Oscdimg コマンド ライン オプションOscdimg Command-Line Options

Oscdimg は、Windows プレインストール環境 (Windows PE) のカスタマイズされた 32 ビットまたは 64 ビット バージョンのイメージ (.iso) ファイルを作成するのに使用できるコマンド ライン ツールです。Oscdimg is a command-line tool that you can use to create an image (.iso) file of a customized 32-bit or 64-bit version of Windows Preinstallation Environment (Windows PE). .Iso ファイルを CD または DVD を書き込むことができます。You can then burn the .iso file to a CD or DVD. Oscdimg では、ISO 9660、Joliet、およびユニバーサル ディスク フォーマット (UDF) のファイル システムをサポートします。Oscdimg supports ISO 9660, Joliet, and Universal Disk Format (UDF) file systems.

このトピックの内容:In this topic:

Oscdimg コマンド ライン オプションOscdimg Command-Line Options

次のコマンド ライン オプション Oscdimg で利用できます。The following command-line options are available for Oscdimg.

Oscdimg [<options>] <sourceLocation> <destinationFile>Oscdimg [<options>] <sourceLocation> <destinationFile>

ファイル システムのオプションFile System Options

Oscdimg ツールと Microsoft Windows のイメージ マスタリング API (IMAPI) は、次の 3 つのファイル システム形式をサポートします。ISO 9660、Joliet、および UDF します。The Oscdimg tool and Microsoft Windows image mastering API (IMAPI) support three file system formats: ISO 9660, Joliet, and UDF.

ISO 9660 オプションISO 9660 Options

ISO 9660 オプションは、Joliet または UDF のオプションと組み合わせることはできません。ISO 9660 options cannot be combined with Joliet or UDF options. ファイル名拡張子の長さと組み合わせて、ファイル名の長さは、ISO 9660 ファイル システムで、30 文字を超えることはできません。The length of the file name combined with the length of the file name extension cannot exceed 30 characters in the ISO 9660 file system.

-D-ntオプションを併用することはできません。The -d and -nt options cannot be used together.

構成方法Option 説明Description

-d-d

ファイル名を小文字に変換を許可します。Permits lower case file names. 大文字小文字のファイル名を強制しません。Does not force lowercase file names to upper case.

-n-n

DOS 8.3 ファイル名よりも長いファイル名を許可します。Permits file names longer than DOS 8.3 file names.

-nt-nt

Windows NT 3.51 と互換性のある長いファイル名を許可します。Permits long file names that are compatible with Windows NT 3.51.

Joliet オプションJoliet Options

Joliet は、ISO 9660 ファイル システムの拡張です。Joliet is an extension of the ISO 9660 file system. Joliet にによりより長いファイル名、Unicode 文字、およびディレクトリの深さが 8 より大きい。Joliet allows longer file names, Unicode characters, and directory depths larger than eight. Joliet オプションは、ISO 9660 オプションと組み合わせることはできません。Joliet options cannot be combined with ISO 9660 options.

-J2 Joliet オプションは、UDF オプションと共に使用することはできません。The -j2 Joliet option cannot be used with any UDF options.

構成方法Option 説明Description

-j1-j1

どちらのファイル システムにディスク上のすべてのデータの表示を許可します。Permits both file systems to view all the data on the disk. このオプションを使用しても、イメージ上のすべてのファイルには複製されません。Using this option does not duplicate all files on the image. このオプションは、Joliet Unicode ファイル名をエンコードし、DOS 互換の 8.3 ファイル名を ISO 9660 の名前空間に生成します。This option encodes Joliet Unicode file names and generates DOS-compatible 8.3 file names in the ISO 9660 namespace. これらのファイル名は、Joliet システム、または従来の ISO 9660 システムで読み取ることができます。These file names can be read by either Joliet systems or conventional ISO 9660 systems. ただし、Oscdimg では、DOS 8.3 と ISO 9660 の名前付け制限に準拠する ISO 9660 の名前空間内のファイル名の変更可能性があります。However, Oscdimg may change some of the file names in the ISO 9660 namespace to comply with DOS 8.3 and ISO 9660 naming restrictions.

