起動可能な WinPE メディアの作成Create bootable WinPE media

Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) には、CopyPE および MakeWinPEMedia コマンド ライン ユーティリティが含まれます。The Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) includes the CopyPE and MakeWinPEMedia command line utilities. 展開およびイメージング ツール環境で実行すると、CopyPE によって WinPE ファイルのワーキング セットが作成され、MakeWinPEMedia がこれを使用して起動可能な WinPE メディアを作成できます。When run from the Deployment and Imaging Tools Environment, CopyPE creates a working set of WinPE files, that MakeWinPEMedia can use to create bootable WinPE media. MakeWinPEMedia は、起動可能な WinPE USB ドライブ、仮想ハード ディスク、または ISO (VHD の起動や DVD または CD への書き込みに使用できる) を作成できます。MakeWinPEMedia can create bootable WinPE USB drives, virtual hard disks, or ISOs that allow you to boot a VHD or burn to a DVD or CD.

CopyPEMakeWinPEMedia がインストールされるのは、ADK をインストールするときに [Deployment Tools] および [Windows Preinstallation Environment] オプションを選択した場合です。CopyPE and MakeWinPEMedia are installed when you choose the Deployment tools and Windows Preinstallation Environment options when installing the ADK. Windows 10 Version 1809 用の ADK を使用している場合、Windows PE は ADK のインストール後にダウンロードしてインストールする独立したアドオンです。If you're using the ADK for Windows 10, version 1809, Windows PE is a separate add-on that you download and install after you install the ADK. WinPE アドオンはダウンロード センターからダウンロードできます。You can download the WinPE add-on from the Download Center.

手順 1:作業ファイルの作成Step 1: Create working files

作成するメディアの種類にかかわらず、最初に行うのは、テクニシャン PC に WinPE ファイルのワーキング セットを作成することです。No matter what type of media you're going to create, the first thing to do is create a working set of WinPE files on your technician PC.

  1. 管理者として、 [展開およびイメージング ツール環境] を開始します。Start the Deployment and Imaging Tools Environment as an administrator.

  2. copype を実行して、Windows PE ファイルの作業コピーを作成します。Run copype to create a working copy of the Windows PE files. copype について詳しくは、「Copype コマンド ライン オプション」をご覧ください。For more information about copype, see Copype command line options.

    copype amd64 C:\WinPE_amd64
    

手順 2:WinPE のカスタマイズ (通常は不要)Step 2: Customize WinPE (Usually not needed)

他のパッケージを WinPE に追加すると、WinPE のパフォーマンスが低下し、起動時間が長くなります。Note, when you add more packages to WinPE, it slows WinPE performance and boot time. パッケージは必要な場合にのみ追加してください。Only add additional packages when necessary.

一般的なカスタマイズCommon customizations

  • 更新プログラムの追加Add an update. ラボの最後に FFU をキャプチャする場合は、KB4048955 を WinPE イメージに適用します。If you're going to be capturing an FFU at the end of the lab, apply KB4048955 to your WinPE image. 詳しくは、「WinPE:マウントとカスタマイズ」をご覧ください。To learn more, see: WinPE: mount and customize.

  • ビデオ ドライバーまたはネットワーク ドライバーを追加するAdd a video or network driver. (WinPE には汎用のビデオ ドライバーやネットワーク ドライバーが含まれていますが、場合によっては、画面表示やネットワーク接続用に追加のドライバーが必要になります)。(WinPE includes generic video and network drivers, but in some cases, additional drivers are needed to show the screen or connect to the network.). 詳しくは、WinPE でのドライバーの追加に関するページをご覧ください。To learn more, see WinPE: Add drivers.

  • PowerShell スクリプトのサポートを追加するAdd PowerShell scripting support. 詳しくは、「WinPE:Windows PowerShell サポートの Windows PE への追加」をご覧ください。To learn more, see WinPE: Adding Windows PowerShell support to Windows PE. PowerShell スクリプトは、このラボには含まれていません。PowerShell scripts are not included in this lab.

  • 電源設定を高パフォーマンスに設定するSet the power scheme to high-performance. 展開が早くなります。Speeds deployment. サンプルの展開スクリプトでは、このスキームが自動的に設定されます。Note, our sample deployment scripts already set this scheme automatically. WinPE:マウントとカスタマイズ:高パフォーマンスに関するページをご覧ください。See WinPE: Mount and Customize: High Performance.

  • WinPE の最適化:RAM とストレージが限られているデバイスの場合にお勧めします (たとえば、1GB RAM/16 GB ストレージの場合)。Optimize WinPE: Recommended for devices with limited RAM and storage (for example, 1GB RAM/16GB storage). Windows PE にドライバーや他のカスタマイズを追加したら、「WinPE:イメージの最適化と圧縮」を参照して起動時間を短縮します。After you add drivers or other customizations to Windows PE, see WinPE: Optimize and shrink the image to help reduce the boot time.

手順 3:起動可能なメディアの作成Step 3: Create bootable media

一連の作業ファイルが用意されたところで、MakeWinPEMedia を使用して起動可能な WinPE メディアを作成できます。Now that you now have a set of working files, you can use MakeWinPEMedia to build bootable WinPE media.

