diskraiddiskraid

DiskRAID は、コマンド ライン ツールを構成して、独立した (または安価な) disks (RAID) 記憶域サブシステムの冗長アレイを管理することができます。DiskRAID is a command-line tool that enables you to configure and manage redundant array of independent (or inexpensive) disks (RAID) storage subsystems.

RAID は、標準化およびフォールト トレラントなディスク システムの分類に使用されるメソッドです。RAID is a method used to standardize and categorize fault-tolerant disk systems. RAID レベルでは、パフォーマンス、信頼性、およびコストのさまざまなミックスを指定します。RAID levels provide various mixes of performance, reliability, and cost. RAID は通常、サーバー上で使用されます。RAID is usually used on servers. いくつかのサーバーは、3 つの RAID レベルを提供します。レベル 0 (ストライピング)、レベル 1 (ミラー)、およびレベル 5 (パリティ付きストライプ化) します。Some servers provide three of the RAID levels: Level 0 (striping), Level 1 (mirroring), and Level 5 (striping with parity).

ハードウェア RAID サブシステムは、論理ユニット番号 (LUN) を使用して互いに物理的にアドレス指定可能な記憶域ユニットを区別します。A hardware RAID subsystem distinguishes physically addressable storage units from one another by using a Logical Unit Number (LUN). LUN オブジェクトは、少なくとも 1 つのプレックス必要があり、追加プレックスの任意の数を持つことができます。A LUN object must have at least one plex, and can have any number of additional plexes. 各プレックスには、LUN オブジェクト上のデータのコピーが含まれています。Each plex contains a copy of the data on the LUN object. プレックスに追加され、LUN オブジェクトから削除することができます。Plexes can be added to and removed from a LUN object.

ほとんどの DiskRAID コマンドは、特定のホスト バス アダプター (HBA) ポート、イニシエーター アダプター、発信側ポータル、プロバイダー、サブシステム、コント ローラー、ポート、ドライブ、LUN、ターゲット ポータル、ターゲット、またはターゲット ポータルのグループを操作します。Most DiskRAID commands operate on a specific host bus adapter (HBA) port, initiator adapter, initiator portal, provider, subsystem, controller, port, drive, LUN, target portal, target, or target portal group. オブジェクトを選択するのにには、SELECT コマンドを使用します。You use the SELECT command to select an object. 選択したオブジェクトは、フォーカスがあると言います。The selected object is said to have focus. フォーカスは、同じサブシステム内で複数の Lun を作成するなどの一般的な構成タスクを簡略化します。Focus simplifies common configuration tasks, such as creating multiple LUNs within the same subsystem.

注意

DiskRAID コマンド ライン ツールは、仮想ディスク サービス (VDS) をサポートする記憶域サブシステムでのみ動作します。The DiskRAID command-line tool works only with storage subsystems that support Virtual Disk Service (VDS).

DiskRAID コマンドDiskRAID commands

コマンドの構文を表示するには、コマンドをクリックします。To view the command syntax, click a command:

追加します。add

現在選択されている LUN に既存の LUN を追加するか、iSCSI ターゲット ポータルを現在選択されている iSCSI ターゲット ポータルのグループに追加します。Adds an existing LUN to the currently selected LUN, or adds an iSCSI target portal to the currently selected iSCSI target portal group.

構文Syntax

add plex lun=n [noerr]
add tpgroup tportal=n [noerr]

パラメーターParameters

プレックス lun=nplex lun=n

現在選択されている LUN にプレックスとして追加する LUN 番号を指定します。Specifies the LUN number to add as a plex to the currently selected LUN.

注意事項

プレックスとして追加されている LUN 上のすべてのデータは削除されます。All data on the LUN being added as a plex will be deleted.

tpgroup tportal = ntpgroup tportal=n

現在選択されている iSCSI ターゲット ポータル グループに追加するには、iSCSI ターゲット ポータル番号を指定します。Specifies the iSCSI target portal number to add to the currently selected iSCSI target portal group.

noerrnoerr

この操作を実行中に発生したエラーを無視することを指定します。Specifies that any failures that occur while performing this operation will be ignored. これは、スクリプト モードで便利です。This is useful in script mode.

関連付けるassociate

現在選択されている lun (その他のコント ローラーのポートを無効になりましたが)、アクティブとして指定したコント ローラーの一覧のポートを設定または、現在選択されている LUN の既存のアクティブなコント ローラーのポートの一覧に指定されたコント ローラーのポートを追加または関連付けます、現在選択されている LUN の指定された iSCSI ターゲット。Sets the specified list of controller ports as active for the currently selected LUN (other controller ports are made inactive), or adds the specified controller ports to the list of existing active controller ports for the currently selected LUN, or associates the specified iSCSI target for the currently selected LUN.

構文Syntax

associate controllers [add] <n>[,<n> [,…]]
associate ports [add] <n-m>[,<n-m>[,…]]
associate targets [add] <n>[,<n> [,…]]

パラメーターParameters

コント ローラーcontrollers

VDS 1.0 プロバイダーのみで使用します。For use with VDS 1.0 providers only. 追加するか、現在選択されている LUN に関連付けられているコント ローラーの一覧を置き換えます。Adds to or replaces the list of controllers that are associated with the currently selected LUN.

ポートports

VDS 1.1 プロバイダーのみで使用します。For use with VDS 1.1 providers only. 追加するか、現在選択されている LUN に関連付けられているコント ローラーのポートの一覧を置き換えます。Adds to or replaces the list of controller ports that are associated with the currently selected LUN.

ターゲットtargets

VDS 1.1 プロバイダーのみで使用します。For use with VDS 1.1 providers only. 追加するか、現在選択されている LUN に関連付けられている iSCSI ターゲットの一覧を置き換えます。Adds to or replaces the list of iSCSI targets that are associated with the currently selected LUN.

addadd

VDS 1.0 プロバイダーは、指定されたコント ローラーを既存の LUN に関連付けられているコント ローラーの一覧に追加します。For VDS 1.0 providers, adds the specified controllers to the existing list of controllers associated with the LUN. このパラメーターが指定されていない場合、コント ローラーの一覧には、この LUN に関連付けられているコント ローラーの既存の一覧が置き換えられます。If this parameter is not specified, the list of controllers replaces the existing list of controllers associated with this LUN.

VDS 1.1 プロバイダーは、指定されたコント ローラー ポートを既存の LUN に関連付けられているコント ローラーのポートの一覧に追加します。For VDS 1.1 providers, adds the specified controller ports to the existing list of controller ports associated with the LUN. このパラメーターが指定されていない場合、コント ローラーのポートの一覧には、この LUN に関連付けられているコント ローラーのポートの既存の一覧が置き換えられます。If this parameter is not specified, the list of controller ports replaces the existing list of controller ports associated with this LUN.

<n>[,<n> [, ...]]

使用するため、コント ローラーまたはターゲットパラメーター。For use with the controllers or targets parameter. コント ローラーまたは active または関連付けに設定する iSCSI ターゲットの数を指定します。Specifies the numbers of the controllers or iSCSI targets to set to active or associate.

<n-m>[,<n-m>[,…]]

使用するため、ポートパラメーター。For use with the ports parameter. アクティブ コント ローラーの番号を使用して設定するコント ローラー ポートを指定します (n) とポート番号 (m) のペア。Specifies the controller ports to set active using a controller number (n) and port number (m) pair.

Example

次の例では、関連付け、VDS 1.1 プロバイダーを使用して LUN にポートを追加する方法を示します。The following example shows how to associate and add ports to a LUN that uses a VDS 1.1 provider:

DISKRAID> SEL LUN 5
LUN 5 is now the selected LUN.

