リモートデスクトップセッションホストのパフォーマンスチューニングPerformance Tuning Remote Desktop Session Hosts

このトピックでは、リモートデスクトップセッションホスト (RD セッションホスト) ハードウェアを選択する方法、ホストを調整する方法、およびアプリケーションを調整する方法について説明します。This topic discusses how to select Remote Desktop Session Host (RD Session Host) hardware, tune the host, and tune applications.

このトピックの内容:In this topic:

パフォーマンスのための適切なハードウェアの選択Selecting the proper hardware for performance

RD セッションホストサーバーの展開では、ハードウェアの選択はアプリケーションセットと、ユーザーがどのように使用するかによって決まります。For an RD Session Host server deployment, the choice of hardware is governed by the application set and how users use them. ユーザーの数とそのエクスペリエンスに影響を与える主な要因は、CPU、メモリ、ディスク、およびグラフィックスです。The key factors that affect the number of users and their experience are CPU, memory, disk, and graphics. このセクションには、RD セッションホストサーバーに固有の追加のガイドラインが含まれており、主に RD セッションホストサーバーのマルチユーザー環境に関連しています。This section contains additional guidelines that are specific to RD Session Host servers and is mostly related to the multi-user environment of RD Session Host servers.

CPU 構成CPU configuration

CPU 構成は、一時的なスパイクを処理するためのバッファーゾーンを維持したまま、必要な CPU とシステムがサポートしているセッションの数でセッションをサポートするために必要な CPU を乗算することによって、概念的に決定されます。CPU configuration is conceptually determined by multiplying the required CPU to support a session by the number of sessions that the system is expected to support, while maintaining a buffer zone to handle temporary spikes. 複数の論理プロセッサを使用すると、異常な CPU 輻輳状態を減らすことができます。通常、これは、類似した数の論理プロセッサに含まれるオーバーアクティブなスレッド数が少ない場合に発生します。Multiple logical processors can help reduce abnormal CPU congestion situations, which are usually caused by a few overactive threads that are contained by a similar number of logical processors.

したがって、システム上の論理プロセッサが多くなるほど、CPU 使用率の推定に組み込む必要があるクッションの余白が低くなり、CPU あたりのアクティブな負荷の割合が大きくなります。Therefore, the more logical processors on a system, the lower the cushion margin that must be built in to the CPU usage estimate, which results in a larger percentage of active load per CPU. 覚えておく必要がある1つの重要な要素は、cpu の数が2倍になっていないということです。One important factor to remember is that doubling the number of CPUs does not double CPU capacity.

メモリ構成Memory configuration

メモリの構成は、ユーザーが使用するアプリケーションに依存します。ただし、次の式を使用して、必要なメモリ量を推定することができます。 TotalMem = OSMem + SessionMem * NSMemory configuration is dependent on the applications that users employ; however, the required amount of memory can be estimated by using the following formula: TotalMem = OSMem + SessionMem * NS

OSMem は、オペレーティングシステムの実行に必要なメモリの量 (システムバイナリイメージ、データ構造など)、1つのセッションで実行されているメモリプロセスの量を要求します。また、NS は、アクティブなセッションの目標数です。OSMem is how much memory the operating system requires to run (such as system binary images, data structures, and so on), SessionMem is how much memory processes running in one session require, and NS is the target number of active sessions. セッションに必要なメモリの量は、ほとんどの場合、セッション内で実行されているアプリケーションとシステムプロセスのプライベートメモリ参照セットによって決まります。The amount of required memory for a session is mostly determined by the private memory reference set for applications and system processes that are running inside the session. システム上に1つのコピーしか存在しないため、共有コードまたはデータページの効果はほとんどありません。Shared code or data pages have little effect because only one copy is present on the system.

1つの注目すべき監視 (ページファイルをバックアップしているディスクシステムが変更されないことを前提としています) は、システムがサポートする同時アクティブセッションの数が多いということです。つまり、セッションごとのメモリ割り当てが大きくなります。One interesting observation (assuming the disk system that is backing up the page file does not change) is that the larger the number of concurrent active sessions the system plans to support, the bigger the per-session memory allocation must be. セッションごとに割り当てられたメモリの量が増加していない場合、アクティブなセッションによって生成されるページフォールトの数は、セッションの数によって増加します。If the amount of memory that is allocated per session is not increased, the number of page faults that active sessions generate increases with the number of sessions. これらの障害によって、最終的に i/o サブシステムが過負荷になります。These faults eventually overwhelm the I/O subsystem. セッションごとに割り当てられるメモリの量を増やすことで、ページフォールトが発生する確率が低下します。これにより、ページフォールトの全体的な速度が低下します。By increasing the amount of memory that is allocated per session, the probability of incurring page faults decreases, which helps reduce the overall rate of page faults.

