoveryImage の OEM フォルダーとコピーの内容の作成します。Create the recovery OEM folder and copy contents of USB-B\Recovery\RecoveryImage

    概要カスタマイズされたスタートを保持するには、layoutmodification.xml の復旧中にレイアウト メニューは回復プロセス中にもう一度コピーする必要があります。Important: To retain the customized start layout menu during recovery the layoutmodification.xml needs to be copied again during recovery process. ここからコピーし、EnableCustomizations.cmd を使用して、復旧中にコピーしてします。We'll copy it here and then use EnableCustomizations.cmd to copy it during recovery.

    Copy E:\Recovery\RecoveryImage c:\recovery\OEM
    Copy E:\StartLayout\layoutmodification.xml c:\recovery\OEM
    
  2. アプリとカスタマイズを収集する ScanState を実行します。Run ScanState to gather app and customizations

    X64 用 Windows 10 Pc:For x64 Windows 10 PCs:

    mkdir c:\recovery\customizations
    E:\ScanState\scanstate.exe /apps /ppkg C:\Recovery\Customizations\apps.ppkg /i:c:\recovery\oem\regrecover.xml /config:E:\scanstate\Config_AppsAndSettings.xml /o /c /v:13 /l:C:\ScanState.log
    

    場所のドライブ文字は e: USB BWhere E: is the drive letter of USB-B

  3. ScanState が正常に完了すると、scanstate.log と miglog.xml ファイルを削除します。When ScanState completes successfully, delete scanstate.log and miglog.xml files:

    del c:\scanstate.log
    del c:\miglog.xml
    

追加の設定を復元する機能拡張スクリプトを作成します。Create Extensibility scripts to restore additional settings

機能拡張ポイントを構成することで、クリック 1 回のリセットのエクスペリエンスをカスタマイズできます。You can customize the Push-button reset experience by configuring extensibility points. これにより、カスタム スクリプトを実行、その他のアプリケーションのインストールやその他のユーザー、アプリケーション、またはレジストリ データを保持することができます。This enables you to run custom scripts, install additional applications, or preserve additional user, application, or registry data.

回復中に、PBR の呼び出し EnableCustomizations.cmd を 2 つの作業を行うように構成します。During recovery, PBR calls EnableCustomizations.cmd which we'll configure to do 2 things:

  1. \Windows\panther への初期のデプロイに使用する unattend.xml ファイルをコピーします。Copy the unattend.xml file used for initial deployment to the \windows\panther.
  2. Layoutmodification.xml をシステムにコピーします。Copy the layoutmodification.xml to the system.

追加のレイアウト設定 PBR 中にこれら 2 つの応答ファイルから復元されます。This will restore the additional layout settings from these 2 answer files during PBR.

[!重要な復旧のスクリプトと unattend.xml ピックアップする c:\Recovery\OEM に PBR をコピーして、unattend.xml で定義されている設定を復元します。[!Important Recovery scripts and unattend.xml must be copied to c:\Recovery\OEM for PBR to pickup and restore settings defined in the unattend.xml.

設定を復元するための unattend.xml ファイルをコピーします。Copy unattend.xml files for restoring settings

OA 3.0 システム。For OA 3.0 systems:

Copy e:\AnswerFiles\oa3.0\unattendsysprep.xml c:\Recovery\OEM\unattend.xml

OA 3.0 システム。For non-OA 3.0 systems:

Copy e:\AnswerFiles\non_oa3.0\unattendsysprep.xml c:\Recovery\OEM\unattend.xml

Winre.wim バックアップのコピーCopy winre.wim backup

デプロイ時に、winre.wim ファイルを移動します。During the deployment winre.wim file is moved. 最終的なイメージをキャプチャする前に作成したバックアップ winre.wim をバックアップ、コピーする必要があります。 または回復環境は、最終的なイメージの展開では機能しません。Before capturing a final image, the backup winre.wim we created must be copied back, or the recovery environment will not work in the final image deployment.

Copy e:\images\winre_bak.wim c:\windows\system32\recovery\winre.wim

イメージを再シールします。Reseal the image

このセクションで sysprep.exe、イメージを再シールして、ファクトリのデプロイの準備に使用します。In this section, we'll use sysprep.exe to reseal our image and get it ready for factory deployment.

