DnscmdDnscmd

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

DNS サーバーを管理するためのコマンド ライン インターフェイス。A command-line interface for managing DNS servers. このユーティリティは、スクリプト日常的な DNS の管理タスクを自動化するために、またはネットワーク上に新しい DNS サーバーの単純な無人セットアップと構成を実行するバッチ ファイルで役立ちます。This utility is useful in scripting batch files to help automate routine DNS management tasks, or to perform simple unattended setup and configuration of new DNS servers on your network.

構文Syntax

dnscmd <ServerName> <command> [<command parameters>]  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
リモートまたはローカルの DNS サーバーの IP アドレスまたはホスト名。The IP address or host name of a remote or local DNS server.

コマンドCommands

コマンドCommand 説明Description
dnscmd /ageallrecordsdnscmd /ageallrecords ゾーンまたはノードのすべてのタイムスタンプには、現在の時刻を設定します。Sets the current time on all time stamps in a zone or node.
dnscmd /clearcachednscmd /clearcache DNS サーバーのキャッシュをクリアします。Clears the DNS server cache.
dnscmd /configdnscmd /config DNS サーバーまたはゾーンの構成をリセットします。resets the DNS server or zone configuration.
dnscmd /createbuiltindirectorypartitionsdnscmd /createbuiltindirectorypartitions 組み込みの DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを作成します。creates the built-in DNS application directory partitions.
dnscmd /createdirectorypartitiondnscmd /createdirectorypartition DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを作成します。creates a DNS application directory partition.
dnscmd /deletedirectorypartitiondnscmd /deletedirectorypartition DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを削除します。deletes a DNS application directory partition.
dnscmd /directorypartitioninfodnscmd /directorypartitioninfo DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションに関する情報を一覧表示します。lists information about a DNS application directory partition.
dnscmd /enlistdirectorypartitiondnscmd /enlistdirectorypartition DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションのレプリケーション セットを DNS サーバーを追加します。adds a DNS server to the replication set of a DNS application directory partition.
dnscmd /enumdirectorypartitionsdnscmd /enumdirectorypartitions サーバーの DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを一覧表示します。lists the DNS application directory partitions for a server.
dnscmd /enumrecordsdnscmd /enumrecords ゾーン内のリソース レコードを一覧表示します。lists the resource records in a zone.
dnscmd/enumzonesdnscmd /enumzones 指定されたサーバーでホストされているゾーンを一覧表示します。lists the zones hosted by the specified server.
dnscmd /exportsettingsdnscmd /exportsettings サーバーの構成情報をテキスト ファイルに書き込みます。Writes server configuration information to a text file.
dnscmd /infodnscmd /info サーバーの情報を取得します。Gets server information.
dnscmd /ipvalidatednscmd /ipvalidate リモート DNS サーバーを検証します。Validates remote DNS servers.
dnscmd /nodedeletednscmd /nodedelete ゾーン内のノードのすべてのレコードを削除します。deletes all records for a node in a zone.
dnscmd /recordadddnscmd /recordadd リソース レコードをゾーンに追加します。adds a resource record to a zone.
dnscmd /recorddeletednscmd /recorddelete リソース レコードをゾーンから削除します。removes a resource record from a zone.
dnscmd /resetforwardersdnscmd /resetforwarders 再帰クエリを転送する DNS サーバーを設定します。Sets DNS servers to forward recursive queries.
dnscmd /resetlistenaddressesdnscmd /resetlistenaddresses DNS 要求を処理するサーバーの IP アドレスを設定します。Sets server IP addresses to serve DNS requests.
dnscmd /startscavengingdnscmd /startscavenging サーバーが清掃を開始します。Initiates server scavenging.
dnscmd /statisticsdnscmd /statistics クエリまたはサーバーの統計情報データをクリアします。Queries or clears server statistics data.
dnscmd /unenlistdirectorypartitiondnscmd /unenlistdirectorypartition DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションのレプリケーション セットから DNS サーバーを削除します。removes a DNS server from the replication set of a DNS application directory partition.
dnscmd /writebackfilesdnscmd /writebackfiles すべてのゾーンまたはルート ヒントのデータをファイルに保存します。Saves all zone or root-hint data to a file.
dnscmd /zoneadddnscmd /zoneadd DNS サーバーに新しいゾーンを作成します。creates a new zone on the DNS server.
dnscmd /zonechangedirectorypartitiondnscmd /zonechangedirectorypartition ゾーンが存在するディレクトリ パーティションを変更します。changes the directory partition on which a zone resides.
dnscmd /zonedeletednscmd /zonedelete DNS サーバーからゾーンを削除します。deletes a zone from the DNS server.
dnscmd /zoneexportdnscmd /zoneexport ゾーンのリソース レコードをテキスト ファイルに書き込みます。Writes the resource records of a zone to a text file.
dnscmd /zoneinfodnscmd /zoneinfo ゾーン情報が表示されます。Displays zone information.
dnscmd/zonepausednscmd /zonepause ゾーンを一時停止します。pauses a zone.
dnscmd /zoneprintdnscmd /zoneprint ゾーン内のすべてのレコードを表示します。Displays all records in the zone.
dnscmd /zonerefreshdnscmd /zonerefresh マスター ゾーンのセカンダリ ゾーンの更新を強制します。forces a refresh of the secondary zone from the master zone.
dnscmd /zonereloaddnscmd /zonereload そのデータベースからのゾーンを再読み込みします。Reloads a zone from its database.
dnscmd /zoneresetmastersdnscmd /zoneresetmasters セカンダリ ゾーンのゾーン転送の情報を提供するマスター サーバーを変更します。changes the master servers that provide zone transfer information to a secondary zone.
dnscmd /zoneresetscavengeserversdnscmd /zoneresetscavengeservers ゾーンの清掃を行うサーバーを変更します。changes the servers that can scavenge a zone.
dnscmd /zoneresetsecondariesdnscmd /zoneresetsecondaries ゾーンのセカンダリ情報をリセットします。resets secondary information for a zone.
dnscmd /zoneresettypednscmd /zoneresettype ゾーンの種類を変更します。changes the zone type.
dnscmd /zoneresumednscmd /zoneresume ゾーンを再開します。Resumes a zone.
dnscmd /zoneupdatefromdsdnscmd /zoneupdatefromds Active directory Domain Services (AD DS) からデータを active directory 統合ゾーンを更新します。Updates an active directory integrated zone with data from active directory Domain Services (AD DS).
dnscmd /zonewritebackdnscmd /zonewriteback ゾーン データをファイルに保存します。Saves zone data to a file.

dnscmd /ageallrecordsdnscmd /ageallrecords

指定されたゾーンまたは DNS サーバー上のノードでのリソース レコードのタイムスタンプには、現在の時刻を設定します。Sets the current time on a time stamp on resource records at a specified zone or node on a DNS server.

