Server Core インストールにパッチを適用する

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

Server Core インストールを実行しているサーバーには、次の方法で修正プログラムを適用できます。

  • Windows Update の自動または Windows Server Update Services (WSUS) の使用。 Windows Update を使用すると、自動またはコマンドラインツール、または Windows Server Update Services (WSUS) を使用して、Server Core インストールを実行しているサーバーにサービスを実行できます。

  • 手動。 Windows update または WSUS を使用していない組織でも、更新プログラムを手動で適用することができます。

Server Core サーバーにインストールされている更新プログラムを表示する

Server Core に新しい更新プログラムを追加する前に、既にインストールされている更新プログラムを確認することをお勧めします。

Windows PowerShell を使用して更新プログラムを表示するには、 get-help を実行します。

コマンドを実行して更新プログラムを表示するには、 systeminfo.exe を実行します。 ツールがシステムを検査する間、しばらく時間がかかることがあります。

また、コマンドラインから wmic qfe リスト を実行することもできます。

Windows Update で自動的に Server Core にパッチを適用する

次の手順に従って、Windows Update を使用してサーバーに自動的にパッチを適用します。

  1. 現在の Windows Update 設定を確認します。

    %systemroot%\system32\Cscript %systemroot%\system32\scregedit.wsf /AU /v
    
  2. 自動更新を有効にするには:

    Net stop wuauserv
    %systemroot%\system32\Cscript %systemroot%\system32\scregedit.wsf /AU 4
    Net start wuauserv
    
  3. 自動更新を無効にするには、次のように実行します。

    Net stop wuauserv
    %systemroot%\system32\Cscript %systemroot%\system32\scregedit.wsf /AU 1
    Net start wuauserv
    

サーバーがドメインのメンバーである場合は、グループ ポリシーを使用して Windows Update を構成することもできます。 詳細については、「https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=192470」を参照してください。 ただし、この方法を使用すると、グラフィカルインターフェイスがないため、Server Core インストールに関連するオプション 4 ("自動ダウンロードしてインストールをスケジュールする") のみが使用されます。 インストールする更新プログラムとインストールするタイミングをより詳細に制御するには、ほとんどの Windows Update グラフィカル インターフェイスと同等のコマンド ライン機能を提供するスクリプトを使用します。 スクリプトの詳細については、「」を参照してください https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=192471

Windows Update が使用可能なすべての更新プログラムを即座に検出してインストールするように強制するには、次のコマンドを実行します。

Wuauclt /detectnow

インストールされる更新プログラムによっては、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。ただし、これはシステムから通知されません。 インストールプロセスが完了したかどうかを判断するには、タスクマネージャーを使用して、 wuauclt.exe または 信頼さ れたインストーラプロセスがアクティブに実行されていないことを確認します。 「 Server Core サーバーにインストールされている更新プログラムを表示 する」の方法を使用して、インストールされている更新プログラムの一覧を確認することもできます。

WSUS を使用してサーバーに修正プログラムを適用する

Server Core サーバーがドメインのメンバーである場合は、WSUS サーバーとグループ ポリシーを使用するようにサーバーを構成できます。 詳細については、 グループポリシー参照情報をダウンロードしてください。 また、の構成グループポリシー設定を確認することもでき自動更新

サーバーに手動で修正プログラムを適用する

更新プログラムをダウンロードし、Server Core インストールで使用できるようにします。 コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

Wusa <update>.msu /quiet

インストールされる更新プログラムによっては、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。ただし、これはシステムから通知されません。

更新プログラムを手動でアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

Wusa /uninstall <update>.msu /quiet