Windows Hardware Lab Kit

Windows Hardware Lab Kit (Windows HLK) とは、Windows 11、Windows 10 向け、および Windows Server 2016 以降の Windows Server のすべてのバージョン向けのハードウェア デバイスをテストするために使用するテスト フレームワークです。 Windows ハードウェア互換性プログラムの参加資格を得るには、ご利用の製品が Windows HLK を使用した特定のテストに合格する必要があります。

このガイドでは、Windows Hardware Lab Kit に含まれているテストについて説明すると共に、テスト環境を構築する方法、ドライバーとシステムのテストを自動化する方法、Windows ハードウェア互換性プログラムへの参加に必要な申請パッケージを作成する方法について概説します。

Windows 11、Windows 10 向け、または認定されたバージョンの Windows Server 向けに開発する場合、次の表に示すように HLK の正しいバージョンを使用する必要があります。 正しいキットを使用することは、開発するドライバーやシステムが Windows 11、Windows 10 または Windows Server と互換性のあるものとして確実に認定されるようにするのに役立ちます。

注意

Virtual HLK (VHLK) を使用して認定を受けてください。 VHLK とは、VHDX 上に事前にインストールされ事前に構成された Hardware Lab Kit 全体を指し、仮想マシンとして起動する準備ができています。 VHLK を使用することで、設定にかかる時間を節約し、コント ローラーの立ち上げを迅速に行い、さらに仮想マシンから Windows ハードウェア認定を実行することができます。

認定する... ダウンロード...
Windows 11 Windows 11 HLK または
Windows 11 向け Virtual HLK (VHLK)
Windows Server 2022 Windows Server 2022 向け Windows HLK または
Windows Server 2022 向け Virtual HLK (VHLK)
Windows 10 バージョン 21H2、Windows 10 バージョン 21H1、Windows 10 バージョン 20H2
Windows 10 バージョン 2004
Windows HLK for Windows 10 Version 2004 または
Windows 10 バージョン 2004 向け Virtual HLK (VHLK)
Windows 10 バージョン 1909
Windows 10 バージョン 1903
Windows HLK for Windows 10 Version 1903 または
Virtual HLK (Windows 10 向け VHLK) バージョン 1903
Windows 10 バージョン 1809、Windows Server 2019 Windows HLK バージョン 1809または
Windows 10 バージョン 1809 向け Virtual HLK (VHLK)
Windows 10 バージョン 1803 Windows HLK for Windows 10 Version 1803
Windows 10 バージョン 1709 Windows HLK for Windows 10 Version 1709
Windows 10 Version 1703
Windows 10 Version 1607
Windows HLK for Windows 10 Version 1703
Windows 10 バージョン 1511
Windows 10 バージョン 1507
Windows Server 2016
Windows HLK for Windows 10 Version 1607

注意

Windows HLK では、テストは Windows 11、Windows 10、および Windows Server 2016 以降のバージョンの Windows Server でのみサポートされています。 Windows の以前のバージョンをテストする場合は、Windows 8.1 用のハードウェア認定キット を使用してください。

Windows ハードウェア互換性プログラム

Windows ハードウェア互換性プログラムの参加資格を得るには、ご利用の製品が Windows HLK を使用した特定のテストに合格する必要があります。 互換性認定に使用するキットに関するガイダンスについては、「Windows ハードウェア互換性プログラム」および Windows ハードウェア認定に関するブログ記事を参照してください。

重要

Windows Server 2016、Azure Stack、SDDC、およびこれらのプログラムの最新バージョンと資格の認定には、各バージョンのドキュメントに記載された Windows ハードウェア互換性の要件を満たすこと、再生リストと補助コンテンツが一致する HLK の対応するバージョンを使用してログを生成すること、Windows Server のポリシー ドキュメントに規定されたポリシーに従うことが必要です。 Azure Stack または SDDC プログラムに関する質問、またはソリューションの検証結果を提出する方法に関する質問は、適切な Microsoft テクニカル アカウント マネージャーまたはパートナー管理の担当者にお問い合わせください。

Windows ハードウェア互換性再生リストをダウンロードする

公式の Windows ハードウェアの互換性再生リストを入手することで、ご利用のハードウェアが Windows 11、Windows 10、および Windows Server との互換性の要件を満たしていることを確認するための Windows HLK テストを実行することができます。

Windows HLK フィルターをダウンロードする

Windows HLK テストまたはオペレーティング システム自体の問題により、認定テストが誤って失敗する場合は、問題のあるテストをバイパスするための Errata が作成されます。 ほとんどの Errata は、フィルターを使用して、提出結果からエラーを自動的にフィルター処理します。 フィルターは、Windows HLK Studio 内で適用されます。

Windows HLK 補助テスト コンテンツをダウンロードする

メディア、グラフィックス、平均故障間隔 (MTBF)、プライベート クラウド シミュレーターのテスト用の補助コンテンツ

グラフィックス、メディア、および平均故障間隔 (MTBF) に関連するいくつかのテストでは、補助テスト コンテンツのダウンロードが必須です。 これらの分野で Windows HLK のテストを完了するには、以下のファイルをダウンロードしてください。

補助コンテンツを使用するテストに必要なダウンロード:

メディア

グラフィックス

注意

Windows HLK バージョン 2004 以降、グラフィックス テストに HLK_GRFX_FOD パッケージは不要になりました。 以前のバージョンの Windows (Windows 10 バージョン 1909 以前) のテストには引き続き必要です。

携帯電話

HLK オフライン ドキュメントをダウンロードする

このドキュメントは、オフライン用の .chm 形式でも使用できます。