S モードのデプロイの計画

S モードのイメージの作成は、Windows の他のデスクトップ エディションのイメージ作成と同様ですが、重要な違いがいくつかあります。 アプリやドライバーを追加したり、カスタマイズを行うことができますが、それらがサポートされているかどうかを確認する必要があります。

実行可能ファイル

展開を計画するときは、実行される内容と、S モードでブロックされている内容を理解しておく必要があります。 S モードで動作するカスタマイズを選択してテストします。これにより、展開が中断されることはありません。 署名なしのコードを実行する必要がある場合は、製造レジストリ キーを有効にすることで、署名なしのコードを実行することはできますが、PC が出荷されると、署名のないコードはブロックされます。

S モードで実行される内容

Windows ハードウェア デベロッパー センター ダッシュボードから、WindowsWHQLELAMStore 証明書で署名された実行可能コードのみを実行してください。 これには、ドライバー用のコンパニオン アプリが含まれます。

前述のいずれかの証明書 (コンパニオンアプリを含む) で署名されていないアプリはブロックされます。 ブロックされたアプリを実行すると、アプリを実行できないことがユーザーに通知されます。

S モードでブロックされる内容

次のコンポーネントは、S モードでの実行がブロックされています。 ブロックされたこれらのコンポーネントのいずれかを呼び出すスクリプトまたはアプリケーションはブロックされます。 製造プロセスで、ブロックされたコンポーネントに依存するスクリプトまたはアプリケーションを使用している場合は、構成とテストのために製造モードを一時的に有効にすることができますが、製造モードが有効になっている PC を出荷することはできません。

  • bash.exe
  • cdb.exe
  • cmd.exe
  • cscript.exe
  • csi.exe
  • dnx.exe
  • fsi.exe
  • hh.exe
  • infdefaultinstall.exe
  • kd.exe
  • lxssmanager.exe
  • msbuild.exe
  • mshta.exe
  • ntsd.exe
  • powershell.exe
  • powershell_ise.exe
  • rcsi.exe
  • reg.exe
  • regedit.exe
  • regedt32.exe
  • regini.exe
  • syskey.exe
  • wbemtest.exe
  • windbg.exe
  • wmic.exe
  • wscript.exe
  • wsl.exe

アプリケーションのテスト

アプリをテストする方法については、「Windows アプリの S モードの Windows 10 をテストする」を参照してください。

ドライバー

S モードのドライバーのガイドラインと要件については、「S モードの Windows 10 のドライバー要件」を参照してください。

カスタマイズ

S モードでは、一部のカスタマイズがサポートされていません。 このセクションでは、サポートされているカスタマイズ、サポートされていないカスタマイズ、および製造モードを有効にして監査モードでカスタマイズを実行する方法について説明します。

サポートされるカスタマイズ

次の表に、S モードでの Windows 10 のカスタマイズ、カスタマイズを展開するメカニズム、およびカスタマイズを展開できる環境を示します。

カスタマイズまたはタスク メカニズム 環境
言語パック DISM オフライン、WinPE、監査モード
オンデマンド機能 DISM オフライン、WinPE、監査モード
[スタート] メニューのレイアウト layoutmodification.xml 該当なし
OEM タスクバーのタイル taskbarlayoutmodification.xml 該当なし
InkWorkstationTiles InkWorkstationLayoutModification.xml 該当なし
OOBE カスタマイズ OOBE.xml、OOBE フォルダー構造 OOBESystem パス
UWP アプリ DISM オフライン、WinPE、監査モード
ブリッジ アプリ DISM オフライン、WinPE、監査モード
署名されていないドライバーまたは win32 スクリプト/exe/バイナリ DISM オフライン、WinPE、監査モード
壁紙 unattend.xml 該当なし
<Shift + F10> を使用した OOBE からのコマンド プロンプト 製造レジストリ キー OOBE

