Windows 10 Insider Preview ビルドの新機能 (RS5)What's new in the Windows 10 Insider preview builds (RS5)

Windows Insider Program では、Windows 10 の今後のリリースのビルドをプレビューすることができます。The Windows Insider Program lets you preview builds of the upcoming release of Windows 10. このトピックでは、お試しいただける新しい Windows 10 機能を紹介します。This topic lists new Windows 10 features for you to try.

スマホ同期アプリYour Phone app

Android スマートフォン ユーザーの皆様に朗報です。もう自分宛てに写真をメール送信する必要はありません。Android phone users, you can finally stop emailing yourself photos. スマホ同期アプリを使うと、PC で Android の最新の写真にすばやくアクセスできます。With Your Phone app you get instant access to your Android’s most recent photos on your PC. 電話から PC に写真をドラッグ アンド ドロップし、写真のコピー、編集、または手書き入力ができます。Drag and drop a photo from your phone onto your PC, then you can copy, edit, or ink on the photo. スタート メニューに「スマホ同期」と入力して、お試しください。Try it out by typing Your Phone in the Start menu. スマホ同期アプリが読み込まれ、コンパニオン アプリを携帯電話にダウンロードするように求める Microsoft からのメッセージが届きます。The Your Phone app will load and you will receive a request from Microsoft to download the companion app to your mobile phone. Android 7.0+ デバイスには、スマホ同期アプリとの互換性があります。Android 7.0+ devices are compatible with the Your Phone app. 中国地域に関連付けられている PC については、スマホ同期アプリ サービスが将来的に有効になる予定です。For PCs tied to the China region, Your Phone app services will be enabled in the future.

iPhone ユーザーの場合は、スマホ同期アプリは電話を PC にリンクするためにも役立ちます。For iPhone users, Your Phone app also helps you to link your phone to your PC. 電話で Web を閲覧し、コンピューターに Web ページを瞬時に送信して、大画面のすべての利点を活用して読んだり、視聴したり、閲覧したりする作業を継続できます。Surf the web on your phone, then send the webpage instantly to your computer to continue what you’re doing–read, watch, or browse with all the benefits of a bigger screen. リンクされた電話があれば、1 回共有するだけで PC での続行が可能になります。With a linked phone, continuing on your PC is one share away.

スマホ同期

デスクトップ ピンにお気づきですか? Notice a desktop pin? これを使うと、直接スマホ同期アプリに移動し、スマートフォンのコンテンツにすばやくアクセスできます。It’ll take you directly to the Your Phone app—for quicker access to your phone’s content. スタート メニューですべてのアプリの一覧を調べることも、Windows キーを使用してスマホ同期アプリを検索することもできます。You can also go through the all apps list in Start Menu, or use the Windows key and search for the Your Phone app.

スマホ同期について詳しくは、「スマホ同期アプリのヘルプ」をご覧ください。For more information about Your Phone, see Your Phone app help.

クラウド クリップボードCloud Clipboard

コピー/貼り付けは、誰もがおそらく 1 日に複数回実行する操作ですが、Copy/paste is something we all do, probably multiple times a day. 複数の項目を繰り返し何度もコピーする必要がある場合はどうすればよいのでしょうか? But what do you do if you need to copy the same few things again and again? また、デバイス間でコンテンツをコピーするには? How do you copy content across your devices? Windows 10 Version 1809 では、これらに対処し、クリップボードの機能をレベルアップしています。In Windows 10, version 1809 we're addressing that and taking the clipboard to the next level. WIN + V キーを押すと、新しいクリップボード エクスペリエンスが提示されます。Press WIN + V and you'll be presented with our new clipboard experience.

クリップボード履歴

クリップボード履歴から貼り付けることができるだけでなく、自分が頻繁に使っている項目をピン留めすることもできます。Not only can you can paste from the clipboard history, but you can also pin the items you find yourself using all the time. この履歴は、タイムラインを支えているものと同じテクノロジにより、ユーザーと共にローミングされます。つまり、ユーザーはどの PC からでもクリップボードにアクセスできることを意味します。This history roams with you using the same technology that powers Timelines, which means you can access your clipboard across any PC.

このエクスペリエンスを有効にするための新しい設定ページは、[設定] > [システム] > [クリップボード] にあります。Our new settings page for enabling this experience is under Settings > System > Clipboard.

クリップボード設定

注意: クリップボードにあるテキストのローミングは、100 KB 未満のテキストのみのコンテンツについてサポートされています。Note: Roaming text on the clipboard is supported for text-only content less than 100kb. 現在、クリップボード履歴では、プレーン テキスト、HTML、および 4 MB 未満の画像がサポートされています。Currently, the clipboard history supports plain text, HTML and images less than 4MB.

エクスプローラーの機能強化File Explorer Improvements

エクスプローラーの濃色テーマDark theme in File Explorer

多くの方がご存じのように、Windows では、お客様のフィードバックに基づいて濃色テーマのサポートが追加されています。As many of you know, we added dark theme support to Windows based on your feedback. この設定は、[設定] > [個人用設定] > [色] で操作でき、切り替えると、この設定をサポートするすべてのアプリおよびシステムの UI に適用されます。This setting is available under Settings > Personalization > Colors, and if you switch it any apps and system UI that support it will follow suit. この機能のリリース後、お客様からのフィードバックのうち、濃色テーマがサポートされるようにエクスプローラーを更新してほしいとのリクエストが最も多くなりました。Since releasing this feature, our top feedback request from you has been to update File Explorer to support dark theme. これに伴い、エクスプローラーのコンテキスト メニューや、共通のファイル ダイアログ ([開く] ダイアログと [保存] ダイアログ) にも、濃色テーマのサポートが追加されました。Along the way, we also added dark theme support to the File Explorer context menu, as well as the Common File Dialog (aka the Open and Save dialogs). ご意見をお寄せいただきありがとうございました!Thanks again for everyone’s feedback!

濃色テーマ

HEIF (High Efficiency Image File Format)High Efficiency Image File Format (HEIF)

エクスプローラーでは、HEIF 形式の画像を回転し、[撮影日時] などのメタデータを編集できるようになりました。We are happy to announce that you can now rotate HEIF-format images in File Explorer, and edit metadata, such as “Date taken”.

この新しい機能を使用するには、HEIF パッケージの最新バージョンが必要です。The new functionality requires the latest version of the HEIF package. 最新バージョンは、自動的に Microsoft Store からインストールされます。The latest version will be installed automatically be the Store. 自動更新が無効になっている場合は、HEIF パッケージをこちらから手動でダウンロードできます。If automatic updates are disabled you can download the HEIF package manually here.

HEIF ファイルでは、HEVC ビデオ コーデックの使用により、画像が JPEG の約半分のサイズに圧縮されます。HEIF files use the HEVC video codec to compress the image into approximately half the size of JPEG. お使いの Windows PC に HEVC ビデオ コーデックがまだインストールされていない場合は、こちらのリンクを使用して Microsoft Store からご購入いただけます。If your Windows PC does not already have the HEVC video codec, it can be purchased from the Windows Store using this link.

エクスプローラーでは、HEIF 形式の画像を回転し、[撮影日時] などのメタデータを編集できるようになっています。You can now rotate HEIF-format images in File Explorer, and edit metadata, such as "Date taken". この新しい機能を使用するには、HEIF パッケージの最新バージョンが必要です。The new functionality requires the latest version of the HEIF package. 最新バージョンは Microsoft Store から自動的にインストールされます。The latest version will be installed automatically be the Microsoft Store. 自動更新が無効になっている場合は、こちらのリンクを使用して HEIF パッケージを手動でダウンロードできます。If automatic updates are disabled you can download the HEIF package manually using this link.

HEIF 画像ファイルを回転するには、エクスプローラーでそのファイルを右クリックし、メニューから [右に回転] または [左に回転] を選択します。To rotate a HEIF image file, simply right-click on it in File Explorer and select "Rotate right" or "Rotate left" from the menu. [撮影日時] およびその他のプロパティを編集するには、[プロパティ] をクリックし、[詳細] タブを選択します。"Date taken" and other properties can be edited by clicking on "Properties" and selecting the "Details" tab.

エクスプローラーに表示された HEIF

ワイヤレス プロジェクション エクスペリエンスWireless projection experience

ご報告いただいたことの 1 つとして、いつワイヤレス プロジェクションを実行しているか、またエクスプローラーやアプリから起動したときにセッションを切断する方法がわかりづらいということがあります。One of the things we’ve heard from you is that it’s hard to know when you’re wirelessly projecting and how to disconnect your session when started from file explorer or from an app. Windows 10 Version 1809 では、セッション内にいるときに画面の上部にコントロール バナーが表示されます (リモート デスクトップの使用時に表示されるのと同様です)。In Windows 10, version 1809, you’ll see a control banner at the top of your screen when you’re in a session (just like you see when using remote desktop). バナーによって接続の状態を常に把握でき、すばやく切断したり、同じシンクに再接続したりすることができます。また、作業内容に基づいて接続を調整することができます。The banner keeps you informed of the state of your connection, allows you to quickly disconnect or reconnect to the same sink, and allows you to tune the connection based on what you are doing. この調整は [設定] で行います。これにより次の 3 つのうちいずれかのシナリオに基づいて画面間の待機時間が最適化されます。This tuning is done via Settings, which optimizes the screen to screen latency based on one of the three scenarios:

  • ゲーム モードでは、ワイヤレス接続経由でゲームを使用できるように、画面間の待機時間が最適化されますGame mode minimizes the screen to screen latency to make gaming over a wireless connection possible
  • ビデオ モードでは、大画面でビデオをスムーズに再生できるように、画面間の待機時間が増えますVideo mode increases the screen to screen latency to ensure the video on the big screen plays back smoothly
  • 生産性モードでは、画面間の待機時間で入力が不自然にならないように応答性を確保すると同時に、ビデオのエラーもあまり発生しないように、ゲーム モードとビデオ モードのバランスが適切に保たれます。Productivity modes strikes a good balance between game mode and video mode; the screen to screen latency is responsive enough that typing feels natural, while ensuring videos don’t glitch too often

ワイヤレス プロジェクション バナー

SwiftKey のインテリジェンスSwiftKey intelligence

SwiftKey では、言葉やフレーズ、ユーザーにとって重要な絵文字など、ユーザーの文章スタイルを学習することで、より正確に自動修正と予測を行います。SwiftKey gives you more accurate auto-corrections and predictions by learning your writing style—including the words, phrases, and emoji that matter to you. この機能は Android と iOS でご利用いただけます。タッチ キーボードを使って英語 (米国)、英語 (イギリス)、フランス語 (フランス)、ドイツ語 (ドイツ)、イタリア語 (イタリア)、スペイン語 (スペイン)、ポルトガル語 (ブラジル)、またはロシア語で手書き入力する場合に、Windows での入力エクスペリエンスが SwiftKey によって強化されます。It’s available for Android and iOS, and SwiftKey powers the typing experience on Windows when using the touch keyboard to write in English (United States), English (United Kingdom), French (France), German (Germany), Italian (Italy), Spanish (Spain), Portuguese (Brazil), or Russian. 既存の機能ですが、Windows 10 Version 1809 で強化されています。This is an existing feature that we've improved for Windows 10, version 1809.

Swiftkey

入力インサイトTyping Insights

Windows では、効率よく入力するために AI (人工知能) がどれだけ役立っているかを分析情報で確認できます。Windows shows you insights about how artificial intelligence (AI) helps you type with efficiency. Windows でソフトウェア キーボードを使用すると、AI や機械学習 (ML) を活用したさまざまな機能が入力エクスペリエンスに組み込まれており、より効率的に作業を行うことができます。If you use the software keyboard on Windows, there are many features built into the typing experience that leverage AI and machine learning(ML) to help you be more efficient. たとえば、スペルミスの自動修正や、次に入力する単語の予測のほか、入力を開始すると、単語全体を入力しなくて済むように、入力ヒントが表示される機能があります。ソフトウェア キーボードで文字をスワイプして入力することもでき、このように入力した単語の数も表示されます。Some examples include autocorrecting your spelling mistakes, predicting next word you would type, suggesting a word as you start typing so you don’t have to type the full word, and displaying the number of words you typed when you swipe over the letters on the software keyboard.

Windows では、これらの各機能に関する統計情報が表示されるようになりました。Windows now shows you stats about each of these features. 表示するには、[設定] > [デバイス] > [入力] を開き、[View typing insights] (入力インサイトの表示) をクリックします。Go to Settings > Devices > Typing and click on View typing insights to see them.
入力インサイト

Emoji 11Emoji 11

Unicode 11 には、新しい 157 個の絵文字が追加されていますUnicode 11 comes with 157 new emoji. スーパーヒーロー、赤毛の人、ソフトボール、海賊旗、ラマなどが採用されました。Superheroes, redheads, a softball, a pirate flag, and a llama all made the cut. これらの絵文字には、絵文字パネル (WIN + ピリオド (.)) またはタッチ キーボードからアクセスできます。You can access them using the Emoji Panel WIN + (Period) or via the touch keyboard.

新しい絵文字

既存の絵文字についても、一部手を加えました。次に例を示します。We’ve also made tweaks to some of our existing emoji – here are some examples:

組み合わせ前と後の絵文字

ニンジャ キャットも少し変更されています。違いはおわかりですか? ![ニンジャ キャットの絵文字Our ninja cats got a bit of love too – can you spot the difference? ninja cat emojis

絵文字検索がサポートされる言語が増えました: 英語 (イギリス)、フランス語 (フランス)、ドイツ語 (ドイツ)、スペイン語 (スペイン) などを含む 190 以上のロケールで、キーワードを使用して絵文字を検索できるようになりました。Emoji search comes to more languages: You can find an emoji by keyword in over 190 locales, including English (Great Britain), French (France), German (Germany), Spanish (Spain), and more. これにより、必要な絵文字をすばやく簡単に見つけることができます。This will help you get the emoji you want easily and quickly. なお、絵文字パネルを表示するには、テキスト フィールドにフォーカスを設定し、WIN + ピリオド (.) キーまたは WIN + セミコロン (;) キーを押します。As a reminder, to bring up the Emoji Panel set focus to a text field and press WIN + (period) or WIN + (semicolon).

IME で、表現力の高い入力用に他の言語と同じ UX が使用されるようになりましたThe IME now uses the same UX for expressive input as other languages. これには、IME ツール バーの絵文字ボタンをクリックするか、絵文字パネル ホットキー (WIN + ピリオド (.) または WIN + セミコロン (;)) を使用します。You can bring it up by clicking the emoji button in the IME toolbar, or use the Emoji Panel hotkeys (WIN + period (.) or WIN + semicolon (;)). アクティブなロケールが中国語 (簡体字) である場合に、絵文字、絵文字、記号の入力を切り替えることができます。You can browse between Emoji, Kaomoji, and Symbol input when Chinese (Simplified) is the active locale.

IME の絵文字

注意: Microsoft IME (Input Method Editor: 入力方式エディター) を使用すると、お使いの PC にインストールされている東アジア言語で入力できます。Note: Use the Microsoft Input Method Editor (IME) to type in East Asian languages you’ve installed on your PC. 入力方式インジケーターを長押し (または右クリック) して入力モードを切り替えたり、IME パッドや他の IME 設定を開いたりすることができます。Press and hold (or right-click) the input method indicator to switch input modes, then open the IME pad or open more IME settings.

アップグレード後のセットアップPost-upgrade setup

アップグレード後に、このウィンドウが表示される場合がありますが、You may see this window showing after you upgrade. ユーザー データが消えたわけではないので、ご心配いりません。Don’t worry – all your stuff is still there! 皆様のデバイスの中には、ずっと前にご購入とセットアップが行われたものもあります。We know some of you bought and setup your devices a long time ago. Windows で利用可能な機能は、その後変更されています。このため、デバイスの構成がお客様にとって最適なものになるように、これまでに行われていないセットアップ項目をご覧いただく機会として、この画面が表示されます。The features available in Windows have changed since then, so we’re giving you an opportunity to go through the setup questions you may have missed to ensure your device has the best configuration for you. [始めましょう] をクリックしてこれらの項目をセットアップすることも、[今はスキップ] をクリックして、すぐにデスクトップを開くこともできます。Click Let’s Go to go through those setup questions or click Skip for now if you want to go straight to your desktop.

