Windows 10 デスクトップ エディションの OEM 展開

Windows 10 デスクトップ PC を構築しテストを行う準備はできましたか? このラボでは、Windows イメージを作成し展開する手順について説明します。 ツールとコマンドを使用して、エンド ツー エンドの展開をセットアップする方法について説明します。 コマンドをスクリプト化することで、特定の市場の顧客ニーズに合わせて新しいイメージを簡単にカスタマイズできます。

Windows の展開をカスタマイズして構築する手順について説明します。 ここで網羅している情報は次のとおりです。

Image showing the flow of a Windows deployment. The first step in the flow is to prepare by gathering collateral, installing the ADK, and Create a WinPE drive. Then you create images by adding language packs, features on demand, apps, drivers, updates, configuring unattend and start layouts, configuring hardware settings, and setting the edition. Finally you can apply your image as an ffu or WIM.

最初に環境を準備し、その後に次の点を説明します。

  • WinPE イメージの準備とマウント
  • パッケージの追加
  • ドライバーの追加
  • WinPE メディアを作成する

次に、Windows イメージのカスタマイズについて説明します。 まず、マウントされた Windows イメージに対するオフラインのカスタマイズから始めます。ここで網羅するのは、次の項目です。

  • ドライバーの追加
  • 言語の追加
  • 更新プログラムの追加
  • インボックス アプリの再インストール
  • Microsoft Office のプレインストールをする
  • スタート レイアウトのタイルを追加する
  • カスタム EULA を表示するための OOBE のセットアップ
  • Windows セットアップをカスタマイズするための応答ファイルの構成と使用

イメージを PC に展開し、監査モードで起動して変更を完了し、Windows イメージのカスタマイズを完了します。これには、次の項目が含まれます。

  • 監査モードでの変更
  • プッシュ ボタン リセットの準備

最後に、イメージの最終処理とキャプチャ、すべての動作の確認、およびイメージの展開の準備を行います。

  • イメージの最終処理をする

それでは作業を始めましょう。

ラボ環境を準備する

Note

このラボを実行するために必要なファイルをまだ収集していない場合は、Windows 10 のデスクトップ エディションの OEM 展開に必要なツールの入手に関する記事を参照してください。

この時点で、ツールを準備しておく必要があります。 この時点で次の情報が揃っている必要があります。

2 つのパーティションにフォーマットされた USB ドライブ。次を含む NTFS のパーティション (O:):

  • USB-B から抽出されたフォルダー構造とファイル

次のようなテクニシャン PC。

  • 次のメディアがダウンロードされた C:\temp\lab という名前のフォルダー。
    • Windows インストール メディア
    • Microsoft Office OPK の最新バージョン
    • Windows オンデマンド機能 ISO
    • Windows 言語パック ISO
    • OPK アプリ更新プログラムまたはインボックス アプリ ISO
    • Windows ADK インストーラー
    • WinPE ADK アドオン (Windows 10 バージョン 1809 以降で ADK を使用している場合)
    • イメージのドライバー (必要な場合)

ラボをセットアップしましょう。

Windows ADK for Windows 10 をインストール

Windows ADK は、新しいコンピューターへのカスタム Windows のインストールを管理し、展開することができるツールのコレクションです。

重要

カスタマイズするイメージに対応する ADK のバージョンを使用します。 たとえば、Windows 10 バージョン 1809 で作業する場合は、Windows 10 バージョン 1809 対応の ADK を使用します。

テクニシャン PC で、次の手順を実行します。

  1. Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) の以前のバージョンを使っている場合はアンインストールします。

  2. インストールしている Windows のバージョンに一致するバージョンの Windows ADK をダウンロードします。

  3. ADK インストーラーを実行して、次のオプションを使用して ADK をインストールします。 Windows 10 用 ADK を使用している場合。 バージョン 1809 では、WinPE は ADK インストーラーの一部ではなく、ADK をインストールした後でインストールする必要がある個別のアドオン パッケージです。

  • 展開ツール
  • ユーザー状態移行ツール (USMT)
  • Windows プレインストール環境 (Windows PE)
  1. インストールが完了したら、インストーラーのウィンドウを閉じます。

起動可能な Windows PE (WinPE) パーティションを作成する

WinPE は、Windows イメージをキャプチャ、更新、最適化するために使用できる、コマンドライン ベースの小規模なオペレーティング システムです。 このセクションでは、起動可能な USB フラッシュ ドライブで基本 WinPE イメージを準備し、それを試す方法について説明します。

WinPE ファイルを準備する

  1. テクニシャン PC で、管理者として [展開およびイメージング ツール環境] を起動します。

    • [スタート] ボタンをクリックし、「展開およびイメージング ツール環境」と入力します。 [展開およびイメージング ツール環境] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  2. copype を使用して、基本 WinPE ファイルを含む作業ディレクトリを作成します。

    copype amd64 C:\winpe_amd64
    

    ヒント

    うまくいかない場合は、標準のコマンド プロンプトではなく、[展開およびイメージング ツール環境] を使用していることを確認してください。

WinPE をカスタマイズする

WinPE イメージ (boot.wim) は、マウントされている WinPE イメージにファイルとコンポーネントを追加することで、いくつかの方法でカスタマイズできます。

次に、WinPE イメージを変更する方法の例をいくつか示します。

  • オプション コンポーネントを追加するWinPE のオプション コンポーネントは、ADK に付属しています。 これらのパッケージは、WinPE イメージに追加して、WinPE に機能を追加することができます。

  • グラフィックスまたはネットワーク ドライバーを追加する。 (WinPE には汎用のビデオ ドライバーやネットワーク ドライバーが含まれていますが、場合によっては、画面表示やネットワーク接続用に追加のドライバーが必要になります)。 詳細については、「WinPE: ドライバーの追加」をご覧ください。

  • 電源設定を高パフォーマンスに設定する。 展開が早くなります。 サンプルの展開スクリプトでは、このスキームが自動的に設定されます。 「WinPE: マウントとカスタマイズ: 高パフォーマンス」をご覧ください。

  • WinPE を最適化する: RAM とストレージが限られているデバイスの場合にお勧めします (たとえば、1GB RAM/16 GB ストレージの場合)。 ドライバーまたはその他のカスタマイズを Windows PE に追加した後、起動時間を短縮する方法については「WinPE: Optimize and shrink the image」をご覧ください。

WinPE にパッケージを追加すると、パフォーマンスが低下し、起動時間が長くなります。 展開を正常に完了するのに必要なパッケージのみを追加してください。

WinPE イメージをマウントする

Windows イメージをカスタマイズするには、それを操作する前にマウントする必要があります。 これは、WinPE イメージにも当てはまります。 イメージをマウントすると、イメージ ファイルの内容は、表示と変更が可能な場所に抽出されます。 このラボでは、イメージをマウントして変更するために DISM を使用します。 DISM は Windows に付属していますが、ここでは ADK によってインストールされるバージョンを使用します。これには、[展開およびイメージング ツール環境] を介してアクセスします。

Boot.wim が WinPE イメージ ファイルです。 これは、copype.cmd でコピーするファイルの中に含まれています。

イメージをマウントします。

  • [展開およびイメージング ツール環境] から、イメージをマウントします。
Dism /mount-image /imagefile:c:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim /index:1 /mountdir:c:\winpe_amd64\mount

パッケージ、オプションのコンポーネント、依存関係、言語パックを WinPE に追加する (省略可能)

Dism /Add-Package を使用して、マウントされた WinPE イメージにパッケージを追加します。 ADK には、WinPE の機能をさらに追加するために使用できる WinPE オプション コンポーネントが用意されています。 一部のパッケージには依存関係があり、他のパッケージをインストールする必要があります。 これらのパッケージでは、パッケージを追加する前に依存関係をインストールする必要があります。 たとえば、WinPE で PowerShell を使用する場合は、NetFx と言語固有の OC をインストールする必要があります。 OC CAB はC:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\<arch>\WinPE_OCs\ にあります。 en-us の PowerShell サポートを追加する方法を次に示します。

Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-WMI.cab"  /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-WMI_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-NetFX.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-NetFX_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-Scripting.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-Scripting_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-PowerShell.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-PowerShell_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-StorageWMI.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-StorageWMI_en-us.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-DismCmdlets.cab" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-DismCmdlets_en-us.cab"

Note

パッケージは必要な場合にのみ追加してください。 追加するパッケージが多くなるほど、起動時間とパフォーマンスへの影響が大きくなります。

WinPE にドライバーを追加する (必要な場合)

WinPE にドライバーを追加する必要がある場合は、Dism /Add-Driver を使用します。 これを行う必要があるのは、WinPE にハードウェアのドライバーがまだインストールされていない場合のみです。

WinPE にドライバーを追加する方法を次に示します。

Note

このメソッドには、.inf ベースのドライバーが必要です。 ハードウェア ベンダーから .inf ベースのドライバーを入手します。

dism /image:C:\winpe_amd64\mount /Add-Driver /driver:"C:\Out-of-Box Drivers\mydriver.inf"

C:\Out-of-Box Drivers\mydriver.inf は、追加するドライバーのパスです。

特定のフォルダーとそのすべてのサブフォルダーに含まれるドライバーをすべてインストールするには、/recurse オプションを使用します。 次に例を示します。

Dism /Image:C:\Winpe_amd64\mount /Add-Driver /Driver:c:\drivers /recurse

C:\drivers は追加するドライバー フォルダーです。

電源設定を高パフォーマンスに設定する

高パフォーマンス モードを使用するように WinPE を設定すると、展開が速くなります。 このサンプル スクリプトでは、実行時に WinPE を高パフォーマンス モードに設定しますが、WinPE が常に高パフォーマンス モードで実行されるようにする場合は、WinPE イメージに含まれる を変更できます。

  1. メモ帳を使用して、C:\Winpe_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd を開きます。

    notepad C:\Winpe_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd
    
  2. startnet.cmd に次の行を追加します。

    powercfg /s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c
    
  3. ファイルを保存し、メモ帳を閉じます。

WinPE イメージをクリーンアップする

dism /cleanup-image を実行すると、WinPE のディスクとメモリの占有領域を削減し、さまざまなデバイスとの互換性を向上できます。

DISM /image:c:\winpe_amd64\mount /Cleanup-image /StartComponentCleanup

詳細については、WinPE でのイメージの最適化と圧縮に関するセクションを参照してください。

変更をコミットし、イメージのマウントを解除する

WinPE イメージにさらにファイルを追加した場合は、それらを削除して、イメージのサイズを小さくし、パフォーマンスを向上させることができます。 イメージの操作が完了したら、変更をコミットし、イメージのマウントを解除できます。 次に、カスタマイズした WinPE イメージを WinPE フォルダーにエクスポートします。

dism /unmount-image /mountdir:c:\winpe_amd64\mount /commit
dism /export-image /sourceimagefile:c:\winpe_amd64\media\sources\boot.wim /sourceindex:1 /DestinationImageFile:c:\winpe_amd64\mount\boot2.wim
Del c:\winpe_amd64\media\sources\boot.wim
Copy c:\winpe_amd64\mount\boot2.wim c:\winpe_amd64\media\sources\boot.wim

起動可能な WinPE ドライブを作成する

必要なものがすべてを含まれるように WinPE イメージを更新したので、起動可能な WinPE ドライブを作成できます。 [展開およびイメージング ツール環境] で以下を行います。

  1. テクニシャン PC に USB キーを接続します。

  2. WinPE を WinPE パーティションにコピーします。

    MakeWinPEMedia /UFD C:\winpe_amd64 P:
    

    ここで、P: は WinPE ドライブのドライブ文字です。

    メッセージが表示されたら、 Y キーを押して、ドライブをフォーマットし、WinPE をインストールします。

参照 PC で WinPE を起動する

  1. USB ドライブを参照デバイスに接続します。

  2. 参照デバイスの電源を切り、USB ドライブで起動します。 これを行うには、通常、デバイスの電源を投入して、キー ( Esc キーや Volume up キーなど) をすぐに押します。

    Note

    一部のデバイスでは、ブート メニューを表示して USB ドライブを選ぶことが必要になる場合があります。 UEFI モードまたは BIOS モードでの起動を選ぶことができる場合は、UEFI モードを選びます。 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。 デバイスが USB ドライブから起動しない場合は、「 WinPE: 起動可能な USB ドライブの作成」のトラブルシューティングのヒントをご覧ください。

    WinPE はコマンド ラインで起動し、wpeinit を実行して、システムをセットアップします。 これには数分かかることがあります。

この時点では、PC で Windows PE を起動したままにします。 起動可能な USB ドライブは取り外して構いません。

Windows イメージをカスタマイズする

展開用に WinPE イメージをカスタマイズできたので、Windows イメージを展開できるようにする方法について説明します。 このプロセスは WinPE イメージの変更方法と似ていますが、Windows には追加のカスタマイズ オプションが多数あります。

Windows イメージに対して、オフラインまたはオンラインのいずれかでカスタマイズできます。 オフラインのカスタマイズは、WinPE で起動しているときに、テクニシャン PC または対象の PC のいずれかから Windows イメージ (install.wim) に対して行われます。 ほとんどのシナリオでは、オフラインのカスタマイズは、テクニシャン PC から実行するカスタマイズです。 オンラインのカスタマイズは、参照 PC が監査モードで起動された後に行われます。

次の表に、オンラインとオフラインで実行可能なカスタマイズを示します。 製造環境では、可能な限り多くのカスタマイズをオフラインで行うことをお勧めします。

シナリオ オフライン オンライン
デバイス ドライバーの追加 X X
Microsoft Store アプリの追加 X X
デスクトップ (win32) アプリの追加 - X
言語パックの追加 X X
既定の言語パックの削除 X -
オンデマンド機能の追加 X X
最新の累積更新プログラムの追加 X X
イメージの最適化 X X
Microsoft Store アプリの重複ファイルのクリーンアップ X -
Microsoft Office X X

Windows イメージを準備してマウントする

mount and customize process that shows that you mount an image into a folder, modify the mounted image by adding drivers, languages, packages, etc. Then you use DISM to save your changes to the image and unmount it.

