Windows PE の新機能What's New in Windows PE

このトピックでは、Windows プレインストール環境 (Windows PE/WinPE) の新機能と変更された機能について説明し、以前のバージョンの Windows PE と MS-DOS と比較します。This topic describes the new and changed functionality of the Windows Preinstallation Environment (Windows PE/WinPE) and compares it with previous versions of Windows PE and MS-DOS.

新機能と変更された機能New and Changed Functionality

次の表は、の機能と以前のバージョンの Windows PE の機能を比較したものです。This table compares the features and functionality with those of previous versions of Windows PE:

機能Feature Windows 10 用 windows PEWindows PE for Windows 10 Windows PE 5.0Windows PE 5.0 Windows PE 4.0Windows PE 4.0 Windows PE 3.xWindows PE 3.x Windows PE 2.xWindows PE 2.x

展開されるオペレーティング システムOperating systems deployed

Windows 10、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 8、Windows Server 2012、Windows 7、または Windows Server 2008 R2。Windows 10, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, or Windows Server 2008 R2.

Windows 8.1、windows Server 2012 R2、Windows 8、Windows Server 2012、Windows 7、または Windows Server 2008 R2。Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, or Windows Server 2008 R2.

では、Windows Vista または Windows Server 2008 はサポートされていません。Doesn’t support: Windows Vista or Windows Server 2008.

Windows 8、Windows Server 2012、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Vista、または Windows Server 2008。Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista, or Windows Server 2008.

Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Vista、または Windows Server 2008。Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista, or Windows Server 2008.

Windows Vista または Windows Server 2008Windows Vista or Windows Server 2008

Windows PE の展開に使用するスクリプトScripts used to deploy Windows PE

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

Windows ADK で使用できるように、CopyPE 更新しました。CopyPE updated for use with the Windows ADK.

USB フラッシュドライブまたは ISO ファイルを簡単に作成できるように、MakeWinPEMedia が追加されました。MakeWinPEMedia added to make creation of USB flash drives or ISO files easier.

Oscdimg ツールが含まれています。CopyPE and Oscdimg tools included.

Oscdimg ツールが含まれています。CopyPE and Oscdimg tools included.

Windows PE 2.1: Oscdimg ツールが、より大きなイメージをサポートするよう更新されました。Windows PE 2.1: Oscdimg tool updated to support larger images.

スクリプト ツールScripting tools

変更はありません。No change.

.NET Framework オプションのコンポーネントの名前が WinPE_NetFx に変更されました。.NET Framework optional component renamed to WinPE_NetFx.

PowerShell のオプションコンポーネントの名前を WinPE_PowerShell に変更しました。PowerShell optional component renamed to WinPE_PowerShell.

Winpeshl.ini を使用すると、コマンドラインパラメーターを使用してアプリを引用符で起動できます。Winpeshl.ini allows you to launch apps with command-line parameters in quotes. 詳細については、Winpeshl.ini リファレンス: WinPE 起動時のアプリの起動に関するページを参照してください。For more info, see Winpeshl.ini Reference: Launching an app when WinPE starts.

.NET Framework 4.5 のオプションコンポーネントが追加されました (WinPE_NetFx4)。.NET Framework 4.5 optional component added (WinPE_NetFx4).

PowerShell 3.0 のオプションコンポーネントが追加されました (WinPE_PowerShell3)。PowerShell 3.0 optional component added (WinPE_PowerShell3).

コマンドラインスクリプトツールが含まれています。Command-line scripting tools included.

コマンドラインスクリプトツールが含まれています。Command-line scripting tools included.

イメージのキャプチャとサービスツールImage capturing and servicing tools

DISM では、Windows 10 および Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) 機能がサポートされています。DISM supports Windows 10 and Windows Imaging and Configuration Designer (ICD) features.

DISM は Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 のイメージをサポートしていますが、Windows Vista または Windows Server 2008 のイメージはサポートしていません。DISM supports Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 images but doesn’t support Windows Vista or Windows Server 2008 images. 詳細については、「 Windows の DISM-展開イメージのサービスと管理のテクニカルリファレンス」を参照してください。For more info, see DISM - Deployment Image Servicing and Management Technical Reference for Windows.

新しいコマンドとコマンドに含まれるイメージキャプチャツール dism /Capture-image dism /Apply-imageImage capturing tools included with new dism /Capture-image and dism /Apply-image commands.

では、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のイメージのサポートは'いません。Doesn't support servicing Windows 8.1 or Windows Server 2012 R2 images.

DISM-展開イメージのサービスと管理に関する Windows のテクニカルリファレンスが 追加されました。DISM - Deployment Image Servicing and Management Technical Reference for Windows added. DISM は、Windows または Windows PE イメージをカスタマイズするために使用できるコマンドラインツールです。DISM is a command-line tool that you can use to customize a Windows or a Windows PE image.