DISKRAID> ASSOCIATE PORTS 0-0,0-1
Controller port associations changed.
(Controller ports active after this command: Ctlr 0 Port 0, Ctlr 0 Port 1)

DISKRAID> ASSOCIATE PORTS ADD 1-1
Controller port associations changed.
(Controller ports active after this command: Ctlr 0 Port 0, Ctlr 0 Port 1, Ctlr 1 Port 1)

オート マジックautomagic

設定または LUN を構成する方法のプロバイダーにヒントを与えたりするフラグをクリアします。Sets or clears flags that give hints to providers on how to configure a LUN. パラメーターなしで使用される、オート マジック操作フラグの一覧を表示します。Used with no parameters, the automagic operation displays a list of flags.

構文Syntax

automagic {set | clear | apply} all <flag=value> [<flag=value> [...]]

パラメーターParameters

setset

指定した値に指定したフラグを設定します。Sets the specified flags to the specified values.

オフclear

指定したフラグをクリアします。Clears the specified flags. すべてキーワードは、すべてのオート マジック フラグをクリアします。The all keyword clears all the automagic flags.

適用します。apply

選択した LUN には、現在のフラグを適用します。Applies the current flags to the selected LUN.

<フラグ ><flag>

フラグは、3 文字の頭字語によって識別されます。Flags are identified by three-letter acronyms.

FlagFlag 説明Description
FCRFCR 高速クラッシュ復旧が必要なFast Crash Recovery Required
FTLFTL フォールト トレランスFault Tolerant
MSRMSR ほとんどの場合の読み取りMostly Reads
MXDMXD 最大のドライブMaximum Drives
MXSMXS 最大サイズが必要です。Maximum Size Expected
またはORA 最適な読み取りの配置Optimal Read Alignment
ORORS 最適な読み取りサイズOptimal Read Size
OSROSR 順次読み取り用に最適化します。Optimize For Sequential Reads
OSWOSW 順次書き込みを最適化します。Optimize For Sequential Writes
OWAOWA 最適な書き込みの配置Optimal Write Alignment
OOWS 最適な書き込みサイズOptimal Write Size
RBPRBP 優先順位を再構築します。Rebuild Priority
RBVRBV 読み取りに戻すことを確認有効になっています。Read Back Verify Enabled
RMPRMP 有効になっているリマップRemap Enabled
STSSTS ストライプ サイズStripe Size
WTCWTC ライト スルー キャッシュが有効にWrite-Through Caching Enabled
YNKYNK リムーバブルRemovable

breakbreak

現在選択されている LUN からプレックスを削除します。Removes the plex from the currently selected LUN. プレックスとそれに含まれるデータは保持されません、およびドライブのエクステントが解放される可能性があります。The plex and the data it contained are not retained, and the drive extents may be reclaimed.

構文Syntax

break plex=<plex_number> [noerr]

パラメーターParameters

plexplex

削除するプレックスの数を指定します。Specifies the number of the plex to remove. プレックスとそれに含まれるデータは維持されず、このプレックスによって使用されるリソースが解放されます。The plex and the data it contained will not be retained, and the resources used by this plex will be reclaimed. LUN 上に含まれるデータは、一貫性は保証されません。The data contained on the LUN is not guaranteed to be consistent. このプレックスを保持する場合は、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を使用します。If you want to retain this plex, use the Volume Shadow Copy Service (VSS).

noerrnoerr

この操作を実行中に発生したエラーを無視することを指定します。Specifies that any failures that occur while performing this operation will be ignored. これは、スクリプト モードで便利です。This is useful in script mode.

注釈Remarks

注意

使用する前に、ミラー化された LUN を選択する必要があります最初、 breakコマンド。You must first select a mirrored LUN before using the break command.

注意事項

プレックス上のすべてのデータは削除されます。All data on the plex will be deleted.

注意事項

元の LUN に含まれるすべてのデータは、一貫性は保証されません。All data contained on the original LUN is not guaranteed to be consistent.

chapchap

チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP) が共有は、iSCSI イニシエーターと iSCSI ターゲットが互いに通信できるようにシークレットを設定します。Sets the Challenge Handshake Authentication Protocol (CHAP) shared secret so that iSCSI initiators and iSCSI targets can communicate with one another.

構文Syntax

chap initiator set secret=[<secret>] [target=<target>]
chap initiator remember secret=[<secret>] target=<target>
chap target set secret=[<secret>] [initiator=<initiatorname>]
chap target remember secret=[<secret>] initiator=<initiatorname>

パラメーターParameters

イニシエーター セットinitiator set

ローカル iSCSI イニシエーター サービスがイニシエーターがターゲットを認証するときに、相互 CHAP 認証の使用では、共有シークレットを設定します。Sets the shared secret in the local iSCSI initiator service used for mutual CHAP authentication when the initiator authenticates the target.

発信側に注意してください。initiator remember

発信側サービス自体を CHAP 認証時にターゲットを認証するために、シークレットを使用できるように、iSCSI ターゲットにローカル iSCSI イニシエーター サービスの CHAP シークレットを通信します。Communicates the CHAP secret of an iSCSI target to the local iSCSI initiator service so that the initiator service can use the secret in order to authenticate itself to the target during CHAP authentication.

対象セットtarget set

ターゲットがイニシエーターを認証するときに、CHAP 認証の使用、現在選択されている iSCSI ターゲット共有シークレットを設定します。Sets the shared secret in the currently selected iSCSI target used for CHAP authentication when the target authenticates the initiator.

ターゲットに注意してください。target remember

ターゲットは、相互 CHAP 認証中に、発信側に自身を認証するために、シークレットを使用できるように、現在フォーカスの iSCSI ターゲットに iSCSI イニシエーターの CHAP シークレットを通信します。Communicates the CHAP secret of an iSCSI initiator to the current in-focus iSCSI target so that the target can use the secret in order to authenticate itself to the initiator during mutual CHAP authentication.

secretsecret

使用するシークレットを指定します。Specifies the secret to use. 空の場合、シークレットはクリアされます。If empty the secret will be cleared.

ターゲットtarget

現在選択されているサブシステムにシークレットを関連付けるターゲットを指定します。Specifies a target in the currently selected subsystem to associate with the secret. これは、イニシエーターのシークレットを設定するときに省略可能なと、関連付けられているシークレットがないすべてのターゲットのシークレットが使用されることを除外することを示します。This is optional when setting a secret on the initiator and leaving it out indicates that the secret will be used for all targets that do not already have an associated secret.

initiatornameinitiatorname

シークレットと関連付ける iSCSI イニシエーター名を指定します。Specifies an initiator iSCSI name to associate with the secret. これは、ターゲットにシークレットを設定するときに省略可能なと、関連付けられているシークレットがないすべてのイニシエーターのシークレットが使用されることを除外することを示します。This is optional when setting a secret on a target and leaving it out indicates that the secret will be used for all initiators that do not already have an associated secret.

作成します。create

現在選択されているサブシステムで、新しい LUN または iSCSI ターゲットを作成するか、現在選択されているターゲットにターゲット ポータルのグループを作成します。Creates a new LUN or iSCSI target on the currently selected subsystem, or creates a target portal group on the currently selected target. 実際のバインドを使用して、表示することができます、 DiskRAID 一覧コマンド。You can view the actual binding using the DiskRAID list command.