-j2-j2

標準の ISO 9660 名なしで Joliet Unicode ファイル名をエンコードします。Encodes Joliet Unicode file names without standard ISO 9660 names. このオプションは、Joliet ファイル システムのみを格納したイメージを生成するために使用されます。This option is used to produce an image that contains only the Joliet file system.  Joliet を読み取ることはできませんのすべてのシステムでは、このイメージは、Joliet をサポートするコンピューターで使用可能なだけをユーザーに警告する既定のテキスト ファイルのみが表示されます。  Any system that cannot read Joliet sees only a default text file that alerts the user that this image is only available on computers that support Joliet.

-js-js

ユーザーが指定されている場合に使用される既定のテキスト ファイルを上書き、 -j2オプション。Overrides the default text file that is used when the user specifies the -j2 option. 次に、例を示します。For example:

-jsC:\readme.txt

UDF のオプションUDF Options

UDF のオプションは、ISO 9660 オプションと組み合わせることはできません。UDF options cannot be combined with ISO 9660 options. -Us-uf、および -ごオプションと共に使用している場合にのみ適用されます、 -u2オプション。The -ue, -uf, and -us options only apply when they are used together with the -u2 option.

構成方法Option 説明Description

-u1-u1

UDF ファイル システムと ISO 9660 ファイル システムの両方を持つイメージを生成します。Produces an image that has both the UDF file system and the ISO 9660 file system. ISO 9660 ファイル システムが DOS 互換の 8.3 ファイル名を使用して書き込まれます。The ISO 9660 file system is written by using DOS-compatible 8.3 file names. UDF ファイル システムが Unicode ファイル名を使用して書き込まれます。The UDF file system is written by using Unicode file names.

-u2-u2

UDF ファイル システムのみを格納したイメージを生成します。Produces an image that contains only the UDF file system. UDF を読み取ることはできませんのすべてのシステムでは、このイメージは、UDF をサポートするコンピューターで使用可能なだけをユーザーに警告する既定のテキスト ファイルのみが表示されます。Any system that cannot read UDF sees only a default text file that alerts the user that this image is only available on computers that support UDF.

-udfver102-udfver102

UDF ファイル システムのバージョン 1.02 を指定します。Specifies UDF file system version 1.02.

-ue-ue

埋め込みファイルを作成します。Creates embedded files.

-uf-uf

UDF ファイル id エントリを埋め込みます。Embeds UDF file identifier entries.

で、-ur

と共に使用される既定のテキスト ファイルを上書き、 -u2オプション。Overrides the default text file that is used together with the -u2 option. 次に、例を示します。For example:

-urC:\Readme.txt

-米国-us

ディスク使用量をより効率的に、使用可能な場合、スパース ファイルを作成します。Creates sparse files, when available, to make disk space usage more efficient.

-yl-yl

短い割り当て記述子ではなく長い割り当て記述子を指定します。Specifies long allocation descriptors instead of short allocation descriptors.

CD または DVD ブート オプションCD or DVD Boot Options

起動可能な CD または DVD イメージを作成するのには、ブート オプションを使用できます。Boot options can be used to create bootable CD or DVD images. 単一ブート エントリを生成する、次のブート オプションを使用できます。The following boot options can be used to generate single-boot entries. 詳細については、単一ブート エントリを使用して、起動可能なイメージを作成するを参照してください。For more information, see Use a single boot entry to create a bootable image.

構成方法Option 説明Description

-b<bootSectorFile>-b<bootSectorFile>

ブート セクターまたはディスクのセクターが書き込まれる El Torito ブート セクター ファイルを指定します。Specifies the El Torito boot sector file that will be written in the boot sector or sectors of the disk. スペースは使用しないでください。Do not use spaces. 次に、例を示します。For example:

UEFI: 上 -bC:\winpe_x86\Efisys.binOn UEFI: -bC:\winpe_x86\Efisys.bin

BIOS: -bC:\winpe_x86\Etfsboot.comOn BIOS: -bC:\winpe_x86\Etfsboot.com

-e-e

El Torito カタログでフロッピー ディスク エミュレーションを無効にします。Disables floppy disk emulation in the El Torito catalog.

