既存のクライアント コンピューターのバックアップからシステム全体を復元するRestore a full system from an existing client computer backup

適用先:Windows Server 2016 Essentials、Windows Server 2012 R2 Essentials、Windows Server 2012 EssentialsApplies To: Windows Server 2016 Essentials, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 Essentials

ハードウェアおよびオペレーティング システムの障害はまれですが、発生することがあります。Hardware and operating system failures are rare, but they can happen. ファンが正常に機能しないと、コンピューターのマザーボードがオーバーヒートして、使用できない状態になります。A malfunctioning fan could overheat a computer motherboard and render it useless. オペレーティング システムが破損し、起動できない可能性があります。The operating system could become corrupt and refuse to start. 火事でハードウェアが永続的に破損する可能性があります。Fire and water damage can result in permanent hardware damage. ハード ディスク ドライブで障害や、大型のハード ディスク ドライブとの交換が発生する可能性があります。A hard disk drive may fail or you may decide to replace it with a larger hard disk drive.

このドキュメントは、次のトピックについての情報を提供します。This document provides information about the following topics:

コンピューター システムの完全復元とは何ですか。What is computer full system restore?

ハード ディスク ドライブを交換する場合や、コンピューターが障害によって使用できなくなったり、起動しなくなったりした場合、システムをコンピューターの以前のバックアップから復元できます。In the event that you replace a hard disk drive or your computer fails to the point where it cannot be used or does not start up, you can restore the system from a previous backup of the computer. システムの完全復元によって、システムがバックアップの時点の状態に戻ります。A full system restore returns the system to the state that it was in at the time of the backup.

重要

システム ボードなど、交換中のコンピューター ハードウェアと類似しないコンピューター ハードウェア上でシステムの完全復元を実行することはできません。You cannot perform a full system restore on computer hardware, such as a system board, that is not similar to the computer hardware that is being replaced. インストールされているオペレーティング システムは、コンピューターの基礎になるハードウェアに密接に依存します。An installed operating system is closely dependent on the underlying hardware of the computer. ただし、交換するハード ドライブよりサイズが大きいハード ドライブには、システムの完全復元を実行できます。However, you can perform a full system restore to a hard drive that is equal in size or larger than the one that is being replaced.

システムの完全復元を実行する場合、システムを復元するために、障害、災害、または盗難前にユーザーが使用していたすべてのアプリケーション、構成、設定を備えた、特定のコンピューター バックアップを選択できます。When performing a full system restore, you can choose a specific computer backup to restore the system, with all of the applications, configurations, and settings familiar to the user prior to the failure, catastrophe, or theft. 復元するボリュームを選択することもできます。You can also choose which volumes that you want to restore.

ネットワーク コンピューターへのシステムの完全復元を計画または準備する場合、次を検討します。When planning or preparing to restore the full system to a network computer, considering the following:

Windows プレインストール環境Windows Preinstallation Environment

Windows プレインストール環境 (Windows PE) は、Windows インストール用にコンピューターを準備するために設計された最小オペレーティング システムです。Windows Preinstallation Environment (Windows PE) is a minimal operating system designed to prepare a computer for Windows installation. Windows Server Essentials を実行しているサーバーでは、Windows PE は復元するコンピューターに復元メディアを挿入するときに自動的にインストールされます。For servers running Windows Server Essentials, Windows PE is installed automatically when you insert the restore media on a computer to be restored. Windows Server Essentials を実行しているサーバーでは、Windows PE は、クライアント復元サービスまたは USB フラッシュ ドライブに、コンピューターを起動するときに自動的にインストールされます。For servers running Windows Server Essentials, Windows PE is installed automatically when you start the computer with the client restore service or with the USB flash drive.

Windows PE はワイヤレス接続をサポートしていません。Windows PE does not support wireless connections. このため、復元するコンピューターをスモール ビジネス ネットワークに物理的に接続する必要があります。Because of this, the computer being restored must be physically connected to the small business network.

BitLockerBitLocker

BitLocker ドライブ暗号化 (BitLocker) は、Windows Vista、Windows 7、および Windows 8 の一部のバージョンで使用できるデータ保護機能です。BitLocker Drive Encryption (BitLocker) is a data protection feature that is available in some versions of Windows Vista, Windows 7, and Windows 8. BitLocker を使用すると、紛失したり、盗難に遭ったコンピューターからのデータの窃盗や漏えいを防止でき、コンピューターを使用停止にした場合により安全にデータを削除できます。BitLocker protects against data theft or exposure on computers that are lost or stolen, and offers more secure data deletion when computers are decommissioned.

Windows Server essentials の場合。 復元するコンピューターが (単なるオペレーティング システム ドライブであるか、またはオペレーティング システム ドライブと 1 つまたは複数のその他の固定ドライブであるかに関係なく) BitLocker を使用して暗号化されていた場合、サーバーに付属の CD に収録されたシステムの完全復元メディアとシステムの完全復元ウィザードを使用して、オペレーティング システムを含むハード ドライブ イメージをバックアップから再インストールし、データを新しいコンピューターまたは修復されたコンピューターに復元できます。For Windows Server Essentials: If the computer that you need to restore was encrypted using BitLocker (whether it was just the operating system drive or the operating system drive and single or multiple other fixed drives), you can still use the full system restore media contained on the CD provided with your server and the Full System Restore Wizard to re-install the hard drive image, including the operating system, from a backup and restore the data to the new or repaired computer.

