応答ファイル (unattend.xml)Answer files (unattend.xml)

応答ファイル (または無人セットアップ ファイル) を使って、セットアップ中にイメージの Windows の設定を変更できます。Answer files (or Unattend files) can be used to modify Windows settings in your images during Setup. 最初のユーザーがアカウントを作成し、既定の言語を選択した後に実行される、イメージ内のスクリプトをトリガーするための設定を作成することもできます。You can also create settings that trigger scripts in your images that run after the first user creates their account and picks their default language.

Windows セットアップが自動的に検索応答ファイル、特定の場所をを使用して使用する無人セットアップ ファイルを指定することも、 /unattend: Windows セットアップ (setup.exe) を実行している場合のオプションします。Windows Setup will automatically search for answer files in certain locations, or you can specify an unattend file to use by using the /unattend: option when running Windows Setup (setup.exe).

Windows 設定の概要Windows settings overview

監査モードでは多くの Windows の設定を定義できますが、メーカーのサポート情報の追加など、応答ファイルや Windows 構成デザイナーを使うことによってのみ構成できる設定もあります。While you can set many Windows settings in audit mode, some settings can only be set by using an answer file or Windows Configuration Designer, such as adding manufacturer’s support information. 応答ファイルの設定 (無人設定とも呼ばれます) の全一覧については、「Windows の無人セットアップ リファレンス」をご覧ください。A full list of answer file settings (also known as Unattend settings) is in the Unattended Windows Setup Reference.

企業がグループ ポリシーを使って制御できる設定もあります。Enterprises can control other settings by using Group Policy. 詳しくは、「グループ ポリシー」をご覧ください。For more info, see Group Policy.

応答ファイルの設定Answer file settings

新しい設定を追加する構成パスを指定することができます。You can specify which configuration pass to add new settings:

  • 1 windowsPE:これらの設定は、Windows セットアップのインストール プログラムによって使用されます。1 windowsPE: These settings are used by the Windows Setup installation program. 既存のイメージを変更する場合は通常、これらの設定は無視できます。If you’re modifying existing images, you can usually ignore these settings.

  • 4 specialize:ほとんどの設定は、ここで追加する必要があります。4 specialize: Most settings should be added here. これらの設定は、監査モードの最初および OOBE の最初にトリガーします。These settings are triggered both at the beginning of audit mode and at the beginning of OOBE. 複数の更新またはテスト設定を作る必要がある場合は、再びデバイスを一般化して、Specialize 構成パスに別のバッチ設定を追加します。If you need to make multiple updates or test settings, generalize the device again and add another batch of settings in the Specialize Configuration pass.

  • 6 auditUser:実行を開始するとすぐには監査モードです。6 auditUser: Runs as soon as you start audit mode.

    これは、システム テスト スクリプトを実行する絶好を追加しますMicrosoft の Windows 展開\RunAsynchronousCommand例として。This is a great time to run a system test script - we'll add Microsoft-Windows-Deployment\RunAsynchronousCommand as our example. 詳しくは、「Windows セットアップへのカスタム スクリプトの追加」をご覧ください。To learn more, see Add a Custom Script to Windows Setup.

  • 7 oobeSystem:控え目に使う。7 oobeSystem: Use sparingly. これらの設定のほとんどは、ユーザーが OOBE を完了した後に実行されます。Most of these settings run after the user completes OOBE. 例外は、Microsoft Windows Deployment\再シール\モード= 監査の設定は、OOBE をバイパスし、監査モードの PC の起動に使用します。The exception is the Microsoft-Windows-Deployment\Reseal\Mode = Audit setting, which we’ll use to bypass OOBE and boot the PC into audit mode.

    スクリプトが OOBE 中にユーザーが選択した言語の認識に依存する場合は、oobeSystem パスにスクリプトを追加します。If your script relies on knowing which language the user selects during OOBE, you’d add it to the oobeSystem pass.

  • 詳しくは、「Windows セットアップの構成パス」をご覧ください。To learn more, see Windows Setup Configuration Passes.

