Windows 回復環境 (Windows RE)Windows Recovery Environment (Windows RE)

Windows 回復環境 (Windows RE) は、起動できないオペレーティング システムの一般的な原因を修復できる回復環境です。Windows Recovery Environment (WinRE) is a recovery environment that can repair common causes of unbootable operating systems. WinRE は Windows プレインストール環境 (Windows PE) に基づいており、追加のドライバー、言語、Windows PE のオプションのコンポーネント、その他のトラブルシューティング ツールや診断ツールを使用してカスタマイズできます。WinRE is based on Windows Preinstallation Environment (Windows PE), and can be customized with additional drivers, languages, Windows PE Optional Components, and other troubleshooting and diagnostic tools. 既定では、WinRE は Windows 10 のデスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、Education) と Windows Server 2016 のインストールに事前に読み込まれています。By default, WinRE is preloaded into the Windows 10 for desktop editions (Home, Pro, Enterprise, and Education) and Windows Server 2016 installations.

スクリーンショットに表示されているオプション: 続行、デバイスの使用、トラブルシューティング、PC の電源を切る

Windows 10 の WinRE の新機能What's new with WinRE for Windows 10?

  • 既定では、Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) から作成されたメディアを使用して Windows をインストールすると、Windows パーティションの直後にある UEFI ベースと BIOS ベースの両方のデバイスで、専用の WinRE ツール パーティションが作られます。By default, if you install Windows using media created from Windows Imaging and Configuration Designer (ICD), you'll get a dedicated WinRE tools partition on both UEFI and BIOS-based devices, located immediately after the Windows partition. これにより、Windows で必要に応じてパーティションの置換やサイズ変更ができますThis allows Windows to replace and resize the partition as needed. (Windows セットアップを使用して Windows をインストールすると、Windows 8.1 で行ったのと同じパーティション レイアウトになります)。(If you install Windows by using Windows Setup, you'll get the same partition layout that you did in Windows 8.1.)
  • WinRE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加する場合、そのツールでは既定の WinRE ツールに既にあるオプションのコンポーネントのみを使用できます。If you add a custom tool to the WinRE boot options menu, it can only use optional components that are already in the default WinRE tools. たとえば、.NET のオプションのコンポーネントに依存する Windows 8 のアプリがある場合は、Windows 10 用にアプリを書き直す必要があります。For example, if you have a app from Windows 8 that depended on the .NET optional components, you'll need to rewrite the app for Windows 10.
  • WinRE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加する場合、そのツールは、今後の WinRE のアップグレード後も引き続き機能するように、\Sources\Recovery\Tools フォルダーに配置する必要があります。If you add a custom tool to the WinRE boot options menu, it must be placed in the \Sources\Recovery\Tools folder so that it can continue to work after future WinRE upgrades.
  • プッシュ ボタンのリセット ツールに言語を追加するときに、オプションのコンポーネントである WinPE-HTA を追加する必要があります。When adding languages to the push-button reset tools, you'll now need to add the WinPE-HTA optional component.

ツールTools

WinRE には次のツールが含まれています。WinRE includes these tools:

  • 自動修復およびその他のトラブルシューティング ツールAutomatic repair and other troubleshooting tools. 詳細については、「Windows RE のトラブルシューティング機能」を参照してください。For more info, see Windows RE Troubleshooting Features.
  • プッシュ ボタンのリセット (Windows 10 のデスクトップ エディション、Windows 8.1、および Windows 8 のみ)。Push-button reset (Windows 10 for desktop editions , Windows 8.1 and Windows 8 only). このツールを使用すると、ユーザーは、事前にデータをバックアップしなくても、データや重要なカスタマイズを維持しながら、自分の PC を迅速に修復できます。This tool enables your users to repair their own PCs quickly while preserving their data and important customizations, without having to back up data in advance. 詳細については、プッシュ ボタンのリセットの概要に関するページを参照してください。For more info, see Push-Button Reset Overview.
  • システム イメージの回復 (Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 のみ)。System image recovery (Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2 and Windows Server 2012 only). このツールでは、ハード ドライブ全体が復元されます。This tool restores the entire hard drive. 詳細については、「オペレーティング システムまたはサーバー全体を回復する」を参照してください。For more info, see Recover the Operating System or Full Server.