ディスク構成Disk configuration

記憶域は、RD セッションホストサーバーを構成するときに見落とされる最も見過ごされた側面の1つであり、フィールドに展開されるシステムで最も一般的な制限となります。Storage is one of the most overlooked aspects when you configure RD Session Host servers, and it can be the most common limitation in systems that are deployed in the field.

一般的な RD セッションホストサーバーで生成されるディスクアクティビティは、次の領域に影響します。The disk activity that is generated on a typical RD Session Host server affects the following areas:

  • システムファイルとアプリケーションバイナリSystem files and application binaries

  • ページファイルPage files

  • ユーザープロファイルとユーザーデータUser profiles and user data

これらの領域は、個別の記憶装置によってバックアップされるのが理想的です。Ideally, these areas should be backed up by distinct storage devices. ストライピング RAID 構成またはその他の種類の高パフォーマンスストレージを使用すると、パフォーマンスがさらに向上します。Using striped RAID configurations or other types of high-performance storage further improves performance. バッテリを使用した書き込みキャッシュでは、ストレージアダプターを使用することを強くお勧めします。We highly recommend that you use storage adapters with battery-backed write caching. ディスク書き込みキャッシュを使用するコントローラーでは、同期書き込み操作のサポートが強化されています。Controllers with disk write caching offer improved support for synchronous write operations. すべてのユーザーには個別の hive があるため、同期書き込み操作は RD セッションホストサーバーでは非常に一般的です。Because all users have a separate hive, synchronous write operations are significantly more common on an RD Session Host server. レジストリハイブは、同期書き込み操作を使用して定期的にディスクに保存されます。Registry hives are periodically saved to disk by using synchronous write operations. これらの最適化を有効にするには、ディスク管理コンソールで、目的のディスクの [ プロパティ ] ダイアログボックスを開き、[ ポリシー ] タブで、[ ディスクの書き込みキャッシュを有効に する] チェックボックスをオンにして、[デバイスの書き込みキャッシュを有効にする] チェックボックスを オフ にします。To enable these optimizations, from the Disk Management console, open the Properties dialog box for the destination disk and, on the Policies tab, select the Enable write caching on the disk and Turn off Windows write-cache buffer flushing on the device check boxes.

ネットワーク構成Network configuration

RD セッションホストサーバーのネットワーク使用率には、次の2つの主なカテゴリがあります。Network usage for an RD Session Host server includes two main categories:

  • RD セッションホスト接続トラフィックの使用量は、セッション内で実行されているアプリケーションとリダイレクトされたデバイスの i/o トラフィックによって発生する描画パターンによって、ほぼ排他的に決定されます。RD Session Host connection traffic usage is determined almost exclusively by the drawing patterns that are exhibited by the applications running inside the sessions and the redirected devices I/O traffic.

    たとえば、テキスト処理とデータ入力を処理するアプリケーションでは、約 10 ~ 100 kbps の帯域幅が使用されます。一方、豊富なグラフィックスやビデオの再生では、帯域幅の使用量が大幅に増加します。For example, applications handling text processing and data input consume bandwidth of approximately 10 to 100 kilobits per second, whereas rich graphics and video playback cause significant increases in bandwidth usage.

  • ローミングプロファイル、アプリケーションアクセス、ファイル共有、データベースサーバー、電子メールサーバー、HTTP サーバーなどのバックエンド接続。Back-end connections such as roaming profiles, application access to file shares, database servers, e-mail servers, and HTTP servers.

    ネットワークトラフィックのボリュームとプロファイルは、各展開に固有です。The volume and profile of network traffic is specific to each deployment.