起動可能な WinPE USB ドライブの作成Create a bootable WinPE USB drive

  1. USB ドライブをテクニシャン PC に接続します。Attach a USB drive to your technician PC.

  2. 管理者として、 [展開およびイメージング ツール環境] を開始します。Start the Deployment and Imaging Tools Environment as an administrator.

  3. オプション MakeWinPEMedia を実行する前に USB キーをフォーマットできます。Optional You can format your USB key prior to running MakeWinPEMedia. MakeWinPEMedia によって WinPE ドライブが FAT32 としてフォーマットされます。MakeWinPEMedia will format your WinPE drive as FAT32. 4 GB を超えるファイルを WinPE USB ドライブに保存できるようにするには、追加パーティションが NTFS としてフォーマットされる複数パーティションの USB ドライブを作成できます。If you want to be able to store files larger than 4GB on your WinPE USB drive, you can create a multipartition USB drive that has an additional partition formatted as NTFS. 手順については、「複数パーティション USB ドライブの作成」をご覧ください。See Create a multipartition USB drive for instructions.

  4. MakeWinPEMedia/UFD オプションを使用し、USB キーのドライブ文字を指定して、USB フラッシュ ドライブをフォーマットして Windows PE をインストールします。Use MakeWinPEMedia with the /UFD option to format and install Windows PE to the USB flash drive, specifying the USB key's drive letter:

    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 P:
    

    警告

    このコマンドによってパーティションが再フォーマットされます。This command reformats the partition.

    使用できるすべてのオプションについては、「MakeWinPEMedia コマンド ライン オプション」をご覧ください。See MakeWinPEMedia command line options for all available options.

起動可能な WinPE USB ドライブの準備ができました。The bootable WinPE USB drive is ready. これを使用して、PC で WinPE を起動できます。You can use it to boot a PC into WinPE.

WinPE ISO、DVD、または CD の作成Create a WinPE ISO, DVD, or CD

  1. MakeWinPEMedia/ISO オプションを使用して、Windows PE ファイルを含む ISO ファイルを作成します。Use MakeWinPEMedia with the /ISO option to create an ISO file containing the Windows PE files:

    MakeWinPEMedia /ISO C:\WinPE_amd64 C:\WinPE_amd64\WinPE_amd64.iso
    
  2. オプション DVD または CD に書き込みます。Windows エクスプローラーで、ISO ファイルを右クリックし、 [ディスク イメージの書き込み] > [書き込み] を選択して、画面の指示に従います。Optional Burn a DVD or CD: In Windows Explorer, right-click the ISO file, and select Burn disc image > Burn, and follow the prompts.

WinPE VHD を作成して Hyper-V で使用するCreate a WinPE VHD to use with Hyper-V

起動可能な VHD を作成して Hyper-V で使用します。You can create a bootable VHD to use with Hyper-V.

ヒント

Windows PE を Hyper-V で実行するときは、仮想 PC の迅速なセットアップを可能にするために VHD の代わりに ISO ファイル形式の使用を検討してください。When running Windows PE in Hyper-V, consider using an ISO file format instead of a VHD, to enable quick setup of the virtual PC.

Windows PE を VHD にインストールするには:To install Windows PE to a VHD:

  1. 仮想ハード ドライブ (.vhdx) を作成します。Create a virtual hard drive (.vhdx):

    diskpart
    create vdisk file="C:\WinPE.vhdx" maximum=1000
    attach vdisk
    create partition primary
    assign letter=V
    format fs=ntfs quick
    exit
    
  2. MakeWinPEMedia を使用してドライブを準備します。Prepare the drive by using MakeWinPEMedia:

    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 V:
    
  3. ドライブの接続を解除します。Detach the drive:

    diskpart
    select vdisk file="C:\WinPE.vhdx"
    detach vdisk
    exit
    

トラブルシューティングTroubleshooting

  1. Windows PE が表示されない場合、毎回、次の回避策を試して PC を再起動してください。If Windows PE doesn't appear, try the following workarounds, rebooting the PC each time:

    • UEFI モードをサポートする PC を起動するには:ファームウェア ブート メニューで、次のブート ファイルを手動で選択します。\EFI\BOOT\BOOTX64.EFITo boot a PC that supports UEFI mode: In the firmware boot menus, try manually selecting the boot files: \EFI\BOOT\BOOTX64.EFI.

    • PC の起動に記憶域ドライバーまたはビデオ ドライバーが必要な場合は、それらと同じドライバーを Windows PE イメージに追加してみてください。If your PC requires storage or video drivers to boot, try adding those same drivers to the Windows PE image. 詳しくは、「WinPE:マウントとカスタマイズ」を参照してください。For more information, see WinPE: Mount and Customize.

  2. PC がネットワーク上の場所に接続していない場合は、「WinPE ネットワーク ドライバー:ドライバーの初期化と追加」をご覧ください。If the PC doesn't connect to network locations, see WinPE Network Drivers: Initializing and adding drivers.

関連トピックRelated topics

WinPE for Windows 10WinPE for Windows 10

WinPE:ハード ドライブ (フラット ブートまたは非 RAM) へのインストールWinPE: Install on a Hard Drive (Flat Boot or Non-RAM)

WinPE:マウントとカスタマイズWinPE: Mount and Customize

WinPE:UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブートWinPE: Boot in UEFI or legacy BIOS mode

Windows セットアップでサポートされるプラットフォームおよびクロスプラットフォーム展開Windows Setup Supported Platforms and Cross-Platform Deployments