atat

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

指定した日時に、コンピューターで実行するには、コマンドとプログラムをスケジュールします。Schedules commands and programs to run on a computer at a specified time and date. 使用することができますスケジュール サービスを実行するときにのみです。You can use at only when the Schedule service is running. パラメーターを指定せずに使用されるスケジュールされたコマンドが表示されます。Used without parameters, at lists scheduled commands.

構文Syntax

at [\\computername] [[id] [/delete] | /delete [/yes]]
at [\\computername] <time> [/interactive] [/every:date[,...] | /next:date[,...]] <command>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
\\<コンピューター名>\\<computerName> リモート コンピューターを指定します。Specifies a remote computer. このパラメーターを省略した場合コマンドや、ローカル コンピューター上のプログラムをスケジュールします。If you omit this parameter, at schedules the commands and programs on the local computer.
<id><id> スケジュールされたコマンドに割り当てられる id 番号を指定します。Specifies the identification number assigned to a scheduled command.
/delete/delete スケジュールされたコマンドを取り消します。Cancels a scheduled command. 省略した場合ID、すべてのコンピューターでスケジュールされたコマンドが取り消されます。If you omit ID, all of the scheduled commands on the computer are canceled.
/yes/yes スケジュールされたイベントを削除すると、システムからのすべてのクエリを [はい] の回答です。Answers yes to all queries from the system when you delete scheduled events.
<time><time> コマンドを実行する時刻を指定します。Specifies the time when you want to run the command. 時間は 24 時間表記 (つまり、00:00 [午前 0 時] 23:59 まで) では、時間: 分として表されます。time is expressed as Hours:Minutes in 24-hour notation (that is, 00:00 [midnight] through 23:59).
対話型//interactive により、コマンド時にログオンしているユーザーのデスクトップと対話するコマンドを実行します。Allows command to interact with the desktop of the user who is logged on at the time Command runs.
/すべて。/every: 実行コマンドすべて指定した日または曜日や月 (たとえば、毎週木曜日、または毎月の日目) の日にします。Runs command on every specified day or days of the week or month (for example, every Thursday, or the third day of every month).
<date><date> コマンドを実行する日付を指定します。Specifies the date when you want to run the command. 1 つまたは複数の曜日を指定することができます (つまり、型MTWThFSSu) または、月の 1 つまたは複数の日 (つまり、型は 1 ~ 31)。You can specify one or more days of the week (that is, type M,T,W,Th,F,S,Su) or one or more days of the month (that is, type 1 through 31). 複数の日付エントリをコンマで区切ります。Separate multiple date entries with commas. 省略した場合日付月の現在の日付を使用します。If you omit date, at uses the current day of the month.
、次へ。/next: 実行コマンド(たとえば、次の火曜日) 1 日の次の出現箇所にします。Runs command on the next occurrence of the day (for example, next Thursday).
<command><command> Windows のコマンドを指定します (つまり、.exe や .com ファイル)、またはを実行するバッチ プログラム (つまり、.bat または .cmd ファイル)。Specifies the Windows command, program (that is, .exe or .com file), or batch program (that is, .bat or .cmd file) that you want to run. コマンドでは、パスを引数として必要とする場合は、絶対パス (ドライブ文字で始まる全体パス) を使用します。When the command requires a path as an argument, use the absolute path (that is, the entire path beginning with the drive letter). コマンドがリモート コンピューター上にある場合は、サーバーの汎用名前付け規則 (UNC) 表記を指定し、リモート ドライブ文字ではなく、名前、共有します。If the command is on a remote computer, specify Universal Naming Convention (UNC) notation for the server and share name, rather than a remote drive letter.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • schtasksの作成し、スケジュールされたタスクの管理に使用できるもう 1 つのコマンド ライン スケジューリング ツールです。schtasks is another command-line scheduling tool that you can use to create and manage scheduled tasks. 詳細についてはschtasks、関連トピックを参照してください。For more information about schtasks, see Related Topics.
  • 使用してUsing at
    使用する、ローカルの Administrators グループのメンバーがあります。To use at, you must be a member of the local Administrators group.
  • Cmd.exe の読み込みLoading Cmd.exe
    は自動的に読み込むことができません、Cmd.exe、コマンド インタープリターのコマンドを実行する前にします。at does not automatically load Cmd.exe, the command interpreter, before running commands. 実行可能 (.exe) ファイルを実行していない場合は、明示的に読み込む必要があります Cmd.exe コマンドの先頭に次のように: cmd/c dir > c:\test.outIf you are not running an executable (.exe) file, you must explicitly load Cmd.exe at the beginning of the command as follows: cmd /c dir > c:\test.out
  • スケジュールの表示コマンドViewing scheduled commands
    使用するとコマンド ライン オプションをスケジュールされたタスク表示テーブル形式で、次のようにします。When you use at without command-line options, scheduled tasks appear in a table formatted similar to the following:
    Status  ID   Day        time        Command Line
    OK      1    Each F     4:30 PM     net send group leads status due
    OK      2    Each M     12:00 AM    chkstor > check.file
    OK      3    Each F     11:59 PM    backup2.bat
    
