bdehdcfgbdehdcfg

BitLocker ドライブ暗号化のために必要なパーティションを含むハード ドライブを準備します。Prepares a hard drive with the partitions necessary for BitLocker Drive Encryption. Windows 7 のインストールのほとんどは、BitLocker のセットアップに準備し、必要に応じてドライブのパーティションを再作成する機能が含まれているために、このツールを使用する必要はありません。Most installations of Windows 7 will not need to use this tool because BitLocker setup includes the ability to prepare and repartition drives as required.

警告

既知の競合がある、 BitLocker で保護されていない固定ドライブへの書き込みアクセスを拒否グループ ポリシー設定の場所でコンピューターの構成 \ 管理用テンプレート \windows コンポーネント \bitlocker\Bitlocker データ ドライブのドライブします。There is a known conflict with the Deny write access to fixed drives not protected by BitLocker Group Policy setting located in Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\BitLocker Drive Encryption\Fixed Data Drives.
> このポリシー設定を有効にすると、Bdehdcfg はコンピューターで実行される場合は、次の問題が発生する可能性があります。> If Bdehdcfg is run on a computer when this policy setting is enabled, you may encounter the following issues:
> - ドライブを圧縮して、システム ドライブを作成しようとする場合に、ドライブのサイズが減少して、未処理のパーティションが作成されます。> - If you attempted to shrink the drive and create the system drive, the drive size will be successfully reduced and a raw partition will be created. ただし、初期化されていないパーティションはフォーマットされていません。However, the raw partition will not be formatted. 次のエラー メッセージが表示されます。"新しいアクティブ ドライブをフォーマットすることはできません。The following error message is displayed: "The new active Drive cannot be formatted. ドライブを BitLocker 用に手動で準備する必要がある可能性があります。」You may need to manually prepare your drive for BitLocker."
> の場合、システム ドライブを作成する未割り当て領域を使用しようとすると、未処理のパーティションが作成されます。> - If you attempted to use unallocated space to create the system drive, a raw partition will be created. ただし、初期化されていないパーティションはフォーマットされていません。However, the raw partition will not be formatted. 次のエラー メッセージが表示されます。"新しいアクティブ ドライブをフォーマットすることはできません。The following error message is displayed: "The new active Drive cannot be formatted. ドライブを BitLocker 用に手動で準備する必要がある可能性があります。」You may need to manually prepare your drive for BitLocker."
>-既存のドライブをシステム ドライブにマージしようとすると、システム ドライブを作成するターゲット ドライブに必要なブート ファイルをコピーするツールは失敗します。> - If you attempted to merge an existing drive into the system drive, the tool will fail to copy the required boot file onto the target drive to create the system drive. 次のエラー メッセージが表示されます。"BitLocker のセットアップにブート ファイルをコピーできませんでした。The following error message is displayed: "BitLocker setup failed to copy boot files. ドライブを BitLocker 用に手動で準備する必要がある可能性があります。」You may need to manually prepare your drive for BitLocker."
> このポリシー設定が適用されている場合、ドライブが保護されているためにハード ドライブを直すことはできません。> If this policy setting is being enforced, a hard drive cannot be repartitioned because the drive is protected. Windows の以前のバージョンから、組織内のコンピューターをアップグレードして、これらのコンピューターが 1 つのパーティションで構成された場合、は、コンピューターにポリシー設定を適用する前に必要な BitLocker システム パーティションを作成する必要があります。If you are upgrading computers in your organization from a previous version of Windows and those computers were configured with a single partition, you should create the required BitLocker system partition before applying the policy setting to the computers.

このコマンドの使用方法の例については、次を参照してください。 します。For examples of how this command can be used, see Examples.

構文Syntax

bdehdcfg [–driveinfo <DriveLetter>] [-target {default|unallocated|<DriveLetter> shrink|<DriveLetter> merge}] [–newdriveletter] [–size <SizeinMB>] [-quiet]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
Bdehdcfg: driveinfoBdehdcfg: driveinfo 指定されたドライブ上のドライブ文字、合計サイズ、最大の空き領域、およびパーティションのパーティションの特性を表示します。Displays the drive letter, the total size, the maximum free space, and the partition characteristics of the partitions on the drive specified. 有効なパーティションのみが一覧表示されます。Only valid partitions are listed. 4 つのプライマリまたは拡張パーティションが既に存在する場合は、未割り当て領域は表示されません。Unallocated space is not listed if four primary or extended partitions already exist.
Bdehdcfg: targetBdehdcfg: target システム ドライブとして使用するドライブをのどの部分を定義し、部分をアクティブになります。Defines which portion of a drive to use as the system drive and makes the portion active.
Bdehdcfg: newdriveletterBdehdcfg: newdriveletter システム ドライブとして使用されるドライブの領域に新しいドライブ文字を割り当てます。Assigns a new drive letter to the portion of a drive used as the system drive.
bdehdcfg: サイズBdehdcfg: size 新しいシステム ドライブを作成するときは、システム パーティションのサイズを決定します。Determines the size of the system partition when a new system drive is being created.
Bdehdcfg: quietBdehdcfg: quiet すべての操作やコマンド ライン インターフェイスでエラーが表示されないようにし、[はい] に"Yes"の応答を使用する Bdehdcfg]、[ドライブの準備に後続の中に発生する画面の指示はないです。Prevents the display of all actions and errors in the command-line interface and directs Bdehdcfg to use the "Yes" answer to any Yes/No prompts that may occur during subsequent drive preparation.
bdehdcfg: 再起動Bdehdcfg: restart ドライブの準備が完了した後に再起動するコンピューターに指示します。Directs the computer to restart after the drive preparation has finished.
/?/? コマンド プロンプトでヘルプを表示します。Displays Help at the command prompt.

Examples

次の例は、500 MB のシステム パーティションを作成する既定のドライブで使用されている Bdehdcfg を示しています。The following example depicts Bdehdcfg being used with the default drive to create a system partition of 500 MB. ドライブ文字が指定されていないため、新しいシステム パーティションには、ドライブ文字はありません。Because no drive letter is specified, the new system partition will not have a drive letter.

bdehdcfg -target default -size 500

次の例では、システム パーティション (p:) を作成する既定のドライブで使用されている Bdehdcfg を示しています。ドライブ上の未割り当て領域外の 300 MB の既定のサイズ。The following example depicts Bdehdcfg being used with the default drive to create a system partition (P:) of the default size of 300 MB out of unallocated space on the drive. ツールは、ユーザーにさらに、入力を求めないも、すべてのエラーが表示されます。The tool will not prompt the user for any further input nor will any errors be displayed. システム ドライブが作成されたら、コンピューターは自動的に再起動します。After the system drive has been created, the computer will automatically restart.

bdehdcfg -target unallocated –newdriveletter P: -quiet -restart

その他の参照情報Additional references