Windows Server essentials の場合。 復元するコンピューターが (単なるオペレーティング システム ドライブであるか、またはオペレーティング システム ドライブと 1 つまたは複数のその他の固定ドライブであるかに関係なく) BitLocker を使用して暗号化されていた場合、システムの完全復元ウィザードを使用して、オペレーティング システムを含むハード ドライブ イメージをバックアップから再インストールし、データを新しいコンピューターまたは修復されたコンピューターに復元できます。For Windows Server Essentials: If the computer that you need to restore was encrypted using BitLocker (whether it was just the operating system drive or the operating system drive and single or multiple other fixed drives), you can still use the Full System Restore Wizard to re-install the hard drive image, including the operating system, from a backup and restore the data to the new or repaired computer.

サーバーがドライブ、フォルダー、およびファイルをバックアップすると、暗号化されていないバージョンはサーバーに保存されます。When the server backs up drives, folders, and files, an unencrypted version is saved to the server. システムの完全復元中には、この暗号化されていないバージョンがコンピューターにコピーされます。During full system restore, this unencrypted version is copied to the computer.

注意

システムの完全復元が正常終了したら、コンピューター上で BitLocker を再びアクティブにする必要があります。After a successful full system restore, you must reactivate BitLocker on the computer.

Windows 8 を実行しているコンピューターで BitLocker を有効にする方法については、次を参照してくださいBitLocker:。BitLocker を有効にする方法します。For instructions about how to enable BitLocker on computers that are running Windows 8, see BitLocker: How to enable BitLocker.

Windows 7 を実行しているコンピューターで BitLocker を有効にする方法については、次を参照してください。 7 BitLocker ドライブ暗号化手順ガイドの Windowsします。For instructions about how to enable BitLocker on computers that are running Windows 7, see BitLocker Drive Encryption Step-by-Step Guide for Windows 7.

BitLocker ドライブ暗号化の基本の詳細については、「 BitLocker についてよく寄せられる質問 (FAQ)」を参照してください。For more information about BitLocker Drive Encryption basics, see BitLocker Frequently Asked Questions (FAQ).

暗号化ファイル システムで暗号化されたファイルEncrypting File System-encrypted files

Windows の暗号化ファイル システム (EFS) 機能では、同じコンピューターの複数のユーザー間でセキュリティのレベルが異なる場合に、追加のユーザー ベース ファイル レベル暗号化を提供できます。The Encrypting File System (EFS) feature in Windows can provide additional user-based file level encryption for different levels of security among multiple users of the same computer. EFS 暗号化フォルダーおよびファイルは、BitLocker 暗号化ドライブと異なり、コンピューター バックアップで引き続き暗号化されています。It is important to note that, unlike BitLocker-encrypted drives, EFS-encrypted folders and files continue to be encrypted in any computer backup. EFS は Windows XP Home Edition、Windows Vista Starter、Windows Vista Home Basic、Windows Vista Home Premium、Windows 7 Starter、Windows 7 Home Basic、Windows 7 Home Premium、または Windows 8 でご利用いただけません。EFS is not available in Windows XP Home Edition, Windows Vista Starter, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows 7 Starter, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, or Windows 8. Windows 8 Pro でのみ利用可能です。It is only available in Windows 8 Pro.

警告

BitLocker と異なり、EFS で保護されたファイルには、ファイルを暗号化したオペレーティング システム内からしかアクセスできません。Unlike BitLocker, you can only access EFS-protected files from within the operating system that encrypted them.

ディスク パーティションDisk partitions

新しいコンピューター上のハード ディスク ドライブのサイズが元と同じか、大きい場合は、ハード ディスク ドライブが自動的に再フォーマットされ、パーティションに再分割されます。If the hard disk drive size on the new computer is the same, or larger than, the original, the hard disk drive is automatically reformatted and repartitioned. 特定の情報については、下の票を参照してください。Refer to the chart below for specifics:

元のコンピューターOriginal Computer 復元されたコンピューターまたは新しいコンピューターRestored or New Computer
複数のパーティションを持つ 1 つのディスクSingle disk with multiple partitions 複数のパーティションを持つ 1 つのディスク。追加の領域が最後のパーティションに割り当てられます。Single disk with multiple partitions and any extra space is allocated to the last partition
1 つのパーティションを持つ 1 つのディスクSingle disk with a single partition 1 つのパーティションを持つ 1 つのディスク。すべての使用可能な領域が 1 つのパーティションに使用されます。Single disk with a single partition, and all available space is used for the single partition

注意

元のコンピューターと復元されたコンピューターまたは新しいコンピューター間でディスク サイズとパーティション レイアウトが異なる場合、[ディスクの管理] を使用して復元されたコンピューターまたは新しいコンピューター上に適切なパーティションを作成する必要があります。If there are disk size and partition layout differences between the original and the restored or new computer, you must use Disk Management to create the appropriate partitions on the restored or new computer. これは、システムの完全復元ウィザードで実行できます。You can do this in the Full System Restore Wizard.