  • 識別番号を含む (ID)Including identification number (ID)
    識別番号を含める場合 (ID) で次のような形式でコマンド プロンプトで 1 つのエントリの情報が表示されます。When you include identification number (ID) with at at a command prompt, information for a single entry appears in a format similar to the following:
    Task ID:      1
    Status:       OK
    Schedule:     Each  F
    time of Day:  4:30 PM
    Command:      net send group leads status due
    
    コマンドでスケジュールを設定したら、コマンド」と入力して、コマンドの構文が正しいことを確認、コマンド ライン オプションを特にコマンド ライン オプションなし。After you schedule a command with at, especially a command that has command-line options, check that the command syntax is correct by typing at without command-line options. コマンド ライン列の情報が正しくない場合は、コマンドを削除して再入力します。If the information in the Command Line column is incorrect, delete the command and retype it. まだ位置が正しくない場合は、以下のコマンド ライン オプションを指定してコマンドを再入力します。If it is still incorrect, retype the command with fewer command-line options.
  • 結果の表示Viewing results
    スケジュール設定コマンドバック グラウンド プロセスとして実行します。Commands scheduled with at run as background processes. 出力は、コンピューターの画面には表示されません。Output is not displayed on the computer screen. 出力をファイルにリダイレクトするには、リダイレクトの記号 (>) を使用します。To redirect output to a file, use the redirection symbol (>). 使用しているかどうか、リダイレクト記号の前にエスケープ記号 (^) を使用する必要をファイルに出力をリダイレクトする場合コマンドラインまたはバッチ ファイル。If you redirect output to a file, you need to use the escape symbol (^) before the redirection symbol, whether you are using at at the command line or in a batch file. たとえば、Output.text に出力をリダイレクトする次のように入力します。For example, to redirect output to Output.text, type:
    at 14:45 c:\test.bat ^>c:\output.txt
    実行中のコマンドの現在のディレクトリは、システム ルート フォルダーです。The current directory for the executing command is the systemroot folder.
  • システム時刻を変更します。Changing system time
    コマンドを実行するスケジュールを設定したら、コンピューターのシステム時刻を変更する場合、同期、」と入力して変更後のシステム時刻とスケジューラなしコマンド ライン オプション。If you change the system time at a computer after you schedule a command to run with at, synchronize the at scheduler with the revised system time by typing at without command-line options.
  • コマンドを格納します。Storing commands
    スケジュールされたコマンドは、レジストリに格納されます。Scheduled commands are stored in the registry. その結果、Schedule サービスを再起動する場合、スケジュールされたタスクは失われません。As a result, you do not lose scheduled tasks if you restart the Schedule service.
  • ドライブをネットワークに接続します。Connecting to network drives
    ネットワークにアクセスするスケジュールされたジョブは、リダイレクトされたドライブを使用しないでください。Do not use a redirected drive for scheduled jobs that access the network. スケジュール サービスで、リダイレクトされたドライブにアクセスできないか、リダイレクトされたドライブは、スケジュールされたタスクの実行時に、別のユーザーがログオンしている場合に存在できない可能性があります。The Schedule service might not be able to access the redirected drive, or the redirected drive might not be present if a different user is logged on at the time the scheduled task runs. 代わりに、スケジュールされたジョブの UNC パスを使用します。Instead, use UNC paths for scheduled jobs. 例:For example:
    at 1:00pm my_backup \\\server\share
    次の構文を使用しない場所x: ユーザーによる接続します。Do not use the following syntax, where x: is a connection made by the user:
    at 1:00pm my_backup x:
    スケジュールする場合、、共有ディレクトリへの接続にドライブ文字を使用してコマンドを含める、ドライブの使用が終了するときに、ドライブを切断するコマンド。If you schedule an at command that uses a drive letter to connect to a shared directory, include an at command to disconnect the drive when you are finished using the drive. ドライブがない切断されている場合は、割り当てられたドライブ文字は、コマンド プロンプトで使用できません。If the drive is not disconnected, the assigned drive letter is not available at the command prompt.
  • 72 時間後に停止するタスクTasks stopping after 72 hours
    既定を使用してスケジュールされたタスクによって、72 時間後にコマンド停止します。By default, tasks scheduled using the at command stop after 72 hours. この既定値を変更するレジストリを変更することができます。You can modify the registry to change this default value.
    1. レジストリ エディター (regedit.exe) を起動します。start registry editor (regedit.exe).
    2. 見つけて次のレジストリ キーをクリックします。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ScheduleLocate and click the following key in the registry: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Schedule
    3. [編集] メニューで、次のようにクリックします。 値を追加し、次のレジストリ値を追加します。値の名前: atTaskMaxHours データ型: reg_DWOrd の基数。10 進値のデータ:0。On the edit menu, click add Value, and then add the following registry value: Value Name: atTaskMaxHours Data type: reg_DWOrd Radix: Decimal Value Data: 0. 値のデータ フィールドに 0 の値は、制限がないことを示しますは停止しません。A value of 0 in the value data field indicates no limit, does not stop. 1 ~ 99 の値では、時間数を示します。Values from 1 through 99 indicates the number of hours. 注意Caution
  • レジストリを正しく編集しないと、システムが正常に動作しなくなる場合があります。Incorrectly editing the registry may severely damage your system. レジストリを変更する前に、コンピューター上の重要なデータのバックアップを作成する必要があります。Before making changes to the registry, you should back up any valued data on the computer.
  • タスク スケジューラとコマンドTask Scheduler and the at command
    [タスク] フォルダーを使用するには、設定を使用して作成されたタスクの表示または変更する、コマンド。You can use the Scheduled Tasks folder to view or modify the settings of a task that was created by using the at command. 使用してタスクをスケジュールするとき、コマンドをタスクが、次などの名前で、タスク フォルダーに一覧表示:at3478します。When you schedule a task using the at command, the task is listed in the Scheduled Tasks folder, with a name such as the following:at3478. ただし、変更する場合、スケジュールされたタスク フォルダーから、タスクのスケジュールされたタスクは通常にアップグレードされます。However, if you modify an at task through the Scheduled Tasks folder, it is upgraded to a normal scheduled task. タスクに表示されなく、コマンドをアカウントの設定に適用されなくなったことです。The task is no longer visible to the at command, and the at account setting no longer applies to it. タスクのユーザー アカウントとパスワードを明示的に入力する必要があります。You must explicitly enter a user account and password for the task.

