Hyper-V の構成Hyper-V Configuration

ハードウェアの選択Hardware selection

Hyper-v を実行するサーバーのハードウェアに関する考慮事項は、一般に、仮想化されていないサーバーのものに似ていますが、Hyper-v を実行するサーバーは、CPU 使用率の増加、メモリの消費、より大きな i/o 帯域幅の使用が可能です。これは、サーバーの統合によるものです。The hardware considerations for servers running Hyper-V generally resemble those of non-virtualized servers, but servers running Hyper-V can exhibit increased CPU usage, consume more memory, and need larger I/O bandwidth because of server consolidation.

  • [プロセッサ]Processors

    Windows Server 2016 の hyper-v では、各アクティブな仮想マシンの論理プロセッサが1つまたは複数の仮想プロセッサとして提供されます。Hyper-V in Windows Server 2016 presents the logical processors as one or more virtual processors to each active virtual machine. Hyper-v では、拡張ページテーブル (EPT) や入れ子になったページテーブル (NPT) などの、第2レベルのアドレス変換 (SLAT) テクノロジをサポートするプロセッサが必要になりました。Hyper-V now requires processors that support Second Level Address Translation (SLAT) technologies such as Extended Page Tables (EPT) or Nested Page Tables (NPT).

  • CacheCache

    Hyper-v では、大きなプロセッサキャッシュを利用できます。特に、メモリ内のワーキングセットが大きく、仮想プロセッサと論理プロセッサの比率が高い負荷の場合に適しています。Hyper-V can benefit from larger processor caches, especially for loads that have a large working set in memory and in virtual machine configurations in which the ratio of virtual processors to logical processors is high.

  • [メモリ]Memory

    物理サーバーには、ルートパーティションと子パーティションの両方に十分なメモリが必要です。The physical server requires sufficient memory for the both the root and child partitions. ルートパーティションには、仮想マシンの代わりに i/o を効率的に実行するためのメモリ、および仮想マシンのスナップショットなどの操作が必要です。The root partition requires memory to efficiently perform I/Os on behalf of the virtual machines and operations such as a virtual machine snapshot. Hyper-v では、ルートパーティションに十分なメモリがあることを確認し、残りのメモリを子パーティションに割り当てることができます。Hyper-V ensures that sufficient memory is available to the root partition, and allows remaining memory to be assigned to child partitions. 子パーティションは、各仮想マシンに予想される負荷のニーズに基づいてサイズを変更する必要があります。Child partitions should be sized based on the needs of the expected load for each virtual machine.

  • StorageStorage

    記憶域ハードウェアには、物理サーバーがホストする仮想マシンの現在および将来のニーズを満たすのに十分な i/o 帯域幅と容量が必要です。The storage hardware should have sufficient I/O bandwidth and capacity to meet the current and future needs of the virtual machines that the physical server hosts. 記憶域コントローラーとディスクを選択して RAID 構成を選択する場合は、次の要件を考慮してください。Consider these requirements when you select storage controllers and disks and choose the RAID configuration. ディスク集中型のワークロードが多い仮想マシンを異なる物理ディスクに配置すると、全体的なパフォーマンスが向上する可能性があります。Placing virtual machines with highly disk-intensive workloads on different physical disks will likely improve overall performance. たとえば、4つの仮想マシンが1つのディスクを共有し、そのディスクをアクティブに使用している場合、各仮想マシンはそのディスクの帯域幅の25% しか生成できません。For example, if four virtual machines share a single disk and actively use it, each virtual machine can yield only 25 percent of the bandwidth of that disk.

電源プランに関する考慮事項Power plan considerations

仮想化は、中核となるテクノロジとして、サーバーのワークロード密度を上げ、データセンターで必要な物理サーバーの数を削減し、運用効率を向上させ、電力消費コストを削減するのに役立つ強力なツールです。As a core technology, virtualization is a powerful tool useful in increasing server workload density, reducing the number of required physical servers in your datacenter, increasing operational efficiency and reducing power consumption costs. コスト管理には、電源管理が不可欠です。Power management is critical for cost management.

理想的なデータセンター環境では、大部分がビジーになり、アイドル状態のマシンをオフにするまで、コンピューターに作業を統合することによって電力消費が管理されます。In an ideal datacenter environment, power consumption is managed by consolidating work onto machines until they're mostly busy and then turning off idle machines. このアプローチが現実的でない場合、管理者は物理ホストの電源プランを利用して、必要以上に電力を消費しないようにすることができます。If this approach is not practical, administrators can leverage power plans on the physical hosts to ensure they do not consume more power than necessary.