構文Syntax

create lun simple [size=<n>] [drives=<n>] [noerr]
create lun stripe [size=<n>] [drives=<n, n> [,...]]  [stripesize=<n>] [noerr]
create lun raid [size=<n>] [drives=<n, n> [,...]] [stripesize=<n>] [noerr]
create lun mirror [size=<n>] [drives=<n, n> [,...]] [stripesize=<n>] [noerr]
create lun automagic size=<n> [noerr]
create target name=<name> [iscsiname=<iscsiname>] [noerr]
create tpgroup [noerr]

パラメーターParameter

単純ですsimple

単純な LUN を作成します。Creates a simple LUN.

stripestripe

ストライプ LUN を作成します。Creates a striped LUN.

RAIDRAID

パリティ付きストライプ LUN を作成します。Creates a striped LUN with parity.

mirrormirror

ミラー化された LUN を作成します。Creates a mirrored LUN.

オート マジックautomagic

LUN を使用して作成、オート マジックヒント現時点で有効にします。Creates a LUN using the automagic hints currently in effect. 参照してください、オート マジック詳細については、サブ コマンド。See the automagic sub-command for more information.

サイズ=size=

LUN の合計サイズをメガバイト単位で指定します。Specifies the total LUN size in megabytes. 場合、サイズ = パラメーターが指定されていないと、LUN が作成されましたが、指定したドライブをすべてで許可されている最大の可能なサイズになります。If the size= parameter is not specified, the LUN created will be the largest possible size allowed by all the specified drives.

プロバイダーを通常 LUN を作成、要求されたサイズ以上の容量が、プロバイダーは、場合によっては [次へ] の最大サイズに切り上げる必要があります。A provider typically creates a LUN at least as big as the requested size, but the provider may have to round up to the next largest size in some cases. たとえば、.99 GB、プロバイダーでは、GB のディスクのエクステントを割り当てることができますのみサイズが指定されて場合、結果として得られる LUN は、1 GB をなります。For example, if size is specified as .99 GB and the provider can only allocate GB disk extents, the resulting LUN would be 1 GB.

その他の単位を使用してサイズを指定するには、サイズ後すぐに認識されているサフィックスを次のいずれかを使用します。To specify the size using other units, use one of the following recognized suffixes immediately after the size:

  • Bバイト。B for byte.
  • KBキロバイトの。KB for kilobyte.
  • MBメガバイトの。MB for megabyte.
  • GBギガバイトにします。GB for gigabyte.
  • TBテラバイトです。TB for terabyte.
  • PBペタバイトにします。PB for petabyte.

ドライブ=drives=

指定します、 drive_numberを使用して LUN を作成するドライブ。Specifies the drive_number for the drives to use to create a LUN. 場合、サイズ = パラメーターが指定されていない、作成された LUN は、指定したすべてのドライブで許容される最大の可能なサイズ。If the size= parameter is not specified, the LUN created is the largest possible size allowed by all the specified drives. 場合、サイズ = パラメーターを指定すると、プロバイダーは、LUN を作成する指定したドライブの一覧からドライブを選択します。If the size= parameter is specified, providers will select drives from the specified drive list to create the LUN. プロバイダーは可能な場合に指定された順序で、ドライブを使用しようとします。Providers will attempt to use the drives in the order specified when possible.

stripesize=stripesize=

サイズをメガバイト単位で指定、ストライプまたはRAID LUN。Specifies the size in megabytes for a stripe or RAID LUN. LUN を作成した後、stripesize は変更できません。The stripesize cannot be changed after the LUN is created.

その他の単位を使用してサイズを指定するには、サイズ後すぐに認識されているサフィックスを次のいずれかを使用します。To specify the size using other units, use one of the following recognized suffixes immediately after the size:

  • Bバイト。B for byte.
  • KBキロバイトの。KB for kilobyte.
  • MBメガバイトの。MB for megabyte.
  • GBギガバイトにします。GB for gigabyte.
  • TBテラバイトです。TB for terabyte.
  • PBペタバイトにします。PB for petabyte.

ターゲットtarget

現在選択されているサブシステムには、新しい iSCSI ターゲットを作成します。Creates a new iSCSI target on the currently selected subsystem.

namename

ターゲットのフレンドリ名を提供します。Supplies the friendly name for the target.

iscsinameiscsiname

装置、iSCSI ターゲットの名前し、プロバイダーが省略可能では、名前を生成します。Supplies the iSCSI name for the target and can be omitted to have the provider generate a name.

tpgrouptpgroup

現在選択されているターゲットには、新しい iSCSI ターゲット ポータル グループを作成します。Creates a new iSCSI target portal group on the currently selected target.

noerrnoerr

この操作を実行中に発生したエラーを無視することを指定します。Specifies that any failures that occur while performing this operation will be ignored. これは、スクリプト モードで便利です。This is useful in script mode.

注釈Remarks

  • いずれか、サイズ= またはドライブ= パラメーターを指定する必要があります。Either the size= or the drives= parameter must be specified. 同時使用することができますも。They can also be used together.
  • LUN のストライプ サイズは、作成後に変更できません。The stripe size for a LUN cannot be changed after creation.

Deletedelete

現在選択されている LUN を iSCSI target (iSCSI ターゲットに関連付けられているない Lun がある限り) または iSCSI ターゲット ポータルのグループを削除します。Deletes the currently selected LUN, iSCSI target (as long as there are not any LUNs associated with the iSCSI target) or iSCSI target portal group.

構文Syntax

delete lun [uninstall] [noerr]
delete target [noerr]
delete tpgroup [noerr]

パラメーターParameters

lunlun

現在選択されている LUN、およびすべてのデータを削除します。Deletes the currently selected LUN and all data on it.

アンインストールします。uninstall

LUN が削除される前に、LUN に関連付けられているローカル システム上のディスク クリーニングされることを指定します。Specifies that the disk on the local system associated with the LUN will be cleaned up before the LUN is deleted.

ターゲットtarget

ターゲットと関連付けられている Lun が存在しない場合は、現在選択されている iSCSI ターゲットを削除します。Deletes the currently selected iSCSI target if no LUNs are associated with the target.

tpgrouptpgroup

現在選択されている iSCSI ターゲット ポータル グループを削除します。Deletes the currently selected iSCSI target portal group.

noerrnoerr

この操作を実行中に発生したエラーを無視することを指定します。Specifies that any failures that occur while performing this operation will be ignored. これは、スクリプト モードで便利です。This is useful in script mode.

詳細detail

指定した型の現在選択されているオブジェクトに関する詳細な情報を表示します。Displays detailed information about the currently selected object of the specified type.

構文Syntax

Detail {hbaport | iadapter | iportal | provider | subsystem | controller | port | drive | lun | tportal | target | tpgroup} [verbose]

パラメーターParameters

hbaporthbaport

現在選択されているホスト バス アダプター (HBA) ポートに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected host bus adapter (HBA) port.

iadapteriadapter

現在選択されている iSCSI イニシエーター アダプターに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected iSCSI initiator adapter.

iportaliportal

現在選択されている iSCSI イニシエーターのポータルに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected iSCSI initiator portal.

providerprovider

現在選択されているプロバイダーに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected provider.

subsystemsubsystem

現在選択されているサブシステムに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected subsystem.

コント ローラーcontroller

現在選択されているコント ローラーに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected controller.

ポートport

現在選択されているコント ローラー ポートに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected controller port.