-p-p

El Torito カタログでプラットフォーム ID を使用する値を指定します。Specifies the value to use for the platform ID in the El Torito catalog. 既定の ID は、Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) システムを表すよう 0xEF です。The default ID is 0xEF to represent a Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) system. 0x00 では、BIOS システムを表します。0x00 represents a BIOS system.

<sourceLocation><sourceLocation>

必須。Required. .Iso イメージをビルドするファイルの場所を指定します。Specifies the location of the files that you intend to build into an .iso image.

<targetFile><targetFile>

.Iso イメージ ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the .iso image file.

重要な  単一ブート エントリと複数のブート エントリは、同じコマンド内で組み合わせることはできません。Important   Single-boot entries and multi-boot entries cannot be combined in the same command.

複数のブート エントリを生成する、次のブート オプションを使用できます。The following boot options can be used to generate multi-boot entries. 詳細については、イメージ ファイルを作成する複数のブート エントリを使用してを参照してください。For more information, see Use multi-boot entries to create an image file.

構成方法Option 説明Description

b<bootSectorFile>b<bootSectorFile>

ブート セクターまたはディスクのセクターが書き込まれる El Torito ブート セクター ファイルを指定します。Specifies the El Torito boot sector file that will be written in the boot sector or sectors of the disk. スペースは使用しないでください。Do not use spaces. 次に、例を示します。For example:

UEFI: 上 bEfisys.binOn UEFI: bEfisys.bin

BIOS: bEtfsboot.comOn BIOS: bEtfsboot.com

-bootdata:<数>-bootdata:<number>

ブート エントリの数の後に、複数のブート イメージを指定します。Specifies a multi-boot image, followed by the number of boot entries. スペースは使用しないでください。Do not use spaces. 次に、例を示します。For example:

-bootdata:<3>#<defaultBootEntry>#<bootEntry1>#<bootEntryN>

場所<3>後にあるブート エントリの数です。where <3> is the number of boot entries that follow.

ee

El Torito カタログでフロッピー ディスク エミュレーションを無効にします。Disables floppy disk emulation in the El Torito catalog.

pp

El Torito カタログでプラットフォーム ID を使用する値を指定します。Specifies the value to use for the platform ID in the El Torito catalog. 既定の ID は、UEFI システムを表すよう 0xEF です。The default ID is 0xEF to represent a UEFI system. 0x00 では、BIOS システムを表します。0x00 represents a BIOS system.

tt

El Torito 負荷のセグメントを指定します。Specifies the El Torito load segment. 指定しない場合、このオプションは 0x7C0 既定値です。If not specified, this option defaults to 0x7C0.

<sourceLocation><sourceLocation>

必須。Required. .Iso イメージをビルドするファイルの場所を指定します。Specifies the location of the files that you intend to build into an .iso image.

<targetFile><targetFile>

.Iso イメージ ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the .iso image file.

最適化オプションOptimization Options

最適化のオプションは、重複するファイルを 1 回だけエンコードすることによって記憶域を最適化するために使用できます。Optimization options can be used to optimize storage by encoding duplicate files only once.

構成方法Option 説明Description

-o-o

ファイルを比較するのにには、MD5 ハッシュ アルゴリズムを使用します。Uses a MD5 hashing algorithm to compare files.

-oc-oc

各ファイルのバイナリ比較を使用してよりも低速、 -oオプション。Uses a binary comparison of each file, and is slower than the -o option.

-oi-oi

ファイルを比較するときに、ダイヤモンド圧縮タイムスタンプを無視します。Ignores Diamond compression timestamps when comparing files.

順序のオプションOrder Options

順序のオプションは、ディスク上のファイルの順序を指定します。Order options specify the file order on disk. ファイルの順序は、すべてのファイルを一覧表示はありません。The file order does not have to list all files. このファイルに表示されないすべてのファイルは、通常になるように並べ替えられます (つまり、順序付けファイルが存在しない) 場合。Any files that do not appear in this file are ordered as they would be ordinarily (that is, if the ordering file did not exist). 詳細については、ブート順序指定を参照してください。For more information, see Specify the boot order.

-Yoオプションよりも優先、 -y5オプション。The -yo option takes precedence over the -y5 option.