注意

ユーザーが組み込みの回復ツールを使用して各自の PC をリセットする場合、これらの設定が失われる可能性があります。These settings could be lost if the user resets their PC with the built-in recovery tools. これらの設定のリセット中に、デバイスで常に確認する方法については、次を参照してください。サンプル スクリプト。回復を使用して Windows 設定を維持するします。To see how to make sure these settings stay on the device during a reset, see Sample scripts: Keeping Windows settings through a recovery.

作成し、応答ファイルの変更Create and modify an answer file

手順 1:カタログ ファイルの作成Step 1: Create a catalog file

  1. Windows システム イメージ マネージャーを起動します。Start Windows System Image Manager.

  2. [ファイル] > [Windows イメージの選択] の順にクリックします。Click File > Select Windows Image.

  3. [Windows イメージの選択] で、イメージ ファイル (D:\install.wim) の場所に移動し、選択します。In Select a Windows Image, browse to and select the image file (D:\install.wim). 次に、たとえば、Windows 10 Pro、Windows のエディションを選択し、をクリックしてOKします。Next, select an edition of Windows, for example, Windows 10 Pro, and click OK. [はい] をクリックしてカタログ ファイルを生成します。Click Yes to create the catalog file. Windows SIM は、イメージ ファイルに基づいたカタログ ファイルを作成し、イメージ ファイルと同じフォルダーに保存します。Windows SIM creates the file based on the image file, and saves it to the same folder as the image file. この処理は数分かかる場合があります。This process can take several minutes.

    [Windows イメージ] ウィンドウにカタログ ファイルが表示されます。The catalog file appears in the Windows Image pane. Windows SIM には、構成可能なコンポーネントとそのイメージにパッケージが一覧表示します。Windows SIM lists the configurable components and packages in that image.

    トラブルシューティング。 Windows SIM はカタログ ファイルを作成していない場合は、次の手順を試してください。Troubleshooting: If Windows SIM does not create the catalog file, try the following steps:

    • 32 ビットまたは ARM ベースのデバイスのカタログ ファイルを作成するには、32 ビットのデバイスを使います。To create a catalog file for either 32-bit or ARM-based devices, use a 32-bit device.

    • Windows の基本イメージ ファイルを確認 (\ソース\Install.wim) またはハード ドライブを USB フラッシュ ドライブなどの読み取り/書き込みの特権を持つフォルダーにされています。Make sure the Windows base-image file (\Sources\Install.wim) is in a folder that has read-write privileges, such as a USB flash drive or on your hard drive.

手順 2:応答ファイルを作成するStep 2: Create an answer file

  • [ファイル] > [新しい応答ファイル] の順にクリックします。Click File > New Answer File.

    [応答ファイル] ウィンドウに新しい応答ファイルが表示されます。The new answer file appears in the Answer File pane.

      既存の応答ファイルを開く場合がありますを求められます、イメージ、応答ファイルに関連付けます。Note   If you open an existing answer file, you might be prompted to associate the answer file with the image. [はい] をクリックします。Click Yes.

手順 3:新しい応答ファイルの設定の追加Step 3: Add new answer file settings

  1. OEM の情報を追加します。Add OEM info:

    Windows イメージウィンドウで、展開コンポーネント、右クリックしてamd64_Microsoft Windows Shell セットアップ_(バージョン) 、し、選択追加の設定を渡す 4 specializeします。In the Windows Image pane, expand Components, right-click amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_(version), and then select Add Setting to Pass 4 specialize.

    応答ファイルペインで、コンポーネント\4 specialize\amd64_Microsoft Windows Shell セットアップ_ニュートラル\OEMInformation.In the Answer File pane, select Components\4 specialize\amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral\OEMInformation.

    [OEMInformation のプロパティ] ウィンドウの [設定] セクションで、次の設定を選びます。In the OEMInformation Properties pane, in the Settings section, select:

    • 製造元 =FabrikamManufacturer=Fabrikam
    • モデル =Notebook Model 1Model=Notebook Model 1
    • ロゴ =C:\Fabrikam\Fabrikam.bmpLogo=C:\Fabrikam\Fabrikam.bmp

    最大サイズとして保存、120 x 120 ピクセルが 32 ビット カラーを作成D:\AnswerFiles\Fabrikam.bmpローカル コンピューター上のファイルまたは USB B キーからサンプルを使用:D:\ConfigSet\$OEM$\$$\System32\OEM\Fabrikam.bmpします。Create a 32-bit color with a maximum size of 120x120 pixels, save it as D:\AnswerFiles\Fabrikam.bmp file on your local PC, or use the sample from the USB-B key: D:\ConfigSet\$OEM$\$$\System32\OEM\Fabrikam.bmp.

