大規模展開のサポートSupport for larger deployments

Windows Server 2016 Essentials の適用対象:Applies To: Windows Server 2016 Essentials

重要

Essentials Experience 役割が有効になっている、および Windows Server 2016 Essentials SKU ではなく、このトピックで説明する機能は Windows Server 2016 上でのみ動作します。The features described in this topic only work on Windows Server 2016 with the Essentials Experience role enabled, and not with the Windows Server 2016 Essentials SKU.

Windows Server Essentials には、大規模な展開で今すぐサポートしています。Windows Server Essentials now supports larger deployments with:

  • 複数のドメインmultiple domains
  • 複数のドメイン コントローラーmultiple domain controllers
  • 指定されたドメイン コントローラーを指定する機能ability to specify a designated domain controller
  • 最大 500 のユーザーとデバイスの 500 のサポートsupport for up to 500 users and 500 devices

複数のドメインのサポートSupport for multiple domains

Windows server 2012 R2 Essentials をサポートする必要がある、サーバーあたり 1 つのドメインと、Essentials サーバーは、フォレストのルートである必要があります。Windows server 2012 R2 Essentials supports only one domain per server, which is required, and the Essentials server must be the root of the forest. ドメインとフォレストがまだ必要なときに、Windows Server 2016 Essentials Experience 役割は Windows Server 2016 Standard または Datacenter 複数ドメインをサポートするようになりました展開できます。While a domain and forest are still required, the Windows Server 2016 Essentials Experience role can now be deployed on Windows Server 2016 Standard or Datacenter to support multiple domains.

複数のドメイン コントローラーのサポートSupport for multiple domain controllers

Windows Server Essentials 2012 R2 では、1 つ以上のドメイン コントローラーが展開されている、Office 365 などの Azure Active Directory を利用しているすべてのサービスをブロックします。Windows Server Essentials 2012 R2 blocks any services that leverage Azure Active Directory, such as Office 365, where more than one domain controller is deployed. 理由は、する間、ローカル ドメイン コントローラーと Azure Active Directory アカウントとパスワードの同期につながる可能性がアカウントの資格情報の同期はパスワードを使用します。The reason is that account and password synchronization between the local domain controllers and Azure Active Directory can lead to account credentials with passwords that are out of sync. このような制限は、Windows Server 2016 Essentials で削除されました。This limitation has been removed in Windows Server 2016 Essentials.

指定されたドメイン コントローラーを指定する機能Ability to specify a designated domain controller

今すぐは Active Directory ドメインのオブジェクトの検索時間を向上だけでなく、ドメイン内の他のドメイン コントローラー アカウントの変更の同期を調整する指定されたドメイン コントローラーを選択できます。You can now choose a designated domain controller which will improve retrieval times for Active Directory domain objects, as well as coordinate synchronization of account change across other domain controllers in the domain.

ドメイン コントローラーが指定されている既定は、Windows Server Essentials Experience サーバーの役割を実行しているのと同じサーバーになります。Your default designated Domain Controller will be the same server that is running the Windows Server Essentials Experience server role. そのサーバーがメンバーサーバーの場合、つまり、ドメイン コントローラーではありませんし、既定値が指定されたドメイン コントローラーは自動的にに基づいて決定するドメイン コントローラーをドメインでテストが、ネットワーク待ち時間、Windows Server のエクスペリエンスのサーバーの役割を実行しているサーバーにします。If that server is a member server, meaning it is not a domain controller, then the default designated domain controller will be automatically determined based on testing which domain controller in the domain has the lowest network latency to the server running the Windows Server Experience Server role. どのサーバーが、指定されたドメイン コントローラーを手動で変更する場合を行うために設定で、Windows Server Essentials ダッシュ ボード次のようにします。If you want to manually change which server is the designated domain controller, you can do so in Settings in the Windows Server Essentials dashboard as shown below.

設定を示すスクリーン ショットは、パネルで、フォア グラウンドとバック グラウンドで Windows Server Essentials ダッシュ ボードを制御します。

ユーザー数が 500 および 500 のデバイスのサポートSupport for 500 users and 500 devices


Windows Server 2012 R2 Essentials でサポートされているユーザーとデバイスの最大数、25 50、それぞれします。The maximum number of supported users and devices in Windows Server 2012 R2 Essentials is 25 and 50, respectively. Windows Server Essentials Experience サーバーの役割の導入により、制限が 100 人のユーザーと 200 台のデバイスに拡大されました。With the introduction of the Windows Server Essentials Experience server role, that limit was increased to 100 users and 200 devices.

Windows Server 2016 Essentials は、ユーザー数が 500 および 500 のデバイスをサポートします。Windows Server 2016 Essentials supports 500 users and 500 devices. これを行う可能なプロバイダー フレームワークの更新は、オブジェクトのリスト コントロールをキャッシュし、すぐに大規模なユーザーとデバイス オブジェクトのリストをレンダリングします。Making this possible is an update to the provider framework and object list controls so they cache and quickly render large user and device object lists. さらに、ユーザーまたはデバイスが必要な場合 (図 5-2 を参照してください) をすばやく検索検索とフィルター機能が追加されました。In addition, a search and filter feature has been added to quickly find the user or device you may be looking for (see Figure 5-2). 検索とフィルター機能が表示されます、Windows Server Essentials ダッシュ ボードリモート Web アクセス、および Windows および Windows Phone ストアMy Serverアプリケーション。You'll find search and filter functionality in the Windows Server Essentials dashboard, Remote Web Access, and the Windows and Windows Phone store My Server applications.

文字列"d5c"を検索する、Windows Server Essentials ダッシュ ボードの検索機能の使用方法を示すスクリーン ショット

文字列"d5c"を検索する、Windows Server Essentials ダッシュ ボードの検索機能の使用方法を示すスクリーン ショット。A screenshot showing the use of the Search feature of the Windows Server Essentials dashboard to search for the string "d5c". この検索の結果には、2 つのファイルおよびフォルダーと 2 人のユーザーが含まれます。The results of this search include two files and folders and two users.

注意

サポートされているユーザーとデバイスの上限が Windows Server Essentials サーバーの役割、75 でクライアント バックアップはサポートされている制限の拡張中にします。While the supported user and device limit has increased for Windows Server Essentials Server role, the supported limit for client back-up remains at 75.

参照してください。See also

Windows Server Essentials を使ってみるGet started with Windows Server Essentials