構文Syntax

dnscmd [<ServerName>] /ageallrecords <ZoneName>[<NodeName>] | [/tree]|[/f]  

パラメーターParameters


管理者が管理対象 DNS サーバーを指定します。 は、IP アドレス、完全修飾ドメイン名 (FQDN)、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server that the administrator plans to manage, represented by IP address, fully qualified domain name (FQDN), or Host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

ゾーンの FQDN を指定します。Specifies the FQDN of the zone.

ゾーンでは、特定のノードまたはサブツリーを指定します。Specifies a specific node or subtree in the zone. NodeNameノードまたはサブツリーを次を使用してゾーンを指定します。NodeName specifies the node or subtree in the zone using the following:
-@ ルート ゾーンまたは FQDN- @ for root zone or FQDN
-ノード (末尾のピリオド (.) の名前) の FQDN- The FQDN of a node (the name with a period (.) at the end)
-ゾーンのルートを基準とした名前の単一ラベル- A single label for the name relative to the zone root
/tree/tree
すべての子ノードもタイムスタンプが表示されることを指定します。Specifies that all child nodes also receive the time stamp.
/f/f
確認を求めずにコマンドを実行します。Runs the command without asking for confirmation.
### 解説#### Remarks
- Ageallrecordsコマンドは、旧バージョンとの間の互換性 DNS の現在のバージョンと以前のリリースの DNS をエージングと清掃のサポートされていませんでした。- The ageallrecords command is for backward compatibility between the current version of DNS and previous releases of DNS in which aging and scavenging were not supported. 現在の時刻のタイムスタンプ、タイムスタンプがないリソース レコードに追加したり、リソース レコードのタイムスタンプが、現在の時刻を設定します。It adds a time stamp with the current time to resource records that do not have a time stamp, and it sets the current time on resource records that do have a time stamp.
のタイムスタンプがない、レコード レコードの清掃は発生しません。- Record scavenging does not occur unless the records are time stamped. ネーム サーバー (NS) リソース レコード、authority (SOA) リソース レコードを開始し、Windows インターネット ネーム サービス (WINS) リソース レコードの清掃のプロセスには含まれません、タイムスタンプがない場合でも、 ageallrecordsコマンドを実行します。Name server (NS) resource records, start of authority (SOA) resource records, and Windows Internet Name Service (WINS) resource records are not included in the scavenging process, and they are not time stamped even when the ageallrecords command runs.
-このコマンドは、DNS サーバーとゾーンの清掃が有効にしない限り失敗します。- This command fails unless scavenging is enabled for the DNS server and the zone. ゾーンの清掃を有効にする方法については、次を参照してください。、エージングでゾーン レベルの構文の下のパラメーター、 configコマンド。For information about how to enable scavenging for the zone, see the aging parameter under Zone-Level Syntax in the config command.
DNS リソース レコードにタイムスタンプを追加では、Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 以外のオペレーティング システムで実行される DNS サーバーと互換性のないになります。- The addition of a time stamp to DNS resource records makes them incompatible with DNS servers that run on operating systems other than Windows 2000, Windows XP, or Windows Server 2003. 使用して追加したタイムスタンプ、 ageallrecordsコマンドを元に戻すことはできません。A time stamp that you add by using the ageallrecords command cannot be reversed.
場合は省略可能なパラメーターを指定すると、指定したノードにあるすべてのリソース レコードが返されます。- if none of the optional parameters are specified, the command returns all resource records at the specified node. 少なくとも 1 つのオプションのパラメーターの値が指定されている場合dnscmd省略可能なパラメーターまたはパラメーターで指定されている値に対応するリソース レコードのみを列挙します。If a value is specified for at least one of the optional parameters, dnscmd enumerates only the resource records that correspond to the value or values that are specified in the optional parameter or parameters.
### 例#### Example
参照してください例 1。リソース レコードにタイムスタンプを現在の時刻を設定します。See Example 1: Set the current time on a time stamp to resource records.
### dnscmd /clearcache### dnscmd /clearcache
指定された DNS サーバー上のリソース レコードの DNS キャッシュのメモリをクリアします。Clears the DNS cache memory of resource records on the specified DNS server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /clearcache
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /clearcache
### dnscmd /config### dnscmd /config
DNS サーバーと個別のゾーンのレジストリの値を変更します。changes values in the registry for the DNS server and individual zones. サーバー レベルの設定とゾーン レベルの設定を受け入れます。Accepts server-level settings and zone-level settings.
>> [!CAUTION]
> 代替手段があるない場合は、直接、レジストリを編集しないでください。> Do not edit the registry directly unless you have no alternative. レジストリ エディターは、標準の保護をバイパスする、設定にパフォーマンスが低下することができます、システムの破損やでも Windows を再インストールする必要があります。The registry editor bypasses standard safeguards, allowing settings that can degrade performance, damage your system, or even require you to reinstall Windows. ほとんどのレジストリ設定は、コントロール パネルまたは Microsoft 管理コンソール (mmc) では、プログラムを使用して安全に変更できます。You can safely alter most registry settings by using the programs in Control Panel or Microsoft Management Console (mmc). レジストリを直接編集する必要がある場合は、最初にバックアップします。If you must edit the registry directly, back it up first. 詳細については、レジストリ エディターのヘルプを読み取ります。Read the registry editor help for more information.
### サーバー レベルの構文#### Server-level syntax
dnscmd [<ServerName>] /config <Parameter>
#### dnscmd /config#### dnscmd /config
指定したサーバーの構成を変更します。Modifies the configuration of the specified server.
### パラメーター#### Parameters

