WinPE ネットワーク ドライバー:初期化とドライバーを追加します。WinPE Network Drivers: Initializing and adding drivers

Wpeutil コマンドは、WinPE が起動すると、すぐに Windows PE (WinPE) のネットワーク ドライバーを初期化します。The Wpeutil command initializes the Windows PE (WinPE) network drivers as soon as WinPE boots. 既定の WinPE イメージは、多くの人気のあるネットワーク アダプターのサポートが含まれていて、Windows と同じネットワーク コマンドの多くをサポートします。The default WinPE image includes support for many popular network adapters, and supports many of the same networking commands as in Windows. Windows PE では、多くの人気のあるネットワーク アダプター用にネットワーク ドライバーの基本セットが含まれていて、Windows と同じネットワーク コマンドの多くをサポートします。Windows PE includes a basic set of network drivers for many popular network adapters, and supports many of the same networking commands as in Windows.

WinPE でネットワークには、次の制限があります。Networking in WinPE has the following limitations:

  • ファイル サーバーへの接続のサポートされている方法では、TCP/IP および NetBIOS を使用 over TCP/IP です。The supported methods of connecting to file servers are TCP/IP and NetBIOS over TCP/IP. Internetwork Packet Exchange/sequenced Packet Exchange (IPX/SPX) のネットワーク プロトコルなど、他の方法がサポートされていません。Other methods, like the Internetwork Packet Exchange/Sequenced Packet Exchange (IPX/SPX) network protocol are not supported.
  • ファイル システム (DFS) 名前解決はスタンドアロンの名前空間のサポートを分散します。Distributed File System (DFS) name resolution is supported for stand-alone namespaces only. ドメインの名前空間はサポートされません。It doesn't support domain namespaces. スタンドアロンの DFS 名前空間は、ローカル PC にのみが存在し、Active Directory Domain Services (AD DS) を使用しないこと、DFS 名前空間の許可されます。Stand-alone DFS namespaces allow for a DFS namespace that exists only on the local PC and therefore doesn't use Active Directory Domain Services (AD DS).
  • WinPE では、一般的なワイヤレス ネットワーク機能がサポートされていません。General wireless networking functionality is not supported in WinPE.
  • IPv6 ネットワーク上の Windows PE から IPv4 ネットワークに接続することはサポートされていません。Connecting to an IPv4 network from Windows PE on an IPv6 network is not supported.
  • WinPE の Windows 10 バージョン 1709 以降 SMB1 プロトコルが既定で無効にします。Starting with WinPE for Windows 10, version 1709, SMB1 protocol is disabled by default. 実行して SMB1 サポートを有効にすることができますdism.exe /enable-feature /featurename=SMB1Protocol-clientします。You can enable SMB1 support by running dism.exe /enable-feature /featurename=SMB1Protocol-client.

別の PC に接続するか、ネットワーク上の共有フォルダーTo connect to another PC or shared folder on a network

  1. Windows PE での接続 (したりマップ) を使用して、共有ネットワーク フォルダーに、 netコマンド。While in Windows PE, you can connect (or map) to a shared network folder by using the net use command. ドメインに参加している PC に接続する場合は、ユーザー名とパスワードを Windows PE が求められます。If you’re connecting to a domain-joined PC, Windows PE prompts for a username and password.

    net use n: \\server\share
    
  2. Preboot Execution 環境 (PXE) を使用して、ネットワークから Windows PE をホストすることもできますの一部であるWindows 展開サービスします。You can also host Windows PE from a network by using Preboot Execution Environment (PXE), which is part of Windows Deployment Services.

ネットワークの問題のトラブルシューティングTroubleshooting networking problems

  1. ネットワーク デバイスのドライバーを追加してみてください。Try adding a driver for your network device.

    お勧めWinPE:マウントおよびカスタマイズ、インストール プロセス中に、再起動を必要とする任意のドライバーの特にです。We recommend WinPE: Mount and Customize, especially for any driver that requires a reboot during the installation process.

    使用することもできます、 Drvload コマンド ライン オプションを Windows PE の実行中に、一部のドライバーを読み込みます。You may also be able to use the Drvload Command-Line Options to load some drivers while Windows PE is running. ただし、そのインストール プロセス中にレジストリに行われた更新は無効になる再起動後、Windows PE がで実行されている場合でも、 WinPE:(フラット ブートまたは RAM 以外) のハード ドライブにインストールします。However, any updates made to the registry during the installation process will not persist after a reboot, even when Windows PE is running in a WinPE: Install on a Hard Drive (Flat Boot or Non-RAM).

  2. 実行Wpeinit および Startnet.cmd:WinPE のスタートアップ スクリプトを使用してネットワークを初期化します。Run Wpeinit and Startnet.cmd: Using WinPE Startup Scripts to initialize the network. 既定では、wpeinit は、Windows PE の起動時に実行されます。By default, wpeinit runs when Windows PE starts.

  3. 場合によってに接続しようとしている PC でファイアウォールの設定を構成する必要があります。In some cases, you may need to configure firewall settings on the PC that you are trying to connect to. Windows PE では、 IPSec 構成します。Windows PE supports IPSec configuration.

  4. ただし、Windows PE をドメインに参加またはサーバーとして Windows PE を実行することはできません。Note, you cannot join Windows PE to a domain, or run Windows PE as a server. 詳細については、WinPE の Windows 10を参照してください。For more information, see WinPE for Windows 10.

802.1 x 認証プロトコルを使用して、ワイヤード (有線) ネットワークに接続するにはTo connect to a wired network using 802.1x authentication protocols

  1. 含むカスタム Windows PE イメージを作成、 WinPE Dot3Svcオプションのコンポーネント。Create a custom Windows PE image that includes the WinPE-Dot3Svc optional component.