RAID およびダイナミック ディスクRAID and dynamic disks

RAID (Redundant Array of Independent Disks) とダイナミック ディスクのバックアップはサポートされていません。Backing up redundant array of independent disks (RAID) and dynamic disks is not supported.

システム復元環境のしくみHow does the system restore environment work?

付属の Windows Server® 2012 Essentials のシステム復元メディアは、コンピューターに Windows プレインストール環境 (Windows PE) をインストールします。The system restore media supplied with Windows Server® 2012 Essentials installs Windows Preinstallation Environment (Windows PE) on the computer. Windows PE は MS-DOS 環境の後継であり、Windows 用のコア プログラム ファイルが含まれています。Windows PE replaces the MS-DOS environment and contains the core program files for Windows. Windows Server Essentials では、システムの復元にサポートされている 2 つの方法: USB flash ドライブまたはネットワークを使用し、メディアに依存しないクライアント復元サービスを使用しています。In Windows Server Essentials, there are two supported ways to restore a system: using the client restore service, which uses a network and does not rely on media, or using the USB flash drive.

注意

Windows PE はワイヤレス接続をサポートしていません。Windows PE does not support wireless connections. このため、復元するコンピューターをスモール ビジネス ネットワークに物理的に接続する必要があります。Because of this, the computer being restored must be physically connected to the small business network.

システム復元環境には、32 ビット (x86) と 64 ビット (x64) のプログラム ファイルが付属しています。The system restore environment comes with 32-bit (x86) and 64-bit (x64) program files. システム復元メディアを挿入したら、適切なバージョンのファイルを選択します。After inserting the system restore media, choose the appropriate version of the files. 30 秒以内に選択しない場合は、既定の 32 ビット (x86) が自動的に選択されます。32-bit (x86) is the default, and is selected automatically if you do not choose within 30 seconds. システムの完全復元プログラム ファイルに対する更新プログラムがサーバー上にある場合は、更新ファイルがコンピューターに自動的にダウンロードされます。If there are updates to the full system restore program files on the server, the updated files are downloaded to the computer automatically.

プレインストール環境がセットアップされると、システムの完全復元ウィザードが開始されます。After the preinstallation environment is set up, the Full System Restore Wizard starts. ウィザードを使用すると、以前のバックアップからコンピューターを復元できます。The wizard helps you restore your computer from a previous backup. また、システム復元環境を使用して、同種のハードウェアを使用する新しいコンピューターにバックアップを復元することもできます。You can also use the system restore environment to restore a backup to a new computer with similar hardware.

ほとんどの場合、システム復元環境に格納されているプログラム ファイルおよびドライバーだけで、新しいコンピューターまたは復元されたコンピューターを再起動できます。In most instances, the program files and drivers contained on the system restore environment are all that is needed to restart the new or restored computer. 新しいコンピューター ハードウェアまたは復元されたコンピューター ハードウェアによっては、復元されたコンピューターを再起動するときに必要な記憶域およびネットワーク アダプター ドライバーが、システム復元環境に含まれていない可能性があります。Depending on the new or restored computer hardware, the system restore environment may not include all of the storage and network adapter drivers that are required when you restart your new or restored computer. システムの完全復元ウィザードでは、必要に応じて、ドライバーをインストールする選択を行うことが可能です。The Full System Restore Wizard gives you an opportunity to install drivers, if necessary. ハードウェア ドライバーを見つける方法については、「ハードウェアのドライバーを見つけるには」を参照してください。For information about finding your hardware drivers, see Where can I find the drivers for my hardware?. システム復元メディアの使用方法については、「 Using the Full System Restore Wizard」を参照してください。For information about how to use the system restore media, see Using the Full System Restore Wizard.

クライアント コンピューターを復元する起動可能な USB フラッシュ ドライブを作成します。Create a bootable USB flash drive to restore a client computer

(Windows Server Essentials) でサーバーにクライアント復元サービスを設定したくないまたは復元する必要がある場合、既存のクライアント コンピューターのバックアップが (Windows Server Essentials) のサーバーに付属していた復元 CD が見つからない、起動可能な USB フラッシュ ドライブを作成することができます。If you need to restore a client computer from an existing backup but cannot locate the Restore CD that came with your server (in Windows Server Essentials) or you do not want to set up the client restore service on your server (in Windows Server Essentials), you can create a bootable USB flash drive. この USB フラッシュ ドライブを使用すると、クライアント コンピューターを起動し、システムを復元することができます。You can then use the USB flash drive to start the client computer and restore the system. この USB フラッシュ ドライブの容量は、1 GB 以上である必要があります。The USB flash drive that you use must be at least 1 GB or larger.