PEImg および Pkgmgr ツールは、Windows PE 3.0 ではサポートされていません。The PEImg and Pkgmgr tools are not supported in Windows PE 3.0.

ImageX は、イメージをキャプチャして適用するためのオプションのアプリケーションとして使用できます。ImageX available as an optional application for capturing and applying images.

では、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のイメージのサポートは'いません。Doesn't support servicing Windows 8.1 or Windows Server 2012 R2 images.

Peimg は、Windows PE イメージのサービスに使用されます。PEImg is used to service Windows PE images.

Windows PE 2.0 イメージに対して Peimg/prep を実行すると、イメージを変更'ことができます。After you run PEImg /prep against the Windows PE 2.0 image, the image can't be modified.

ImageX は、イメージをキャプチャして適用するためのオプションのアプリケーションとして使用できます。ImageX is available as an optional application for capturing and applying images.

Pkgmgr は、オフラインイメージの Windows パッケージをインストール、削除、または更新するために使用されます。Pkgmgr is used to install, remove, or update Windows packages in offline images.

では、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のイメージのサポートは'いません。Doesn't support servicing Windows 8.1 or Windows Server 2012 R2 images.

Windows PE の最適化Optimizing Windows PE

変更はありません。No change.

プロファイル機能が削除されます。The profiling feature is removed.

1 GB を超える RAM を搭載した Pc では、スクラッチ領域の既定値は 512 MB です。The default amount of scratch space is 512 MB for PCs that have more than 1 GB of RAM.

変更はありません。No change.

既定のサイズを小さくします。Smaller default size. Windows PE 3.0 の既定のイメージには、ほとんどの展開シナリオをサポートするための最小限のリソースのみが含まれています。The Windows PE 3.0 default image contains only the minimum resources to support most deployment scenarios. 展開イメージのサービスと管理 (DISM) を使用して、オプションのコンポーネントを追加できます。You can add optional components by using Deployment Image Servicing and Management (DISM).

新しい dism /apply-profiles コマンドを使用すると、特定のアプリのセットをサポートするために必要なファイルだけに WINDOWS PE 3.0 イメージの内容をさらに絞り込むことができます。The new dism /apply-profiles command allows you to further reduce the contents of a Windows PE 3.0 image to only those files necessary to support a given set of apps.

Windows PE 2.1: RAM ディスクではなく、ハードディスクからの直接起動をサポートしています。Windows PE 2.1: Supports booting directly from the hard disk, not into RAM disk.

Windows PE 2.1: 書き込み可能な RAM ドライブ: 読み取り専用メディアから起動すると、Windows PE によって書き込み可能 RAM ディスク (ドライブ X) が自動的に作成され、汎用記憶域用の RAM ディスクの32メガバイト (MB) が割り当てられます。Windows PE 2.1: Writable RAM drive: when booting from read-only media, Windows PE automatically creates a writable RAM disk (drive X) and allocates 32 megabytes (MB) of the RAM disk for general-purpose storage. Peimg/scratchspaceを使用して、サイズをメガバイト単位でカスタマイズできます。You can customize the size, in megabytes, by using PEImg /scratchspace. 有効な値は、32、64、128、256、および512です。Valid values are 32, 64, 128, 256, and 512.

ファイル管理File management

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

暗号化されていないボリュームから削除されたファイルを検出して復元するために追加されたファイル管理のオプションコンポーネント。File Management optional component added for discovering and restoring deleted files from unencrypted volumes.

Windows PE 3.1: 基本イメージには、4k/512e ドライブのサポートに関連する機能強化が含まれています。Windows PE 3.1: base image contains improvements that are related to 4k/512e drive support.

4k/512e ドライブはサポートしていません。No 4k/512e drive support.

メモリMemory

変更はありません。No change.

サポートされる最大数:Maximum supported:

  • x86:64 GBx86: 64 GB

  • x64: 4 TBx64: 4 TB

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

サポートされる最大数:Maximum supported:

  • x86: 4 GBx86: 4 GB

  • x64: 128 GBx64: 128 GB

仮想化Virtualization

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

Windows PE 3.0 には、表示ドライバー以外のすべての Hyper-v ドライバーが含まれています。Windows PE 3.0 includes all Hyper-V drivers except display drivers. これにより、Windows PE をハイパーバイザーで実行できるようになります。This enables Windows PE to run in Hypervisor. サポートされている機能には、大容量記憶装置、マウス統合、ネットワークアダプターなどがあります。Supported features include mass storage, mouse integration, and network adapters.

サポートされていません。Not supported.