    このロゴをいくつかの手順で Windows イメージにコピーします。We'll copy the logo into the Windows image in a few steps.

  2. 自動的に監査モードで起動するように、デバイスを設定します。Set the device to automatically boot to audit mode:

    Windows イメージウィンドウで、展開コンポーネント、右クリックしてamd64_Microsoft の Windows 展開_(バージョン) 、し、選択7 oobeSystem に渡す追加設定します。In the Windows Image pane, expand Components, right-click amd64_Microsoft-Windows-Deployment_(version), and then select Add Setting to Pass 7 oobeSystem.

    応答ファイルペインで、コンポーネント\7 oobeSystem\amd64_Microsoft Windows-Deployment_ニュートラル\を再シール.In the Answer File pane, select Components\7 oobeSystem\amd64_Microsoft-Windows-Deployment_neutral\Reseal.

    [Reseal のプロパティ] ウィンドウの [設定] セクションで、Mode=Audit を選びます。In the Reseal Properties pane, in the Settings section, select Mode=Audit.

  3. 監査モードが開始された後に実行するスクリプトを準備します。Prepare a script to run after Audit mode begins.

    Windows イメージウィンドウで、右クリックしてamd64_ Microsoft の Windows 展開_(バージョン) 順にクリックします6 auditUser に渡すする設定の追加.In the Windows Image pane, right-click amd64_ Microsoft-Windows-Deployment_(version) and then click Add Setting to Pass 6 auditUser.

    応答ファイルウィンドウで、展開コンポーネント\6 auditUser\amd64_Microsoft Windows-Deployment_ニュートラル\RunAsynchronous.In the Answer File pane, expand Components\6 auditUser\amd64_Microsoft-Windows-Deployment_neutral\RunAsynchronous. [RunAsynchronousCommand のプロパティ] を右クリックし、 [新しい AsynchronousCommand の挿入] をクリックします。Right-click RunAsynchronousCommand Properties and click Insert New AsynchronousCommand.

    [AsynchronousCommand のプロパティ] ウィンドウの [設定] セクションに次の値を追加します。In the AsynchronousCommand Properties pane, in the Settings section, add the following values:

    Path = C:\Fabrikam\SampleCommand.cmd

    Description = Sample command to run a system diagnostic check.

    Order = 1 (1 から始まる、コマンドが実行される順序を決定します)。Order = 1 (Determines the order that commands are run, starting with 1.)

  4. レジストリ キーを追加します。Add a registry key. この例では、OEM の Windows ストア プログラム用のキーを追加しています。In this example, we add keys for the OEM Windows Store program. CMD /c REG ADD を使って、スクリプトを追加する場合と同じプロセスを使用します。Use the same process as adding a script, using CMD /c REG ADD.

    Windows 10 カスタマー システムでは、OEM ストア ID を単独で使うか、またはストア コンテンツ修飾子 (SCM) と組み合わせて使うことによって、OEM ストアで OEM ブランドを特定できます。For Windows 10 Customer Systems, you may use the OEM Store ID alone or in combination with a Store Content Modifier (SCM) to identify an OEM brand for the OEM Store. SCM を追加すると、より詳細なレベルでカスタマー システムをターゲットにすることができます。By adding a SCM, you can target Customer Systems at a more granular level. たとえば、コンシューマー向けブランドと商用ブランドの一意の SCM をデバイスに挿入することによって、コンシューマー向けデバイスとは別に商用デバイスをターゲットにすることができます。For example, you may choose to target commercial devices separately from consumer devices by inserting unique SCMs for consumer and commercial brands into those devices.

