bitsadmin setnoprogresstimeoutbitsadmin setnoprogresstimeout

最初の一時的なエラーが発生した後に、ファイルを転送しようとするビットを秒単位で時間の長さを設定します。Sets the length of time, in seconds, that BITS tries to transfer the file after the first transient error occurs.

構文Syntax

bitsadmin /SetNoProgressTimeout <Job> <TimeOutvalue>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
JobJob ジョブの表示名または GUIDThe job's display name or GUID
TimeOutvalueTimeOutvalue 秒単位で表された数値。A number represented in seconds.

注釈Remarks

  • なしの進行状況のタイムアウト間隔は、一時的なエラーを検出すると、ジョブを開始します。The no progress timeout interval begins when the job encounters a transient error.
  • タイムアウト間隔が停止またはバイトのデータが正常に転送されるときにリセットします。The timeout interval stops or resets when a byte of data is successfully transferred.
  • 進行状況のタイムアウト間隔がない場合、 TimeOutvalueジョブが致命的なエラー状態で保存されます。If no progress timeout interval exceeds the TimeOutvalue, then the job is placed in a fatal error state.

Examples

次の例では、という名前のジョブのない進行状況のタイムアウト値が設定myDownloadJobを 20 秒The following example sets the no progress time out value for the job named myDownloadJob to 20 seconds

C:\>bitsadmin /SetNoProgressTimeout myDownloadJob 20

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key