Windows セットアップの自動化の概要Windows Setup Automation Overview

Setupconfig.ini を使用して Windows をインストールするにはUse Setupconfig.ini to install Windows

Setupconfig ファイルとは何ですか。What is a setupconfig file?

Setupconfig では、Windows setup.exe に一連のフラグまたはパラメーターを渡すために使用する構成ファイルを示します。Setupconfig is a configuration file that is used to pass a set of flags or parameters to Windows setup.exe. 代わりに、Windows セットアップにコマンドラインでパラメーターを渡すには、このファイルを使用します。Use this file as an alternative to passing parameters to Windows setup on a command line. この機能は、Windows 10 バージョン 1511 以降で使用できます。This functionality is available in Windows 10, version 1511 and later.

IT プロフェッショナルは、Windows Update および Windows Server Update Services から Windows セットアップにパラメーターを追加するのに setupconfig ファイルを使用することができます。IT pros can use the setupconfig file to add parameters to Windows Setup from Windows Update and Windows Server Update Services.

このトピックでは、Windows 10 の Setup.exe と一緒に使用できるさまざまなパラメーターを説明します。The different parameters that can be used with Windows 10 Setup.exe are described in this topic.

Setupconfig.ini ファイルに含まれる 1 つのパラメーター、またはパラメーターと値のペア。Setupconfig.ini files can contain single parameters, or parameters and value pairs. 含まれていません「/」文字、およびパラメーターと値のペアでは、「=」2 つの間。Do not include “/” characters, and with parameter and value pairs, include “=” between the two.

たとえば、次のように、Setupconfig.ini を作成します。For example, you create a Setupconfig.ini with the following. なお、ヘッダー[SetupConfig]が必要です。Note that the header [SetupConfig] is required.

[SetupConfig]
NoReboot
ShowOobe=None
Telemetry=Enable
InstallDrivers=<path of folder containing INF and SYS drivers>
ReflectDrivers=<path of folder containing INF and SYS files for the encryption drivers>

これは、次のコマンドラインと同等です。This is equivalent to the following command line:

Setup /NoReboot /ShowOobe None /Telemetry Enable

Windows セットアップが Setupconfig.ini を使用する方法How does Windows Setup use Setupconfig.ini?

メディアおよび ISO ファイルを使用します。Using media/ISO file

メディアまたは ISO ファイルから Windows セットアップを実行する場合は、コマンドラインで setupconfig ファイルの場所を含める必要があります ("/ConfigFile <path>") setup.exe を実行する場合。If you are running Windows setup from media or an ISO file, you must include the location to the setupconfig file on the command line (“/ConfigFile <path>”) when running setup.exe. 以下に例を示します。For example:

Setup.exe /ConfigFile <path to Setupconfig.ini>

Setupconfig ファイルで、コマンドラインでパラメーターと同じパラメーターを含める場合 setupconfig ファイル パラメーターと値には、優先順位があります。If you include a parameter on the command line and the same parameter in the setupconfig file, the setupconfig file parameter and value has precedence.

Windows Update を使用してください。Using Windows Update

更新プログラムが Windows Update から配信される場合は、setupconfig ファイルの既定の場所で Windows セットアップが検索されます。If the update is delivered through Windows Update, Windows Setup searches in a default location for a setupconfig file. ここで setupconfig ファイルを含めることができます。You can include the setupconfig file here:

"%systemdrive%\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\WSUS\SetupConfig.ini""%systemdrive%\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\WSUS\SetupConfig.ini"

Windows のインストール中に応答ファイルを使用します。Use an answer file while installing Windows

応答ファイルを使用して、Windows インストールを自動化することができます。You can automate Windows installation by using an answer file:

セットアップでサービス。新しいデバイスを Windows セットアップ、Windows イメージ ファイル、およびカスタマイズの unattend.xml ファイルを含む USB を起動します。

USB フラッシュ ドライブを使用します。Use a USB flash drive

  1. サンプルの応答ファイルを使用して、または、独自の Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を作成します。Use a sample answer file or create your own with Windows System Image Manager (Windows SIM).

  2. ファイルに保存しますAutounattend.xmlフラッシュ ドライブ、USB のルートにします。Save the file as Autounattend.xml on the root of a USB flash drive.

  3. 新しい PC、Windows 製品 DVD におよび、USB フラッシュ ドライブ、および PC を起動します。On a new PC, put in the Windows product DVD and the USB flash drive, and then boot the PC. その他の応答ファイルが選択されていないときに、Windows セットアップは、このファイルを検索します。When no other answer file is selected, Windows Setup searches for this file.