ネットワークNetworking

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

USB 経由で RNDIS 仕様を実装するネットワークデバイスを有効にするために追加された、オプションのリモートネットワークドライバーインターフェイス仕様 (RNDIS) 機能。Optional Remote Network Driver Interface Specification (RNDIS) feature added for enabling network devices that implement the RNDIS specification over USB.

Windows PE 3.1 基本イメージには、RNDIS バイナリが含まれています。The Windows PE 3.1 base image contains RNDIS binaries.

Windows PE 3.0: 802.1 X (LAN) のサポートに使用できる 修正プログラムWindows PE 3.0: Hotfix available for 802.1X (LAN) support.

Windows PE 3.1 には、802.1 X バイナリがオプションコンポーネントとして含まれています。Windows PE 3.1 includes 802.1X binaries as an optional component. このパッケージのファイル名は WinPE-Dot3Svc.cab。The file name of this package is WinPE-Dot3Svc.cab.

IPv4 と IPv6 をサポートします。Supports IPv4 and IPv6. は、インターネットワークパケット交換/Sequenced Packet Exchange (IPX/SPX) のような他のプロトコルをサポートし'いません。Doesn't support other protocols, like Internetwork Packet Exchange/Sequenced Packet Exchange (IPX/SPX).

RecoveryRecovery

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

WinRE 構成ユーティリティは、オフラインオペレーティングシステムでの Windows RE の構成をサポートするために (winrecfg.exe) 追加されました。WinRE Configuration utility added (winrecfg.exe) to support configuring Windows RE in an offline operating system.

変更はありません。No change.

Windows 回復環境 (Windows RE) をサポートします。Supports Windows Recovery Environment (Windows RE).

SecuritySecurity

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

BitLocker とトラステッドプラットフォームモジュールのプロビジョニングと管理のために、セキュリティで保護されたスタートアップオプションコンポーネントを追加しました。Secure Startup optional component added for provisioning and managing BitLocker and the Trusted Platform Module.

変更はありません。No change.

では、BitLocker とトラステッドプラットフォームモジュールがサポートされています。Supports BitLocker and Trusted Platform Module.

アーキテクチャArchitectures

変更はありません。No change.

変更はありません。No change.

は、x86、x64、および ARM ベースの Pc をサポートしています。Supports x86, x64, and ARM-based PCs.

変更はありません。No change.

は、x86、x64、および Itanium ベースの Pc をサポートしています。Supports x86, x64, and Itanium-based PCs.

実行している Windows PE のバージョンを確認するには、「 regedit HKEY _ LOCAL _ MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ WinPE」と入力し、このレジストリキーを見つけます。To see which version of Windows PE you’re running, type regedit and locate this registry key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WinPE.

MS-DOS との比較Comparison with MS-DOS

Windows PE は MS-DOS に似ています。Windows PE is similar to MS-DOS. また、次の機能のサポートも含まれています。It also includes support for the following features:

  • NTFS 5。x ファイルシステム (ダイナミックボリュームの作成と管理を含む)。The NTFS 5.x file system, including dynamic volume creation and management.

  • TCP/IP ネットワークとファイル共有 (クライアントのみ)。TCP/IP networking and file sharing (client only).

  • 32ビットまたは64ビットの Windows デバイスドライバー。32-bit or 64-bit Windows device drivers.

  • Windows アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) のサブセット。A subset of the Windows application programming interface (API).

  • CD、DVD、および USB フラッシュドライブ。CD, DVD, and USB flash drives.

  • Windows 展開サービスサーバー。Windows Deployment Services server.

  • イメージの管理とサービス (DISM)。Image management and servicing (DISM).

  • Hyper-v ドライバー (ディスプレイドライバーを除くすべてのドライバー)。Hyper-V drivers (all drivers except for display drivers). これにより、Windows PE をハイパーバイザーで実行できるようになります。This enables Windows PE to run in a hypervisor. サポートされている機能には、大容量記憶装置、マウス統合、ネットワークアダプターなどがあります。Supported features include mass storage, mouse integration, and network adapters.

  • PowerShell、Windows Management Instrumentation (WMI)、Windows Data Access Components (Windows DAC)、および HTML アプリケーション (Hta) のオプションのサポート。Optional support for PowerShell, Windows Management Instrumentation (WMI), Windows Data Access Components (Windows DAC), and HTML Applications (HTAs).

WinPE .wim はどこにありますか?Where is WinPE.wim?

Windows 7 では、メインの Windows PE ブートファイルの名前が winpe から boot.wim に変更されました。In Windows 7, the main Windows PE boot file was renamed from winpe.wim to boot.wim. このファイルは、Windows PE の [ \ sources] フォルダーにあります。This file is in Windows PE in the \sources folder. WinPE と同じ方法で変更できます。It can be modified in the same way as WinPE.wim.

関連トピックRelated topics

WinPE for Windows 10WinPE for Windows 10