    追加する各レジストリ キーについて、RunAsynchronousCommands を追加しますAdd RunAsynchronousCommands for each registry key to add. ( [RunAsynchronousCommand のプロパティ] を右クリックし、 [新しい AsynchronousCommand の挿入] をクリックします)。(Right-click RunAsynchronousCommand Properties and click Insert New AsynchronousCommand).

    Path = CMD /c REG ADD HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\OEM /v Value /t REG_SZ ABCD
    Description = Adds a OEM registry key
    Order = 2
    RequiredUserInput = false
    

参照してください、無人 Windows セットアップのリファレンス構成オプションの完全な一覧についてはします。See the Unattended Windows Setup Reference for a full list of configuration options.

手順 4:応答ファイルを保存します。Step 4: Save the answer file

  • たとえば、応答ファイルを保存します。D:\AnswerFiles\BootToAudit x64.xmlします。Save the answer file, for example: D:\AnswerFiles\BootToAudit-x64.xml.

      Windows SIM は応答ファイルをマウントされたイメージ フォルダーに保存することを許可しません。Note   Windows SIM will not allow you to save the answer file into the mounted image folders.  
    *手順 5:スクリプトを作成します*
     
    *Step 5: Create a script*

手順 3 で実行するスクリプトを指定したのでは、ここでそのスクリプトを作成してみましょう。Since we specified a script to run in Step 3, let's create that script now.

  • 次のサンプル スクリプトをメモ帳にコピーし、として保存d:\AnswerFiles\SampleCommand.cmdします。Copy the following sample script into Notepad, and save it as D:\AnswerFiles\SampleCommand.cmd.

    @rem Scan the integrity of system files 
    @rem (Required after removing the base English language from an image)
    sfc.exe /scannow
    
    @rem Check to see if your drivers are digitally signed, and send output to a log file.
    md C:\Fabrikam
    C:\Windows\System32\dxdiag /t C:\Fabrikam\DxDiag-TestLogFiles.txt
    

応答ファイルとスクリプトをイメージに追加します。Add the answer file and script to the image

手順 6:イメージをマウントし、応答ファイルを追加Step 6: Mount an image and add the answer file

  1. DISM を使用して、Windows イメージをマウントします。Use DISM to mount a Windows image. イメージをマウントする方法についてを参照してくださいマウントし、DISM を使用して Windows イメージの変更。To learn how to mount an image, see Mount and modify a Windows image using DISM

  2. イメージに応答ファイルをコピー、 \Windows\Pantherフォルダー、および unattend.xml という名前を付けます。Copy the answer file into the image into the \Windows\Panther folder, and name it unattend.xml. Panther フォルダーでは、Windows が応答ファイルを検索するフォルダーの 1 つです。The Panther folder is one of the folders where Windows searches for an answer file. そのフォルダーがなければ作成します。Create the folder if it doesn’t exist. 既存の応答ファイルがある場合は、そのファイルを置き換えるか、Windows システム イメージ マネージャーを使って設定を必要に応じて編集/結合します。If there’s an existing answer file, replace it or use Windows System Image Manager to edit/combine settings if necessary.

    MkDir c:\mount\windows\Windows\Panther
    Copy D:\AnswerFiles\BootToAudit-x64.xml  C:\mount\windows\Windows\Panther\unattend.xml
    MkDir c:\mount\windows\Fabrikam
    Copy D:\AnswerFiles\Fabrikam.bmp    C:\mount\windows\Fabrikam\Fabrikam.bmp
    Copy D:\AnswerFiles\SampleCommand.cmd    C:\mount\windows\Fabrikam\SampleCommand.cmd
    
  3. 変更のコミット、イメージのマウントを解除します。Unmount the image, committing the changes. 次に、例を示します。For example:

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\mount\windows" /Commit
    

    場所Cはマウントされたイメージが含まれるドライブのドライブ文字です。where C is the drive letter of the drive that contains the mounted image.

    この処理は数分かかる場合があります。This process may take several minutes.

ときにする、イメージの適用Windows は、無人セットアップ ファイルを処理し、無人セットアップで指定した内容に基づいて設定を構成します。When you apply your image, Windows will process your unattend file and will configure your settings based on what you specified in the unattend.