応答ファイルを選択します。Select an answer file

  • インストール中に、特定の応答ファイルを選択するには、Windows プレインストール環境の起動を使用して、 setup.exeコマンドと、 /unattend:ファイル名オプション。You can select a specific answer file during installation by booting to the Windows Preinstallation Environment, and using the setup.exe command with the /unattend:filename option. 詳細については、次を参照してくださいWinPE:。起動可能な USB ドライブを作成するします。For more information, see WinPE: Create USB Bootable drive.

応答ファイルの例とインストールを自動化するために使用する設定の一覧は、Windows セットアップの自動化を参照してください。For sample answer files and a list of settings used to automate installation, see Automate Windows Setup.

既存のインストールを変更します。Modify an existing installation

%Windir% に応答ファイルのコピーがキャッシュのセットアップ中に再起動が必要なため、\Windows インストールの Panther ディレクトリ。Because reboots are required during Setup, a copy of the answer file is cached to the %WINDIR%\Panther directory of the Windows installation. このファイルは、次のいずれかを変更できます。You can modify this file to do any of the following:

  • イメージを起動せず、システムおよびコントロール パネルの設定を更新します。Update system and control panel settings without booting the image.

  • 監査モードでブートする PC の準備、イメージを更新 (Microsoft Windows の展開を参照してください。\再シール\モード)。Update an image by preparing the PC to boot to audit mode (see Microsoft-Windows-Deployment\Reseal\Mode).

  • ドライバーまたはパッケージのインストール順序を更新します。Update the order in which drivers or packages are installed. (依存関係を持つパッケージは、特定の順序でインストールを必要可能性があります)(Packages with dependencies may require installation in a certain order.)

オフライン イメージ内の応答ファイルを置き換えますReplace the answer file in an offline image

  1. カスタム応答ファイルで Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を作成します。Create a custom answer file in Windows System Image Manager (Windows SIM).

  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトを開きます。Open an elevated command prompt.

  3. Windows イメージをマウントします。Mount the Windows image.

    Dism /Mount-Image /ImageFile:"C:\images\CustomImage.wim" /Index:1 /MountDir:C:\mount
    
  4. 変更またはファイルを置き換えます。\Windows\Panther\unattend.xml マウントされたイメージ。Modify or replace the file: \Windows\Panther\unattend.xml in the mounted image.

    Copy CustomAnswerFile.xml C:\mount\Windows\Panther\unattend.xml
    

      イメージで応答ファイルがまだ処理されていない設定を含めることができます。Note   The answer file in the image may contain settings that have not yet been processed. これらの設定を処理する場合は、置換することではなく、既存のファイルを編集します。If you want these settings to get processed, edit the existing file rather than replacing it.

  5. イメージのマウントを解除します。Unmount the image.

    Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\mount /Commit
    
  6. 応答ファイルを指定せず、新しい PC に展開して、イメージをテストします。Test the image by deploying it to a new PC, without specifying an answer file. Windows セットアップを実行すると検索し、この応答ファイルを使用します。When Windows Setup runs, it finds and uses this answer file.

暗黙的な応答ファイルの検索順序Implicit Answer File Search Order

Windows セットアップ応答ファイルを適用して、ブート イメージの前後の初期インストールを含め、各構成パスの先頭に検索します。Windows Setup searches for answer files at the beginning of each configuration pass, including the initial installation and after applying and booting an image. 応答ファイルが見つかると、特定の構成パスの設定が含まれている場合は、これらの設定を処理します。If an answer file is found, and it contains settings for the given configuration pass, it processes those settings.

Windows セットアップでは、識別し、検索順序によって、すべての利用可能な応答ファイルを記録します。Windows Setup identifies and logs all available answer files, depending on the search order. 優先順位が最も高い応答ファイルが使用されます。The answer file that has the highest precedence is used. 応答ファイルが検証され、コンピューターにキャッシュされます。The answer file is validated and then cached to the computer. 有効な応答ファイルは、$Windows にキャッシュ ~ BT\ソース\Panther ディレクトリ中に、 windowsPEofflineServicing構成パス。Valid answer files are cached to the $Windows.~BT\Sources\Panther directory during the windowsPE and offlineServicing configuration passes. 応答ファイルを %windir% にキャッシュをハード_ディスクに Windows インストールの抽出後\panther します。After the Windows installation is extracted to the hard disk, the answer file is cached to %WINDIR%\panther.