OOBE

Microsoft Edge の強化Microsoft Edge improvements

  • HTTP/2 および CUBIC によりインターネットの速度と安全性を強化: 職場でも家庭でも、企業内でもクラウド上でも、インターネットは日常生活の一部になっています。A faster safer internet with HTTP/2 and CUBIC: The internet is part of our daily lives both at work and at home, in the enterprise and in the cloud. Microsoft では、インターネット エクスペリエンスの速度と安全性を高めるために取り組んでいます。We are committed to making your internet experience faster and safer. 次に、例を示します。For example:

  • Windows Server 2019 でサポートされる HTTP/2 の接続多重化を Microsoft Edge クライアントに使用Microsoft Edge clients will take advantage of connection coalescing for HTTP/2 as supported in Windows Server 2019

  • HTTP/2 で許可される暗号スイートの使用を保証することで、Microsoft Edge ブラウザーのセキュリティを強化Improved security on Microsoft Edge browsers by guaranteeing HTTP/2 preferred cipher suites

  • 新しく既定の TCP 輻輳プロバイダーが Cubic になり、Windows 10 でのパフォーマンスが向上Improved performance on Windows 10 thanks to Cubic, the new default TCP congestion provider.

詳しくは、インターネットの速度と安全性の向上に関するブログをご覧ください。For more information, see A Faster, Safer Internet.

メディアの自動再生の可否を制御: サイトにメディアの自動再生を許可するかどうかを制御できる新しい設定が Microsoft Edge に追加されました。Control whether media can play automatically : We added a new setting in Microsoft Edge to allow you to control whether sites can autoplay media. この設定は [詳細設定] > [メディアの自動再生] にあり、ユーザーの好みに応じて動作をカスタマイズするためのオプションを選択できます。You can find this setting under Advanced Settings > Media autoplay, with options to customize the behavior according to your preferences:

Edge の自動再生

  • [許可] は既定の設定です。フォアグラウンドで最初にタブが表示されたときに、サイトによる判断でビデオの再生が続行されます。Allow is the default and will continue to play videos when a tab is first viewed in the foreground, at the site’s discretion.
  • [制限] では、音声で驚かされることのないよう、自動再生はビデオがミュート状態になっている場合のみに制限されます。Limit restricts autoplay to work only when videos are muted, so you‘re never surprised by a sound. ページ上のどこかをクリックすると自動再生が改めて有効になり、そのタブでそのドメインが開いている間、この許可が継続します。Once you click anywhere on the page, autoplay is re-enabled, and will continue to be allowed within that domain in that tab.
  • [禁止] では、ユーザーがメディア コンテンツを操作するまで、すべてのサイトで自動再生が禁止されます。Block will prevent autoplay on all sites until you interact with the media content. 厳密な適用が原因で一部のサイトが遮断される可能性があることに注意してください。一部のビデオやオーディオは、正しく再生するために複数回のクリックを要する場合があります。Note that this may break some sites due to the strict enforcement – you may need to click multiple times for some video or audio to play correctly. サイトによってはまったく機能しない場合もあります。その場合は、[Web サイトのアクセス許可] ウィンドウから、自動再生をケースバイケースで有効化またはブロックできます (アドレ スバーのアドレスの横にあるアイコンをクリックします)。Some sites may not work at all – in those cases, you can enable or block autoplay on a case-by-case bases from the website permissions pane (click the icon next to the address in the Address Bar).

[制限] または [禁止] 設定のサイトが期待どおりに機能しない発生した場合は、フィードバック Hub アプリにフィードバックを登録することにより、使用していたサイトをお知らせください。開発者と連携し、引き続き機能の改良に努めます。If you encounter sites that do not work as expected in the Limit or “Block” settings, please file feedback in the Feedback Hub app and let us know which site you were using, so we can work with developers and continue to refine the feature. サイトごとにメディアの自動再生を制御: [Web サイトの認証] ウィンドウの [Web サイトのアクセス許可] セクションで、サイトごとに自動再生のアクセス許可を制御できるようになりました。開始するには、アドレス バーの左側にある情報アイコンまたはロック アイコンをクリックし、[アクセス許可の管理] をクリックします。Per-site media autoplay controls: You can now control autoplay permissions on a per-site basis under the “Website permission” section of the Website Identification pane – just click the information icon or lock icon on the left side of the address bar and click “manage permissions” to get started.

サイトごとにメディアの自動再生を制御: [Web サイトの認証] ウィンドウの [Web サイトのアクセス許可] セクションで、サイトごとに自動再生のアクセス許可を制御できるようになりました。開始するには、アドレス バーの左側にある情報アイコンまたはロック アイコンをクリックし、[アクセス許可の管理] をクリックします。Per-site media autoplay controls: You can now control autoplay permissions on a per-site basis under the Website permission section of the Website Identification pane – just click the information icon or lock icon on the left side of the address bar and click manage permissions to get started.

Edge の自動再生

新しいデザインの改善: Microsoft Edge では Fluent Design System を活用し、より自然で使いやすいエクスペリエンスの実現に取り組んでいます。その一環として、Microsoft Edge のタブ バーの外観に、微妙な変更が施されています。New design improvements: As we continue to evolve how Microsoft Edge leverages the Fluent Design System for a more natural and usable experience, you may notice some subtle tweaks to the look of the tab bar in Microsoft Edge. このビルドでは、アクティブなタブを強調するために、タブバーに新しい奥行き効果が追加されています。In this build, we’re adding a new depth effect to the tab bar to help emphasize the active tab.

Edge のデザインの改善

**Microsoft Edge のツール バー項目のカスタマイズ: ** [...] Customize toolbar items for Microsoft Edge: When you click (Microsoft Edge ツール バー) をクリックしたときに表示されるメニューが改善されており、[新しいウィンドウ] などの一般的なコマンドを見やすい場所に配置されています。in the Microsoft Edge toolbar, you’ll find a refined menu that puts common commands like New window front and center. また、多くのリクエストにお応えして、Microsoft Edge ツール バーに表示されるアイコンをカスタマイズする機能も追加されています。すべて削除してすっきりさせることも、好きなだけ追加して、お気に入りの機能を手近に表示することもできます。We’ve also added the much-requested ability to customize which icons appear in the Microsoft Edge toolbar – you can remove them all for a tidier look or add as many as you like to bring your favorite functionality to your fingertips! さらに、このリリースではカテゴリによって [設定] がサブページに分割しされており、オプションがわかりやすく整理され、各ページがすっきり見やすくなっています。Last (but not least), this release breaks Settings out into subpages by category, with better-organized options and less clutter on each page. 新しい [設定] のエクスペリエンスは、速くなじめるように、Microsoft Edge ハブのエクスペリエンスに合わせて設計されています。The new Settings experience is designed to match the experience in the Microsoft Edge hub, for a quicker and more familiar experience.

Edge のカスタム ツール バー

[...] メニューと [設定] の再設計: Microsoft Edge の設定について、1 ページに収めるは少し複雑になりすぎているというフィードバックを皆様からいただいていました。Redesigned “…” menu and Settings: We’ve heard your feedback that the Microsoft Edge settings were getting a little complex for a single page. このリリースでは、Microsoft Edge の設定がオーバーホールされ、ナビゲーションが容易になりました。よく使用されるアクションがわかりやすい場所に配置され、さらに多くのカスタマイズが可能になっています。In this release, we’re overhauling the Microsoft Edge settings to make it easier to navigate, put commonly-used actions front and center, and allow more customization than ever.

Edge のメニュー オプション

オートフィル データを保存するための新しい同意ダイアログ ボックス: Microsoft Edge では、オートフィルを目的としてパスワードやカード情報を保存する場合、ユーザーに許可を求めます。New consent box for saving Autofill data: Microsoft Edge seeks your permission each time to save your passwords and card details for Autofill purposes. この同意を求めるポップアップについて、デザインの改善と文字列の変更が行われました。この情報を保存するメリットが明確に伝わるように、わかりやすいデザインになっています。We have come up with improved design and string changes to the consent notification pop-up to improve discoverability and provide clarity on the value of saving this information. この変更には、パスワードと支払いを示すアイコンの導入、メッセージの改善、オプションの強調表示が含まれます。The changes include introducing password and payment icons, improved messaging, and highlighting of options. パスワードと支払いを示す新しいアイコンのマイクロアニメーションも、お楽しみいただける変更点です。One interesting update would be the cool micro-animations for the new password and payment icons.

Edge でのオートフィルに関する同意

ジャンプ リストに上位サイトを表示: 上位サイトが Windows タスク バーまたはスタート メニューのジャンプ リストに表示されるようになりました。See your top sites in the jump list: You can now see your top sites in the jump list on the Windows task bar or Start menu. [Microsoft Edge] アイコンを右クリックするだけで、アクセス回数の多いサイトの一覧が表示され、特に重要なサイトをピン留めすることができます。Just right-click the Microsoft Edge icon to see a list of your most visited sites and pin the ones that matter most to you. 任意のエントリを右クリックすると、一覧から削除できます。Right-click on any entry to remove it from the list.

[ダウンロード] ウィンドウに機能を追加: [ダウンロード] ウィンドウに表示されるダウンロードの右クリック メニューに、[フォルダーに表示] および [リンクのコピー] のオプションが追加されました。Do more from the “Downloads” pane: We’ve added options for Show in folder and Copy link to the right-click menu for downloads in the Downloads pane.

[ダウンロード] ウィンドウ

Microsoft Edge PDF リーダーの機能強化Microsoft Edge PDF reader improvements

新しい PDF アイコン: Windows 10 では、PDF の既定ハンドラーが Microsoft Edge の場合に、新しい PDF 用アイコンがエクスプローラーで使用されます。New PDF icon: Windows 10 now has a new icon for PDFs in File Explorer when Microsoft Edge is your default PDF handler.

新しい PDF アイコン

ツール バー オプションを機能強化: Microsoft Edge で開いた PDF ドキュメントで使用できるツール バーには、ユーザーにわかりやすいようにアイコンに関する説明テキストが表示されるようになりました。Improved toolbar options: The toolbar available on a PDF document opened in Microsoft Edge will now show text descriptions for the icons to make them easily understandable by users. [メモを追加する] などの新しいオプションがツール バーに表示され、必要なときにアクセスしやすくなりました。New options like Add notes are now available in the toolbar so that these tools are handy when you need them.

機能強化されたツール バー

PDF ツール バーの固定/固定解除: 必要なときにすべての PDF ツールに簡単にアクセスできるように、PDF ツール バーをドキュメントの上部に固定できるようになりました。Pin/unpin PDF toolbar: The PDF toolbar can now be pinned at the top of the document, making all the PDF tools easily accessible if you need them. イマーシブなリーディング エクスペリエンスのために、ツール バーの固定を解除することもできます。You can also unpin the toolbar for an immersive reading experience. ツール バーは、固定が解除されると非表示になります。元に戻すには、最上部の領域をポイントします。If the toolbar is unpinned, it will hide itself – just hover over the top area to bring it back.

ツール バーの固定と固定解除

レンダリングの機能強化: レンダリングに関するさまざまなパフォーマンス修正プログラムが含まれており、Microsoft Edge で PDF ファイルを表示したときに表示される空白ページ数が少なくなります。Rendering improvements: We’ve included a bunch of rendering performance fixes so that you will see less white pages when you navigate through PDF files in Microsoft Edge.

読み取りビュー、書籍、PDF で単語の定義を検索: 新しい辞書機能が追加され、ページまたはドキュメントを読んでいるときに、重要な単語の定義を検索できるようになりました。Lookup definitions for words in reading view, books, and PDFs: We’ve added a new dictionary function, so you can look up definitions for key words when reading a page or document. 1 つの単語を選択するだけで、選択対象の上に定義が表示されます。Simply select a single word to see the definition appear above your selection.

辞書

単語を音声で読み上げるオプションを選択することもできます。正しい発音を聞くことも、定義の表示を拡張して詳細情報を表示することもできます。You can choose to have a word read aloud to you to hear the correct pronunciation or expand more details from the definition. 定義を表示するかどうかと、それを適用するコンテンツの種類を Microsoft Edge の [設定] メニューの [全般] タブで切り替えることができます。You can toggle whether definitions appear and which types of content they work in under the General tab of the Microsoft Edge settings menu.

学習ツールが充実: 読み取りビューで利用できる学習ツールで使用できるテーマが追加されました。Learning tools get richer: Under learning tools available on Reading View, you can now see additional themes. ユーザーの目に合わせてテーマの色を選ぶことができます。These let you choose the theme color which is best for your eyes.

Edge のテーマ

各種の品詞を強調表示できるだけでなく、品詞ごとに強調表示する色を変更し、単語のすぐ上に品詞のラベルを表示できます。Along with highlighting Parts of speech you can now also change the color in which the part of speech should be highlighted as well as turn on an indicator right over it. 品詞の識別が非常に容易になります。Making it much easier to identify the part of speech.

行フォーカス: 記事を読む際に、1 行、3 行、または 5 行がまとめて強調表示され、焦点を合わせやすくなりました。Line focus: Helps improve focus while reading an article by highlighting sets of one, three, or five lines.

Edge の行フォーカス

キオスク セットアップ エクスペリエンスの機能強化Improved Kiosk Setup Experience

[設定] に、簡素化された割り当て済みアクセスの構成ページが導入されました。これによりデバイスの管理者が PC をキオスクまたはデジタル サイネージとして簡単に設定することができます。We have introduced a simplified assigned access configuration page in Settings that allows device administrators to easily set up their PC as a kiosk or digital sign. この新しいページでは、ウィザード エクスペリエンスにより、デバイスの起動時に自動的にサインインするキオスク アカウントの作成など、キオスクのセットアップ フローを順に実行できます。This new page provides a wizard experience that walks you through the kiosk setup flow including creating a kiosk account that will automatically sign in on device start.

この機能を試すには、[設定] に移動し、「割り当てられたアクセス」を検索し、キオスクの設定ページを開きます。Please go to Settings, search for assigned access, and open the “Set up a kiosk” page to give it a try.

キオスク

シングル アプリの割り当てられたアクセスで実行される Microsoft Edge キオスク モードの 2 つのキオスクの種類は次のとおりです。For Microsoft Edge kiosk mode running in single-app assigned access the two kiosk types are:

  1. デジタル / 対話型サイネージ: 特定の Web サイトを全画面の InPrivate モードで表示します。Digital / Interactive signage that displays a specific website full-screen InPrivate mode.
  2. パブリック閲覧: 複数タブによる閲覧をサポートし、利用できる最小限の機能で InPrivate モードを実行します。Public browsing supports multi-tab browsing and runs InPrivate mode with minimal features available. ユーザーは新しい Microsoft Edge ウィンドウを最小化したり、閉じたり、開いたりすることはできません。また、Microsoft Edge の設定を使用してカスタマイズすることもできません。Users cannot minimize, close, or open a new Microsoft Edge windows or customize it using Microsoft Edge Settings. ユーザーは閲覧データとダウンロードをクリアし、[セッションの終了] をクリックして Microsoft Edge を再起動できます。Users can clear browsing data, clear downloads, and restart Microsoft Edge by clicking End session. 管理者は、非アクティブの期間が一定の時間続いた後で Microsoft Edge が再起動するように構成できます。Administrators can configure Microsoft Edge to restart after a period of inactivity.

キオスク

複数アプリの割り当てられたアクセスで実行されている Microsoft Edge キオスク モードの 2 つのキオスクの種類は次のとおりです (次の Microsoft Edge キオスク モードの種類は、Windows 10 の設定の新しい簡素化された割り当て済みアクセスの構成ページを使用して設定することはできません)。For Microsoft Edge kiosk mode running in multi-app assigned access the two kiosk types are (Note the following Microsoft Edge kiosk mode types cannot be setup using the new simplified assigned access configuration page in Windows 10 Settings):

  1. パブリック閲覧: 複数タブによる閲覧をサポートし、利用できる最小限の機能で InPrivate モードを実行します。Public browsing supports multi-tab browsing and runs InPrivate mode with minimal features available. この構成では、Microsoft Edge は利用可能な多くのアプリのいずれかを指定できます。In this configuration, Microsoft Edge can be one of many apps available. ユーザーは、複数の InPrivate ウィンドウを閉じて開くことができます。Users can close and open multiple InPrivate windows.