ドライブdrive

占有している Lun を含む、現在選択されているドライブに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected drive, including the occupying LUNs.

lunlun

ドライブを投稿を含む、現在選択されている LUN に関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected LUN, including the contributing drives. 出力は、LUN のファイバー チャネルまたは iSCSI サブシステムの一部があるかによって若干異なります。The output differs slightly depending on whether the LUN is part of a Fibre Channel or iSCSI subsystem. マスクされていないホストの一覧に、アスタリスクのみが含まれている場合は、LUN がすべてのホストにマスクされていないことを意味します。If the Unmasked Hosts list contains only an asterisk, this means that the LUN is unmasked to all hosts.

tportaltportal

現在選択されている iSCSI ターゲット ポータルに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected iSCSI target portal.

ターゲットtarget

現在選択されている iSCSI ターゲットに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected iSCSI target.

tpgrouptpgroup

現在選択されている iSCSI ターゲット ポータル グループに関する詳細な情報を一覧表示します。Lists detailed information about the currently selected iSCSI target portal group.

verboseverbose

LUN のパラメーターでのみ使用します。For use only with the LUN parameter. 詳細については、そのプレックスを含むを一覧表示します。Lists additional information, including its plexes.

関連付けを解除します。dissociate

セットは、現在選択されている lun (その他のコント ローラー ポートには影響しません)、非アクティブとしてコント ローラーのポートの一覧を指定または現在選択されている LUN を iSCSI ターゲットの指定されたリストの関連付けを解除します。Sets specified list of controller ports as inactive for the currently selected LUN (other controller ports are not affected), or dissociates the specified list of iSCSI targets for the currently selected LUN.

構文Syntax

dissociate controllers <n> [,<n> [,...]]
dissociate ports <n-m>[,<n-m>[,…]]
dissociate targets <n> [,<n> [,…]]

パラメーターParameter

コント ローラーcontrollers

VDS 1.0 プロバイダーのみで使用します。For use with VDS 1.0 providers only. 現在選択されている LUN に関連付けられているコント ローラーの一覧から、コント ローラーを削除します。Removes controllers from the list of controllers that are associated with the currently selected LUN.

ポートports

VDS 1.1 プロバイダーのみで使用します。For use with VDS 1.1 providers only. 現在選択されている LUN に関連付けられているコント ローラーのポートの一覧から、コント ローラーのポートを削除します。Removes controller ports from the list of controller ports that are associated with the currently selected LUN.

ターゲットtargets

VDS 1.1 プロバイダーのみで使用します。For use with VDS 1.1 providers only. 現在選択されている LUN に関連付けられている iSCSI ターゲットの一覧からターゲットを削除します。Removes targets from the list of iSCSI targets that are associated with the currently selected LUN.

<n> [,<n> [,…]]

使用するため、コント ローラーまたはターゲットパラメーター。For use with the controllers or targets parameter. コント ローラーまたは非アクティブとして設定または関連付けを解除する iSCSI ターゲットの数を指定します。Specifies the numbers of the controllers or iSCSI targets to set as inactive or dissociate.

<n-m>[,<n-m>[,…]]

使用するため、ポートパラメーター。For use with the ports parameter. コント ローラーの番号を使用して非アクティブとして設定するコント ローラー ポートを指定します (n) とポート番号 (m) のペア。Specifies the controller ports to set as inactive by using a controller number (n) and port number (m) pair.

Example

DISKRAID> SEL LUN 5
LUN 5 is now the selected LUN.

DISKRAID> ASSOCIATE PORTS 0-0,0-1
Controller port associations changed.
(Controller ports active after this command: Ctlr 0 Port 0, Ctlr 0 Port 1)

DISKRAID> ASSOCIATE PORTS ADD 1-1
Controller port associations changed.
(Controller ports active after this command: Ctlr 0 Port 0, Ctlr 0 Port 1, Ctlr 1 Port 1)

DISKRAID> DISSOCIATE PORTS 0-0,1-1
Controller port associations changed.
(Controller ports active after this command: Ctlr 0 Port 1)

終了exit

DiskRAID を終了します。Exits DiskRAID.

構文Syntax

exit

拡張extend

セクターを LUN の末尾に追加することで、現在選択されている LUN を拡張します。Extends the currently selected LUN by adding sectors to the end of the LUN. すべてのプロバイダーは、Lun を拡張をサポートします。Not all providers support extending LUNs. すべてのボリュームまたは LUN 上に含まれているファイル システムは拡張されません。Does not extend any volumes or file systems contained on the LUN. 使用して関連付けられているディスク上の構造を拡張する LUN を拡張した後必要があります、 DiskPart 拡張コマンド。After you extend the LUN, you should extend the associated on-disk structures using the DiskPart extend command.

構文Syntax

extend lun [size=<LUN_size>] [drives=<drive_number>, [<drive_number>, ...]] [noerr]

パラメーターParameters

size=size=

LUN を拡張するメガバイト単位でサイズを指定します。Specifies the size in megabytes to extend the LUN. 場合、サイズ = パラメーターが指定されていない、指定したすべてのドライブで許容される最大の可能なサイズで、LUN が拡張されます。If the size= parameter is not specified, the LUN is extended by the largest possible size allowed by all the specified drives. 場合、サイズ = パラメーターを指定すると、プロバイダーによって指定されたリストからドライブを選択して、ドライブ = LUN を作成するパラメーター。If the size= parameter is specified, providers select drives from the list specified by the drives= parameter to create the LUN.

その他の単位を使用してサイズを指定するには、サイズ後すぐに認識されているサフィックスを次のいずれかを使用します。To specify the size using other units, use one of the following recognized suffixes immediately after the size:

  • Bバイト。B for byte.
  • KBキロバイトの。KB for kilobyte.
  • MBメガバイトの。MB for megabyte.
  • GBギガバイトにします。GB for gigabyte.
  • TBテラバイトTB for terabyte
  • PBペタバイトのPB for petabyte

drives=drives=

指定します、 <drive_number > の LUN を作成するときに使用するドライブ。Specifies the <drive_number> for the drives to use when creating a LUN. 場合、サイズ = パラメーターが指定されていない、作成された LUN は、指定したすべてのドライブで許容される最大の可能なサイズ。If the size= parameter is not specified, the LUN created is the largest possible size allowed by all the specified drives. プロバイダーは、可能な場合に指定された順序で、ドライブを使用します。Providers use the drives in the order specified when possible.

noerrnoerr

この操作を実行中に発生したエラーを無視することを指定します。Specifies that any failures that occur while performing this operation should be ignored. これは、スクリプト モードで便利です。This is useful in script mode.

注釈Remarks

いずれか、サイズまたは<ドライブ > パラメーターを指定する必要があります。Either the size or the <drive> parameter must be specified. 同時使用することができますも。They can also be used together.

flushcacheflushcache

現在選択されているコント ローラー上のキャッシュをクリアします。Clears the cache on the currently selected controller.

構文Syntax

flushcache controller

ヘルプhelp

すべての DiskRAID コマンドの一覧を表示します。Displays a list of all DiskRAID commands.

構文Syntax

help

importtargetimporttarget

取得または現在選択されているサブシステムに設定されている現在のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) インポート ターゲットを設定します。Retrieves or sets the current Volume Shadow Copy Service (VSS) import target that is set for the currently selected subsystem.

構文Syntax

importtarget subsystem [set target]

パラメーターParameter

セットのターゲットset target

指定した場合は、現在選択されているターゲットを現在選択されているサブシステムの VSS インポート対象に設定します。If specified, sets the currently selected target to the VSS import target for the currently selected subsystem. 指定しない場合、コマンドは、現在選択されているサブシステムに設定されている現在の VSS インポート ターゲットを取得します。If not specified, the command retrieves the current VSS import target that is set for the currently selected subsystem.

イニシエーターinitiator

ローカル iSCSI イニシエーターに関する情報を取得します。Retrieves information about the local iSCSI initiator.

