Windows 10 バージョン1909の新機能What's new in Windows 10, version 1909

Windows 10 の次の機能更新プログラム (Windows Insider プログラムでは、19H2) は、パフォーマンスの改善、エンタープライズ機能、および品質強化のための範囲指定された機能セットです。The next feature update for Windows 10 (known in the Windows Insider Program as 19H2) will be a scoped set of features for select performance improvements, enterprise features, and quality enhancements. このような更新を無停止で配信するために、この機能更新プログラムは、新しいリリースへの更新を選択する2019年5月の更新プログラムを実行しているお客様のために、新しい方法で提供されます。To deliver these updates in a less disruptive fashion, we will deliver this feature update in a new way, using servicing technology (like the monthly update process) for customers running the May 2019 Update who choose to update to the new release. この機能更新プログラムのリリース方法の詳細については、John ケーブルのブログ投稿をご覧ください。For more details on how we will be releasing this feature update–please read this blog post from John Cable. 19H2 が正式にリリースされると、"バージョン 1909" と呼ばれます。When 19H2 is officially released, it will be referred to as “version 1909.”

この更新プログラムの一部として、次の新機能が導入されています。The following new features are being introduced as part of this update.

  • この更新プログラムは、お客様が標準の ConfigMan/WSUS のアプローチに沿って Insider Preview ビルドを展開して管理できるように、WSUS に公開されます。This update will be published to WSUS so that customers can deploy and manage Insider Preview builds alongside their standard ConfigMan/WSUS approach. 詳細については、このブログの投稿を参照してください。See this blog post for details.

  • Windows Insider Program for Business (WIP4Biz) をサポートしており、ブロックの問題が発生し、機能の評価やデバイスの使用が禁止されていることがあります。We are offering pre-release support for 19H2 offered to Windows Insider Program for Business (WIP4Biz) customers who face blocking issues that prevent them from feature evaluation or device use. 詳しくは、この記事をご覧ください。See this article for details.

  • Windows コンテナーでは、host と container のバージョンが一致している必要があります。Windows containers require matched host and container version. これにより、ユーザーは、Windows コンテナーが混在バージョンのコンテナーの pod シナリオをサポートするように制限されます。この更新プログラムには、この問題に対処するための5つの修正プログラムが含まれています。この更新プログラムには、ホストが上位レベルのコンテナーを、プロセス (Argon) 分離で実行できます。This restricts customers and limits Windows containers from supporting mixed-version container pod scenarios This update includes 5 fixes to address this and allow the host to run down-level containers on up-level for process (Argon) isolation.

  • Oem が、OS による一般的なハードウェア構成で選択された待機時間ではなく、デバイスのハードウェア機能に基づいてインクの待機時間を短縮することを可能にする修正プログラム。A fix to allow OEMs to reduce the inking latency based on the hardware capabilities of their devices rather than being stuck with latency selected on typical hardware configuration by the OS.

  • キーのローリングまたはキーの回転機能により、MDM で管理されている AAD デバイスで、Microsoft Intune/MDM ツールからの回復パスワードを安全にローリングすることができます。または、回復パスワードを使用して、BitLocker で保護されたドライブのロックを解除します。Key-rolling or Key-rotation feature enables secure rolling of Recovery passwords on MDM managed AAD devices upon on demand request from Microsoft Intune/MDM tools or upon every time recovery password is used to unlock the BitLocker protected drive. この機能は、ユーザーによる手動の BitLocker ドライブのロック解除の一環として、誤って回復するパスワードの漏えいを防ぐのに役立ちます。This feature will help prevent accidental recovery password disclosure as part of manual BitLocker drive unlock by users.

  • ロック画面の上にあるサードパーティのデジタルアシスタントによるボイスアクティベーションを有効にするための変更。A change to enable third-party digital assistants to voice activate above the Lock screen.

  • タスクバーの予定表のポップアップから簡単にイベントを作成できるようになりました。You can now quickly create an event straight from the Calendar flyout on the Taskbar. タスクバーの右下隅にある日付と時刻を選択して、予定表のポップアップを開き、目的の日付を選び、テキストボックス内で入力を開始すると、時間と場所を設定するためのインラインオプションが表示されます。Just select the date and time at the lower right corner of the Taskbar to open the Calendar flyout and pick your desired date and start typing in the text box–you’ll now see inline options to set a time and location.