キオスク

  1. 通常モード: Microsoft Edge の通常版を実行しますが、割り当てられたアクセスで構成されているアプリに応じて、一部の機能が動作しない可能性があります。Normal mode runs a full version of Microsoft Edge, although some features may not work depending on what apps are configured in assigned access. たとえば、Microsoft Store が設定されていない場合、ユーザーは書籍を取得できません。For example, if the Microsoft Store is not set up, users cannot get books.

キオスク

Microsoft Edge キオスク モードをセットアップする方法については、Microsoft Edge キオスク モードの展開ガイドをご覧ください。Learn how to setup Microsoft Edge kiosk mode in the Microsoft Edge kiosk mode deployment guide.

Microsoft Edge プラットフォームの機能強化Microsoft Edge Platform Improvements

Microsoft WebDriver がオンデマンド機能になりました: Microsoft WebDriver がオンデマンド機能 (FoD: Feature on Demand) になり、デバイスに応じた適切なバージョンを入手しやすくなりました。Microsoft WebDriver is now a Feature on Demand: We’ve made Microsoft WebDriver a Feature on Demand (FoD) to make it easier to get the right version for your device. WebDriver をインストールするには、開発者用モードを有効にするか、[設定] > [アプリ] > [アプリと機能] > [オプション機能の管理] を開いて、スタンドアロンでインストールします。You can install WebDriver by turning on Developer Mode, or by going to Settings > Apps > Apps & features > Manage optional features and installing it standalone.

FoD によってビルド/ブランチ/フレーバーを自動的に照合することで、バイナリの不一致に関して生じる可能性のある最大の問題点の 1 つに対応できます。This should address one of the biggest pain points we see from customers around binary mismatches, as FoD’s match the build/branch/flavor automatically. インストールが Windows に組み込まれるため、Windows の Insider バージョンや将来の安定したバージョンでスタンドアロンのダウンロードを入手することはできなくなります。This also means that the standalone download will no longer be made available for insiders or future stable versions of Windows, as installation is now built into Windows.

Microsoft WebDriver は、C:\Windows\System32\ にインストールされるようになりました。インストール後、コンピューターの PATH に自動的に設定されます。Microsoft WebDriver now gets installed to C:\Windows\System32\ and will automatically be on the PATH for the machine once installed. x64 コンピューター用には 64 ビットの Microsoft WebDriver が提供されます。We are now shipping 64-bit Microsoft WebDriver to x64 machines. ただし、x64 コンピューターで Visual Studio と Selenium の組み合わせでビルドを作成する場合は、既定で Visual Studio によって 32 ビットがビルドされ、PATH 変数のチェック先が C:\Windows\SysWOW64\ フォルダーのみという既知の問題があります。Note, there is a known issue for x64 machines building in Visual Studio with Selenium, where by default Visual Studio builds 32bit and will only check the C:\Windows\SysWOW64\ folder for PATH variables. この問題を回避するには、Visual Studio で 64 ビットをターゲットにしてビルドを作成してください。To work around this issue, target and build 64bit from Visual Studio. 今後のビルドでは、64 ビット コンピューター用に 32 ビットと 64 ビットの両方のバイナリを FoD で公開することで、この問題に対処する予定です。In a future build, we plan to publish both 32bit and 64bit binaries in our FoD for 64bit machines, which should address this issue.

WebDriver をインストールするには、Windows 10 の [設定] で [開発者用モード] をオンにするか、[設定] の [オプション機能の管理] ページでスタンドアロン機能をインストールします。To install WebDriver, just turn on Developer Mode in Windows 10 Settings, or install the standalone feature on the Manage optional features Settings page.

また、WebDriver は最新の W3C 勧告仕様 に合わせて更新され、新たに大幅な機能強化が行われています。We’ve also updated WebDriver to match the latest W3C Recommendation spec with major new improvements. これらの変更点について詳しくは、Microsoft Edge 開発者ブログをご覧ください。You can learn all about these changes on the Microsoft Edge dev blog.

Web 認証プレビュー: Microsoft Edge には、新しい Web 認証 API (Web Authentication preview: Microsoft Edge now includes unprefixed support for the new Web Authentication API (a.k.a. WebAuthN) について、接頭辞なしのサポートが追加されています。WebAuthN). これは、更新されたバージョンの API を既定で有効にするための、WebAuthN 仕様に対する以前のサポートを進化させた形になります。This evolves our previous support for the WebAuthN specification to enable the updated version of the API by default. Web 認証では、認証を円滑にするために、拡張性と相互運用性に優れたオープン ソリューションを提供し、ハードウェアに固定されたより強力な資格情報でパスワードを置き換えます。Web Authentication provides an open, scalable, and interoperable solution to facilitate authentication, which replaces passwords with stronger hardware-bound credentials. このような実装が Microsoft Edge に行われたことで、ユーザーは、Windows Hello (PIN または生体認証を使用) や外部の認証システム (FIDO2 セキュリティ キー、FIDO U2F セキュリティ キーなど) を使用して、Web サイトを安全に認証できます。The implementation in Microsoft Edge allows users to use Windows Hello (via PIN or biometrics) and external authenticators like FIDO2 Security Keys or FIDO U2F Security Keys to securely authenticate to websites.

新しい Microsoft Edge グループ ポリシー: Microsoft Edge チームは、IT 管理者が Microsoft Edge を管理するための新しいグループ ポリシーと MDM 設定を導入しました。New Microsoft Edge Group Policies: The Microsoft Edge team introduced new Group Policies and MDM settings for IT administrators to manage Microsoft Edge. 新しいポリシーには、全画面表示モード、印刷、お気に入りバー、履歴の保存の有効化/無効化、証明書エラーのオーバーライドの禁止、[ホーム] ボタンとスタートアップ オプションの構成、[新しいタブ] ページと [ホーム] ボタンの URL の設定、拡張機能の管理が含まれています。The new policies include enabling/disabling full-screen mode, printing, favorites bar, and saving history; prevent certificate error overrides; configuring the Home button and startup options; setting the New Tab page and Home button URL and managing extensions. 詳しくは、新しい Microsoft Edge ポリシーに関するページをご覧ください。Learn more about the new Microsoft Edge policies.

XSS フィルターの廃止: Microsoft Edge の XSS フィルターは廃止されます。Retired XSS filter: We are retiring the XSS filter in Microsoft Edge. 最新の各種ブラウザーに対する互換性を高め、コンテンツ インジェクション攻撃から保護するための、パフォーマンスと安全性に優れた強力なメカニズムを提供する Content Security Policy などの最新の標準によって、ユーザーは引き続き保護されます。Our customers remain protected thanks to modern standards like Content Security Policy, which provide more powerful, better performing, and secure mechanisms to protect against content injection attacks, with high compatibility across modern browsers.

生体認証を使用したリモート デスクトップRemote Desktop with Biometrics

Windows 10 Version 1809 では、Windows Hello for Business を使用している Azure Active Directory および Active Directory のユーザーは、生体認証を使用してリモート デスクトップ セッションの認証を受けることができます。In Windows 10, version 1809, Azure Active Directory and Active Directory users using Windows Hello for Business can use biometrics to authenticate to a remote desktop session!

生体認証を使用したリモート デスクトップ

開始するには、リモート デスクトップ接続 (mstsc.exe) を表示し、接続先のコンピューターの名前を入力して、[接続] をクリックします。To get started, bring up Remote Desktop Connection (mstsc.exe), type the name of the computer to which you want to connect and click Connect. ユーザーが Windows Hello for Business を使用して署名していれば、Windows では署名方法が記憶され、RDP セッションに対する認証を行うために自動的に Windows Hello for Business が選択されます。ユーザーは、[その他] をクリックして、別の認証情報を選択することもできます。Because you signed using Windows Hello for Business, Windows remembers how you signed in and automatically selects Windows Hello for Business to authenticate you to your RDP session but, you can click More choices to choose alternate credentials.

生体認証を使用したリモート デスクトップ

この例では、Windows は顔認識を使用して Windows Server 2016 Hyper-V サーバーに対して RDP セッションを認証します。In this example, Windows uses facial recognition to authenticate the RDP session to the Windows Server 2016 Hyper-V server. リモート セッションで Windows Hello for Business を引き続き使用することはできますが、PIN を使用する必要があります。You can continue to use Windows Hello for Business in the remote session, but you must use your PIN.

生体認証を使用したリモート デスクトップ

Windows 10 への Web サインインWeb Sign-in to Windows 10

これまで、Windows ログオンは、ADFS または WS-Fed プロトコルをサポートするその他のプロバイダーにフェデレーションされている ID の使用のみをサポートしていました。Until now, Windows logon only supported the use of identities federated to ADFS or other providers that support the WS-Fed protocol. 今回は、Windows PC への新しいサインイン方法として “Web サインイン” が導入されています。We are introducing “Web Sign-in,” a new way of signing into your Windows PC. Web サインインでは、ADFS にフェデレーションされているプロバイダー以外のプロバイダー (SAML など) に対する Windows ログオンのサポートが有効になります。Web Sign-in enables Windows logon support for non-ADFS federated providers (e.g. SAML).

Web サインイン

Web サインインを試すには:To try out Web Sign-in:

  1. お使いの Windows 10 PC を Azure AD に参加させます Azure AD Join your Windows 10 PC. (注意: Web サインインは Azure AD に参加している PC でのみサポートされます)。(Note: Web Sign-in is only supported on Azure AD Joined PCs).

Web サインイン

  1. 以下のポリシーを設定して、Web サインインを有効にします: Policy CSP/Authentication/EnableWebSignIn。Set the following policy to enable Web Sign-in (Policy CSP/Authentication/EnableWebSignIn)
  2. ロック画面で、サインイン オプションから Web サインインを選択します。On the lock screen, select Web Sign-in under Sign-in options.
  3. 続行するには、[サインイン] ボタンをクリックします。Click on the Sign in button to continue.

Windows 10 の共有 PC への高速なサインインFaster sign-in to a Windows 10 shared PC

職場で共有 PC が展開されている場合も、Do you have shared PCs deployed in your work place? お使いのアカウントでの PC へのサインインに時間がかかっていた場合も、Do you wish that signing in to a PC with your account was faster? このビルドから導入された "迅速なサインイン" で、共有の Windows 10 PC に瞬時にサインインできます。Starting with this build, we are introducing “Fast Sign-in,” which enables users to sign in to a shared Windows 10 PC in a flash!

迅速なサインイン

迅速なサインインを有効にするには:To enable Fast Sign in:

  1. Windows 10 で共有またはゲスト PC をセットアップしますSet up a shared or guest PC with Windows 10
  2. 以下のポリシーを設定して、迅速なサインインを有効にします: Policy CSP/Authentication/EnableFastFirstSignIn。Set the following policy to enable Fast Sign in (Policy CSP/Authentication/EnableFastFirstSignIn)
  3. ポリシーを有効にし、お使いのアカウントで共有 PC にサインインして、違いをご確認ください!With the policy enabled, sign-in to a shared PC with your account and notice the difference!

スタート タイル フォルダーに名前を付けるStart tile folder naming

スタート画面にタイル フォルダーを作成するには、タイルを別のタイルの位置にドラッグして離します。To create a tile folder in Start, just drag one tile on top of another for a second then release. 必要な数のタイルをフォルダーにドロップしていきます。Continue dropping as many tiles into the folder as you’d like. フォルダーを展開すると、名前を指定するための新しいオプションが表示されます。When you expand the folder, you’ll see a new option to name it. この名前は、フォルダーが中程度、ワイド、または大きいサイズの場合に表示されます。The name will be visible when the folder is medium, wide, or large-sized.

スタートでのフォルダーに名前を付ける

検索の機能強化Search improvements

カレンダー内の検索Search in Calendar

イベント本文に含まれる名前、場所、人物、または単語を検索することで、過去または今後のイベントを見つけることができます。Now you can find past or future events by searching for the name, location, people included or words in the event body. 必要な情報を見つけやすくなるように、検索条件に一致したイベントはカレンダーでわかりやすくマークされ、条件に一致していないイベントはグレー表示されます。Events that match your search will be clearly visible on your calendar, while those that don’t will be greyed-out so you can find what you need quickly.

検索結果が表示されたカレンダー

検索機能は、Outlook、Hotmail、Live、Office 365 の各アカウントで使用できます。Search will work for Outlook, Hotmail, Live and Office 365 accounts.

検索プレビューSearch preview

プレビューが拡張され、アプリやドキュメントなどもサポートされるようになりました。We have expanded previews to support apps, documents, and more. 検索プレビューでは、次のことができます。Search previews are here to help you:

  • 最近の Word 文書やリモート デスクトップ セッションなど、行っていた作業に戻るGet back to what you were doing, such as a recent Word doc or Remote Desktop session
  • 新しい Outlook 会議、OneNote での簡単なコメント、設定の変更など、タスクをすぐに開始するJump-start your task, be it a new Outlook meeting, a quick comment in OneNote, or changing a setting
  • ファイルの場所、最終更新日時、作成者などの詳細情報を参照して、ファイル間の相違を確認するDisambiguate between files by seeing more info including file location, last modified, or author
  • 簡単な質問に対する Web からの回答にアクセスする ("バナナは健康によいか"、Access quick answers from the web like “are bananas good for you?” "エベレストの高さ" など)“height of mt everest”

プレビューでこれまでより迅速に情報とアクションにアクセスできるように、検索エクスペリエンスが拡張されています。We made the Search experience wider so you can access information and actions in the preview faster than ever. 機能の開発が進むと順次追加されるため、プレビューは段階的に更新され、さらに改善されます。The preview will be updated and improved over time, as we develop and add more features.

検索結果が表示されたカレンダー

検索プレビュー エクスペリエンスを向上させるというテーマに沿い、インストールする Windows ソフトウェアの公式なダウンロード ページを簡単に見つけられるように、更新プログラムを展開しています。Continuing our theme of improving the search preview experience, we’re rolling out an update to make it easier to find official download pages for Windows software you want to install.

GitHub 検索の例

注意: 現在、検索機能は英語ロケールに制限されていますNote: search is currently limited to English locales

その他の機能強化Other Improvements:

  • メモ帳で、以前の単語を削除するためにCtrl + BackspaceがサポートされるようになりましたNotepad now supports Ctrl + Backspace to delete the previous word
  • 方向キーでは、テキストの選択を解除してから、カーソルが移動されるようになりました。Arrow keys now unselect text first, and then move the cursor
  • ファイルを保存する際に、行と列の番号が 1 にリセットされなくなりました。When saving a file, the line and column number no longer reset to 1
  • メモ帳で、画面上に完全に収まらない行が正しく表示されるようになりましたNotepad now correctly displays lines that don’t fit entirely on the screen

Windows Mixed Reality に関する機能強化Windows mixed reality improvements

  • オーディオは、ヘッドセットと PC スピーカーの両方に同時にストリーミングできます。You can stream audio to both the headset and the PC speakers simultaneously. これを試すには、Mixed Reality ポータル (MRP) を実行していないときは通常の PC スピーカーから、Mixed Reality を実行しているときはヘッドセットのオーディオ ジャックまたは内蔵ヘッドフォンからサウンドが聞こえることを確認してください。To try it out make sure that you can hear sound from your normal PC speakers when not running the Mixed Reality Portal (MRP) and from the headset’s audio jack or built-in headphones when mixed reality is running. 次に、MRP を含むすべてのアプリを閉じて [設定] > [Mixed Reality] > [オーディオと音声認識] に移動し、[Mixed Reality ポータルの実行中はデスクトップにヘッドセットのオーディオをミラーリングする] をオンにします。Then close all apps, including MRP, and go to Settings > Mixed reality > Audio and speech to turn on “When Mixed Reality Portal is running, mirror headset audio to desktop.” これで、Mixed Reality の実行中に、ヘッドセットと PC スピーカーの両方からオーディオが聴こえるようになります。You should now hear audio from both the headset and PC speakers when running mixed reality.
  • Windows では、バックパック PC などで Mixed Reality を実行しているときに、物理モニターを接続する必要がなくなりました。Windows no longer requires a physical monitor to be connected while running Mixed Reality in cases such as backpack PCs. Mixed Reality ポータルで初めて WMR をセットアップし、サインイン画面で PC のロックを解除する場合、最初はモニターを接続する必要があります。Setting up WMR for the first time in Mixed Reality Portal and unlocking the PC on the sign in screen still, require a monitor to be connected initially. ただし、この後の使用時にサインインする必要がなくなるように、自動ログインを構成することができます。However, you can configure auto login to prevent needing to sign in for subsequent usage here. 立っているときに Windows Mixed Reality を使用するには、部屋の境界をセットアップする必要があります。Using Windows Mixed Reality while standing requires setting up a room boundary.
  • Windows Mixed Reality で実行されるアプリでは、システム キャプチャ エクスペリエンスで Mixed Reality の世界の画像をキャプチャするために、カメラ キャプチャ UI API を使用できるようになりました。Apps running in Windows Mixed Reality can now make use of the Camera Capture UI API to capture images of the mixed reality world using the system capture experience. たとえば、クリフ ハウスでメールを実行し、カメラから取得した画像を新しいメッセージに挿入して、景色の画像を共有できます。Try running Mail in the Cliff House and inserting an image from your camera in a new message to share an image of the scenic view.
  • また、このビルドでは、スタート メニューからビデオを簡単に停止できるように、Mixed Reality のビデオ キャプチャ エクスペリエンスが調整されています。We’ve also made some adjustments to the mixed reality video capture experience in this build to make it easier to stop videos from the Start menu.