次の表に、S モードでの Windows 10 のカスタマイズ、カスタマイズを展開するメカニズム、およびカスタマイズを展開できる環境を示します。

カスタマイズまたはタスク メカニズム 環境
言語パック DISM オフライン、WinPE、監査モード
オンデマンド機能 DISM オフライン、WinPE、監査モード
[スタート] メニューのレイアウト layoutmodification.xml 該当なし
OEM タスクバーのタイル taskbarlayoutmodification.xml 該当なし
InkWorkstationTiles InkWorkstationLayoutModification.xml 該当なし
OOBE カスタマイズ OOBE.xml、OOBE フォルダー構造 OOBESystem パス
UWP アプリ DISM オフライン、WinPE、監査モード
ブリッジ アプリ DISM オフライン、WinPE、監査モード
署名されていないドライバーまたは win32 スクリプト/exe/バイナリ DISM オフライン、WinPE、監査モード
壁紙 unattend.xml 該当なし
<Shift + F10> を使用した OOBE からのコマンド プロンプト 製造レジストリ キー OOBE

サポートされていないカスタマイズ

次の表は、S モードでサポートされていないカスタマイズを示しています。

カスタマイズまたはタスク メカニズム 環境
setup.exe を使用したドライバーのインストール サポートされていない サポートされていない
共同インストーラーを使用するか、スクリプトまたは cmd 実行に依存するドライバー サポートされていない サポートされていない
Win32 アプリ サポートされていない サポートされていない
最初のログオン コマンド サポートされていない サポートされていない

重要

Bing は検索の既定値として設定され、Microsoft Edge は既定のブラウザーとして設定されます。 これらの設定は、変更することができません。

監査モードでカスタマイズを有効にする

監査モードでカスタマイズを有効にするには、オフライン イメージにレジストリ キーを追加して、製造モードを有効にする必要があります。 製造モードでは、通常ブロックされる未署名のコードを実行できます。 製造レジストリ キーを追加または削除する方法については、「製造レジストリ キー」を参照してください。

また、回復パッケージをキャプチャするときにレジストリ キーを除外するように ScanState を構成する必要があります。 これにより、リセットまたは回復のシナリオでレジストリ キーが復元されないようにすることができます。 回復からキーを除外する方法は、「S モードの展開ラボ」を参照してください。

重要

レジストリキーが設定された S モードの Windows PC を出荷しないでください。 デバイスを出荷する前に、レジストリ キーを削除する必要があります。

アップグレード パスとスイッチ パス

アップグレード パス

S モード (Windows 10 バージョン1803以降) の Windows 10 では、次のアップグレード パスが許可されます。

アップグレード パス
S モードの Windows 10 Home から S モードの Windows 10 Pro
S モードの Windows 10 Pro から S モードの Windows 10 Enterprise
S モードの Windows 10 Pro から S モードの Windows 10 Education

Windows 10 では、次のアップグレード パスを使用できます。

アップグレード パス
Windows 10 S から Professional
Windows 10 S N から Professional N
Windows 10 S から Enterprise
Windows 10 S N から Enterprise N
Windows 10 S から Education
Windows 10 S N から Education N
Windows 10 S から Professional Education
Windows 10 S N から Professional Education N

DISM を使用して Windows イメージを別のエディションに変更する方法については、「DISM を使用して Windows イメージを上位のエディションに変更する」を参照してください。

スイッチ パス

S モードの Windows 10 は、S 以外のエディションに切り替えることができます。 ユーザーは、Microsoft Store を通じてモードを切り替えることができます。 使用可能なスイッチパスを次に示します。

スイッチ パス
S モードの Windows 10 Home から Windows 10 Home
S モードの Windows 10 Pro から Windows 10 Pro
S モードの Windows 10 Enterprise から Windows 10 Enterprise
S モードの Windows 10 Education から Windows 10 Education