次の表では、暗黙的な応答ファイルの検索の順序を示します。The following table shows the implicit answer file search order.

検索順序Search Order LocationLocation 説明Description

11

レジストリRegistry

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\Setup\UnattendFileHKEY_LOCAL_MACHINE\System\Setup\UnattendFile

応答ファイルに、レジストリでは、ポインターを指定します。Specifies a pointer in the registry to an answer file. 応答ファイルは、Unattend.xml という名前にする必要はありません。The answer file is not required to be named Unattend.xml.

22

%WINDIR%\Panther\Unattend%WINDIR%\Panther\Unattend

応答ファイルの名前は、Unattend.xml または Autounattend.xml である必要があります。The name of the answer file must be either Unattend.xml or Autounattend.xml.

注: Note

Windows セットアップでは、ダウンレベルのインストールでのみこのディレクトリを検索します。Windows Setup searches this directory only on downlevel installations. Windows セットアップは、Windows PE から起動する場合、%WINDIR%\Panther\Unattend ディレクトリは検索されません。If Windows Setup starts from Windows PE, the %WINDIR%\Panther\Unattend directory is not searched.

33

%WINDIR%\Panther%WINDIR%\Panther

Windows セットアップでは、インストールの後続のステージで使用するために、この場所の応答ファイルをキャッシュします。Windows Setup caches answer files to this location for use in subsequent stages of installation. たとえば、コンピューターが再起動すると、セットアップを続行して応答ファイルの設定を適用します。For example, when a computer reboots, Setup can continue to apply the settings in an answer file. Windows のセットアップまたは Sysprep を使用して、応答ファイルを明示的に指定する場合は、このディレクトリにキャッシュされた応答ファイルが明示的に指定された応答ファイルで上書きされます。If you explicitly specify an answer file by using Windows Setup or Sysprep, the answer file cached to this directory is overwritten with the explicitly specified answer file.

重要 Important

ないを使用して、変更、またはこのディレクトリ内の応答ファイルを上書きします。Do not use, modify, or overwrite the answer file in this directory. このディレクトリ内の応答ファイルは、インストール中に Windows セットアップによって注釈が付けられました。The answer file in this directory is annotated by Windows Setup during installation. Windows SIM またはその他の任意の Windows インストールでは、この応答ファイルを使用することはできません。This answer file cannot be reused in Windows SIM or any other Windows installations.

44

読み取り/書き込み対応リムーバブル メディア ドライブのルートがドライブ文字の順に。Removable read/write media in order of drive letter, at the root of the drive.

読み取り/書き込み対応リムーバブル メディア ドライブのルートがドライブ文字の順に。Removable read/write media in order of drive letter, at the root of the drive.

応答ファイルの名前は、Autounattend.xml である必要があり、応答ファイルはドライブのルートに配置する必要があります。The name of the answer file must be Autounattend.xml, and the answer file must be located at the root of the drive.

55

ドライブのルートがドライブ文字の順序でリムーバブル読み取り専用メディア。Removable read-only media in order of drive letter, at the root of the drive.

ドライブのルートがドライブ文字の順序でリムーバブル読み取り専用メディア。Removable read-only media in order of drive letter, at the root of the drive.

応答ファイルの名前が Autounattend.xml である必要があり、ドライブのルートにある必要があります。The name of the answer file must be Autounattend.xml, and must be located at the root of the drive.

66

windowsPEofflineServicing構成パス。windowsPE and offlineServicing configuration passes:

  • Windows 配布の \Sources ディレクトリ\Sources directory in a Windows distribution

その他のすべてのパス:All other passes:

  • %WINDIR%\System32\Sysprep%WINDIR%\System32\Sysprep

WindowsPEofflineServicing構成パスでは、応答ファイルの名前が autounattend.xml という名前にする必要があります。In the windowsPE and offlineServicing configuration passes, the name of the answer file must be Autounattend.xml.

他のすべての構成パス、ファイル名は Unattend.xml である必要があります。For all other configuration passes, the file name must be Unattend.xml.

77

%SYSTEMDRIVE%%SYSTEMDRIVE%

応答ファイルの名前は Unattend.xml または Autounattend.xml をする必要があります。The answer file name must be Unattend.xml or Autounattend.xml

88

ドライブを Windows セットアップ (setup.exe) が実行されている、ドライブのルートにあるからです。Drive from where Windows Setup (setup.exe) is running, at the root of the drive.