サーバーの電源管理手法にはコストが伴います。特に、テナントのワークロードは、ホストの物理インフラストラクチャに関するポリシーを規定するために信頼されていません。Server power management techniques come with a cost, particularly as tenant workloads are not trusted to dictate policy about the hoster's physical infrastructure. ホストレイヤーソフトウェアは、電力消費を最小限に抑えながら、スループットを最大化する方法を推測するために残されています。The host layer software is left to infer how to maximize throughput while minimizing power consumption. ほとんどの場合、アイドル状態のマシンでは、物理インフラストラクチャによって、中程度の電力描画が適切であると結論されることがあります。これにより、個々のテナントのワークロードの実行速度は、それ以外の場合よりも遅くなります。In mostly-idle machines, this can cause the physical infrastructure to conclude that moderate power draw is appropriate, resulting in individual tenant workloads running more slowly than they might otherwise.

Windows Server は、さまざまなシナリオで仮想化を使用します。Windows Server uses virtualization in a wide variety of scenarios. 負荷の軽い IIS サーバーから、適度にビジー状態になっている SQL Server、1台のサーバーで数百台の仮想マシンを実行している Hyper-v を使用するクラウドホスト。From a lightly loaded IIS Server to a moderately busy SQL Server, to a cloud host with Hyper-V running hundreds of virtual machines per server. これらの各シナリオには、ハードウェア、ソフトウェア、およびパフォーマンスに関する固有の要件があります。Each of these scenarios may have unique hardware, software, and performance requirements. 既定では、Windows Server は、CPU 使用率に基づいてプロセッサのパフォーマンスをスケーリングすることによって、電力節約を可能にする バランス の取れた電源プランを使用して推奨します。By default, Windows Server uses and recommends the Balanced power plan which enables power conservation by scaling the processor performance based on CPU utilization.

バランス の取れた電源プランでは、物理ホストが比較的ビジーな場合にのみ、最大の電力状態 (およびテナントのワークロードの最小応答待機時間) が適用されます。With the Balanced power plan, the highest power states (and lowest response latencies in tenant workloads) are applied only when the physical host is relatively busy. すべてのテナントワークロードに対して決定的で待機時間の短い応答を指定する場合は、既定の バランス の取れた電源プランから 高パフォーマンス の電源プランに切り替えることを検討してください。If you value deterministic, low-latency response for all tenant workloads, you should consider switching from the default Balanced power plan to the High Performance power plan. 高パフォーマンス の電源プランは、すべての時点でプロセッサを常時実行し、その他の電源管理手法と Demand-Based の切り替えを実質的に無効にして、省電力に比べてパフォーマンスを最適化します。The High Performance power plan will run the processors at full speed all the time, effectively disabling Demand-Based Switching along with other power management techniques, and optimize for performance over power savings.

物理サーバーの数を減らし、仮想化されたワークロードのパフォーマンスを最大限に引き出すことによってコストを削減したいお客様には、 高パフォーマンス の電源プランを使用することを検討してください。For customers, who are satisfied with the cost savings from reducing the number of physical servers and want to ensure they achieve maximum performance for their virtualized workloads, you should consider using the High Performance power plan.

インフラストラクチャを最適化するための電源プランの活用に関するその他の推奨事項と詳細については、迅速な応答時間について推奨されるバランスのある電源プランパラメーターを参照してくださいFor additional recommendations and insight on leveraging power plans to optimize your infrastructure, read Recommended Balanced Power Plan Parameters for Quick Response Times

Server Core インストール オプションServer Core installation option

Windows Server 2016 では、Server Core インストールオプションが機能します。Windows Server 2016 feature the Server Core installation option. Server Core では、Hyper-v などのサーバーの役割の選択セットをホストするための最小限の環境が提供されます。Server Core offers a minimal environment for hosting a select set of server roles including Hyper-V. この機能により、ホスト OS のディスクフットプリントが小さくなり、攻撃とサービス面が小さくなります。It features a smaller disk footprint for the host OS, and a smaller attack and servicing surface. そのため、Hyper-v 仮想化サーバーでは Server Core インストールオプションを使用することを強くお勧めします。Therefore, we highly recommend that Hyper-V virtualization servers use the Server Core installation option.

Server Core インストールでは、ユーザーがログオンしている場合にのみコンソールウィンドウが提供されますが、Hyper-v は Windows Powershell などのリモート管理機能を公開しているため、管理者はリモートで管理できます。A Server Core installation offers a console window only when the user is logged on, but Hyper-V exposes remote management features including Windows Powershell so administrators can manage it remotely.

