WinPE:マウントとカスタマイズ

WinPE は .wim ファイルとして出荷されます。 WinPE イメージのマウントとカスタマイズは、他のすべての Windows イメージと同じプロセスで行うことができます。 WinPE では、ドライバーやパッケージなどの Windows と winPE イメージに共通するカスタマイズに加えて、固有のカスタマイズもいくつか用意されています。 このトピックでは、WinPE イメージをカスタマイズするための一般的な方法について説明します。

一般的なカスタマイズ:

Windows アセスメント & デプロイメント キットと Windows PE ツールを入手する

いずれかの Windows PE ファイルのセットを作成する

WinPE をカスタマイズするには、使用する WinPE イメージを用意しておく必要があります。 使用する WinPE イメージがない場合は、WinPE: USB 起動可能なドライブを作成するに関する記事を参照し、手順に従って WinPE の作業ファイルを作成します。

Windows PE ブート イメージをマウントする

  • WinPE イメージをテクニシャン PC 上の一時的な場所にマウントするには、DISM を使用します。

    Dism /Mount-Image /ImageFile:"C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim" /index:1 /MountDir:"C:\WinPE_amd64\mount"
    

カスタマイズを追加する

デバイス ドライバー (.inf ファイル) を追加する

  • WinPE イメージにデバイス ドライバーを追加するには、DISM /add-driver を使用します。

    Dism /Add-Driver /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /Driver:"C:\SampleDriver\driver.inf"
    

    1 つのコマンドを使用してイメージに複数のドライバーを追加できますが、ほとんどの場合、各ドライバー パッケージを個別に追加すると問題のトラブルシューティングが簡単になります。

    ドライバーの詳細については、デバイス ドライバー (.inf ファイル) の追加に関するページを参照してください。 使用可能なすべての DISM ドライバー サービス オプションを確認するには、DISM ドライバー サービスのコマンド ライン オプションに関するページを参照してください。

パッケージ/言語/オプション コンポーネント/.cab ファイルを追加する

  • WinPE には、追加の機能や言語を有効にするために DISM を使用して追加できるパッケージが含まれています。 イメージにオプション コンポーネントを追加するには、DISM /add-package を使用します。 WinPE オプション コンポーネントを追加する場合は、オプション コンポーネントとそれに関連付けられている言語パックの両方を確実に追加するようにしてください。

    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-HTA.cab"  
    
    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\en-us\WinPE-HTA_en-us.cab"
    

    使用可能なオプション コンポーネントと言語の詳細については、WinPE: パッケージの追加 (オプション コンポーネント リファレンス) に関するページを参照してください。

ファイルとフォルダーを追加する

  • ファイルとフォルダーを C:\WinPE_amd64\mount フォルダーにコピーします。 これらのファイルは、WinPE の X: フォルダーに表示されます。

    WinPE の速度が低下し、既定の RAMDisk 環境内の使用可能なメモリがいっぱいになる場合もあるため、ファイルを追加しすぎないようにしてください。

スタートアップ スクリプトを追加する

  • カスタマイズされたコマンドを含めるには、Startnet.cmd を変更します。 このファイルは、マウントされたイメージの C:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\Startnet.cmd にあります。

    このファイルから他のバッチ ファイルまたはコマンド ライン スクリプトを呼び出すこともできます。

    プラグ アンド プレイまたはネットワーク サポートが必要な場合は、カスタマイズされた Startnet.cmd スクリプトに wpeinit への呼び出しを含めるようにしてください。 詳細については、Wpeinit および Startnet.cmd: WinPE スタートアップ スクリプトの使用に関するページを参照してください。

アプリを追加する

  1. マウントされた WinPE イメージ内にアプリ ディレクトリを作成します。

    md "C:\WinPE_amd64\mount\windows\<MyApp>"
    
  2. 必要なアプリ ファイルをローカル WinPE ディレクトリにコピーします。

    Xcopy C:\<MyApp> "C:\WinPE_amd64\mount\windows\<MyApp>"
    
  3. 後で WinPE を起動し、X: ディレクトリからアプリケーションを実行することによりアプリをテストします。

    X:\Windows\System32> X:\Windows\<MyApp>
    

    アプリに一時ストレージが必要な場合や、WinPE がアプリの実行中に応答しなくなる場合は、WinPE に割り当てられた一時ストレージ (スクラッチ領域) の量の増加が必要になることがあります。

  4. WinPE の起動時に実行されるシェルまたはアプリケーションを自動的に起動するには、そのパスの場所を Winpeshl.ini ファイルに追加します。 詳細については、Winpeshl.ini リファレンス: WinPE 起動時のアプリの起動に関するページを参照してください。

