Windows 8 用 PAE、NX、または SSE2 のサポート要件ガイドPAE/NX/SSE2 Support Requirement Guide for Windows 8

このトピックでは、Windows 8、およびエラー ケースと顧客は、コンピューターが要件を満たしていないときに発生する可能性があるシナリオでは、PAE、NX、/SSE2 要件のプロセッサ サポートについて説明します。This topic describes processor support for the PAE/NX/SSE2 requirement in Windows 8, and error cases and scenarios that customers can encounter when computers do not meet the requirement.

このコンテンツは、Windows 8 および Windows Server® 2012 に適用されます。This content applies to Windows 8 and Windows Server® 2012.

このトピックの内容。In this topic:

概要Overview

No-eXecute (NX)No-eXecute (NX)

非実行 (NX) は、メモリ ページに実行可能としてマークすることができるプロセッサ機能です。No-eXecute (NX) is a processor feature that allows memory pages to be marked as non-executable. 機能は、悪意のあるソフトウェアによる攻撃からシステムを保護するのには、CPU を使用できます。The feature enables the CPU to help guard the system from attacks by malicious software. NX 機能では、悪意のあるソフトウェアの実行可能コードがアクセス可能なメモリ領域に配置されていることを防止します。The NX feature prevents executable malicious software code from being put in accessible regions of memory. Windows 8 では、システムは、NX をサポートするプロセッサである必要があり、NX を効果的に機能して、潜在的なセキュリティの脆弱性を回避するために重要なセキュリティの保護機能に対してオンにする必要があります。Windows 8 requires that systems have processors that support NX, and NX must be turned on for important security safeguards to function effectively and to avoid potential security vulnerabilities.

このトピックで、用語NX AMD で定義されている NX プロセッサ ビットまたは Microsoft Windows でサポートされるデータ実行防止 (DEP) の機能の Intel で定義されている同等の XD プロセッサ ビットだけを参照します。In this topic, the term NX refers specifically to the NX processor bit that is defined by AMD, or the equivalent XD processor bit that is defined by Intel for the Data Execution Prevention (DEP) feature support in Microsoft Windows.

DEP は、データ ページからの悪意のあるコードの実行を防ぐのに役立ちます。DEP helps prevent malicious code execution from data pages. Windows の 32 ビット バージョンでは、次の機能の 1 つを使用して、DEP のサポート。The 32-bit version of Windows uses one of the following features for DEP support:

  • 保護のプロセッサ機能をページ、AMD 定義 No-eXecute (NX)The AMD-defined No-eXecute (NX) page protection processor feature

  • Intel 定義の実行を無効にする (XD) のビット機能The Intel-defined eXecute Disable (XD) bit feature

X86、これらのプロセッサ機能を使用する (32 ビット) のプロセッサは、物理アドレス拡張 (PAE) モードで実行する必要があります。To use these processor features, the x86 (32-bit) processor must be running in Physical Address Extension (PAE) mode. Windows の 64 ビット バージョンでは、64 ビットの拡張機能と Intel Itanium プロセッサ ファミリ (IPF) のプロセッサでのアクセス権のページ テーブル エントリ (PTE) フィールドの特定の値に NX プロセッサ機能を使用します。The 64-bit version of Windows uses the NX processor feature on 64-bit extensions and certain values of the access rights Page Table Entry (PTE) field on Intel Itanium Processor Family (IPF) processors.

DEP でだけでなくアドレス空間レイアウト Randomization (ASLR) 移動の実行可能イメージのランダムな場所に、システムの起動時ため困難にすることを予測どおりに動作する悪意のあるコードします。In addition to DEP, the Address Space Layout Randomization (ASLR) moves executable images into random locations when a system boots, thereby making it harder for malicious code to operate predictably. ASLR、DEP は、一緒に使用されている場合にのみ有効です。ASLR and DEP are effective only when they are used together. これら 2 つ重要な Windows セキュリティのセーフガード効果的に働けるに NX を有効にする必要があります。NX must be enabled for these two important Windows security safeguards to remain effective. 詳細については、Windows ISV Software Security Defensesを参照してください。For more information, see Windows ISV Software Security Defenses.

