起動可能な Windows PE メディアの作成

Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) 展開ツールADK Windows PE アドオンには、起動可能な WinPE メディアを簡単に作成するためのコマンドライン ユーティリティが含まれています。

  • CopyPE では、Windows PE ファイルのワーキング セットが作成されます。
  • MakeWinPEMedia では、ファイルのワーキング セットを使用して、起動可能な Windows PE メディアが作成されます。 MakeWinPEMedia を使うと、起動可能な Windows PE USB ドライブ、仮想ハード ディスク、または ISO (VM の起動や DVD または CD への書き込みに使用できる) を作成できます。

Note

ADK for Windows 10 バージョン 1803 以前を使用している場合、セットアップ中に Windows プレインストール環境オプションを選択すると Windows PE は ADK に含まれ、個別のアドオンは必要ありません。

手順 1: 作業ファイルの作成

作成するメディアの種類にかかわらず、最初に行うのは、テクニシャン PC に Windows PE ファイルのワーキング セットを作成することです。

  1. PC に ADK および ADK Windows PE アドオンがインストールされていることを確認します。

  2. 管理者として、 [展開およびイメージング ツール環境] を開始します。

  3. copype を実行して、Windows PE ファイルの作業コピーを作成します。 copype について詳しくは、「Copype コマンド ライン オプション」をご覧ください。

    copype amd64 C:\WinPE_amd64
    

手順 2: Windows PE のカスタマイズ

以下のカスタマイズは一般的なものですが、すべての Windows PE イメージでカスタマイズが必要なわけではありません。 パッケージを Windows PE に追加すると、パフォーマンスが低下し、起動時間が長くなる可能性があります。 パッケージは必要な場合にのみ追加してください。

一般的なカスタマイズ

  • Windows 11 の場合: Windows PE から Windows セットアップを起動している場合は、WinPE-WMI と WinPE-SecureStartup のオプション コンポーネントを追加します。 これらのオプション コンポーネントを含めないと、PC がハードウェアの最小要件を満たしていないというエラーが表示されることがあります。
  • 更新プログラムの追加。 詳細については、「WinPE: マウントとカスタマイズ」を参照してください。
  • ビデオ ドライバーまたはネットワーク ドライバーを追加する (Windows PE には汎用のビデオ ドライバーやネットワーク ドライバーが含まれていますが、場合によっては、画面表示やネットワーク接続用に追加のドライバーが必要になります)。 詳細については、「WinPE: ドライバーの追加」をご覧ください。
  • PowerShell スクリプトのサポートを追加する。 詳細については、「WinPE: Windows PowerShell サポートを Windows PE に追加する」をご覧ください。 PowerShell スクリプトは、このラボには含まれていません。
  • 電源設定を高パフォーマンスに設定する。 展開が早くなります。 サンプルの展開スクリプトでは、このスキームが自動的に設定されます。 「WinPE: マウントとカスタマイズ: 高パフォーマンス」をご覧ください。
  • Windows PE を最適化する: RAM とストレージが限られているデバイスの場合にお勧めします (たとえば、1GB RAM/16 GB ストレージの場合)。 ドライバーまたはその他のカスタマイズを Windows PE に追加した後、起動時間を短縮する方法については「イメージの最適化」をご覧ください。

手順 3: 起動可能なメディアの作成

一連の作業ファイルが用意されたところで、MakeWinPEMedia を使用して起動可能な WinPE メディアを作成できます。

起動可能な Windows PE USB ドライブを作成する

  1. USB ドライブをテクニシャン PC に接続します。

  2. 管理者として、 [展開およびイメージング ツール環境] を開始します。

  3. オプション MakeWinPEMedia を実行する前に USB キーをフォーマットできます。 MakeWinPEMedia によって Windows PE ドライブが FAT32 としてフォーマットされます。 4 GB を超えるファイルを Windows PE USB ドライブに保存できるようにするには、追加パーティションが NTFS としてフォーマットされる複数パーティションの USB ドライブを作成できます。 手順については、「複数パーティション USB ドライブの作成」をご覧ください。

  4. MakeWinPEMedia/UFD オプションを使用し、USB キーのドライブ文字を指定して、USB フラッシュ ドライブをフォーマットして Windows PE をインストールします。

    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 P:
    

    警告

    このコマンドによってパーティションが再フォーマットされます。

    使用できるすべてのオプションについては、「MakeWinPEMedia コマンド ライン オプション」をご覧ください。

起動可能な Windows PE USB ドライブの準備ができました。 これを使用して、PC で Windows PE を起動できます。

WinPE ISO、DVD、または CD の作成

  1. MakeWinPEMedia/ISO オプションを使用して、Windows PE ファイルを含む ISO ファイルを作成します。

    MakeWinPEMedia /ISO C:\WinPE_amd64 C:\WinPE_amd64\WinPE_amd64.iso
    
  2. 省略可能 DVD または CD に書き込む: Windows エクスプローラーで、ISO ファイルを右クリックし、 [ディスク イメージの書き込み]>[書き込み] を選択して、画面の指示に従います。

Windows PE VHD を作成して Hyper-V で使用する

起動可能な VHD を作成して Hyper-V で使用します。

ヒント

Windows PE を Hyper-V で実行することを計画している場合は、仮想 PC をより速くセットアップできるよう、VHD ではなく ISO ファイル形式の使用を検討してください。

Windows PE を VHD にインストールするには:

  1. 仮想ハード ドライブ (.vhdx) を作成します。

    diskpart
    create vdisk file="C:\WinPE.vhdx" maximum=1000
    attach vdisk
    create partition primary
    assign letter=V
    format fs=ntfs quick
    exit
    
  2. MakeWinPEMedia を使用してドライブを準備します。

    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 V:
    
  3. ドライブの接続を解除します。

    diskpart
    select vdisk file="C:\WinPE.vhdx"
    detach vdisk
    exit
    

作成したメディアから起動する

起動可能な Windows PE メディアを作成したので、それを使用して PC を起動することができます。

  1. 起動する PC にメディアを挿入します。
  2. PC の電源を入れます。
  3. キーまたはキーの組み合わせを押して起動メニューを表示します。 このキーまたはキーの組み合わせは、PC の製造元によって異なります。 どのキーの組み合わせによって PC の起動メニューが表示されるかわからない場合は、PC の製造元にお問い合わせください。
  4. 起動メニューから、起動可能な Windows PE メディアを選択します。

PC が Windows PE で起動します。

トラブルシューティング

  1. Windows PE が表示されない場合、毎回、次の回避策を試して PC を再起動してください。

    • UEFI モードをサポートする PC を起動するには: ファームウェアのブート メニューで、ブート ファイルの手動での選択を試みます: \EFI\BOOT\BOOTX64.EFI。
    • PC の起動に記憶域ドライバーまたはビデオ ドライバーが必要な場合は、それらと同じドライバーを Windows PE イメージに追加してみてください。 詳細については、「WinPE: マウントとカスタマイズ」を参照してください。
  2. PC がネットワークの場所に接続していない場合は、「WinPE ネットワーク ドライバー: ドライバーの初期化と追加」を参照してください。

Windows PE の概要

WinPE:ハード ドライブ (フラット ブートまたは非 RAM) へのインストール

WinPE: マウントとカスタマイズ

WinPE:UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブート

Windows セットアップでサポートされるプラットフォームおよびクロスプラットフォーム展開