DNS サーバーを管理することを計画しているを指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server that you are planning to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

設定を指定し、オプションの値として。Specify a setting and, as an option, a value. パラメーターの値は、この構文を使用します。パラメーター []Parameter values use this syntax: Parameter [Value]
このセクションの残りの部分では、次のパラメーター値がについて説明します。The following parameter values are described in the remainder of this section:
- /addressanswerlimit- /addressanswerlimit
- /bindsecondaries- /bindsecondaries
- /bootmethod- /bootmethod
- /defaultagingstate- /defaultagingstate
- /defaultnorefreshinterval- /defaultnorefreshinterval
- /defaultrefreshinterval- /defaultrefreshinterval
- /disableautoreversezones- /disableautoreversezones
- /disablensrecordsautocreation- /disablensrecordsautocreation
- /dspollinginterval- /dspollinginterval
- /dstombstoneinterval- /dstombstoneinterval
- /ednscachetimeout- /ednscachetimeout
- /enablednsprobes- /enablednsprobes
- /enablednssec- /enablednssec
- /enableglobalnamessupport- /enableglobalnamessupport
- /enableglobalqueryblocklist- /enableglobalqueryblocklist
- /eventloglevel- /eventloglevel
- /forwarddelegations- /forwarddelegations
- /forwardingtimeout- /forwardingtimeout
- /globalnamesqueryorder- /globalnamesqueryorder
- /globalqueryblocklist- /globalqueryblocklist
- /isslave- /isslave
- /localnetpriority- /localnetpriority
- /logfilemaxsize- /logfilemaxsize
- /logfilepath- /logfilepath
- /logipfilterlist- /logipfilterlist
- /loglevel- /loglevel
- /maxcachesize- /maxcachesize
- /maxcachettl- /maxcachettl
- /namecheckflag- /namecheckflag
- /notcp- /notcp
- /norecursion- /norecursion
- /recursionretry- /recursionretry
- /recursiontimeout- /recursiontimeout
- /roundrobin- /roundrobin
- /rpcprotocol- /rpcprotocol
- /scavenginginterval- /scavenginginterval
- /secureresponses- /secureresponses
- /sendport- /sendport
- /strictfileparsing- /strictfileparsing
- /updateoptions- /updateoptions
- /writeauthorityns- /writeauthorityns
- /xfrconnecttimeout- /xfrconnecttimeout
/addressanswerlimit [0 | 5 月 28 日]/addressanswerlimit [0|5-28]
DNS サーバーは、クエリに対する応答で送信できるホスト レコードの最大数を指定します。Specifies the maximum number of host records that a DNS server can send in response to a query. 値がゼロ (0) を指定できますか、5 ~ 28 レコードの範囲を指定できます。The value can be zero (0), or it can be in the range of 5 through 28 records. 既定値は、ゼロ (0) です。The default value is zero (0).
/bindsecondaries[0|1]/bindsecondaries[0|1]
最大圧縮率と効率性を実現にするために、ゾーン転送の形式を変更します。changes the format of the zone transfer so that it can achieve maximum compression and efficiency. ただし、この形式では、以前のバージョンの Berkeley Internet Name Domain (BIND) と互換性がありません。However, this format is not compatible with earlier versions of Berkeley Internet Name Domain (BIND).
00
最大圧縮を使用します。Uses maximum compression. この形式は、4.9.4 のバインド バージョンと互換性があり、以降のみです。This format is compatible with BIND versions 4.9.4 and later only.
11
Microsoft 以外の DNS サーバーには、メッセージごとに 1 つだけのリソース レコードを送信します。Sends only one resource record per message to non-Microsoft DNS servers. この形式は 4.9.4 バインド前のバージョンとの互換性です。This format is compatible with BIND versions earlier than 4.9.4. これは、既定の設定です。This is the default setting.
/bootmethod [0 | 1 | 2 | 3]。/bootmethod[0|1|2|3]
DNS サーバーの構成情報の取得元となるソースを決定します。Determines the source from which the DNS server gets its configuration information.
00
構成情報のソースをクリアします。Clears the source of configuration information.
11
%Systemroot%\System32\DNS 既定では、DNS のディレクトリにバインド ファイルから読み込みます。Loads from the BIND file that is located in the DNS directory, which is %systemroot%\System32\DNS by default.
22
レジストリから読み込みます。Loads from the registry.
33
AD DS とレジストリから読み込みます。Loads from AD DS and the registry. これは、既定の設定です。This is the default setting.
/defaultagingstate [0 | 1]/defaultagingstate[0|1]
既定では新しく作成されたゾーンで DNS 清掃機能が有効になっているかどうかを判断します。Determines whether the DNS scavenging feature is enabled by default on newly created zones.
00
清掃を無効にします。Disables scavenging. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
清掃を有効にします。Enables scavenging.
/defaultnorefreshinterval[0x1-0xFFFFFFFF|0xA8]/defaultnorefreshinterval[0x1-0xFFFFFFFF|0xA8]
動的に更新されたレコードの更新が受け入れはありません時間の期間を設定します。Sets a period of time in which no refreshes are accepted for dynamically updated records. サーバー上のゾーンでは、この値を自動的に継承します。Zones on the server inherit this value automatically. 既定値を変更するには、範囲の値を入力0x1 0 xffffffffします。To change the default value, type a value in the range of 0x1-0xFFFFFFFF. サーバーから既定値は0xA8します。The default value from the server is 0xA8.
/defaultrefreshinterval [0x1-0xFFFFFFFF|0xA8]/defaultrefreshinterval [0x1-0xFFFFFFFF|0xA8]
DNS レコードの動的更新は許可されている時間の期間を設定します。Sets a period of time that is allowed for dynamic updates to DNS records. サーバー上のゾーンでは、この値を自動的に継承します。Zones on the server inherit this value automatically. 既定値を変更するには、範囲の値を入力0x1 0 xffffffffします。To change the default value, type a value in the range of 0x1-0xFFFFFFFF. サーバーから既定値は0xA8します。The default value from the server is 0xA8.
/disableautoreversezones [0 | 1]/disableautoreversezones [0|1]