  2. PC を Windows PE を起動します。Boot a PC to Windows PE.

  3. Dot3svc サービスを開始します。Start the dot3svc service.

    net start dot3svc
    
  4. LAN プロファイルを追加します。Add a LAN profile. 次に、例を示します。For example:

    netsh lan add profile="G:\EthernetLANProfile.xml"
    

    サンプルの LAN プロファイル:Sample LAN Profile:

    <?xml version="1.0"?>
    <!-- Sample LAN profile: EthernetLANProfile.xml" -->
    <LANProfile xmlns="https://www.microsoft.com/networking/LAN/profile/v1">
      <MSM>
        <security>
          <OneXEnforced>false</OneXEnforced>
          <OneXEnabled>true</OneXEnabled>
          <OneX xmlns="https://www.microsoft.com/networking/OneX/v1">
            <cacheUserData>true</cacheUserData>
            <authMode>user</authMode>
            <EAPConfig><EapHostConfig 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/EapHostConfig"><EapMethod><Type 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/EapCommon">25</Type><VendorId 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/EapCommon">0</VendorId><VendorType 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/EapCommon">0</VendorType><AuthorId 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/EapCommon">0</AuthorId></EapMethod><Config 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/EapHostConfig"><Eap 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/BaseEapConnectionPropertiesV1">
            <Type>25</Type><EapType 
              xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/MsPeapConnectionPropertiesV1">
            <ServerValidation>
              <DisableUserPromptForServerValidation>false</DisableUserPromptForServerValidation>
              <ServerNames></ServerNames>
              <TrustedRootCA>1a 2b 3c 4d 56 78 90 aa bb cc dd ee ff 1a 2b 3c 4d 5e 6f</TrustedRootCA>
              </ServerValidation><FastReconnect>true</FastReconnect>
              <InnerEapOptional>false</InnerEapOptional><Eap 
                xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/BaseEapConnectionPropertiesV1">
              <Type>26</Type><EapType 
                xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/MsChapV2ConnectionPropertiesV1">
              <UseWinLogonCredentials>false</UseWinLogonCredentials></EapType></Eap>
              <EnableQuarantineChecks>false</EnableQuarantineChecks>
              <RequireCryptoBinding>false</RequireCryptoBinding><PeapExtensions>
              <PerformServerValidation 
                xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/MsPeapConnectionPropertiesV2">false
              </PerformServerValidation><AcceptServerName 
                xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/MsPeapConnectionPropertiesV2">false
                </AcceptServerName><PeapExtensionsV2 
                xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/MsPeapConnectionPropertiesV2">
              <AllowPromptingWhenServerCANotFound 
                xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/MsPeapConnectionPropertiesV3">true
              </AllowPromptingWhenServerCANotFound></PeapExtensionsV2></PeapExtensions></EapType>
            </Eap></Config></EapHostConfig></EAPConfig>
          </OneX>
        </security>
      </MSM>
    </LANProfile>
    
  5. プロファイルを使用して EAP ユーザー データをリンクします。Link the EAP User Data with the profile. 次に、例を示します。For example:

    netsh lan set eapuserdata filename="g:\EAP_UserData.xml" alluser=yes Interface="ethernet"
    

    サンプルの EAP ユーザー データ ファイル:Sample EAP User Data file:

    <?xml version="1.0"?>
    <!-- Sample EAP user data: EAP_UserData.xml" -->
    <EapHostUserCredentials 
      xmlns="https://www.microsoft.com/provisioning/EapHostUserCredentials" 
      xmlns:eapCommon="https://www.microsoft.com/provisioning/EapCommon" 
      xmlns:baseEap="https://www.microsoft.com/provisioning/BaseEapMethodUserCredentials">
      <EapMethod>
        <eapCommon:Type>25</eapCommon:Type>
        <eapCommon:AuthorId>0</eapCommon:AuthorId>
      </EapMethod>
      <Credentials
        xmlns:eapUser="https://www.microsoft.com/provisioning/EapUserPropertiesV1" 
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
        xmlns:baseEap="https://www.microsoft.com/provisioning/BaseEapUserPropertiesV1" 
        xmlns:MsPeap="https://www.microsoft.com/provisioning/MsPeapUserPropertiesV1" 
        xmlns:MsChapV2="https://www.microsoft.com/provisioning/MsChapV2UserPropertiesV1">
        <baseEap:Eap>
          <baseEap:Type>25</baseEap:Type>
          <MsPeap:EapType>
            <MsPeap:RoutingIdentity>onex\administrator</MsPeap:RoutingIdentity>
            <baseEap:Eap>
              <baseEap:Type>26</baseEap:Type>
              <MsChapV2:EapType>
                <MsChapV2:Username>actualuser</MsChapV2:Username>
                <MsChapV2:Password>actualpassword</MsChapV2:Password>
                <MsChapV2:LogonDomain>actualdomain</MsChapV2:LogonDomain>
              </MsChapV2:EapType>
            </baseEap:Eap>
          </MsPeap:EapType>
        </baseEap:Eap>
      </Credentials>
    </EapHostUserCredentials>
    
  6. 詳細については、802.1 のコンピューターのみの認証を有効にする方法で Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows XP Service Pack 3 X ベースのネットワークを参照してください。For more info, see How to enable computer-only authentication for an 802.1X-based network in Windows Vista, in Windows Server 2008, and in Windows XP Service Pack 3.

関連トピックRelated topics

Windows 10 用の WinPEWinPE for Windows 10

WinPE:マウントし、カスタマイズWinPE: Mount and Customize

Wpeinit および Startnet.cmd:WinPE のスタートアップ スクリプトを使用します。Wpeinit and Startnet.cmd: Using WinPE Startup Scripts

Drvload コマンド ライン オプションDrvload Command-Line Options