Windows Mixed Reality の懐中電灯Windows mixed reality flashlight

これまでに、魅力的な仮想エクスペリエンスの最中に何回ぐらい次のようなことがありましたか?How many times have you been immersed in a captivating virtual experience and…

  • 近くにいる人を少し見たいと思った。Wanted to take a quick peek at someone nearby?
  • 飲み物を飲んだり、電話やキーボードを使いたくなった。Wanted to reach for a drink, your phone or a keyboard?
  • コントローラーを置く場所を見つけたくなった。Needed to find a surface to set down your controllers?

以前はおそらく、手探りで探すか、ヘッドセットを取り外していたはずです。その際にコントローラーを手にしていれば、混乱をきたしたことでしょう。In the past you probably fumbled about or removed your headset, which can be clumsy if you have controllers in your hands.

そこで、ヘッドセットを取り外さなくても、懐中電灯で物理環境を覗くことのできる機能が追加されました。We added the ability to peer into your physical environment through Flashlight – without removing your headset! スタート メニュー、ボタン ショートカット、または音声コマンドによって、いつでも現実世界への扉を開くことができます。You can open a portal into your real world at any time via the Start menu, a button shortcut, or a voice command. これにより、コントローラーに接続されている低レイテンシのパススルー カメラ フィードが開きます。This opens a low-latency pass-through camera feed connected to your controller. 直感的で使いやすく、没入感を維持できます。It’s comfortable, intuitive, and keeps you immersed.

Mixed Reality の懐中電灯

懐中電灯の使用により、ついに物理世界と仮想現実を混在させることができるようになりました。Flashlight finally allows you to mix your physical and virtual realities.

クイック アクションについてIntroducing Quick Actions

イマーシブ アプリケーションを使用しているときに、クイック アクションを使用すると、ユーザーは簡単にホームに移動したり、時刻を確認したり、Mixed Reality キャプチャ ツール (フォト、ビデオなど) を起動することができます。While using an Immersive Application, Quick Actions allow users to easily Go Home, view the time, or launch Mixed Reality Capture tools (Photo, Video, and more). イマーシブ アプリケーションのクイック アクションを起動するには、Windows キーを押すか、ブルーム ジェスチャを使います。To launch Immersive Application Quick Actions, simply press the Windows key or use the Bloom gesture.

ヘッドセットと PC スピーカーの両方にオーディオを同時ストリーミングStream audio to both the headset and the PC speakers simultaneously

これを試すには、Mixed Reality ポータル (MRP) を実行していないときは通常の PC スピーカーから、Mixed Reality を実行しているときはヘッドセットのオーディオ ジャックまたは内蔵ヘッドフォンからサウンドが聞こえることを確認してください。To try it out make sure that you can hear sound from your normal PC speakers when not running the Mixed Reality Portal (MRP) and from the headset’s audio jack or built-in headphones when mixed reality is running. 次に、MRP を含むすべてのアプリを閉じて [設定] > [Mixed Reality] > [オーディオと音声認識] に移動し、[Mixed Reality ポータルの実行中はデスクトップにヘッドセットのオーディオをミラーリングする] をオンにします。Then close all apps, including MRP, and go to Settings > Mixed reality > Audio and speech to turn on “When Mixed Reality Portal is running, mirror headset audio to desktop.” これで、Mixed Reality の実行中に、ヘッドセットと PC スピーカーの両方からオーディオが聴こえるようになります。You should now hear audio from both the headset and PC speakers when running mixed reality. また、Mixed Reality ポータルの新しいエラーコードでは、特定のエラーについてより具体的な情報を得ることができるようになりました。You may also notice some new error codes in Mixed Reality Portal to be more specific to certain failures. また、次のいくつかのリリースでインフラストラクチャの変更を行い、Mixed Reality の迅速な更新をサポートするため、Mixed Reality ポータル アプリでもストアから更新が開始されます。The Mixed Reality Portal app will also begin updating through the Store as we make infrastructure changes over the next several releases to support faster updates of mixed reality.

Windows Mixed Reality ユーザー向けの、その他の大きな機能強化Other notable improvements for Windows Mixed Reality users

  • このビルドでは、バックパック PC などで Mixed Reality を実行しているときに、物理モニターを接続する必要がなくなりました。This build no longer requires a physical monitor to be connected while running Mixed Reality in cases such as backpack PCs. Mixed Reality ポータルで初めて WMR をセットアップし、サインイン画面で PC のロックを解除する場合、最初はモニターを接続する必要があります。Setting up WMR for the first time in Mixed Reality Portal and unlocking the PC on the sign in screen still, require a monitor to be connected initially. ただし、この後の使用時にサインインする必要がなくなるように、自動ログインを構成することができます。However, you can configure auto login to prevent needing to sign in for subsequent usage here. 立っているときに Windows Mixed Reality を使用するには、部屋の境界をセットアップする必要があります。Using Windows Mixed Reality while standing requires setting up a room boundary.
  • Windows Mixed Reality で実行されるアプリでは、システム キャプチャ エクスペリエンスで Mixed Reality の世界の画像をキャプチャするために、カメラ キャプチャ UI API を使用できるようになりました。Apps running in Windows Mixed Reality can now make use of the Camera Capture UI API to capture images of the mixed reality world using the system capture experience. たとえば、クリフ ハウスでメールを実行し、カメラから取得した画像を新しいメッセージに挿入して、景色の画像を共有できます。Try running Mail in the Cliff House and inserting an image from your camera in a new message to share an image of the scenic view.
  • また、このビルドでは、スタート メニューからビデオを簡単に停止できるように、Mixed Reality のビデオ キャプチャ エクスペリエンスが調整されています。We’ve also made some adjustments to the mixed reality video capture experience in this build to make it easier to stop videos from the Start menu.

PC ゲームの機能強化PC Gaming Improvements

ゲーム バーの機能強化Game bar improvements

オーディオ コントロール: 既定のオーディオ出力デバイスを変更し、実行中のゲームやアプリの音量をミュートまたは調整できます。Audio controls: Change your default audio output device and mute or adjust the volume of games and apps running.

ゲーム バー

ゲーム モードの機能強化Game mode improvements

デスクトップ PC でのゲーム エクスペリエンスを向上させるために、ゲーム モードで新しいオプションを使用できるようになりました。New options are now available for Game Mode that are expected to improve the gaming experience on desktop PCs. 多数のバックグラウンド プロセスが実行されている PC では、ゲーム バーで__専用リソース__の設定を切り替えると、パフォーマンスが向上することがあります。Gamers on PCs with many background processes may also see performance improvements when they toggle Dedicate resources in Game bar.

ゲーム中の集中モードの改善Focus assist improvements when gaming

全画面表示のゲームをプレイ中に、集中モードを自動的に有効化できるようになりました。Now focus assist will turn on automatically when you’re playing any full screen game. ゲームに集中しているときに、中断される心配がなくなります。No more interruptions when you’re crushing it. この動作は自動的に有効になりますが、いつでも [設定] > [システム] > [集中モード] で確認し、自動規則で [ゲームをプレイしているとき] をオンにしておくことができます。This behavior should be turned on automatically, but you can always check by going to Settings > System > Focus assist and ensuring the When I’m playing a game automatic rule is enabled. 詳しくは、「Windows 10 Tip: How to enable Focus Assist in the Windows 10 April 2018 Update」 (Windows 10 に関するヒント: Windows10 April 2018 Update で集中モードを有効にする方法) をご覧ください。For more information, see Windows 10 Tip: How to enable Focus Assist in the Windows 10 April 2018 Update.

インク操作の更新Inking Updates

April 2018 Update で埋め込みの手書きパネルが導入されて以来、皆様のフィードバックに基づいて、エクスペリエンスの改善が行われてきました。RS5 では、埋め込みの手書き入力機能が、最新のアプリケーションでペンを使用してテキストを入力するときの既定エクスペリエンスになりました。We introduced the embedded handwriting panel with the April 2018 Update, and after taking some time to refine the experience based on your feedback, in RS5 the embedded handwriting will now be the default experience for text entry with a pen in modern applications. 検索ボックスなどのテキスト領域をタップすると、領域が拡大され、手書き入力で快適に操作できる領域が提供されます。Just tap a text area, like a search box, and it will expand to give you a comfortable area in which to write.

手描き入力

シンプルで直感的なジェスチャを使い、手書き入力を編集することもできます。You can even edit what you’ve written with simple, intuitive gestures. お使いの言語が埋め込みの手書き入力でサポートされていない場合や、手書き入力がアプリ (レガシ Win32 アプリケーションなど) でサポートされていない場合も、手書き入力用のフローティング パネルを起動できます。In places where embedded handwriting doesn’t support your language or isn’t supported by the app (e.g. legacy Win32 applications), you can still invoke the floating handwriting panel.

Windows セキュリティの機能強化Windows Security Improvements

Windows Defender セキュリティ センターは Windows セキュリティという名称になりましたWindows Defender Security Center is now called Windows Security

いつもどおりの方法で引き続きアプリにアクセスできます。Windows セキュリティを開くよう Cortana に指示するか、タスク バー アイコンを操作するだけです。You can still get to the app in all the usual ways – simply ask Cortana to open Windows Security or interact with the taskbar icon. Windows セキュリティでは、Windows Defender ウイルス対策や Windows Defender ファイアウォールなど、すべてのセキュリティ ニーズを管理できます。Windows Security lets you manage all your security needs, including Windows Defender Antivirus and Windows Defender Firewall. 現在、注意が必要な脅威や操作の提示方法についても変更作業が続いており、今後数か月にわたって改良が行われます。We’re also bringing some changes to how we present threats and actions that need your attention, and we’re continuing to refine that over the coming months.

Windows セキュリティ センターは Fluent Design で更新されますWindows Security Center gets a Fluent Design refresh

皆様のフィードバックに基づき、Windows セキュリティ センターが更新されました。このビルドをインストールすると、Fluent Design の要素が含まれていることがわかります。We’ve heard your feedback and when you install this build you’ll find we’ve updated Windows Security Center to include the Fluent Design elements you know and love. また、アプリの間隔と周囲の余白が調整されています。メイン ページのカテゴリについては、追加情報の表示用に領域が必要になると、サイズが動的に変更されます。You’ll also notice we’ve adjusted the spacing and padding around the app and will now dynamically size the categories on the main page if more room is needed for extra info. さらに、色の設定でアクセント カラーが有効になっている場合に、アプリのタイトル バーでアクセント カラーが使用されるよう、タイトル バーも更新されています。Last but not least, we’ve also updated the title bar of the app so that it will now use your accent color if you’ve enabled that option in Color Settings.

WDSC

Windows Defender ファイアウォールでは、Windows Subsystem for Linux (WSL) プロセスがサポートするようになりましたWindows Defender Firewall now supports Windows Subsystem for Linux (WSL) processes

Windows Defender ファイアウォールに WSL プロセスの特定のルールを追加できます。これは、任意の Windows プロセスの場合と同様です。You can add specific rules for a WSL process in Windows Defender Firewall, just as you would for any Windows process. また、Windows Defender ファイアウォールが WSL プロセスの通知をサポートするようになりました。Also, Windows Defender Firewall now supports notifications for WSL processes. たとえば、Linux ツールで外部からのポートへのアクセスを許可する必要がある場合 (SSH または Nginx のような Web サーバーなど)、Windows Defender ファイアウォールにより、ポートが接続の受け入れを開始したときに、Windows プロセスの場合と同様にアクセスを許可するためのメッセージが表示されます。For example, when a Linux tool wants to allow access to a port from the outside (like SSH or a web server like nginx), the Windows Defender Firewall will prompt to allow access just like it would for a Windows process when the port starts accepting connections.

保護されたプロセスとして実行する必要があるウイルス対策製品Antivirus products required to run as a protected process

Windows セキュリティ センター (WSC) サービスでは、保護されたプロセスとして実行するウイルス対策製品の登録が求められるようになりました。The Windows Security Center (WSC) service now requires antivirus products to run as a protected process to register. まだこれを実装していない製品は Windows セキュリティの UI に表示されず、これらの製品と並列して Windows Defender ウイルス対策が引き続き有効になります。Products that have not yet implemented this will not appear in the Windows Security UI, and Windows Defender Antivirus will remain enabled side-by-side with these products.

Windows Defender Application Guard の機能強化Windows Defender Application Guard Improvements

このリリースでは、Windows Defender Application Guard によって Windows セキュリティ内に新しいユーザー インターフェイスが導入されました。Windows Defender Application Guard introduced a new user interface inside Windows Security in this release. スタンドアロン ユーザーは、レジストリ キー設定を変更しなくても、Windows セキュリティで Windows Defender Application Guard の設定をインストールして構成できるようになりました。Standalone users can now install and configure their Windows Defender Application Guard settings in Windows Security without needing to change Registry key settings.

さらに、エンタープライズ ポリシーによって管理されているユーザーは、各自の設定を確認して管理者がコンピューターに構成した内容を見ることができるため、Windows Defender Application Guard の動作をよりよく理解できます。Additionally, users who are managed by enterprise policies will be able to check their settings to see what their administrators have configured for their machines to better understand the behavior of Windows Defender Application Guard. この新しい UI の目的は、Windows Defender Application Guard 設定を管理および確認できるように、全体的なユーザー エクスペリエンスを向上することです。This new UI aims to improve the overall experience for users to manage and check their Windows Defender Application Guard settings. デバイスが最小要件を満たしている限り、これらの設定は、Windows セキュリティに表示されます。As long as devices meet the minimum requirements, these settings will appear in Windows Security.

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。For more information, read this post.

この機能を確認するには:To check this out:

  1. [Windows セキュリティ] を開き、[アプリとブラウザー コントロール] を選択します。Go to Windows Security and select App & browser control.

アプリとブラウザー コントロール

  1. [分離されたブラウズ] で、[Windows Defender Application Guard のインストール] を選択し、インストール後にデバイスを再起動します (スタンドアロン ユーザーのみ)。Select Install Windows Defender Application Guard under Isolated browsing, install and restart the device (only for standalone users).

分離されたブラウズ

  1. [Application Guard の設定を変更する] を選択します。Select Change Application Guard settings.

Application Guard の設定を変更する

  1. [Application Guard の設定] を構成または確認します。Configure or check Application Guard Settings.

[Application Guard の設定] を確認する

パフォーマンスの向上: Microsoft のチームは、パフォーマンス向上のために絶えず取り組んでいます。Performance improvements: The teams at Microsoft are constantly working to improve performance for our users. WDAG についても例外ではありません。WDAG is no different. この機能更新プログラムでは、WDAG の起動時間が改善されたことがわかります。In this feature update, you will notice an improvement in the launch time for WDAG. 起動プロセスの軽量化と高速化が実現し、WDAG での Microsoft Edge へのアクセス時のエクスペリエンスが改善されています。We have made the start process lighter and faster, which will provide our users with a better experience when accessing Microsoft Edge in WDAG.