一時ストレージ (スクラッチ領域) を追加する

  • WinPE では、WinPE ファイルのほか、アプリケーションで使用できる追加の一時ファイル ストレージ (スクラッチ領域と呼ばれます) をアンパックするために X: ドライブ上のメモリが予約されます。 これは既定では、RAM が 1 GB を超える PC の場合は 512 MB であり、それ以外の場合の既定値は 32 MB です。 有効な値は、32、64、128、256、または 512 です。

    Dism /Set-ScratchSpace:256 /Image:"C:\WinPE_amd64\mount"
    

バックグラウンド画像を置き換える

WinPE の複数のバージョンを取得している場合は、どのバージョンの WinPE が実行されているかがすぐにわかるようにバックグラウンド画像を設定できます。

WinPE のバックグラウンド画像ファイル (\windows\system32\winpe.jpg) のセキュリティ アクセス許可を変更します。 これにより、このファイルを変更または削除できるようになります。

  1. Windows エクスプローラーで、C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32 に移動します。

  2. C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\winpe.jpg ファイルを右クリックし、[プロパティ]>[セキュリティ] タブ >[詳細] の順に選択します。

  3. [所有者] の横にある [変更] を選択します。 所有者を [管理者] に変更します。

  4. 変更を適用し、[プロパティ] ウィンドウを終了して変更を保存します。

  5. C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\winpe.jpg ファイルを右クリックし、[プロパティ]>[セキュリティ] タブ >[詳細] の順に選択します。

  6. [管理者] のアクセス許可を、フル アクセスを許可するように変更します。

  7. 変更を適用し、[プロパティ] ウィンドウを終了して変更を保存します。

  8. winpe.jpg ファイルを独自の画像ファイルに置き換えます。

電源スキームを高パフォーマンスに設定する

注意

高パフォーマンスの電源スキームを使用すると、デバイスが通常より高温で動作する場合があります。

  1. メモ帳で、ファイル C:\WinPE_amd64\mount\windows\system32\startnet.cmd を編集して、電源スキームを高パフォーマンスに設定するコマンドを追加します。

    wpeinit
    powercfg /s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c 
    

応答ファイルの設定を追加する

一部の WinPE 設定 (ファイアウォール、ネットワーク、ディスプレイなどの設定) は、応答ファイルを使用して管理できます。 これらの設定を処理するには、応答ファイルを作成し、それに unattend.xml という名前を付けて WinPE メディアのルートに追加します。 詳細については、Wpeinit および Startnet.cmd: WinPE スタートアップ スクリプトの使用に関するページを参照してください。

WinPE に更新プログラムを追加する (必要な場合)

WinPE イメージには更新プログラムを適用できますが、これは特定の状況にのみ必要になるものです。

WinPE イメージに更新プログラムを適用するよう指示されている場合は、まず Microsoft Update カタログから WinPE バージョンの最新の更新プログラムをダウンロードする必要があります。 WinPE の更新プログラムは、一致する Windows バージョンの更新プログラムに含まれています。

  1. 最新の更新プログラムをダウンロードします。

  2. 更新プログラムをマウントされた WinPE イメージに適用します。

    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"E:\windows10.0-kbxxxxx.msu"
    

    ここで、Windows10.0-kbxxxxx.msu は更新プログラム ファイルの名前です。

  3. 更新プログラムを確定します。

    dism /cleanup-image /image:C:\WinPE_amd64\mount\windows /startcomponentcleanup /resetbase /scratchdir:C:\temp
    

Windows PE イメージのマウントを解除し、メディアを作成する

  1. WinPE イメージのマウントを解除し、変更をコミットします。

    Dism /Unmount-Image /MountDir:"C:\WinPE_amd64\mount" /commit
    
  2. 起動可能なメディア (USB フラッシュ ドライブなど) を作成します。

    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 F:
    
  3. メディアを起動します。 WinPE が自動的に起動します。 WinPE ウィンドウが表示された後、wpeinit コマンドが自動的に実行されます。 この手順が完了するまで数分かかる場合があります。 カスタマイズを検証します。

トラブルシューティング

作業ディレクトリを削除するには:

場合によっては、マウントされたイメージを回復できなくなることがあります。 DISM では作業ディレクトリが誤って削除されないようになっているため、マウントされたディレクトリを削除するためのアクセス権を取得するには、次の手順を試す必要がある場合があります。 次の各手順を試してください。

  1. イメージの再マウントを試みます。

    dism /Remount-Image /MountDir:C:\mount
    
  2. イメージのマウント解除と変更の破棄を試みます。

    dism /Unmount-Image /MountDir:C:\mount /discard
    
  3. マウントされたイメージに関連付けられているリソースのクリーンアップを試みます。

    dism /Cleanup-Mountpoints