copycopy

1 つの場所から別の 1 つまたは複数のファイルをコピーします。Copies one or more files from one location to another.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

copy [/d] [/v] [/n] [/y | /-y] [/z] [/a | /b] <Source> [/a | /b] [+<Source> [/a | /b] [+ ...]] [<Destination> [/a | /b]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/d/d 転送先に復号化されたファイルとして保存する、コピーされる暗号化されたファイルを使用します。Allows the encrypted files being copied to be saved as decrypted files at the destination.
/v/v 新しいファイルが不適切に書き込まれたことを確認します。Verifies that new files are written correctly.
/n/n 8 文字より長い名前を持つ、またはファイル名拡張子の 3 つの文字を超えるファイルをコピーするときに、使用可能な場合、短いファイル名を使用します。Uses a short file name, if available, when copying a file with a name longer than eight characters, or with a file name extension longer than three characters.
/y/y 既存の変換先ファイルを上書きすることを確認するプロンプトを表示しません。Suppresses prompting to confirm that you want to overwrite an existing destination file.
/y/-y 既存の変換先ファイルを上書きすることを確認するように求められます。Prompts you to confirm that you want to overwrite an existing destination file.
/z/z 再起動可能モードでネットワーク ファイルをコピーします。Copies networked files in restartable mode.
/a/a ASCII テキスト ファイルを示します。Indicates an ASCII text file.
/b/b バイナリ ファイルを示します。Indicates a binary file.
<ソース ><Source> 必須。Required. ファイルまたは一連のファイルをコピーする場所を指定します。Specifies the location from which you want to copy a file or set of files. ソースのドライブ文字とコロン、ディレクトリ名、ファイル名、またはこれらの組み合わせで構成できます。Source can consist of a drive letter and colon, a directory name, a file name, or a combination of these.
<宛先 ><Destination> 必須。Required. ファイルまたは一連のファイルをコピーする場所を指定します。Specifies the location to which you want to copy a file or set of files. 移行先のドライブ文字とコロン、ディレクトリ名、ファイル名、またはこれらの組み合わせで構成できます。Destination can consist of a drive letter and colon, a directory name, a file name, or a combination of these.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • ファイルの終端文字 (CTRL + Z) を使用して、ファイルの末尾を示す ASCII テキスト ファイルをコピーすることができます。You can copy an ASCII text file that uses an end-of-file character (CTRL+Z) to indicate the end of the file.

  • 使用して /aUsing /a

    ときに /aの前または次のリストまですべてのファイルに適用されます、コマンドラインでファイルのコピーが発生した /bWhen /a precedes or follows a list of files on the command line, it applies to all files listed until copy encounters /b. この場合、 /b前のファイルに適用される /bします。In this case, /b applies to the file preceding /b.

    効果 /aコマンドライン文字列内の位置によって異なります。The effect of /a depends on its position in the command-line string. ときに /a依存ソースコピーファイル、ASCII ファイルとして扱われ、最初のファイルの終端文字 (CTRL + Z) の前にデータをコピーします。When /a follows Source, copy treats the file as an ASCII file and copies data that precedes the first end-of-file character (CTRL+Z).

    ときに /a依存コピーファイルの最後の文字としてファイルの終端文字 (CTRL + Z) を追加します。When /a follows Destination, copy adds an end-of-file character (CTRL+Z) as the last character of the file.

  • 使用して /bUsing /b

    /bをディレクトリにファイルのサイズで指定したバイト数を読み取るコマンド インタープリターに指示します。/b directs the command interpreter to read the number of bytes specified by the file size in the directory. /bの既定値は、コピーがない限り、コピーファイルを結合します。/b is the default value for copy, unless copy combines files.

    ときに /bの前または次のリストまですべてのファイルに適用されます、コマンドラインでファイルのコピーが発生した /aします。When /b precedes or follows a list of files on the command line, it applies to all listed files until copy encounters /a. この場合、 /a前のファイルに適用される /aします。In this case, /a applies to the file preceding /a.

    効果 /bコマンドライン文字列内の位置に依存します。The effect of /b depends on its position in the command–line string. ときに /b依存ソースコピー (CTRL + Z) の任意のファイルの終端文字を含む、ファイル全体をコピーします。When /b follows Source, copy copies the entire file, including any end-of-file character (CTRL+Z).

    ときに /b依存コピーファイルの終端文字 (CTRL + Z) を追加しません。When /b follows Destination, copy does not add an end-of-file character (CTRL+Z).