構成方法Option 説明Description

-y5-y5

ディスク上のファイルのレイアウトを指定します。Specifies file layout on disk. このオプションは、最初に i386 ディレクトリ内と逆の並べ替え順序において、すべてのファイルを書き込みます。This option writes all files in an i386 directory first and in reverse sort order.

-yo<bootOrder.txt>-yo<bootOrder.txt>

イメージに配置するファイルのレイアウトを持つテキスト ファイルを指定します。Specifies a text file that has a layout for the files to be put in the image. スペースは使用しないでください。Do not use spaces. 次に、例を示します。For example:

-yoC:\temp\bootOrder.txt

DVD ビデオとオーディオのオプションDVD Video and Audio Options

DVD ビデオとオーディオのディスクの作成オプションは、ISO 9660、Joliet、または UDF のオプションと組み合わせることはできません。The DVD video and audio disk creation options cannot be combined with ISO 9660, Joliet, or UDF options.

構成方法Option 説明Description

-ut-ut

DVD ビデオとオーディオのディスクの作成時に、イメージの ISO 9660 セクションが切り捨てられます。Truncates the ISO 9660 section of the image during DVD video and audio disk creation. このオプションを使用すると、VIDEO_TS、AUDIO_TS、JACKET_P ディレクトリだけが、ISO 9660 ファイル システムから表示されます。When this option is used, only the VIDEO_TS, AUDIO_TS, and JACKET_P directories are visible from the ISO 9660 file system.

-uv-uv

DVD ビデオとオーディオのディスクの作成時に、UDF ビデオ ゾーンの互換性を指定します。Specifies UDF Video Zone compatibility during DVD video and audio disk creation. 作成時に、UDF 1.02 と ISO 9660 がディスクに書き込まれます。During creation, UDF 1.02 and ISO 9660 are written to the disk. VIDEO_TS、AUDIO_TS、JACKET_P ディレクトリ内のすべてのファイルが書き込まれます。All files in the VIDEO_TS, AUDIO_TS, and JACKET_P directories are written first. これらのディレクトリは、このイメージに使用されるすべての他の順序付けルールよりも優先されます。These directories take precedence over all other ordering rules that are used for this image.

メッセージングのオプションMessaging Options

メッセージングのオプションは、ファイルとディレクトリに関する情報の表示方法をカスタマイズします。Messaging options customize how file and directory information appears.

構成方法Option 説明Description

--a

ファイルとディレクトリの割り当ての概要が表示されます。Displays the allocation summary for files and directories.

-os-os

表示には、システムは、イメージを作成するときにファイルが重複しています。Shows duplicate files when the system creates the image.

-w1-w1

すべてのファイル名または iso または joliet とではないディレクトリを報告します。Reports all file names or directories that are not ISO-compliant or Joliet-compliant.

-w2-w2

DOS 準拠していないすべてのファイル名を報告します。Reports all file names that are not DOS-compliant.

-w3-w3

長さ 0 のファイルをすべて報告します。Reports all zero-length files.

-w4-w4

各イメージにコピーされるファイル名を報告します。Reports each file name that is copied to the image.

-yd-yd

同じ初期 64,000 バイトを含むファイルが同一ではない警告を抑制します。Suppresses warnings for non-identical files that have the same initial 64,000 bytes.

一般的なイメージの作成オプションGeneral Image Creation Options

一般的なイメージの作成オプションは、起動可能な CD または DVD イメージを作成する、単一ブート エントリ オプションまたは複数のブート エントリのオプションと共に使用できます。General image creation options can be used together with a single-boot entry option or multi-boot entry options to create bootable CD or DVD images. 詳細については、ブート オプションを参照してください。For more information, see Boot Options and Examples.

-M-maxsizeオプションを併用することはできません。The -m and -maxsize options cannot be used together.

構成方法Option 説明Description

-c-c

システムが OEM ファイル名の代わりに ANSI ファイル名を使用する必要がありますを指定します。Specifies that the system must use ANSI file names instead of OEM file names.

-g-g

ローカル時刻ではなく、すべてのファイルの時刻の値を協定世界時 (UCT) としてエンコードします。Encodes time values as Universal Coordinated Time (UCT) for all files, instead of the local time.

-h-h

イメージのソース パスでは、隠しファイルとディレクトリに含まれています。Includes hidden files and directories in the source path of the image.