さらに、Windows イメージング API を使用するか、展開イメージのサービスと管理 (DISM) API を使用して、独自のカスタム回復ソリューションを作成することもできます。In addition, you can create your own custom recovery solution by using the Windows Imaging API, or by using the Deployment Image Servicing and Management (DISM) API.

WinRE へのエントリ ポイントEntry points into WinRE

ユーザーは、ブート オプション メニューを使用して、WinRE の機能にアクセスできます。このメニューは、いくつかの異なる方法で Windows から起動できます。Your users can access WinRE features through the Boot Options menu, which can be launched from Windows in a few different ways:

  • ログイン画面で [シャットダウン] をクリックし、Shift キーを押しながら [再起動] を選択します。From the login screen, click Shutdown, then hold down the Shift key while selecting Restart.
  • Windows 10 で [スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [回復] > を選択し、 [PC の起動をカスタマイズする][今すぐ再起動] をクリックします。In Windows 10, select Start > Settings > Update & security > Recovery > under Advanced Startup, click Restart now.
  • 回復メディアから起動します。Boot to recovery media.
  • OEM によって構成されたハードウェア回復ボタン (またはボタンの組み合わせ) を使用します。Use a hardware recovery button (or button combination) configured by the OEM.

これらのいずれかの操作を実行すると、すべてのユーザー セッションがサインオフされ、ブート オプション メニューが表示されます。After any of these actions is performed, all user sessions are signed off and the Boot Options menu is displayed. ユーザーがこのメニューから WinRE 機能を選択すると、PC が再起動されて WinRE に移行し、選択した機能が起動されます。If your users select a WinRE feature from this menu, the PC restarts into WinRE and the selected feature is launched.

WinRE は、次の問題が検出された後に自動的に開始されます。WinRE starts automatically after detecting the following issues:

  • 2 回連続して失敗した Windows 起動の試行。Two consecutive failed attempts to start Windows.
  • 起動完了から 2 分以内の連続する 2 回の予期しないシャットダウン。Two consecutive unexpected shutdowns that occur within two minutes of boot completion.
  • 起動完了から 2 分以内の連続する 2 回のシステム再起動。Two consecutive system reboots within two minutes of boot completion.
  • セキュア ブート エラー (Bootmgr.efi に関連する問題を除く)。A Secure Boot error (except for issues related to Bootmgr.efi).
  • タッチ専用デバイスでの BitLocker エラー。A BitLocker error on touch-only devices.

ブート オプション メニューBoot options menu

このメニューを使用してユーザーは次の操作を実行できます。This menu enables your users to perform these actions:

  • 回復、トラブルシューティング、および診断ツールを開始する。Start recovery, troubleshooting, and diagnostic tools.
  • デバイスから起動する (UEFI のみ)。Boot from a device (UEFI only).
  • ファームウェア のメニューにアクセスする (UEFI のみ)。Access the Firmware menu (UEFI only).
  • コンピューターに複数のオペレーティング システムがインストールされている場合に、起動するオペレーティング システムを選択する。Choose which operating system to boot, if multiple operating systems are installed on the PC.

注意

ブート オプション メニューにカスタム ツールを 1 つ追加できます。You can add one custom tool to the Boot options menu. それ以外の場合、これらのメニューをさらにカスタマイズすることはできません。Otherwise, these menus can't be further customized. 詳細については、「Windows RE のブート オプション メニューへのカスタム ツールの追加」を参照してください。For more info, see Add a Custom Tool to the Windows RE Boot Options Menu.

セキュリティに関する考慮事項Security considerations

WinRE を使用する場合は、セキュリティに関する次の考慮事項に注意してください。When working with WinRE, be aware of these security considerations:

  • ユーザーが Windows から ブート オプション メニューを開いて WinRE ツールを選択した場合は、管理者権限を持つローカル ユーザー アカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。If users open the Boot options menu from Windows and select a WinRE tool, they must provide the user name and password of a local user account with administrator rights.
  • 既定では、ネットワークは WinRE で無効になっています。By default, networking is disabled in WinRE. 必要に応じてネットワークを有効にすることができます。You can turn on networking when you need it. セキュリティを強化するために、接続が不要な場合はネットワークを無効にしてください。For better security, disable networking when you don't need connectivity.