リモートデスクトップセッションホスト用のアプリケーションのチューニングTuning applications for Remote Desktop Session Host

RD セッションホストサーバーの CPU 使用率の大部分は、アプリによって駆動されます。Most of the CPU usage on an RD Session Host server is driven by apps. 通常、デスクトップアプリは、アプリケーションがユーザーの要求に応答するまでにかかる時間を最小限に抑えることを目的として、応答性に合わせて最適化されています。Desktop apps are usually optimized toward responsiveness with the goal of minimizing how long it takes an application to respond to a user request. ただし、サーバー環境では、他のセッションに悪影響を及ぼさないように、操作を完了するために必要な CPU 使用率の合計を最小限に抑えることが、同様に重要です。However in a server environment, it is equally important to minimize the total amount of CPU usage that is needed to complete an action to avoid adversely affecting other sessions.

RD セッションホストサーバーで使用するアプリを構成するときは、次の推奨事項を考慮してください。Consider the following suggestions when you configure apps that are to be used on an RD Session Host server:

  • バックグラウンドアイドルループ処理の最小化Minimize background idle loop processing

    一般的な例として、バックグラウンドの文法とスペルチェック、検索のためのデータインデックス作成、およびバックグラウンド保存が無効になっています。Typical examples are disabling background grammar and spell check, data indexing for search, and background saves.

  • アプリが状態の確認または更新を実行する頻度を最小限に抑えます。Minimize how often an app performs a state check or update.

    このような動作を無効にしたり、ポーリングの反復とタイマーの起動の間隔を長くしたりすると、多くのアクティブなセッションでこのようなアクティビティの効果が急速に増幅されるので、CPU 使用率が大幅に向上します。Disabling such behaviors or increasing the interval between polling iterations and timer firing significantly benefits CPU usage because the effect of such activities is quickly amplified for many active sessions. 一般的な例としては、接続状態アイコンやステータスバー情報の更新などがあります。Typical examples are connection status icons and status bar information updates.

  • 同期の頻度を減らすことで、アプリ間のリソースの競合を最小限に抑えます。Minimize resource contention between apps by reducing their synchronization frequency.

    このようなリソースの例としては、レジストリキーや構成ファイルなどがあります。Examples of such resources include registry keys and configuration files. アプリケーションのコンポーネントと機能の例としては、状態インジケーター (シェル通知など)、バックグラウンドのインデックス作成または変更の監視、オフライン同期などがあります。Examples of application components and features are status indicator (like shell notifications), background indexing or change monitoring, and offline synchronization.

  • ユーザーのサインインまたはセッションの開始から開始するように登録されている不要なプロセスを無効にします。Disable unnecessary processes that are registered to start with user sign-in or a session startup.

    これらのプロセスは、新しいユーザーセッションを作成するときに CPU 使用率のコストに大幅に寄与する可能性があります。通常は CPU を集中的に使用するプロセスであり、朝のシナリオでは非常にコストがかかる可能性があります。These processes can significantly contribute to the cost of CPU usage when creating a new user session, which generally is a CPU-intensive process, and it can be very expensive in morning scenarios. MsConfig.exe または MsInfo32.exe を使用して、ユーザーのサインインで開始されたプロセスの一覧を取得します。Use MsConfig.exe or MsInfo32.exe to obtain a list of processes that are started at user sign-in. 詳細については、「 autoruns.exe For Windows」を参照してください。For more detailed info, you can use Autoruns for Windows.

メモリ使用量については、次の点を考慮する必要があります。For memory consumption, you should consider the following:

  • アプリによって読み込まれた Dll が再配置されていないことを確認します。Verify that DLLs loaded by an app are not relocated.

    • 再配置された Dll を確認するには、プロセス エクスプローラーを使用して、次の図に示すように、[Dll の処理] ビューを選択します。Relocated DLLs can be verified by selecting Process DLL view, as shown in the following figure, by using Process Explorer.

    • ここでは、x.dll 既定のベースアドレスが既に使用されていて、ASLR が有効になっていなかったため y.dll が再配置されたことがわかります。Here we can see that y.dll was relocated because x.dll already occupied its default base address and ASLR was not enabled

      再配置 (dll を)

      Dll を再配置すると、セッション間でコードを共有することができなくなるため、セッションのフットプリントが大幅に増加します。If DLLs are relocated, it is impossible to share their code across sessions, which significantly increases the footprint of a session. これは、RD セッションホストサーバー上のメモリ関連の最も一般的なパフォーマンスの問題の1つです。This is one of the most common memory-related performance issues on an RD Session Host server.