Note

Windows 10 バージョン 1803 以降では、S モードからの切り替えに再起動は必要ありません。

復元

組み込みの回復

S モードの Windows PC には回復ソリューションが搭載されており、ユーザーは PC の復元や更新、トラブルシューティングを自身で行うことができます。 S モードでの回復には、他の Windows エディションとは違いがいくつかあります。 これらの違いは次のとおりです。

  • サードパーティの回復ソリューションはサポートされていません
  • このセクションに記載されているカスタマイズの拡張ポイントはサポートされています
    • WinRE の OEM ツールはサポートされていません
    • WinRE のコマンド プロンプトが有効になりますが、受信トレイの WinRE バイナリの実行のみが許可されます
    • 機能拡張スクリプトは *.CMD 形式である必要があります
    • ブロックされた受信トレイ コンポーネントは呼び出されません (reg.exe と wmic.exe を除く)

S モードの回復シナリオ

Note

これは、S モードの Windows 10 (Windows 10、バージョン1803以降) に適用されます。

次の表に、ユーザーがシステムの回復を行った場合の Windows のエディションとモードを示します。

プレインストール OS Windows は S 以外のモードに切り替えられましたか? Windows は別のエディションにアップグレードされましたか? 回復時の PC モード/エディション PBR ("ファイルを保持する" と "すべてを削除する") OEM ファクトリ回復イメージを使用した BMR ユーザーが作成したメディアを使用した BMR
Home S いいえ いいえ Home S Home S Home S メディアが作成されたエディションとモード
Home S No はい (Pro S) Pro S Pro S Home S メディアが作成されたエディションとモード
Home S はい (Home) No ホーム ホーム Home S メディアが作成されたエディションとモード
Home S はい (Home) はい (Pro) Pro Pro Home S メディアが作成されたエディションとモード
Pro S いいえ いいえ Pro S Pro S Pro S メディアが作成されたエディションとモード
Pro S No はい (Enterprise S) Enterprise S Enterprise S Pro S メディアが作成されたエディションとモード
Pro S はい (Pro) No Pro Pro Pro S メディアが作成されたエディションとモード
Pro S はい (Pro) はい (Enterprise またはワークステーション) Enterprise またはワークステーション Enterprise またはワークステーション Pro S メディアが作成されたエディションとモード
  • BMR: ベア メタル回復
  • PBR: プッシュ ボタンのリセット

次の表に、ユーザーがシステムの回復を行った場合の Windows のエディションとモードを示します。

プレインストール OS Windows は S 以外のモードに切り替えられましたか? Windows は別のエディションにアップグレードされましたか? 回復時の PC モード/エディション PBR ("ファイルを保持する" と "すべてを削除する") OEM ファクトリ回復イメージを使用した BMR ユーザーが作成したメディアを使用した BMR
Home S いいえ いいえ Home S Home S Home S メディアが作成されたエディションとモード
Home S はい (Home) No ホーム ホーム Home S メディアが作成されたエディションとモード
Home S はい (Home) はい (Pro) Pro Pro Home S メディアが作成されたエディションとモード
  • BMR: ベア メタル回復
  • PBR: プッシュ ボタンのリセット

展開での回復の検証

回復シナリオ用に S モードを構成したら、次のシナリオが正常に実行されていることを確認することで、S モードが正常に動作していることを確認します。

  • 更新の回復を実行し、ユーザー ファイルが保持され、工場出荷時のデスクトップのカスタマイズが復元されるのを確認します。
  • リセットの回復を実行し、ユーザー ファイルとプロファイルが削除され、工場出荷時のデスクトップのカスタマイズが復元されるのを確認します。
  • 指定されたポリシー ファイルを使用して、シミュレートされた強制レベルで機能拡張スクリプトを検証します。
  • ScanState を使用して回復パッケージを作成した場合は、製造キーがキャプチャから除外された状態を確認します。

市販デモ エクスペリエンス (RDX)

市販デモ エクスペリエンス (RDX) では、Windows は PC が S モードで実行されているかどうかを検出し、S モードの Windows および Office に関する情報を含むマーケティング メッセージを表示します。