Windows インストールの一般化 (Sysprep)Sysprep (Generalize) a Windows installation

Windows イメージを別の PC に展開するには、まずそのイメージを一般化して、インストール済みのドライバーやコンピューターのセキュリティ識別子 (SID) などのコンピューター固有の情報を削除する必要があります。To deploy a Windows image to different PCs, you have to first generalize the image to remove computer-specific information such as installed drivers and the computer security identifier (SID). イメージを一般化し、すぐに展開できるようにするには、Sysprep を単独で使用するか、または Sysprep を無人応答ファイルと共に使用できます。You can either use Sysprep by itself or Sysprep with an unattend answer file to generalize your image and make it ready for deployment.

Windows インストールの一般化Generalize a Windows installation

Windows イメージを一般化すると、Windows セットアップによって generalize 構成パス内の設定が処理されます。When you generalize a Windows image, Windows Setup processes settings in the generalize configuration pass. 同様のハードウェアを備えた PC に展開されるイメージをキャプチャする場合でも、Windows インストールから PC 固有の情報を削除するために、引き続き Windows インストールを一般化する必要があります。これにより、そのイメージを安全に再利用できるようになります。Even if you're capturing an image that's going to be deployed to a PC with similar hardware, you still have to generalize the Windows installation to remove unique PC-specific information from a Windows installation, which allows you to safely reuse your image.

イメージを一般化すると、Sysprep を実行したオペレーティング システム ボリューム上のコンピューター SID のみが Windows によって置き換えられます。When you generalize an image, Windows replaces the computer SID only on the operating system volume where you ran Sysprep. 1 台のコンピューターに複数のオペレーティング システムが存在する場合は、各イメージに対して個別に Sysprep を実行する必要があります。If a single computer has multiple operating systems, you must run Sysprep on each image individually.

ネットワーク ポリシー サーバー (NPS) 構成でリモート認証ダイヤルイン ユーザー サービス (RADIUS) クライアントまたはリモート RADIUS サーバー グループが定義されている Windows Server インストールを一般化する場合は、別のコンピューターに展開する前に、この情報を削除する必要があります。If you're generalizing a Windows Server installation that has Remote Authentication Dial-In User Service (RADIUS) clients or remote RADIUS server groups defined in the Network Policy Server (NPS) configuration, you should remove this information before you deploy it to a different computer. 詳細については、ネットワーク ポリシー サーバー (NPS) のイメージングの準備に関するページを参照してください。For more information, see Prepare a Network Policy Server (NPS) for Imaging.

Sysprep によりインストール済みのデバイスが削除されないようにするPrevent Sysprep from removing installed devices

Windows PC をセットアップすると、Windows セットアップによって、検出されたすべてのデバイスが構成されます。When you set up a Windows PC, Windows Setup configures all detected devices. Windows インストールを一般化すると、構成されたデバイスがアンインストールされますが、デバイス ドライバーは PC から削除されません。Generalizing a Windows installation uninstalls configured devices, but does not remove device drivers from the PC.

元の PC と同じハードウェアとデバイスを備えたコンピューターにイメージを展開する場合は、Microsoft-Windows-PnpSysprep | PersistAllDeviceInstallstrue に設定された無人セットアップ ファイルを使用して、システムの一般化中にデバイスをコンピューターにインストールされたままにすることができます。If you're deploying an image to computers that have identical hardware and devices as the original PC, you can keep devices installed on the computer during system generalization by using an unattend file with Microsoft-Windows-PnpSysprep | PersistAllDeviceInstalls set to true. Windows の無人コンポーネントに関連した Sysprep の詳細については、Windows の無人セットアップに関する Microsoft-Windows-PnpSysprep のリファレンスに関するページを参照してください。For more information about Sysprep-related Windows unattend components, see the Unattended Windows Setup Reference for Microsoft-Windows-PnpSysprep.