物理アドレス拡張 (PAE)Physical Address Extension (PAE)

プロセッサは、NX プロセッサ機能を使用する物理アドレス拡張 (PAE) モードで実行する必要があります。The processor must be running in Physical Address Extension (PAE) mode to use the NX processor feature. PAE は、4 GB の物理メモリ対応のバージョンの Windows ではよりその有効 x86 プロセッサへのアクセスに、プロセッサが機能します。PAE is a processor feature that enables x86 processors to access more than 4 GB of physical memory on capable versions of Windows. Intel Itanium および x64 プロセッサ アーキテクチャが 4 GB を超える物理メモリをネイティブにアクセスできるし、PAE のと同等に渡さないようにします。The Intel Itanium and x64 processor architectures can access more than 4 GB of physical memory natively, and do not provide the equivalent of PAE. PAE は x86 ベースのシステムでのみで実行されている Windows の 32 ビット バージョンでサポートされています。PAE is supported by 32-bit versions of Windows running on x86-based systems only.

DEP は、NX 機能をサポートするプロセッサを搭載したシステムで有効になっている、PAE は自動的に有効にします。When DEP is enabled on a system that has a processor that supports the NX feature, PAE is automatically enabled.

ストリーミング SIMD 拡張命令 2 (SSE2)Streaming SIMD Extensions 2 (SSE2)

NX をサポートするすべてのプロセッサでは、ストリーミング SIMD 拡張命令 2 (SSE2) もサポートします。All processors that support NX also support Streaming SIMD Extensions 2 (SSE2). SSE2 とは、Intel 単一命令 Multiple Data (SIMD) プロセッサ補助命令セットです。SSE2 is an Intel Single Instruction Multiple Data (SIMD) processor supplementary instruction set. AMD には、AMD64 プロセッサの Opteron および Athlon 64 の範囲と SSE2 をサポートも含まれています。AMD also includes SSE2 support with Opteron and Athlon 64 ranges of AMD64 processors. NX をサポートするすべてのプロセッサは SSE2 もサポートします。All processors that support NX also support SSE2. 多くの Windows 8 アプリケーションには、SSE2 命令のセットがあるコード パスが含まれています。Many Windows 8 applications have code paths that have the SSE2 instruction set. SSE2 は、Windows 8 の要件です。SSE2 is a requirement for Windows 8.

影響の範囲Scope of implications

すべての最新のプロセッサでは、NX をサポートします。All modern processors support NX. NX は、BIOS で無効にできます。NX can be turned off in the BIOS. Windows® 7 を実行しているシステムの場合は、その 1 パーセントを表示する使用可能な製品利用統計情報データに基づいて、ある NX BIOS 設定の構成が正しくないのため、オフにします。Based on available telemetry data, it appears that one percent of the systems that are running Windows® 7 have NX turned off because of a misconfiguration in the BIOS setting.

NX には、Windows の 32 ビット版で PAE 対応のプロセッサが必要です。NX requires PAE-capable processors on 32-bit version of Windows. Address Windowing Extensions (AWE) であるために、すべての 64 ビット プロセッサ サポート NX に注意してください。All 64-bit processors support NX because they are Address Windowing Extensions (AWE)-aware. したがって、PAE 対応していない古い 32 ビット プロセッサの問題はありません WOA 影響または Windows Server への影響 (Windows Server 2012 は、64 ビットをのみです)。Therefore, the issue of older 32-bit processors that are not PAE-capable has no WOA implications or Windows Server implications (Windows Server 2012 is 64-bit only). プロセッサの要件が最新のシステムで顧客に影響しませんまたはこれらのシステムを Windows 7 のロゴの要件を満たすため、システム上には、NX のサポートを有効にする NX を有効にする PAE 対応の 32 ビット プロセッサを搭載しています。The processor requirement won't impact customers on modern systems, or on systems that meet logo requirements for Windows 7 because these systems have PAE-capable 32-bit processors that support NX and enable NX to be turned on. PAE/NX をサポートしていない非常に古い 32 ビット プロセッサで実行されている Windows 7 をお持ちのお客様の少数のセットのみが影響を受けます。Only a small set of customers who have Windows 7 running on very old 32-bit processors without PAE/NX support are impacted.

Windows 8 および Windows Server 2012 は、PAE を必要とします。Windows 8 and Windows Server 2012 require PAE. この要件では、PAE をサポートしない古いハードウェアをお持ちのお客様の数が少ないに影響します。This requirement impacts a small number of customers who have older hardware that does not support PAE. Windows 8 が正しく構成されていない仮想マシン (Vm) 上にインストールされている場合、エラーが発生します。Failures occur when Windows 8 is installed on misconfigured Virtual Machines (VMs). Windows セットアップでは、エラー 0xc0000260 インストールは失敗し、Windows 7 をロールバックします。Windows Setup fails the installation with error 0xc0000260 and rolls back to Windows 7.