起動可能な USB フラッシュ ドライブを作成するにはTo create a bootable USB flash drive

  1. [ダッシュボード] を開きます。Open the Dashboard.

  2. [デバイス] タブをクリックします。Click the Devices tab.

  3. [タスク] ウィンドウで、 [コンピューターのバックアップとファイル履歴の設定のカスタマイズ] をクリックします。In Tasks pane, click Customize Computer Backup and File History settings.

    注意

    Windows Server essentials では、次のようにクリックします。クライアント コンピューターのバックアップ タスクします。In Windows Server Essentials, click Client computer backup tasks.

  4. [ツール] タブの [コンピューターの回復] セクションで、 [キーの作成] をクリックします。Click the Tools tab, and then click Create key in the Computer recovery section. コンピューター回復キーの作成ウィザードが開きます。The Create Computer Recovery Key Wizard opens.

  5. 1 GB 以上の USB フラッシュ ドライブをサーバーに挿入し、ウィザードの指示に従います。Insert a 1 GB or larger USB flash drive in the server, and then follow the instructions in the wizard.

    注意事項

    USB フラッシュ ドライブ上のすべてのデータは削除されます。All data on the USB flash drive will be deleted.

システムの完全復元ウィザードを使用します。Using the Full System Restore Wizard

正常に復元メディア、クライアント リストア サービス、または USB フラッシュ ドライブを使用してコンピューターが起動され、復元されたクライアント コンピューターまたは新しいクライアント コンピューターにすべてのハードウェア ドライバーが読み込まれていることが確認されると、システムの完全復元ウィザードが表示されます。After successfully using the restore media, client restore service, or USB flash drive to start your computer and verify that all hardware drivers are loaded on the restored or new client computer, the Full System Restore Wizard appears. このウィザードを使用して、サーバー、コンピューターのバックアップ、およびコンピューターに復元するソース ボリュームにアクセスし、実際の復元処理を実行します。This wizard enables you to access the server, the computer backup, and the source volumes that you want to restore to the computer, and performs the actual restore process.

注意

Windows Server Essentials では、次の復元シナリオはサポートしません。Windows Server Essentials does not support the following restore scenarios:

  • Unified Extensible Firmware Interface UEFI ベースのコンピューターにマスター ブート レコード (MBR) ディスクを復元します。Restoring a Master Boot Record (MBR) disk to a Unified Extensible Firmware Interface (UEFI)-based computer.

    • UEFI/GPT バックアップを BIOS システムに復元する。Restoring a UEFI/GPT backup to a BIOS system.

    上記のいずれかのシナリオでデータを復元した場合は、システムを起動できません。If you restore data in either of these scenarios, you will not be able to boot the system. また、サイズが 2 テラバイトを超えるハード ドライブを使用できない可能性があります。In addition, you might not be able to use hard drives that are larger than two terabytes in size.

前提条件:Prerequisites:

  • システムの完全復元処理を開始する前に、ネットワーク ケーブル (ワイヤード接続) を使用して、コンピューターをサーバーと同じネットワークに接続してください。Before starting the full system restore process, use a network cable (a wired connection) to connect the computer to the same network as the server. クライアント コンピューター上のすべてのハード ドライブへのアクセスが可能なことを確認します。Make sure that you have access to all hard drives on the client computer.

    警告

    ネットワークへのワイヤレス接続を使用するコンピューターに対して、システムの完全復元を実行しないでください。Do not attempt to perform a full system restore to a computer that uses a wireless connection to the network.

  • コンピューターに重要なネットワーク ドライバーまたは記憶域デバイス ドライバーが足りないことがわかった場合は、システムの完全復元処理を開始する前に、それらのドライバーを見つけてフラッシュ ドライブにコピーする必要があります。If you know that the computer is missing critical network or storage device drivers, you will need to locate and copy those drivers to a flash drive before starting the full system restore process. Windows Server essentials の場合。CD で提供されているシステムの完全復元メディアをお使いの場合は、システムの完全復元処理の開始時に、その CD をドライブに挿入した状態にしておく必要があります。For Windows Server Essentials: If you are using the full system restore media that is provided on CD, that CD must remain in the drive during the start portion of the full system restore process. そのため、もう 1 台の CD/DVD ドライブがある場合以外は、不足しているドライバーを CD または DVD にコピーしないようにする必要があります。Therefore, you should not copy the missing drivers onto a CD or DVD unless you have a second CD/DVD drive. 代わりに、不足しているドライバーを USB フラッシュ ドライブにコピーします。Instead, copy the missing drivers to a USB flash drive.

    お使いのコンピューターのドライバーを見つける方法については、「ハードウェアのドライバーを見つけるには」を参照してください。For information about how to find the drivers for your computer, see Where can I find the drivers for my hardware?