  • 使用して /vUsing /v

    場合は、エラー メッセージが表示されます、書き込み操作を確認できません。If a write operation cannot be verified an error message appears. 録画エラーが発生することはほとんどありませんがコピー、使用することができます /v重要なデータが正しく記録されることを確認します。Although recording errors rarely occur with copy, you can use /v to verify that critical data has been correctly recorded. /Vコマンド ライン オプションも遅く、コピーコマンドをディスクに記録された各セクターをチェックする必要があるためです。The /v command-line option also slows down the copy command, because each sector recorded on the disk must be checked.

  • 使用して /y/yUsing /y and /-y

    場合 /yプリセットが/z を使用してこの設定を上書きできます /yコマンドライン。If /y is preset in the COPYCMD environment variable, you can override this setting by using /-y at the command line. 既定で表示されたら、置き換えるときにこの設定しない限り、コピーバッチ スクリプトでコマンドを実行します。By default, you are prompted when you replace this setting, unless the copy command is executed in a batch script.

  • ファイルを追加します。Appending files

    ファイルを追加するには、1 つのファイルを指定の 複数のファイルがソース(ワイルドカード文字を使用またはFile1 + File2+File3形式)。To append files, specify a single file for Destination, but multiple files for Source (use wildcard characters or File1+File2+File3 format).

  • 使用して /zUsing /z

    (たとえば、サーバーがオフラインの接続を解除する場合)、コピー フェーズ中に、接続が失われた場合コピー/z接続が再確立後に再開します。If the connection is lost during the copy phase (for example, if the server going offline breaks the connection), copy /z resumes after the connection is re-established. /zもファイルごとに実行されるコピー操作の割合が表示されます。/z also displays the percentage of the copy operation that is completed for each file.

  • デバイスからのコピーCopying to and from devices

    1 つまたは複数回出現したデバイス名を置き換えることができますソースまたはします。You can substitute a device name for one or more occurrences of Source or Destination.

  • 使用しても省略 /bデバイスにコピーするときにUsing or omitting /b when copying to a device

    ときに(Com1 または Lpt1 など) のデバイスは、 /bバイナリ モードでのデバイスにデータをコピーします。When Destination is a device (for example, Com1 or Lpt1), /b copies data to the device in binary mode. バイナリ モードでコピー/b (CTRL + C、CTRL キーを押しながら S キー、CTRL + Z,、ENTER などの特殊文字を含む) のすべての文字をデータとしてデバイスにコピーします。In binary mode, copy /b copies all characters (including special characters such as CTRL+C, CTRL+S, CTRL+Z, and ENTER) to the device as data. ただし、省略した場合 /b、ASCII モードでデバイスにデータをコピーします。However, if you omit /b, data is copied to the device in ASCII mode. ASCII モードでの特殊文字にファイル コピー処理中に結合することがあります。In ASCII mode, special characters might cause files to combine during the copying process.

  • 既定の変換先ファイルを使用します。Using the default destination file

    コピー先のファイルを指定しない場合、コピーは同じ名前で作成、変更日、および変更元のファイルと時刻。If you do not specify a destination file, a copy is created with the same name, modified date, and modified time as the original file. 新しいコピーは、現在のドライブの現在のディレクトリに格納されます。The new copy is stored in the current directory on the current drive. ソース ファイルが現在のドライブの現在のディレクトリと、別のドライブまたはリンク先のファイルのディレクトリを指定しない場合、コピーコマンドが停止し、次のエラー メッセージが表示されます。If the source file is on the current drive and in the current directory and you do not specify a different drive or directory for the destination file, the copy command stops and displays the following error message:

    File cannot be copied onto itself

    0 File(s) copied

  • ファイルを結合します。Combining files

    1 つ以上のファイルを指定する場合ソースコピーこれらすべてで指定されたファイル名を使用して 1 つのファイルに結合します。If you specify more than one file in Source, copy combines them all into a single file using the file name specified in Destination. コピーを使用しない限り、結合されたファイルは、ASCII ファイルして、 /bオプション。Copy assumes the combined files are ASCII files unless you use the /b option.

  • 長さゼロのファイルのコピーCopying zero-length files

    コピー 0 バイトであるファイルはコピーされません。Copy does not copy files that are 0 bytes long. 使用xcopyにこれらのファイルをコピーします。Use xcopy to copy these files.