構文Syntax

initiator

invalidatecacheinvalidatecache

現在選択されているコント ローラー上のキャッシュを無効にします。Invalidates the cache on the currently selected controller.

構文Syntax

invalidatecache controller

lbpolicylbpolicy

現在選択されている LUN 上の負荷分散ポリシーを設定します。Sets the load balance policy on the currently selected LUN.

構文Syntax

lbpolicy set lun type=<type> [paths=<path>-{primary | <weight>}[,<path>-{primary | <weight>}[,…]]]
lbpolicy set lun paths=<path>-{primary | <weight>}[,<path>-{primary | <weight>}[,…]]

パラメーターParameters

typetype

負荷分散ポリシーを指定します。Specifies the load balance policy. 型が指定されていない場合、パスパラメーターを指定する必要があります。If the type is not specified, then the path parameter must be specified. 型には、次のいずれかを指定できます。Type can be one of the following:

フェールオーバー:バックアップ パスをされているその他のパスでは、1 つのプライマリ パスを使用します。FAILOVER: Uses one primary path with other paths being backup paths.

ROUNDROBIN:各パスを順番に試行するラウンド ロビン方式ですべてのパスを使用します。ROUNDROBIN: Uses all paths in round-robin fashion, which tries each path sequentially.

SUBSETROUNDROBIN:すべてのプライマリ パスは、ラウンド ロビン方式です。バックアップ パスは、すべてのプライマリ パスが失敗した場合にのみ使用されます。SUBSETROUNDROBIN: Uses all primary paths in round-robin fashion; backup paths are used only if all primary paths fail.

DYNLQD:パスを使用して、最も低いアクティブな要求の数。DYNLQD: Uses the path with the least number of active requests.

重み付け:(各パス割り当てなければなりません、重み) から最も重みのパスが使用されます。WEIGHTED: Uses the path with the least weight (each path must be assigned a weight).

LEASTBLOCKS:最小ブロックでパスが使用されます。LEASTBLOCKS: Uses the path with the least blocks.

ベンダー固有:ベンダー固有のポリシーを使用します。VENDORSPECIFIC: Uses a vendor-specific policy.

パスpaths

パスかどうかを指定プライマリが特定のまたは<重み >。Specifies whether a path is primary or has a particular <weight>. 指定されていないすべてのパスは、バックアップとして暗黙的に設定されます。Any paths not specified are implicitly set as backup. 表示されている任意のパスは、現在選択されている LUN のパスのいずれかを指定する必要があります。Any paths listed must be one of the currently selected LUN’s paths.

一覧list

指定した型のオブジェクトの一覧が表示されます。Displays a list of objects of the specified type.

構文Syntax

List {hbaports | iadapters | iportals | providers | subsystems | controllers | ports | drives | LUNs | tportals | targets | tpgroups}

パラメーターParameters

hbaportshbaports

VDS に既知のすべての HBA ポートに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about all HBA ports known to VDS. 現在選択されている、HBA ポートは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected HBA port is marked by an asterisk (*).

iadaptersiadapters

VDS に既知のすべての iSCSI イニシエーター アダプターに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about all iSCSI initiator adapters known to VDS. 現在選択されているイニシエーター アダプターは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected initiator adapter is marked by an asterisk (*).

iportalsiportals

現在選択されているイニシエーター アダプター内のすべての iSCSI イニシエーター ポータルに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about all iSCSI initiator portals in the currently selected initiator adapter. 現在選択されているイニシエーター ポータルは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected initiator portal is marked by an asterisk (*).

providersproviders

VDS に既知の各プロバイダーに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about each provider known to VDS. 現在選択されているプロバイダーは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected provider is marked by an asterisk (*).

サブシステムsubsystems

システムでは、各サブシステムに関する概要情報を一覧表示されます。Lists summary information about each subsystem in the system. 現在選択されているサブシステムは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected subsystem is marked by an asterisk (*).

コント ローラーcontrollers

現在選択されているサブシステムの各コント ローラーに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about each controller in the currently selected subsystem. 現在選択されているコント ローラーは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected controller is marked by an asterisk (*).

ポートports

現在選択されているコント ローラーには、各コント ローラー ポートに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about each controller port in the currently selected controller. 現在選択されているポートは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected port is marked by an asterisk (*).

ドライブdrives

現在選択されているサブシステム内の各ドライブについての概要情報を一覧表示します。Lists summary information about each drive in the currently selected subsystem. 現在選択されているドライブは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected drive is marked by an asterisk (*).

lunluns

現在選択されているサブシステム内の各 LUN に関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about each LUN in the currently selected subsystem. 現在選択されている LUN は、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected LUN is marked by an asterisk (*).

tportalstportals

現在選択されているサブシステム内のすべての iSCSI ターゲット ポータルに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about all iSCSI target portals in the currently selected subsystem. 現在選択されているターゲット ポータルは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected target portal is marked by an asterisk (*).

ターゲットtargets

現在選択されているサブシステム内のすべての iSCSI ターゲットに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about all iSCSI targets in the currently selected subsystem. 現在選択されているターゲットは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected target is marked by an asterisk (*).

tpgroupstpgroups

すべての iSCSI ターゲット ポータル グループで現在選択されているターゲットに関する概要情報を一覧表示します。Lists summary information about all iSCSI target portal groups in the currently selected target. 現在選択されているポータル グループは、アスタリスク (*) でマークされます。The currently selected portal group is marked by an asterisk (*).

loginlogin

現在選択されている iSCSI ターゲットに指定された iSCSI イニシエーター アダプターを記録します。Logs the specified iSCSI initiator adapter into the currently selected iSCSI target.

構文Syntax

login target iadapter=<iadapter> [type={manual | persistent | boot}] [chap={none | oneway | mutual}] [iportal=<iportal>] [tportal=<tportal>] [<flag> [<flag> […]]]

パラメーターParameters

typetype

実行するログインの種類を指定します:手動永続的な、またはブートします。Specifies the type of login to perform: manual, persistent, or boot. 指定しない場合、手動のログインが実行されます。If unspecified, a manual login will be performed.

手動-ログイン手動でします。manual - Login manually.

永続的な- 自動的にコンピューターを再起動すると、同じログインを使用します。persistent - Automatically use the same login when the computer is restarted.

ブート-(このオプションは将来の開発のため、現在使用されていない.)boot - (This option is for future development and is not currently used.)

chapchap

使用する CHAP 認証の種類を指定します: noneoneway CHAP、または相互CHAP; 指定されていない場合、認証は使用できません。Specifies the type of CHAP authentication to use: none, oneway CHAP, or mutual CHAP; if unspecified, no authentication will be used.

tportaltportal

ログインのために、現在選択されているサブシステムで、省略可能なターゲット ポータルを指定します。Specifies an optional target portal in the currently selected subsystem to use for the log in.

iportaliportal

省略可能なイニシエーターのポータルでログを使用する、指定したイニシエーター アダプターを指定します。Specifies an optional initiator portal in the specified initiator adapter to use for the log in.

<フラグ ><flag>

次の 3 つの文字の頭字語によって識別されます。Identified by three letter acronyms:

IP:IPsec が必要です。IPS: Require IPsec

EMP:マルチパスを有効にします。EMP: Enable multipath

EHD:ヘッダー ダイジェストを有効にします。EHD: Enable header digest

EDD:データ ダイジェストを有効にします。EDD: Enable data digest

logoutlogout

現在選択されている iSCSI ターゲットから指定された iSCSI イニシエーター アダプターを記録します。Logs the specified iSCSI initiator adapter out of the currently selected iSCSI target.