有効または逆引き参照ゾーンの自動作成を無効にします。Enables or disables the automatic creation of reverse lookup zones. 逆引き参照ゾーンは、インターネット プロトコル (IP) アドレスの DNS ドメイン名への解決を提供します。Reverse lookup zones provide resolution of Internet Protocol (IP) addresses to DNS domain names.
00
逆引き参照ゾーンの自動作成を有効にします。Enables the automatic creation of reverse lookup zones. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
逆引き参照ゾーンの自動作成を無効にします。Disables the automatic creation of reverse lookup zones.
/disablensrecordsautocreation {0|1}/disablensrecordsautocreation {0|1}
かどうか、DNS サーバーが自動的に作成ネーム サーバー (NS) リソース レコードをホストしているゾーンを指定します。Specifies whether the DNS server automatically creates name server (NS) resource records for zones that it hosts.
00
ゾーンのネーム サーバー (NS) リソース レコードを自動的に作成し、DNS サーバーがホストされます。Automatically creates name server (NS) resource records for zones that the DNS server hosts.
11
自動的に作成されませんゾーンのネーム サーバー (NS) リソース レコードを DNS サーバーでホストします。Does not automatically create name server (NS) resource records for zones that the DNS server hosts.
/dspollinginterval 0-30/dspollinginterval 0-30
どのくらいの頻度、DNS サーバー AD DS の変更をポーリング active directory 統合ゾーンを指定します。Specifies how often the DNS server polls AD DS for changes in active directory integrated zones.
/dstombstoneinterval 1 ~ 30/dstombstoneinterval [1-30]
AD DS で削除されたレコードを保持する秒単位の時間。The amount of time in seconds to retain deleted records in AD DS.
/ednscachetimeout []/ednscachetimeout []
拡張の DNS (EDNS) 情報をキャッシュする秒数を指定します。Specifies the number of seconds that extended DNS (EDNS) information is cached. 最小値は 3600、および最大値は 15,724,800 します。The minimum value is 3600, and the maximum value is 15,724,800. 既定値は、604,800 秒 (1 週間) です。The default value is 604,800 seconds (one week).
/enableednsprobes {0|1}/enableednsprobes {0|1}
有効または他のサーバーをサポートしている EDNS かをプローブするサーバーを無効にします。Enables or disables the server to probe other servers to determine if they support EDNS.
00
EDNS プローブの有効なサポートを無効にします。Disables active support for EDNS probes.
11
EDNS プローブの有効なサポートを有効にします。Enables active support for EDNS probes.
/enablednssec {0|1}/enablednssec {0|1}
有効または、DNS セキュリティ拡張機能 (DNSSEC) に対するサポートを無効にします。Enables or disables support for DNS Security Extensions (DNSSEC).
00
DNSSEC を無効にします。Disables DNSSEC.
11
DNSSEC を有効にします。Enables DNSSEC.
/enableglobalnamessupport {0 | 1}/enableglobalnamessupport {0|1}
有効または、GlobalNames ゾーンのサポートを無効にします。Enables or disables support for the GlobalNames zone. GlobalNames ゾーンは、フォレスト全体で単一ラベル DNS 名の解決をサポートします。The GlobalNames zone supports resolution of single-label DNS names across a forest.
00
GlobalNames ゾーンのサポートを無効にします。Disables support for the GlobalNames zone. このコマンドの値を設定すると0、DNS サーバー サービスは GlobalNames ゾーンで単一ラベル名を解決できません。When you set the value of this command to 0, the DNS Server service does not resolve single-label names in the GlobalNames zone.
11
GlobalNames ゾーンのサポートを有効にします。Enables support for the GlobalNames zone. このコマンドの値を設定すると1、DNS サーバー サービスは GlobalNames ゾーンで単一ラベル名を解決します。When you set the value of this command to 1, the DNS Server service resolves single-label names in the GlobalNames zone.
/enableglobalqueryblocklist {0 | 1}/enableglobalqueryblocklist {0|1}
有効または一覧の名前の名前解決をブロックするグローバル クエリ禁止リストのサポートを無効にします。Enables or disables support for the global query block list that blocks name resolution for names in the list. DNS サーバー サービスは、作成し、最初にサービスの起動時に、既定では、グローバル クエリ禁止リストを有効します。The DNS Server service creates and enables the global query block list by default when the service starts the first time. 現在のグローバル クエリ禁止リストを表示する、 dnscmd/info/globalqueryblocklistコマンド。To view the current global query block list, use the dnscmd /info /globalqueryblocklist command.
00
グローバル クエリ禁止リストのサポートを無効にします。Disables support for the global query block list. このコマンドの値を設定すると0、DNS サーバー サービスが、ブロック一覧の名前に対するクエリに応答します。When you set the value of this command to 0, the DNS Server service responds to queries for names in the block list.
11
グローバル クエリ禁止リストのサポートを有効にします。Enables support for the global query block list. このコマンドの値を設定すると1、DNS サーバー サービスが、ブロック一覧の名前に対するクエリに応答しません。When you set the value of this command to 1, the DNS Server service does not respond to queries for names in the block list.
/eventloglevel [0 | 1 | 2 | 4]/eventloglevel [0|1|2|4]
イベント ビューアーの DNS サーバー ログに記録するイベントを決定します。Determines which events are logged in the DNS server log in Event Viewer.
00
イベントをログはありません。Logs no events.
11
エラーのみを記録します。Logs only errors.
22
エラーと警告のみを記録します。Logs only errors and warnings.
44
エラー、警告、および情報イベントを記録します。Logs errors, warnings, and informational events. これは、既定の設定です。This is the default setting.
/forwarddelegations [0 | 1]/forwarddelegations [0|1]
DNS サーバーが委任されたサブゾーンのクエリを処理する方法を決定します。Determines how the DNS server handles a query for a delegated subzone. これらのクエリは、DNS サーバーのクエリで参照されるサブゾーンにまたはというフォワーダの一覧を送信できます。These queries can be sent either to the subzone that is referred to in the query or to the list of forwarders that is named for the DNS server. エントリの設定では、転送が有効になっている場合にのみ使用されます。Entries in the setting are used only when forwarding is enabled.
00
自動的に適切なサブゾーンに委任された"サブゾーン"を参照するクエリを送信します。Automatically sends queries that refer to delegated subzones to the appropriate subzone. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
