dfsrmigdfsrmig

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

dfsrmigコマンドの分散ファイル システム (DFS) レプリケーションは、SYSvol レプリケーション ファイル レプリケーション サービス (FRS) からに移行、移行の進行状況に関する情報を提供、および active directory Domain Services (AD DS) オブジェクトに変更されます移行をサポートします。The dfsrmig command migrates SYSvol replication from File Replication Service (FRS) to Distributed File System (DFS) Replication, provides information about the progress of the migration, and modifies active directory Domain Services (AD DS) objects to support the migration. このコマンドを使用する方法の例については、次を参照してください。、このドキュメントで後述する「します。for examples of how to use this command, see the Examples section later in this document.

構文Syntax

dfsrmig [/SetGlobalState <state> | /GetGlobalState | /GetMigrationState | /createGlobalObjects | 
/deleteRoNtfrsMember [<read_only_domain_controller_name>] | /deleteRoDfsrMember [<read_only_domain_controller_name>] | /?]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/SetGlobalState /SetGlobalState によって指定された値に対応する状態をドメインに必要なグローバル移行状態を設定状態します。Sets the desired global migration state for the domain to the state that corresponds to the value specified by state.

移行またはロールバック プロセスを進めてするには、有効な状態を順番にこのコマンドを使用します。To proceed through the migration or the rollback processes, use this command to cycle through the valid states. このオプションを使用すると、開始および AD DS で PDC エミュレーターのグローバルの移行の状態を設定して、移行プロセスを制御できます。This option enables you to initiate and control the migration process by setting the global migration state in AD DS on the PDC emulator. PDC エミュレーターが使用できない場合、このコマンドは失敗します。If the PDC emulator is not available, this command fails.

グローバルの移行の状態は、安定した状態にのみ設定できます。You can only set the global migration state to a stable state. 有効な値状態、したがって、 0開始状態の1の準備済みの状態を2 、リダイレクトされた状態のと3除去済み状態にします。The valid values for state, therefore, are 0 for the start state, 1 for the Prepared state, 2 for the Redirected state, and 3 for the Eliminated state.

値を使用して、そのため、削除状態への移行は元に戻すことは、その状態からロールバックはできません3状態のみが完全に committd SYSvol の DFS レプリケーションを使用するにはレプリケーション。Migration to the Eliminated state is irreversible and rollback from that state is not possible, so use a value of 3 for state only when you are fully committd to using DFS Replication for SYSvol replication.
/GetGlobalState/GetGlobalState PDC エミュレーターで実行すると、AD DS データベースのローカル コピーから、ドメインの現在のグローバルの移行状態を取得します。Retrieves the current global migration state for the domain from the local copy of the AD DS database, when run on the PDC emulator.

このオプションを使用して、正しいグローバル移行の状態を設定することを確認します。Use this option to confirm that you set the correct global migration state. 移行の安定した状態では、グローバル移行の状態のためにできるのみ、結果をdfsrmigコマンドを使用してレポートを /GetGlobalStateオプションが、で設定できる状態に対応 /SetGlobalStateオプション。Only stable migration states can be global migration states, so the results that the dfsrmig command reports with the /GetGlobalState option correspond to the states you can set with the /SetGlobalState option.

実行する必要があります、 dfsrmigコマンドと、 /GetGlobalStateオプションは、PDC エミュレーター。You should run the dfsrmig command with the /GetGlobalState option only on the PDC emulator. active directory のレプリケーションは、ドメイン内の他のドメイン コント ローラーにグローバル状態をレプリケートしますが、実行する場合、レプリケーションの待機時間は損なわことができます、 dfsrmigコマンドと、 /GetGlobalState PDC エミュレーター以外のドメイン コント ローラー オプション。active directory replication replicates the global state to the other domain controllers in the domain, but replication latencies can cause inconsistencies if you run the dfsrmig command with the /GetGlobalState option on a domain controller other than the PDC emulator. PDC エミュレーター以外のドメイン コント ローラーのローカルの移行の状態を確認するには、使用、 /GetMigrationStateオプションを使用します。To check the local migration status of a domain controller other than the PDC emulator, use the /GetMigrationState option instead.
/GetMigrationState/GetMigrationState ドメイン内のすべてのドメイン コント ローラーの現在のローカルの移行状態を取得し、ローカル状態が現在グローバル移行の状態と一致するかどうかを決定します。Retrieves the current local migration state for all domain controllers in the domain, and determines whether those local states match the current global migration state.