応答ファイルの名前は Unattend.xml または Autounattend.xml である必要があり、Windows セットアップ フォルダーのパスのルートにある必要があります。The name of the answer file must be Unattend.xml or Autounattend.xml, and must be located at the root of the Windows Setup folder path.

応答ファイル内の機密データSensitive Data in Answer Files

セットアップは、各構成パスの最後にキャッシュされた応答ファイル内の機密データを削除します。Setup removes sensitive data in the cached answer file at the end of each configuration pass.

重要Important
応答ファイルは、コンピューターに Windows セットアップ中にキャッシュされるため、応答ファイルは、コンピューターの再起動の間で保持されます。Because answer files are cached to the computer during Windows Setup, your answer files will persist on the computer between reboots. コンピューターを顧客に納入する前に、%windir% でキャッシュされた応答ファイルを削除する必要があります\panther ディレクトリ。Before you deliver the computer to a customer, you must delete the cached answer file in the %WINDIR%\panther directory. 応答ファイルにドメイン アカウントのパスワード、プロダクト キー、または他の機密データを含める場合は潜在的なセキュリティの問題がかかることがあります。There might be potential security issues if you include domain passwords, product keys, or other sensitive data in your answer file. ただし場合の設定がまだ処理されていません、 oobeSystem構成パスするエンド ユーザー コンピューターの起動時に実行を既に処理されている応答ファイルのセクションでの削除を検討してください。However, if you have unprocessed settings in the oobeSystem configuration pass that you intend to run when an end user starts the computer, consider deleting the sections of the answer file that have already been processed. 1 つのオプションを実行すると、 sysprep/oobe oobeSystem 構成パスの設定のみを含む個別の応答ファイルを使用するコマンドがあります。One option when you run the sysprep /oobe command might be to use a separate answer file that only contains settings in the oobeSystem configuration pass.

ただし、キャッシュされた応答ファイルよりも優先順位の高い場所では、応答ファイルが埋め込まれている場合、キャッシュされた応答上書きされます各構成パスの先頭に埋め込み応答ファイルには、暗黙的な検索条件が一致する場合。However, if an answer file is embedded in a higher precedence location than the cached answer file, then the cached answer may be overwritten at the beginning of each subsequent configuration pass, if the embedded answer file matches the implicit search criteria. たとえば、%windir% で応答ファイルが埋め込まれている場合\Panther\無人セットアップ\Unattend.xml、埋め込み応答ファイルには、各構成パスの先頭にキャッシュされた応答ファイルが置き換えられます。For example, if an answer file is embedded at %WINDIR%\Panther\Unattend\Unattend.xml, the embedded answer file will replace the cached answer file at the beginning of each configuration pass. たとえば、埋め込み応答ファイルでは、両方を指定します、 specializeoobeSystemに対して、埋め込み応答ファイルを検出し、構成パス、 を特殊化 、キャッシュの構成パスが処理され、重要なデータを消去します。For example, if the embedded answer file specifies both the specialize and oobeSystem configuration passes, then the embedded answer file is discovered for the specialize configuration pass, cached, processed, and sensitive data is cleared. 埋め込み応答ファイルは oobeSystem 構成パス中にもう一度検出し、再度キャッシュされます。The embedded answer file is discovered again during the oobeSystem configuration pass and cached again. その結果、specialize 構成パスの機密データは消去されなくします。As a result, the sensitive data for the specialize configuration pass is no longer cleared. 以前に処理された構成パスの重要なデータは再び消去されません。Sensitive data for previously processed configuration passes will not be cleared again. キャッシュされた応答ファイルをオーバーライドする必要がありますがない場合は、優先順位の低いのある場所で応答ファイルを埋め込みます。Unless the cached answer file must be overridden, embed the answer files at a location that has a lower precedence.

重要Important
応答ファイルは、コンピューターに Windows セットアップ中にキャッシュされるため、応答ファイルは、コンピューターの再起動の間で保持されます。Because answer files are cached to the computer during Windows Setup, your answer files will persist on the computer between reboots. コンピューターを顧客に納入する前に、%windir% でキャッシュされた応答ファイルを削除する必要があります\panther ディレクトリ。Before you deliver the computer to a customer, you must delete the cached answer file in the %WINDIR%\panther directory. 応答ファイルにドメイン アカウントのパスワード、プロダクト キー、または他の機密データを含める場合は潜在的なセキュリティの問題がかかることがあります。There might be potential security issues if you include domain passwords, product keys, or other sensitive data in your answer file. ただし場合の設定がまだ処理されていません、 oobeSystem構成パスするエンド ユーザー コンピューターの起動時に実行を既に処理されている応答ファイルのセクションでの削除を検討してください。However, if you have unprocessed settings in the oobeSystem configuration pass that you intend to run when an end user starts the computer, consider deleting the sections of the answer file that have already been processed. 1 つのオプションを実行すると、 sysprep/oobe oobeSystem 構成パスの設定のみを含む個別の応答ファイルを使用するコマンドがあります。One option when you run the sysprep /oobe command might be to use a separate answer file that only contains settings in the oobeSystem configuration pass.