既存のフォワーダーに委任されたサブゾーンを参照するクエリを転送します。forwards queries that refer to the delegated subzone to the existing forwarders.
/forwardingtimeout []/forwardingtimeout []
(0x1-0 xffffffff) までの秒数のもう 1 つのフォワーダーを試す前に応答するフォワーダー DNS サーバーが待機するかを決定します。Determines how many seconds (0x1-0xFFFFFFFF) a DNS server waits for a forwarder to respond before trying another forwarder. 既定値は0x5、これは 5 秒です。The default value is 0x5, which is 5 seconds.
/globalneamesqueryorder {0|1}/globalneamesqueryorder {0|1}
かどうか、DNS サーバー サービスでは、最初、GlobalNames ゾーンまたはローカルのゾーンの名前を解決するときを指定します。Specifies whether the DNS Server service looks first in the GlobalNames zone or local zones when it resolves names.
00
DNS サーバー サービスは、対象の権限のあるゾーンのクエリを実行する前に、GlobalNames ゾーンのクエリを実行して名前を解決しようとします。The DNS Server service attempts to resolve names by querying the GlobalNames zone before it queries the zones for which it is authoritative.
11
DNS サーバー サービスは、対象の権限のある、GlobalNames ゾーンのクエリを実行する前に、ゾーンのクエリを実行して名前を解決しようとします。The DNS Server service attempts to resolve names by querying the zones for which it is authoritative before it queries the GlobalNames zone.
/globalqueryblocklist[[ []...]/globalqueryblocklist[[ []...]
現在のグローバル クエリ禁止リストを指定した名前の一覧に置き換えます。replaces the current global query block list with a list of the names that you specify. 任意の名前を指定しない場合、このコマンドは、ブロック一覧をクリアします。If you do not specify any names, this command clears the block list. 既定では、グローバル クエリ禁止リストには、次のものが含まれています。By default, the global query block list contains the following items:
-isatap- isatap
-wpad- wpad
DNS サーバー サービスを削除できますこれらの名前は、どちらも、最初に開始時に既存のゾーンでこれらの名前を見つけた場合。The DNS Server service can remove either or both of these names when it starts the first time, if it finds these names in an existing zone.
/isslave [0 | 1]/isslave [0|1]
転送するクエリが応答を受信しないときの DNS サーバーの応答を決定します。Determines how the DNS server responds when queries that it forwards receive no response.
00
DNS サーバーは、従属要素ではないを指定します (とも呼ばれる、スレーブ)。Specifies that the DNS server is not a subordinate (also known as a slave). フォワーダーが応答しない場合、DNS サーバーは、クエリ自体を解決しようとします。If the forwarder does not respond, the DNS server attempts to resolve the query itself. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
DNS サーバーが下位であることを指定します。Specifies that the DNS server is a subordinate. フォワーダーが応答しない場合、DNS サーバーは、検索を終了し、競合回避モジュールにエラー メッセージを送信します。If the forwarder does not respond, the DNS server terminates the search and sends a failure message to the resolver.
/localnetpriority [0 | 1]/localnetpriority [0|1]
DNS サーバーが同じ名前の複数のホスト レコードをホスト レコードが返される順序を決定します。Determines the order in which host records are returned when the DNS server has multiple host records for the same name.
00
DNS データベースに表示される順序でレコードを返します。Returns the records in the order in which they are listed in the DNS database.
11
ような IP を持つレコードを返します。 ネットワーク アドレスに最初にします。Returns the records that have similar IP network addresses first. これは、既定の設定です。This is the default setting.
/logfilemaxsize []/logfilemaxsize []
Dns.log ファイルのバイト数 (0 xffffffff 0x10000) では、最大サイズを指定します。Specifies the maximum size in bytes (0x10000-0xFFFFFFFF) of the Dns.log file. ファイルには、最大サイズに達すると、DNS は、最も古いイベントを上書きします。When the file reaches its maximum size, DNS overwrites the oldest events. 既定のサイズは 4 メガバイト (MB) をある 0x400000、です。The default size is 0x400000, which is 4 megabytes (MB).
/logfilepath [<path+LogFileName>]/logfilepath [<path+LogFileName>]
Dns.log ファイルのパスを指定します。Specifies the path of the Dns.log file. 既定のパスは、%systemroot%\system32\dns\dns.log です。The default path is %systemroot%\System32\Dns\Dns.log. 別のパスを指定するには、形式を使用してパス + LogFileNameします。You can specify a different path by using the format path+LogFileName.
/logipfilterlist [,...]/logipfilterlist [,...]
パケットがデバッグ ログ ファイルに記録されますを指定します。Specifies which packets are logged in the debug log file. エントリは、IP アドレスの一覧です。The entries are a list of IP addresses. リスト内の IP アドレスとの間に向かうパケットのみが記録されます。Only packets going to and from the IP addresses in the list are logged.
/loglevel []/loglevel []
イベントの種類が Dns.log ファイルに記録されるかを決定します。Determines which types of events are recorded in the Dns.log file. 各イベントの種類は、16 進数で表されます。Each event type is represented by a hexadecimal number. ログ イベントの 1 つ以上の場合は、16 進数の追加を使用して、値を追加し、合計を入力します。If you want more than one event in the log, use hexadecimal addition to add the values, and then enter the sum.
0x00x0
DNS サーバーでは、ログは作成されません。The DNS server does not create a log. これは、既定のエントリです。This is the default entry.
0x100x10
クエリ ログに記録します。Logs queries.
0x100x10
通知を記録します。Logs notifications.
0x200x20
更新プログラムを記録します。Logs updates.
0 xfe0xFE
Nonquery トランザクション ログに記録します。Logs nonquery transactions.
0x1000x100
トランザクションをログに質問します。Logs question transactions.
0x2000x200
回答を記録します。Logs answers.
0x10000x1000
ログは、パケットを送信します。Logs send packets.
0x20000x2000
ログは、パケットを受信します。Logs receive packets.
0x40000x4000
ユーザー データグラム プロトコル (UDP) パケットを記録します。Logs User Datagram Protocol (UDP) packets.
0x80000x8000
伝送制御プロトコル (TCP) のパケットを記録します。Logs Transmission Control Protocol (TCP) packets.
0 xffff0xFFFF
すべてのパケットを記録します。Logs all packets.
0x100000x10000