  • 共通言語ランタイム (CLR) アプリケーションの場合は、ネイティブイメージジェネレーター (Ngen.exe) を使用して、ページの共有を増やし、CPU のオーバーヘッドを削減します。For common language runtime (CLR) applications, use Native Image Generator (Ngen.exe) to increase page sharing and reduce CPU overhead.

    可能であれば、同様の手法を他の同様の実行エンジンに適用します。When possible, apply similar techniques to other similar execution engines.

チューニングパラメーターのリモートデスクトップセッションホストRemote Desktop Session Host tuning parameters

ページファイルPage file

ページファイルのサイズが不十分な場合、アプリまたはシステムコンポーネントでメモリ割り当てエラーが発生する可能性があります。Insufficient page file size can cause memory allocation failures in apps or system components. メモリからコミットされたバイト数パフォーマンスカウンターを使用して、システム上にあるコミット済みの仮想メモリの量を監視できます。You can use the memory-to-committed bytes performance counter to monitor how much committed virtual memory is on the system.

ウイルス対策Antivirus

RD セッションホストサーバーにウイルス対策ソフトウェアをインストールすると、システム全体のパフォーマンス、特に CPU 使用率に大きく影響します。Installing antivirus software on an RD Session Host server greatly affects overall system performance, especially CPU usage. 特にサービスやその他のシステムコンポーネントによって生成される一時ファイルを保持するすべてのフォルダーを、アクティブな監視一覧から除外することを強くお勧めします。We highly recommend that you exclude from the active monitoring list all the folders that hold temporary files, especially those that services and other system components generate.

タスク スケジューラTask Scheduler

タスクスケジューラでは、さまざまなイベントに対してスケジュールされたタスクの一覧を確認できます。Task Scheduler lets you examine the list of tasks that are scheduled for different events. RD セッションホストサーバーでは、アイドル状態で実行するように構成されているタスク、ユーザーのサインイン時、セッションの接続と切断時に実行するように構成されているタスクに特に重点を置いておくと便利です。For an RD Session Host server, it is useful to focus specifically on the tasks that are configured to run on idle, at user sign-in, or on session connect and disconnect. 展開の詳細により、これらのタスクの多くは不要な場合があります。Because of the specifics of the deployment, many of these tasks might be unnecessary.

デスクトップ通知アイコンDesktop notification icons

デスクトップ上の通知アイコンは、かなり高価な更新メカニズムを備えています。Notification icons on the desktop can have fairly expensive refreshing mechanisms. 通知は、スタートアップリストから登録するコンポーネントを削除するか、アプリとシステムコンポーネントの構成を変更して無効にすることによって無効にする必要があります。You should disable any notifications by removing the component that registers them from the startup list or by changing the configuration on apps and system components to disable them. [通知の カスタマイズ] アイコン を使用して、サーバーで使用可能な通知の一覧を確認できます。You can use Customize Notifications Icons to examine the list of notifications that are available on the server.

データ圧縮のリモートデスクトッププロトコルRemote Desktop Protocol data compression

リモートデスクトッププロトコル圧縮を構成するには、[コンピューターの構成] の下にあるグループポリシーを使用し > Administrative Templates > ます。 [ Windows コンポーネント > リモートデスクトップサービス > リモートデスクトップセッションホスト > リモートセッション環境管理用テンプレート > RemoteFX データの圧縮を構成します。Remote Desktop Protocol compression can be configured by using Group Policy under Computer Configuration > Administrative Templates > Windows Components > Remote Desktop Services > Remote Desktop Session Host > Remote Session Environment > Configure compression for RemoteFX data. 次の3つの値が考えられます。Three values are possible:

  • 使用量が少ないメモリに最適化 は、セッションごとに最小限のメモリを消費しますが、圧縮率が最も低く、帯域幅の消費量が最も高くなります。Optimized to use less memory Consumes the least amount of memory per session but has the lowest compression ratio and therefore the highest bandwidth consumption.

  • メモリとネットワーク帯域幅のバランスを 取るメモリ消費量の増加に伴う帯域幅の消費の削減 (セッションあたり約 200 KB)。Balances memory and network bandwidth Reduced bandwidth consumption while marginally increasing memory consumption (approximately 200 KB per session).