ホストへのファイル ダウンロード: ユーザーの皆様からお寄せいただいたご意見の 1 つに、WDAG からホストにファイルをダウンロードできない点がありました。Download files to the host: One of the items our users voiced was an inability to download files from WDAG to the host. これにより、ダウンロードしたファイルがコンテナー内で停滞し、Microsoft Edge の全体的な動作が不安定になっていました。This created an inconsistent experience for Microsoft Edge overall as downloaded files were stuck inside the container. このリリースでは、WDAG の閲覧セッションからホスト ファイル システムにファイルをダウンロードする機能をユーザーが有効にすることができます。In this release, users can turn on a feature to download files from their WDAG browsing session onto the host file system. この機能は Windows 10 Enterprise エディションで使用できますが、既定ではオンになっていません。This feature is available in the Windows 10 Enterprise edition and is not turned on by default. この機能を有効にすると、ユーザーは、ダウンロード フォルダー内に作成されたフォルダーにファイルをダウンロードして、すべてのファイルをホスト上で開くことができます。Once the feature is enabled, users will be able to download files into a folder created in their Downloads folder and open all files on the host.

ホストへのダウンロード機能を構成し、有効にする方法:How to enable and configure the Download to host feature:

要件:Requirements:

  • Windows 10 Enterprise Version 1809Windows 10 Enterprise, version 1809
  • Windows Defender Application Guard 機能がインストール済みであることWindows Defender Application Guard feature is installed
  • ネットワーク分離ポリシーが構成済みであることNetwork isolation policies are configured

手順:Steps:

  1. [ローカル グループ ポリシー エディター] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [Windows Defender Application Guard] を開きます。Navigate to Local Group Policy Editor > Administrative Templates > Windows Components > Windows Defender Application Guard.

WDAG

  1. [Windows Defender Application Guard からのファイルのダウンロードとホスト オペレーティング システムへの保存を許可する] を選択します。Select Allow files to download and save to the host operating system from Windows Defender Application Guard.
  2. [有効]、[適用] の順に選択します。Select Enabled and Apply.

WDAG を有効にする

  1. このポリシーが有効になると、Windows Defender の Edge セッションからダウンロード フォルダーにファイルをダウンロードできます。After this policy is enabled, you can download files from your Windows Defender Edge session to your Downloads folder. WDAG のファイルは、[ダウンロード] フォルダー内の [信頼されていないファイル] というフォルダーに保存されます。The files from WDAG will be saved in a folder called Untrusted files nested inside the Downloads folder. このフォルダーは、ポリシーを有効にした後で初めて WDAG からファイルをダウンロードするときに自動的に作成されます。This folder is created automatically when you first download a file from WDAG after enabling the policy.

信頼されていないファイル

注意:Notes:

  • この機能は、既定では無効です。This feature is off by default.
  • ユーザーは、ダウンロードしたファイルを評価し、ホスト上で開く場合のリスクを負う必要があります。Users will need to assess the files they downloaded and assume any risks of opening on the host.
  • Windows Defender System Guard も更新されています。We’ve also made updates to Windows Defender System Guard. Windows Defender System Guard では、既定でメモリの整合性を有効にすることで、プラットフォームのセキュリティを大幅に高め、安全なデバイスの裏付けをユーザーベースに届けます。With Windows Defender System Guard, we are making a leap forward in platform security with memory integrity by default and bringing a born secure device promise to our user base. これらの変更について学び、製品チームと話すには、Windows Insider テクニカル コミュニティの記事をご覧ください。To learn more about these changes and talk with product team, see their post in the Windows Insider Technical Community.

Windows セキュリティに関する全般的な機能強化General Windows Security Improvements

Microsoft では、[ウイルスと脅威の防止] セクションの [現在の脅威] 領域に関して作業を継続してきました。現在はアクションが必要なすべての脅威がここに表示されます。We’ve continued to work on the Current threats area on the Virus & threat protection section, which now displays all threats that need action. この画面から直接、脅威にすばやく対処できます。You can quickly act on threats straight from this screen.

Windows セキュリティ

新しい保護設定 [疑わしい動作をブロックする] を有効にすることができます。これにより、Windows Defender Exploit Guard の攻撃表面縮小テクノロジをすべてのユーザーが利用できます。You can enable a new protection setting, Block suspicious behaviors, which brings our Windows Defender Exploit Guard attack surface reduction technology to all users. この設定を有効にするには、次のスクリーンショットのように [ウイルスと脅威の防止] セクションに移動し、[設定の管理] をクリックします。To enable this setting, go to the Virus & threat protection section and click Manage settings, as shown in the following screenshot:

疑わしい動作をブロックする

フォルダー アクセスの制御によって、ランサムウェアやその他の破壊的なマルウェアが個人用ファイルを変更するのを防止できます。With Controlled folder access you can help prevent ransomware and other destructive malware from changing your personal files. 場合によっては、通常使用するアプリが、[ドキュメント] や [ピクチャ] などの一般的なフォルダーに変更を行うことができないようにブロックされている可能性があります。In some cases, apps that you normally use might be blocked from making changes to common folders like Documents and Pictures. 機能を完全に無効にすることなくデバイスを引き続き使用できるように、最近ブロックされたアプリを簡単に追加できるようにしました。We’ve made it easier for you to add apps that were recently blocked so you can keep using your device without turning off the feature altogether.

ブロックされたアプリは、最近ブロックされたアプリの一覧に表示されます。この一覧にアクセスするには、[ウイルスと脅威の防止] セクションを開き、[ランサムウェアの防止] 見出しの下にある [設定の管理] をクリックします。When an app is blocked, it will appear in a recently blocked apps list, which you can get to by opening the Virus & threat protection section, clicking Manage settings under the Ransomware protection heading. 次に、フォルダー アクセスの制御を通じてアプリを許可します。You can then allow apps through Controlled folder access. 指示に従って、[+] ボタンをクリックし、[最近ブロックされたアプリ] を選択します。After the prompt, click the plus button and choose Recently blocked apps. いずれかのアプリを選択して許可リストに追加します。Select any of the apps to add them to the allowed list. このページからアプリを参照することもできます。You can also browse for an app from this page as well.

フォルダー アクセスの制御

[デバイスのパフォーマンスと正常性] セクションに、Windows タイム サービスの新しい評価が追加されました。In the Device performance & health section, we added a new assessment for the Windows time service. デバイスの時間がタイム サーバーと正しく同期されておらず、時刻同期サービスが無効になっていることが検出された場合は、サービスをもう一度有効にするためのオプションが提供されます。If we detect that your device’s time is not properly synced with our time servers and the time-syncing service is disabled, we’ll provide the option for you to turn it back on.

インストールしたその他のセキュリティ アプリが Windows セキュリティ アプリに表示される方法に関して作業を継続する予定です。We’re continuing to work on how other security apps you’ve installed show up in the Windows Security app. アプリの [設定] セクションに [セキュリティ プロバイダー] という新しいページがあります。There’s a new page called Security providers that you can find in the Settings section of the app. [プロバイダーの管理] をクリックして、デバイスで実行されているその他すべてのセキュリティ プロバイダー (ウイルス対策、ファイアウォール、Web 保護を含む) の一覧を表示します。Click Manage providers to see a list of all the other security providers (including antivirus, firewall, and web protection) that are running on your device. ここでは、プロバイダーのアプリを簡単に開いたり、Windows セキュリティ アプリで報告された問題を解決する方法に関する詳細情報を取得したりできます。Here you can easily open the providers’ apps, or get more information on how to resolve any issue that they have reported to you through the Windows Security app.

セキュリティ プロバイダー

設定の機能強化Settings Improvements

皆様からのフィードバックで、設定がわかりにくいときがあるというご意見がありました。このため、Bing と連携して、皆様から特によく寄せられる質問を設定ページから直接参照できるよう取り組んでいます。We’ve heard your feedback that settings can be confusing sometimes, so we’re working with Bing to bubble up some of the most common questions we hear right into the Settings pages themselves. FAQ はコンテキスト依存で、構成タスクを完了するために探している回答をすばやく得ることを目的としています。The FAQ’s are contextual in nature and aim to you to quickly get the answer you’re looking for to complete configuration tasks. FAQ を読むことによって、知らなかったオプションを発見できることもあります。It may even help you discover something you didn’t know was an option! 質問をクリックすると、Bing.com で回答が表示されます。Clicking on these questions will take you to Bing.com to display the answer.

設定に関する FAQ

注意: FAQ は現在、英語ロケールのみでご利用いただけます。Note: The faqs are currently available in English locales only.

管理者以外のユーザーによるフォントのインストールFont installation for non-admin users

学校や職場で共有している PC で、自分のアカウントでは独自のフォントを使用したいと思っていたのに、フォントをインストールするために必要な管理者特権がなくてインストールできなかったことはありませんか? Have you ever wanted to use your own fonts from your account on a shared school or work PC, but couldn’t because you didn’t have the administrator privileges required to install the fonts? このような問題点をお寄せいただいたため、一部変更を行いました。Well, we’ve heard your frustration about this and have made some changes.

従来、Windows のフォントは常にすべてのユーザーを対象にインストールされていました。In the past, fonts in Windows have always been installed for all users. これはシステム全体の変更であるため、常に管理者特権が必要でした。Because that is a system-wide change, it always required admin privilege. また、ユーザー インターフェイスには、管理者のニーズが反映されていました。The need for an admin was reflected in the user interface. たとえば、エクスプローラーでフォント ファイルを含むフォルダーに移動し、そのファイルを右クリックしてコンテキスト メニューを表示した場合、[インストール] オプションはセキュリティ バッジと共に表示されます。これは、管理者が必要であることを意味します。For example, if you browse in File Explorer to a folder containing a font file and right-clicked on the file to bring up the context menu, then the “Install” option would appear with the security badge, which means that it requires an admin.

管理者特権のないユーザーがフォントをインストールしようとすると、管理者が変更を承認できるように、[ユーザー アカウント制御] ダイアログが表示されます。If you tried to install a font but didn’t have admin privileges, then you would be presented with a User Account Control dialog, so that an admin could approve the change. 管理者以外のユーザーが、フォントのインストール (またはアンインストール) を頻繁に行う必要がある場合は、非常に手間がかかることがあります。If you’re a non-admin user and often need to install (or uninstall) fonts, then that could be a big hassle.

Windows 10 1803 機能更新プログラムでは、Microsoft Store でフォントを入手できるようになりました。In the Windows 10 1803 feature update, we introduced fonts in the Microsoft Store. この機能を有効にするには、Windows の奥深い部分で変更を行う必要がありましたが、システム全体ではなく特定のユーザー用にフォントをインストールできるようになりました。To enable that capability, we needed to make changes deep in Windows to allow a font to be installed for a specific user rather than system-wide. このため、Microsoft Store で取得したフォントをインストールする際には、管理者による操作は必要ありません。That’s why no admin action is needed when fonts acquired in the Store are installed. この機能がさらに拡張され、他のソースから取得してインストールするフォント ファイルも対象になりました。Now we’ve extended this further to include font files that you obtain from other sources and want to install. エクスプローラーでフォント ファイルを右クリックすると、2 つのオプションが表示されます。Now when you right-click on a font file in File Explorer, you’ll see two options. [すべてのユーザーに対してインストール] では、従来のシステム全体を対象にしたインストール機能が提供され、管理者による操作が必要になります。これに追加された新しいオプションである [インストール] では、管理者以外のユーザーを含むすべてのユーザーが、独自の用途に適したフォントをインストールできます。Install for all users provides the past, system-wide install capability and requires an admin. But now there is another option: Install allows any user, including non-admin users, to install a font for their own use.

ユーザーごとのフォント

フォント ファイルは圧縮フォルダー (.zip ファイル) で提供されることが少なくありません。Often font files come within a compressed folder (that is, a .zip file). エクスプローラーで圧縮フォルダーの内容を表示している際には [インストール] コンテキスト メニュー オプションを使用できませんが、圧縮フォルダー内のフォント ファイルをダブルクリックするとフォント プレビュー ツールで開くことができ、このツール内で [インストール] ボタンを使用できます。The “Install” context-menu option isn’t available in File Explorer when you view the contents of a compressed folder, but you can double-click the font file within the compressed folder to open it in the font previewer, and that provides an “Install” button. 以前は、フォント プレビュー ツール内にあるこのボタンにはセキュリティ バッジがあり、インストールの対象はシステム全体で、管理者による操作が必要でした。現在は、このセキュリティ バッジがなくなり、フォント プレビュー ツールの [インストール] ボタンによるフォントのインストールは、単一ユーザーを対象として、管理者以外のユーザーが実行できるようになっています。In the past, the button in the font previewer had the security badge, and it would do a system-wide install, requiring an admin. Now the security badge is gone, and the “Install” button in the font previewer performs a single-user font install, which can be done by non-admins.

ユーザーごとのフォント

RSAT をオンデマンドで利用できるようになりましたRSAT is now available on demand!

RSAT をアップグレードするたびに、手動でダウンロードする必要がなくなりました。You no longer have to manually download RSAT every time you upgrade! [設定] の [オプション機能の管理] を開き、[機能の追加] をクリックするだけです。Just go to Manage optional features in Settings and click Add a feature. これで、すべての RSAT コンポーネントが一覧表示されます。You’ll now see all of the RSAT components listed. 目的のコンポーネントを選択すると、次に Windows をアップグレードする際に、他のオンデマンド機能 (音声リソースや OpenSSH など) の場合と同様、これらのコンポーネントがアップグレード後も維持されるように自動的に確認が行われます。Pick the ones you want, and the next time you upgrade Windows will automatically ensure that those components remain after the upgrade, just like any of our other on-demand features, like speech resources or OpenSSH.

RSAT

屋外でビデオが見やすくなりましたSee Your Videos Better Outside

非常に明るい環境でのビデオの表示機能を改善するために、新しい表示モードが用意されていますのでお試しください。There’s a new viewing mode for you to try out, designed to improve the visibility of your video when you are in a very bright environment. この機能では、デバイスの光センサーを使用して環境光が検出され、それに応じてビデオが自動的に調整されます。This feature uses the light sensor on your device to detect your ambient light, and automatically adjusts your video accordingly. この機能を有効にするには、[設定] > [アプリ] > [ビデオの再生] の順に移動し、[明るさに合わせてビデオを調整する] をオンにします。To turn it on, navigate to Settings > Apps > Video playback, and turn on Adjust video based on lighting.

ビデオの再生

次の Windows リリースに向けてこの機能を調整中ですので、ぜひご意見をお寄せください。We’d love feedback as we work to refine this feature for the next Windows release! フィードバックをお送りいただく際には、フィードバック Hub を使用して、[デバイスとドライバー] カテゴリの [ビデオの再生] サブカテゴリをお使いください。Please use the Feedback Hub and file feedback under Category: “Devices and Drivers”, Subcategory: “Video Playback”. [問題を再現する] をクリックすると、フィードバック対象となるビデオ再生のキャプチャを開始できます。Click Recreate my problem and start the capture of the video playback you would like to give feedback on!

注意: この機能を使用する場合は、デバイスに光センサーが必要です。Note: In order for this feature to work, your device must have a light sensor.

ディスプレイ設定の機能強化Display Settings Improvements

ディスプレイ設定で、新しい Windows HD Color ページをご利用いただけるようになりました。A new Windows HD Color page is now available under Display Settings! Windows HD Color に対応したデバイスでは、ハイ ダイナミック レンジ (HDR) のコンテンツ (写真、ビデオ、ゲーム、アプリなど) を表示できます。Windows HD Color-capable devices can show high dynamic range (HDR) content, including photos, videos, games, and apps. この機能は、お使いのディスプレイと PC によって異なります。This depends on your display and your PC. ディスプレイ設定にリンクされている [Windows HD Color 設定] ページでは、システムの HD Color 機能が報告され、対応システムで HD Color 機能を構成できるようになりました。The “Windows HD Color Settings” page linked in Display Settings now reports your system’s HD Color capabilities and allows HD Color features to be configured on capable systems. HD Color 設定ページでは、デバイスの設定の確認と構成をすべて行うことができます。HDR 対応のディスプレイを最近の PC に接続している場合は、お試しのうえ、フィードバックをお寄せください。The HD Color settings page is your one-stop shop to understand and configure your device’s settings – if you have an HDR-capable display connected to a recent PC, please give it a try and send us feedback!