Active directory 書き込みトランザクション ログに記録します。Logs active directory write transactions.
0x200000x20000
Active directory の更新のトランザクション ログに記録します。Logs active directory update transactions.
0x10000000x1000000
ログの完全なパケット。Logs full packets.
0x800000000x80000000
トランザクション ログ ライト スルーします。Logs write-through transactions.
/maxcachesize/maxcachesize
DNS サーバーのメモリ キャッシュの最大サイズをキロバイト (KB) 単位でを指定します。Specifies the maximum size, in kilobytes (KB), of the DNS server s memory cache.
/maxcachettl []/maxcachettl []
(0x0 0 xffffffff) までの秒数のレコードは、キャッシュに保存を決定します。Determines how many seconds (0x0-0xFFFFFFFF) a record is saved in the cache. 場合、 0x0設定を使用すると、DNS サーバーがレコードをキャッシュしません。If the 0x0 setting is used, the DNS server does not cache records. 既定の設定は0x15180 (86,400 秒または 1 日)。The default setting is 0x15180 (86,400 seconds or 1 day).
/maxnegativecachettl []/maxnegativecachettl []
(0x1-0 xffffffff) までの秒数をクエリに否定応答を記録するエントリに保存、DNS キャッシュを指定します。Specifies how many seconds (0x1-0xFFFFFFFF) an entry that records a negative answer to a query remains stored in the DNS cache. 既定の設定は0x384 (900 秒)。The default setting is 0x384 (900 seconds).
/namecheckflag [0 | 1 | 2 | 3]。/namecheckflag [0|1|2|3]
DNS 名をチェックするときにどの文字標準が使用を指定します。Specifies which character standard is used when checking DNS names.
00
インターネット技術標準化を遵守する ANSI 文字を使用して強制的に (IETF) の Request for Comments (Rfc)。Uses ANSI characters that comply with Internet Engineering Task force (IETF) Request for Comments (Rfcs).
11
IETF Rfc では、必ずしも準拠していない ANSI 文字を使用します。Uses ANSI characters that do not necessarily comply with IETF Rfcs.
22
マルチバイト UCS 変換の使用には、8 (utf-8) 文字が書式設定します。Uses multibyte UCS Transformation format 8 (UTF-8) characters. これは、既定の設定です。This is the default setting.
33
すべての文字を使用します。Uses all characters.
/norecursion [0 | 1]/norecursion [0|1]
DNS サーバーが再帰的名前解決を実行するかどうかを判断します。Determines whether a DNS server performs recursive name resolution.
00
DNS サーバーは、クエリで要求された場合に、再帰的名前解決を実行します。The DNS server performs recursive name resolution if it is requested in a query. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
DNS サーバーでは、再帰的名前解決は実行されません。The DNS server does not perform recursive name resolution.
/notcp/notcp
このパラメータは古い形式、および Windows Server の現在のバージョンに影響を与えません。This parameter is obsolete, and it has no effect in current versions of Windows Server.
/recursionretry []/recursionretry []
(0x1-0 xffffffff) の DNS サーバーをもう一度リモート サーバーに接続する前に待機する秒数を決定します。Determines the number of seconds (0x1-0xFFFFFFFF) that a DNS server waits before again trying to contact a remote server. 既定の設定は、0x3 (3 秒) です。The default setting is 0x3 (three seconds). 低速ワイド エリア ネットワーク (WAN) リンク経由で再帰が発生した場合は、この値を増やす必要があります。This value should be increased when recursion occurs over a slow wide area network (WAN) link.
/recursiontimeout []/recursiontimeout []
(0x1-0 xffffffff) の DNS サーバーがリモート サーバーに接続試行を中止するまで待機する秒数を決定します。Determines the number of seconds (0x1-0xFFFFFFFF) that a DNS server waits before discontinuing attempts to contact a remote server. 設定の範囲0x1を通じて0 xffffffffします。The settings range from 0x1 through 0xFFFFFFFF. 既定の設定は0 xf (15 秒)。The default setting is 0xF (15 seconds). 低速の WAN リンク経由で再帰が発生した場合は、この値を増やす必要があります。This value should be increased when recursion occurs over a slow WAN link.
/roundrobin [0 | 1]/roundrobin [0|1]
サーバーが同じ名前の複数のホスト レコードをホスト レコードが返される順序を決定します。Determines the order in which host records are returned when a server has multiple host records for the same name.
00
DNS サーバーは、ラウンド ロビンを使用しません。The DNS server does not use round robin. 代わりに、すべてのクエリに、最初のレコードを返します。Instead, it returns the first record to every query.
11
DNS サーバーは、一致するレコードの一覧の一番下に上から返されるレコードの間で回転します。The DNS server rotates among the records that it returns from the top to the bottom of the list of matching records. これは、既定の設定です。This is the default setting.
/rpcprotocol [0x0 | 0x1 | 0x2 | 0x4 | 0 xffffffff]/rpcprotocol [0x0|0x1|0x2|0x4|0xFFFFFFFF]
DNS サーバーから接続するときにリモート プロシージャ コール (RPC) が使用するプロトコルを指定します。Specifies the protocol that remote procedure call (RPC) uses when it makes a connection from the DNS server.
0x00x0
DNS の RPC を無効にします。Disables RPC for DNS.
0x10x1
TCP/IP を使用します。Uses TCP/IP.
0x20x2
名前付きパイプを使用します。Uses named pipes.
0x40x4
ローカル プロシージャ呼び出し (LPC) を使用します。Uses local procedure call (LPC).
0 xffffffff0xFFFFFFFF
すべてのプロトコル。All protocols. これは、既定の設定です。This is the default setting.
/scavenginginterval []/scavenginginterval []
DNS サーバーの清掃機能が有効であり、サイクルを清掃間隔の時間 (0x0 0 xffffffff) の数を設定するかどうかを判断します。Determines whether the scavenging feature for the DNS server is enabled, and sets the number of hours (0x0-0xFFFFFFFF) between scavenging cycles. 既定の設定は0x0、DNS サーバーの清掃を無効にします。The default setting is 0x0, which disables scavenging for the DNS server. 設定よりも大きい0x0サーバーの清掃を有効にし、清掃サイクル間の時間数を設定します。A setting greater than 0x0 enables scavenging for the server and sets the number of hours between scavenging cycles.
[0 | 1]/secureresponses [0|1]
DNS がキャッシュに保存されているレコードをフィルター処理するかどうかを判断します。Determines whether DNS filters records that are saved in a cache.
00
名前のクエリに応答するすべてをキャッシュに保存します。Saves all responses to name queries to a cache. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