コマンドは、コンピューター上の任意のキャッシュされたまたは埋め込み応答ファイルを削除する Setupcomplete.cmd コマンド スクリプトに追加できます。You can add a command to the Setupcomplete.cmd command script that deletes any cached or embedded answer files on the computer. 詳細については、を Windows セットアップにカスタム スクリプトを追加を参照してください。For more information, see Add a Custom Script to Windows Setup.

Windows セットアップ応答ファイルの構成パスに注釈を付けますWindows Setup Annotates Configuration Passes in an Answer File

構成パスが処理されると、Windows セットアップ、パスが処理されていることを示すキャッシュされた応答ファイルに注釈を付けます。After a configuration pass is processed, Windows Setup annotates the cached answer file to indicate that the pass has been processed. 構成パスがもう一度実行し、キャッシュされた応答ファイルが置換またはそれまでの間で更新されていない場合、応答ファイルの設定はもう一度は処理されません。If the configuration pass is run again and the cached answer file has not been replaced or updated in the interim, the answer file settings are not processed again. 代わりに、Windows セットアップは、キャッシュされた Unattend.xml ファイルよりも優先順位の低い場所にある暗黙の Unattend.xml ファイルを検索します。Instead, Windows Setup will search for implicit Unattend.xml files that are at a lower precedence location than the cached Unattend.xml file.

Microsoft Windows の展開を含む応答ファイルで Windows をインストールするなど、/RunSynchronousコマンド、 specialize構成パス。For example, you can install Windows with an answer file that contains Microsoft-Windows-Deployment/RunSynchronous commands in the specialize configuration pass. インストール中に、specialize 構成パスが実行されます、 RunSynchronousコマンドを実行します。During installation, the specialize configuration pass runs and the RunSynchronous commands execute. インストール後に、実行、 sysprepコマンドと、 /generalizeオプション。After installation, run the sysprep command with the /generalize option. キャッシュされた応答ファイル、または応答ファイルは明示的に渡されなかった、Sysprep ツールよりも高い優先順位で応答ファイルがない場合、specialize 構成パス、次回をセットアップ コンピューターが起動します。If there is no answer file in a higher precedence than the cached answer file or an answer file was not explicitly passed to the Sysprep tool, Setup runs the specialize configuration pass the next time that the computer boots. キャッシュされた応答ファイルには、その構成パスの設定が適用された既に注釈が含まれているため、 RunSynchronousコマンドは実行されません。Because the cached answer file contains an annotation that the settings for that configuration pass were already applied, the RunSynchronous commands do not execute.

暗黙的な応答ファイルの検索例Implicit Answer File Search Examples

次の例では、暗黙的な応答ファイルの検索の動作について説明するのに役立ちます。The following examples help describe the behavior of implicit answer file searches.

Autounattend.xml をという名前の応答ファイルは、Windows セットアップによって自動的に検出Answer Files Named Autounattend.xml are Automatically Discovered by Windows Setup

  1. 応答ファイルで設定を含む、Autounattend.xml という名前を作成、 windowsPE構成パス。Create an answer file that is named Autounattend.xml that includes settings in the windowsPE configuration pass.

  2. Autounattend.xml をリムーバブル メディア デバイスにコピーします。Copy Autounattend.xml to a removable media device.

  3. CD または DVD からブートするコンピューターの BIOS を構成します。Configure the BIOS of your computer to boot from CD or DVD.

  4. Windows 製品 DVD を起動します。Boot the Windows product DVD.

  5. Windows を起動するときに、リムーバブル メディア デバイスを挿入します。Insert the removable media device when Windows is booting. この例では、リムーバブル メディアのドライブ文字 d: が割り当てられている\します。This example assumes that the removable media is assigned the drive letter D:\.