  • Windows Server essentials の場合。Windows Server Essentials 復元 CD が見つからない場合は、起動可能な USB フラッシュ ドライブを作成できます。For Windows Server Essentials: If you cannot locate the Windows Server Essentials Restore CD, you can create a bootable USB flash drive. 詳細については、次を参照してください。クライアント コンピューターを復元する起動可能な USB フラッシュ ドライブを作成するします。For more information, see Create a bootable USB flash drive to restore a client computer.

システムの完全復元ウィザードを使用するにはTo use the Full System Restore Wizard

  1. 次のいずれかの操作を行います。Do one of the following:

    • Windows Server Essentials:復元するクライアント コンピューターの電源をオンにし、復元メディアを挿入して、コンピューターの電源をオフにします。Windows Server Essentials: Turn on the client computer that you want to restore, insert the restore media, and then turn the computer off.

      コンピューターの電源を再度オンにし、Power On Self Test (POST) 中に適切なファンクション キー (F キー) を押してブート デバイス メニューにアクセスし、CD/DVD ドライブを選択します。Turn the computer on again, and during Power On Self Test (POST), press the appropriate function key (F-key) to access the Boot Device Menu, and then select the CD/DVD drive. Windows ブート マネージャーが起動します。The Windows Boot Manager starts.

    • Windows Server Essentials:クライアント復元サービスを使用している場合、 [ネットワークから起動] オプションを使用してコンピューターを再起動します。Windows Server Essentials: If you are using the client restore service, restart the computer using the Boot from network option. それ以外の場合は、USB キーを使用してコンピューターを起動します。Otherwise, start the computer using the USB key.

      コンピューターの電源を再度オンにし、Power On Self Test (POST) 中に適切なファンクション キー (F キー) を押してブート デバイス メニューにアクセスし、 [ネットワークから起動] を選択します (または、USB キーからの起動を選択できます)。Turn the computer on again, and during Power On Self Test (POST), press the appropriate function key (F-key) to access the Boot Device Menu, and then select Boot from network (or you can choose to boot from the USB key). Windows ブート マネージャーが起動します。The Windows Boot Manager starts.

    注意

    どのファンクション キーでブート デバイス メニューにアクセスできるかについては、コンピューターの製造元からのドキュメントを確認してください。Check the documentation from your computer manufacturer to determine which function key accesses the Boot Device Menu.

  2. コンピューターの復元メディアには、32 ビット (x86) と 64 ビット (x64) のブート オプションが含まれます。The computer restore media contains 32-bit (x86) and 64-bit (x64) boot options. Windows ブート マネージャーで、 [システムの完全復元 (x86)] または [システムの完全復元 (x64)] を選択します。In the Windows Boot Manager, choose Full System Restore (x86) or Full System Restore (x64). コンピューター ハードウェア ドライバーが 32 ビットの場合は x86 を、64 ビットの場合は x64 を選択します。If the computer hardware drivers are 32-bit, choose x86; if they are 64-bit, choose x64. Windows ファイルが読み込まれ、システムの完全復元ウィザードが、チェックを実行して、すべてのハードウェア ドライバーが使用できることを確認します。Windows files are loaded, and the Full System Restore Wizard performs a check to make sure that all hardware drivers are available.

  3. [システムの完全復元ウィザード] ウィンドウで言語を選択して、矢印をクリックします。In the Full System Restore Wizard window, choose your preferred language, and then click the arrow.

  4. このコンピューター用の適切な [時刻と通貨の形式] 、および [キーボードまたは入力方式] を選択します。Choose the appropriate Time and currency format, and the Keyboard or input method for this computer. [続行] をクリックします。Click Continue.

  5. ドライバーが見つからない場合は、復元プロセスは、ドライバーを確認できないメッセージが表示されます。If drivers are missing, the message The restore process cannot verify the drivers is displayed. 閉じる をクリックし、ようこそ ダイアログ ボックスの ドライバーの読み込み をクリックします。Click Close, and then on the Welcome dialog box click Load drivers.

    1. [ハードウェアの検出] ダイアログ ボックスで、 [ドライバーのインストール] をクリックします。On the Detect Hardware dialog box, click Install drivers.

    2. ハードウェア ドライバーが格納されている USB フラッシュ ドライブを挿入し、 [ドライバーのインストール] ダイアログ ボックスで、 [スキャン] をクリックします。Insert the USB flash drive that contains the hardware drivers, and then on the Install Drivers dialog box, click Scan.

    3. [ドライバーのインストール] ダイアログ ボックスで、ドライバーが検出されたときに [OK] をクリックします。On the Install Drivers dialog box, click OK when the drivers are found.

    4. [ハードウェアの検出] ダイアログ ボックスで、 [続行] をクリックします。On the Detect Hardware dialog box, click Continue.

  6. 初期チェックですべてのドライバーが検出された場合、またはすべての重要なドライバーがインストールされている場合は、 [システムの完全復元] ウィンドウで、 [続行] をクリックします。If all drivers were found in the initial check or when all critical drivers are installed, on the Full System Restore window, click Continue.

  7. [システムの完全復元ウィザードへようこそ] ページで、 [次へ] をクリックします。On the Welcome to the Full System Restore Wizard page, click Next.