このセクションでは、Windows イメージをテクニシャン PC にマウントする方法について説明します。 Windows イメージのマウントは、前に WinPE イメージをマウントするために使用したプロセスと同じです。 Windows イメージ (install.wim) をマウントすると、回復シナリオをサポートするイメージである WinRe.wim という 2 番目のイメージにアクセスできるようになります。 install.wim と WinRE.wim を同時に更新することで、2 つのイメージを同期させ、期待通りの回復を実現することができます。

続ける前に、USB-B ドライブを作成したことを確認します。 設定方法については、「必要なツールの入手」セクションで説明されています。

Windows イメージ ファイルをバックアップする

Windows イメージを操作する前に、何らかの問題が発生した場合に備えて、バックアップ コピーがあることを確認します。 元のイメージのコピーを作成します。

まず、install.wim を Windows インストール メディアから USB-B にコピーします。 install.wim には、Home と Professional の両方のイメージが含まれます。 このラボでは、Home イメージを install.wim からエクスポートし、そのイメージを操作します。

  1. USB-B をテクニシャン コンピューターに挿入します。

  2. Win Home 10 32-BIT/X64 英語版 OPK から Windows 10 Home の .img をマウントします。

  3. マウントされたイメージから、D:\sources\install.wim を C:\temp\lab\images にコピーします。 (ここで D: はマウントしたイメージのドライブ文字です。)

  4. [スタート] メニューから、Windows Kits を開き、[展開およびイメージング ツール環境] を管理者として開きます。

  5. 問題が発生した場合に備えて、イメージのコピーを作成します。

    copy "C:\temp\lab\Images\install.wim" C:\temp\lab\Images\install-backup.wim
    
  6. Home エディション (index 2) を basicimage.wim として install.wim からエクスポートし、元の C:\temp\lab\images\install.wim を削除します。

    Dism /export-image /sourceimagefile:C:\temp\lab\images\install.wim /sourceindex:2 /destinationimagefile:C:\temp\lab\images\basicimage.wim
    Del C:\temp\lab\images\install.wim
    

    イメージのエクスポートが完了したので、それをマウントできます。

Windows イメージをマウントする

マウント ディレクトリを作成し、basicimage.wim をマウントします。

Md C:\mount\windows
Dism /Mount-Wim /WimFile:C:\temp\lab\images\basicimage.wim /index:1 /MountDir:C:\mount\windows

(ここで E:\ は USB-B のドライブ文字です)

WinRE イメージをマウントする

システムは、Windows を正常に起動できない場合、Windows 回復環境 (WinRE) にフェール オーバーします。 WinRE は、オペレーティング システムを起動できない一般的な原因の修復に役立ちます。 WinRE は WinPE に基づいており、ユーザーが使用できるように、ドライバー、言語、Windows PE の省略可能なコンポーネント、その他のトラブル シューティング ツールや診断ツールを追加できます。

WinRE イメージは Windows 10 イメージ内に含まれ、最終的には対象の PC またはデバイスの Windows RE ツール パーティションにコピーされます。 WinRE イメージを変更するには、Windows イメージをマウントしてから、その中に WinRE イメージをマウントします。 変更を加えて、WinRE イメージのマウントを解除し、Windows イメージのマウントを解除します。

Image showing that you can mount and windows image, and then mount an image from the mounted image's mount folder so you can configure two nested images.

次のいずれかをイメージに追加する場合は、同じ変更内容で回復イメージも更新する必要があります。

  • グラフィックス ドライバーやストレージ ドライバーなど、起動に不可欠な .inf スタイルのドライバーを追加する。
  • Windows に主要な更新プログラム (LCU など) を追加する。
  • 新しい言語を追加する。ただし、言語によっては Windows RE に相当するものがないため、これが常に可能であるとは限りません。

Note

このラボでは、言語とドライバーの同期を維持するために、install.wim 内に winre.wim を保持することを前提としています。製造現場での時間を節約したい場合や、これらのイメージを個別に管理しても問題がない場合は、イメージから winre.wim を削除して、個別に適用することもできます。

  • マウントしたイメージから Windows RE イメージ ファイルをマウントします。

    Md c:\mount\winre
    Dism /Mount-Wim /WimFile:C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim /index:1 /MountDir:C:\mount\winre
    

    ヒント

    指定したディレクトリの下に winre.wim が表示されない場合は、次のコマンドを使用してファイルが表示されるようにします。

    attrib -h -a -s C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim
    

    トラブルシューティング: マウント操作が失敗した場合は、[展開およびイメージング ツール環境] から DISM を使用しているかをご確認ください。 User\Documents フォルダーなど、保護されているフォルダーにイメージをマウントしないでください。 DISM プロセスが中断される場合は、ネットワーク接続を一時的に解除し、ウイルス対策を無効にすることを検討してください。

オフラインのカスタマイズ

イメージをマウントしたら、カスタマイズを開始できます。 Windows イメージをオフラインでカスタマイズする方法について説明します。 オフラインのカスタマイズは、Windows インストールを起動せずに、マウントされたイメージに加えることができる変更です。 まず、Windows イメージから言語を追加 (および削除) する手順を説明します。

言語について

このセクションでは、Windows インストールに言語を追加する方法について説明します。 言語を追加する場合は、言語パック ISO からの言語パックと、インターネット接続、またはオンデマンド ISO 機能へのアクセスが必要です。

Note

  • 主要な更新プログラムの前に言語を追加します。 主要な更新プログラムには、修正プログラム、一般配布リリース、サービス パックなどがあります。 後で言語を追加する場合は、更新プログラムを再インストールする必要があります。
  • アプリの前に主要な更新プログラムを追加します。 これらのアプリには、ユニバーサル Windows アプリとデスクトップ アプリケーションが含まれます。 後で更新プログラムを追加する場合は、アプリを再インストールする必要があります。 追加方法については、「ラボ 6: ユニバーサル Windows アプリを追加する」で説明します。
  • 回復イメージにも言語を追加します。多くの一般的な言語を回復イメージに追加できます。 追加する方法については、「ラボ 12: 回復イメージを更新する」で説明します。

Windows イメージの言語とプラットフォームに一致する言語パックおよびオンデマンド機能 (FOD) パッケージを常に使います。

オンデマンド機能 (FOD) は、いつでも追加できる Windows 機能パッケージです。 ユーザーは PC で新しい機能が必要になったら、Windows Update から機能パッケージを要求できます。 OEM は、デバイスにこれらの機能をプレインストールして、すぐに使用できるようにすることが可能です。

一般的な機能には、手書き文字認識などの言語リソースが含まれています。 これらの機能の一部は、Cortana のすべての機能を有効にするために必要です。

次の表は、Windows 10 で利用可能な言語パッケージと言語コンポーネントの種類を示しています。

コンポーネント サンプル ファイルの名前 依存関係 説明
言語パック Microsoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_de-de.cab なし UI テキスト (基本的な Cortana の機能を含む)。
言語インターフェイス パック LanguageExperiencePack.am-et.neutral.appx 完全にローカライズされた、または部分的にローカライズされた特定の言語パックが必要です。 例: ca-ES では es-ES が必要になります。 UI テキスト (基本的な Cortana の機能を含む)。 詳しくは、「Windows で利用可能な言語パック」をご覧ください。
Basic Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-de-de-Package なし スペル チェック、予測入力、単語分割、およびハイフネーション (言語で利用可能な場合)。 このコンポーネントは、次の各コンポーネントの前に追加する必要があります。
フォント Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Fonts-Thai-Package なし フォントは、一部の地域で必要になります。 たとえば、th-TH ではタイ語フォント パックが必要です。
光学式文字認識 Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-de-de-Package Basic 画像内のテキストを認識し、出力します。
手書き認識 Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-de-de-Package Basic ペン入力を備えたデバイス用に手書き認識を有効にします。
テキスト読み上げ Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-de-de-Package Basic Cortana やナレーターで使われる音声合成を有効にします。
音声認識 Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-de-de-Package 基本、音声合成、音声認識 音声入力を認識します。Cortana および Windows 音声認識で使用されます。
市販デモ エクスペリエンス Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-de-de-Package 基本に加えて、言語に依存しない市販デモ パッケージ: Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-Package 市販デモ エクスペリエンス

言語を追加または変更する

このセクションでは、Windows イメージに言語とオンデマンド機能を追加します。 ドイツ語 (de-de) 言語パックを追加した後、日本語 (ja-jp) 言語を追加します。 日本語は、追加のフォントのサポートを必要とする言語の例です。

重要

言語パックをインストールする前に言語依存のリソースを含む更新プログラムをインストールすると、言語パックを追加しても、その更新プログラムに含まれる言語固有の変更は適用されません。 言語固有の変更を適用するには、更新プログラムを再インストールする必要があります。 更新プログラムを再インストールしないようにするには、更新プログラムをインストールする前に言語パックをインストールします。

言語更新プログラムは、特定の順序でインストールする必要があります。 たとえば、Cortana を有効にするには、次の順序でインストールします: Microsoft-Windows-Client-Language-PackBasicFontsTextToSpeechSpeech。 依存関係がわからない場合は、すべてを同じフォルダーに配置してから、DISM /Add-Package を使用してすべてを追加しても構いません。

使用するイメージのアーキテクチャと一致する言語パックとオンデマンド機能を使用していることを確認してください。 64 ビット システムを構築する例を次に示します。

言語ファイルをコピーする

言語パック ISO をマウントし、追加する言語の言語パック .cab ファイルを C:\temp\lab\LanguagePacks にコピーします。 次の例では、ドイツ語と日本語の言語を使用します。

オンデマンド機能 ISO をマウントし、追加する言語の LanguageFeatures .cab ファイルを C:\temp\lab\LanguagePacks にコピーします。 次の例では、ドイツ語と日本語の言語を使用します。

  1. ドイツ語の言語パックとオンデマンド機能の言語パッケージを追加します。

    64 ビット ISO の言語パックとオンデマンド機能を使用します。

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_de-de.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /packagepath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-de-de-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab
    
  2. (オプション) 日本語の言語パックとオンデマンド機能を追加します。

    Windows 10 では、一部の言語固有のフォントが異なる言語 .cab ファイルに分割されていました。 このセクションでは、日本語フォントのサポートと共に ja-JP 言語を追加します。

    64 ビット ISO の言語パックとオンデマンド機能を使用します。

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_ja-jp.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /PackagePath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Fonts-Jpan-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab /packagepath:C:\Temp\Lab\LanguagePacks\Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab
    
  3. 言語パックがマウントされたイメージの一部になっていることを確認します。

    dism /get-packages /image:"C:\mount\windows"
    

    追加した言語がリストに含まれていることを確認します。

    Package Identity : Microsoft-Windows-Client-LanguagePack  ...  de-DE~10.0.17134.1
    State : Installed
    
  4. オンデマンド機能がイメージに含まれていることを確認します。

    dism /get-capabilities /image:"C:\mount\windows"
    

    言語 FOD がリストに含まれていることを確認します。

    Capability Identity : Language.Basic~~~de-de~0.0.1.0
    State : Installed
    ...
    Capability Identity : Language.Handwriting~~~de-de~0.0.1.0
    State : Installed
    

言語設定を構成する

このセクションでは、マウントされた Windows イメージの既定の言語とタイムゾーンを変更する方法について説明します。

  1. イメージの既定の言語を設定するには、DISM を使用します。 前の手順でドイツ語をイメージに追加したため、既定の言語をそれに設定します。

    Dism /Image:C:\mount\windows /Set-AllIntl:de-DE
    
  2. 変更を確認する

    Dism /Image:C:\mount\windows /Get-Intl
    

既定のタイム ゾーンを設定する

DISM を使用して、PC の既定のタイム ゾーンを設定できます。 ここで、タイム ゾーンを設定します。 使用可能なタイム ゾーンの一覧については、「既定のタイムゾーン」を参照してください。

Dism /Set-TimeZone:"W. Europe Standard Time" /Image:"C:\mount\windows"

基本言語をイメージから削除する

このセクションでは、Windows イメージから言語を削除する方法について説明します。 これは省略可能な手順です。

既定の言語としてドイツ語を使用するようにイメージを設定したので、英語の言語機能を削除し、英語以外のイメージにすることができます。 イメージから en-US を完全に削除するには、いくつかのコンポーネントを削除する必要があります。

警告

PC を英語版で出荷する場合は、英語の基本言語を削除しないでください。

64 ビット イメージから言語コンポーネントを削除するには、次のようにします。

dism /image:"c:\mount\windows" /remove-package /packagename:Microsoft-Windows-Client-LanguagePack-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1 /packagename:Microsoft-Windows-RetailDemo-OfflineContent-Content-en-us-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17134.1

ヒント

トラブルシューティング: これらのコマンドの実行中にエラーが発生した場合は、失敗したパッケージに対してもう一度コマンドを実行してください。 例:

Error: 0x800f0825
Package Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-en-us-Package may have failed due to pending updates to servicing components in the image.