Visual Studio では、既定で SSE2 命令を出力します。Visual Studio emits SSE2 instructions by default. これらの手順に通信するアプリケーションがクラッシュする」の説明に従って、SSE2 をサポートしない古いプロセッサが搭載されたシステムで/arch:SSE が指定されているときに生成される SSE2 命令します。Applications that contact these instructions crash on systems that have older processors that do not support SSE2, as described in SSE2 instructions generated when /arch:SSE is specified.

サポート要件Support requirements

このセクションでは、Windows 8 を実行しているシステム上のプロセッサが PAE、NX、および SSE2 のサポート要件を満たしていることを確認するメジャーを示します。This section describes the measures that ensure that processors on systems that are running Windows 8 meet PAE, NX, and SSE2 support requirements.

Windows 8 ロゴの要件Windows 8 Logo requirement

Windows 8 ハードウェア認定要件では、すべてのドライバーは、適切なデバイスとドライバーのシステム動作を確保する実行保護と共に正常動作する必要がありますが必要です。Windows 8 Hardware Certification Requirement requires that all drivers must operate normally together with Execution Protection to ensure proper device and driver system behavior. ドライバーは、スタック、ページ プール、およびセッション プール外のコードを実行する必要があります。Drivers must not execute code out of the stack, paged pool, and session pool. ドライバーは、PAE モードが有効になっているときに読み込まれる必要があります失敗しません。Drivers must not fail to load when PAE mode is enabled. システム ファームウェアの NX があります。 またに DEP ポリシーを設定する必要がありますいない常にオフします。The system firmware must have NX on and DEP policy must not be set to Always Off. 認定テストでは、システムがこの NX サポート要件を満たしていることを認定同梱されています。A certification test is included to certify that a system meets this NX support requirement.

詳細については、Windows ハードウェア認定要件を参照してください。For more information, see Windows Hardware Certification Requirements.

Windows セットアップでハードウェアの互換性チェックHardware compatibility check in Windows Setup

Windows セットアップでは、PAE、NX、および SSE2 のサポートのインストールのシステム上のハードウェア互換性チェックが。Windows Setup has a hardware compatibility check for PAE, NX, and SSE2 support on the install system. PAE、NX、および SSE2 のプロセッサ サポートの要求に失敗したシステムでは、Windows 8 の互換性の問題レポートにハード ブロックとして報告され、メッセージが表示されます。Windows 8 と互換性がない、PC の CPUします。Systems that fail the requirement of processor support for PAE, NX, and SSE2 are reported as hard blocks for Windows 8 in the compatibility issue report, and display the message: Your PC's CPU isn't compatible with Windows 8.

pc が windows 8 を実行できません。

図 1 CPU の非互換性エラー メッセージFigure 1 CPU Incompatibility Error Message

  このサポートの要件の確認はのみ、新しい Windows セットアップとアップグレード アシスタントで使用できます。Note   This support requirement check is available in the new Windows Setup and Upgrade Assistant only. Windows 8 には、このチェックが含まれていないインストール メディアの sources フォルダーに Windows セットアップの別のバージョンが含まれています。Windows 8 includes an alternate version of Windows Setup in the sources folder of the installation media, which does not include this check. PAE、NX、SSE2 を満たしていないシステムでこの代替バージョンの Windows セットアップを使用しようとするお客様は、セットアップ プロセス中にエラーに遭遇した要件をサポートし、以前のオペレーティング システムにロールバックします。Customers who try to use this alternate version of Windows Setup on a system that does not meet the PAE/NX/SSE2 support requirements encounter an error during the Setup process and roll back to the previous operating system.

ブート メディアまたは Windows 展開サービス (WDS) などのネットワーク インストールからでは、互換性チェックは行われません Windows セットアップ中にします。In a boot from media or a network installation such as Windows Deployment Services (WDS), no compatibility check occurs during Windows Setup. これらのシナリオについてでバグチェック NX または SSE2 をサポートしていないシステムが発生 (以下に記載されているカーネル機能強化セクション) のセットアップが Windows をブートする場合。For these scenarios, a system without NX or SSE2 support will result in a bugcheck (that is described in the following Kernel enhancement section) when Setup tries to boot Windows.

