oobeSystemoobeSystem

OobeSystem構成パスは、既製のエクスペリエンス (OOBE) とも呼ばれます。 エンドユーザーの初回起動エクスペリエンス中に適用される設定を構成します。The oobeSystem configuration pass configures settings that are applied during the end-user first-boot experience, also called Out-Of-Box Experience (OOBE). OobeSystem Windows® に初めてログオンする前に構成パスの設定が処理されます。The oobeSystem configuration pass settings are processed before a user first logs on to Windows®.

出力-の-ボックス-Experience (OOBE) は、初めてユーザーが新しく構成されたコンピューターを起動したときを実行します。Out-of-Box-Experience (OOBE) runs the first time the user starts a newly configured computer. 実行、OOBE 前に、Windows シェルまたは追加のソフトウェアを実行し、少量の構成および Windows を実行するために必要なタスクを実行します。OOBE runs before the Windows shell or any additional software runs, and it performs a small set of tasks that are required to configure and run Windows.

次の図は、エンドユーザーは、新しく構成されたコンピューターを初めて起動するときに発生するプロセスを示しています。The following diagram illustrates the process that occurs when an end user first boots a newly configured computer. OOBE、またはユーザーの初回起動時のエクスペリエンスになります。The result is OOBE, or a user's first-boot experience.

windows へようこそ の構成パス

Windows を実行して、OOBE を起動することができます、 sysprepコマンドを使用して、 /oobeオプション。You can configure Windows to boot to OOBE by running the sysprep command by using the /oobe option. 既定では、Windows セットアップの実行後 OOBE を開始します。By default, after running Windows Setup, OOBE starts.

関連トピックRelated topics

構成パスのしくみHow Configuration Passes Work

auditSystemauditSystem

auditUserauditUser

汎用化します。generalize

offlineServicingofflineServicing

特殊化します。specialize

windowsPEwindowsPE