コマンドがエラーで完了した場合は、DISM ログ ファイルを確認します。 ログ ファイルは、C:\windows\Logs\DISM\dism.log にあります。

Windows RE に言語を追加する

ここでは、WinRE に言語を追加する方法について説明します。 WinRE に言語を追加すると、ユーザーが期待する言語を回復シナリオで使用できるようになります。 Windows イメージに言語を追加した場合は、次の手順に従います。

WinRE では、WinPE と同じ言語パックが使用されます。 これらの言語パックは、言語パック ISO に含まれています。また、ADK のインストール フォルダーの C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\<lang> に、言語固有の WinPE OC が含まれています。

このセクションを完了するには、言語パック ISO と WinPE OC から からの言語パックを C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs から C:\Temp\Lab\LanguagePacks\RE\<language> にコピーします。

  1. ドイツ語の言語パッケージを追加します

    64 ビット バージョンの言語パックと WinPE オプション コンポーネントを使用します。

    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\lp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\Temp\Lab\LanguagePacks\RE\de-deWinPE-Rejuv_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\\de-de\WinPE-EnhancedStorage_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-Scripting_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-SecureStartup_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-SRT_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-WDS-Tools_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-WMI_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-StorageWMI_de-de.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\de-de\WinPE-HTA_de-de.cab"
    
  2. (オプション) 日本語の言語パックとフォントのサポートを WinRE に追加します。 日本語の場合は、フォント サポート用の追加の cab も追加することにご注意ください。

    64 ビット ISO の言語パックと WinPE オプション コンポーネントを使用します。

    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\lp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-Rejuv_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-EnhancedStorage_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-Scripting_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-SecureStartup_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-SRT_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-WDS-Tools_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-WMI_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-StorageWMI_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-HTA_ja-jp.cab"
    Dism /image:C:\mount\winre /add-package /packagepath:"C:\temp\lab\LanguagePacks\RE\ja-jp\WinPE-FontSupport-JA-JP.cab"
    
  3. 既定の Windows 言語に合わせて WinRE の既定の言語を設定します。

    Dism /Image:C:\mount\winre /Set-AllIntl:de-DE
    

WinRE から基本言語を削除する (省略可能)

install.wim の基本言語を削除するのと同様に、WinRE からも基本言語を削除できます。

64 ビット イメージから言語コンポーネントを削除するには、次のようにします。

Dism /image:"c:\mount\winre" /remove-package /packagename:Microsoft-Windows-WinPE-LanguagePack-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-EnhancedStorage-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-HTA-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-Rejuv-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-Scripting-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-SecureStartup-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-SRT-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-StorageWMI-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-WDS-Tools-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1 /packagename:WinPE-WMI-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.17134.1

ドライバー

Windows が初回に正常に起動できるようにするため、ドライバーを追加できます。 正しいイメージにドライバーを追加していることを確認します。

  • DCHU ドライバー: 多くのドライバーには、ドライバーのインストールを支援する情報ファイル (.inf 拡張子) が含まれています。 これらは、このセクションで説明するツールを使用してインストールできます。
  • 起動に不可欠なドライバー: グラフィックスとストレージのドライバーは、(このラボで示されているように) Windows イメージ、Windows PE イメージ、Windows RE イメージに追加することが必要な場合があります。

さまざまな方法でドライバーを追加する方法を次に示します。 ハードウェアが追加のドライバーを必要としない場合は、何も追加する必要はありません。

ヒント

同じハードウェア構成で複数のデバイスを作成するときは、Windows イメージのキャプチャ時にドライバー構成を維持することによって、インストールの時間と初回起動時の時間を短縮することができます。

Windows イメージにドライバーを追加する

  1. .inf ファイルを含む 1 つのドライバーを追加します。 この例では、media1.inf という名前のドライバーを使用しています。

    Dism /Add-Driver /Image:"C:\mount\windows" /Driver:"C:\Drivers\PnP.Media.V1\media1.inf"
    

    ここで、"C:\Drivers\PnP.Media.V1\media1.inf" はドライバー パッケージ内の基本 .inf ファイルです。

  2. ドライバーのフォルダー全体を追加する場合は、/Recurse オプションを使用できます。 このオプションを使用すると、指定したフォルダーとそのすべてのサブフォルダーに含まれるすべての .inf ドライバーが追加されます。

    警告

    /Recurse は便利ですが、これを使うとイメージのサイズがすぐに大きくなってしまいます。 一部のドライバー パッケージには複数の .inf ドライバー パッケージが含まれており、多くの場合、同じフォルダーのペイロード ファイルを共有しています。 インストール中、各 .inf ドライバー パッケージは個別のフォルダーに展開されます。各フォルダーにはペイロード ファイルのコピーが格納されます。 900 MB のフォルダーに含まれている一般的なドライバーについて、/Recurse オプションを使って追加したときに、イメージが 10 GB 増加したという例が確認されています。

    Dism /Add-Driver /Image:"C:\mount\windows" /Driver:c:\drivers /Recurse
    
  3. ドライバーがイメージに含まれていることを確認します。

    Dism /Get-Drivers /Image:"C:\mount\windows"
    

    パッケージの一覧を調べ、追加したドライバーが一覧に含まれていることを確認します。

WinRE イメージにドライバーを追加する

Windows イメージにドライバーを追加した場合は、それらを WinRE イメージにも追加する必要があります。 回復イメージにドライバーを追加すると、それらを回復シナリオで使用できるようになります。 WinRE イメージへのドライバーの追加は、通常の Windows イメージにドライバーを追加するのと同じプロセスです。

Dism /Add-Driver /Image:"C:\mount\winre" /Driver:"C:\Drivers\PnP.Media.V1\media1.inf" /LogPath=C:\mount\dism.log

Note

ドライバーのフォルダー全体を追加する場合は、/recurse オプションを使用できます。

更新プログラム

イメージがマウントされている間に Windows 更新プログラムを追加できます。 このプロセスは、前の手順でドライバーを追加するために使用したものと似ています。

リマインダー:

  • 主要な更新プログラムの前に言語を追加します。 主要な更新プログラムには、修正プログラム、一般配布リリース、サービス パックなどがあります。 後で言語を追加する場合は、更新プログラムを追加し直す必要があります。
  • アプリの前に主要な更新プログラムを追加します。 これらのアプリには、ユニバーサル Windows アプリとデスクトップ アプリケーションが含まれます。 更新プログラムを後で追加する場合は、アプリを追加し直す必要があります。
  • 主要な更新プログラムの場合は、回復イメージも更新します。これらには、修正プログラム、一般配布リリース、サービス パック、またはその他のプレリリース版更新プログラムを含めることができます。 更新する方法については、「ラボ 12: 回復イメージを更新する」で説明します。
  • サービス スタック更新プログラム (SSU) が必要な場合は、最新の一般配布リリースまたは将来の GDR を適用する前に適用する必要があります。

イメージに Windows 更新プログラムを追加する

DISM を使用して、最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) と一般配布リリース (GDR)、および前提条件の KB 更新プログラムを適用します。 KB の更新プログラムは次の場所にあります。

GDR: https://aka.ms/win10releaseinfo

SSU: https://msdn.microsoft.com/windows/hardware/commercialize/manufacture/whats-new-in-windows-manufacturing

KB ファイル: https://catalog.update.microsoft.com

重要

言語パックをインストールする前に、言語に依存するリソースを含む更新プログラム (修正プログラム、一般配布リリース (GDR)、Service Pack [SP]) をインストールする場合、言語パックを追加しても、更新プログラムの言語固有の変更は適用されません。 言語固有の変更を適用するには、更新プログラムを再インストールする必要があります。 更新プログラムを再インストールしないようにするには、更新プログラムをインストールする前に言語パックをインストールします。

  1. Windows 更新プログラム パッケージを入手します。 たとえば、Microsoft Update カタログから Windows 10 更新履歴に一覧表示されている最新の累積更新プログラムを取得します。 .msu ファイルの更新プログラムをフォルダー (たとえば、E:\updates\windows10.0-kb4016240-x64_0e60aebeb151d4b3598e4cfa9b4ccb1fc80e6e4d.msu) に抽出します。 更新プログラムが、使用しているイメージのアーキテクチャと一致していることを確認します。

    詳細については、https://myoem.microsoft.com/oem/myoem/product/winemb/pages/comm-ms-updt-ctlg-trnstn.aspx. をご覧ください。

  2. dism /add-package を使用して、マウントされたイメージに msu を追加します。

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb4000001-x64.msu"
    

    同じコマンドで複数の更新プログラムを追加することもできます。

    Dism /Add-Package /Image:C:\mount\windows /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb4000001-x64.msu" /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb0000002-x64.msu"
    

    Note

    通常、各パッケージは、Windows のビルド リビジョン番号を増やす新しい KB です。 Windows のリビジョン番号は、次のレジストリ キーで確認できます: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\UBR

  3. 更新プログラムをロックして、回復中に復元されるようにします。

    DISM /Cleanup-Image /Image=C:\mount\windows /StartComponentCleanup /ScratchDir:C:\Temp
    
  4. 更新プログラムがイメージに含まれていることを確認します。

    Dism /Image:C:\mount\windows /Get-Packages
    

    表示されるパッケージの一覧を調べ、パッケージが一覧に含まれていることを確認します。 次に例を示します。

    Package Identity : Package_for_RollupFix~31bf3856ad364e35~amd64~~15063.250.1.1
    State : Installed
    Release Type : Security Update
    Install Time : 04/29/2017 6:26 PM
    The operation completed successfully.
    