  8. ウィザードがサーバーを検索します。The wizard searches for your server.

    1. ウィザードがサーバーを検出できない場合は、再度検索するか、サーバーの IP アドレスを入力することができます。If the wizard cannot locate your server, you are given the option to search again, or to enter the IP address of the server.

    2. 複数のサーバーが検出された場合は、いずれかを選択するように求められます。If multiple servers were detected, you are asked to select one.

    3. サーバーが置かれている場合は、へのログオン < YourServerName> ページが表示されます。If your server is located, the Log on to <YourServerName> page is displayed.

  9. へのログオン < YourServerName> ページで、入力 < 名> で、ユーザー名テキスト ボックスに、および管理者アカウントのパスワード、パスワードテキスト ボックス、およびクリックします。On the Log on to <YourServerName> page, type <AdministratorAccountName> in the User name text box, and the administrator account password in the Password text box, and then click Next.

    重要

    英語で作成された管理者アカウントを使用する必要があります。You must use an administrator account that is created in English. 英語のアカウントがない場合は、新しい管理者アカウントを作成する必要があります。If you do not have one, then you must create a new administrator account. 作成するには、まずサーバーのダッシュボードの [ユーザー] タブを開いて、次にキーボードの言語形式を英語に設定し、 [ユーザー アカウントの追加] タスクを実行して管理者アカウントを作成します。To do so, first open the Users tab on the server dashboard, next set the keyboard language format to English, and then run the Add a user account task to create the administrator account. 次に、その新しい管理者アカウントを使って、クライアント コンピューターの復元を続行します。Next, use the new administrator account to continue to restore the client computer.

  10. [復元するコンピューターの指定] ページで、復元するコンピューターを選択し、 [次へ] をクリックします。On the Select a computer to restore page, select the computer you want to restore, and then click Next. いずれも使用できます < ComputerName>:(このコンピューター) からネットワーク上の別のコンピューターを選択するか、別のコンピュータードロップダウン リスト。You can choose either <ComputerName>: (This computer) or choose a different computer on the network from the Another computer drop down list.

    注意

    このコンピューターがサーバーに不明 (たとえば、新しいコンピューターや用途が変更されたコンピューター) であった場合、 [このコンピューター] オプションは表示されません。If this is a computer that is unknown to the server (for example, a new or a repurposed computer), the This computer option is not displayed.

  11. [復元するバックアップの指定] ページで、使用できるバックアップの一覧を確認し、コンピューターに復元するバックアップを選択します。On the Select a backup to restore page, review the list of available backups and select the one that you want to restore to the computer.

    注意

    正しい (緑のチェックが付いた) バックアップを選択することをお勧めします。It is recommended that you select a successful (green-checked) backup. これにより、すべてのシステム ファイルとデータ ファイルが正常に復元されていることを確認できます。This helps ensure that all system and data files are restored successfully.

  12. (省略可能) バックアップを選択し、 [詳細] をクリックして [バックアップの詳細] ページを開き、そのバックアップの詳細を表示します。(Optional) Select a backup and then click Details to open the Backup Details page and view more information about that backup. [バックアップの詳細] ページの情報を使用して、複数のバックアップを比較し、どのバックアップが最適な選択肢であるかを判断します。Use the information on the Backup Details page to compare multiple backups and help you decide which backup is the best choice. [バックアップの詳細] ページの [閉じる] をクリックして、 [復元するバックアップの指定] ページに戻ります。Click Close on the Backup Details page to return to the Select a backup to restore page.

  13. [復元するバックアップの指定] ページで、バックアップを選択し、 [次へ] ボタンをクリックします。On the Select a backup to restore page, select a backup and then click the Next button.

  14. [復元オプションの選択] ページで、次のいずれかをクリックし、 [次へ] をクリックします。On the Select restore option page, click one of the following, and then click Next.

    注意

    自動パーティションがサポートされていない場合、このページは表示されません。This page is not displayed if automatic partitioning is not supported.

    1. [ウィザードでコンピューターを完全に復元する (推奨)]Let the wizard fully restore the computer (recommended). このオプションにより、コンピューターが、選択したバックアップの時刻と日付の直前の状態に復元されます。This option helps assure that the computer is restored to the state that it was just prior to the time and date of the backup that you chose. このオプションを選択する場合は、手順 15 に進みます。If you choose this option, skip to step 15.

    2. 復元するボリュームを選択する (詳細)Let me select volumes to restore (advanced). このオプションを使用すると、復元するボリュームと復元する場所を選択できます。This option allows you to choose the volumes that you want to restore and where you want to restore them. ハード ドライブにパーティションを作成することもできます。You can also create partitions on the hard drive.

  15. [復元するボリュームの選択] ページで、復元するボリュームを選択できます。On the Select the volumes to restore page, you can choose the volumes that you want to restore.

    注意

    このページが表示されるのは、バックアップ元コンピューター上に複数のハード ドライブがある場合、または復元先ドライブの格納領域がバックアップ元ドライブより少ない場合です。This page is displayed if there are multiple hard drives on the backup source computer, or if the restore destination drive has less storage space than the backup source drive.