すべてのドメイン コント ローラーがグローバルの移行の状態に達したかどうかを判断するのにには、このオプションを使用します。Use this option to determine if all domain controllers have reached the global migration state. 出力、 dsfrmigコマンドを使用すると、 /GetMigrationStateオプションは、現在のグローバル状態への移行が完了し、いずれかのローカルの移行の状態が一覧表示されるかどうかを示します。現在のグローバルの移行の状態に達していないドメイン コント ローラー。The output of the dsfrmig command when you use the /GetMigrationState option indicates whether or not migration to the current global state is complete, and it lists the local migration state for any domain controllers that have not reached the current global migration state. ドメイン コント ローラーのローカルの移行状態は、現在のグローバルの移行の状態に達していないドメイン コント ローラーの状態の遷移を含めることができます。Local migration state for domain controllers can include transition states for domain controllers that have not reached the current global migration state.
/createGlobalObjects/createGlobalObjects DFS レプリケーションを使用して AD DS では、グローバル オブジェクトと設定を作成します。creates the global objects and settings in AD DS that DFS Replication uses.

DFS レプリケーション サービスはこれらの AD DS オブジェクトおよび設定を自動的に作成すると、start 状態から準備された状態への移行中のため、通常の移行プロセス中にこのオプションを使用する必要ありません必要があります。You should not need to use this option during a normal migration process, because the DFS Replication service automatically creates these AD DS objects and settings during the migration from the start state to the Prepared state. 次の状況で、これらのオブジェクトと設定を手動で作成するのにには、このオプションを使用します。Use this option to manually create these objects and settings in the following situations:

- 移行中に新しい読み取り専用ドメイン コント ローラーを昇格します。- A new read-only domain controller is promoted during migration. DFS レプリケーション サービスでは、start 状態から準備された状態への移行中に、AD DS オブジェクトおよび DFS レプリケーションの設定が自動的に作成されます。The DFS Replication service automatically creates the AD DS objects and settings for DFS Replication during the migration from the start state to the Prepared state. 新しい読み取り専用ドメイン コント ローラーは、移行後に、ドメインの昇格しますが、除去済みの状態に移行する前に、新しくアクティブ化された読み取り専用ドメイン コント ローラーに対応するオブジェクトは作成されません AD DS が原因でレプリケーションの場合、移行が失敗します。If a new read-only domain controller is promoted in the domain after this transition, but before migration to the Eliminated state, then the objects that correspond to the newly activated read-only domain controller are not created in AD DS causing replication and migration to fail.
-この場合は、実行することができます、 dfsrmigコマンドと、 /createGlobalObjectsがまだないに読み取り専用ドメイン コント ローラーで、オブジェクトを手動で作成するにはオプションです。- In this case, you can run the dfsrmig command wth the /createGlobalObjects option to manually create the objects on any read-only domain controllers that do not already have them. このコマンドを実行しても、オブジェクトと DFS レプリケーション サービスの設定が既に存在するドメイン コント ローラーには影響しません。Running this command does not affect the domain controllers that already have the objects and settings for the DFS Replication service.
- DFS レプリケーション サービスのグローバル設定が見つからないか、削除されたします。- The global settings for the DFS Replication service are missing or were deleted. これらの設定が特定のドメイン コント ローラーの不足している場合は、start 状態から準備された状態への移行がドメイン コント ローラーの準備の遷移の状態。If these settings are missing for a particular domain controller, migration from the start state to the Prepared state stalls at the Preparing transition state for the domain controller. この場合、使用することができます、 dfsrmigコマンドと、 /createGlobalObjectsオプションの設定を手動で作成します。In this case, you can use the dfsrmig command with the /createGlobalObjects option to manually create the settings. 注: これらの設定で DFS レプリケーション サービスの前に、PDC エミュレーターからの読み取り専用ドメイン コント ローラーにレプリケートする必要があります、PDC エミュレーターでは、読み取り専用ドメイン コント ローラーの DFS レプリケーション サービスの AD DS のグローバル設定が作成される、ため、読み取り専用ドメイン コント ローラーには、これらの設定を使用できます。Note: Because the global AD DS settings for the DFS Replication service for a read-only domain controller are created on the PDC emulator, these settings need to replicate to the read-only domain controller from the PDC emulator before the DFS Replication service on the read-only domain controller can use these settings. このレプリケーションではアクティブなディレクトリ レプリケーション待機時間が、ため発生する時間がかかることができます。Because of active irectory replication latencies, this replication can take some time to occur.
/deleteRoNtfrsMember [<read_only_domain_controller_name>]/deleteRoNtfrsMember [<read_only_domain_controller_name>] 指定された読み取り専用ドメイン コント ローラーに対応する、FRS レプリケーション用の AD DS のグローバル設定を削除しますかの値が指定されていない場合は、FRS レプリケーションのすべての読み取り専用ドメイン コント ローラーを AD DS のグローバル設定を削除しますread_only_。domain_controller_nameします。deletes the global AD DS settings for FRS replication that correspond to the specified read-only domain controller, or deletes the global AD DS settings for FRS replication for all read-only domain controllers if no value is specified for read_only_domain_controller_name.