更新プログラム パッケージを WinRE に追加する

このセクションでは、WinRE イメージに更新プログラムを追加する方法について説明します。

重要

Windows イメージに加えて、WinRE イメージにも累積更新プログラムを適用する必要があります。 更新プログラムは累積的なので、新しい更新プログラムをインストールした場合、古い更新プログラムを削除しても構いません。 ラボの後半で説明する WinRE の最適化では、不要な更新プログラムを削除して、WinRE イメージのサイズが大きくなるのを防いでいます。

前のセクションでダウンロードした更新プログラムを WinRE イメージに適用するには、dism /add-package を実行して、マウントされた WinRE イメージに更新プログラムを適用する必要があります。

Dism /Add-Package /Image:C:\mount\winre /PackagePath:"E:\updates\windows10.0-kb4000001-x64.msu"

機能とアプリ

オンデマンド機能

オンデマンド機能 (FOD) を Windows イメージに追加します。 オンデマンド機能は、プレインストールを選択できる機能です。 使用可能な FOD の一覧とプレインストールに関する推奨事項については、こちらをご覧ください。

ここでは、.Net Framework オンデマンド機能をプレインストールする方法について説明します。

注: /add-package コマンドを使用して FOD を追加することもできますが、DISM を /Add-Capability オプションと一緒に使用することをお勧めします。

  1. オンデマンド機能 ISO をマウントする

  2. テクニシャン PC で、DISM を使用して、イメージに含まれる使用可能な FOD の一覧を取得します。

    dism /image:C:\mount\windows /get-capabilities
    

    これにより、使用可能な機能の一覧が表示されます。

  3. .NET Framework を追加します。

    dism /image:C:\mount\windows /add-capability /capabilityname:NetFX3~~~~ /Source:E:
    

    ここで、E: はマウントされた FOD ISO です。

これで、.NET Framework がイメージに追加されました。

アプリケーション

このセクションでは、更新後のインボックス アプリの再インストール、Microsoft Store アプリの追加方法、Microsoft Office の追加方法など、アプリに関する作業について説明します。

このセクションでは、マウントされた Windows イメージを引き続き使用します。 まだイメージをマウントしていない場合は、マウントしてください。

リマインダー: アプリは、言語と更新プログラムをその順序でインストールした後にのみインストールしてください。

インボックス アプリを再インストールする

言語と更新プログラムをイメージに追加できたので、Windows に付属するアプリを再インストールする必要があります。 これにより、アプリが機能し、イメージに追加した言語がアプリに確実に含まれるようにすることができます。 これらのアプリを再インストールするには、アプリ更新プログラム OPK またはインボックス アプリ ISO が必要です。

  1. インボックス アプリ ISO を c:\temp\lab\apps\inbox\amd64 に抽出します。
  2. E:\apps\ReinstallInboxApps-x64.bat スクリプトを実行します。

これで、アプリをイメージで使用する準備ができました。

Microsoft Store アプリを追加する

このセクションを完了するには、アプリ更新プログラム OPK またはインボックス アプリ ISO が必要です。 どちらを使用する場合でも、次の手順では、それをアプリ更新プログラム OPK と呼ぶことにします。

  1. DISM を使用して、ステップ 1 で抽出したファイルから HEVC コーデック .appx を追加します。

  2. HEVC .appx をインストールします。

    DISM /Add-ProvisionedAppxPackage /Image:c:\mount\windows /PackagePath:"C:\temp\lab\apps\amd64\Microsoft.HEVCVideoExtension_8wekyb3d8bbwe.x64.appx" /licensepath:"C:\temp\lab\apps\inbox\amd64\Microsoft.HEVCVideoExtension_8wekyb3d8bbwe.x64.xml" /DependencyPackagePath:"C:\temp\lab\apps\inbox\amd64\Microsoft.VCLibs.x64.14.00.appx" /DependencyPackagePath:"C:\temp\lab\apps\inbox\amd64\Microsoft.VCLibs.x86.14.00.appx"
    

    Note

    依存関係パッケージの x86 バージョンと x64 バージョンの両方を含めます。

  3. DISM /Add-ProvisionedAppxPackage を使用して、イメージにアプリを追加します。

  4. アプリがインストールされていることを確認します。

    Dism /Image:"C:\mount\windows" /Get-ProvisionedAppxPackages
    

[スタート] メニューに固定されない Microsoft Store アプリをインストールする

このセクションでは、イメージに追加するアプリが少なくとも 2 つ必要です。 署名済みアプリをお持ちでない場合、次のセクションにスキップできます。

Windows 10 バージョン 1803 の新機能: Microsoft Store アプリを、[スタート] メニューに固定せずにインストールできるようになりました。 固定しないでアプリをインストールするには、アプリをインストールするときに DISM /Add-ProvisionedAppxPackage/region スイッチと一緒に使用します。 ラボの後半でカスタムの [スタート] メニューを作成すると、インストールされているアプリを [スタート] メニューから除外できます。

  1. インストール用にアプリを収集する

  2. 各アプリの /region オプションで地域を指定して、アプリをインストールします。 ; で地域を区切ることにより、複数の地域を指定できます。 ラボの後半で /region を指定して LayoutModification.xml を使用する方法を説明します。

    Dism /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:app1.appxbundle /region="all"
    Dism /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:app2.appxbundle /region="US"
    

    注: アプリに依存関係がある場合は、 を使用してコマンドに依存関係を含めます。 前のセクションの例のように、アプリは一般に .NET.CoreRuntime と .VCLibs に依存しています。ただし、アプリがこれらの依存関係を共有していない場合は、コマンドにそれらを含めないでください。

インストールされているアプリを最適化する

Windows 10 バージョン 1803 の新機能: アプリのインストール後に を実行することで、アプリのディスク使用量を減らすことができます。 このコマンドは、オフライン イメージに対して実行した場合にのみ機能します。

DISM.exe /Image:"C:\mount\windows" /Optimize-ProvisionedAppxPackages

Microsoft Office をプレインストールする

Office アプリは、一緒にインストールされ、処理される一連のアプリとして配信されます。 Office のメイン パッケージは、共有コードのセットであり、各 Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint など) はオプションのパッケージとしてインストールされます。 これらのパッケージは、すべてのストア言語をサポートする appxbundle として配信されます。

アプリ [パッケージ ID] ファイル
共有コードと必須アプリ (ユーザーには表示されません) Microsoft.Office.Desktop_8wekyb3d8bbwe shared.appxbundle、shared_License1.xml
Access Microsoft.Office.Desktop.Access_8wekyb3d8bbwe access.appxbundle、access_License1.xml
Excel Microsoft.Office.Desktop.Excel_8wekyb3d8bbwe excel.appxbundle、excel_License1.xml
Outlook Microsoft.Office.Desktop.Outlook_8wekyb3d8bbwe outlook.appxbundle、outlook_License1.xml
PowerPoint Microsoft.Office.Desktop.PowerPoint_8wekyb3d8bbwe powerpoint.appxbundle、powerpoint_License1.xml
Publisher Microsoft.Office.Desktop.Publisher_8wekyb3d8bbwe publisher.appxbundle、publisher_License1.xml
Word Microsoft.Office.Desktop.Word_8wekyb3d8bbwe word.appxbundle、word_License1.xml
Office アプリをイメージに追加する

Office アプリをイメージに追加するには、/Add-ProvisionedAppxPackage オプションを指定して DISM を使用します。 このオプションでは、追加するアプリごとに次の情報も必要です。

  • /PackagePath: これは、共有コード パッケージの .appxbundle ファイルへのパスを指定するためにのみ使用されます。
  • /OptionalPackagePath: これは、Word や Excel などの個別のアプリの .appxbundle ファイルへのパスを指定するために使用されます。
  • /LicensePath: これは、個別のアプリの _License1.xml ファイルへのパスを指定するために使用されます。 これは、共有パッケージとオプションの各アプリ パッケージの両方に必要です。
  1. Office OPK を C:\temp\lab\apps に抽出します。

  2. DISM を使用して、すべての Office アプリをオフライン イメージに追加します。 次の例では、appxbundle ファイルとライセンスの xml ファイルが USB-B (D:) のサブディレクトリにあると想定しています。 この例では、Office を [すべてのアプリ] リストと [スタート] メニュー タイルの両方に表示するため、/region スイッチも除外しています。

    DISM /Image:C:\mount\windows /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\shared.PreinstallKit\shared.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\excel.PreinstallKit\excel.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\powerpoint.PreinstallKit\powerpoint.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\word.PreinstallKit\word.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\outlook.PreinstallKit\outlook.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\publisher.PreinstallKit\publisher.appxbundle" /OptionalPackagePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\access.PreinstallKit\access.appxbundle" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\shared.PreinstallKit\shared_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\excel.PreinstallKit\excel_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\powerpoint.PreinstallKit\powerpoint_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\word.PreinstallKit\word_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\outlook.PreinstallKit\outlook_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\publisher.PreinstallKit\publisher_license1.xml" /LicensePath="C:\temp\lab\apps\Office Apps\access.PreinstallKit\access_License1.xml"
    

    ヒント

    共有パッケージと、インストールする個々のアプリに対して、appxbundle とライセンス パッケージの両方を指定する必要があります。

    Note

    監査モード (オフラインではなくオンライン) で Office アプリを追加するコマンドは同じですが、/Image:C:\mount\windows を /online に置き換えます。

    言語サポートに関する注意事項

    DISM で Office をインストールする場合、Windows イメージにある言語と一致する Office 言語ファイルが自動的に追加されます。

    • 既定では、Office は Windows の UI 言語を使用します。 Windows UI 言語を構成するには、「DISM 言語およびインターナショナル サービス コマンドライン オプション」を参照してください。
    • Windows イメージの一部ではない Office 言語を追加する方法はありません。
    • Office の表示と校正の両方のリソースが Windows 言語ごとにインストールされます。
    • Windows でサポートされている一部の言語は、Office ではサポートされていません。このような場合、Office では、使用可能な最も近い言語が使用されます (たとえば、es-mx は代わりに es-es を使用します)。
    • インストールされている Windows 言語は、[Windows 設定] > [時刻] & [言語] > [言語] で確認できます。
  3. Office がインストールされていることを確認します。

    Dism /Image:"C:\mount\windows" /Get-ProvisionedAppxPackages
    

    ここで、C は、イメージを含むドライブのドライブ文字です。

    表示されるパッケージのリストを調べ、リストに次のような Office アプリが含まれているか検証します。

    ...
    Displayname : Microsoft.Office.Desktop.Access
    Version : 16000.8528.2136.0
    Architechture : neutral
    ResourceID : ~
    PackageName : Microsoft.Office.Desktop.Access_16000.8528.2136.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
    Regions : None
    
    Displayname : Microsoft.Office.Desktop.Excel
    Version : 16000.8528.2136.0
    Architechture : neutral
    ResourceID : ~
    PackageName : Microsoft.Office.Desktop.Excel_16000.8528.2136.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
    Regions : None
    
    Displayname : Microsoft.Office.Desktop.Outlook
    Version : 16000.8528.2136.0
    Architechture : neutral
    ResourceID : ~
    PackageName : Microsoft.Office.Desktop.Outlook_16000.8528.2136.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
    Regions : None
    ...
    

    アプリをスタート画面に表示するには、スタート メニューとタスク バーのピン留めの構成に関するセクションの手順に従ってください。

    Office のインストールを完了するには、イメージのマウントを解除して変更をコミットする必要があります。これは、このラボの最後ですべてのカスタマイズが完了した後に行います。

スタート画面のレイアウトを変更する

Windows 10 バージョン 1803 の新機能

アプリを [スタート] タイルとしてもピン留めする必要なしに、[すべてのアプリ] の一覧にピン留めできるようになりました。 これを行うには、前のセクションで説明したように、新しい "region" スイッチを使用します。 前のセクションでは、App1、App2、Office の 3 つのアプリをイメージに追加しました。 このラボでは、App1 を LayoutModification.xml から除外して、App1 が [すべてのアプリ] 一覧にのみ表示され、[スタート] メニュー タイルとしても表示されないようにします。 また、App2 を LayoutModification.xml に含め、アプリをイメージに追加するときに "region" スイッチが使用された場合でも、アプリが LayoutModification.xml ファイルに含まれている場合は、[スタート] メニューに引き続き表示されるようにします。 つまり、LayoutModification.xml ファイルが優先されます。

[スタート] メニュー

LayoutModification.xml ファイルを作成せずに [無人セットアップの開始] 設定を使用する場合、Windows は、無人セットアップ ファイルで指定された最初の 12 の SquareTiles または DesktoporSquareTiles 設定を使用します。 次に、これらのタイルは、[スタート] の最後に新しく作成されたグループ内に自動的に配置されます。 最初の 6 つのタイルは最初の OEM グループに配置され、6 つのタイルの 2 番目のセットは 2 番目の OEM グループに配置されます。 OEMName が無人セットアップ ファイルで指定されている場合、この要素の値は、作成された OEM グループの名前として使用されます。

Note

ユーザーが組み込みの回復ツールで PC をリセットした場合は、スタート画面のレイアウトやタスク バーのピン留めが失われることがあります。 これらの設定がデバイスに残るようにするには、Windows イメージとともに回復メージを更新します。

Windows 10 の [スタート] タイルのレイアウトにより、OEM では、既定の [スタート] のレイアウトにタイルを追加して、Web サイトへのリンク、セカンダリ タイル、従来の Windows アプリ、ユニバーサル Windows アプリを含めることができます。 OEM は、多くの作業を重複することなく、さまざまな地域や市場に合わせたレイアウトを作成できます。 さらに、OEM では、システム領域で頻繁に使用されるアプリ セクションに最大 3 つの既定のアプリを追加できます。ここには、重要または頻繁にアクセスされるシステムの場所や最近インストールされたアプリなど、システム主導のリストが表示されます。

これらの新機能を利用し、Windows 10 の最も堅牢で完全な [スタート] のカスタマイズ エクスペリエンスを得るには、LayoutModification.xml ファイルの作成を検討してください。 このファイルでは、スタート画面での OEM タイルのレイアウトを指定します。 新しい [スタート] のレイアウトをカスタマイズする方法の詳細については、「Windows 10 スタート画面のレイアウトをカスタマイズする」を参照してください。