    1. ウィザードにより、ソース ボリュームと回復先ボリュームが対応付けられます。The wizard attempts to match the source and destination volumes. 既定のマッピングが正しいか確認してください。You should verify that the default mapping is correct.

      1. ボリュームの選択を解除するには、そのボリュームのリスト メニュー矢印をクリックし、 [なし] をクリックします。To deselect a volume, click the list menu arrow for that volume, and then click None.

      2. ボリュームの選択を終了したら、 [次へ] をクリックします。When you finish selecting the volumes, click Next.

    2. ソース ボリュームと回復先ボリュームのサイズが同じであるか、またはソース ボリュームが回復先ボリュームより小さい場合、2 つの間に緑の矢印が表示されます。If the source volume and the destination volume are the same size, or if the source size is smaller than the destination, a green arrow appears between the two. ボリュームのサイズの不一致がある (ソース ボリュームが回復先ボリュームより大きい) 場合、ソースと回復先の間に赤い X が表示されます。If there is a volume size mismatch (where the source volume is bigger than the destination volume), a red X appears between the source and the destination.

      注意

      赤い X は以下の場合も表示されます:A red X can also appear if:

      • ソース ボリュームのディスク セクター サイズが、回復先ボリュームのディスク セクター サイズと一致しない。The disk sector size of the source volume does not match the disk sector size of the destination volume. これは、物理ディスクをセクター サイズが異なるディスクと交換したり、記憶域を構成したりした場合 (セクター サイズが物理ディスクのセクター サイズと異なる可能性があります) に、発生する可能性があります。This can occur if you replace the physical disk with a disk that has a different sector size, or if you configure Storage Spaces (which may have a different sector size than that of the physical disk).
        • クラスター数の上限に達している。You reach the cluster number limitation. ソース ボリュームを回復先ボリュームに復元するには、ソース ボリュームと同じクラスター サイズで回復先ボリュームをフォーマットする必要があります。To restore the source volume to the destination volume, you must format the destination volume with the same cluster size as the source volume. 回復先ボリュームが大きすぎ、クラスター サイズが小さすぎる場合は、クラスター数の上限に達する可能性があります。If the destination volume is too large, and if the cluster size is too small, you can reach cluster number limitation.
      1. [ディスク マネージャーの実行 (詳細)] をクリックし、システムの予約ボリュームと同じサイズの新しいボリュームを作成します。Click Run Disk Manager (advanced), and create a new volume that is the same size as the system reserved volume.

        注意

        使用する必要がある Unified Extensible Firmware Interface UEFI ベースのクライアント コンピューターの場合、 diskpartシステム ディスクを初期化するためのツール。If a client computer is Unified Extensible Firmware Interface (UEFI)-based, you must use the diskpart tool to initialize the system disk. この初期化を行うには、コマンド ウィンドウを開き (WinPE 環境では、Ctrl + Alt + Shift を 5 秒間押します)、diskpart.exe を実行した後、次の diskpart コマンドを実行します。To do this, open a command window (press Ctrl+Alt+Shift for 5 seconds in the WinPE environment), run diskpart.exe, and then run the following diskpart commands:

        1. DISKPART > ディスクの一覧DISKPART> list disk
          2. DISKPART > select ディスク # < ディスク>DISKPART> select disk # <disk>
          3. DISKPART > クリーンDISKPART> clean
          4. DISKPART > gpt に変換DISKPART> convert gpt
          5. DISKPART > 作成 efi のパーティション サイズ = 100 (場所100例のパーティション サイズ (mb) は、元のパーティションと同じである必要があります)DISKPART> create partition efi size= 100 (where 100 is an example partition size in MB, should be the same as the original partition)
          6. DISKPART > 作成パーティション msr サイズ = 128 (場所128例のパーティション サイズ (mb) は、元のパーティションと同じである必要があります)DISKPART> create partition msr size= 128 (where 128 is an example partition size in MB, should be the same as the original partition)
          7. DISKPART > 終了DISKPART> exit
      2. (オプション) [ドライブ文字またはドライブ パスを割り当てない] を選択します。(Optional) Select the option Do Not Assign a Drive Letter or Drive Path.

      3. ボリュームを [NTFS] としてフォーマットします。Format the volume as NTFS.

      4. フォーマットが完了したら、新しいボリュームを右クリックし、 [パーティションをアクティブとしてマーク] をクリックします。When formatting is complete, right-click the new system volume, and then click Mark Partition as Active.

      5. バックアップ内の他のボリュームに対応するため追加のボリュームが必要な場合は、手順 bd を繰り返し、ボリュームを作成してアクティブにした後、 [ディスクの管理] を閉じます。If you require additional volumes to correspond with other volumes in the backup, repeat steps ii through iv to create and activate the volumes, and then close Disk Management.