  1. インストール フォルダーとプリロード済みのアプリケーションの作成されたファイルを削除します。Delete installation folders and files that have been created of the preloaded applications. これらのフォルダーには、キャプチャした .wim ファイルのサイズを増やすことができます。These folders can increase the size of a captured .wim file.
  2. SysPrep ツールが開いている場合は、閉じるし、管理者モードでコマンド プロンプトを開きます。If the SysPrep Tool is open, close it and open Command Prompt in Administrator mode.
  3. 追加の設定を応答ファイルを使用して、イメージを一般化します。Generalize the image by using answer file with additional settings:
C:\Windows\System32\Sysprep\sysprep /oobe /generalize /unattend:c:\recovery\oem\Unattend.xml /shutdown

Windows 10 S モード製造キーを削除します。Remove the Windows 10 in S mode manufacturing key

製造モードを有効になっている場合は、製造レジストリを削除するキー。If you have manufacturing mode enabled, remove the manufacturing registry key:

  1. コマンド プロンプトを開きます。Open Command Prompt.
  2. レジストリ キーを削除します。Remove the registry key:
    reg delete HKLM\system\ControlSet001\Control\CI\Policy /v ManufacturingMode
    

    重要

    場所のレジストリ キーで S モードのデバイスで Windows 10 を出荷はありません。Don't ship a Windows 10 in S mode device with the registry key in place.

完了し、イメージのキャプチャFinalize and Capture your image

完了し、大容量の配置の出荷時のイメージをキャプチャする方法について説明します。We'll show you how to finalize and capture a factory image for mass deployment. このセクションを開始するには、前のセクションで sysprep を実行している、参照コンピューターがシャット ダウンを確認します。To start this section, make sure your reference machine is shutdown after running sysprep in the previous section.

  1. WinPE には、参照コンピューターを起動します。Boot the Reference computer into WinPE.

  2. WinPE が起動した後、接続_USB B_します。After WinPE has booted connect USB-B.

    トラブルシューティング。Troubleshooting:

    • PC の参照は、その内部 HDD から起動する場合は、Windows は、specialize パスを入力し、OOBE を渡します。If the reference PC boots from its internal HDD, Windows will enter the specialize and OOBE passes. 構成パスのいずれかが完了した場合は、安定したおよび一般化されたイメージをキャプチャすることはできません。You won't be able to capture a stable and generalized image if any of the configuration passes have completed. これらのパスのいずれかが完了したら、もう一度、イメージを一般化する必要があります。If either of those passes have completed, you'll need To generalize the image again. 監査モードで実行できる (<Ctrl > +<Shift > +<F3 > OOBE の間に)。You can do with in Audit Mode (<Ctrl>+<Shift>+<F3> during OOBE). 監査モードでは、上から、Sysprep コマンドを実行します。In Audit mode, run the Sysprep command from above. PC はことを確認します WinPE から、次回再起動時に起動します。Make sure the PC boots to WinPE on the next restart.

    • システムは、内部 HDD をまだ起動する場合は、PC の起動の優先順位を確認します。If the system still boots to the internal HDD, check the PC's boot priority. USB のブート内蔵ハード ドライブよりも優先であることを確認します。Make sure that the USB has a higher boot priority than the internal hard drive.

  3. Diskpart を使用した Windows のパーティションのドライブ文字を特定します。Identify Windows Partition Drive letter using diskpart.

    1. X:\windows\system32 で > プロンプト、diskpart の種類、およびキーを押して、 Diskpart を起動します。At the X:\windows\system32> prompt, type diskpart and press the key to start Diskpart.

    2. \DISKPART > のように入力list volumeします。At the \DISKPART> prompt type list volume.

    3. "Label"列の下では、"Windows"というラベルの付いたボリュームを探します。Under the "Label" column, locate the volume that is labeled "Windows".

    4. "Ltr"列はどのような文字が割り当てられたに注意してください (例。C)。Note what letter it is has been assigned under the "Ltr" column (Example: C). これは、USB キーのドライブ文字です。This is the USB key's drive letter.

      Diskpart にドライブ文字の表示

    5. Exit Diskpart を終了すると入力します。Type exit to quit Diskpart.

(CompactOS のみ)インストールされている変換のカスタマイズ(CompactOS Only) Convert installed customizations

このセクションでは、ScanState パッケージのサイズを小さく方法を示します。This section shows how to reduce the size of ScanState packages.

重要

のみを限られたストレージ デバイスに展開する場合は、この手順を実行します。Only do this step if you are deploying to a device with limited storage. 単一インスタンスの一部のデスクトップ アプリケーションの起動時のパフォーマンスに影響を与えます。Single instancing impacts the launch performance of some desktop applications.

参照してくださいコンパクトな OS詳細についてはします。See Compact OS for more information.