はじめに: USB-B ファイルに含まれているサンプルの layoutmodification.xml を使用します。 このラボのこのセクションでは、このファイルから始めます。 それは USB-B\StartLayout\layoutmodification.xml にあります。

layoutmodification.xml の詳細については、「LayoutModification XML」を参照してください。

[スタート] メニューのレイアウトについて

  1. RequiredStartGroups 要素の省略可能な Region 属性を使用して、地域ごとに異なるレイアウトを使用します。 Region 値は、2 文字の国または地域コードと等しく、複数の地域を指定する場合はパイプ "|" 区切り記号で区切る必要があります。 グループに一覧表示されている地域は、/region オプションを使用してアプリをイメージに追加するときに指定した地域に関連しています。 Windows デバイスの国または地域設定が RequiredStartGroups に一致する場合、RequiredStartGroups 内にレイアウトされたタイルが [スタート] に適用されます。 地域に依存しない RequiredStartGroups (または省略可能な Region 属性を持たないもの) を指定した場合は、地域に依存しない RequiredStartGroups が [スタート] に適用されます。

    layoutmodification.xml で、RequiredStartGroups に地域を追加します。

    <RequiredStartGroups Region="DE|ES|FR|GB|IT|US">
    
  2. AppendGroup 内で追加するタイルを指定します。 OEM では、最大 2 つの AppendGroup を追加できます。 次の例は、"Fabrikam Group 1" と "Fabrikam Group 2" という 2 つのグループを示しています。これには、デバイスの国または地域が Region で指定されたものと一致する場合に適用されるタイルが含まれます (この場合、地域は、ドイツ、スペイン、フランス、英国、イタリア、北米です)。 各グループには、3 つのタイルと、スタートにピン留めするタイルに応じて使用する必要があるさまざまな要素が含まれています。

    <LayoutModificationTemplate
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/LayoutModification"
    xmlns:defaultlayout="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/FullDefaultLayout"
    xmlns:start="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/StartLayout"
    Version="1">
    <RequiredStartGroupsCollection>
    <RequiredStartGroups
      Region="DE|ES|FR|GB|IT|US">
      <AppendGroup Name="Fabrikam Group 1">
          <start:DesktopApplicationTile
            DesktopApplicationID="Microsoft.Windows.Explorer"
          Size="2x2"
          Row="0"
          Column="4"/>
      </AppendGroup>
      <AppendGroup
        Name="Fabrikam Group 2">
        <start:Tile AppUserModelID="Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge"
          Size="2x2"
          Row="0"
          Column="0"/>
       </AppendGroup>
    </RequiredStartGroups>
    </RequiredStartGroupsCollection>
    
  3. 上の「Microsoft Store アプリの追加」セクションでは、/region スイッチを使用して App1 と App2 の 2 つのアプリをインストールする必要がありました。 両方に /region スイッチが含まれているため、両方がインストールされ、[すべてのアプリ] リストに表示されます。 ただし、App2 だけを [スタート] メニュー タイルとしても表示するには、次の行を LayoutModification.xml ファイルの 2 番目の <AppendGroup> 内に追加します。

    プロビジョニング時に App2 の地域を "US" に設定したので、ここで LayoutModification.xml で地域を "US" に設定して、App2 が US イメージで [スタート] メニュー タイルとしてのみ表示されるようにする必要があります。 したがって、<RequiredStartGroups> リージョン パラメーターが次のようになっていることを確認してください。

    <RequiredStartGroups Region="US">
        <AppendGroup Name="MyGroup">
            <start:Tile AppUserModelID="App2!App" Size="2x2" Row="2" Column="0"/>
        </AppendGroup>
    

    または、少なくとも次のように US が含まれます。

    <RequiredStartGroups Region="DE|US|JA">
        <AppendGroup Name="MyGroup">
            <start:Tile AppUserModelID="App2!App" Size="2x2" Row="2" Column="0"/>
        </AppendGroup>
    
  4. Microsoft Office [スタート] メニュー タイルを追加します。 これは、ジャンプスタート プログラムに参加する OEM の要件です。

    Word、PowerPoint、Excel のタイルを Windows 10 の [スタート] メニューに表示させることができます。 タイルは、Microsoft アプリの指定された領域に表示されます (次の図の左上)。 左側の [アプリ] の一覧で、追加のすべてのアプリにアクセスできます。

    タイルを追加するには、LayoutModification.xml ファイルに、次の行を追加します。

    <AppendOfficeSuite/>
    <AppendOfficeSuiteChoice Choice="DesktopBridgeSubscription"/>
    

Note

デスクトップ アプリを追加するには、start:DesktopApplicationTile タグを使用します。 アプリのアプリケーション ユーザー モデル ID がわかっている場合は、それを使ってアプリを識別します。 それ以外の場合、.url または .lnk ファイルを必要とするタイルをピン留めした場合は、そのファイルを次の従来の Start Menu ディレクトリに追加します。

  • %APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\
  • %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

例:

Copy E:\StartLayout\Bing.url  "C:\mount\Windows\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
Copy E:\StartLayout\Paint.lnk "C:\mount\Windows\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
Copy E:\StartLayout\Bing.url  "C:\mount\Windows\Users\All Users\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
Copy E:\StartLayout\Paint.lnk "C:\mount\Windows\Users\All Users\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs"
  1. スタート レイアウト ファイルを layoutmodification.xml として保存します。
  2. 保存したファイルを、マウントしたイメージの C:\Mount\Windows\Users\Default\Appdata\Local\Microsoft\Windows\Shell フォルダーにコピーします。 フォルダーに layoutmodification.xml ファイルが既に存在する場合は、既存のファイルを新しいファイルに置き換える必要があります。

ライセンス契約と情報ファイルを追加する

OEM 固有のライセンスを追加する

このセクションでは、OEM が OOBE 中に固有のライセンス条項を追加する方法について説明します。

Note

ライセンス条項が含まれている場合、OEM では、PC にプレインストールされている各言語のバージョンのライセンス条項を含める必要があります。 ライセンス条項のテキストは .rtf ファイルで、一致する名前の .html ファイルを同じフォルダーに含める必要があります。 ライセンス ファイルの詳細については、「OEM ライセンス条項」を参照してください。

ライセンス条項の追加を開始するには、ライセンス ファイル用のフォルダーを作成してから、最初の起動時にライセンスを表示するように OOBE を構成する必要があります。

  1. 次のディレクトリにシステム言語のフォルダーを作成します。C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\

  2. その言語に対応する言語 10 進数識別子として、C:mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\ ディレクトリの下の各フォルダーに名前を指定します。 Windows イメージに含まれる言語パックごとにこの手順を実行します。

    注:対応する言語の言語 10 進数識別子の完全なリストを確認するには、このリンクを参照してください。

    たとえば、en-us と de-de の言語パックを Windows イメージに追加する場合は、C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default に "1033" (en-us 言語を表す) という名前のフォルダーを追加します。 次に、同じ C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default ディレクトリの下に "1031" (de-de 言語) という名前のフォルダーを追加します。

    MD c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031
    MD c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033
    
  3. イメージに含まれる言語ごとにライセンス条項 .rtf ファイルを作成し、それらを言語固有の oobe フォルダーにコピーします。

    たとえば、英語の agreement.rtf ファイルを C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1033\ ディレクトリに移動し、ドイツ語の agreement.rtf を C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1031 に移動します。

    copy E:\resources\english-agreement.rtf c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033\agreement.rtf
    copy E:\resources\german-agreement.rtf c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031\agreement.rtf
    
  4. テキスト エディターを開き、ライセンス条項の .html バージョンを作成します。 その条項を .rtf バージョンと同じフォルダーに保存します。 OEM ライセンス条項EULA の例を使用して、サンプル ファイルを作成できます。 拡張子を除き、EULA ファイルの名前は同じにする必要があります。

    C:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033\agreement.html  (English version)
    C:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031\agreement.html  (German version)
    
  5. oobe.xml ファイルを作成して、agreement.rtf ファイルのパスを指定します。 Windows は、付随する .html ファイルを自動的に検出します。 USB-B\ConfigSet\oobe.xml にあるサンプルの oobe.xml を次に示します。

     <FirstExperience>
    <oobe>
        <oem>
            <eulafilename>agreement.rtf</eulafilename>
        </oem>
    </oobe>
    </FirstExperience>
    
  6. oobe.xml ファイルを C:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\ にコピーします。

  7. oobe.xml を、前に作成した言語固有のフォルダーにコピーします。たとえば、oobe.xml を、agreement.rtf という名前の英語版のファイルがある C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1033 にコピーします。 ドイツ語のライセンス契約を追加するには、oobe.xml を C:\mount\windows\Windows\System32\oobe\info\default\1031\ ディレクトリにコピーします。このディレクトリにはドイツ語の agreement.rtf ファイルがあります。

    copy E:\configset\oobe.xml c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1033
    copy E:\configset\oobe.xml c:\mount\windows\windows\system32\oobe\info\default\1031
    
  8. これで、各言語フォルダーに、対応する言語の oobe.xml、agreement.rtf、agreement.thml ファイルが準備されました。

イメージが最初に OOBE で起動すると、ライセンス契約が表示されます。

イメージ情報ファイルを作成してイメージに追加する

  • csup.txt ファイルを作成して、Windows イメージ ファイルの作成日時を指定します。 このファイルでは、ファイルの先頭に単一行として、イメージが作成された日付を "MM-DD-YYYY" の形式で指定する必要があります。それ以外の文字は含めないでください。 次のコマンドを実行すると、このファイルが作成されます。

    echo 4-24-2018 >"C:\mount\windows\Windows\csup.txt"
    

応答ファイルで Windows をカスタマイズする

応答ファイル (または無人セットアップ ファイル) を使って、セットアップ中にイメージの Windows の設定を変更できます。 最初のユーザーがアカウントを作成し、既定の言語を選択した後に実行される、イメージ内のスクリプトをトリガーするための設定を作成することもできます。 応答ファイルには、ディスクのパーティション分割方法、インストールする Windows イメージの場所、適用するプロダクト キーなど、さまざまなセットアップ オプションを指定できます。 ユーザー アカウントの名前、画面の設定、Internet Explorer のお気に入りなど、Windows のインストールに適用する値も指定することができます。 通常、セットアップ用の応答ファイルの名前は Unattend.xml です。

無人セットアップ ファイルには、複数のセクションが含まれます。各セクションは、Windows インストール プロセス全体で異なるタイミングで処理されます。 これらのフェーズは構成パスと呼ばれます。 最もよく使用されるパスを次に示します。

新しい設定を追加する構成パスを指定することができます。

  • 1 - windowsPE: これらの設定は、Windows セットアップ インストール プログラムによって使用されます。 既存のイメージを変更する場合は通常、これらの設定は無視できます。
  • 2 - offlineServicing: offlineServicing の設定は、DISM を使用して無人セットアップ ファイルをオフライン イメージに適用するときに処理されます。
  • 4 - specialize: ほとんどの設定はここに追加する必要があります。 これらの設定は、監査モードの最初および OOBE の最初にトリガーします。 複数の更新またはテスト設定を作る必要がある場合は、再びデバイスを一般化して、Specialize 構成パスに別のバッチ設定を追加します。
  • 6 - auditUser: 監査モードを開始するとすぐに実行されます。 auditUser は、システム テスト スクリプトを実行する場合に便利な場所です。 この例として、Microsoft-Windows-Deployment\RunAsynchronousCommand を追加します。 詳しくは、「Windows セットアップへのカスタム スクリプトの追加」をご覧ください。
  • 7 - oobeSystem: 控え目に使ってください。 これらの設定のほとんどは、ユーザーが OOBE を完了した後に実行されます。 例外は、Microsoft-Windows-Deployment\Reseal\Mode = Audit の設定で、OOBE を省略し、監査モードで PC を起動するために使います。 スクリプトが OOBE 中にユーザーが選択した言語の認識に依存する場合は、oobeSystem パスにスクリプトを追加します。

監査モードでは多くの Windows の設定を定義できますが、メーカーのサポート情報の追加など、応答ファイルや Windows 構成デザイナーを使うことによってのみ構成できる設定もあります。 応答ファイルの設定 (無人セットアップ設定とも呼ばれます) の完全な一覧については、「Windows の無人セットアップに関するリファレンス」を参照してください。

応答ファイルを作成する

Windows システム イメージ マネージャー (SIM) を使用して、無人セットアップ ファイルの作成と変更を行います。 SIM は ADK の一部としてインストールされます。 USB-B には、始めるための応答ファイルがいくつか同梱されています。 OEM ポリシー ドキュメントに記載されているように、必要な設定が応答設定に含まれている必要があります。

  • OA 3.0 システムの場合:

    md c:\mount\windows\windows\panther
    copy /y E:\AnswerFiles\OA3.0\Unattend.xml C:\Mount\Windows\Windows\Panther
    

    (E:\ は USB-B です)

  • OA 3.0 以外のシステムの場合:

    md c:\mount\windows\Windows\panther
    copy /y E:\AnswerFiles\Non_OA3.0\Unattend.xml C:\Mount\Windows\Windows\Panther
    

