change userchange user

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

リモート デスクトップ セッション ホスト (rd セッション ホスト) サーバーのインストール モードを変更します。changes the install mode for the Remote Desktop Session Host (rd Session Host) server. このコマンドを使用する方法の例については、次を参照してください。します。for examples of how to use this command, see Examples.

注意

Windows Server 2008 R2 で、「ターミナル サービス」は「リモート デスクトップ サービス」に名前変更されました。In Windows Server 2008 R2, Terminal Services was renamed Remote Desktop Services. 新機能については、最新バージョンについてを参照してください。 Windows Server 2012 でのリモート デスクトップ サービスでどのような s の新しい、Windows Server TechNet ライブラリです。To find out what's new in the latest version, see What s New in Remote Desktop Services in Windows Server 2012 in the Windows Server TechNet Library.

構文Syntax

change user {/execute | /install | /query}

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/実行/execute ホーム ディレクトリに .ini ファイルのマッピングを有効にします。Enables .ini file mapping to the home directory. これは、既定の設定です。This is the default setting.
/install/install ホーム ディレクトリに .ini ファイルのマッピングを無効にします。Disables .ini file mapping to the home directory. すべての .ini ファイルは読み取りし、システム ディレクトリに書き込まれます。All .ini files are read and written to the system directory. Rd セッション ホスト サーバーにアプリケーションをインストールする場合は、.ini ファイルのマッピングを無効にする必要があります。You must disable .ini file mapping when installing applications on an rd Session Host server.
/query/query .Ini ファイルのマッピングの現在の設定を表示します。Displays the current setting for .ini file mapping.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 使用 「change user/installシステム ディレクトリで、アプリケーションの .ini ファイルを作成するアプリケーションをインストールする前にします。Use change user /install before installing an application to create .ini files for the application in the system directory. これらのファイルは、ユーザー固有の .ini ファイルが作成されたときに、ソースとして使用されます。These files are used as the source when user-specific .ini files are created. アプリケーションをインストールすると、次のように使用します。 change user標準の .ini ファイルのマッピングに戻す。After installing the application, use change user /execute to revert to standard .ini file mapping.
  • 初めてのアプリケーションを実行する、.ini ファイルのホーム ディレクトリを検索します。The first time that you run the application, it searches the home directory for its .ini files. .Ini ファイルにホーム ディレクトリに存在しないシステムのディレクトリ内にある場合は、リモート デスクトップ サービス、.ini ファイルにコピー ホーム ディレクトリでは、各ユーザーがアプリケーションの .ini ファイルの一意のコピーを持っていることを確認します。If the .ini files are not found in the home directory, but are found in the system directory, Remote Desktop Services copies the .ini files to the home directory, ensuring that each user has a unique copy of the application .ini files. 新しい .ini ファイルは、ホーム ディレクトリに作成されます。Any new .ini files are created in the home directory.
  • 各ユーザー、アプリケーション用の .ini ファイルの一意のコピーが必要です。Each user should have a unique copy of the .ini files for an application. これにより、別のユーザーが互換性のないアプリケーションの構成 (たとえば、異なる既定のディレクトリまたは画面解像度) を持つ可能性があります。This prevents instances where different users might have incompatible application configurations (for example, different default directories or screen resolutions).
  • システムがインストール モードの場合 (つまり、 「change user/install)、いくつか問題が発生します。When the system is in install mode (that is, change user /install), several things occur. 作成されたすべてのレジストリ エントリが影付きhkey_local_machine \software\microsoft\windows NT\Currentversion\Terminal Server\Install、いずれかで、 \SOFTWAREサブキーまたは、 \MACHINEサブキー。All registry entries that are created are shadowed under HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\Currentversion\Terminal Server\Install, in either the \SOFTWARE subkey or the \MACHINE subkey. サブキーが追加されたHKEY_CURrenT_USER下にコピーされます、 \SOFTWAREサブキー、およびサブキーに追加HKEY_LOCAL_MACHINE下にコピーされます、 \マシンサブキー。