Sysprep を実行できる回数の制限Limits on how many times you can run Sysprep

Sysprep コマンドは、1 つの Windows イメージに対して最大 8 回実行できます。You can run the Sysprep command up to 8 times on a single Windows image. Sysprep を 8 回実行したら、Windows イメージを再作成する必要があります。After running Sysprep 8 times, you must recreate your Windows image. 以前のバージョンの Windows では、Sysprep の実行時に SkipRearm の応答ファイル設定を使用して Windows 製品のライセンス認証のクロックをリセットできました。In previous versions of Windows, you could use the SkipRearm answer file setting to reset the Windows Product Activation clock when running Sysprep. ボリューム ライセンス キーまたは小売プロダクト キーを使用している場合は、Windows が自動的にアクティブ化されるため、SkipRearm を使用する必要はありません。If you are using a volume licensing key or a retail product key, you don't have to use SkipRearm because Windows is automatically activated.

Microsoft Store アプリMicrosoft Store apps

Windows イメージを一般化する前に新しい Microsoft Store アプリをインストールするか、または既存の Microsoft Store アプリを更新すると、Sysprep が失敗します。Installing new Microsoft Store apps or updating your existing Microsoft Store apps before generalizing a Windows image will cause Sysprep to fail. Sysprep /generalize では、すべてのアプリがすべてのユーザーにプロビジョニングされていることが必要ですが、Microsoft Store からアプリを更新すると、そのアプリはログインしているユーザー アカウントに関連付けられます。Sysprep /generalize requires that all apps are provisioned for all users; however, when you update an app from the Microsoft Store, that app becomes tied to the logged in user account. Sysprep ログ ファイル (%WINDIR%\System32\Sysprep\Panther) に次のエラーが表示されます。The following error appears in the Sysprep log files (located at %WINDIR%\System32\Sysprep\Panther):

<package name> was installed for a user, but not provisioned for all users. This package will not function properly in the sysprep image.

Microsoft Store を使用してアプリを更新する代わりに、更新プログラムを基幹業務アプリにサイドローディングし、ビジネス アプリ用のオフライン ライセンスの Microsoft Store をすべてのユーザーにプロビジョニングするか、またはエンドユーザーに各自のターゲット PC で Microsoft Store を使用してアプリを更新してもらう必要があります。Instead of using the Microsoft Store to update your apps, you should sideload updates to your line-of-business apps, provision offline-licensed Microsoft Store for Business apps for all users, or have end-users update their apps by using the Microsoft Store on their destination PCs. マネージ環境内の Microsoft Store アクセスが IT 管理者によって無効にされている場合、エンドユーザーは Microsoft Store アプリを更新できません。If Microsoft Store access in a managed environment is disabled by an IT administrator, end-users will not be able to update the Microsoft Store apps.

Microsoft Store の基幹業務アプリのサイドローディングの詳細については、DISM を使用したアプリのサイドローディングおよびスタート画面のカスタマイズに関するページを参照してください。For more information about sideloading line-of-business Microsoft Store apps, see Sideload Apps with DISM and Customize the Start Screen.

イメージを一般化するGeneralize an image

監査モードから一般化するGeneralize from Audit Mode

イメージを一般化するには、まず監査モードで起動する必要があります。To generalize an image, you have to first boot into Audit Mode. 無人セットアップ ファイルを使用して、または Out-Of-Box Experience (OOBE) 画面から監査モードで起動できます。You can boot into Audit Mode using an unattend file or from the Out-Of-Box Experience (OOBE) screen. 監査モードで起動するためのさまざまな方法については「監査モードまたは OOBE での Windows の起動」を参照してください。You can read about the different ways of booting into Audit Mode at Boot Windows to Audit Mode or OOBE.

  1. PC を監査モードで起動します。Boot a PC into Audit Mode. Windows が監査モードで起動すると、デスクトップに [システム準備ツール] が表示されます。When Windows boots into Audit Mode, System Preparation Tool will appear on the desktop. [システム準備ツール] ウィンドウを閉じることも、または開いたままにしておくこともできます。You can choose to either close the System Preparation Tool window or allow it to remain open.