    (E:\ は USB-B です)

Windows SIM でカタログ ファイルを作成する

カタログ ファイル (.clg) は、特定の Windows イメージに適用できる設定に関する情報を含むファイルです。 SIM で Windows イメージを操作する場合は、まず、操作している Windows WIM 用のカタログ ファイルを作成する必要があります。

  1. Windows システム イメージ マネージャー (WSIM) を起動します。
  2. [ファイル] > [Windows イメージの選択] の順にクリックします。
  3. [Windows イメージの選択] で、イメージ ファイル (D:\install.wim) の場所に移動し、選択します。
  4. Windows 10 の Home エディションを選択し、[OK] をクリックします。
  5. [はい] をクリックしてカタログ ファイルを生成します。 Windows SIM は、イメージ ファイルに基づいたカタログ ファイルを作成し、イメージ ファイルと同じフォルダーに保存します。 この処理は数分かかる場合があります。

[Windows イメージ] ウィンドウにカタログ ファイルが表示されます。 Windows SIM によって、そのイメージ内で構成できるコンポーネントとパッケージの一覧が表示されます。

応答ファイルを作成する

既存の無人セットアップ ファイルを使用していない場合は、Windows SIM で新しい無人セットアップ ファイルを作成できます。

  • [ファイル] > [新しい応答ファイル] の順にクリックします

右ペインに新しい応答ファイルが表示されます。

応答ファイルの設定を追加する

このセクションでは、Windows イメージを展開するときに設定を構成できる応答ファイルを作成する方法を説明します。

始める前に、マウントした Windows イメージ内に Panther という名前のフォルダーを作成します。 Windows は、このフォルダーで応答ファイルを自動的に検索します。

md c:\mount\windows\Windows\panther
OEM 情報を追加する (省略可能)
  1. [Windows イメージ] ペインで [コンポーネント] を展開し、amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_<バージョン> を右クリックして、[パス 4 specialize に設定を追加] を選択します。

  2. [応答ファイル] ペインで、Components\4 specialize\amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral\OEMInformation を選択します。

  3. [OEMInformation のプロパティ] ペインの [設定] セクションで、次のように設定します。

    Manufacturer=Fabrikam
    Model=Notebook Model 1
    Logo=C:\Fabrikam\Fabrikam.bmp
    
  4. 応答ファイルを Panther フォルダーに USB-B\AnswerFiles\unattend.xml として保存します。

次に、上で指定したロゴが Windows イメージに含まれるようにする必要があります。

  1. 最大サイズが 120x120 ピクセルの 32 ビット カラー イメージを作成します。 それをテクニシャン PC の D:\AnswerFiles\Fabrikam.bmp ファイルとして保存します。 USB-B にはサンプル (D:\Logos\Fabrikam.bmp) が含まれています。このサンプルをこのラボで使用しても構いません。

  2. マウントされた Windows イメージに Fabrikam という名前のフォルダーを作成します。

    mkdir c:\mount\windows\Fabrikam
    
  3. 作成したばかりの Fabrikam フォルダーに Fabrikam.bmp をコピーします。

    copy fabrikam.bmp c:\mount\windows\fabrikam
    
監査モードで自動的に起動するようにデバイスを設定する

同じ unattend.xml ファイルを使用して、PC が自動的に監査モードで起動するように設定します。

  1. [Windows イメージ] ペインで [コンポーネント] を展開し、amd64_Microsoft-Windows-Deployment_<バージョン> を右クリックして、[パス 7 oobeSystem に設定を追加] を選択します。
  2. [応答ファイル] ペインで、Components\7 oobeSystem\amd64_Microsoft-Windows-Deployment_neutral\Reseal を選択します。
  3. [Reseal のプロパティ] ペインの [設定] セクションで、Mode=Audit を選択します。
  4. 応答ファイルを Panther フォルダーに unattend.xml として保存します。
S モードを有効にする

Note

S モードを有効にしない場合は、次のセクションに進むことができます。

Windows 10 バージョン 1803 の新機能: Windows 10 S は、他のバージョンの Windows とは別の SKU ではなくなりました。 S モードは、Home と Pro SKU でアクティブ化できるモードになりました。

S モードを設定する このセクションでは、Windows イメージで S モードを有効にする方法を示します。 パス 2 - offlineServicing に設定されている無人セットアップ ファイルを使用し、さらに DISM を使用して、マウントされた Windows イメージに適用します。

  1. Windows SIM を使用して、unattend.xml を変更します。

  2. amd64_Microsoft_Windows_CodeIntegrity コンポーネントを "パス 2 offlineServicing" に追加します。

  3. amd64_Microsoft_Windows_CodeIntegrity\SkuPolicyRequired を 1 に設定します。

  4. 応答ファイルを Panther フォルダーに unattend.xml として保存します。

  5. DISM を使用して無人セットアップ ファイルを適用し、S モードを有効にします。

    dism /image:C:\mount\windows /apply-unattend:C:\mount\windows\windows\panther\unattend.xml
    

    : 無人セットアップ ファイルを DISM を使用して適用すると、"パス 2 - offlineServicing" のみが処理されます。

これで、S モードが Windows イメージに適用されます。 PC が起動すると、Windows 10 S で適用されるのと同じコード整合性ポリシーが Windows インストールに適用されます。

製造モードを有効にする

レジストリの編集、スクリプトの実行、コマンド プロンプトでのコマンドの実行など、監査モードでイメージにさらに変更を加える場合は、製造モードを一時的に有効にする必要があります。これにより、S モードでは通常ブロックされる署名されていないコードを監査モードで実行できるようにします。 これにより、製造プロセスでスクリプト、インストーラー、および診断ツール (つまり、署名されていないコード) を実行できます。 製造モードは、オフライン イメージにレジストリ キーを追加することで有効になり、監査モードで起動したときにキーを削除すると無効になります。

  1. マウントされたイメージで、マウントされたイメージからテクニシャン PCの regedit に、SYSTEM レジストリ ハイブを読み込みます。 HKLM\Windows10S という一時的なハイブを使用します。

    reg load HKLM\Windows10S C:\Mount\Windows\Windows\System32\Config\System
    
  2. 製造レジストリ キーを追加します。

    reg add HKLM\Windows10S\ControlSet001\Control\CI\Policy /v ManufacturingMode /t REG_DWORD /d 1
    
  3. テクニシャン PC からレジストリ ハイブをアンロードします。

    reg unload HKLM\Windows10S
    

イメージのマウントを解除して変更をコミットすると (下記)、S モード イメージの Windows 10 には、署名されていないコードを監査モードで実行できるようにする製造キーが準備されます。

重要

S モードの Windows 10 デバイスを出荷する前に、製造レジストリ キーを必ず削除してください。 ラボの後半でこれを行う方法を説明します。または、製造モードに関する記事で方法を学習することもできます。

Windows のエディションを設定する

このセクションでは、Windows OS のエディションを Home から Pro にアップグレードします。

Note

  • Windows イメージのエディションを下げることはできません。
  • 注: この手順は、既に上位のエディションに変更されているイメージでは使用しないでください。
  • S モードは、このイメージが参照デバイスで起動されるまで有効になりません。そのため、/Set-Edition コマンドの実行を、無人設定 (S モード <SkuPolicyRequired> 要素を含む) を適用する前にするか後にするかは重要ではありません。
  • 通常は、ここで示すようにエディションをオフラインに切り替えることはありません。 エディションをアップグレードするのではなく、最初に Windows Professional wim をマウントしています。 この手順は、/Set-Edition コマンドの使用方法を説明する目的でのみ、ここに含まれています。
  1. 使用可能なエディションを判定するには、次のコマンドを実行して、イメージをどのイメージにアップグレードできるかを確認します。

    Dism /Get-TargetEditions /Image:C:\mount\windows
    

    使用可能なエディションの ID をメモします。

  2. エディションを Professional エディションにアップグレードします。

    Dism /Set-Edition:Professional /Image:C:\mount\windows
    

回復中に Windows の設定を保持する

回復シナリオでは、応答ファイル、LayoutModification.xml で作成された Windows スタート メニューのカスタマイズ、oobe.xml からの初回ログイン情報を使用して作成された設定が、Windows によって自動的に保存されることはありません。

Windows がカスタマイズを保存するようにするには、次のようにします。

  • unattend.xml、LayoutModification.xml、C:\mount\windows\Windows\System32\OOBE フォルダーのコピーを C:\Recovery\OEM に保存します。

  • スクリプト ResetConfig.xml と EnableCustomizations.cmd を C:\Recovery\OEM に追加します。 これらのスクリプトは、「サンプル スクリプト: 回復により Windows の設定を保持する」から入手します。

WinRE を最適化する (パート 1)

  1. WinRE イメージのスクラッチスペース サイズを増やします。

    Dism /image:c:\mount\winre /set-scratchspace:512
    
  2. 未使用のファイルをクリーンアップし、winre.wim のサイズを減らします。

    dism /image:"c:\mount\winre" /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
    

イメージのマウントを解除する

  1. エクスプローラーなど、イメージからファイルにアクセスしている可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じます。

  2. 変更をコミットして Windows RE イメージのマウントを解除します。

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\mount\winre" /Commit
    

    ここで、C は、イメージを含むドライブのドライブ文字です。

    このプロセスには数分かかることがあります。

  3. 更新された Windows RE イメージのバックアップ コピーを作成し、古い WinRE イメージを新しくエクスポートしたイメージに置き換えます。

    dism /export-image /sourceimagefile:c:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim /sourceindex:1 /DestinationImageFile:c:\temp\lab\winre_bak.wim
    Del c:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim
    Copy c:\temp\lab\winre_bak.wim c:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim
    

    メッセージが表示されたら、ファイルに対して F を指定します。

    トラブルシューティング: 指定されたディレクトリに winre.wim が表示されない場合は、次のコマンドを使用してファイルが表示されるようにします。

    attrib -h -a -s C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim
    
  4. Windows RE イメージの新しいサイズを確認します。

    Dir "C:\mount\windows\Windows\System32\Recovery\winre.wim"
    
  5. 新しい winre.wim のサイズに基づいて、展開スクリプトのパーティション サイズを調整して、winre.wim 用の十分な空き領域と追加の空き領域が含まれるようにします。

    パーティションのレイアウト サイズに関する次の表に従って、createpartitions-<firmware>-<imageformat>.txt ファイルで回復パーティションのサイズを決定します。 残りの空き領域の量は、winre.wim を非表示のパーティションにコピーした後のものです。 詳細については、次のディスク パーティション規則を参照してください。

    パーティションのサイズ 空き領域
    500 MB 未満 最低 50 MB の空き容量
    450 MB - 680 MB 最低 320 MB の空き容量
    680 MB 超 1024 MB の空き容量

    createpartitions diskpart スクリプトからの回復パーティション サイズの例。

    rem == 3. Windows RE tools partition ===============
    create partition primary size=465
    
  6. WinRE イメージで行ったのと同じ方法で Windows イメージを最適化します。

    Dism /Image:c:\mount\windows /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
    
  7. 変更をコミットして Windows イメージのマウントを解除します。

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\mount\windows" /Commit
    

    ここで、C は、イメージを含むドライブのドライブ文字です。 このプロセスには数分かかることがあります。

  8. イメージをエクスポートして、イメージの最適化を完了します。 エクスポート処理中に、置き換えられたファイルが DISM によって削除され、イメージのファイル サイズが縮小されます。 Windows イメージを新しいイメージ ファイルにエクスポートします。

    Dism /Export-Image /SourceImageFile:"C:\temp\lab\Images\basicimage.wim" /SourceIndex:1 /DestinationImageFile:"C:\temp\lab\Images\install.wim"
    

これで、他の PC に展開できるカスタマイズされた Window イメージが作成されました。 次のセクションでは、イメージを参照 PC に展開し、オンラインで変更を加えてから、Windows イメージを最終処理して、最終的な展開の準備をする方法を示します。

新しい PC にイメージを展開する

このセクションでは、監査モードでカスタマイズできるように、イメージを PC に展開します。 このセクションを開始する前に:

  • カスタマイズしたイメージを USB-B\Images にコピーします

    copy c:\temp\lab\images\install.wim e:\images
    copy c:\temp\lab\images\winre_bak.wim e:\images
    
  • USB-B\Deployment の展開スクリプトを確認します。 これらは、USB-B ダウンロードを USB-B に抽出したときにコピーされているはずです。