  • 使用するネットワーク帯域幅が少なくなるように最適化 セッションあたり約 2 MB のコストで、ネットワーク帯域幅の使用量をさらに削減します。Optimized to use less network bandwidth Further reduces network bandwidth usage at a cost of approximately 2 MB per session. この設定を使用する場合は、サーバーを運用環境に配置する前に、セッションの最大数を評価し、この設定でそのレベルまでテストする必要があります。If you want to use this setting, you should assess the maximum number of sessions and test to that level with this setting before you place the server in production.

また、リモートデスクトッププロトコル圧縮アルゴリズムを使用しないように選択することもできます。そのため、ネットワークトラフィックを最適化するように設計されたハードウェアデバイスでのみ使用することをお勧めします。You can also choose to not use a Remote Desktop Protocol compression algorithm, so we only recommend using it with a hardware device designed to optimize network traffic. 圧縮アルゴリズムを使用しない場合でも、一部のグラフィックスデータは圧縮されます。Even if you choose not to use a compression algorithm, some graphics data will be compressed.

デバイス リダイレクトDevice redirection

デバイスリダイレクトを構成するには、[ コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > リモートデスクトップサービス > リモートデスクトップセッションホスト > デバイスとリソースのリダイレクト ] の下にあるグループポリシーを使用するか、サーバーマネージャーの [ セッションコレクション のプロパティ] ボックスを使用します。Device redirection can be configured by using Group Policy under Computer Configuration > Administrative Templates > Windows Components > Remote Desktop Services > Remote Desktop Session Host > Device and Resource Redirection or by using the Session Collection properties box in Server Manager.

一般に、デバイスのリダイレクトでは、クライアントコンピューター上のデバイスとサーバーセッションで実行されているプロセスとの間でデータが交換されるため、サーバー接続で使用されるネットワーク帯域幅 RD セッションホストの量が増加します。Generally, device redirection increases how much network bandwidth RD Session Host server connections use because data is exchanged between devices on the client computers and processes that are running in the server session. 増加の程度は、リダイレクトされたデバイスに対してサーバーで実行されているアプリケーションによって実行される操作の頻度です。The extent of the increase is a function of the frequency of operations that are performed by the applications that are running on the server against the redirected devices.

また、プリンターのリダイレクトとプラグアンドプレイデバイスのリダイレクトにより、サインイン時の CPU 使用率も増加します。Printer redirection and Plug and Play device redirection also increases CPU usage at sign-in. プリンターをリダイレクトするには、次の2つの方法があります。You can redirect printers in two ways:

  • プリンタのドライバをサーバーにインストールする必要がある場合に、プリンタドライバベースのリダイレクトを照合します。Matching printer driver-based redirection when a driver for the printer must be installed on the server. 以前のリリースの Windows Server では、このメソッドが使用されていました。Earlier releases of Windows Server used this method.

  • Windows Server 2008 で導入された Easy Print プリンタードライバーのリダイレクトでは、すべてのプリンターに共通のプリンタードライバーが使用されます。Introduced in Windows Server 2008, Easy Print printer driver redirection uses a common printer driver for all printers.

印刷方法をお勧めします。これは、接続時にプリンターをインストールする際の CPU 使用率が低くなるためです。We recommend the Easy Print method because it causes less CPU usage for printer installation at connection time. ドライバーの一致方法を使用すると、スプーラサービスがさまざまなドライバーを読み込む必要があるため、CPU 使用率が増加します。The matching driver method causes increased CPU usage because it requires the spooler service to load different drivers. 帯域幅の使用量については、簡単に印刷すると、ネットワーク帯域幅の使用量がわずかに増加しますが、他のパフォーマンス、管理容易性、信頼性の利点を相殺するのに十分ではありません。For bandwidth usage, Easy Print causes slightly increased network bandwidth usage, but not significant enough to offset the other performance, manageability, and reliability benefits.

オーディオのリダイレクトにより、ネットワークトラフィックが安定したストリームになります。Audio redirection causes a steady stream of network traffic. また、オーディオリダイレクトを使用すると、CPU 消費量が多いマルチメディアアプリをユーザーが実行できます。Audio redirection also enables users to run multimedia apps that typically have high CPU consumption.