タスクバーの予定表ポップアップからイベントを作成する

  • [スタート] メニューのナビゲーションウィンドウは、マウスでポイントしたときに展開されるようになり、クリックした場所に移動しやすくなりました。The navigation pane on the Start menu now expands when you hover over it with your mouse to better inform where clicking goes.

  • これらの設定をよりわかりやすく理解できるようにするために、アプリに関する通知を調整するときに、"バナー" と "アクションセンター" によってどのように表示されるかを示すわかりやすい画像を追加しました。We have added friendly images to show what is meant by “banner” and “Action Center” when adjusting the notifications on apps in order to make these settings more approachable and understandable.

アプリの通知を調整するときのバナーとアクションセンターを示す画像

  • [設定 > システム > 通知] の [通知] 設定では、既定では、送信者の名前ではなく、最近表示した通知によって通知の送信者が並べ替えられます。Notifications settings under Settings > System > Notifications will now default to sorting notification senders by most recently shown notification, rather than sender name. これにより、最近の送信者をより簡単に見つけて構成することができます。This makes it easier to find and configure frequent and recent senders. 通知が表示されたときのサウンドの再生をオフにする設定も追加されています。We have also added a setting to turn off playing sound when notifications appear.

  • ここでは、通知に含まれるアプリ/web サイトからの通知を設定してオフにするためのオプションを、バナーとアクションセンターの両方で表示します。We now show the options to configure and turn off notifications from an app/website right on the notification, both as a banner and in Action Center.

  • アクションセンターの上部に [通知の管理] ボタンが追加されました。これは、メインの "通知 & アクション" の設定ページを起動します。We have added a “Manage notifications” button to the top of Action Center that launches the main “Notifications & actions” Settings page.

  • 新しい Intel プロセッサ向けのデバッグ機能が追加されました。We have added additional debugging capabilities for newer Intel processors. これは、ハードウェアの製造元にのみ関連します。This is only relevant for hardware manufacturers.

  • 一部のプロセッサーを搭載した Pc で、バッテリー寿命と電源効率の向上を実現しました。We have made general battery life and power efficiency improvements for PCs with certain processors.

  • CPU には、複数の "優先" コアが含まれている場合があります (利用可能な最も高いスケジューリングクラスの論理プロセッサ)。A CPU may have multiple “favored” cores (logical processors of the highest available scheduling class). パフォーマンスと信頼性を向上させるために、ここでは、これらの優先コア間で作業をより公平に分散するローテーションポリシーを実装しています。To provide better performance and reliability, we have implemented a rotation policy that distributes work more fairly among these favored cores.

  • 組織内の ARM64 デバイスを展開する企業の資格情報の盗難を防止するために、Windows Defender Credential Guard for ARM64 devices を有効にしました。We have enabled Windows Defender Credential Guard for ARM64 devices for additional protection against credential theft for enterprises deploying ARM64 devices in their organizations.

  • Microsoft Intune から従来の Win32 (デスクトップ) アプリを利用できるように、Windows 10 の S モードポリシーを企業が補う機能を有効にしました。We have enabled the ability for enterprises to supplement the Windows 10 in S Mode policy to allow traditional Win32 (desktop) apps from Microsoft Intune.

  • Windows Search を使って、ファイルエクスプローラーの検索ボックスを更新しています。We’re updating the search box in File Explorer to now be powered by Windows Search. この変更により、OneDrive のコンテンツを、従来のインデックスされた結果とオンラインで統合することができます。This change will help integrate your OneDrive content online with the traditional indexed results. 詳細はこちらをご覧ください。More details here.

  • ナレーターやその他の支援技術の機能を追加して、キーボード上の FN キーがある場所とその状態 (ロックされているかどうか) を確認できます。We have added the ability for Narrator and other assistive technologies to read and learn where the FN key is located on keyboards and what state it is in (locked versus unlocked).