WinPE で起動する

イメージの展開先デバイスで WinPE をまだ起動していない場合は、WinPE を起動します。

  1. USB キーを WinPE パーティションに接続し、参照コンピューターを起動します。
  2. 2 つの独立した USB ドライブを使用している場合は、WinPE の起動後に USB-B に接続します。
  3. X:\Windows\system32> コマンド ラインで、「diskpart」と入力して Enter キーを押します。
  4. \DISKPART> コマンド ラインで、「list volume」と入力します。
  5. "Label" 列で、"Ltr" 列の下のボリューム文字をメモしておきます。 これは USB キーのドライブ文字です。 (例: E)
  6. 「exit」と入力して Diskpart を終了します

展開スクリプトを使用してイメージを適用する

スクリプトを実行してパーティションを作成し、イメージを適用します。 USB-B\deployment で、applyimage.bat を使用して、これを行います。

applyimage.bat は、diskpart スクリプトを使用してパーティションを作成し、パーティション レイアウトを定義します。 このスクリプトとこれが呼び出すサブスクリプトは、同じサブフォルダーに配置する必要があります。 これらのスクリプトを更新することで、パーティション サイズを必要に応じて変更できます。

Note

最終的なイメージを FFU としてキャプチャして展開する場合は、[回復を構成しない] オプションを選択します。 これにより、FFU を適用した後に、必要に応じて Windows パーティションを拡張できます。 Windows パーティションを拡張した後に、回復を構成することができます。

  1. applyimage.bat を実行し、適用するイメージを指定します。

    D:
    cd Deployment
    ApplyImage.bat D:\Images\install.wim
    

    ここで、D: は、USB ストレージ ドライブ上のスクリプトとイメージのドライブ文字です。

    スクリプトによってプロンプトが表示された場合:

    1. 回復パーティションを構成するかどうかを選択します。

      • Y: Windows 回復パーティションを構成します。
      • N: 回復パーティションを構成しません。 回復パーティションは、後で構成できます。 イメージを FFU としてキャプチャして展開する場合は、このオプションを選択します。
    2. Y キーを押して、ドライブをフォーマットします。

    3. コンパクト OS として展開しない場合は、N キーを押します。

    4. イメージに拡張属性 (EA) が含まれていないことを示すには、N キーを押します。

      Note

      コンパクト OS のパフォーマンスはストレージ デバイスの機能に大きく依存するので、フラッシュ ドライブ ベースのデバイスではコンパクト OS のみを使用してください。 コンパクト OS は、回転デバイスではお勧めできません。 詳細については、コンパクト OS に関するページを参照してください。

  2. USB ドライブを取り外し、参照 PC を再起動します。

    exit
    

    PC は、前に作成した無人セットアップ ファイルの設定に基づいて、Windows 監査モードで起動するはずです。 PC を監査モードで起動する unattend.xml ファイルを使用していない場合は、OOBE 中に Ctrl+Shift+F3 キーを押して、監査モードで起動できます。

オンラインのカスタマイズを行う (監査モード)

監査モードを使用して、使い慣れた Windows 環境で Windows をカスタマイズすることができます。 監査モードでは、Windows デスクトップ アプリケーションの追加、システム設定の変更、データの追加、スクリプトの実行といった操作を行うことができます。

監査モードで行った変更が回復イメージに含まれていることを確認するには、ScanState を使ってプロビジョニング パッケージにこれらの変更をキャプチャする必要があります。 このパッケージは、問題が発生した場合に変更を復元するために、システム回復ツールによって使用されます。 必要に応じて、圧縮された回復ファイルから直接アプリケーションを実行することによってドライブの領域を節約できます。これは、単一インスタンス作成と呼ばれます。

イメージ内の変更をキャプチャし、他のデバイスに適用する場合は、Sysprep ツールを使用してイメージを一般化する必要があります。

監査モードでカスタマイズを検証する

製造中に PC をインターネットに接続することはお勧めしません。また、sysprep 中にエラーが発生する可能性があるため、監査モードで Windows Update から更新プログラムをインストールすることもお勧めしません。

  1. セットアップが完了すると、コンピューターは、管理者として自動的に監査モードで Windows にログインします。
  2. 応答ファイルからの変更 (製造元名、サポート電話番号、その他のカスタマイズの表示) が存在することを確認します。

エディションを確認する

このラボの前のセクションで、エディションを Windows Home から Windows Professional にアップグレードしました。 この変更を確認します。

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

  2. 次を実行します。

    dism /online /get-current-edition
    
  3. 適切なエディションであることを確認します。 次のようになります。

    Current edition is:
    
    Current Edition : Professional
    
    The operation completed successfully.
    

    : S モードが有効になっているデバイスを使用している場合でも、エディションには "Professional" と表示されます。 これは、S モードがエディションではなくモードであるためです。

S モードを確認する

ラボで以前に S モードを有効にした場合は、S モードが有効になっているか確認します。

  1. [スタート] から [設定] を開きます。
  2. [設定] で、[更新] & [セキュリティ] を開きます
  3. 左側のウィンドウで [アクティブ化] を選択します。

デバイスで S モードが有効になっている場合は、ここに表示されます。

アプリと Store でのチャンス

Windows 10 と Microsoft Store により、ブランドとデバイスの差別化、収益の創出、顧客アクセスに関して極めて大きなチャンスがあります。

Microsoft Store アプリは、Windows 10 エクスペリエンスの中心に位置します。 これらは Windows ユニバーサル アプリであるため、Windows 10 を実行するデスクトップ、タブレット、または電話用のアプリを構築できます。 OEM として、構築した高品質のハードウェアに加えて、付加価値の高いソフトウェアとサービスの優れたセットを提供することにより、魅力的なカスタマー エクスペリエンスを提供し、ブランド ロイヤルティを高めることができます。

重要: 次のキーは監査モードで設定する必要があります。

OEM ID を追加するには、レジストリ設定を変更する必要があります。 OEM Microsoft Store プログラムの参加者の場合は、OEM ID を取得するために PartnerOps@microsoft.com にお問い合わせください。

Item レジストリ内の場所
OEMID HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store、(REG_SZ) OEMID
SCM ID HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store、(REG_SZ) StoreContentModifier

OEMID

  1. コマンド プロンプトから regedit.exe を実行します
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store に移動します
  3. (既定) の下で右クリックし、[新規] をクリックします
  4. [文字列値] をクリックします
  5. 「OEMID」と入力します
  6. OEMID をダブル クリックし、[値データ:] テキスト フィールドに OEM 名を入力します

SCMID

  1. コマンド プロンプトから regedit.exe を実行します
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store に移動します
  3. (既定) の下で右クリックし、[新規] をクリックします
  4. [文字列値] をクリックします
  5. 「StoreContentModifier」と入力します
  6. StoreContentModifier をダブル クリックし、[値データ:] テキスト フィールドに OEM 名を入力します

重要

OEMID レジストリ キーは、Windows 10 の PBR 中には自動的に復元されません。 PBR 操作中に OEMID レジストリ キーを復元する方法については、このガイドの「scanstate」セクションを参照してください。

プッシュ ボタン リセット用にイメージを準備する

このセクションでは、プッシュ ボタン リセット (PBR) シナリオ用の回復環境を設定する方法について説明します。

詳細については、プッシュ ボタンのリセットと Windows 回復環境 (Windows RE) とハード ドライブとパーティションに関するページを参照してください。

プッシュ ボタン リセットは、ユーザーが事前にデータをバックアップせずに、データと重要なカスタマイズを保持しながら OS を回復できる組み込みの回復ツールです。 これは、多様な回復オプションと、自分の PC を自信を持って修復できるようにする機能をユーザーに提供することで、カスタム回復アプリケーションの必要性を減らします。

ScanState を準備する

プッシュ ボタン リセットの使用を開始するには、ScanState を USB-B にコピーする必要があります。

scanstate を使用して、イメージ上の従来の Windows アプリケーションと設定をキャプチャします。

: ScanState を準備するには、テクニシャン PC を使用します。

  1. テクニシャン PC で USB-B を挿入します

  2. 展開およびイメージング ツールのコマンド プロンプトを管理者として開きます

  3. copydandi.cmd を実行して、必要なファイルを USB-B\scanstate にコピーします。

    Copydandi.cmd amd64 e:\scanstate
    

    E: は USB-B のドライブ文字です。

Scanstate 移行ファイルを作成する

このセクションでは、プッシュ ボタン リセット中にファイルとレジストリ キーを復元する構成ファイルを作成します。

製造プロセス中に手動で入力されたレジストリ値を復元するために使用される移行 XML ファイルを作成します。 次のサンプルでは、このドキュメントで前に設定した OEMID レジストリ値を復元します。

注:USB-B\recovery\recoveryimage\regrecover.xml には、すでにレジストリ値が含まれています。 このファイルは、新しいファイルを作成する代わりに使用できます。

  1. メモ帳を開きます。

  2. 次の XML をコピーしてメモ帳に貼り付けます。 これにより、OEMID レジストリ キーを移行するように ScanState に指示します。

    <migration urlid="https://www.microsoft.com/migration/1.0/migxmlext/test">
         <component type="System" context="UserAndSystem">
              <displayName>OEMID</displayName>
            <role role="Settings">
                <rules>
                    <include>
                        <objectSet>
                            <pattern type="Registry">HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Store [OEMID]</pattern>
                        </objectSet>
                    </include>
                </rules>
            </role>
        </component>
    </migration>
    
  3. S モードを有効にした場合は、ScanState に製造レジストリ キーを除外するように指示し、製造レジストリ キーが移行されないようにしてください。 レジストリ キーを除外するには、次の規則を追加します。

    <unconditionalExclude>
        <objectSet>
            <pattern type="Registry">HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CI\Policy [ManufacturingMode]</pattern>
        </objectSet>
    </unconditionalExclude>
    
  4. ファイルを regerecover.xml として保存します。

Scanstate を使用して回復パッケージを作成する

参照 PC で:

ScanState を使用して、インストールされているカスタマイズをプロビジョニング パッケージにキャプチャし、c:\Recovery\customizations に保存します。 USB-B\Recovery\RecoveryImage のサンプルを使用して、プロビジョニング パッケージを作成します。

重要: プッシュ ボタン リセットが正常に機能するには、パッケージが C:\Recovery\Customizations に格納されている .ppkg ファイルである必要があります。

  1. 回復 OEM フォルダーを作成し、USB-B\Recovery\RecoveryImage の内容をコピーします

    重要: 回復中に、カスタマイズされたスタート レイアウト メニューを保持するには、回復プロセス中に layoutmodification.xml を再度コピーする必要があります。 ここでコピーし、EnableCustomizations.cmd を使用して回復中にコピーします。

    Copy E:\Recovery\RecoveryImage c:\recovery\OEM
    Copy E:\StartLayout\layoutmodification.xml c:\recovery\OEM
    
  2. ScanState を実行してアプリとカスタマイズを収集します

    x64 Windows 10 PC の場合:

    mkdir c:\recovery\customizations
    E:\ScanState\scanstate.exe /apps /ppkg C:\Recovery\Customizations\apps.ppkg /i:c:\recovery\oem\regrecover.xml /config:E:\scanstate\Config_AppsAndSettings.xml /o /c /v:13 /l:C:\ScanState.log
    

    ここで、E: は USB-B のドライブ文字です

  3. ScanState が正常に完了したら、scanstate.log ファイルと miglog.xml ファイルを削除します。

    del c:\scanstate.log
    del c:\miglog.xml
    

機能拡張スクリプトを作成して追加の設定を復元する

機能拡張ポイントを構成することで、プッシュ ボタン リセット エクスペリエンスをカスタマイズできます。 これにより、カスタム スクリプトを実行したり、追加のアプリケーションをインストールしたり、追加のユーザー、アプリケーション、またはレジストリ データを保持したりできます。

回復中に、PBR は EnableCustomizations.cmd を呼び出します。このコマンドは、次の 2 つの処理を実行するために設定します。

  1. 初期展開に使用される unattend.xml を \windows\panther にコピーします。
  2. システムに layoutmodification.xml をコピーします。

これにより、PBR 中に、これらの 2 つの応答ファイルから追加のレイアウト設定が復元されます。

[!Important] 回復スクリプトと unattend.xml を c:\Recovery\OEM にコピーして、PBR が unattend.xml で定義された設定を取得し復元できるようにする必要があります。

設定を復元するために unattend.xml ファイルをコピーする

OA 3.0 システムの場合:

Copy e:\AnswerFiles\oa3.0\unattendsysprep.xml c:\Recovery\OEM\unattend.xml

OA 3.0 以外のシステムの場合:

Copy e:\AnswerFiles\non_oa3.0\unattendsysprep.xml c:\Recovery\OEM\unattend.xml

winre.wim バックアップをコピーする

展開中に winre.wim ファイルは移動されます。 最終的なイメージをキャプチャする前に、作成したバックアップ winre.wim をコピーして戻す必要があります。そうしないと、最終的なイメージの展開で回復環境が機能しません。

