Windows セットアップでサポートされるプラットフォームおよびクロスプラットフォーム展開

このトピックでは、Windows セットアップの実行に対してサポートされるプラットフォームと展開シナリオについて説明します。

さまざまな種類の PC を展開するときに、Windows セットアップをイメージを選択する手段として使用し、Windows セットアップのユーザー インターフェイスを通じて特定のイメージを選択することができます。 さまざまな種類のハードウェア プラットフォーム (BIOS と UEFI、32 ビットと 64 ビットの PC など) 用のイメージや、さまざまなバージョンの Windows (Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 7 など) 用のイメージを含めることができます。

スクリプトを使用して Windows セットアップを実行することもできます。 PC を Windows PE で起動した後に、\sources\setup.exe ファイルを使用してイメージを指定します。

ファームウェアに関する考慮事項: BIOS と UEFI

UEFI またはレガシ BIOS モードでの起動をサポートしている UEFI ベースの PC の場合は、Windows セットアップを開始する前に、PC が正しいファームウェア モードで起動されていることを確認してください。 そうしないと、Windows セットアップでハード ドライブ パーティションが正しく設定されなかったり、ハード ドライブが事前構成されている場合にインストールが中止されたりする可能性があります。 詳細については、WinPE の UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでの起動に関する記事を参照してください。

ファームウェア: 32 ビットと 64 ビットの BIOS

32 ビットと 64 ビットの両方の BIOS PC に Windows を展開できる単一の環境またはスクリプト セットを設定するには、32 ビット バージョンの Windows PE と 32 ビット バージョンの Windows セットアップを使用します。

64 ビット バージョンの Windows セットアップは、32 ビット バージョンの Windows PE 上では実行されません。

Note

32 ビット バージョンの Windows 11 用 WinPE はサポートされていません。

64 ビット バージョンの Windows を 32 ビット バージョンの Windows PE からインストールするには

  1. 32 ビット バージョンの Windows PE を使用して PC を起動します。

  2. 次のいずれかの方法を使用して、64 ビット バージョンの Windows をインストールします。

    • 32 ビット バージョンの Windows セットアップを実行し、/InstallFrom コマンド ライン オプションを使用して 64 ビットの Windows イメージを選択します。

      D:\setup.exe /InstallFrom:"N:\Windows_64-bit\sources\install.wim"
      

      \- または -

    • 32 ビット バージョンの Windows セットアップを実行し、Microsoft-Windows-Setup\ImageInstall\OSImage\Microsoft-Windows-Setup\ImageInstall\OSImage\ 無人設定を使用して 64 ビットの Windows イメージを選択します。

      D:\setup.exe /unattend:"D:\unattend_install_64-bit.xml"
      

      \- または -

    • イメージ キャプチャ ツールを使用して、64 ビット バージョンの Windows を PC に適用します。

      Dism /Apply-Image /ImageFile:"Fabrikam_64-bit_image.wim" /Index:1 /ApplyDir:D:\
      

      詳細については、DISM を使用したイメージの適用に関するページを参照してください。

数種類のアーキテクチャ用の .wim ファイルの作成

.wim ファイルに 32 ビットと 64 ビットの両方の Windows エディションが含まれている場合は、インストールする Windows イメージを選択する必要があります。 通常、Windows セットアップでは、ProductKey 設定で指定したプロダクト キーを使用して、インストールする Windows イメージが決定されます。 ただし、ファイルに同じ Windows バージョン (Windows 8.1 Pro など) の 2 つのエディションが含まれている場合は、応答ファイル内の MetaData 設定を使用して、インストールするエディションを指定する必要があります。

イメージを選択するには、イメージのインデックス、名前、説明、またはアーキテクチャの種類に対応するメタデータを指定します。 アーキテクチャの種類に対するメタデータの場合、32 ビット エディションには 0、64 ビット エディションには 9 を使用します。 詳細については、MetaDataMetaData 設定に関するページを参照してください。

応答ファイルには、プロセッサ固有のコンポーネントが含まれている必要があります。 windowsPE 構成パス内の応答ファイルの設定は、プレインストール環境のアーキテクチャの種類と一致している必要があります。 Windows イメージに適用される設定は、イメージのアーキテクチャの種類と一致している必要があります。 たとえば、32 ビットのプレインストール環境から 64 ビット イメージを展開する応答ファイルを作成する場合は、応答ファイル内の windowsPE 構成パス用のすべてのコンポーネントに、プロセッサの属性の種類として x86 が指定されている必要があります。 specializeoobeSystem、またはその他の構成パスに適用される設定では、プロセッサの属性の種類として amd64 が指定されている必要があります。

WinPE:UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブート

Windows セットアップのシナリオとベスト プラクティス

Windows セットアップのインストール処理

Windows セットアップの自動化の概要

監査モードの概要

Windows セットアップの構成パス