Subkeys added to HKEY_CURrenT_USER are copied under the \SOFTWARE subkey, and subkeys added to HKEY_LOCAL_MACHINE are copied under the \MACHINE subkey. アプリケーションでは、Windows ディレクトリを照会 GetWindowsdirectory などのシステム呼び出しを使用して、rd セッション ホスト サーバーは、systemroot ディレクトリを返します。If the application queries the Windows directory by using system calls, such as GetWindowsdirectory, the rd Session Host server returns the systemroot directory. WritePrivateProfileString などのシステム呼び出しを使用して、.ini ファイルのエントリが追加された場合は、systemroot ディレクトリの下の .ini ファイルに追加されます。If any .ini file entries are added by using system calls, such as WritePrivateProfileString, they are added to the .ini files under the systemroot directory.
  • システムが実行モードに返されるときに (つまり、ユーザーを変更する/実行)、アプリケーションの下のレジストリ エントリを読み込もうとHKEY_CURrenT_USER存在しない、リモート デスクトップ サービスキーのコピーが存在するかどうかを確認するためのチェック、 \Terminal Server\Installサブキー。When the system returns to execution mode (that is, change user /execute), and the application tries to read a registry entry under HKEY_CURrenT_USER that does not exist, Remote Desktop Services checks to see whether a copy of the key exists under the \Terminal Server\Install subkey. 下の適切な場所にサブキーをコピーする場合は、 HKEY_CURrenT_USERします。If it does, the subkeys are copied to the appropriate location under HKEY_CURrenT_USER. アプリケーションが存在しない .ini ファイルから読み取るしようとすると、リモート デスクトップ サービスはシステム ルートの下には、その .ini ファイルを検索します。If the application tries to read from an .ini file that does not exist, Remote Desktop Services searches for that .ini file under the system root. .Ini ファイルがシステム ルートにある場合は、ユーザーのホーム ディレクトリの \Windows サブディレクトリにコピーされます。If the .ini file is in the system root, it is copied to the \Windows subdirectory of the user's home directory. アプリケーションでは、Windows ディレクトリを照会、rd セッション ホスト サーバーはユーザーのホーム ディレクトリの \Windows サブディレクトリを返します。If the application queries the Windows directory, the rd Session Host server returns the \Windows subdirectory of the user's home directory.
  • ログオン時にリモート デスクトップ サービスは、そのシステムの .ini ファイルがコンピューターに、.ini ファイルより新しいかどうかを確認します。When you log on, Remote Desktop Services checks whether its system .ini files are newer than the .ini files on your computer. .Ini ファイルは、システムのバージョンが新しい場合は、交換か、新しいバージョンとマージします。If the system version is newer, your .ini file is either replaced or merged with the newer version. これは、この .ini ファイルの設定は、かどうか、INISYNC ビット、0x40 によって異なります。This depends on whether or not the INISYNC bit, 0x40, is set for this .ini file. 以前のバージョンの .ini ファイル Inifile.ctx 名前が付けられます。Your previous version of the .ini file is renamed as Inifile.ctx. 下に、システム レジストリ値の場合、 \Terminal Server\Installサブキーの下で、バージョンより新しいはHKEY_CURrenT_USERサブキーのバージョンが削除され、新しいサブキーに置き換えられます \Terminal Server\Installします。If the system registry values under the \Terminal Server\Install subkey are newer than your version under HKEY_CURrenT_USER, your version of the subkeys is deleted and replaced with the new subkeys from \Terminal Server\Install.

    Examples

  • ホーム ディレクトリで .ini ファイルのマッピングを無効にするには、次のように入力します。To disable .ini file mapping in the home directory, type:
    change user /install
    
  • ホーム ディレクトリで .ini ファイルのマッピングを有効にするには、次のように入力します。To enable .ini file mapping in the home directory, type:
    change user /execute
    
  • .Ini ファイルのマッピングの現在の設定を表示するには、次のように入力します。To display the current setting for .ini file mapping, type:
    change user /query
    

    その他の参照additional references

    コマンドライン構文のポイント 変更 Remote Desktop Services(ターミナル サービス)コマンド リファレンスCommand-Line Syntax Key change Remote Desktop Services (Terminal Services) Command Reference