oobeSystem

OobeSystem 構成パスでは、エンドユーザーの初回起動時のエクスペリエンス (OOBE) とも呼ばれる設定が構成されます。 OobeSystem 構成パスの設定は、ユーザーが Windows®に最初にログオンする前に処理されます。

既定のエクスペリエンス (OOBE) は、ユーザーが新しく構成されたコンピューターを初めて起動したときに実行されます。 OOBE は Windows シェルまたは追加のソフトウェアが実行される前に実行され、Windows の構成と実行に必要な少数のタスクを実行します。

次の図は、エンドユーザーが新しく構成されたコンピューターを初めて起動したときに発生する処理を示しています。 結果は、OOBE、またはユーザーの初回起動時のエクスペリエンスです。

[windows へようこそ] の構成パス

/oobe オプションを使用して sysprep コマンドを実行し、OOBE で起動するように Windows を構成することができます。 既定では、Windows セットアップを実行すると、OOBE が開始されます。

関連トピック

構成パスのしくみ

auditSystem

auditUser

generalize

offlineServicing

specialize

windowsPE