ScanState 回復パッケージのサイズを減らすためには、WinPE から参照デバイスで、次のコマンドを実行します。To reduce the size of your ScanState recovery packages, run the following command from WinPE on your reference device:

DISM /Apply-CustomDataImage /CustomDataImage:C:\Recovery\Customizations\apps.ppkg /ImagePath:C:\ /SingleInstance

イメージをキャプチャします。Capture your image

このセクションでは、sysprep 済みのイメージをキャプチャする方法を説明します。In this section, we'll tell you how to capture your sysprepped image. いずれかをキャプチャすることができます、 WIMまたはFFUします。You can capture either a WIM or an FFU.

WIM をキャプチャします。Capture a WIM

で、参照元のコンピューター。On your reference PC:

  1. Windows のパーティションのドライブ文字を特定します。Identify Windows Partition Drive letter.

    1. X:\windows\system32 で > プロンプト、diskpart の種類、およびキーを押して、 Diskpart を起動します。At the X:\windows\system32> prompt, type diskpart and press the key to start Diskpart.

    2. \DISKPART > 型の一覧のボリュームを求めるAt the \DISKPART> prompt type list volume

    3. "Label"列の下で、"Windows"というラベルの付いたボリュームを検出しますUnder the "Label" column, locate the volume that is labeled "Windows"

    4. "Ltr"列はどのような文字が割り当てられたに注意してください (例。C)。Note what letter it is has been assigned under the "Ltr" column (Example: C). これは、ドライブ文字を使用する必要があります。This is the drive letter that needs to be used

    5. Diskpart を終了する種類の終了Type exit to quit Diskpart

  2. USB B には windows パーティションのイメージをキャプチャします。Capture the image of the windows partition to USB-B. このプロセスには数分をかかります。This process takes several minutes.

    注:DISM を実行している場合は、キャッシュ ディレクトリを使用することをお勧めします。Note: We recommend using a cache directory when running DISM. この手順で一時ファイルの場合、USB B キーで scratchdir を作成しますが、スクラッチ ディレクトリの使用可能な領域の任意のハード ドライブを選択できます。In this step we'll create scratchdir on the USB-B key for temporary files, but you can choose any hard drive with available space for your scratch directory.

    MD e:\scratchdir
    Dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\ /ImageFile:E:\Images\CustomImage.wim /Name:"CustomImage" /scratchdir:e:\scratchdir
    

    これは、E:\Images に CustomImage.wim と呼ばれる、イメージをキャプチャします。This captures an image called CustomImage.wim to E:\Images. イメージのキャプチャが完了したら、参照元のコンピューターをシャット ダウンすることができます。When the image capture is complete, you can shut down your reference PC.

キャプチャされたイメージをスキップできます最終的なイメージを確認しますします。With your image captured, you can skip to Verify your final image.

キャプチャ、FFUCapture an FFU

で、参照元のコンピューター。On your reference PC:

  1. Windows のパーティションのドライブ文字を特定します。Identify Windows Partition Drive letter.

    1. X:\windows\system32 で > プロンプト、diskpart の種類、およびキーを押して、 Diskpart を起動します。At the X:\windows\system32> prompt, type diskpart and press the key to start Diskpart.

    2. \DISKPART > プロンプトの種類の一覧のディスクAt the \DISKPART> prompt type list disk

    3. "ディスク ###"列を識別、ディスクを持つ、Windows のインストールと割り当てられたディスク番号に注意してください。Under the "Disk ###" column, identify the the disk that has the Windows installation, and note the assigned disk number. ようになりますこの_Disk 0_します。This will look something like Disk 0.

    4. Diskpart を終了する種類の終了Type exit to quit Diskpart

  2. USB B に windows ディスクのイメージをキャプチャします。Capture an image of the windows disk to USB-B. このプロセスには数分をかかります。This process takes several minutes.

    DISM.exe /capture-ffu /imagefile=E:\Images\CustomImage.wim /Name:"CustomImage" /capturedrive=\\.\PhysicalDrive0 /description:"Windows 10 FFU"
    

    これは、E:\Images に CustomImage.wim と呼ばれる、イメージをキャプチャします。This captures an image called CustomImage.wim to E:\Images. イメージのキャプチャが完了したら、参照元のコンピューターをシャット ダウンすることができます。When the image capture is complete, you can shut down your reference PC.

最終的なイメージを確認しますVerify your final image

このセクションでは、テストと検証のキャプチャされたイメージをデプロイする方法を取り上げます。In this section, we'll cover how to deploy your captured image for testing and verification.

