Windows セットアップ:MBR または GPT パーティション スタイルを使用したインストールWindows Setup: Installing using the MBR or GPT partition style

Windows セットアップを使用して UEFI ベースの PC に Windows をインストールする場合は、UEFI モードまたは従来の BIOS 互換モードをサポートするようにハード ドライブのパーティション スタイルを設定する必要があります。When installing Windows on UEFI-based PCs using Windows Setup, your hard drive partition style must be set up to support either UEFI mode or legacy BIOS-compatibility mode.

たとえば、次のようなエラー メッセージが表示された場合:"このディスクに Windows をインストールすることはできません。For example, if you receive the error message: “Windows cannot be installed to this disk. 選択されたディスクは GPT パーティション スタイルではありません"。これは、PC が UEFI モードで起動されているのに、ハード ドライブが UEFI モード用に構成されていないことが原因です。The selected disk is not of the GPT partition style”, it’s because your PC is booted in UEFI mode, but your hard drive is not configured for UEFI mode. いくつかのオプションがあります。You’ve got a few options:

  1. 従来の BIOS 互換モードで PC を再起動します。Reboot the PC in legacy BIOS-compatibility mode. このオプションを使用すると、既存のパーティション スタイルを保持できます。This option lets you keep the existing partition style. 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。For more info, see Boot to UEFI Mode or Legacy BIOS mode.

  2. GPT パーティション スタイルを使用して、UEFI 用にドライブを構成します。Configure your drive for UEFI by using the GPT partition style. このオプションを使用すると、PC の UEFI ファームウェア機能を使用できます。This option lets you use the PC’s UEFI firmware features.

    MBR2GPT ツールを使用して、データを保持し、ドライブを変換できます。You can preserve your data and convert the drive using the MBR2GPT tool. 以下の手順に従って、ドライブを再フォーマットすることもできます。You can also choose to reformat the drive using the instructions below. 再フォーマットを行うと、ドライブ上のすべてのデータが消去されます。Reformatting will erase all the data on the drive.

ドライブを変換する理由Why should I convert my drive?

多くの PC では BIOS の UEFI バージョンを使用できるようになり、これにより、起動やシャットダウンにかかる時間が削減され、追加のセキュリティ上の利点を得られます。Many PCs now include the ability to use the UEFI version of BIOS, which can speed up boot and shutdown times and can provide additional security advantages. UEFI モードで PC を起動するには、GPT ドライブ形式を使用してフォーマットされたドライブを使用する必要があります。To boot your PC in UEFI mode, you'll need to use a drive formatted using the GPT drive format.

多くの PC は UEFI を使用できるようになっていますが、従来のバージョンの BIOS を使用するように設定された互換性サポート モジュール (CSM) も含まれています。Many PCs are ready to use UEFI, but include a compatibility support module (CSM) that is set up to use the legacy version of BIOS. このバージョンの BIOS は、1970 年代に開発され、さまざまな古い装置やネットワーク構成との互換性を備えており、MBR ドライブ形式を使用するドライブが必要です。This version of BIOS was developed in the 1970s and provides compatibility to a variety of older equipment and network configurations, and requires a drive that uses the MBR drive format.

ただし、基本的な MBR ドライブ形式では、4 TB を超えるドライブはサポートされません。However, the basic MBR drive format does not support drives over 4TB. 4 つ以上のパーティションを設定することも困難です。It's also difficult to set up more than four partitions. GPT ドライブ形式では、4 テラバイト (TB) を超えるドライブを設定でき、必要なだけの数のパーティションを簡単に設定できます。The GPT drive format lets you set up drives that are larger than 4 terabytes (TB), and lets you easily set up as many partitions as you need.

別のパーティション スタイルを使用してドライブを再フォーマットするReformatting the drive using a different partition style

Windows セットアップを使用してドライブをワイプして変換するにはTo wipe and convert the drive by using Windows Setup

  1. PC をオフにし、Windows インストール DVD または USB キーを配置します。Turn off the PC, and put in the Windows installation DVD or USB key.

  2. UEFI モードで、DVD または USB キーに対して PC を起動します。Boot the PC to the DVD or USB key in UEFI mode. 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。For more info, see Boot to UEFI Mode or Legacy BIOS mode.

  3. インストールの種類を選択する場合は、 [カスタム] を選択します。When choosing an installation type, select Custom.

  4. [Windows のインストール場所を選んでください] 画面で、ドライブ上の各パーティションを選択し、 [削除] を選択します。On the Where do you want to install Windows? screen, select each of the partitions on the drive, and select Delete. ドライブには、単一の未割り当て領域が表示されます。The drive will show a single area of unallocated space.

  5. 未割り当て領域を選択し、 [次へ] をクリックします。Select the unallocated space and click Next. Windows により PC が UEFI モードで起動されたことが検出され、GPT ドライブ形式を使用してドライブがフォーマットされ、インストールが開始されます。Windows detects that the PC was booted into UEFI mode, and reformats the drive using the GPT drive format, and begins the installation.

ドライブを手動でワイプして GPT に変換するには:To manually wipe a drive and convert it to GPT:

  1. PC をオフにし、Windows インストール DVD または USB キーを配置します。Turn off the PC, and put in the Windows installation DVD or USB key.

  2. UEFI モードで、DVD または USB キーに対して PC を起動します。Boot the PC to the DVD or USB key in UEFI mode. 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。For more info, see Boot to UEFI Mode or Legacy BIOS mode.

  3. Windows セットアップ内から、Shift + F10 を押して、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。From inside Windows Setup, press Shift+F10 to open a command prompt window.

  4. diskpart ツールを開きます。Open the diskpart tool:

    diskpart
    
  5. 再フォーマットするドライブを指定します。Identify the drive to reformat:

    list disk
    
  6. ドライブを選択し、次のように再フォーマットします。Select the drive, and reformat it:

    select disk <disk number>
    clean
    convert gpt
    exit
    
  7. コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。Close the command prompt window.

  8. Windows セットアップのインストールを続行します。Continue the Windows Setup installation.

    インストールの種類を選択する場合は、 [カスタム] を選択します。When choosing an installation type, select Custom. ドライブは、単一の未割り当て領域として表示されます。The drive will appear as a single area of unallocated space.

    未割り当て領域を選択し、 [次へ] をクリックします。Select the unallocated space and click Next. Windows によりインストールが開始されます。Windows begins the installation.

Windows セットアップが正しいファームウェア モードで起動していることを確認するMake sure Windows Setup boots to the correct firmware mode

このプロセスを自動化するには、Windows PE を使用して Windows セットアップを実行し、Windows をインストールする前にスクリプトを使用して、使用しているモードを検出する必要があります。To automate this process, you'll need to run Windows Setup through Windows PE, and use a script to detect which mode you’re in before installing Windows. 詳しくは、WinPE: UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブートに関するページをご覧ください。For more info, see WinPE: Boot in UEFI or legacy BIOS mode.

関連トピックRelated topics

UEFI モードまたは従来の BIOS モードの起動Boot to UEFI Mode or Legacy BIOS mode