      6. [復元するボリュームの選択] ページで、バックアップ元のシステム予約ボリュームを、手順 vで作成した、同じサイズのボリュームにマップします。On the Select the volumes to restore page, map the system reserved volume of the backup source to the volume of the same size that you created in step v.

      7. その他のすべてのソース ボリュームを、対応する回復先ボリュームにマップします。Map all other source volumes to the corresponding destination volumes.

      8. [次へ] をクリックして、復元を続行します。Click Next to continue with the restore.

  16. [復元するディスクの確認] ページで、マッピングを確認し、 [次へ] をクリックします。On the Confirm volumes to restore page, review the mapping, and then click Next. 変更が必要な場合は、 [戻る] をクリックし、手順 14 を繰り返します。If you need to make any changes, click Back, and then repeat step 14.

  17. Restoring < ComputerName>から < バックアップの日付と時刻> ページは、復元プロセスの進行状況を報告します。The Restoring <ComputerName> from <Date and time of backup> page reports the progress of the restore process.

  18. [復元は正常に完了しました] ページで、復元メディアを取り出し、 [完了] をクリックします。On the The restore finished successfully page, remove the restore media, and then click Finish. コンピューターが再起動します。The computer restarts.

    重要

    復元前にコンピューターで BitLocker ドライブ暗号化が有効であった場合は、コンピューターの再起動後に、BitLocker を手動で有効にする必要があります。If BitLocker Drive Encryption was enabled on the computer before the restore, you must enable BitLocker manually after the computer restarts.

ハードウェアのドライバーはどこで確認できますか。Where can I find the drivers for my hardware?

新しいコンピューター ハードウェアまたは復元されたコンピューター ハードウェアによっては、復元されたコンピューターを再起動するときに必要な記憶域およびネットワーク アダプター ドライバーが、復元メディアに含まれていない可能性があります。Depending on the new or restored computer hardware, the restore media may not include all of the storage and network adapter drivers that are needed when you restart your restored computer. どのドライバーが見つからない、既存のメディアまたは製造元の web サイトでは、それらのドライバーを検索、フラッシュ ドライブにコピーし、新しいフラッシュ ドライブからコピーまたは Full System Restore Wizard を実行するときに、コンピューターを復元を決定する必要があります。You must determine which drivers are missing, locate those drivers on existing media or on the manufacturer's website, copy them to a flash drive, and then copy them from the flash drive to the new or restored computer when you run the Full System Restore Wizard.

コンピューターがバックアップされている場合、そのコンピューター用のドライバーはバックアップに保存されています。When a computer is backed up, the drivers for the computer are saved in the backup. 必要なドライバーの一部がリカバリ メディアにない場合は、そのコンピューターのバックアップを開いて、ドライバーを USB フラッシュ ドライブにコピーできます。If your recovery media does not include all of the drivers that you need, you can open a backup for that computer, and then copy the drivers to a USB flash drive.

バックアップから USB フラッシュ ドライブにドライバーをコピーするにはTo copy drivers from a backup to a USB flash drive

  1. 別のコンピューターで、ダッシュボードを開きます。On another computer, open the Dashboard.

  2. [デバイス] をクリックし、ドライバーを必要としているコンピューターをクリックします。Click Devices, and then click the computer for which you need drivers.

  3. [コンピューターのファイルまたはフォルダーの復元] をクリックします。Click Restore files or folders for the computer. ファイルまたはフォルダーの復元ウィザードが開きます。The Restore Files or Folders Wizard opens.

  4. 最新の正しいバックアップをクリックし、 [次へ] をクリックします。Click the most recent successful backup, and then click Next.

  5. ボリュームをクリックして開き、 [次へ] をクリックします。Click a volume to open, and then click Next. バックアップ内のファイルとフォルダーの一覧を示すウィンドウが表示されます。A window opens that lists the files and folders in the backup.

  6. USB フラッシュ ドライブをコンピューター上の USB コネクタに挿入し、"システムの完全復元のドライバー" フォルダーを USB フラッシュ ドライブにコピーします。Insert your USB flash drive in a USB connector on the computer, and then copy the Drivers for Full System Restore folder to your USB flash drive.

    注意

    システム ボリュームのルートに達するまで [1 つ上のレベルへ] をクリックする必要があります。You may need to click Up one level until you reach the root of the system volume.

  7. フラッシュ ドライブを取り外して、復元しているコンピューターに挿入します。Remove the flash drive, and then insert it into the computer that you are restoring.

    USB フラッシュ ドライブを使用して、コンピューターの復元時にコンピューターのドライバーをインストールできます。You can use the USB flash drive to install the drivers for your computer when you restore it. システムの完全復元ウィザードの使用中、ファイルまたはフォルダーの復元ウィザードが、この USB フラッシュ ドライブ上で追加ドライバーを検索します。The Restore Files or Folders Wizard looks for additional drivers on this USB flash drive while using the Full System Restore Wizard. 必要になる可能性が最も高いドライバーは、ネットワーク アダプター ドライバーと記憶域デバイス ドライバーです。The drivers that you are most likely to need are the network adapter driver and storage device drivers.

関連項目See also