ブート可能な USB フラッシュ ドライブの作成Create a Bootable USB Flash Drive

適用対象: windows Server 2016 Essentials、Windows Server 2012 R2 Essentials、Windows Server 2012 EssentialsApplies To: Windows Server 2016 Essentials, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 Essentials

ブート可能な USB フラッシュドライブを作成して、Windows Server Essentials の展開に使用することができます。You can create a bootable USB flash drive to use to deploy Windows Server Essentials. 最初の手順は、コマンド ライン ユーティリティである DiskPart を使用して USB フラッシュ ドライブを準備することです。The first step is to prepare the USB flash drive by using DiskPart, which is a command-line utility. DiskPart の詳細については、「 DiskPart のコマンド ライン オプション」を参照してください。For information about DiskPart, see DiskPart Command-Line Options.

ヒント

サーバーではなく PC での Windows の回復または再インストールに使用する起動可能な USB フラッシュドライブを作成するには、「 回復ドライブを作成する」を参照してください。To create a bootable USB flash drive for use in recovering or reinstalling Windows on a PC instead of a server, see Create a recovery drive.

ブート可能な USB フラッシュ ドライブを作成または使用する可能性のあるその他のシナリオについては、次のトピックを参照してください。For additional scenarios in which you may want to create or use a bootable USB flash drive, see the following topics:

起動可能な USB フラッシュ ドライブを作成するにはTo create a bootable USB flash drive

  1. USB フラッシュ ドライブを実行中のコンピューターに挿入します。Insert a USB flash drive into a running computer.

  2. 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Open a Command Prompt window as an administrator.

  3. diskpart.Type diskpart.

  4. 開いた新しいコマンド ライン ウィンドウで、USB フラッシュ ドライブ番号またはドライブ文字を確認するために、コマンド プロンプトに「 list disk」と入力して Enter キーを押します。In the new command line window that opens, to determine the USB flash drive number or drive letter, at the command prompt, type list disk, and then click ENTER. list disk コマンドは、コンピューター上のすべてのディスクを表示します。The list disk command displays all the disks on the computer. USB フラッシュ ドライブのドライブ番号またはドライブ文字をメモしておきます。Note the drive number or drive letter of the USB flash drive.

  5. コマンド プロンプトで「 select disk <X>」(X は USB フラッシュ ドライブのドライブ番号またはドライブ文字) と入力し、Enter キーを押します。At the command prompt, type select disk <X>, where X is the drive number or drive letter of the USB flash drive, and then click ENTER.

  6. clean」と入力して、Enter キーを押します。Type clean, and the click ENTER. このコマンドは、USB フラッシュ ドライブからすべてのデータを削除します。This command deletes all data from the USB flash drive.

  7. USB フラッシュ ドライブに新しいプライマリ パーティションを作成するには、「 create partition primary」と入力し、Enter キーを押します。To create a new primary partition on the USB flash drive, type create partition primary, and then click ENTER.

  8. 作成したパーティションを選択するには、「 select partition 1」と入力し、Enter キーを押します。To select the partition that you just created, type select partition 1, and then click ENTER.

  9. パーティションをフォーマットするには、「 format fs=ntfs quick」と入力し、Enter キーを押します。To format the partition, type format fs=ntfs quick, and then click ENTER.

    重要

    サーバー プラットフォームが Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) をサポートしている場合、USB フラッシュ ドライブを NTFS ではなく FAT32 としてフォーマットする必要があります。If your server platform supports Unified Extensible Firmware Interface (UEFI), you should format the USB flash drive as FAT32 rather than as NTFS. パーティションを FAT32 としてフォーマットするには、「 format fs=fat32 quick」と入力し、Enter キーを押します。To format the partition as FAT32, type format fs=fat32 quick, and then click ENTER.

  10. active」と入力して、Enter キーを押します。Type active, and then click ENTER.

  11. exit」と入力して、Enter キーを押します。Type exit, and then click ENTER.

  12. カスタム イメージの準備が完了したら、それを USB フラッシュ ドライブのルートに保存します。When you finish preparing your custom image, save it to the root of the USB flash drive.

参照See Also

Windows Server ESSENTIALS ADK を使用したはじめにイメージの作成とカスタマイズ追加のカスタマイズカスタマイズのイメージの準備カスタマーエクスペリエンスをテストするためのイメージの準備 Testing the Customer ExperienceGetting Started with the Windows Server Essentials ADK Creating and Customizing the Image Additional Customizations Preparing the Image for Deployment Testing the Customer Experience

このガイドの利用方法How can we help you?