カーネルの機能強化Kernel enhancement

NX Windows 8 の要件を満たすために機能と SSE2 命令をサポートして、Windows 8 カーネルでは、初期化中にこれらの機能を確認します。To meet the Windows 8 requirement for NX feature and SSE2 instructions support, the Windows 8 kernel checks for these features during initialization. NX または SSE2 をサポートしていないシステムでは、Windows 8 カーネルを初期化できません。Systems that do not support NX or SSE2 cannot initialize a Windows 8 kernel. システム ファームウェアの NX を無効にすることができますをオーバーライドします。 オプションがあります。そのため、正しく構成されていないファームウェアでは、失敗するブートは発生しません。Systems that can disable NX in firmware have that option overridden; therefore, misconfigured firmware does not cause boot to fail. システムでバグチェック NX または SSE2 のサポートの結果はありませんを起動しようとしました。An attempt to boot a system that does not have NX or SSE2 support results in a bugcheck. ユーザーの取得、サポートされていない_プロセッサの 4 行の 32 ビット システムでの情報と共に、(0x0000005D) エラー コードします。Users get the UNSUPPORTED_PROCESSOR code (0x0000005D) error, together with four lines of information on a 32-bit system:

  • 行 1 – 機能が不足していることを示すコードと、CPU の識別子Line 1 – a code indicating a feature is missing and an identifier for the CPU

  • 行 2-4-ベンダー ID 文字列Lines 2-4 – Vendor ID strings

64 ビット システムでバグチェックが同じのサポートされていないを示しています_として次の 4 行の情報と共に、32 ビット システム上のプロセッサ コード。On a 64-bit system, the bugcheck shows the same UNSUPPORTED_PROCESSOR code as on a 32-bit system, together with the following four lines of information:

  • 行 1 – 標準的な機能のレジスタの内容Line 1 – the contents of the standard features register

  • 行 2 – 拡張機能のレジスタの内容Line 2 – the contents of the extended features register

  • 3 ~ 4 – 両方の 0 を行します。Lines 3-4 – both 0

よく寄せられる質問FAQs

私のシステムが、NX または SSE2 をサポートしているかを知る方法How do I know if my system supports NX or SSE2?

使用することができます、 Coreinfoコマンド ライン ユーティリティ、システムのプロセッサ情報を取得し、出力の一覧で、PAE、NX、および SSE2 のエントリを確認します。You can use the Coreinfo command-line utility to get a system’s processor information and review PAE, NX, and SSE2 entries in the output list. A \* 文字をサポートされる機能名の横に表示します。A \* character displays next to a supported feature name. A - 機能がサポートされていない場合、文字が表示されます。A - character displays if the feature is not supported. 次に、例を示します。For example:

Coreinfo v3.04 - Dump information on system CPU and memory topology
Copyright (C) 2008-2012 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

AMD Athlon(tm) 64 X2 Dual Core Processor 4600+
x86 Family 15 Model 75 Stepping 2, AuthenticAMD
HTT*       Hyperthreading enabled
HYPERVISOR      -       Hypervisor is present
VMX             -       Supports Intel hardware-assisted virtualization
SVM             *       Supports AMD hardware-assisted virtualization
EM64T           *       Supports 64-bit mode

SMX             -       Supports Intel trusted execution
SKINIT          -       Supports AMD SKINIT
EIST            -       Supports Enhanced Intel Speedstep

NX              *       Supports no-execute page protection
PAGE1GB         -       Supports 1 GB large pages
PAE             *       Supports > 32-bit physical addresses
PAT             *       Supports Page Attribute Table
PSE             *       Supports 4 MB pages
PSE36           *       Supports > 32-bit address 4 MB pages
PGE             *       Supports global bit in page tables
SS              -       Supports bus snooping for cache operations
VME             *       Supports Virtual-8086 mode

FPU             *       Implements i387 floating point instructions
MMX             *       Supports MMX instruction set
MMXEXT          *       Implements AMD MMX extensions
3DNOW           *       Supports 3DNow! instructions
3DNOWEXT        *       Supports 3DNow! extension instructions
SSE             *       Supports Streaming SIMD Extensions
SSE2            *       Supports Streaming SIMD Extensions 2
SSE3            *       Supports Streaming SIMD Extensions 3
SSSE3           -       Supports Supplemental SIMD Extensions 3
SSE4.1          -       Supports Streaming SIMD Extensions 4.1
SSE4.2          -       Supports Streaming SIMD Extensions 4.2
……..
……..