構文Syntax

logout target iadapter= <iadapter>

パラメーターParameters

iadapteriadapter

ログイン セッションからログアウトするイニシエーター アダプターを指定します。Specifies the initiator adapter with a login session to logout from.

メンテナンスmaintenance

指定した型の現在選択されているオブジェクトのメンテナンス操作を実行します。Performs maintenance operations on the currently selected object of the specified type.

構文Syntax

maintenance <object operation> [count=<iteration>]

パラメーターParameters

<object><object>

操作を実行する対象となるオブジェクトの種類を指定します。Specifies the type of object on which to perform the operation. オブジェクト型できますをサブシステムコント ローラーポート、ドライブまたはLUNします。The object type can be a subsystem, controller, port, drive or LUN.

<operation><operation>

実行するメンテナンス操作を指定します。Specifies the maintenance operation to perform. 操作型できるままスピンダウン点滅ビープ音を鳴らすまたはping.The operation type can be spinup, spindown, blink, beep or ping. 操作指定する必要があります。An operation must be specified.

count=count=

繰り返す回数を指定します、操作します。Specifies the number of times to repeat the operation. これは通常使用点滅ビープ音を鳴らす、またはpingします。This is typically used with blink, beep,or ping.

namename

現在選択されているサブシステムや LUN を iSCSI ターゲットのフレンドリ名を指定した名前に設定します。Sets the friendly name of the currently selected subsystem, LUN, or iSCSI target to the specified name.

構文Syntax

name {subsystem | lun | target} [<name>]

パラメーターParameter

<name><name>

サブシステム、LUN、またはターゲットの名前を指定します。Specifies a name for the subsystem, LUN, or target. 名前は 64 文字未満の長さである必要があります。The name must be less than 64 characters in length. 名前が指定されていない場合、既存の名前、存在する場合は削除されます。If no name is supplied, the existing name, if any, is deleted.

オフラインoffline

指定した型の現在選択されているオブジェクトの状態を設定オフラインします。Sets the state of the currently selected object of the specified type to offline.

構文Syntax

offline <object>

パラメーターParameter

<object><object>

この操作を実行する対象となるオブジェクトの種類を指定します。Specifies the type of object on which to perform this operation. <オブジェクト >The <object>

型は、サブシステムコント ローラードライブLUN、またはtportalします。type can be subsystem, controller, drive, LUN, or tportal.

オンラインonline

指定した型の選択したオブジェクトの状態を設定オンラインします。Sets the state of the selected object of the specified type to online. オブジェクトがある場合hbaport、現在選択されている HBA ポートへのパスの状態を変更オンラインします。If object is hbaport, changes the status of the paths to the currently selected HBA port to online.

構文Syntax

online <object> 

パラメーターParameter

<object><object>

この操作を実行する対象となるオブジェクトの種類を指定します。Specifies the type of object on which to perform this operation. <オブジェクト >The <object>

型は、 hbaportサブシステムコント ローラードライブLUN、またはtportalします。type can be hbaport, subsystem, controller, drive, LUN, or tportal.

回復recover

現在選択されているフォールト トレラントの LUN を修復するなどの再同期またはホット スペアでは、必要に応じて、操作を実行します。Performs operations necessary, such as resynchronization or hot sparing, to repair the currently selected fault-tolerant LUN. 回復がバインドする、ホット スペアが発生するなど、失敗したディスクまたはその他のディスク エクステントの再配置が RAID セットにします。For example, RECOVER might cause a hot spare to be bound to a RAID set that has a failed disk or other disk extent reallocation.

構文Syntax

recover <lun>

再列挙します。reenumerate

指定した型のオブジェクトが再度列挙します。Reenumerates objects of the specified type. 拡張 LUN のコマンドを使用する場合は、再列挙コマンドを使用する前にディスク サイズを更新する更新コマンドを使用する必要があります。If you use the extend LUN command, you must use the refresh command to update the disk size before using the reenumerate command.

構文Syntax

reenumerate {subsystems | drives}

パラメーターParameters

サブシステムsubsystems

現在選択されているプロバイダーで追加された新しいサブシステムを検出するプロバイダーを照会します。Queries the provider to discover any new subsystems that were added in the currently selected provider.

ドライブdrives

現在選択されているサブシステムで追加された新しいドライブを検出する内部 I/O バスを照会します。Queries the internal I/O buses to discover any new drives that were added in the currently selected subsystem.

更新refresh

現在選択されているプロバイダーの内部データを更新します。Refreshes internal data for the currently selected provider.

構文Syntax

refresh provider

remrem

コメントのスクリプトを使用します。Used to comment scripts.

構文Syntax

Rem <comment>

削除します。remove

現在選択されているターゲット ポータル グループから、指定された iSCSI ターゲット ポータルを削除します。Removes the specified iSCSI target portal from the currently selected target portal group.

構文Syntax

remove tpgroup tportal=<tportal> [noerr]

パラメーターParameter

tpgroup tportal= <tportal>tpgroup tportal= <tportal>

削除する iSCSI ターゲット ポータルを指定します。Specifies the iSCSI target portal to remove.

noerrnoerr

この操作を実行中に発生したエラーを無視することを指定します。Specifies that any failures that occur while performing this operation should be ignored. これは、スクリプト モードで便利です。This is useful in script mode.

置換replace

指定したドライブを現在選択されているドライブに置き換えます。Replaces the specified drive with the currently selected drive.

構文Syntax

replace drive=<drive_number>

パラメーターParameter

drive=drive=

指定します、 <drive_number > ドライブには置き換えられます。Specifies the <drive_number> for the drive to be replaced.

注釈Remarks

  • 指定したドライブは、現在選択されているドライブをできない可能性があります。The specified drive may not be the currently selected drive.

resetreset

現在選択されているコント ローラーまたはポートをリセットします。Resets the currently selected controller or port.

構文Syntax

Reset {controller | port}

パラメーターParameters

コント ローラーcontroller

コント ローラーをリセットします。Resets the controller.

ポートport

ポートをリセットします。Resets the port.

選択しますselect

表示または現在選択されているオブジェクトを変更します。Displays or changes the currently selected object.

構文Syntax

Select {hbaport | iadapter | iportal | provider | subsystem | controller | port | drive | lun | tportal | target | tpgroup } [<n>]

パラメーターParameters

objectobject

選択するオブジェクトの種類を指定します。Specifies the type of object to select. <オブジェクト > の種類を指定できますプロバイダーサブシステムコント ローラードライブ、またはLUN.The <object> type can be provider, subsystem, controller, drive, or LUN.

hbaport [<n>]hbaport [<n>]

指定されたローカルの HBA ポートにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified local HBA port. HBA ポートが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されている HBA ポートを表示します。If no HBA port is specified, the command displays the currently selected HBA port (if any). フォーカスの HBA ポートがありません。 無効な HBA ポートのインデックスを指定することになります。Specifying an invalid HBA port index results in no in-focus HBA port. HBA ポートの選択には、発信側ポータル、選択されているイニシエーター アダプターが選択解除します。Selecting an HBA port deselects any selected initiator adapters and initiator portals.

iadapter [<n >]iadapter [<n>]

指定されたローカル iSCSI イニシエーター アダプターにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified local iSCSI initiator adapter. イニシエーター アダプターが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているイニシエーター アダプターを表示します。If no initiator adapter is specified, the command displays the currently selected initiator adapter (if any). フォーカスのイニシエーター アダプターが、無効なイニシエーター アダプターのインデックスを指定することになりません。Specifying an invalid initiator adapter index results in no in-focus initiator adapter. イニシエーター アダプターを選択するには、任意の HBA ポートの選択とイニシエーター ポータルが選択解除します。Selecting an initiator adapter deselects any selected HBA ports and initiator portals.

