Windows PE (WinPE)

コンテンツ タイプ 参考資料

製品評価

WinPE の新機能

デプロイ

USB 起動可能ドライブの作成ブート CD、DVD、ISO、VHD の作成ハード ドライブへのインストール (フラット ブートまたは非 RAM)UEFI またはレガシ BIOS モードでのブートUEFI モードまたはレガシ BIOS モードへのブートWinPE と WIM ファイル (.wim) に対する単一 USB キーの使用

操作

マウントとカスタマイズドライバーの追加記憶域ネットワーク (SAN) ポリシーアプリの作成イメージの最適化と圧縮

トラブルシューティング

ネットワーク ドライバー: ドライバーの初期化と追加アプリのデバッグ

ツールと設定

Wpeinit および Startnet.cmd: WinPE スタートアップ スクリプトの使用スクリプトによるドライブ文字の識別パッケージの追加 (オプション コンポーネントの参照)

コマンド ライン オプション

CopyPEDrvloadMakewinpemediaWpeutil

Windows PE に基づいたテクノロジ

Windows セットアップWindows 回復環境診断回復ツールセット (DaRT)

Windows PE (WinPE) は小規模なオペレーティング システムで、Windows デスクトップ エディション、Windows Server、他の Windows オペレーティング システムのインストール、展開、修復に使用されます。 Windows PE では以下を行うことができます。

  • Windows をインストールする前にハード ドライブをセットアップします。
  • ネットワークまたはローカル ドライブからアプリまたはスクリプトを使用して、Windows をインストールします。
  • Windows イメージをキャプチャして適用します。
  • 実行されていないときに Windows オペレーティング システムを変更します。
  • 自動回復ツールをセットアップします。
  • 起動できないデバイスのデータを回復します。
  • これらのタスクを自動化するために、独自のカスタム シェルまたは GUI を追加します。

windows pe command-line

WinPE の使用を開始する

WinPE をダウンロードする

WinPE は、Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) のアドオンです。 ADK と WinPE アドオンは、「ADK をダウンロードしてインストールする」からダウンロードできます。 ADK と WinPE アドオンをインストールして、WinPE の使用を開始します。

注意

Windows 10 バージョン 1809 以前では、WinPE は ADK に含まれており、アドオンではありませんでした。

起動可能な WinPE メディアの作成

WinPE は、USB、CD/DVD/ISO、または仮想ハード ドライブから起動できます。 詳細については、「起動可能な WinPE メディアの作成」を参照してください。

サポートされている Windows の機能

Windows PE では、Windows コマンドライン環境が実行され、次の Windows 機能がサポートされます。

  • バッチ ファイルおよびスクリプト: Windows スクリプト ホスト (WSH) および ActiveX データ オブジェクト (ADO) のサポートや、オプションとして PowerShell のサポートなど。
  • アプリケーション: Win32 アプリケーション プログラミング インターフェイス (API)、およびオプションとして HTML アプリケーション (HTA) のサポートなど。
  • ドライバー: ネットワーク、グラフィックス、および大容量記憶装置を実行できる汎用ドライバー セットなど。
  • イメージのキャプチャとサービス: 展開イメージのサービスと管理 (DISM) など。
  • ネットワーク: TCP/IP や LAN 経由での TCP/IP 上の NetBIOS を使用したファイル サーバーへの接続など。
  • 記憶域: NTFS、DiskPart、BCDBoot など。
  • セキュリティ ツール: BitLocker とトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)、セキュア ブート、その他のツールなどのオプションでのサポート。
  • Hyper-V: Windows PE がハイパーバイザーで実行するための、VHD ファイル、マウス統合、大容量記憶装置、ネットワーク ドライバーなど。

ハードウェア要件

Windows PE の要件は Windows と同じですが、以下の例外があります。

  • ハード ドライブは必要ありません。 Windows PE は完全にメモリ上で実行できます。
  • 基本バージョンで必要なメモリは 512 MB のみです。 (ドライバー、パッケージ、またはアプリを追加する場合、より多くのメモリが必要になります。)
  • Windows PE をメモリから直接ブートする (RAM ディスク ブート) には、Windows PE (WIM) イメージ全体を保持できる物理メモリ (RAM) の連続した領域が必要です。 メモリの使用を最適化するため、製造元は物理メモリのアドレス空間の先頭か末尾のメモリ位置をファームウェアで確実に予約する必要があります。
  • 32 ビット版の Windows PE は、32 ビットの UEFI と BIOS PC、および 64 ビットの BIOS PC を起動できます。
  • 64 ビット版の Windows PE は、64 ビットの UEFI と BIOS PC を起動できます。

制限事項

Windows PE は、汎用的なオペレーティング システムではありません。 展開と回復以外の目的には使用できません。 シン クライアントまたは組み込み型のオペレーティング システムとして使用しないでください。 Windows Embedded CE など、そのような目的で使用できる他のマイクロソフト製品があります。

実稼働オペレーティング システムとして使用されないように、Windows PE は、連続 72 時間使用されると、シェルの実行を自動的に停止して再起動します。 この期間は構成できません。

Windows PE がリブートすると、ドライバー、ドライブ文字、および Windows PE レジストリへの変更を含め、すべての変更が失われます。 永続的な変更を加えるには、「WinPE: マウントとカスタマイズ」を参照してください。

既定の Windows PE インストールでは FAT32 ファイル形式が使用されますが、これには最大ファイル サイズ 4 GB、最大ドライブ サイズ 32 GB など独自の制限があります。 詳細については、WinPE: WinPE および WIM ファイル (.wim) に対する単一 USB キーの使用に関する記事を参照してください。

Windows PE では、次のいずれもサポートされていません。

  • ファイル サーバーまたはターミナル サーバーの使用。
  • ネットワーク ドメインへの参加。
  • IPv6 ネットワーク上の Windows PE から IPv4 ネットワークへの接続。
  • リモート デスクトップ。
  • .MSI インストール ファイル。
  • 英字以外を含むパスからのブート。
  • 32 ビット版 Windows PE 上での 64 ビット アプリの実行。
  • DISM を介したバンドル アプリ パッケージ (.appxbundle パッケージ) の追加。

ヒント

通常、Windows を展開するには、最新バージョンの WinPE を使用します。 Windows 10 イメージ用にカスタマイズされた WinPE を使用している場合、既存の Windows PE イメージの使用を継続し、ネットワーク上の場所から最新バージョンの DISM を実行することをお勧めします。 詳しくは、別のコンピューターへの DISM のコピーに関するページをご覧ください。

Windows PE での Windows セットアップの実行に関する注意事項:

  • Windows 11 の場合: WinPE から Windows セットアップを起動している場合は、WinPE イメージにWinPE-WMI と WinPE-SecureStartup のオプション コンポーネントが含まれることを確認します。 これらのオプション コンポーネントを含めないと、PC がハードウェアの最小要件を満たしていないというエラーが表示されることがあります。
  • 32 ビット版の Windows PE および Windows セットアップを使用して、64 ビット版の Windows をインストールできます。 詳しくは、「Windows セットアップでサポートされるプラットフォームおよびクロスプラットフォーム展開」をご覧ください。
  • Windows PE ではダイナミック ディスクがサポートされますが、Windows セットアップではサポートされません。 Windows PE で作成されたダイナミック ディスクに Windows をインストールすると、ダイナミック ディスクは Windows で使用できません。
  • UEFI とレガシ BIOS モードの両方をサポートする UEFI ベースの PC の場合、Windows を正しくインストールするには Windows PE を正しいモードでブートする必要があります。 詳細については、WinPE: UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブートに関する記事を参照してください。

関連項目