  2. ドライバーを追加したり、設定を変更したり、プログラムをインストールしたりして Windows をカスタマイズします。Customize Windows by adding drivers, changing settings, and installing programs. Microsoft Store を使用して Microsoft Store アプリをインストールしないでください。Do not install any Microsoft Store apps using the Microsoft Store.

  3. Sysprep を実行します。Run Sysprep.

    • [システム準備ツール] ウィンドウがまだ開いている場合は、 [Generalize] (一般化)[シャットダウン] の順にクリックし、 [OK] をクリックしてイメージの一般化と PC のシャットダウンを実行します。If the System Preparation Tool window is still open, click Generalize, click Shutdown, and then click OK to generalize the image and shut down the PC.

      または-or-

    • コマンド プロンプトから Sysprep を使用します。Use Sysprep from Command Prompt. %WINDIR%\system32\sysprep\sysprep.exe を実行して、システム準備ウィンドウ を開きます。Run %WINDIR%\system32\sysprep\sysprep.exe to open the System Preparation Window. また、/generalize/shutdown/oobe オプションを指定して Sysprep コマンドを使用することもできます。You can also use the Sysprep command together with the /generalize, /shutdown, and /oobe options. 使用可能なオプションを確認するには、「Sysprep のコマンド ライン オプション」を参照してください。See Sysprep command-line options to see available options.

      %WINDIR%\system32\sysprep\sysprep.exe /generalize /shutdown /oobe
      

      注意

      同じ仮想マシンまたはハイパーバイザー上に VHD として展開される VHD を一般化する場合は、Sysprep コマンド ラインで /mode:vm オプションを使用します。If you are generalizing a VHD that will be deployed as a VHD on the same virtual machine or hypervisor, use the /mode:vm option with the Sysprep command-line.

      コンピューターによってイメージが一般化され、シャットダウンされます。The computer generalizes the image and shuts down.

  4. コンピューターがシャットダウンしたら、DISM を使用してイメージをキャプチャします。After the computer shuts down, capture your image with DISM.

  5. このイメージを参照コンピューターに展開します。Deploy this image to a reference computer. 参照コンピューターが起動すると、OOBE 画面が表示されます。When the reference computer boots, it displays the OOBE screen.

無人セットアップを使用して一般化するGeneralize using unattend

コンピューターの展開中に複数の無人セットアップ ファイルを使用する場合は、無人セットアップ ファイルの処理後に Windows セットアップによって PC が一般化されるように、それぞれの無人セットアップ ファイルに次の設定を追加できます。If you use multiple unattend files during your computer deployment, you can add the following settings to your each of your unattend files so Windows Setup will generalize the PC after processing the unattend file.

  • 自動的にイメージを一般化してシャットダウンするには、Microsoft-Windows-Deployment | Generalize 設定を使用します。To automatically generalize the image and shut down, use the Microsoft-Windows-Deployment | Generalize setting. ModeOOBE または Audit に設定し、ForceShutdownNowtrue に設定します。Set Mode to OOBE or Audit, and set ForceShutdownNow to true.

または-or-

  • システムを一般化し、監査モードで起動するには、oobeSystem 構成パスへの Microsoft-Windows-Deployment | Reseal 設定を使用します。To generalize the system, and have it boot into Audit Mode, use the Microsoft-Windows-Deployment | Reseal setting to the oobeSystem configuration pass. ModeAudit に設定します。Set Mode to Audit.

関連トピックRelated topics

Sysprep プロセスの概要Sysprep Process Overview

Sysprep のコマンド ライン オプションSysprep Command-Line Options

サーバーの役割の Sysprep サポートSysprep Support for Server Roles

プロダクト キーの操作とアクティブ化Work with Product Keys and Activation