    Examples

    Marketing サーバーでスケジュールされているコマンドの一覧を表示するには、次のように入力します。To display a list of commands scheduled on the Marketing server, type:

at \\marketing

Corp サーバーの識別番号 3 のコマンドに関する詳細については、次のように入力します。To learn more about a command with the identification number 3 on the Corp server, type:

at \\corp 3

午前 8 時に、Corp サーバーで実行する net share コマンドをスケジュールするにはTo schedule a net share command to run on the Corp server at 8:00 A.M. 一覧をレポートの共有ディレクトリ、および Corp.txt ファイルの種類で、メンテナンス サーバーにリダイレクトします。and redirect the listing to the Maintenance server, in the Reports shared directory, and the Corp.txt file, type:

at \\corp 08:00 cmd /c "net share reports=d:\marketing\reports >> \\maintenance\reports\corp.txt"

5 日おきの午前 0 時にテープ ドライブを Marketing サーバーのハード ドライブをバックアップするバックアップ コマンドを含む archive.cmd バッチ プログラムを作成し、バッチ ファイルが実行をスケジュールし、次のように入力します。To back up the hard drive of the Marketing server to a tape drive at midnight every five days, create a batch program called Archive.cmd, which contains the backup commands, and then schedule the batch program to run, type:

at \\marketing 00:00 /every:5,10,15,20,25,30 archive

現在のサーバーでスケジュールされたすべてのコマンドを取り消す場合に、オフ、情報を次のようにスケジュールします。To cancel all commands scheduled on the current server, clear the at schedule information as follows:

at /delete

実行可能ファイル (つまり、.exe) ファイルでないコマンドを実行すると、コマンドの前にcmd/c次のように Cmd.exe を読み込めません。To run a command that is not an executable (that is, .exe) file, precede the command with cmd /c to load Cmd.exe as follows:

cmd /c dir > c:\test.out