    Windows セットアップが開始し、自動的に autounattend.xml という名前有効な応答ファイルとして識別します。Windows Setup starts and automatically identifies Autounattend.xml as a valid answer file. 応答ファイルは、有効なファイル名 (Autounattend.xml) を使用しているため、有効な検索パス (D のルート) のいずれかであるし、現在の構成パスの有効な設定が含まれています (windowsPE)、この応答ファイルを使用します。Because the answer file uses a valid file name (Autounattend.xml), is located in one of the valid search paths (the root of D), and includes valid settings for the current configuration pass (windowsPE), this answer file is used.

    応答ファイルは、コンピューターにキャッシュされます。The answer file is cached to the computer. 以降のパスで検出された追加の応答ファイルがない場合、キャッシュされた応答ファイルは、Windows セットアップ全体で使用されます。If there are no additional answer files discovered in later passes, the cached answer file is used throughout Windows Setup.

順序の優先順位の定義済みの検索パスで応答ファイルが検出されます。Answer Files are Discovered in Order of Precedence in Predefined Search Paths

  1. 上記のシナリオでは、手順を使用して、応答ファイルを使用した Windows をインストールします。Install Windows with an answer file by using the steps in the previous scenario. Windows をインストールするために使用する応答ファイルは、%windir% でシステムにキャッシュ\Panther ディレクトリ。The answer file that is used to install Windows is cached to the system in the %WINDIR%\Panther directory.

  2. %Windir% に Unattend.xml ファイルをコピー\System32\Sysprep ディレクトリ。Copy an Unattend.xml file to the %WINDIR%\System32\Sysprep directory.

    この応答ファイルに設定の一般化構成パス。This answer file has settings in the generalize configuration pass.

  3. 実行、 sysprepコマンドと、 /generalize参照イメージを作成するオプション。Run the sysprep command with the /generalize option to create a reference image.

    %Windir%\System32\Sysprep ディレクトリは、暗黙的な検索パスでは、このディレクトリにコピーされた応答ファイルが見つかりました。Because the %WINDIR%\System32\Sysprep directory is in the implicit search paths, the answer file copied to this directory is found. ただし、Windows のインストールに使用された応答ファイルは、コンピューターにキャッシュされていると、設定が含まれます、一般化構成パス。However, an answer file that was used to install Windows is still cached on the computer and contains settings for the generalize configuration pass. このキャッシュされた応答ファイルは、Sysprep ディレクトリにコピーするものより高い優先順位。This cached answer file has a higher precedence than the one copied to the Sysprep directory. キャッシュされた応答ファイルが使用されます。The cached answer file is used.

    注:Note
    コマンド ライン ツールまたは GUI ツールとして、Sysprep ツールを実行できます。The Sysprep tool can be run as a command-line tool or as a GUI tool. GUI ツールとして、Sysprep ツールを実行する場合は、選択、 Generalizeチェック ボックスをオンします。If you run the Sysprep tool as a GUI tool, you can select the Generalize check box.

To use the new answer file, you can copy it to a directory of a higher precedence than the cached answer file, or you can specify the answer file by using the **/unattend** option. For example:

```
sysprep /generalize /unattend:C:\MyAnswerFile.xml
```

応答ファイルが有効な構成パスを含める必要があります。Answer Files Must Include a Valid Configuration Pass

  1. Unattend.xml ファイルをリムーバブル メディア デバイスにコピーします。Copy an Unattend.xml file to a removable media device.

    Unattend.xml ファイルの設定のみを持つ、 auditSystemauditUser構成パス。The Unattend.xml file has settings only for the auditSystem and auditUser configuration passes.

  2. インストールされている Windows オペレーティング システムで実行して、 sysprep/generalize/oobeコマンド。On an installed Windows operating system, run the sysprep /generalize /oobe command.

    有効なパスが含まれていないために、Unattend.xml ファイルは無視されます、応答ファイルを暗黙的な検索パスのいずれかで使用できる場合でも、一般化構成パス。Even though the answer file is available in one of the implicit search paths, the Unattend.xml file is ignored because it does not contain a valid pass for the generalize configuration pass.

その他のリソースAdditional Resources

応答ファイルと構成パスの詳細については、次のトピックを参照してください。See the following topics for more information about answer files and configuration passes:

関連トピックRelated topics

Windows セットアップのシナリオとベスト プラクティスWindows Setup Scenarios and Best Practices

Windows セットアップのインストール処理Windows Setup Installation Process

Windows セットアップの自動化Automate Windows Setup

監査モードの概要Audit Mode Overview

Windows セットアップの構成パスWindows Setup Configuration Passes

Windows セットアップのサポートされているプラットフォームとクロスプラット フォーム展開Windows Setup Supported Platforms and Cross-Platform Deployments