DFS レプリケーション サービスは、自動的にリダイレクトされた状態から除去済み状態への移行中にこれらの AD DS 設定が削除されるため、通常の移行プロセス中にこのオプションを使用する必要ありません必要があります。You should not need to use this option during a normal migration process, because the DFS Replication service automatically deletes these AD DS settings during the migration from the Redirected state to the Eliminated state. 読み取り専用ドメイン コント ローラーは、AD DS からこれらの設定を削除することはできません、ため、PDC エミュレーターは、この操作を実行し、変更が最終的に active directory レプリケーションの該当する待機時間の後読み取り専用ドメイン コント ローラーにレプリケートします。Because read-only domain controllers cannot delete these settings from AD DS, the PDC emulator performs this operation, and the changes eventually replicate to the read-only domain controllers after the applicable latencies for active directory replication.

自動削除が読み取り専用ドメイン コント ローラーに失敗し、リダイレクトされた状態から除去済み状態への移行中に長い ime に対して読み取り専用ドメイン コント ローラーを停止させる場合にのみ、AD DS の設定を手動で削除するのにには、このオプションを使用します。You use this option to manually delete the AD DS settings only when the automatic deletion fails on a read-only domain controller and stalls the read-only domain controller for a long ime during the migration from the Redirected state to the Eliminated state.
/deleteRoDfsrMember [<read_only_domain_controller_name>]/deleteRoDfsrMember [<read_only_domain_controller_name>] 指定された読み取り専用ドメイン コント ローラーに対応する、DFS レプリケーション用の AD DS のグローバル設定を削除しますかの値が指定されていない場合、すべての読み取り専用ドメイン コント ローラー、AD DS のグローバル設定 DFS レプリケーションを削除しますread_only_domain_controller_nameします。deletes the global AD DS settings for DFS Replication that correspond to the specified read-only domain controller, or deletes the global AD DS settings for DFS Replication for all read-only domain controllers if no value is specified for read_only_domain_controller_name.