WinRE をカスタマイズするCustomizing WinRE

パッケージ (Windows PE のオプションのコンポーネント)、言語、ドライバー、カスタムの診断またはトラブルシューティング ツールを追加することで、WinRE をカスタマイズできます。You can customize WinRE by adding packages (Windows PE Optional Components), languages, drivers, and custom diagnostic or troubleshooting tools. 基本 WinRE イメージには、次に示す Windows PE のオプションのコンポーネントが含まれています。The base WinRE image includes these Windows PE Optional Components:

  • Microsoft-Windows-Foundation-PackageMicrosoft-Windows-Foundation-Package
  • WinPE-EnhancedStorageWinPE-EnhancedStorage
  • WinPE-RejuvWinPE-Rejuv
  • WinPE-ScriptingWinPE-Scripting
  • WinPE-SecureStartupWinPE-SecureStartup
  • WinPE-SetupWinPE-Setup
  • WinPE-SRTWinPE-SRT
  • WinPE-WDS-ToolsWinPE-WDS-Tools
  • WinPE-WMIWinPE-WMI
  • WinPE-StorageWMI-Package (Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の基本イメージに追加されます)WinPE-StorageWMI-Package (added to the base image in Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2)
  • WinPE-HTA (Windows 10 の基本イメージに追加されます)WinPE-HTA (added to the base image in Windows 10)

Note
パッケージ、言語、およびドライバーの数は、PC で使用可能なメモリの量によって制限されます。The number of packages, languages, and drivers is limited by the amount of memory available on the PC. パフォーマンス上の理由から、イメージに追加する言語、ドライバー、ツールの数は最小限に抑えてください。For performance reasons, minimize the number of languages, drivers, and tools that you add to the image.

ハード ドライブ パーティションHard drive partitions

Windows セットアップを使用して Windows をインストールすると、WinRE は次のように構成されます。When you install Windows by using Windows Setup, WinRE is configured like this:

  1. Windows セットアップ中、Windows で WinRE をサポートするためのハード ドライブ パーティションが準備されます。During Windows Setup, Windows prepares the hard drive partitions to support WinRE.

  2. Windows では、WinRE イメージ ファイル (winre.wim) は最初に Windows パーティションの \Windows\System32\Recovery フォルダーに配置されます。Windows initially places the WinRE image file (winre.wim) in the Windows partition, in the \Windows\System32\Recovery folder.

    PC をユーザーに提供する前に、WinRE イメージ ファイルを変更するか置き換えて、追加の言語、ドライバー、またはパッケージを含めることができます。Before delivering the PC to your customer, you can modify or replace the WinRE image file to include additional languages, drivers, or packages.

  3. specialize 構成パスでは、WinRE イメージ ファイルが回復ツールのパーティションにコピーされます。これにより、Windows パーティションに問題がある場合でも、デバイスが起動して回復ツールに移行できるようになります。During the specialize configuration pass, the WinRE image file is copied into the recovery tools partition, so that the device can boot to the recovery tools even if there's a problem with the Windows partition.

イメージを適用して Windows を展開する場合は、ハード ドライブ パーティションを手動で構成する必要があります。When you deploy Windows by applying images, you must manually configure the hard drive partitions. WinRE がハード ドライブにインストールされる場合、パーティションは NTFS としてフォーマットされている必要があります。When WinRE is installed on a hard drive, the partition must be formatted as NTFS.

ベースライン WinRE ツール イメージ (winre.wim) を Windows およびデータのパーティションとは別のパーティションに追加します。Add the baseline WinRE tools image (winre.wim) to a separate partition from the Windows and data partitions. これにより、Windows BitLocker ドライブ暗号化を使用して Windows パーティションが暗号化されている場合でも、ユーザーは WinRE を使用できるようになります。This enables your users to use WinRE even if the Windows partition is encrypted with Windows BitLocker Drive Encryption. また、ユーザーが WinRE ツールを誤って変更したり削除したりするのを防ぐことができます。It also prevents your users from accidentally modifying or removing the WinRE tools.

回復ツールは、Windows パーティションの直後の専用パーティションに格納してください。Store the recovery tools in a dedicated partition, directly after the Windows partition. このようにすると、今後の更新でより大きな回復パーティションが必要になった場合、以前のパーティション サイズをそのままにして新しい回復パーティション サイズを作成するのではなく、Windows パーティションと回復パーティションのサイズを調整することで、Windows でより効率的に処理できるようになります。This way, if future updates require a larger recovery partition, Windows will be able to handle it more efficiently by adjusting the Windows and recovery partition sizes, rather than having to create a new recovery partition size while the old one remains in place.