HD Color 設定

外部 GPU の安全な取り外しエクスペリエンスExternal GPU safe removal experience

Thunderbolt 3 経由で接続されている外部 GPU の安全な取り外しエクスペリエンスが追加されました。We added a safe removal experience for external GPUs connected via Thunderbolt 3. 安全な取り外しエクスペリエンスを使用すると、どのアプリケーションが外部 GPU で実行されているかがわかるため、取り外す際のデータ損失を防ぎ、安全に取り外すことができます。The safe remove experience allows you to know which applications are running on an external GPU so that you can safely remove it and prevent data loss during detach.

外部グラフィックス カードを安全に取り外すには、[ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す] アイコンに移動し、クリックして GPU を取り出します。To safely remove an external graphics card, go to the Safely Remove Hardware and Eject Media icon and click to eject your GPU. 外部 GPU で実行されているアプリケーションがある場合は、その GPU で現在実行されているアプリケーションを示すダイアログが表示されます。If there are applications running on your external GPU, a dialog will appear with the applications that are currently running on the GPU. デバイスを安全に取り外すには、そのアプリケーションを閉じます。Close the applications to safely remove the device. GPU で現在実行中のアプリケーションがない場合、ダイアログは表示されず、GPU を安全に取り外すことができます。If there are no applications currently running on your GPU then no dialog will appear and you can safely detach your GPU.

[設定] に表示される Bluetooth バッテリー残量の割合Bluetooth battery percentage in settings

[設定] の [Bluetooth とその他のデバイス] ページでは、Bluetooth デバイスのバッテリー残量を確認できます。この機能をサポートする Bluetooth デバイスでは、PC とデバイスが接続されるたびに、バッテリー残量の割合が更新されます。In the Bluetooth & other devices page in Settings, you can check the battery level of your Bluetooth devices for Bluetooth devices that support this feature, in which case the battery percentage will update whenever your PC and the device are connected.

Bluetooth バッテリー

ローミングの使用状況 (データセンサー)Roaming Usage (Data Sense)

デバイスで SIM をお使いですか? Does your device have a SIM? データ使用状況の設定が更新され、ローミング中に使用されているデータの量を確認できるようになりました。We’ve updated Data Usage Settings to let you know how much data you are using while roaming! ローミング データの使用を開始すると、ローミング使用状況の情報が表示されます。The roaming usage info will appear once you start using roaming data. ローミングを完全に有効または無効にする場合は、[携帯ネットワーク設定] にオプションがあります。As a reminder, if you’d like to enable or disable roaming altogether, you can find the option under Cellular Settings.

データ センサー

Windows のモバイル ブロードバンド (LTE) 接続の刷新Mobile broadband (LTE) connectivity on Windows gets a makeover

Windows では、__NetAdapter__フレームワークによって 20 年ぶりにネットワーク スタックが刷新されます。Windows is transforming the networking stack after 20 years through the NetAdapter framework. このフレームワークでは、データ パスの高速化を実現する一方で、Windows ドライバー フレームワークを受け継ぎつつ、さらに信頼性を高めた新しいネットワーク ドライバー モデルが導入されています。This framework introduces a new, more reliable, network driver model that inherits from the Windows driver framework while bringing an accelerated data path.

モバイル ブロードバンド USB ネット アダプター ドライバーは、NetAdapter フレームワークに基づいて強化された新しい USB クラス ドライバーであり、Windows 10 Version 1809 の既定ドライバーです。The mobile broadband USB net adapter driver, a new and improved USB class driver based on the NetAdapter framework, is the default driver in Windows 10 version 1809.

お使いの PC でモバイル ブロードバンドがサポートされている (PC で接続に移動体通信ネットワークが使用されている) 場合にこれを試すには、次の手順を実行する必要があります。If your PC supports mobile broadband, i.e., your PC relies on cellular network for connectivity, and you want to try it out, here is what you need to do:

手順 1: PC で SIM カードおよび USB モデムがサポートされていることを確認します (内部 USB バスか、移動体通信ネットワーク接続用の USB ドングルを使用)。Step 1: Ensure your PC can support SIM cards and USB modems (either over the internal USB bus or using a USB dongle for cellular connectivity).

手順 2: Windows 10 RS5 ビルド 17655 以降をインストールし、携帯ネットワーク接続をセットアップします。Step 2: Install Windows 10 RS5, build 17655 or higher) and setup cellular connectivity.

手順 3: 既定のドライバーとして、Net Adapter をベースとした MBB の USB クラス ドライバーを選択します。Step 3: Choose the Net Adapter based MBB USB class driver as default driver.

  1. [デバイス マネージャー] に移動します Navigate to Device Manager. ([スタート] ボタンを右クリックすると表示できます)。(You can right-click on the Start button to get there.)
  2. [ネットワーク アダプター] -> [汎用モバイル ブロードバンド アダプター] または [xxxxx モバイル ブロードバンド アダプター] に移動します。Go to Network Adapters -> Generic Mobile Broadband Adapter or xxxxx Mobile Broadband Adapter.
  3. 右クリックして、[ドライバーの更新] -> [コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します] -> [コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します] -> [汎用モバイル ブロードバンド Cx NetAdapter] を選択し、[次へ] をクリックします。Right click and choose update driver -> Browse my computer for driver software -> Click on Let me pick from a list of available drivers on my computer -> Choose Generic Mobile Broadband Cx Net Adapter,then click Next.
  4. インストールが完了した後、新しいドライバーを有効にするには、再起動します。Once installed reboot for the new driver to take effect.
  5. 接続の状態が "接続済み" のままになっていることを確認します。Ensure the status of the connection remains “Connected”.

Net adapter の手順 Net adapter の手順 Net adapter の手順net adapter steps net adapter steps net adapter steps

注意: Net Adapter ドライバー(汎用モバイル ブロードバンド Cx NetAdapter) の使用に問題がある場合に既定のドライバー (xxxxx モバイル ブロードバンド アダプター) に戻るには、手順 4 の指示に従って操作します。Note: Follow the instructions in Step 4 to revert to the default driver(xxxxx Mobile Broadband Adapter), in case of issues with Net Adapter driver(Generic Mobile Broadband Cx Net Adapter).

手順 4: インターネットにアクセスするには、Wi-Fi をオフにして移動体通信ネットワークを使用してみてください。問題を報告してフィードバックを提供するには、PC でフィードバック Hub を使用し、カテゴリとサブカテゴリを [ネットワークとインターネット] -> [移動体通信ネットワークへの接続] に設定してください。Step 4: For Internet access, try using cellular network primarily by turning off Wi-Fi To report issues and give feedback, use Feedback Hub on your PC and set Category and subcategory as Network and Internet -> Connecting to a cellular network. 要約欄に [cxwmbclass] を指定してください。Use [cxwmbclass] in the summary.

サウンド設定の移行作業が継続Continuing our Sound Settings migration

設定エクスペリエンスの整備については、優先度の高い作業として継続的な取り組みが行われています。Consolidating our settings experiences is an ongoing priority for us. [サウンドの設定] を [設定] に移行する作業が Windows 10 April 2018 Update から開始されましたが、このリリースでは、次の部分についてお知らせすることができます。We started our work moving Sound settings to Settings with the Windows 10 April 2018 Update, and we’re happy to announce the next piece of that with this release. デバイスのプロパティが [設定] に統合されました。[サウンドの設定] でリンクをクリックすると、新しいページが開き、デバイスを指定して、好みの空間オーディオ形式を選択できます。Device properties has now been integrated into Settings – just click on the links in Sound Settings and you’ll find a new page where you can name your device and select your preferred spatial audio format.

サウンドの設定

ローカル エクスペリエンスの向上Improved local experience

[地域] ページが新しくなり、カレンダー、週の最初の曜日、日付、時刻、通貨など、地域に関する既定の形式設定を上書きできるようになりました。We have introduced a new Region page that allows overrides to default regional format settings such as Calendar, First day of the week, Dates, Times, and Currency. [設定] アプリで [時刻と言語]、[地域] の順に選択して、お試しください。Please go to Settings App – Time & Language – Region and give it a try.

ローカル エクスペリエンス

ローカル エクスペリエンス パックは、Windows 表示言語の品質向上を提供する Microsoft Store アプリです。Local Experience Packs are Microsoft Store apps that deliver Windows display language quality improvements. 設定アプリから、これらに簡単にアクセスできるようになりました。You can now access them easily via the Settings App. 設定アプリで、[時刻と言語]、[言語] の順に移動します。Please go to Settings App – Time & Language – Language. ここで [ローカル エクスペリエンス パックを使用して Windows 表示言語を追加する] リンクをクリックすると、Microsoft Store からローカル エクスペリエンス パックをダウンロードし、お好みの言語で Windows を楽しむことができます。Once here click on Add a Windows display language with Local Experience Packs link to download a Local Experience Pack from the Microsoft Store and start enjoying Windows in your preferred language.

ローカル エクスペリエンス パック

設定アプリでは、各言語でサポートされる機能を検出しやすくなりました。The Settings app provides improved discoverability of features supported for each language.

また、Windows のローカライズには、AI (人工知能) やニューラル ネットワーク ベースの ML (Machine Learning) の利用も開始されました。We have also started utilizing Artificial Intelligence (AI) and neural network-based Machine Learning (ML) for Windows localization. Microsoft では、ローカル エクスペリエンス パックを Microsoft Store から提供することで、ランゲージ コミュニティ アプリで皆様からフィードバックを受け取って ML の品質向上を図り、より適切な翻訳をより多くリリースすることができます。Having the Local Experience Packs in the Microsoft Store allows us to take advantage of ML improvements and user feedback via Language Community App to release better translations more frequently. これにより、全世界の Windows ユーザーのエクスペリエンスが着実に向上します。This will consistently improve the experience of our international customers with Windows.

[地域] ページが新しくなり、カレンダー、週の最初の曜日、日付、時刻、通貨など、地域に関する既定の形式設定を上書きできるようになりました。We have introduced a new Region page that allows overrides to default regional format settings such as Calendar, First day of the week, Dates, Times, and Currency.

[地域] ページ

ストレージ センサーが獲得した新しいスキルStorage Sense picks up a new skill

Microsoft では、Creators Update 以降、ディスク領域が不足している場合に記憶域を自動的にクリーンアップする機能に着手していました。Starting with the Creators Update we embarked on a journey to help you automatically clean up storage when low on disk space. Fall Creators Update では、この機能がさらに拡張されました (こちらこちらをご覧ください)。We expanded on that with the Fall Creators Update (here and here). また、ダウンロードしたファイル オンデマンドを特定の日数の間使用していない場合に、自動的にオンラインにする機能も追加されました。We also added the ability to automatically make any downloaded Files On-Demand online-only if you haven’t used them in a certain number of days. この新機能を試すには、[設定] > [システム] > [ストレージ] > [ストレージ センサー] を開きます。Head to Settings > System > Storage > Storage Sense to try out this new feature.

Windows アプリのアクセス許可Windows app permissions

完全なファイル システムにどの UWP アプリからアクセスできるかをユーザーが決定できるようになりました。You have more control so you can now decide which UWP apps can access your full file system. 特定の UWP アプリには、広範なファイル システム アクセスが可能なアクセス許可が付与されます。Particular UWP apps will be granted permission to have broad file system access. アクセス許可は、Microsoft によってアプリごとに付与されます。This capability will be granted on a per app basis by Microsoft. UWP アプリで、ファイル システムへの広範なアクセスが制限されている場合は、ダイアログが表示され、要求を受け入れるか拒否するかを選択するように求められます。If a UWP app has the broad file system access restricted capability, you will receive a consent dialog prompting you to accept or deny the request. この決定は、いつでも変更できます。[設定] > [プライバシー] を開くと、ファイル システムへのアクセスに関する設定ページが追加されています。If at any time you change your mind about the decision, you can go to Settings > Privacy where you’ll find a new Settings page for file system access. このページでは、アクセス許可をグローバルにオンまたはオフにすることができます。オンになっている場合は、アクセス許可を要求した各アプリに対して、アクセス許可をオンまたはオフにすることができます。On this page, you can turn access on or off globally, and if it’s on you can also turn it on or off for each app that has requested the capability. ファイル システムへの広範なアクセスが強化された UWP は、フォト、ビデオ、ドキュメントのプライバシー設定ページに表示されません。UWPs with broad file system access will not appear in the Photos, Videos, or Documents privacy settings pages. ファイル システムへの広範なアクセスを許可する場合、これにはフォト、ビデオ、ドキュメントも含まれます。If you grant broad file system access, this includes Photos, Videos and Documents.

設定に関するご質問Have a question about Settings?

皆様からのフィードバックで、設定がわかりにくいときがあるというご意見がありました。このため、Bing と連携して、皆様から特によく寄せられる質問を設定ページから直接参照できるよう取り組んでいます。We’ve heard your feedback that settings can be confusing sometimes, so we’re working with Bing to bubble up some of the most common questions we hear right into the Settings pages themselves. FAQ はコンテキスト依存で、構成タスクを完了するために探している回答をすばやく得ることを目的としています。The FAQ’s are contextual in nature and aim to you to quickly get the answer you’re looking for to complete configuration tasks. FAQ を読むことによって、知らなかったオプションを発見できることもあります。It may even help you discover something you didn’t know was an option! 質問をクリックすると、Bing.com で回答が表示されます。Clicking on these questions will take you to Bing.com to display the answer.

設定

簡単操作の機能強化Ease of access improvements

文字を大きくする: 皆様にフィードバックに基づいて復活した、システム全体で文字サイズを拡大する機能が、以前よりも強化されています。Make text bigger: We’ve heard your feedback and are excited to announce that the ability to increase text size across the system is back and better than ever! [設定] > [簡単操作] > [ディスプレイ] を開くと、[文字を大きくする] という新しい設定があります。このスライダーを使用すると、システム、win32 アプリ、UWP アプリのすべてについて、文字サイズを調整できます。When you go to Settings > Ease of Access > Display, you’ll find a new setting called “Make text bigger” – this slider will adjust text across the system, win32 apps, and UWP apps. つまり、システム全体のスケーリングを変更しなくても、スタート画面、エクスプローラー、設定などの文字を拡大できるようになっています。That means you can now make text bigger in Start, File Explorer, Settings, etc., without having to change the overall scaling of your system.

[簡単操作] のディスプレイ設定の [文字を大きくする] オプション

拡大鏡の機能強化Magnifier improvements

全画面表示モードでマウス カーソルを画面の中央に配置する方法を教えてほしいとのフィードバックが皆様から寄せられていましたが、Windows 10 October 2018 Update で、これが可能になりました。We’ve heard your feedback asking us for a way to keep your mouse centered on the screen in Full-Screen mode, in the Windows 10 October 2018 Update we’re making it happen! この新しいオプション ([設定] > [簡単操作] > [拡大鏡] > [マウス カーソルを固定する] > [画面の中央に表示]) を使用すると、特に拡大レベルが高いときに、カーソル位置を特定しやすく、マウスが使いやすくなります。This new option under Settings > Ease of Access > Magnifier > Keep the mouse cursor > Centered on the screen enables easier tracking and use of the mouse, especially helpful at higher magnification levels. さらに、[拡大レベルの変更] 設定に 5% と 10% を追加することで、拡大レベルの増減をより細かく制御できるようになりました。In addition, you now have more control over zoom level increments with the addition of 5% and 10% under the Change zoom level setting.

