イメージの展開の準備Preparing the Image for Deployment

Windows Server 2016 Essentials、Windows Server 2012 R2 Essentials での Windows Server 2012 Essentials を適用対象:Applies To: Windows Server 2016 Essentials, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 Essentials

イメージを準備するための一般的なツールは、sysprep.exe です。A typical tool for preparing an image is sysprep.exe. このツールを実行して、イメージを一般化し、イメージを含む、サーバーが再起動されたときに、初期構成を実行するために、サーバーをシャット ダウンします。Running this tool generalizes the image and shuts down the server so that the Initial Configuration will run when the server that contains the image is restarted. Sysprep.exe を実行する前に、イメージに対するすべての変更が完了する必要があります。All modifications to the image must be complete before you run sysprep.exe.

注意

Sysprep.exe を使用して Windows 製品のライセンス認証を最大 3 回までをリセットすることができます。You can reset the Windows Product Activation a maximum of three times by using sysprep.exe.

イメージを準備するにはTo prepare the image

  1. 追加した SkipIC.txt を削除しますか。Delete SkipIC.txt that you have you added.

  2. 管理者特権でコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Open an elevated command prompt window. をクリックして開始、右クリックしてコマンド プロンプト、し、[管理者として実行します。Click Start, right click Command Prompt, and then select Run as Administrator.

  3. ユーザーがフル猶予期間、サーバーが準拠しなくなる前にできるようにするために、レジストリ キーをリセットする次のコマンドを実行します。Run the following command to reset the registry key so that the user will have the full grace period before the server becomes noncompliant.

    %systemroot%\system32\reg.exe add HKLM\Software\Microsoft\ServerInfrastructureLicensing /v Rearm /t REG_DWORD /d 1 /f  
    
  4. キー、言語、ロケール ページおよび EULA ページを表示するレジストリ キーを追加するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to add the registry key to display key, language page, locale page and EULA page. 既定では、これらのページは初期構成中に表示されません。By default these pages will not display during initial configuration. このため、プレインストールされたをリリースする場合は、このレジストリ キーを追加する必要があります。Hence, if you are releasing a preinstalled box, you need to add this registry key. ただし、DVD をリリースする場合する必要がありますしないこのキーを追加、ようにこれらのページが WinPE および初期構成中に表示されます。However, if you are releasing a DVD, you should not add this key, as these pages will display during WinPE and initial configuration.

    %systemroot%\system32\reg.exe add "HKLM\Software\microsoft\windows server\setup" /v ShowPreinstallPages /t REG_SZ /d true /f  
    
  5. 場合は、あらかじめキーがキーの初期構成] ページを無効にします。Disable the initial configuration key page if your box is pre-keyed. キー ページは場合にのみ表示 ShowPreinstallPages = true および KeyPreInstalled! = true です。The key page will only show when ShowPreinstallPages = true and KeyPreInstalled != true.

    %systemroot%\system32\reg.exe add "HKLM\Software\microsoft\windows server\setup" /v KeyPreInstalled /t REG_SZ /d true /f  
    
  6. ハードウェア要件チェックを無効にする場合は、レジストリ キーを追加するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to add the registry key if you want to disable the hardware requirement checks. これは、ハードウェア要件を満たさないプレインストールされている] ボックスにのみです。This is only for your pre-installed box that does not meet the hardware requirement. DVD をリリースするか、またはをハードウェア要件を満たしている場合、は、このキーを追加しないことをお勧めします。If you are releasing a DVD, or, your box meets the hardware requirement, it is recommended to not add this key.

    %systemroot%\system32\reg.exe add "HKLM\Software\microsoft\windows server\setup" /v HWRequirementChecks /t REG_DWORD /d 0 /f  
    
  7. (省略可能)下にあるログを削除する%programdata%\Microsoft\Windows server \logsします。(Optional) Remove the logs under %programdata%\Microsoft\Windows Server\Logs.

  8. 次のテンプレートに示すように sysprep に対して unattended xml ファイルを準備します。Prepare the unattended xml file for sysprep as shown in the following template.