  • ファイルの日付と時刻を変更します。Changing the time and date of a file

    現在の時刻を割り当てるし、ファイルを変更することがなく、日付をファイルにする場合は、次の構文を使用します。If you want to assign the current time and date to a file without modifying the file, use the following syntax:

    copy /b <Source> +,,
    

    コンマの省略の指定、パラメーター。The commas indicate the omission of the Destination parameter.

  • サブディレクトリ内のファイルのコピーCopying files in subdirectories

    すべてのディレクトリのファイルとサブディレクトリをコピーするには、使用、 xcopyコマンド。To copy all of a directory's files and subdirectories, use the xcopy command.

  • コピーコマンドで他のパラメーターは、回復コンソールから利用できます。The copy command, with different parameters, is available from the Recovery Console.

Examples

現在のドライブ letter.doc memo.doc ファイルをコピーして、ファイルの終端文字 (CTRL + Z) が、コピーされたファイルの末尾にあることを確認、次のように入力します。To copy a file called Memo.doc to Letter.doc in the current drive and ensure that an end-of-file character (CTRL+Z) is at the end of the copied file, type:

copy memo.doc letter.doc /a

鳥をという名前は C ドライブにある既存のディレクトリを現在のドライブとディレクトリから robin.typ ファイルをコピーするには、次のように入力します。To copy a file named Robin.typ from the current drive and directory to an existing directory named Birds that is located on drive C, type:

copy robin.typ c:\birds

ディスク上で C ドライブのルート ディレクトリにある鳥をという名前のファイルに Robin.typ ファイルをコピー、鳥のディレクトリが存在しない場合If the Birds directory does not exist, the file Robin.typ is copied into a file named Birds that is located in the root directory on the disk in drive C.

Mar89.rpt、Apr89.rpt、および May89.rpt、現在のディレクトリに配置されを (現在のディレクトリ) にもレポートをという名前のファイルに配置するを結合するには、次のように入力します。To combine Mar89.rpt, Apr89.rpt, and May89.rpt, which are located in the current directory, and place them in a file named Report (also in the current directory), type:

copy mar89.rpt + apr89.rpt + may89.rpt Report

ファイルを組み合わせるとコピーに現在の日付と時刻の変換先ファイルをマークします。When you combine files, copy marks the destination file with the current date and time. 省略した場合ファイルを結合して、一覧の最初のファイルの名前の下に格納します。If you omit Destination, the files are combined and stored under the name of the first file in the list. たとえば、レポートを既にという名前のファイルが存在する場合に、レポート内のすべてのファイルを結合する次のように入力します。For example, to combine all files in Report when a file named Report already exists, type:

copy report + mar89.rpt + apr89.rpt + may89.rpt

現在のディレクトリに 1 つのファイルの名前付き Combined.doc the.txt ファイル名拡張子を持つすべてのファイルを結合するには、次のように入力します。To combine all files in the current directory that have the.txt file name extension into a single file named Combined.doc, type:

copy *.txt Combined.doc 

ワイルドカード文字を使用して、1 つのファイルに複数のバイナリ ファイルを結合する場合 /bします。If you want to combine several binary files into one file by using wildcard characters, include /b. これは Windows が CTRL キーを押しながら Z キーをファイルの終端文字として処理することを防ぎます。This prevents Windows from treating CTRL+Z as an end-of-file character. たとえば、次のように入力します。For example, type:

copy /b *.exe Combined.exe

注意事項

バイナリ ファイルを結合する場合、生成されたファイルが内部の書式設定のために使用できない可能性があります。If you combine binary files, the resulting file might be unusable due to internal formatting.

次の例では、コピー対応する .ref ファイルと .txt 拡張子を持つ各ファイルを結合します。In the following example, copy combines each file that has a .txt extension with its corresponding .ref file. 結果は、同じファイル名が拡張子が .doc ファイルです。The result is a file with the same file name but with a .doc extension. コピー File1.doc、フォームに File1.txt File1.ref とを結合し、コピー File2.doc、フォームに File2.ref と組み合わせて File2.txt します。Copy combines File1.txt with File1.ref to form File1.doc, and then copy combines File2.txt with File2.ref to form File2.doc, and so on. たとえば、次のように入力します。For example, type:

copy *.txt + *.ref *.doc

.Txt 拡張子を持つすべてのファイルの結合を .ref 拡張子を持つ Combined.doc をという 1 つのファイルにすべてのファイルを結合は、次のように入力します。To combine all files with the .txt extension, and then combine all files with the .ref extension into one file named Combined.doc, type:

copy *.txt + *.ref Combined.doc

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key