クライアントエクスペリエンスの設定Client experience settings

既定では、リモートデスクトップ接続 (RDC) は、サーバーとクライアントコンピューター間のネットワーク接続の適合性に基づいて、適切なエクスペリエンス設定を自動的に選択します。By default, Remote Desktop Connection (RDC) automatically chooses the right experience setting based on the suitability of the network connection between the server and client computers. RDC の構成は、 接続の品質を自動的に検出することをお勧めします。We recommend that the RDC configuration remain at Detect connection quality automatically.

高度なユーザーの場合、RDC を使用すると、リモートデスクトップサービス接続のネットワーク帯域幅のパフォーマンスに影響するさまざまな設定を制御できます。For advanced users, RDC provides control over a range of settings that influence network bandwidth performance for the Remote Desktop Services connection. リモートデスクトップ接続の [ エクスペリエンス ] タブを使用するか、RDP ファイルの設定として、次の設定にアクセスできます。You can access the following settings by using the Experience tab in Remote Desktop Connection or as settings in the RDP file.

任意のコンピューターに接続するときに、次の設定が適用されます。The following settings apply when connecting to any computer:

  • 壁紙を無効 にする (壁紙を無効にする: i: 0) リダイレクトされた接続でデスクトップの壁紙を表示しません。Disable wallpaper (Disable wallpaper:i:0) Does not show desktop wallpaper on redirected connections. デスクトップの壁紙が画像などのコンテンツで構成されており、描画にかなりのコストがかかる場合、この設定によって帯域幅の使用量を大幅に削減できます。This setting can significantly reduce bandwidth usage if desktop wallpaper consists of an image or other content with significant costs for drawing.

  • ビットマップキャッシュ (bitmapcachepersistenable: i: 1) この設定を有効にすると、セッションでレンダリングされるビットマップのクライアント側キャッシュが作成されます。Bitmap cache (Bitmapcachepersistenable:i:1) When this setting is enabled, it creates a client-side cache of bitmaps that are rendered in the session. 帯域幅の使用が大幅に改善され、セキュリティ上の考慮事項が他にない限り、常に有効にする必要があります。It provides a significant improvement on bandwidth usage, and it should always be enabled (unless there are other security considerations).

  • ドラッグ中にウィンドウの内容を表示 する (完全なウィンドウのドラッグを無効にする: i: 1) この設定を無効にすると、ウィンドウをドラッグしたときにすべてのコンテンツではなく、ウィンドウフレームだけを表示することで帯域幅が削減されます。Show contents of windows while dragging (Disable full window drag:i:1) When this setting is disabled, it reduces bandwidth by displaying only the window frame instead of all the content when the window is dragged.

  • メニューとウィンドウのアニメーション (メニュー anims: i: 1 を無効にし、カーソル設定を無効にする: i: 1): これらの設定を無効にすると、メニュー (フェードなど) のアニメーションとカーソルを無効にすることで帯域幅が削減されます。Menu and window animation (Disable menu anims:i:1 and Disable cursor setting:i:1): When these settings are disabled, it reduces bandwidth by disabling animation on menus (such as fading) and cursors.

  • フォントスムージング (フォントスムージングの許可: i: 0) は、ClearType フォントレンダリングのサポートを制御します。Font smoothing (Allow font smoothing:i:0) Controls ClearType font-rendering support. Windows 8 または Windows Server 2012 以降を実行しているコンピューターに接続する場合、この設定を有効または無効にしても、帯域幅の使用に大きな影響はありません。When connecting to computers running Windows 8 or Windows Server 2012 and above, enabling or disabling this setting does not have a significant impact on bandwidth usage. ただし、Windows 7 と Windows 2008 R2 よりも前のバージョンを実行しているコンピューターでは、この設定を有効にすると、ネットワーク帯域幅の使用量が大幅に増加します。However, for computers running versions earlier than Windows 7 and Windows 2008 R2, enabling this setting affects network bandwidth consumption significantly.

次の設定は、Windows 7 以前のバージョンのオペレーティングシステムを実行しているコンピューターに接続する場合にのみ適用されます。The following settings only apply when connecting to computers running Windows 7 and earlier operating system versions:

  • デスクトップコンポジション この設定は、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターへのリモートセッションでのみサポートされます。Desktop composition This setting is supported only for a remote session to a computer running Windows 7 or Windows Server 2008 R2.

  • 視覚スタイル (テーマを無効にする: i: 1) この設定を無効にすると、従来のテーマを使用するテーマの描画を簡略化することで帯域幅が削減されます。Visual styles (disable themes:i:1) When this setting is disabled, it reduces bandwidth by simplifying theme drawings that use the Classic theme.