キャッシュに同じ DNS サブツリーに属しているレコードだけを保存します。Saves only the records that belong to the same DNS subtree to a cache.
/sendport []/sendport []
DNS を使用して他の DNS サーバーに再帰的なクエリを送信するポート番号 (0x0 0 xffffffff) を指定します。Specifies the port number (0x0-0xFFFFFFFF) that DNS uses to send recursive queries to other DNS servers. 既定の設定は0x0、つまり、ポート番号がランダムに選択されています。The default setting is 0x0, which means that the port number is selected randomly.
/serverlevelplugindll[]/serverlevelplugindll[]
カスタム プラグインのパスを指定します。Specifies the path of a custom plug-in. ときにDllpathプラグインは、DNS サーバーでホストされるゾーンのローカルですべての範囲外にある名前クエリを解決するには、プラグインの関数の呼び出しの有効な DNS サーバーの完全修飾パス名を指定します。When Dllpath specifies the fully qualified path name of a valid DNS server plug-in, the DNS server calls functions in the plug-in to resolve name queries that are outside the scope of all locally hosted zones. 照会された名前が、プラグインのスコープ外にある場合は、DNS サーバーは、構成されている転送または再帰を使用して名前解決を実行します。If a queried name is out of the scope of the plug-in, the DNS server performs name resolution using forwarding or recursion, as configured. 場合Dllpathが指定されていない、カスタム プラグインが以前に構成されている場合は、カスタム プラグインを使用する DNS サーバーを停止します。If Dllpath is not specified, the DNS server ceases to use a custom plug-in if a custom plug-in was previously configured.
/strictfileparsing [0 | 1]/strictfileparsing [0|1]
DNS サーバーを調べて'ゾーンの読み込み中にエラーがあるレコードを見つけたときに動作します。Determines a DNS server's behavior when it encounters an erroneous record while loading a zone.
00
DNS サーバーは、サーバーが、正しくないレコードを検出した場合でも、ゾーンを読み込むことが続行されます。The DNS server continues to load the zone even if the server encounters an erroneous record. エラーは、DNS ログに記録されます。The error is recorded in the DNS log. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
DNS サーバーは、ゾーンの読み込みを停止し、DNS ログにエラーが記録します。The DNS server stops loading the zone, and it records the error in the DNS log.
/updateoptions /updateoptions
指定した種類のレコードの動的更新を禁止します。Prohibits dynamic updates of specified types of records. 1 つ以上のレコードの種類をログに禁止する場合は、16 進数の追加を使用して、値を追加し、合計を入力します。If you want more than one record type to be prohibited in the log, use hexadecimal addition to add the values, and then enter the sum.
0x00x0
すべてのレコードの種類を制限しません。Does not restrict any record types.
0x10x1
Authority (SOA) リソース レコードの開始を除外します。Excludes start of authority (SOA) resource records.
0x20x2
ネーム サーバー (NS) リソース レコードを除外します。Excludes name server (NS) resource records.
0x40x4
ネーム サーバー (NS) リソース レコードの委任を除外します。Excludes delegation of name server (NS) resource records.
0x80x8
サーバーのホスト レコードを除外します。Excludes server host records.
0x1000x100
セキュリティで保護の動的更新中には、authority (SOA) リソース レコードの開始を除外します。During secure dynamic update, excludes start of authority (SOA) resource records.
0x2000x200
セキュリティで保護の動的更新中には、ルート ネーム サーバー (NS) リソース レコードを除外します。During secure dynamic update, excludes root name server (NS) resource records.
0x30F0x30F
標準の動的更新中には、ネーム サーバー (NS) リソース レコードの authority (SOA) リソース レコード、およびサーバーのホスト レコードの開始を除外します。During standard dynamic update, excludes name server (NS) resource records, start of authority (SOA) resource records, and server host records. セキュリティで保護の動的更新中に、ルート ネーム サーバー (NS) リソース レコードと authority (SOA) リソース レコードの開始を除外します。During secure dynamic update, excludes root name server (NS) resource records and start of authority (SOA) resource records. により、委任とサーバーの更新をホストします。Allows delegations and server host updates.
0x4000x400
セキュリティで保護の動的更新中には、委任ネーム サーバー (NS) リソース レコードを除外します。During secure dynamic update, excludes delegation name server (NS) resource records.
0x8000x800
セキュリティで保護の動的更新中には、サーバーのホスト レコードを除外します。During secure dynamic update, excludes server host records.
0x10000000x1000000
委任署名者 (DS) のレコードを除外します。Excludes delegation signer (DS) records.
0x800000000x80000000
DNS 動的更新を無効にします。Disables DNS dynamic update.
/writeauthorityns [0|1]/writeauthorityns [0|1]
応答の機関のセクションでは、DNS サーバーがネーム サーバー (NS) リソース レコードを書き込む場合を決定します。Determines when the DNS server writes name server (NS) resource records in the Authority section of a response.
00
のみの参照の機関のセクションでは、ネーム サーバー (NS) リソース レコードを書き込みます。Writes name server (NS) resource records in the Authority section of referrals only. この設定は、Rfc 1034、ドメイン名の概念と機能、および Rfc 2181、明確に DNS の仕様に準拠しています。This setting complies with Rfc 1034, Domain names concepts and facilities, and with Rfc 2181, Clarifications to the DNS Specification. これは、既定の設定です。This is the default setting.
11
成功したすべての権限のある応答の機関のセクションでは、ネーム サーバー (NS) リソース レコードを書き込みます。Writes name server (NS) resource records in the Authority section of all successful authoritative responses.
/xfrconnecttimeout []/xfrconnecttimeout []
プライマリ DNS サーバーをセカンダリ サーバーから転送の応答を待機する秒 (0x0 0 xffffffff) の数を決定します。Determines the number of seconds (0x0-0xFFFFFFFF) a primary DNS server waits for a transfer response from its secondary server. 既定値は0x1E (30 秒)。The default value is 0x1E (30 seconds). タイムアウト値を過ぎると、接続は終了します。After the time-out value expires, the connection is terminated.
### ゾーン レベルの構文#### Zone-level syntax
dnscmd /config <Parameters>
#### dnscmd /config#### dnscmd /config
指定したゾーンの構成を変更します。Modifies the configuration of the specified zone.
### パラメーター#### Parameters