イメージを参照するデバイスにデプロイします。Deploy your image to the reference device

  1. Winpe でイメージをテストする PC を起動します。Boot the PC you want to test your image on into WinPE.

  2. イメージを展開する applyimage.bat を実行します。Run applyimage.bat to deploy the image.

    Customimage.wim と呼ばれる WIM をキャプチャする場合。If you captured a WIM called customimage.wim:

    E:\Deployment\applyimage.bat E:\Images\customimage.wim
    

    またはor

    CustomImage.FFU と呼ばれる、FFU をキャプチャする場合。If you captured an FFU called CustomImage.FFU:

    E:\Deployment\applyimage.bat E:\Images\CustomImage.FFU
    
  3. イメージを適用するスクリプトのプロンプトに従います。Follow the script's prompts to apply the image.

  4. exitWinPE を終了し、PC を再起動します。Type exit to close WinPE and restart the PC.

構成を検証するValidate the configuration

お使いの PC が再起動し、初めての Windows を起動します。Your PC will restart and boot into Windows for the first time.

  1. OOBE では、後で削除されるダミー ユーザーを作成します。In OOBE, create a dummy user which will be deleted later.

  2. 任意のアプリケーションとオフラインのカスタマイズが正しく動作して、イメージに存在が確認します。Verify that any applications and offline customizations are still in your image and working properly.

    確認事項を次のとおりです。Some things to check are:

    • タスク バーTaskbar
    • ピン留めされたアプリPinned Apps
    • デスクトップの壁紙を設定して、右側の画像を表示Desktop Wallpaper is set to display the right image
    • OEM 情報が正しく表示されます。OEM Information displays correctly
    • OEM アプリ ID のレジストリ キーを設定します。OEM App ID registry key is set
    • 既定のテーマは、選択したものDefault Theme is the one you chose
    • アプリの開始を正しく保存します。Store apps start properly
    • [Ok] のデスクトップ アプリケーションを開始します。Desktop applications start ok
    • [Ok] を開始 SPP を使用して適用するデスクトップ アプリケーションDesktop applications applied via SPP start ok
    • 秒の各モードを有効にした場合ことを確認します製造レジストリ キーの削除If you enabled S mode, make sure the manufacturing registry key is removed

リカバリを確認します。Verify Recovery

  1. 回復後、カスタマイズが復元され、次のエントリ ポイントから機能を保持するファイルを実行して関数をすべて削除を続けられることを確認します。Verify that your customizations are restored after recovery, and that they continue to function by running the Keep my files and Remove everything features from the following entry points:

    • 設定をします。Settings a. スタート メニューから設定 をクリックします。 b。From the Start Menu, click Settings, b. [設定] アプリの更新とセキュリティをクリックし、[回復] をクリックします。In the Settings app, click Update & security, and then click Recovery. c.c. この PC をリセットを開始するボタンをクリックし、次の画面に表示される指示します。Click the Get Started button under Reset this PC and follow the on-screen instructions.

    • Windows RE をします。Windows RE a. Windows RE で、オプション画面で、トラブルシューティングの b をクリックします。From the Choose an option screen in Windows RE, click Troubleshoot b. この PC をリセット をクリックし、次の画面に表示される手順Click Reset this PC and then follow the on-screen instructions

  2. リカバリ メディアを作成することを確認、ベア メタル回復機能を実行してその機能を確認します。 をします。Verify that recovery media can be created, and verify its functionality by running the bare metal recovery feature: a. コントロール パネル b からの復元のドライブの作成を起動します。Launch Create a recovery drive from Control Panel b. 以下の画面に表示される USB 復旧を作成する手順についてはドライブ c です。Follow the on-screen instructions to create the USB recovery drive c. USB 回復の d ドライブから PC を起動します。Boot the PC from the USB recovery drive d. 選択、オプション画面で、トラブルシューティングの e をクリックします。From the Choose an option screen, click Troubleshoot e. ドライブから回復をクリックし、従います、画面に表示される手順Click Recover from a drive and then follow the on-screen instructions

注: クリック 1 回のリセットの UI は Windows 10 で再設計されました。Note: The Push-button reset UI has been redesigned in Windows 10. UI でファイルのオプションは、今すぐしたままでは、my ファイル機能を保持するに対応します。The Keep my files option in the UI now corresponds to the Keep my files feature. 削除のすべてに対応する機能をすべて削除します。Remove everything corresponds to the Remove everything feature.