リモートデスクトップ接続内の [ エクスペリエンス ] タブを使用すると、接続速度を選択してネットワーク帯域幅のパフォーマンスに影響を与えることができます。By using the Experience tab within Remote Desktop Connection, you can choose your connection speed to influence network bandwidth performance. 接続速度の構成に使用できるオプションを次に示します。The following lists the options that are available to configure your connection speed:

  • 接続品質を自動的に検出 する (接続の種類: i: 7) この設定を有効にすると、リモートデスクトップ接続によって自動的に設定が選択され、接続の品質に基づいて最適なユーザーエクスペリエンスが得られます。Detect connection quality automatically (Connection type:i:7) When this setting is enabled, Remote Desktop Connection automatically chooses settings that will result in optimal user experience based on connection quality. (この構成は、Windows 8 または Windows Server 2012 以降を実行しているコンピューターに接続する場合に推奨されます)。(This configuration is recommended when connecting to computers running Windows 8 or Windows Server 2012 and above).

  • モデム (56 Kbps) (接続の種類: i: 1) この設定では、ビットマップの永続キャッシュが有効になります。Modem (56 Kbps) (Connection type:i:1) This setting enables persistent bitmap caching.

  • 低速度ブロードバンド (256 Kbps-2 Mbps) (接続の種類: i: 2) この設定では、ビットマップの永続キャッシュと視覚スタイルが有効になります。Low Speed Broadband (256 Kbps - 2 Mbps) (Connection type:i:2) This setting enables persistent bitmap caching and visual styles.

  • 携帯電話/サテライト (高待機時間の 2mbps-16 mbps) (接続の種類: i: 3) この設定では、デスクトップコンポジション、永続ビットマップキャッシュ、視覚スタイル、およびデスクトップの背景が有効になります。Cellular/Satellite (2Mbps - 16 Mbps with high latency) (Connection type:i:3) This setting enables desktop composition, persistent bitmap caching, visual styles, and desktop background.

  • 高速ブロードバンド (2 mbps – 10 mbps) (接続の種類: i: 4) この設定では、デスクトップコンポジション、ドラッグ中のウィンドウの内容の表示、メニューとウィンドウのアニメーション、永続ビットマップキャッシュ、視覚スタイル、およびデスクトップの背景が有効になります。High-speed broadband (2 Mbps – 10 Mbps ) (Connection type:i:4) This setting enables desktop composition, show contents of windows while dragging, menu and window animation, persistent bitmap caching, visual styles, and desktop background.

  • WAN (待機時間が長い 10 Mbps 以上) (接続の種類: i: 5) この設定では、デスクトップコンポジション、ドラッグ中のウィンドウの内容の表示、メニューとウィンドウのアニメーション、永続ビットマップキャッシュ、視覚スタイル、およびデスクトップの背景が有効になります。WAN (10 Mbps or higher with high latency) (Connection type:i:5) This setting enables desktop composition, show contents of windows while dragging, menu and window animation, persistent bitmap caching, visual styles, and desktop background.

  • LAN (10 Mbps 以上) (接続の種類: i: 6) この設定では、デスクトップコンポジション、ドラッグ中のウィンドウの内容の表示、メニューとウィンドウのアニメーション、ビットマップの永続的なキャッシュ、テーマ、およびデスクトップの背景が有効になります。LAN (10 Mbps or higher) (Connection type:i:6) This setting enables desktop composition, show contents of windows while dragging, menu and window animation, persistent bitmap caching, themes, and desktop background.

デスクトップのサイズDesktop Size

リモートセッションのデスクトップサイズを制御するには、リモートデスクトップ接続の [表示] タブを使用するか、RDP 構成ファイル (desktopwidth: i: 1152 と desktopwidth: i: 864) を使用します。Desktop size for remote sessions can be controlled by using the Display tab in Remote Desktop Connection or by using the RDP configuration file (desktopwidth:i:1152 and desktopheight:i:864). デスクトップのサイズが大きいほど、そのセッションに関連付けられているメモリと帯域幅の消費量が大きくなります。The larger the desktop size, the greater the memory and bandwidth consumption that is associated with that session. 現在のデスクトップの最大サイズは 4096 x 2048 です。The current maximum desktop size is 4096 x 2048.