詳細については、UEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションの構成に関するページ、または BIOS/MBR ベースのハード ドライブ パーティションの構成に関するページを参照してください。To learn more, see Configure UEFI/GPT-Based Hard Drive Partitions or Configure BIOS/MBR-Based Hard Drive Partitions.

メモリ要件Memory requirements

Windows RE をメモリから直接起動するためには (RAM ディスク ブートとも呼ばれる)、Windows RE イメージ (winre.wim) 全体を保持できる物理メモリ (RAM) の隣接した領域が使用可能であることが必要です。In order to boot Windows RE directly from memory (also known as RAM disk boot), a contiguous portion of physical memory (RAM) which can hold the entire Windows RE image (winre.wim) must be available. メモリの使用を最適化するため、製造元は物理メモリのアドレス空間の先頭か末尾のメモリ位置をファームウェアで確実に予約する必要があります。To optimize memory use, manufacturers should ensure that their firmware reserves memory locations either at the beginning or at the end of the physical memory address space.

ディスク上の Windows 回復環境を更新するUpdating the on-disk Windows Recovery Environment

Windows 10 では、Windows RE のディスク上のコピーを OS のロールアップ更新プログラムの一部として処理できます。In Windows 10, the on-disk copy of Windows RE can be serviced as part of rollup updates for the OS. すべてのロールアップ更新プログラムで Windows RE が処理されるわけではありません。Not all rollup updates will service Windows RE.

通常の OS 更新プロセスとは異なり、Windows RE の更新プログラムでは、ディスク上の Windows RE イメージ (winre.wim) が直接処理されるのではありません。Unlike the normal OS update process, updates for Windows RE do not directly serviced the on-disk Windows RE image (winre.wim). 代わりに、新しいバージョンの Windows RE イメージが既存のイメージを置き換え、次の内容が新しいイメージに挿入または移行されます。Instead, a newer version of the Windows RE image replaces the existing one, with the following contents being injected or migrated into the new image:

  • 起動に不可欠なデバイス ドライバーと入力デバイス ドライバーが、完全な OS 環境から新しい Windows RE イメージに追加されます。Boot critical and input device drivers from the full OS environment are added to the new Windows RE image.
  • マウントした winre.wim の \Sources\Recovery での Windows RE のカスタマイズ内容は、新しいイメージに移行されます。Windows RE customizations under \Sources\Recovery of the mounted winre.wim are migrated to the new image.

次の内容は、既存の Windows RE イメージから新しいイメージに移行されません。The following contents from the existing Windows RE image are not migrated to the new image:

  • 既存の Windows RE イメージに含まれるが、完全な OS 環境には存在しないドライバーDrivers which are in the existing Windows RE image but not in the full OS environment
  • 既定の Windows RE イメージの一部ではない Windows PE のオプションのコンポーネントWindows PE optional components which are not part of the default Windows RE image
  • Windows PE およびオプションのコンポーネントの言語パックLanguage packs for Windows PE and optional components

Windows RE 更新プロセスでは、既存の Windows RE パーティションを変更せずに再利用するために、あらゆる努力が払われます。The Windows RE update process makes every effort to reuse the existing Windows RE partition without any modification. ただし、一部のまれな状況において、新しい Windows RE イメージ (移行または挿入された内容を含む) が既存の Windows RE パーティションに収まらない場合があります。その状況では、更新プロセスの動作は次のようになります。However, in some rare situations where the new Windows RE image (along with the migrated/injected contents) does not fit in the existing Windows RE partition, the update process will behave as follows:

  • 既存の Windows RE パーティションが Windows パーティションの直後に配置されている場合は、Windows パーティションが縮小され、Windows RE パーティションに領域が追加されます。If the existing Windows RE partition is located immediately after the Windows partition, the Windows partition will be shrunk and space will be added to the Windows RE partition. 新しい Windows RE イメージは、拡大された Windows RE パーティションにインストールされます。The new Windows RE image will be installed onto the expanded Windows RE partition.
  • 既存の Windows RE パーティションが Windows パーティションの直後に配置されていない場合は、Windows パーティションが縮小され、新しい Windows RE パーティションが作成されます。If the existing Windows RE partition is not located immediately after the Windows partition, the Windows partition will be shrunk and a new Windows RE partition will be created. 新しい Windows RE イメージは、この新しい Windows RE パーティションにインストールされます。The new Windows RE image will be installed onto this new Windows RE partition. 既存の Windows RE パーティションは孤立します。The existing Windows RE partition will be orphaned.
  • 既存の Windows RE パーティションを再利用できず、Windows パーティションを縮小できない場合には、新しい Windows RE イメージは Windows パーティションにインストールされます。If the existing Windows RE partition cannot be reused and the Windows partition cannot successfully be shrunk, the new Windows RE image will be installed onto the Windows partition. 既存の Windows RE パーティションは孤立します。The existing Windows RE partition will be orphaned.

重要 Windows RE を更新した後もカスタマイズ内容が引き続き機能するようにするには、既定の Windows RE イメージに含まれていない Windows PE のオプションのコンポーネント (例: WinPE-NetFX) によって提供される機能に依存しないカスタマイズにする必要があります。Important To ensure that your customizations continue to work after Windows RE has been updated, they must not depend on functionalities provided by Windows PE optional components which are not in the default Windows RE image (e.g. WinPE-NetFX). Windows RE のカスタマイズの開発を容易にするために、オプションのコンポーネントである WinPE-HTA が Windows 10 の既定の Windows RE イメージに追加されました。To facilitate development of Windows RE customizations, the WinPE-HTA optional component has been added to the default Windows RE image in Windows 10.

既存の Windows RE イメージに複数の言語のリソースが含まれている場合でも、ロールアップ更新プログラムの一部として展開された新しい Windows RE イメージには、システムの既定である言語の言語リソースのみが含まれます。Note The new Windows RE image deployed as part of the rollup update contains language resources only for the system default language, even if the existing Windows RE image contains resources for multiple languages. ほとんどの PC では、システムの既定の言語は、OOBE 時に選択された言語です。On most PCs, the system default language is the language selected at the time of OOBE.

既知の問題Known Issue

GPO の "Windows の設定/セキュリティの設定/ローカル ポリシー/セキュリティ オプション/アカウント: Microsoft アカウントをブロックする" ポリシーが、"ユーザーは Microsoft アカウントを追加または Microsoft アカウントでログオンできない" というポリシーを有効にするように設定されている場合、WinRE でシステムを復元しようとすると、"You need to sign in as an administrator to continue, but there aren't any administrator accounts on this PC" (続行するには管理者としてサインインする必要がありますが、この PC には管理者アカウントがありません) というエラー メッセージが表示されて失敗します。If the GPO "Windows Settings/Security Settings/Local Policies/Security Options/Accounts: Block Microsoft accounts" is set to enable the policy "User can’t add or log with Microsoft account", attempting to restore the System in WinRE will fail with the error message "You need to sign in as an administrator to continue, but there aren't any administrator accounts on this PC."

これは既知の問題であり、回避策として、"アカウント: Microsoft アカウントをブロックする" を "ユーザーは Microsoft アカウントを追加または Microsoft アカウントでログオンできない" に設定しないようにするか、または MDM ポリシー Security/RecoveryEnvironmentAuthentication を 2 に設定します。This is a known issue and the workaround is to either avoid setting the "Accounts: Block Microsoft accounts" to "User can't add or log with Microsoft Account" or set the MDM policy Security/RecoveryEnvironmentAuthentication to 2.

関連項目See also

コンテンツ タイプContent type 参考資料References

デプロイDeployment

Windows RE のカスタマイズ | Windows RE の展開Customize Windows RE | Deploy Windows RE

操作Operations

REAgentC コマンド ライン オプションREAgentC Command-Line Options

トラブルシューティングTroubleshooting

Windows RE のトラブルシューティング機能Windows RE Troubleshooting Features

アドオン ツールAdd-on tools

Windows RE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加する | Windows RE を起動するハードウェア回復ボタンを追加する | プッシュ ボタンのリセットの概要Add a Custom Tool to the Windows RE Boot Options Menu | Add a Hardware Recovery Button to Start Windows RE | Push-Button Reset Overview