このオプションを使用して、自動削除が読み取り専用ドメイン コント ローラーに失敗し、読み取り専用ドメイン コント ローラーを長時間停止させる場合にのみ、AD DS の設定を手動で削除する時間の開始状態に、移行の準備ができた状態にロールバックするときにします。Use this option to manually delete the AD DS settings only when the automatic deletion fails on a read-only domain controller and stalls the read-only domain controller for a long time when rolling back the migration from the Prepared state to the start state.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt. 実行に相当dfsrmigオプションなし。Equivalent to running dfsrmig without any options.

注釈Remarks

  • dfsrmig.exe、DFS レプリケーション サービスの場合、移行ツールは、DFS レプリケーション サービスと共にインストールされます。dfsrmig.exe, the migration tool for the DFS Replication service, is installed with the DFS Replication service. 新しい Windows Server 2008 サーバーの場合は、Dcpromo.exe は、インストールし、コンピューターのドメイン コント ローラーを昇格したときに、DFS レプリケーション サービスを開始します。for a new Windows Server 2008 server, Dcpromo.exe installs and starts the DFS Replication service when you promote the computer to a domain controller. ときに、サーバーを Windows Server 2003 から Windows Server 2008、アップグレード プロセスのインストールをアップグレードし、DFS レプリケーション サービスを開始します。When you upgrade a server from Windows Server 2003 to Windows Server 2008 , the upgrade process installs and starts the DFS Replication service. DFS レプリケーション サービスをインストールして開始する、DFS レプリケーション役割サービスをインストールする必要はありません。You do not need to install the DFS Replication role service to have the DFS Replication service installed and started.
  • Dfsrmig FRS から DFS レプリケーションへの SYSvol の移行はで動作するドメイン コント ローラーに対して実行できる専用のために、ツールが Windows Server 2008 のドメイン機能レベルで実行するドメイン コント ローラーでのみサポートされて、 Windows Server 2008 ドメインの機能レベル。The dfsrmig tool is supported only on domain controllers that run at the Windows Server 2008 domain functional level, because SYSvol migration from FRS to DFS Replication is only possible on domain controllers that operate at the Windows Server 2008 domain functional level.
  • 実行することができます、 dfsrmig任意のドメイン コント ローラーが操作を作成または AD DS を操作するコマンド オブジェクトが (読み取り専用ドメイン コント ローラー) ではなく読み取り/書き込み可能ドメイン コント ローラーでのみ使用できます。You can run the dfsrmig command on any domain controller, but operations that create or manipulate AD DS objects are only allowed on read-write capable domain controllers (not on read-only domain controllers).
  • 実行しているdfsrmigオプションを指定せず、コマンド プロンプトでヘルプを表示します。Running dfsrmig without any options displays help at the command prompt.

    Examples

    グローバルの移行の状態を準備済みに設定する (1) への移行または型の準備済みの状態からロールバックを開始します。To set the global migration state to prepared (1) and initiate migration to or rollback from the Prepared state, type:
    dfsrmig /SetGlobalState 1
    
    開始するグローバルの移行状態を設定する (0) 型の開始状態にロールバックを開始します。To set the global migration state to start (0) and initiate rollback to the start state, type:
    dfsrmig /SetGlobalState 0
    
    グローバルの移行の状態を表示するには、次のように入力します。To display the global migration state, type:
    dfsrmig /GetGlobalState
    
    この例からの典型的な出力を示しています、 dfsrmig/GetGlobalStateコマンド。This example shows typical output from the dfsrmig /GetGlobalState command.
    Current DFSR global state:  Prepared 
    Succeeded.
    
    すべてのドメイン コント ローラーでローカルのマイグレーションの状態がグローバルの移行の状態およびローカルの状態が、グローバル状態と一致しません、ドメイン コント ローラーのローカルの移行状態を一致するかどうかに関する情報を表示するには、次のように入力します。To display the information about whether the local migration states on all of the domain controllers match the global migration state and the local migration states for any domain controllers where the local state does not match the global state, type:
    dfsrmig /GetMigrationState
    
    この例からの典型的な出力を示しています、 dfsrmig/GetMigrationStateコマンドをすべてのドメイン コント ローラーでローカルのマイグレーションの状態がグローバルの移行の状態と一致します。This example shows typical output from the dfsrmig /GetMigrationState command when the local migration states on all of the domain controllers match the global migration state.
    All Domain Controllers have migrated successfully to Global state ( Prepared ).
    Migration has reached a consistent state on all Domain Controllers.
    Succeeded.
    