    <unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend" xmlns:ms="urn:schemas-microsoft-com:asm.v3">  
    
      <settings pass="oobeSystem">  
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="https://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
    
          <!-- Must have -->  
          <OOBE>  
             <HideEULAPage>true</HideEULAPage>  
          </OOBE>  
          <!-- Must have -->  
          <AutoLogon>   
            <Enabled>true</Enabled>   
            <Username>Administrator</Username>   
            <Domain>.</Domain>   
            <Password>   
              <!--You can set any password you like, but keep it consistent with password settings -->       
              <Value>Admin@123</Value>   
              <PlainText>true</PlainText>   
            </Password>   
          </AutoLogon>   
          <UserAccounts>   
           <AdministratorPassword>   
             <!--You can set any password you like, but keep it consistent with auto logon settings -->       
             <Value>Admin@123</Value>   
             <PlainText>true</PlainText>   
           </AdministratorPassword>   
          </UserAccounts>  
    
          <!-- Optional -->  
          <OEMInformation>  
             <HelpCustomized>true</HelpCustomized>  
             <Manufacturer>OEM name</Manufacturer>  
             <Model>model name</Model>  
             <SupportHours>hours</SupportHours>  
             <SupportPhone>123-456-7890</SupportPhone>  
             <SupportURL>http://www.contoso.com</SupportURL>  
          </OEMInformation>  
    
        </component>  
    
      </settings>  
    
      <settings pass="specialize">  
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" processorArchitecture="amd64">  
          <!-- Must have -->  
          <ComputerName>Server</ComputerName>          
          <!-- Optional -->  
          <ProductKey>XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX</ProductKey>  
        </component>  
      </settings>  
    </unattend>  
    
  9. Sysprep に対して次のコマンドを実行します。Run the following command for sysprep.

    %systemroot%\system32\sysprep\sysprep.exe /generalize /OOBE /unattend:xxx.xml /Quit  
    

    重要

    Sysprep のパラメーターとしての代わりに、%systemdrive% の下の unattend.xml を追加することもできます。You can also add the unattend.xml under %systemdrive% instead of as a parameter of sysprep. ファイルが下にある場合は、c:\ は該当するユーザーの設定がユーザーの設定で説明していない sysprep のパラメーターとして使用する場合。If the file is located under c:\ it will covered by user ��s settings, but if used as a parameter of sysprep, it will not be covered by user ��s settings. %Systemdrive% の下の unattend.xml は、サーバーを再起動するたびに削除されます。The unattend.xml under %systemdrive% will be deleted each time the server restarts. このため、%systemdrive% の下に unattend.xml を作成した後、サーバーは再起動しないことを確認します。Hence, ensure that after you create unattend.xml under %systemdrive%, the server is not restarted.

  10. Windows OOBE キー ページをスキップするレジストリ キーを追加するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to add the registry key to skip Windows OOBE key page.

    %systemroot%\system32\reg.exe add "HKLM\Software\microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup\OOBE" /v SetupDisplayedProductKey /t REG_DWORD /d 1 /f  
    
  11. Windows 言語の選択] ページをスキップするレジストリ キーを追加するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to add the registry key to skip Windows language select page.

    %systemroot%\system32\reg.exe add "HKLM\Software\microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup\OOBE" /v SetupDisplayedLanguageSelection /t REG_DWORD /d 1 /f  
    

    重要

    最後の 2 つの手順を実行する必要がありますが、その Windows OOBE ページがこれには、初期構成ページおよびブレーキ リモートで管理されるサーバーのシナリオに期限を可能になった。You must perform the last 2 steps, or else the Windows OOBE page will come up which is due with initial configuration page and break remotely administered server scenario.

  12. Sysprep の後、ボックスをシャット ダウン、イメージをキャプチャしたり、サーバーを再起動して、クライアント コンピューターから初期構成を続行できます。Shut down the box after sysprep, you can capture an image or restart the server to continue Initial Configuration from a client computer.

重要

サーバー回復メディアの作成を計画しているパートナーは、イメージをキャプチャおよび、次の手順に進む前に、回復メディアを作成する必要があります。Partners who are planning to create server recovery media must capture the image and create the recovery media before proceeding to the next step.