Copy e:\images\winre_bak.wim c:\windows\system32\recovery\winre.wim

イメージを再シールする

このセクションでは、sysprep.exe を使用してイメージを再シールし、出荷時展開の準備をします。

  1. 事前に読み込まれたアプリケーション用に作成されたインストール フォルダーとファイルを削除します。 これらのフォルダーがあると、キャプチャされた .wim ファイルのサイズが大きくなる可能性があります。
  2. SysPrep ツールが開いている場合は、それを閉じ、管理者モードでコマンド プロンプトを開きます。
  3. 追加の設定で応答ファイルを使用してイメージを一般化します。
C:\Windows\System32\Sysprep\sysprep /oobe /generalize /unattend:c:\recovery\oem\Unattend.xml /shutdown

S モードの製造キーで、Windows 10 キーを削除する

製造モードが有効になっている場合は、製造レジストリ キーを削除します。

  1. コマンド プロンプトを開きます。

  2. レジストリ キーを削除します。

    reg delete HKLM\system\ControlSet001\Control\CI\Policy /v ManufacturingMode
    

    重要

    レジストリ キーを残したまま S モード デバイスの Windows 10 を出荷しないでください。

イメージを最終処理してキャプチャする

大規模展開用のファクトリ イメージを最終処理してキャプチャする方法を説明します。 このセクションを始めるには、前のセクションで sysprep を実行した後に参照マシンをシャットダウンしたことを確認してください。

  1. 参照コンピューターで WinPE を起動します。
  2. WinPE が起動した後 USB-B に接続します。

トラブルシューティング

  • 参照 PC が内部 HDD から起動されると、Windows は specialize パスと OOBE パスに入ります。 これらの構成パスのいずれかが完了すると、一般化された安定したイメージをキャプチャできません。 これらのパスのどちらかが完了した場合は、イメージを再び一般化する必要があります。 これは、監査モード (OOBE 中に Ctrl + Shift + F3 キー) で行えます。 監査モードで、上記の Sysprep コマンドを実行します。 次回の再起動時に、PC が WinPE で起動することを確認します。

  • システムが引き続き内部 HDD で起動する場合は、PC の起動優先度を確認します。 USB の起動優先度が内部ハード ドライブよりも高くなるようにします。

  • diskpart を使用して、Windows パーティション ドライブ文字を特定します。

    1. X:\windows\system32> プロンプトで、「diskpart」と入力し、> キーを押して Diskpart を起動します。

    2. \DISKPART> プロンプトで、「list volume」と入力します。

    3. "Label" 列の下で、"Windows" というラベルが付いたボリュームを探します。

    4. "Ltr" 列の下に割り当てられている文字をメモします (例: C)。 これが USB キーのドライブ文字です。

    C:\WINDOWS\system32>diskpart
    
    Microsoft DiskPart version 10.0.19628.1
    
    Copyright (C) Microsoft Corporation.
    
    On computer: Windows
    
    DISKPART> list volume
    
    Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type        Size     Status     Info
    ----------  ---  -----------  -----  ----------  -------  ---------  --------
    Volume 0         System       NTFS   Partition    100 MB  Healthy    System
    Volume 1     C   Windows      NTFS   Partition    465 GB  Healthy    Boot
    Volume 2         Recovery     NTFS   Partition    500 MB  Healthy    Hidden
    Volume 3     D                       Removable         B  No Media
    
    5. Type exit to quit Diskpart.
    
    

(コンパクト OS のみ) インストール済みのカスタマイズを変換する

このセクションでは、ScanState パッケージのサイズを減らす方法を説明します。

重要

ストレージが限られているデバイスに展開する場合にのみ、この手順を実行します。 単一インスタンス化は、一部のデスクトップ アプリケーションの起動パフォーマンスに影響します。

詳細については、コンパクト OS に関するページを参照してください。

ScanState 回復パッケージのサイズを小さくするには、参照デバイスで WinPE から次のコマンドを実行します。

DISM /Apply-CustomDataImage /CustomDataImage:C:\Recovery\Customizations\apps.ppkg /ImagePath:C:\ /SingleInstance

イメージをキャプチャする

このセクションでは、sysprep 済みのイメージをキャプチャする方法を説明します。 WIM または FFU のいずれかをキャプチャできます。

WIM をキャプチャする

参照 PC で:

  1. Windows パーティションのドライブ文字を特定します。

    1. X:\windows\system32> プロンプトで、「diskpart」と入力し、> キーを押して Diskpart を起動します。

    2. \DISKPART> プロンプトで、「list volume」と入力します。

    3. "Label" 列の下で、"Windows" というラベルが付いたボリュームを探します。

    4. "Ltr" 列の下に割り当てられている文字をメモします (例: C)。 これが使用する必要があるドライブ文字です。

    5. 「exit」と入力して Diskpart を終了します

  2. Windows パーティションのイメージを USB-B にキャプチャします。 このプロセスには数分かかります。

    注: DISM を実行する場合は、キャッシュ ディレクトリを使用することをお勧めします。 この手順では、一時ファイル用の USB-B キーに scratchdir を作成しますが、スクラッチ ディレクトリに使用可能な領域を持つ任意のハード ドライブを選択できます。

    MD e:\scratchdir
    Dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\ /ImageFile:E:\Images\CustomImage.wim /Name:"CustomImage" /scratchdir:e:\scratchdir
    

    これにより、CustomImage.wim という名前のイメージが E:\Images にキャプチャされます。 イメージ キャプチャが完了したら、参照 PC をシャットダウンしても構いません。

イメージがキャプチャされたら、「最終的なイメージを確認する」にスキップできます。

FFU をキャプチャする

参照 PC で:

  1. Windows パーティションのドライブ文字を特定します。

    1. X:\windows\system32> プロンプトで、「diskpart」と入力し、> キーを押して Diskpart を起動します。

    2. \DISKPART> プロンプトで、「list disk」と入力します。

    3. "Disk ###" 列の下で、Windows がインストールされているディスクを特定し、割り当てられているディスク番号をメモします。 これは、Disk 0 のように表示されます。

    4. 「exit」と入力して Diskpart を終了します

  2. WINDOWS ディスクのイメージを USB-B にキャプチャします。 このプロセスには数分かかります。

    DISM.exe /capture-ffu /imagefile=E:\Images\CustomImage.wim /Name:"CustomImage" /capturedrive=\\.\PhysicalDrive0 /description:"Windows 10 FFU"
    

    これにより、CustomImage.wim という名前のイメージが E:\Images にキャプチャされます。 イメージ キャプチャが完了したら、参照 PC をシャットダウンしても構いません。

最終的なイメージを確認する

このセクションでは、キャプチャしたイメージをテストと確認のために展開する方法について説明します。

参照デバイスにイメージを展開する

  1. イメージをテストする PC で WinPE を起動します。

  2. applyimage.bat を実行して、イメージを展開します。

    customimage.wim という名前の WIM をキャプチャした場合:

    E:\Deployment\applyimage.bat E:\Images\customimage.wim
    

    or

    CustomImage.FFU という名前の FFU をキャプチャした場合:

    E:\Deployment\applyimage.bat E:\Images\CustomImage.FFU
    
  3. スクリプトのプロンプトに従って、イメージを適用します。

  4. exit」と入力して WinPE を閉じ、PC を再起動します。

構成の検証

PC が再起動し、はじめて Windows で起動します。

  1. OOBE でダミー ユーザーを作成します。このダミー ユーザーは後で削除します。

  2. アプリケーションとオフラインのカスタマイズが引き続きイメージ内に存在し、正常に動作していることを確認します。

    確認すべき項目には次が含まれます。

    • タスク バー
    • ピン留めされたアプリ
    • デスクトップの壁紙が正しい画像を表示するように設定されている
    • OEM 情報が正しく表示される
    • OEM アプリ ID レジストリ キーが設定されている
    • 既定のテーマが選択したテーマになっている
    • Microsoft Store アプリが正常に起動する
    • デスクトップ アプリケーションが正常に起動する
    • SPP を介して適用されるデスクトップ アプリケーションが正常に起動する
    • S モードを有効にした場合、製造レジストリ キーが削除されている

回復を確認する

  1. 回復後にカスタマイズが復元されることと、次のエントリ ポイントから [ファイルを保持する] 機能と [すべての項目を削除する] 機能を実行することにより、カスタマイズが引き続き機能することを確認します。

    • 設定 a. [スタート] メニューから [設定] をクリックします。b. 設定アプリで、[更新とセキュリティ] をクリックし、[回復] をクリックします。 c. [この PC を初期状態に戻す] の下にある [開始する] ボタンをクリックし、画面の指示に従います。

    • Windows RE a. Windows RE の [オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング] をクリックします。b. [この PC を初期状態に戻す] をクリックして、画面の指示に従います。

  2. 回復メディアを作成できることを確認し、ベア メタル回復機能を実行してその機能を確認します。a. コントロール パネルから [回復ドライブを作成する] を起動します。b. 画面の指示に従って USB 回復ドライブを作成します。c. USB 回復ドライブから PC を起動します。d. [オプションの選択] 画面から、[トラブルシューティング] をクリックします。e. [ドライブから回復する] をクリックし、画面の指示に従います。

注: プッシュ ボタン リセットの UI が Windows 10 で再設計されました。 UI の [ファイルを保持する] オプションは、[ファイルを保持する] 機能に対応するようになりました。 [すべて削除] は、[すべて削除] 機能に対応します。

最終的なイメージを最適化する

この時点で、展開の準備がほぼ整っている Windows イメージができました。 このセクションでは、展開の準備を完了するために、イメージに最後の仕上げを加える方法を説明します。

  • イメージのコピーをエクスポートして、使用されていないパッケージをイメージから削除します。

    Dism /export-image /sourceimagefile:E:\images\customimage.wim /sourceindex:1 /destinationimagefile:e:\images\MasterImage_Pro.wim
    

最終出荷

少なくとも 1 回は PC を起動する必要があります。これにより、PC を出荷する前に、Windows セットアップの specialize 構成パスを完了できます。

specialize 構成パスは PC にハードウェア固有の情報を付加し、完了時には Windows OOBE が表示されます。

詳細については、OEM ポリシーのドキュメントを参照してください。

ディスク占有領域の削減

このガイドでは、ディスクの占有領域を削減できるポイントをいくつか説明しました。

  • Dism /export-image を使用する
  • コンパクト OS を使用する
  • コンパクト OS を単一インスタンス化で使用する

このセクションでは、空き領域をさらに増やす方法ついていくつか説明します。

休止状態ファイルを削減およびオフにする

休止状態ファイルを削減およびオフにすると、展開された OS 上の 400 MB から 1.5 GB の OS 領域が戻ります。

休止状態ファイルを 30% 削減する

unattend.xml を使用して sysprep.exe を実行する場合は、休止状態ファイルを削減する FirstLogonCommand を追加できます。

<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="oobeSystem">
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup">
            <FirstLogonCommands>
                <SynchronousCommand wcm:action="add">
                    <CommandLine>powercfg /h /type reduced</CommandLine>
                    <Description>Reduce hiberfile size</Description>
                    <Order>1</Order>
                    <RequiresUserInput>false</RequiresUserInput>
                </SynchronousCommand>
            </FirstLogonCommands>
        </component>
    </settings>
</unattend>

休止状態ファイルをオフにする

unattend.xml を使用して sysprep.exe を実行する場合は、休止状態ファイルをオフにする FirstLogonCommand を追加できます。

<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="oobeSystem">
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup">
            <FirstLogonCommands>
                <SynchronousCommand wcm:action="add">
                    <CommandLine>powercfg /h /type Off</CommandLine>
                    <Description>Reduce hiberfile size</Description>
                    <Order>1</Order>
                    <RequiresUserInput>false</RequiresUserInput>
                </SynchronousCommand>
            </FirstLogonCommands>
        </component>
    </settings>
</unattend>

これらの設定を含む unattend.xml ファイルを使用して、イメージをキャプチャします。

最適化を使用したディスク占有領域

次の表は、2 GB (x86) と 4 GB (x64) において、コンパクト OS、単一インスタンス化、ハイバーファイルの削減または無効化を使用することによって、さらに節約できる領域を示したものです。

占有領域の種類 Windows 10 Home、x86、2 GB メモリ Windows 10 Home、x64、4 GB メモリ
ベース占有領域 11.68 GB (追加の領域) 15.06 GB (追加の領域)
コンパクト、単一インスタンス化なし 8.85 GB (>2.75 GB) 11.3 GB (>3.7 GB)
コンパクト、単一インスタンス化 7.66 GB (>4 GB) 10.09 GB (>4.75 GB)
ハイバーファイル オフ、コンパクトなし 10.87 GB (>825 MB) 13.48 GB (>1.5 GB)
ハイバーファイル削減、コンパクトなし 11.27 GB (>400 MB) 14.15 GB (>930 MB)