つまり PAE は、出力ではサポートされていない Coreinfo として表示されますが場合、は、システムのプロセッサの PAE 対応でないし、NX をサポートすることはできません。If PAE is displayed as not supported in Coreinfo output, this means that the system has a processor that is not PAE-capable, and cannot support NX. PAE がサポートされているため、表示されますが、NX がいないと表示される場合は、Coreinfo 出力でサポートされています。If PAE is shown as supported, but NX is displayed as not supported in Coreinfo output:

  • NX、システム上のプロセッサによってサポートされているかを決定する CPU の製造元によって公開された機能セットを参照してください。Consult the feature set that is published by the CPU manufacturer to determine if NX is supported by the processor on the system.

  • プロセッサに NX のサポートがある場合、システムは、NX オプションをサポートの構成が間違っている BIOS 設定があります。If the processor has NX support, then the system might have a misconfigured BIOS setting for the NX support option.

NX は私のシステムでサポートされている場合はオンにすれば NX でしょうか。If NX is supported on my system, how do I turn on NX?

NX サポートしているシステムで、BIOS 設定のオプションに移動し、NX または XD の設定を探してするシステムの製造元のガイドを参照してください、セキュリティタブ NX サポートを有効にします。On a system that has the NX support, see the system manufacturer’s guide to go into the BIOS settings option and look for the NX or XD settings under the Security tab to turn on the NX support. NX サポートの BIOS 設定が、システムで利用できない場合は、BIOS を更新する製造元に連絡する必要があります。If the BIOS setting for NX support is not available on the system, you might need to contact the manufacturer to update the BIOS.

   64 ビット システムでは、NX が、システムでサポートされている場合、システムの構成設定できないようにするのに設定する DEP ポリシーを設定する常にオフします。Note   On a 64-bit system, if NX is supported by the system, the system configuration settings do not allow setting DEP policy to be set to Always Off. DEP のシステム全体の構成の詳細については、Windows XP Service Pack 2、Windows XP Tablet PC Edition 2005、および Windows Server 2003 でのデータ実行防止 (DEP) 機能の詳細な説明を参照してください。For more information about system-wide configuration of DEP, see A detailed description of the Data Execution Prevention (DEP) feature in Windows XP Service Pack 2, Windows XP Tablet PC Edition 2005, and Windows Server 2003.

Windows 8 では、システム上のプロセッサは正常に起動するには、NX とシステムの SSE2 をサポートする必要があります。For Windows 8, processors on a system must support NX and SSE2 for the system to boot successfully. システムのサポートは、設定が正しく構成されていない場合は、オプションは、カーネルが、システムを起動する前に上書きされます。If a system has the support but the settings are misconfigured, the options are overridden before the kernel boots up the system.

エラー 0x0000260 での VM にインストールする Windows 8 が失敗したときにどうすればでしょうか。What should I do when Windows 8 failed to install on a VM with error 0x0000260?

VM は、NX をサポートするシステムでホストされているが場合、Windows 8 の VM をセットアップするときに、VM の設定または configuration manager で PAE/NX が有効にする必要があります。If a VM is hosted on a system that supports NX, you must enable PAE/NX in the VM settings or configuration manager when you set up the Windows 8 VM. VM の PAE/NX を有効にする方法については、仮想化製品のインストール ガイドを参照してください。See the virtualization product installation guide for instructions on how to enable PAE/NX for the VM.

   NX を無効になっているが Windows のバージョンを実行しているシステムでホストされている VM で Windows 8 をインストールしようとした場合の指示に従ってください必要があります私のシステムが、NX または SSE2 をサポートしているかを知る方法でしょうかNX は私のシステムでサポートされている場合はオンにすれば NX? VM には、PAE/NX を有効にできる前に、システムに NX を有効にします。Note   If you tried to install Windows 8 on a VM that is hosted on a system that is running a version of Windows that has NX disabled, you must follow the instructions in How do I know if my system supports NX or SSE2? and If NX is supported on my system, how do I turn on NX? to enable NX on the system before PAE/NX can be enabled for the VM.