専用サーバーロールDedicated server role

ルートパーティションは、Hyper-v 専用である必要があります。The root partition should be dedicated to Hyper-V. Hyper-v を実行しているサーバーで追加のサーバーの役割を実行すると、特に CPU、メモリ、または i/o 帯域幅が大量に消費された場合に、仮想化サーバーのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。Running additional server roles on a server running Hyper-V can adversely affect the performance of the virtualization server, especially if they consume significant CPU, memory, or I/O bandwidth. ルートパーティション内のサーバーの役割を最小限に抑えると、攻撃対象領域の削減などの追加の利点があります。Minimizing the server roles in the root partition has additional benefits such as reducing the attack surface.

システム管理者は、いくつかのソフトウェアが Hyper-v を実行するサーバーの全体的なパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があるため、ルートパーティションにインストールされるソフトウェアを慎重に検討する必要があります。System administrators should consider carefully what software is installed in the root partition because some software can adversely affect the overall performance of the server running Hyper-V.

ゲストオペレーティングシステムGuest operating systems

Hyper-v では、さまざまなゲストオペレーティングシステムに対してとが調整されています。Hyper-V supports and has been tuned for a number of different guest operating systems. ゲストごとにサポートされる仮想プロセッサの数は、ゲストオペレーティングシステムによって異なります。The number of virtual processors that are supported per guest depends on the guest operating system. サポートされているゲストオペレーティングシステムの一覧については、「 hyper-v の概要」を参照してください。For a list of the supported guest operating systems, see Hyper-V Overview.

CPU の統計情報CPU statistics

Hyper-v では、仮想化サーバーの動作を特徴付けることができるパフォーマンスカウンターを公開し、リソースの使用状況を報告します。Hyper-V publishes performance counters to help characterize the behavior of the virtualization server and report the resource usage. Windows でパフォーマンスカウンターを表示するための標準のツールセットには、パフォーマンスモニターと Logman.exe が含まれています。このツールを使用すると、Hyper-v パフォーマンスカウンターを表示してログに記録できます。The standard set of tools for viewing performance counters in Windows includes Performance Monitor and Logman.exe, which can display and log the Hyper-V performance counters. 関連するカウンターオブジェクトの名前の先頭には、 hyper-v が付きます。The names of the relevant counter objects are prefixed with Hyper-V.

常に、Hyper-v ハイパーバイザー論理プロセッサのパフォーマンスカウンターを使用して、物理システムの CPU 使用率を測定する必要があります。You should always measure the CPU usage of the physical system by using the Hyper-V Hypervisor Logical Processor performance counters. CPU 使用率カウンターは、ルートおよび子パーティションのタスクマネージャーとパフォーマンスモニターのレポートに、実際の物理 CPU 使用率を反映していません。The CPU utilization counters that Task Manager and Performance Monitor report in the root and child partitions do not reflect the actual physical CPU usage. パフォーマンスを監視するには、次のパフォーマンスカウンターを使用します。Use the following performance counters to monitor performance:

  • Hyper-v ハイパーバイザー論理プロセッサ ( * ) \ % 合計実行時間 論理プロセッサの非アイドル時間の合計Hyper-V Hypervisor Logical Processor (*)\% Total Run Time The total non-idle time of the logical processors

  • Hyper-v ハイパーバイザー論理プロセッサ ( * ) \ % ゲスト実行時間 は、ゲストまたはホスト内でサイクルを実行するのに費やされた時間ですHyper-V Hypervisor Logical Processor (*)\% Guest Run Time The time spent running cycles within a guest or within the host

  • Hyper-v ハイパーバイザー論理プロセッサ ( * ) \ % ハイパーバイザー実行時間 ハイパーバイザー内での実行に費やされた時間Hyper-V Hypervisor Logical Processor (*)\% Hypervisor Run Time The time spent running within the hypervisor

  • Hyper-v ハイパーバイザールート仮想プロセッサ ( * ) \ \* は、ルートパーティションの CPU 使用率を測定します。Hyper-V Hypervisor Root Virtual Processor (*)\\* Measures the CPU usage of the root partition

  • Hyper-v ハイパーバイザー仮想プロセッサ ( * ) \ \* は、ゲストパーティションの CPU 使用率を測定します。Hyper-V Hypervisor Virtual Processor (*)\\* Measures the CPU usage of guest partitions

その他の参照情報Additional References