Web サーバーのパフォーマンス チューニングPerformance Tuning Web Servers

このトピックでは、Windows Server 2016 Web サーバーに対するパフォーマンス チューニングの方法と推奨事項について説明します。This topic describes performance tuning methods and recommendations for Windows Server 2016 web servers.

パフォーマンスのための適切なハードウェアの選択Selecting the proper hardware for performance

平均負荷、ピーク時の負荷、容量、拡張の計画、応答時間を考慮して、予想される Web 負荷に対応できる適切なハードウェアを選択することが重要です。It is important to select the proper hardware to satisfy the expected web load, considering average load, peak load, capacity, growth plans, and response times. ハードウェアにボトルネックがあると、ソフトウェア チューニングの効果が限定されます。Hardware bottlenecks limit the effectiveness of software tuning.

サーバー ハードウェアのパフォーマンス チューニングに関する記事に、以下のパフォーマンス制約を回避するためのハードウェアに関する推奨事項が記載されています。Performance Tuning for Server Hardware provides recommendations for hardware to avoid the following performance constraints:

  • 低速の CPU では、ASP、ASP.NET、TLS シナリオなど、CPU 負荷の高いワークロードの処理能力が制限されます。Slow CPUs offer limited processing power for CPU intensive workloads such as ASP, ASP.NET, and TLS scenarios.

  • 小さな L2 または L3/LLC プロセッサ キャッシュは、パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。A small L2 or L3/LLC processor cache might adversely affect performance.

  • 量が限られているメモリは、ホスティングできるサイトの数、格納できる動的コンテンツ スクリプト (ASP.NET など) の数、アプリケーション プールやワーカー プロセスの数に影響します。A limited amount of memory affects the number of sites that can be hosted, how many dynamic content scripts (such as ASP.NET) can be stored, and the number of application pools or worker processes.

  • 非効率的なネットワーク アダプターが原因で、ネットワークがボトルネックになります。Networking becomes a bottleneck because of an inefficient network adapter.

  • 非効率的なディスク サブシステムまたは記憶域アダプターが原因で、ファイル システムがボトルネックになります。The file system becomes a bottleneck because of an inefficient disk subsystem or storage adapter.

オペレーティング システムのベスト プラクティスOperating system best practices

可能な場合は、オペレーティング システムのクリーン インストールから開始します。If possible, start with a clean installation of the operating system. ソフトウェアをアップグレードすると、古い、不要な、または最適ではないレジストリ設定と、自動的に起動される場合にリソースを消費する、以前にインストールしたサービスとアプリケーションが残る可能性があります。Upgrading the software can leave outdated, unwanted, or suboptimal registry settings and previously installed services and applications that consume resources if they are started automatically. 別のオペレーティング システムがインストールされていて、それを保持しておく必要がある場合は、新しいオペレーティング システムを別のパーティションにインストールする必要があります。If another operating system is installed and you must keep it, you should install the new operating system on a different partition. そうしないと、%Program Files%\Common Files にある設定が新しいインストールによって上書きされます。Otherwise, the new installation overwrites the settings under %Program Files%\Common Files.

ディスク アクセスの干渉を減らすために、可能であれば、システム ページ ファイル、オペレーティング システム、Web データ、ASP テンプレート キャッシュ、インターネット インフォメーション サービス (IIS) ログを個別の物理ディスクに置きます。To reduce disk access interference, place the system page file, operating system, web data, ASP template cache, and the Internet Information Services (IIS) log on separate physical disks, if possible.

システム リソースの競合を軽減するために、可能であれば Microsoft SQL Server と IIS を異なるサーバーにインストールします。To reduce contention for system resources, install Microsoft SQL Server and IIS on different servers, if possible.

重要ではないサービスとアプリケーションのインストールは避けます。Avoid installing non-essential services and applications. 場合によっては、システム上の不要なサービスを無効にする価値があります。In some cases, it might be worthwhile to disable services that are not required on a system.

NTFS ファイル システムの設定NTFS file system settings

システム グローバル スイッチ NtfsDisableLastAccessUpdate (REG_DWORD) 1 は HKLM\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem の下にあり、既定では 1 に設定されます。The system-global switch NtfsDisableLastAccessUpdate (REG_DWORD) 1 is located under HKLM\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem and is set by default to 1. このスイッチでは、最後のファイルまたはディレクトリ アクセスに関する日付と時刻のスタンプの更新を無効にすることで、ディスク I/O の負荷と待ち時間を低減します。This switch reduces disk I/O load and latencies by disabling date and time stamp updating for the last file or directory access. Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 のクリーン インストールでは、この設定が既定で有効になるので、調整する必要はありません。Clean installations of Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, and Windows Server 2008 enable this setting by default, and you do not need to adjust it. 以前のバージョンの Windows では、このキーは設定されませんでした。Earlier versions of Windows did not set this key. サーバーで以前のバージョンの Windows が実行されているか、サーバーが Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 にアップグレードされた場合は、この設定を有効にする必要があります。If your server is running an earlier version of Windows, or it was upgraded to Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2008, you should enable this setting.

更新の無効化は、何千もディレクトリを含む大規模なデータ セット (または多くのホスト) を使用している場合に効果的です。Disabling the updates is effective when you are using large data sets (or many hosts) that contain thousands of directories. Web 管理の目的でのみこの情報を保持している場合は、IIS ログを代わりに使用することをお勧めします。We recommend that you use IIS logging instead if you maintain this information only for Web administration.

警告

増分バックアップ ユーティリティなどの一部のアプリケーションは、この更新情報に依存しており、この情報がないと正しく機能しません。Some applications, such as incremental backup utilities, rely on this update information, and they do not function correctly without it.

その他の参照情報Additional References