-k-k

いくつかのソース ファイルは開くことができない場合でも、イメージを作成します。Creates an image even if some of the source files cannot be opened.

-l<volumeLabel>-l<volumeLabel>

ボリューム ラベルを指定します。Specifies the volume label. スペースは使用しないでください。Do not use spaces. 次に、例を示します。For example:

-l<volumeLabel>

-m-m

イメージの最大サイズの制限を無視します。Ignores the maximum size limit of an image.

-maxsize:<制限>-maxsize:<limit>

イメージの既定の最大サイズをオーバーライドします。Overrides the default maximum size of an image. 既定値は 74 分の CD です。The default value is a 74-minute CD. ただし、UDF を使用する場合、既定値はありません最大サイズ。However, if UDF is used, the default has no maximum size. スペースは使用しないでください。Do not use spaces. 次に、例を示します。For example:

-maxsize:<4096>

場所<4096>イメージが 4096 MB に制限します。where <4096> limits the image to 4096 MB.

-q-q

ソース ファイルのみをスキャンします。Scans the source files only. このオプションは、イメージを作成できません。This option does not create an image.

-r-r

Windows 8 の新機能です。New for Windows 8. ターゲットの場所には、シンボリック リンクを解決します。Resolves symbolic links to their target location.

-t<年/月/日、hh:mm:ss>-t<mm/dd/yyyy,hh:mm:ss>

すべてのファイルとディレクトリのタイムスタンプを指定します。Specifies the timestamp for all files and directories. スペースは使用しないでください。Do not use spaces. 任意の項目間の区切り記号を使用することができます。You can use any delimiter between the items. 次に、例を示します。For example:

-t12/31/2000,15:01:00

-y6-y6

ディレクトリ レコードを正確にセクターの最後に合わせる必要がありますを指定します。Specifies that directory records must be exactly aligned at the end of sectors.

-yw-yw

書き込み共有のあるソース ファイルを開きます。Opens source files that have write sharing.

Examples

これらの例は、以下を実行する方法を示しています。These examples illustrate how to do the following:

  • 単一ブート エントリを使用して、UEFI ベースのコンピューターの起動可能な CD または DVD を作成します。Create a bootable CD or DVD for a UEFI-based computer by using a single-boot entry.

  • 複数のブート エントリを使用して、UEFI ベースまたは BIOS ベースのコンピューターの起動可能な CD または DVD を作成します。Create a bootable CD or DVD for a UEFI-based or BIOS-based computer by using a multi-boot entry.

  • ディスクにブート ファイルの順序を指定します。Specify the boot file order on a disk.

単一ブート エントリを使用して、起動可能なイメージを作成するにはUse a single-boot entry to create a bootable image

Oscdimg ツールを使用して、単一ブート エントリを使用して、起動可能な CD または DVD を作成することができます。You can use the Oscdimg tool to create a bootable CD or DVD by using a single-boot entry.

単一ブート エントリを使用するにはTo use a single-boot entry

  • UEFI ベースのコンピューターのイメージ ファイルを作成します。Create an image file for a UEFI-based computer. 次に、例を示します。For example:

    Oscdimg -bC:\winpe_amd64\Efisys.bin -pEF -u1 -udfver102 C:\winpe_amd64\media C:\winpe_amd64\winpeamd64.iso
    

    c:\winpe_amd64\メディア ソース ファイル、および c: の場所は、\winpe_amd64\winpeamd64.iso は .iso ファイルのパスです。where C:\winpe_amd64\media is the location of the source files, and C:\winpe_amd64\winpeamd64.iso is the path of the .iso file.

複数のブート エントリを使用して、起動可能なイメージを作成するにはUse multi-boot entries to create a bootable image

Oscdimg ツールを使用して、複数のブート エントリを使用して、起動可能な CD または DVD を作成することができます。You can use the Oscdimg tool to create a bootable CD or DVD by using multi-boot entries. これを行うときに、次に注意してください。When you do this, note the following:

  • Bootdataオプションの後、コマンド内のブート エントリの数にする必要があります (**- bootdata: * * <数>)。The bootdata option must be followed by the number of boot entries in the command (*-bootdata:***<number>).