最終的なイメージを最適化します。Optimize final image

この時点では、ほとんどの展開の準備が整っている Windows イメージがあります。At this point, you have a Windows image that is almost ready for deployment. このセクションでは、展開の準備ができたので、イメージには最後の仕上げを配置する方法を紹介します。In this section, we'll show you how to put the finishing touches on your image so you're ready for deployment.

  • コピーをエクスポートすることによって、イメージから使用されていないパッケージを削除します。Remove unused packages from your image, by exporting a copy of it.

    Dism /export-image /sourceimagefile:E:\images\customimage.wim /sourceindex:1 /destinationimagefile:e:\images\MasterImage_Pro.wim
    

最終的な出荷Final shipment

PC を少なくとも 1 回で起動すると、セットアップできるように、specialize 構成パスの Windows PC を出荷する前に完了するがあります。You have to boot a PC at least once to allow the specialize configuration pass of Windows Setup to complete before shipping a PC.

specialize 構成パスは PC にハードウェア固有の情報を付加し、完了時には Windows OOBE が表示されます。The specialize configuration pass adds hardware-specific information to the PC and is complete when Windows OOBE appears.

詳細については、OEM のポリシー ドキュメントを参照します。Reference the OEM Policy Documentation for more details.

ディスク フット プリントを削減Reducing Disk Footprints

このガイドで、ディスク フット プリントを減らすことができます、いくつかの場所を示しました。Throughout this guide, we have shown a few places where you can reduce the disk footprint:

  • Dism/export-image を使用します。Using Dism /export-image
  • コンパクトな OS を使用します。Using Compact OS
  • 単一インスタンスでコンパクトな OS を使用します。Using Compact OS with Single Instancing

このセクションでは、空き領域を追加することができる、いくつかの他の方法を示します。This section shows a few more ways you can gain additional free space.

削減し、休止ファイルをオフにします。Reducing and turning off Hiberfile

デプロイされている OS に 1.5 GB OS 容量が 400 MB の間を削減し、休止ファイルをオフにするを返すことができます。Reducing and turning off hiberfile can return between 400MB to 1.5GB OS space on the deployed OS.

ハイバネーションを 30% 削減Reducing Hiberfile by 30%

Unattend.xml で sysprep.exe を実行すると、休止ファイルを軽減する FirstLogonCommand を追加できます。When you run sysprep.exe with unattend.xml, you can add a FirstLogonCommand that will reduce hiberfile:

Unattend.xml で休止ファイルの削減

ハイバネーション オフにします。Turn Off Hiberfile

Unattend.xml で sysprep.exe を実行すると、休止ファイルはオフにする FirstLogonCommand を追加できます。When you run sysprep.exe with unattend.xml, you can add a FirstLogonCommand that will turn off hiberfile:

Unattend.xml で休止ファイルをオフにします。

これらの設定を含む unattend.xml ファイルを使用してイメージをキャプチャします。Capture your image with the unattend.xml file that contains these settings.

ディスクの使用量の最適化Disk footprint with optimizations

次の表には、コンパクトな OS を使用して保存された追加の領域が表示されます。 1 つのインスタンス化、および削減または 2 GB (x86) と 4 GB (x64) ハイバネーションをオフにすることです。The table below shows additional space saved by using compact OS, Single instancing, and reducing or turning Off Hiberfile on 2GB (x86) and 4GB (x64).

フット プリントの種類FootPrint type Windows 10 Home x86 2 GB のメモリWindows 10 Home x86 2GB memory Windows 10 Home x64 4 GB のメモリWindows 10 Home x64 4GB Memory
基本のフット プリントBase Footprint 11.68 GB (追加の領域)11.68GB (Additional Space) 15.06 GB (追加の領域)15.06GB (Additional Space)
Compact、単一インスタンスがありません。Compact, no single instancing 8.85 GB (> 2.75 GB)8.85GB (>2.75GB) 11.3 GB (> 3.7 GB)11.3GB (>3.7GB)
Compact、単一のインスタンス化Compact, single instanced 7.66 GB (> 4 GB)7.66GB (>4GB) 10.09 GB (> 4.75 GB)10.09GB (>4.75GB)
ハイバネーションありません compact オフHiberfile off, no compact 10.87 GB (> 825 MB)10.87GB (>825MB) 13.48 GB (> 1.5 GB)13.48GB (>1.5GB)
ハイバネーションに短縮され、最適化なしHiberfile reduced, no compact 11.27 GB (> 400 MB)11.27GB (>400MB) 14.15 GB (> 930 MB)14.15GB (>930MB)