WinPE: ハードドライブにインストールする (フラットブートまたは非 RAM)WinPE: Install on a hard drive (Flat boot or Non-RAM)

Windows プレインストール環境 (Windows PE) は、Windows のインストール、展開、およびサービスのために PC を準備できる最小限のオペレーティングシステムです。Windows Preinstallation Environment (Windows PE) is a minimal operating system where you can prepare a PC for installation, deployment, and servicing of Windows. 内部または外部のハードドライブにダウンロードしてインストールする方法を次に示します。Here's how to download and install it to an internal or external hard drive.

次の手順では、ドライブから実行される基本的な Windows PE のインストールをセットアップする方法について説明します。These instructions show how to set up a basic Windows PE installation that runs from the drive. これにより、メモリから起動するよりもパフォーマンスが向上する場合があります。また、メモリが不足している Pc または仮想環境で Windows PE を実行する場合にも役立ちます。This can sometimes give you better performance than booting from memory, and can help you run Windows PE on PCs or virtual environments with low memory. この手順は、 RAMDISK 以外のブート、または フラットブート とも呼ばれます。This procedure is also known as a non-RAMDISK boot, or a flat boot.

注:Note
Windows PE がドライブから実行されている場合は、作業内容が失われないように、ドライブを切断する前に PC をオフにする必要があります。When Windows PE is running from the drive, you must turn off the PC before disconnecting the drive to avoid losing your work.

Windows ADK をインストールする Install the Windows ADK

Windows PE ファイルの作業ディレクトリを作成するCreate a working directory for Windows PE files

  1. [スタート] ボタンをクリックし、「展開」と入力します。Click Start, and type deployment. [展開およびイメージング ツール環境] を右クリックし、[管理者として実行] を選びます。Right-click Deployment and Imaging Tools Environment and then select Run as administrator.

  2. 展開およびイメージングツール環境 から、Windows PE ファイル用の作業ディレクトリを作成します。From the Deployment and Imaging Tools Environment, create a working directory for the Windows PE files.

    copype amd64 C:\WinPE_amd64
    

Windows PE をメディアにインストールする Install Windows PE to the media

  1. DiskPart を使用してパーティションを準備します。Use DiskPart to prepare the partitions.

    注:Note
    次のコマンドは、BIOS ベースまたは UEFI ベースの PC で起動できる USB ハードドライブを準備します。The following commands prepare a USB hard drive that can boot on either a BIOS-based or UEFI-based PC.

    UEFI ベースの Pc では、Windows PE では FAT32 ファイル形式を使用してフォーマットされたブートパーティションが必要です。これは、最大 4 GB のファイルサイズのみをサポートします。On UEFI-based PCs, Windows PE requires a boot partition formatted using the FAT32 file format, which only supports file sizes up to 4 GB. この例では、NTFS を使用してフォーマットされた別のパーティションをドライブに作成します。このパーティションは、Windows イメージやその他の大きなファイルを格納できます。In this example, we create a separate partition on the drive, formatted using NTFS, that can store Windows images and other large files. 詳細については、「」を参照してください。To learn more, see .

    diskpart
    list disk
    select <disk number>
    clean
    rem === Create the Windows PE partition. ===
    create partition primary size=2000
    format quick fs=fat32 label="Windows PE"
    assign letter=P
    active
    rem === Create a partition for images ===
    create partition primary
    format fs=ntfs quick label="Images"
    assign letter=I
    list vol
    exit
    

    ここで、 < disk number > は、表示されている外部 USB ハードドライブの番号です。where <disk number> is the listed number of the external USB hard drive.

  2. Windows PE イメージをハードドライブに適用します。Apply the Windows PE image to the hard drive.

    dism /Apply-Image /ImageFile:"C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim" /Index:1 /ApplyDir:P:\
    
  3. ブートファイルを設定します。Set up the boot files.

    BCDboot P:\Windows /s P: /f ALL
    

    注:Note
    "警告: アプリケーションが見つかりません。" という警告メッセージはすべて無視します。Ignore any warning messages that say "Warning: Resume application not found."

Windows PE で起動する Boot to Windows PE

  1. デバイス (内部または外部の USB ハードドライブ) を、作業する PC に接続します。Connect the device (internal or external USB hard drive) into the PC you want to work on.

  2. PC の電源を入れ、ブートメニューを使用して Windows PE ドライブを選択します。Turn on the PC, and use the boot menus to select the Windows PE drive. 通常、これを行うには、ハードウェアボタンを押すか、Esc キーなどのキーを押す必要があります。Typically this requires pressing a hardware button or a key, such as the Esc key.

    注:Note
    UEFI ベースの Pc の場合は、UEFI ブートファイル (たとえば、USBDrive01 EFI boot BOOTX64) を手動で選択するオプションが必要になることがあり \ \ \ ます。EFI.For UEFI-based PCs, you might need to find an option to manually select the UEFI boot files, for example, USBDrive01\EFI\BOOT\BOOTX64.EFI.

    Windows PE が自動的に起動します。Windows PE starts automatically. コマンドウィンドウが表示されたら、wpeinit コマンドが自動的に実行されます。After the command window appears, the wpeinit command runs automatically. この処理には数分かかる場合があります。This might take a few minutes.

  3. WinPE を起動したら、スクリプトまたは diskpart を使用して ドライブ文字を識別 できます。Once WinPE is booted, you can identify the drive letters with a script or with diskpart.

トラブルシューティングTroubleshooting

  1. PC が起動しない場合は、次の手順を順番に実行して、各手順の後に PC を起動してみてください。If the PC does not boot, try the following steps in sequence, and try to boot the PC after each step:

    1. 外部 USB ドライブの場合は、別の USB ポートにドライブを挿入してみてください。For external USB drives, try inserting the drive into a different USB port. USB ハブやケーブルは、ブートシーケンス中に検出されない場合があるため、使用しないでください。Avoid using USB hubs or cables, because they might not be detected during the boot sequence. Usb 3.0 のネイティブサポートがファームウェアに含まれていない場合は、USB 3.0 ポートを使用しないようにしてください。Avoid USB 3.0 ports if the firmware does not contain native support for USB 3.0.

    2. PC でブートするドライバー (記憶域ドライバーやビデオドライバーなど) が必要な場合、またはドライバーがレジストリの変更を必要とする場合は、ドライバーを Windows PE イメージに追加します。If your PC requires drivers to boot, such as storage drivers or video drivers, or if your driver requires changes to the registry, add the driver to the Windows PE image. 詳細については、「 WinPE: Mount And Customize」を参照してください。For more info, see WinPE: Mount and Customize.

    3. PC のファームウェアを最新バージョンに更新します。Update the firmware of the PC to the latest version.

  2. ネットワークへの接続に関するヒントについては、「WinPE ネットワーク ドライバー: ドライバーの初期化と追加」をご覧ください。For tips on connecting to a network, see WinPE Network Drivers: Initializing and adding drivers.

Windows PE からの Windows セットアップの実行Running Windows Setup from Windows PE

関連トピックRelated topics

WinPE for Windows 10WinPE for Windows 10

WinPE:起動可能な USB ドライブの作成WinPE: Create USB Bootable drive

WinPE: マウントとカスタマイズWinPE: Mount and Customize

WinPE:UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブートWinPE: Boot in UEFI or legacy BIOS mode

Windows セットアップでサポートされるプラットフォームおよびクロスプラットフォーム展開Windows Setup Supported Platforms and Cross-Platform Deployments