iportal [<n>]iportal [<n>]

選択した iSCSI イニシエーター アダプター内で指定されたローカル iSCSI イニシエーター ポータルにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified local iSCSI initiator portal within the selected iSCSI initiator adapter. ポータルのイニシエーターが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているイニシエーターのポータルを表示します。If no initiator portal is specified, the command displays the currently selected initiator portal (if any). 選択したイニシエーター ポータルなしになります無効なイニシエーター ポータルのインデックスを指定します。Specifying an invalid initiator portal index results in no selected initiator portal.

provider [<n>]provider [<n>]

指定したプロバイダーにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified provider. プロバイダーが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているプロバイダーを表示します。If no provider is specified, the command displays the currently selected provider (if any). 無効なプロバイダーのインデックスを指定するにより、フォーカス設定プロバイダーがありません。Specifying an invalid provider index results in no in-focus provider.

subsystem [<n>]subsystem [<n>]

指定したサブシステムにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified subsystem. サブシステムが指定されていない場合、コマンドは、(あれば) フォーカスのあるサブシステムを表示します。If no subsystem is specified, the command displays the subsystem with focus (if any). サブシステムの無効なインデックスの指定なしのフォーカスのサブシステムになります。Specifying an invalid subsystem index results in no in-focus subsystem. サブシステムを暗黙的に選択すると、関連付けられているプロバイダーを選択します。Selecting a subsystem implicitly selects its associated provider.

controller [<n>]controller [<n>]

現在選択されているサブシステム内で指定されたコント ローラーにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified controller within the currently selected subsystem. コント ローラーが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているコント ローラーを表示します。If no controller is specified, the command displays the currently selected controller (if any). フォーカスのコント ローラーなしコント ローラーの無効なインデックスを指定することになります。Specifying an invalid controller index results in no in-focus controller. コント ローラーを選択するには、任意のコント ローラーが選択されているポート、ドライブ、Lun、ターゲット ポータル、ターゲット、およびターゲット ポータルのグループが選択解除します。Selecting a controller deselects any selected controller ports, drives, LUNs, target portals, targets, and target portal groups.

port [<n>]port [<n>]

現在選択されているコント ローラー内で指定されたコント ローラー ポートにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified controller port within the currently selected controller. ポートが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているポートを表示します。If no port is specified, the command displays the currently selected port (if any). 選択したポートがありません。 無効なポートのインデックスを指定することになります。Specifying an invalid port index results in no selected port.

drive [<n>]drive [<n>]

指定されたドライブ、または現在選択されているサブシステム内での物理スピンドルにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified drive, or physical spindle, within the currently selected subsystem. ドライブが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているドライブを表示します。If no drive is specified, the command displays the currently selected drive (if any). フォーカスのドライブが、無効なドライブのインデックスを指定することになりません。Specifying an invalid drive index results in no in-focus drive. ドライブを選択するには、選択したコント ローラー、コント ローラーのポート、Lun、ターゲット ポータル、ターゲット、およびターゲット ポータルのグループが選択解除します。Selecting a drive deselects any selected controllers, controller ports, LUNs, target portals, targets, and target portal groups.

lun [<n>]lun [<n>]

現在選択されているサブシステム内で指定された LUN にフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified LUN within the currently selected subsystem. LUN が指定されていない場合のコマンドは、現在選択されている LUN が表示されます (ある場合)。If no LUN is specified, the command displays the currently selected LUN (if any). 無効な LUN インデックスを指定する選択した LUN になりません。Specifying an invalid LUN index results in no selected LUN. LUN を選択するには、選択したコント ローラー、コント ローラーのポート、ドライブ、ターゲット ポータル、ターゲット、およびターゲット ポータルのグループが選択解除します。Selecting a LUN deselects any selected controllers, controller ports, drives, target portals, targets, and target portal groups.

tportal [<n>]tportal [<n>]

現在選択されているサブシステム内で指定された iSCSI ターゲット ポータルにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified iSCSI target portal within the currently selected subsystem. ターゲット ポータルが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているターゲット ポータルを表示します。If no target portal is specified, the command displays the currently selected target portal (if any). 選択したターゲット ポータルの無効なターゲット ポータルのインデックスを指定することになりません。Specifying an invalid target portal index results in no selected target portal. ターゲット ポータルを選択するには、任意のコント ローラー、コント ローラーのポート、ドライブ、Lun、ターゲット、およびターゲット ポータルのグループが選択解除します。Selecting a target portal deselects any controllers, controller ports, drives, LUNs, targets, and target portal groups.

target [<n>]target [<n>]

現在選択されているサブシステム内で指定された iSCSI ターゲットにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified iSCSI target within the currently selected subsystem. ターゲットが指定されていない場合、コマンドは、(ある場合)、現在選択されているターゲットを表示します。If no target is specified, the command displays the currently selected target (if any). 選択したターゲットなしになります無効なターゲット インデックスの指定します。Specifying an invalid target index results in no selected target. ターゲットの選択には、任意のコント ローラー、コント ローラーのポート、ドライブ、Lun、ターゲット ポータル、およびターゲット ポータルのグループが選択解除します。Selecting a target deselects any controllers, controller ports, drives, LUNs, target portals, and target portal groups.

tpgroup [<n>]tpgroup [<n>]

現在選択されている iSCSI ターゲット内の指定された iSCSI ターゲット ポータル グループにフォーカスを設定します。Sets the focus to the specified iSCSI target portal group within the currently selected iSCSI target. ターゲット ポータルのグループが指定されていない場合、コマンドは、現在選択されているターゲット ポータルのグループ (ある場合) を表示します。If no target portal group is specified, the command displays the currently selected target portal group (if any). フォーカスのターゲット ポータル グループ、無効なターゲット ポータルのグループのインデックスを指定することになります。Specifying an invalid target portal group index results in no in-focus target portal group.

[<n>][<n>]

指定します、<オブジェクト番号 > を選択します。Specifies the <object number> to select. 場合、指定が無効ですが、指定した型のオブジェクトの既存の選択をクリアします。If the specified is not valid, any existing selections for objects of the specified type are cleared. ない場合はを指定すると、現在のオブジェクトが表示されます。If no is specified, the current object is displayed.

setflagsetflag

ホット スペアとして現在選択されているドライブを設定します。Sets the currently selected drive as a hot spare.

構文Syntax

setflag drive hotspare={true | false}

パラメーターParameters

truetrue

ホット スペアとして現在選択されているドライブを選択します。Selects the currently selected drive as a hot spare.

falsefalse

ホット スペアとして現在選択されているドライブの選択を解除します。Unselects the currently selected drive as a hot spare.

注釈Remarks

LUN バインディング操作を通常のホット スペアを使用できません。Hot spares cannot be used for ordinary LUN binding operations. エラーの処理のみに予約されています。They are reserved for fault handling only. 既存の LUN にドライブが現在バインドされていない必要があります。The drive must not be currently bound to any existing LUN.

縮小shrink

選択した LUN のサイズを縮小します。Reduces the size of the selected LUN.

