bdehdcfg: サイズbdehdcfg: size

新しいシステム ドライブを作成するときは、システム パーティションのサイズを指定します。Specifies the size of the system partition when a new system drive is being created. このコマンドの使用方法の例は、次を参照してください。します。For an example of how this command can be used, see Examples.

構文Syntax

bdehdcfg -target {default|unallocated|<DriveLetter> shrink} -size <SizeinMB>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<SizeinMB ><SizeinMB> メガバイト (MB) を使用して、新しいパーティションの数を示します。Indicates the number of megabytes (MB) to use for the new partition.

注釈Remarks

サイズを指定しない場合、ツールは 300 MB の既定値を使用します。If you do not specify a size, the tool will use the default value of 300 MB. システム ドライブの最小サイズは、100 MB です。The minimum size of the system drive is 100 MB. システム パーティションには、システムの回復またはその他のシステム ツールを保存する、する場合は、それに応じてサイズを増やす必要があります。If you will store system recovery or other system tools on the system partition, you should increase the size accordingly.

注意

サイズコマンドと組み合わせることはできません、ターゲット<ドライブ文字 >マージコマンド。The size command cannot be combined with the target <DriveLetter> merge command.

Examples

次の例を使用して、サイズに 500 MB を既定のシステム ドライブに割り当てるコマンド。The following example illustrates using the size command to allocate 500 MB to the default system drive.

bdehdcfg -target default -size 500

その他の参照情報Additional references