拡大鏡の設定、[マウス カーソルを固定する] の [画面の中央に表示] オプション

ナレーターの機能強化Narrator improvements

  • 信頼性: ナレーターの信頼性が向上しました。Reliability: We have made improvements in Narrator reliability.
  • ナレーター標準キーボードのレイアウト: ナレーターのキーボード レイアウトが新しくなり、スクリーン リーダー ユーザーが使い慣れている形の設計になりました。Narrator standard keyboard layout: Narrator now ships with a new keyboard layout that is designed to be more familiar to screen reader users.
  • スキャン モード: スキャン モードでの読み上げとナビゲーションが改善されました。Scan Mode: Reading and navigating while in Scan Mode has been improved. スキャン モードでのテキスト選択も改善されました。Selecting text in Scan Mode has also been improved.
  • スキャン モードでコントロールごとに停止: スキャン モードはナレーター機能の 1 つです。このモードでは、限られたキーを使用して画面上を移動できます。Stop on Controls in Scan Mode: Scan mode is a Narrator feature that lets you use just a few keys to move around your screen. Microsoft Edge ではスキャン モードが既定でオンになっていますが、CapsLock + Space キーを押すことでオンとオフを切り替えることができます。Scan mode is already on by default in Microsoft Edge and you can toggle it on and off by pressing Caps lock + Spacebar. スキャン モードでは、上方向キーと下方向キーを使って、ページ内のさまざまな部分を読むことができます。While you’re in scan mode, you can press the Up and Down arrow keys to read different parts of the page. スキャン モードで下方向キーを押すとインタラクティブな要素で停止するため、使いやすくなります。The press of a Down arrow in Scan Mode stops on interactive elements, so that they are easier to use. 複数のリンクが含まれる段落の読み上げなどは、この動作が役立つ例の 1 つです。An example of this behavior is reading a paragraph with multiple links. 下方向キーを押すと、リンクの箇所でナレーターが停止します。Narrator will stop on these links when you press the Down arrow.
  • スキャン モードでの選択コマンド: ナレーターのスキャン モードでは、Microsoft Edge、Word、Outlook、メール、およびほとんどのテキスト サーフェスでのコンテンツ選択がサポートされるようになりました。Selection commands in scan mode: Narrator’s scan mode now supports selecting content in Microsoft Edge, Word, Outlook, Mail, and most text surfaces. Shift キーを押しながら選択する標準的なコマンドを使用できるほか、Ctrl + A でドキュメント全体を選択できます。Standard shift- selection commands can be used as well as Control + A for the entire document. CapsLock + Shift + 下方向キーで、現在の選択内容が読み上げられます。Caps + Shift + Down Arrow will speak the current selection. 選択コマンドの完全な一覧については、CapsLock + F1 キーを押して、ナレーターの [コマンドの一覧を表示する] をご覧ください。For a full list of selection commands, you can refer to Narrator’s Show Commands List by pressing Caps + F1. 選択したコンテンツは、Ctrl + C キーを押してクリップボードにコピーできます。書式情報も保持されます。Once content is selected you can copy it to the clipboard by pressing Control + C. Formatting information will also be retained. ナレーターのスキャン モードで、Shift キーを押しながら選択するコマンドでコンテンツを選択できるほか、データのブロックを選択できるようになりました。これには、まずブロックの一方の端に移動して F9 キーを押し、ブロックのもう一方の端に移動して F10 キーを押します。Along with being able to select content in Narrator’s scan mode using Shift-selection commands, you can now also select a block of data by first moving to one end of the block and pressing F9, moving to the other end of the block and pressing F10. F10 を押した時点で、2 点間のすべての内容が選択されます。Once F10 is pressed the entire contents between the two points will be selected.
  • ナレーターのクイック スタート: ナレーターを起動すると、新しいクイック スタート チュートリアル エクスペリエンスが利用可能になります。Narrator QuickStart: When Narrator launches, a new QuickStart tutorial experience will be available. ナレーターのクイック スタートは、ナレーターの使用を速く開始するために役立ちます。The Narrator QuickStart will help you get up and running quickly with Narrator. クイック スタートでは、キーボードのキー、ナビゲーション、よく使用するコマンドなど、ナレーターの基本的な使い方がわかります。クイック スタートの最後には、ユーザー ガイドへのリンクがあり、ナレーターの学習を続けることができます。It teaches the basics of using Narrator, such as learning the keys on your keyboard, navigation, the most used commands etc. At the end of the QuickStart there is a link to the User Guide where you can continue learning about Narrator.
  • 点字: 点字ディスプレイでナレーター キーを使用する場合の点字コマンドの使用方法が改善されました。Braille: Improved use of Braille commands when using the Narrator key from the braille display.
  • ダイアログの自動読み上げ: ナレーターは、フォアグラウンドに戻ったダイアログ ボックスの内容を自動的に読み上げます。Automatic Dialog Reading: Narrator automatically reads the contents of a dialog box when brought to the foreground. ナレーターは、ダイアログのタイトル、ダイアログ内でフォーカスが置かれている要素、ダイアログの上部にある静的テキストを読み上げます。Narrator speaks the title of the dialog, the focused element within the dialog and the static text at the top of the dialog. たとえば、変更が保存されていない状態で Word 文書を閉じようとすると、ナレーターは "Microsoft Word" というタイトル、フォーカスが置かれている "[保存] ボタン"、ダイアログ ボックス内の静的テキストを読み上げます。For example, if you try to close a document in Word with unsaved changes, Narrator will speak the title “Microsoft Word,” the focus “Save button” and the static text within the dialog.
  • ナレーターによる検索: ナレーターの新しい検索機能を使用してテキストを検索できるようになりました。Narrator Find: You now have the ability to search for text using Narrator’s new Find feature. テキストが見つかると、ナレーターは見つかった項目に移動します。If the text is found Narrator will move to the found item.
  • オブジェクトの一覧: ナレーターは、アプリケーションまたはコンテンツに存在するリンク、見出し、またはランドマークの一覧を提示します。List of Objects: Narrator can present a list of links, headings or landmarks present in the application or content. また、この一覧またはウィンドウ内のテキスト フィールドに入力することで、結果をフィルター処理することもできます。You are also able to filter the results by typing in the list or the text field of the window.
  • キーボード コマンドの変更: カーソルをテキストの先頭に移動するキーストロークは ナレーター + B (以前はナレーター + Ctrl + B) になり、カーソルをテキストの末尾に移動するキーストロークは ナレーター + E (以前はナレーター+ Ctrl + E) になりました。Keyboard command changes: The keystroke to move the caret to the beginning of text is now Narrator + B (formerly Narrator + Control + B), to move the caret to end of text is now Narrator + E (was Narrator + Control + E).
  • 次に移動、前に移動、ビューの変更: ナレーターのビューを文字、単語、行、または段落に変更した場合、[Read Current Item] (現在の項目を読み上げ) コマンドを使用すると、そのビュー タイプのテキストをさらに確実に読み上げることができます。Move Next, Move Previous, and Change View: When changing Narrator’s view to characters, words, lines, or paragraphs the Read Current Item command will read the text of that specific view type more reliably.
  • フィードバックの提供: フィードバックを提供するためのキーストロークが変更されました。Providing Feedback: The keystroke to provide feedback has changed. 新しいキーストロークは ナレーター + Alt + F キーです。これは、標準レイアウトとレガシ レイアウトの両方で使用できます。The new keystroke is Narrator + Alt + F. This will work both in the standard and legacy layouts. 注意: レガシ レイアウトでは、ナレーター + E キーを使用してフィードバックを送信することもできます。Note: The legacy layout also allows you to use Narrator + E to send us feedback.

ナレーターの新しいキーボード レイアウトやその他の機能強化については、ナレーターのキーボード レイアウトに関するドキュメントをご覧ください。For more information about Narrator new keyboard layout and other improvements, refer to the new Narrator Keyboard Layout doc.

時刻の精度とトレーサビリティの向上Time accuracy and traceability improvements

  • うるう秒のサポート: Windows では、うるう秒で必要となる不定期な 1 秒間の調整を、UTC 準拠でトレース可能な手法によってサポートしています。Leap second support: Windows supports these occasional 1-second adjustments in a traceable and UTC-compliant manner. うるう秒について: What’s a leap second? 地球の回転が遅くなると、UTC (原子時目盛) は平均太陽時または天文時からずれてしまいます。As the earth’s rotation slows, UTC (an atomic timescale) diverges from mean solar time or astronomical time. UTC が最大 0.9 秒ずれると、UTC が平均太陽時との同期を維持できるように、うるう秒が挿入されます。Once UTC has diverged by at most .9 seconds, a leap second is inserted to keep UTC in-sync with mean solar time. うるう秒の挿入が 1972 年に開始されてから、うるう秒は一般的に 18 か月ごとに発生しています。Since the practice of inserting leap seconds began in 1972, a leap second has typically occurred every 18 months.

  • PTP (Precision Time Protocol): 最も高い精度が求められる環境では、より正確な時刻サンプルをエンドポイント (Windows Server 2019 または Windows 10、ホスト、または仮想マシン) に提供する新しい時刻プロトコルを利用することで、時刻の精度を向上させることができます。Precision Time Protocol: For the highest accuracy environments, you can improve your time accuracy by leveraging a new time protocol that delivers more accurate time samples to the endpoint (Windows Server 2019 or Windows 10, host or virtual machine).

  • ソフトウェア タイムスタンプ: Windows ネットワーク スタックによって発生したソフトウェアの遅延を排除することにより、ネットワーク時刻の精度をさらに高めることができるようになりました。Software Timestamping: You can now further improve your network time accuracy by eliminating the software delay introduced by the Windows networking stack.

これらの新機能の詳細については、「 Windows Server 2019 の上位10のネットワーク機能」を参照してください。正確なネットワーク時間を #10 してください。For more details about these new improvements, please see Top 10 Networking Features in Windows Server 2019: #10 Accurate Network Time.

カーネル デバッグの機能強化Kernel debugging improvements

KDNET に、IPv6 のサポートが追加されます。We are adding support for IPv6 to KDNET. IPv6 に必要な大きなヘッダーのためのスペースを確保するために、パケットのペイロード サイズが小さくなりました。To make room for the larger headers required for IPv6, we decreased the payload size of packets. このため、最新バージョンのデバッガーを実行しているホスト PC を使用して、IPv4 のみをサポートする対象 PC をデバッグできるように、新しいバージョンのプロトコルが公開されています。As a result, we’re declaring a new version of the protocol, so that host PCs running the latest version of the debugger can be used to debug target PCs that only support IPv4. WinDbg Preview のバージョンは、https://aka.ms/windbgpreview から入手できます。There is a version of WinDbg Preview available at https://aka.ms/windbgpreview. KDNET IPv6 のサポートとドキュメントの更新情報については、Debugging Tools for Windows ブログをチェックしてください。Follow the Debugging Tools for Windows blog for updates on KDNET IPv6 support and documentation.

プライバシーの機能強化Privacy Improvements

プライバシー エクスペリエンスを向上させるための新しい診断データ ビューアー機能New Diagnostic Data Viewer features to improve your Privacy Experience

Microsoft では、ユーザーのデータがユーザーに帰属することを認識しています。At Microsoft, we understand that your data is your data. このため Microsoft では、Windows によって収集される診断データの種類およびタイミングと、何を共有するかをユーザーが制御する方法について、完全な透過性を提供できるよう取り組んでいます。That’s why we are committed to providing full transparency on what diagnostic data Windows collects, when it is collected, and how you can control what you share. Microsoft では、皆様のプライバシーを重視し、Microsoft の製品に信頼を寄せていただけるよう努めています。We care about your privacy and helping you build trust and confidence in our products.

まず、2018 年のデータ プライバシーの日に、Windows 診断データ ビューアーを発表しました。We first introduced the Windows Diagnostic Data Viewer on Data Privacy Day in 2018. Windows 診断データ ビューアーでは、Windows デバイスについてどのような診断データが収集されるかを正確に把握できます。The Windows Diagnostic Data Viewer helps you understand exactly what diagnostic data is received from your Windows device. このツールは Microsoft Store から誰でも利用でき、診断データについて完全な透明性を提供します。Available to anyone through the Microsoft Store, the tool provides you full transparency when it comes to diagnostic data.

このビューアーでは、さまざまなカテゴリの診断データを表示できます。これには次のような内容が含まれます。Through the viewer, you can see the different categories of diagnostic data which includes:

  • デバイスの接続と構成 (デバイスのプロパティ、基本設定、設定、ネットワーク情報など)Device Connectivity and Configuration such as device properties, preferences, settings, and network information
  • 製品とサービス パフォーマンス: デバイスの正常性、パフォーマンス、信頼性、デバイス ファイル クエリなど (ユーザーの行動パターンや習慣を記録する意図はありません)Product and Service Performance such as device health, performance and reliability, and device file queries (this is not meant to capture user patterns or habits)
  • 閲覧履歴: 頻繁にアクセスしたサイトなどBrowsing History such as frequently visited sites
  • 製品とサービスの使用状況データ: 使用したアプリケーションやサービスなどProduct and Service Usage data like applications and services used
  • ソフトウェアのセットアップとインベントリ: インストールされたアプリやデバイスの更新情報などSoftware Setup and Inventory such as installed apps and device update information.

これらの各カテゴリは、パフォーマンスの問題を診断し、デバイスが安全であることを確認するために重要です。Each of these categories are important so that we can diagnose performance issues and ensure your device is secure. このビューアーでは、どのようなデータが収集されるかが正確にわかり、お使いのデバイスで何が行われているかを把握できます。The viewer provides you full insights into exactly what we collect so that you are aware of what’s happening on your device. このツールを使用すると、キーワードによる検索、カテゴリによるデータのフィルター処理、データを別のファイルにエクスポートする操作のほか、ツールや特定のデータ ポイントに関するフィードバックの提供も行うことができます。Through this tool, you can do things like search by keyword, filter data by category, export the data to a separate file, and provide feedback about the tool or a specific data point.

診断データ

診断データ ビューアーの新機能: Microsoft に送信済みまたは送信予定の問題レポートをユーザーが直接確認できるようになりました。New to the Diagnostic Data Viewer: We are excited to say that users can now directly view Problem Reports that have or will be sent to Microsoft. 問題レポートの情報は、Windows のエクスペリエンス向上のために、デバイスのクラッシュやその他の中断が生じた状況を Microsoft 側で特定するために役立てられます。Problem Reports help us identify crashes and other disruptions on your device so that we can improve your Windows experience. 診断データ ビューアーでは、収集された各レポートに関する詳細情報 (送信された日時や、レポート作成の原因となったアプリケーションやコンポーネントなど) をユーザーが確認できます。On the Diagnostic Data Viewer, users can view specific details about each report collected such as when it was sent and what application or component caused the report to be created.

診断データ ビューアー

問題レポートを表示する機能と共に、診断データ ビューアーには UI に対する新しい変更も含まれています。Along with the ability to see Problem Reports, the Diagnostic Data Viewer comes with new changes to the UI as well. たとえば、データ ポイントをカテゴリ別に表示するためのフィルター機能は検索バーのすぐ右側に表示され、データのエクスポート機能はツールの右上に表示されるようになりました。For example, the filter feature to view data points by category is now directly to the right of the search bar, and the export data feature now exists at the top right of the tool.

マイクへのアクセスMicrophone access

プライバシー設定でマイクへのアクセスが無効になっている場合は、必要に応じて設定を確認できるように、マイクの使用を初めて試行すると通知が表示されるようになりました。If access to the microphone has been disabled in your privacy settings, we’ll now pop a notification the first time an attempt to use the microphone is blocked so you can review the settings if desired.

マイクのプライバシー設定に関するトースト通知

セットアップ エクスペリエンスでのプライバシー設定のレイアウトPrivacy settings layout in the set-up experience

プライバシー設定のセットアップ エクスペリエンスの変更: この新しいデザインでは、プライバシー関連に絞った選択を 1 つの画面で行えるように、必要な情報が表示されます。また、2 つの新しい設定として [手描き入力とタイプ入力] および [デバイスの検索] が追加されています。Changes to the set up experience for privacy settings This new design conveys focused information to help our customers make focused choices about their privacy and offers two new settings for inking & typing, and find my device.

更新エクスペリエンスUpdate experience

皆様はこれまでに、デバイスの更新が不適切なタイミングで実行されてしまったため、作業を中断したり、コンピューターの起動を待たなければならない、という経験はありませんでしたか? Have you ever had to stop what you were doing, or wait for your computer to boot up because the device updated at the wrong time? このようなトラブルを軽減するために、再起動ロジックが更新され、プロアクティブで適応性に優れた新しいシステムが採用されました。To alleviate this pain, we’ve updated our reboot logic to use a new system that is more adaptive and proactive. 予測モデルのトレーニングにより、デバイスの再起動に最適な時刻を正確に予測できるようになりました。We trained a predictive model that can accurately predict the best time to restart a device. 再起動の前にデバイスが使用中かどうかの確認にとどまらず、(コーヒーを入れるなどの用事で) デバイスを短時間離れただけかどうかについても予測が試行されます。We check to see if you are using your device before we restart and we also try to predict if you just left the device to grab a cup of coffee.