    この例からの典型的な出力を示しています、 dfsrmig/GetMigrationStateコマンドをいくつかのドメイン コント ローラーのローカルな移行の状態ではグローバルの移行の状態が一致しません。This example shows typical output from the dfsrmig /GetMigrationState command when the local migration states on some domain controllers do not match the global migration state.
    The following Domain Controllers are not in sync with Global state ( Prepared ):
    

Domain Controller (Local Migration State) DC type

CONTOSO-DC2 ( start ) ReadOnly DC CONTOSO-DC3 ( Preparing ) Writable DC Migration has not yet reached a consistent state on all domain controllers State information might be stale due to AD latency.

<span data-ttu-id="dc549-172">これらの設定が自動的に作成されません移行中にドメイン コント ローラーに AD DS で DFS レプリケーションを使用して、グローバル オブジェクトと設定を作成または、これらの設定が存在しないか、入力します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-172">To create the global objects and settings that DFS Replication uses in AD DS on domain controllers where those settings were not created automatically during migration or where those settings are missing, type:</span></span>

dfsrmig /createGlobalObjects

<span data-ttu-id="dc549-173">FRS レプリケーション読み取り専用ドメイン コント ローラーのこれらの設定が移行プロセスによって自動的に削除削除されなかった場合に contoso-dc2 をという名前の AD DS のグローバル設定を削除するには、次のように入力します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-173">To delete the global AD DS settings for FRS replication for a read-only domain controller named contoso-dc2 if those settings were not deleted automatically deleted by the migration process, type:</span></span>

dfsrmig /deleteRoNtfrsMember contoso-dc2

<span data-ttu-id="dc549-174">移行プロセスでこれらの設定が自動的に削除されない場合は、FRS レプリケーションのすべての読み取り専用ドメイン コント ローラーを AD DS のグローバル設定を削除するには、次のように入力します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-174">To delete the global AD DS settings for FRS replication for all read-only domain controllers if those settings were not deleted automatically by the migration process, type:</span></span>

dfsrmig /deleteRoNtfrsMember

<span data-ttu-id="dc549-175">読み取り専用ドメイン コント ローラーが、移行プロセスでこれらの設定が自動的に削除されない場合に contoso-dc2 をという名前の AD DS のグローバル設定 DFS レプリケーションを削除するには、次のように入力します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-175">To delete the global AD DS settings for DFS Replication for a read-only domain controller named contoso-dc2 if those settings were not deleted automatically by the migration process, type:</span></span>

dfsrmig /deleteRoDfsrMember contoso-dc2

<span data-ttu-id="dc549-176">移行プロセスでこれらの設定が自動的に削除されない場合は、すべての読み取り専用ドメイン コント ローラー、AD DS のグローバル設定の DFS レプリケーションを削除するには、次のように入力します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-176">To delete the global AD DS settings for DFS Replication for all read-only domain controllers if those settings were not deleted automatically by the migration process, type:</span></span>

dfsrmig /deleteRoDfsrMember

## <a name="additional-references"></a><span data-ttu-id="dc549-177">その他の参照</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-177">additional references</span></span>
[<span data-ttu-id="dc549-178">コマンド ライン構文の記号</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-178">Command-Line Syntax Key</span></span>](https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=122056)

[<span data-ttu-id="dc549-179">SYSvol の移行シリーズ:第 2 部 dfsrmig.exe:SYSvol の移行ツール</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="dc549-179">SYSvol Migration Series: Part 2 dfsrmig.exe: The SYSvol Migration Tool</span></span>](https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=121757)