構文Syntax

shrink lun size=<n> [noerr]

パラメーターParameters

size=size=

メガバイト (MB) の LUN のサイズを小さく領域の容量を指定します。Specifies the desired amount of space in megabytes (MB) to reduce the size of the LUN by. 他の単位を使用してサイズを指定するには、サイズの直後に、認識されているサフィックス (B、KB、MB、GB、TB および PB) のいずれかを使用します。To specify the size using other units, use one of the recognized suffixes (B, KB, MB, GB, TB and PB) immediately after the size.

noerrnoerr

この操作を実行中に発生したエラーを無視することを指定します。Specifies that any failures that occur while performing this operation will be ignored. これは、スクリプト モードで便利です。This is useful in script mode.

スタンバイstandby

パスの状態をスタンバイ状態には、現在選択されているホスト バス アダプター (HBA) ポートに変更します。Changes the status of the paths to the currently selected host bus adapter (HBA) port to STANDBY.

構文Syntax

standby hbaport

パラメーターParameters

hbaporthbaport

パスの状態をスタンバイ状態には、現在選択されているホスト バス アダプター (HBA) ポートに変更します。Changes the status of the paths to the currently selected host bus adapter (HBA) port to STANDBY.

マスクを解除します。unmask

現在選択されている Lun は、指定したホストからアクセスできるようにします。Makes the currently selected LUNs accessible from the specified hosts.

構文Syntax

unmask LUN {all | none | [add] wwn=<hexadecimal_number> [;<hexadecimal_number> [;…]] | [add] initiator=<initiator>[;<initiator>[;…]]} [uninstall]

パラメーターParameters

すべてのall

LUN が行われることのすべてのホストからアクセス可能なを指定します。Specifies that the LUN should be made accessible from all hosts. ただし、iSCSI サブシステムのすべてのターゲットに LUN をマスク解除することはできません。However, you cannot unmask the LUN to all targets in an iSCSI subsystem.

重要

マスク解除のすべてのコマンドを実行する前に、ターゲットのログアウトする必要があります。You must logout of the target before you run the UNMASK ALL command.

[なし]none

ある LUN は任意のホストにアクセスできないする必要がありますを指定します。Specifies that the LUN should not be accessible to any host.

重要

マスク解除 LUN なしのコマンドを実行する前に、ターゲットのログアウトする必要があります。You must logout of the target before you run the UNMASK LUN NONE command.

addadd

この LUN がからアクセスできるホストの既存のリストに指定されたホストを追加する必要がありますを指定します。Specifies that the hosts specified must be added to the existing list of hosts that this LUN is accessible from. このパラメーターが指定されていない場合、指定されたホストの一覧には、この LUN がからアクセスできるホストの既存の一覧が置き換えられます。If this parameter is not specified, the list of hosts supplied replaces the existing list of hosts that this LUN is accessible from.

WWN =WWN=

元の LUN またはホストにアクセスできる世界的な名前を表す 16 進数の一覧を指定します。Specifies a list of hexadecimal numbers representing world-wide names from which the LUN or hosts should be made accessible. マスク/マスク解除するためのホスト ファイバー チャネルのサブシステムでの特定のセットに、目的のホスト コンピューター上のポートの WWN のセミコロンで区切った一覧を入力できます。To mask/unmask to a specific set of hosts in a Fibre Channel subsystem, you can type a semicolon-separated list of WWN’s for the ports on the host machines of interest.

initiator=initiator=

アクセスできるように、現在選択されている LUN を iSCSI イニシエーターの一覧を指定します。Specifies a list of iSCSI initiators to which the currently selected LUN should be made accessible. マスク/マスク解除するために iSCSI サブシステム内のホストの特定のセットに、目的のホスト コンピューターで、イニシエーターの iSCSI イニシエーター名のセミコロン区切りの一覧を入力できます。To mask/unmask to a specific set of hosts in an iSCSI subsystem, you can type a semicolon-separated list of iSCSI initiator names for the initiators on the host computers of interest.

アンインストールします。uninstall

指定した場合、LUN をマスクする前に、ローカル システム上の LUN に関連付けられているディスクをアンインストールします。If specified, uninstalls the disk associated with the LUN on the local system before the LUN is masked.

スクリプトの DiskRAIDScripting DiskRAID

DiskRAID は、関連付けられている VDS ハードウェア プロバイダーと Windows Server 2008 または Windows Server 2003 を実行するコンピューターでスクリプト化できます。DiskRAID can be scripted on any computer running Windows Server 2008 or Windows Server 2003 with an associated VDS hardware provider. コマンド プロンプトで、DiskRAID スクリプトを呼び出します。To invoke a DiskRAID script, at the command prompt type:

diskraid /s <script.txt>

既定では、DiskRAID はコマンドの処理を停止し、スクリプトで問題がある場合は、エラー コードを返します。By default, DiskRAID stops processing commands and returns an error code if there is a problem in the script. スクリプトの実行を続行して、エラーを無視するするには、上のコマンドは、NOERR パラメーターを含めます。To continue running the script and ignore errors, include the NOERR parameter on the command. これにより、Lun の合計数に関係なくサブシステム内のすべての Lun を削除する 1 つのスクリプトを使用してこのような便利な使い方ができます。This permits such useful practices as using a single script to delete all the LUNs in a subsystem regardless of the total number of LUNs. すべてのコマンドは、NOERR パラメーターをサポートします。Not all commands support the NOERR parameter. エラーは、NOERR パラメーターが含まれるかどうかに関係なく、コマンド構文エラーに対して常に返されますErrors are always returned on command-syntax errors, regardless of whether you included the NOERR parameter,

DiskRAID エラー コードDiskRAID error codes

エラー コードError Code エラーの説明Error Description
00 エラーはありません。No error occurred. スクリプト全体は、問題なく実行されました。The entire script ran without failure.
11 致命的な例外が発生しました。A fatal exception occurred.
22 DiskRAID コマンド ラインで指定された引数が正しくなかった。The arguments specified on a DiskRAID command line were incorrect.
33 指定したスクリプトまたは出力ファイルを開くことができませんでした。DiskRAID was unable to open the specified script or output file.
44 DiskRAID を使用してサービスの 1 つには、エラーが返されます。One of the services DiskRAID uses returned a failure.
55 コマンドの構文エラーが発生しました。A command syntax error occurred. スクリプトは、オブジェクトの選択が不適切またはそのコマンドで使用するには無効ですが失敗しました。The script failed because an object was improperly selected or was invalid for use with that command.

以下に例を示します。サブシステムの状態を対話形式で表示します。Example: Interactively View Status of Subsystem

コンピューターにサブシステム 0 の状態を表示する場合は、コマンド ラインで、次を入力します。If you want to view the status of subsystem 0 on your computer, type the following at the command line:

diskraid

Enter キーを押します。Press ENTER. 次のものが表示されます。The following is displayed:

Microsoft Diskraid version 5.2.xxxx
Copyright (©) 2003 Microsoft Corporation
On computer: COMPUTER_NAME

0 のサブシステムを選択するには、DiskRAID プロンプトで、次を入力します。To select subsystem 0, type the following at the DiskRAID prompt:

select subsystem 0

Enter キーを押します。Press ENTER. 次のような出力が表示されます。Output similar to the following is displayed:

Subsystem 0 is now the selected subsystem.

DISKRAID> list drives

  Drive ###  Status      Health          Size      Free    Bus  Slot  Flags
  ---------  ----------  ------------  --------  --------  ---  ----  -----
  Drive 0    Online      Healthy         107 GB    107 GB    0     1
  Drive 1    Offline     Healthy          29 GB     29 GB    1     0
  Drive 2    Online      Healthy         107 GB    107 GB    0     2
  Drive 3    Not Ready   Healthy          19 GB     19 GB    1     1

DiskRAID を終了するには、DiskRAID プロンプトで、次を入力します。To exit DiskRAID, type the following at the DiskRAID prompt:

exit