このモデルの精度は?How accurate is this model?

このモデルは社内デバイスで使用しており、ロールアウト時に有望な結果が出ています。We use this model on internal devices, and we see promising results upon rollout. このモデルは、アーキテクチャの性質上、パフォーマンスの分析に基づいて更新できます。Due to the nature of its architecture, we’re able to update the model based on our insights from its performance. すべて、クラウド インフラストラクチャの恩恵に他なりません。It’s all thanks to our cloud infrastructure.

フィードバックを送信するには?How do you give us feedback?

デバイスが好ましくないタイミングで再起動された場合は、フィードバック Hub にバグを登録して、エクスペリエンスの詳細をお知らせください If you find your device restarting at the wrong time, please file a bug in the feedback hub with the details on your experience. (例: "コーヒーを入れに 5 分ほど席を離れている間に、更新が実行されていた")。(i.e. I went to grab a cup of coffee for 5 minutes and it updated!). 皆様からお話を伺い、更新モデルのトレーニングに反映させていただきます。We would love to hear your stories and take it into account when training our update model.

Windows コンテナーの機能強化Windows Container Improvements

新しい Windows イメージ: Windows Server コンテナー コレクションに、新しい基本イメージが追加されています。New Windows Image: We’re adding a new base image to the Windows Server container collection. コンテナー イメージ nanoserver および windowsservercore に加えて、新しい Windows イメージも使用できるようになりました。In addition to nanoserver and windowsservercore container images, the new windows image is now available. このイメージには、nanoserver および servercore の兄弟と比べて、さらに多くのコンポーネントが含まれており、API 依存関係が多いアプリケーションをサポートできます。This image carries even more components than its nanoserver and servercore siblings, meaning it can support applications that have additional API dependencies. 詳しい情報と開始方法については、 https://aka.ms/windowscontainer をご覧ください。Go to https://aka.ms/windowscontainer to learn more and get started. Windows コンテナー

グループ管理サービス アカウントの信頼性: グループ管理サービス アカウント (gMSA) を使用してネットワーク リソースにアクセスするコンテナーの拡張性と信頼性が向上しています。Group managed service account reliability: We’ve improved the scalability and reliability of containers that use group managed service accounts (gMSA) to access network resources. 複数のコンテナー インスタンスで単一の gMSA を使用すると、認証エラーが少ないことがわかります。You should see fewer authentication errors when using a single gMSA with multiple container instances. また、コンテナーのホスト名を gMSA と同じに設定する必要がなくなりました。Additionally, you no longer need to set the container hostname to be the same as the gMSA. さらに、Hyper-V 分離コンテナーと共に gMSA を使用できないバグが修正されました。We also fixed a bug that prevented you from using gMSAs with Hyper-V isolated containers.

開発者向け情報For Developers

新機能が多すぎて、ここではご紹介できません。We have too many new features to list here. 詳しくは、こちらをご覧ください。Go here to read all about it.

アプリに関する主な更新Notable App Updates

切り取り & スケッチSnip & Sketch

画面に表示された内容をそのままキャプチャしてコメントを付けるには、新しい切り取りエクスペリエンスが役に立ちます。The new snipping experience is here to help you capture and annotate what you see on your screen.

画面スケッチ

最初は Windows Ink ワークスペースの一部として発表された "切り取り & スケッチ" アプリには、さまざまな利点があります。以下に一部をご紹介します。Originally introduced as part of the Windows Ink Workspace, the Snip & Sketch app comes with a variety of benefits, including:

  1. Microsoft Store で更新できます。It can be updated via the Microsoft Store
  2. Alt + Tab キーを押して表示されるアプリの一覧に含まれます。It can be found in the app list when you press Alt + tab
  3. ウィンドウのサイズを好みに合わせて設定できます。You can set the window size to your preference
  4. 複数のウィンドウがサポートされます。It supports multiple windows

WIN + Shift + S キーを押すと、切り取りツール バーが表示されます。四角形、自由形式の図形、または全画面を切り取ると、何もしなくてもクリップボードにコピーされます。WIN + Shift + S will bring up a snipping toolbar – snip a rectangle, something a bit more freeform, or full screen and it will go straight to your clipboard. 領域を切り取った直後には、表示された通知から切り取り & スケッチに移動して、コメントを付けたり共有したりできます。Immediately after taking a snip you’ll also get a notification that will take you and your snip to the Snip & Sketch app where you can annotate and share away!

画面スケッチ

また、さまざまな入力形式に対応する追加の入力オプションも追加されています。We also added additional entry options for different input modalities:

  • ペンのテール ボタンをクリックするJust click the pen tail button. ペンをお使いであれば、[ペンと Windows Ink] の設定をご覧ください。画面切り取りが [シングルクリック] のオプションに含まれていることがわかります。If you have a pen, go into Pen & Windows Ink Settings – you’ll find screen snipping is now an option for single click. このオプションでは、直ちに切り取りエクスペリエンスが起動します。This will launch you directly into our snipping experience:

ペンの設定

  • Print Screen キーを押すPress Print Screen. [PrintScreen キーを使用して画面の領域の切り取りを起動する] という新しいオプションがあります。You’ll see a new option that says Use the Print Screen key to launch screen snipping. [設定] を開いて「PrintScreen」を検索すると、適切なページが見つかります。Opening Settings and searching for print screen will take you to the right page.

  • アクション センターのクイック アクション ボタンを押すPress the quick action button in Action Center. アップグレード後に [画面領域切り取り] という名前で表示されます。表示されていない場合は、[通知とアクション] の設定で、いつでも有効にできます。Called Screen snip – it should be there as soon as you upgrade, but if not you can always enable it via Notifications & Actions Settings.

メモ帳の機能強化Notepad Improvements

延長行のサポート: メモ帳では、Windows の行末 (CRLF) に加えて、Unix/Linux の行末 (LF) と Macintosh の行末 (CR) もサポートされるようになりました。Extended line endings support: In addition to Windows line endings (CRLF), Notepad now supports Unix/Linux line endings (LF) and Macintosh line endings (CR).

検索と置換の折り返しの: [検索] ダイアログに、折り返しありの検索と置換のオプションが追加されました。Wrap-around find and replace: We added the option to do wrap-around find and replace to the find dialog. メモ帳では、以前に入力した値とチェック ボックスの状態が記憶され、次に [検索] ダイアログを開くと同じ値および状態が自動的に引き継がれます。Notepad will remember previously entered values and the state of check boxes, and will automatically populate them the next time you open the find dialog. さらに、テキストを選択して [検索] ダイアログを開くと、選択したテキストが [検索] フィールドに自動的に入力されます。Additionally, when you have text selected and open the find dialog we will automatically populate the search field with the selected text.

折り返しありの検索と置換

テキストの拡大/縮小: [表示] > [ズーム] に、表示倍率を変更するための新しいメニューオプションが追加されました。また、現在の表示倍率がステータス バーに表示されます。Text zooming: We added a new menu option under View > Zoom to change the zoom level, and we display the current zoom level in the status bar. また、Ctrl + 正符号 (+) キー、Ctrl + 負符号 (-) キー、Ctrl + マウスホイールを使用して拡大/縮小でき、Ctrl + 0 キーで表示倍率を既定値に戻すことができます。You can also use Ctrl + Plus, Ctrl + Minus and Ctrl + MouseWheel to zoom in and out and use Ctrl + 0 to restore the zoom level to the default.

テキストの拡大/縮小

右端での折り返しが指定された場合の行数: メモ帳では、右端での折り返しが有効になっているときに、行番号と列番号を表示できます。また、ステータス バーが既定で表示されます。Line numbers with word-wrap: Notepad can display line and column numbers when word-wrap is enabled, and we’ve made the status bar visible by default. ステータス バーは [表示] メニューで無効にできます。You can still turn the status bar off in the View menu.

右端での折り返し

Bing による検索: この機能を使用するには、メモ帳で単語や語句を選択し、次の方法を使用して Bing で検索します。Search with Bing:To use, highlight a word or phrase in Notepad and you can search Bing using the following methods:

  • テキストを選択し、右クリックしてコンテキスト メニューから [Bing で検索] を選択します。Select text and choose Search with Bing via the right-click (context) menu.
  • [編集] メニュー ->[Bing で検索] を選択します。Edit menu ->Search with Bing…
  • CTRL + B キーを使用します。CTRL + B.

メモ帳での Bing 検索

Skype for Windows 10 の機能強化Skype for Windows 10 Improvements

この新しい Skype for Windows 10 更新プログラムでは、最新の Skype 機能がすべて Windows 10 ユーザーに提供されます。This new Skype for Windows 10 update brings all of the latest Skype capabilities to Windows 10 users.

以下は、新機能の一部です。Here’s a sample of what’s new:

  • クラス最高の通話エクスペリエンス: Skype の通話エクスペリエンスをさらに強化するために、新しい通話機能が追加されています。Best in class calling experience- We’ve added several new calling features to make Skype’s calling experience even better than before.
  • 柔軟なグループ通話キャンバス: グループ通話エクスペリエンスをカスタマイズして、メインの通話キャンバスに表示されるユーザーを決めることができます。Flexible group call canvas – Customize your group call experience and decide who appears in the main call canvas.通話キャンバスとオーバーフロー リボンの間で連絡先をドラッグ アンド ドロップするだけで、フォーカスしたいユーザーを選択できます。  Simply drag and drop people between the call canvas and the overflow ribbon to select who you want to focus on.
  • スナップショット: 通話中の重要な瞬間に、スナップショット撮影で画像をキャプチャできます。Take snapshots – Use snapshots to capture images of important moments within a call. スナップショットを使用すると、お孫さんの微笑ましいしぐさなどの大切な思い出や、会議中に画面共有されたるコンテンツなどの重要な情報を、忘れないように記録できます。Snapshots makes sure you never forget important memories like your grandkid’s funny antics or crucial information like the content that’s been screenshared during a meeting.
  • 画面共有を簡単に開始: 通話中に画面を共有する操作が、従来よりさらに簡単になりました。Easily start screensharing – We’ve made sharing your screen during calls even easier. 画面を共有する機能は、トップ レベルの通話コントロールから見つけることができます。Look for the ability to share your screen with the top level call controls.
  • 新しいレイアウト: 皆様からのフィードバックを反映して、連絡先へのアクセスと表示の操作が簡単になりました。New layout – Based on your feedback, we’ve made your contacts easier to access and view
  • カスタマイズ可能なテーマ:  アプリケーション設定から、Skype クライアントの色とテーマを選択できます。Customizable themes – Choose a color and theme for your Skype client through your application settings.
  • その他、メディア ギャラリー、通知パネル、@メンション エクスペリエンスなど、多数の機能が強化されました。And much more – Improvements to our media gallery, notifications panel, @mentions experience and more!

この更新プログラムを適用すると、最新の機能強化に加え、Microsoft Store からの更新により Skype for Windows 10 エクスペリエンスへの機能強化を今後さらに高い頻度で行うことができます。In addition to all the latest enhancements, with this update you can expect more frequent improvements to your Skype for Windows 10 experiences going forward via updates from the Microsoft Store.

Windows 電卓Windows Calculator

Windows 電卓では、完全平方 (他の整数の平方である整数) の平方根を正しく計算できるようになりました。Windows Calculator now correctly calculates square roots for perfect squares (integers that are squares of other integers). 電卓アプリで使用される任意精度算術ライブラリにより、平方根の計算は、指数法則の関数を使用して計算される近似値になります。Because of the arbitrary precision arithmetic library used by the Calculator app, the square root calculation is an approximation calculated using the Exponential Identity function.

以前は、4 の平方根を計算すると、計算結果が 1.99999999999999999989317180305609 となり、2 に丸めて表示されていました。これは、丸めを正しく行うために十分な桁数が計算されていたためです。Previously, when you would calculate the square root of 4, the result would be 1.99999999999999999989317180305609 which would be rounded to 2 when displayed, because we calculated enough digits to do the rounding correctly. ところが、ここから 2 を引くと、残りの数字が表示されます。However, as soon as you subtract 2, you would see the remaining digits.

今回の更新以降は、平方根の計算で完全平方が認識され、4 の平方根に対して正しく 2 が返されるようになります。After this update, the square root calculation now recognizes perfect squares and correctly returns exactly 2 for the square root of 4.

Microsoft Font Maker アプリMicrosoft Font Maker app

Microsoft Font Makerアプリでは、ペンを使用して、ご自身の手書きのニュアンスに基づいてカスタムフォントを作成できます。現在、Microsoft Store から入手できます。ぜひフィードバックをお寄せください。With the Microsoft Font Maker app you can use your pen to create a custom font based on the nuances of your own handwriting – currently available via the Microsoft Store and we’d love to hear your feedback! 作成したフォントをインストールして、あらゆるものに自分らしさを加えましょう。Install the fonts you create to add a personal touch to everything you do!

Font Maker

タスク マネージャーの機能強化Task Manager Improvements

タスク マネージャーのメモリ レポート機能の強化: 中断された UWP アプリ/プロセスで使用されていたメモリ量がタスク マネージャーでどのように表示されるかについて、多少の変更が行われました。Task Manager Memory Reporting Improvements: We are making a small change in how memory used by suspended UWP apps/processes appears in Task Manager. 今後、タスク マネージャーの [プロセス] タブのメイン メモリ列には、中断された UWP プロセスで使用されていたメモリ量は含まれません。Going forward, the main memory column in Task Manager “Processes” tab will not include memory used by suspended UWP processes. これは、中断された UWP プロセスで使用されていたメモリ量を必要に応じて OS が再利用できるという OS の動作をより正確に反映しています。This is to more accurately reflect the OS behavior in which the OS can reclaim memory used by suspended UWP processes if needed. つまり、いくつかの UWP プロセスがバックグラウンドで中断された場合、OS は必要に応じて、これらの中断された UWP プロセスからメモリを解放し、より多くのメモリを必要とするプロセスに使用できます。This means that if you have several UWP processes suspended in the background, the OS can take back memory from these suspended UWP processes if needed and use it for something that requires more memory. 必要に応じて比較できるように、[詳細] タブには新旧両方のメモリ列があります。New and old memory columns will be available in “Details” tab for you to do comparisons if you want. 消費電力に関する新しい列: タスク マネージャーでは、システムで実行中のプロセスによる電力消費の影響を示すために、[プロセス] タブに 2 つの新しい列が追加されました。New Power Usage Columns: Task Manager now includes 2 new columns in the “Processes” tab to show energy impact of the running process on their system. これにより、どのアプリやサービスによる電力消費が多く、どのアプリやサービスによる電力消費が少ないかを把握できます。This should help our customers to understand which apps/services are using the maximum power vs. the least power-hungry apps. このメトリックでは、消費電力を計算するときに、CPU、GPU、ディスクの評価が行されます。The metric takes CPU, GPU & Disk into evaluation when calculating power usage.

  • 電力消費: この列には、電力を使用しているアプリやサービスの瞬間値が表示されます。Power usage: This column will provide an instantaneous view of apps/services using power.
  • 電源の使用率の傾向: この列には、実行中の各アプリやサービスについて、2 分間を越える電力消費の傾向が表示されます。Power usage trend: This column provides a power usage trend over 2 mins for each running apps/services. この列は、アプリの起動時は空白ですが、2 分ごとに電力使用量に基づいた値が表示されます。This column will be blank when you start an app but will populate based on the power usage every 2 mins.

タスク マネージャー

レジストリ エディターの機能強化Registry Editor Improvements

regedit アドレス バーに入力するときに、パスの次の部分が思い出せそうで思い出せなかったことはありませんか?Have you ever been typing into the regedit address bar, and the next part of the path is just on the tip of your tongue, but you can’t remember? 今回のビルド以降は、入力を始めると、パスの次の部分を補完するためのドロップダウンが表示されるようになります。Starting with today’s build, you’ll now see a dropdown as you type to help complete the next part of the path! また、Ctrl + BackSpace キーを押すことで直前の "単語" を削除することもできます (Ctrl + Delete キーで次の単語を削除できます)。これにより、作業がずっと速くなります。Oh, and you can also press Ctrl + Backspace to delete the last “word”, which makes backing up work that much faster (Ctrl + Delete will delete the next word).

レジストリ エディター