  • ハッシュ記号を使用して各複数のブート エントリを区切る必要があります (#)。Each multi-boot entry must be delimited by using a hash symbol (#).

  • コンマ (,) を使用して、各オプションのブート エントリを区切る必要があります。Each option for a boot entry must be delimited by using a comma (,).

  • 各ブート エントリは、プラットフォーム ID を指定する必要があります。Each boot entry must specify the platform ID.

複数のブート エントリを使用するにはTo use multi-boot entries

  • 複数のブート コマンドを使用して、イメージ ファイルを UEFI ベースまたは BIOS ベースのコンピューターのいずれかに作成します。Create an image file for either a UEFI-based or BIOS-based computer by using a multi-boot command. 次に、例を示します。For example:

    Oscdimg -bootdata:2#p0,e,bEtfsboot.com#pEF,e,bEfisys.bin -u1 
    -udfver102 C:\winpe_amd64\media C:\winpe_amd64\winpeamd64.iso
    

    このコマンドは、BIOS イメージの場合、Etfsboot.com ブート ファイルを起動し、UEFI のイメージの Efisys.bin ブート ファイルが起動します。where this command starts the Etfsboot.com boot file for a BIOS image, and then starts the Efisys.bin boot file for a UEFI image.

ブート順序を指定します。Specify the boot order

イメージの 4.5 GB より大きい場合に、ブート ファイルがイメージの先頭に配置されていることを確認するブート順序ファイルを作成する必要があります。For images larger than 4.5 GB, you must create a boot order file to make sure that boot files are located at the beginning of the image.

ファイルの順序付けの規則は次のとおりです。The rules for file ordering are as follows:

  • 順序ファイルは、ansi 形式である必要があります。The order file must be in ANSI.

  • 順序ファイルは、新しい行に終了する必要があります。The order file must end in a new line.

  • 順序ファイルには、1 行につき 1 つのファイルをいる必要があります。The order file must have one file per line.

  • イメージのルートを基準とした各ファイルを指定する必要があります。Each file must be specified relative to the root of the image.

  • 各ファイルは、長いファイル名として指定する必要があります。Each file must be specified as a long file name. 短い名前は許可されません。No short names are allowed.

  • 各ファイルのパスが最大値よりも長くすることはできません_パス。Each file path cannot be longer than MAX_PATH. これには、ボリューム名が含まれます。This includes the volume name.

たとえば、d:\cdimage (D は、DVD ドライブのドライブ文字です)、次のようになります。For example, D:\cdimage would resemble the following (where D is the drive letter of the DVD drive):

  • D:\cdimage\1\1. txtD:\cdimage\1\1.txt

  • D:\cdimage\2\2. txtD:\cdimage\2\2.txt

  • D:\cdimage\3\3. txtD:\cdimage\3\3.txt

  • D:\cdimage\3\3_5. txtD:\cdimage\3\3_5.txt

  • D:\cdimage\<longFileName>.txtD:\cdimage\<longFileName>.txt

ブート順序ファイルを作成するにはTo create a boot order file

  • ブート順序ファイルを作成します。Create a boot order file. 次に、例を示します。For example:

    Oscdimg -m -n -yoC:\temp\bootOrder.txt 
    -bC:\winpe_amd64\Efisys.bin C:\winpe_amd64\winpeamd64.iso
    

    場所 BootOrder.txt には、次のファイルの一覧が含まれています。where BootOrder.txt contains the following list of files:

    boot\bcd
    boot\boot.sdi
    boot\bootfix.bin
    boot\bootsect.exe
    boot\etfsboot.com
    boot\memtest.efi
    boot\memtest.exe
    boot\en-us\bootsect.exe.mui
    boot\fonts\chs_boot.ttf
    boot\fonts\cht_boot.ttf
    boot\fonts\jpn_boot.ttf
    boot\fonts\kor_boot.ttf
    boot\fonts\wgl4_boot.ttf
    sources\boot.wim
    

関連トピックRelated topics

WinPE:起動可能な USB ドライブを作成します。WinPE: Create USB Bootable drive

Windows の展開コマンド ライン ツールのリファレンスWindows Deployment Command-Line Tools Reference