Wpeinit と Startnet .cmd: WinPE スタートアップスクリプトの使用Wpeinit and Startnet.cmd: Using WinPE Startup Scripts

Wpeinit と Startnet を使用して、Windows PE (WinPE) の初回実行時にスタートアップスクリプトを実行します。Use Wpeinit and Startnet.cmd to run startup scripts when Windows PE (WinPE) first runs.

Wpeinit は、ログメッセージを C: \ Windows \ system32 \ Wpeinit に出力します。Wpeinit outputs log messages to C:\Windows\system32\wpeinit.log.

Startnet .cmdStartnet.cmd

Windows PE でカスタムコマンドラインスクリプトを追加するには、Startnet .cmd を使用します。You can add customized command-line scripts in Windows PE by using Startnet.cmd. 既定では、Windows PE には、 \ カスタマイズした WINDOWS pe イメージの% SYSTEMROOT% System32 にある Startnet .cmd スクリプトが含まれています。By default, Windows PE includes a Startnet.cmd script located at %SYSTEMROOT%\System32 of your customized Windows PE image.

Startnet は Wpeinit.exe を開始します。Startnet.cmd starts Wpeinit.exe. Wpeinit.exe プラグアンドプレイデバイスのインストール、Unattend.xml 設定の処理、およびネットワークリソースの読み込みを行います。Wpeinit.exe installs Plug and Play devices, processes Unattend.xml settings, and loads network resources.

詳細については、「 WinPE: Mount And Customize」を参照してください。For more info, see WinPE: Mount and Customize.

Wpeinit Command-Line オプションWpeinit Command-Line Options

Wpeinit では、次のコマンドラインオプションを使用できます。The following command-line option is available for Wpeinit:

Wpeinit [-無人:< _ _ 応答 _ ファイル > へのパス]Wpeinit [-unattend:<path_to_answer_file>]

例:Example:

Wpeinit -unattend:"C:\Unattend-PE.xml"

サポートされている無人セットアップSupported Unattend settings

応答ファイルを作成し、Windows PE で使用する次の設定を含めることができます。You can create an answer file and include any of the following settings for use with Windows PE:

関連トピックRelated topics

WinPE:スクリプトによるドライブ文字の識別WinPE: Identify drive letters with a script

WinPE for Windows 10WinPE for Windows 10

Winpeshl.ini リファレンス: WinPE の起動時にアプリを起動するWinpeshl.ini Reference: Launching an app when WinPE starts

WinPE: マウントとカスタマイズWinPE: Mount and Customize

Windows の無人セットアップに関するリファレンスUnattended Windows Setup Reference