ゾーン名、し、値、オプションの設定を指定します。Specify a setting, a zone name, and, as an option, a value. パラメーターの値は、この構文を使用します。ゾーン名パラメーター []Parameter values use this syntax: ZoneName Parameter [Value]
このセクションの残りの部分では、次のパラメーター値が記載されています。The following parameter values are documented in the remainder of this section:
- /aging- /aging
- /allownsrecordsautocreation- /allownsrecordsautocreation
- /allowupdate- /allowupdate
- /forwarderslave- /forwarderslave
- /forwardertimeout- /forwardertimeout
- /norefreshinterval- /norefreshinterval
- /refreshinterval- /refreshinterval
- /securesecondaries- /securesecondaries
/aging /aging
有効または、特定のゾーンで清掃を無効にします。Enables or disables scavenging in a specific zone.
/allownsrecordsautocreation []/allownsrecordsautocreation []
DNS サーバーを上書き's 名サーバー (NS) リソース レコードの autocreation 設定します。Overrides the DNS server's name server (NS) resource record autocreation setting. このゾーンに登録されていたネーム サーバー (NS) リソース レコードには影響しません。Name server (NS) resource records that were previously registered for this zone are not affected. そのため、する必要があります手動で削除してしない場合。Therefore, you must remove them manually if you do not want them.
/allowupdate /allowupdate
指定されたゾーンが動的更新を受け入れるかどうかを判断します。Determines whether the specified zone accepts dynamic updates.
/forwarderslave /forwarderslave
DNS サーバーを上書き /isslave設定します。Overrides the DNS server /isslave setting.
/forwardertimeout /forwardertimeout
もう 1 つのフォワーダーを試す前に応答するフォワーダー待ちます DNS ゾーンを秒数を決定します。Determines how many seconds a DNS zone waits for a forwarder to respond before trying another forwarder. この値は、サーバー レベルで設定されている値をオーバーライドします。This value overrides the value that is set at the server level.
/norefreshinterval /norefreshinterval
ゾーンを更新できますを動的に更新なしで指定されたゾーンの DNS レコードの時間間隔を設定します。Sets a time interval for a zone during which no refreshes can dynamically update DNS records in a specified zone.
/refreshinterval /refreshinterval
ゾーンを更新は動的に指定されたゾーンの DNS レコードを更新の時間間隔を設定します。Sets a time interval for a zone during which refreshes can dynamically update DNS records in a specified zone.
/securesecondaries /securesecondaries
セカンダリ サーバーは、このゾーンのマスター サーバーからゾーンの更新プログラムを受信することができますを決定します。Determines which secondary servers can receive zone updates from the master server for this zone.
### 解説#### Remarks
-ゾーン レベルのパラメーターに対してのみゾーンの名前を指定する必要があります。- The zone name must be specified only for zone-level parameters.
### dnscmd /createbuiltindirectorypartitions### dnscmd /createbuiltindirectorypartitions
DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを作成します。creates a DNS application directory partition. DNS がインストールされているフォレストおよびドメイン レベルでサービスのアプリケーション ディレクトリ パーティションが作成されます。When DNS is installed, an application directory partition for the service is created at the forest and domain levels. このコマンドを使用して、削除されたか、作成されていない DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを作成します。Use this command to create DNS application directory partitions that were deleted or never created. パラメーターなしでは、このコマンドは、ドメインの組み込み DNS ディレクトリ パーティションを作成します。With no parameter, this command creates a built-in DNS directory partition for the domain.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /createbuiltindirectorypartitions [/forest] [/alldomains]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.
/forest/forest
フォレストの DNS ディレクトリ パーティションを作成します。creates a DNS directory partition for the forest.
/alldomains/alldomains
フォレスト内のすべてのドメイン DNS パーティションを作成します。creates DNS partitions for all domains in the forest.
### dnscmd /createdirectorypartition### dnscmd /createdirectorypartition
DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを作成します。creates a DNS application directory partition. DNS がインストールされているフォレストおよびドメイン レベルでサービスのアプリケーション ディレクトリ パーティションが作成されます。When DNS is installed, an application directory partition for the service is created at the forest and domain levels. この操作は、追加の DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを作成します。This operation creates additional DNS application directory partitions.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /createdirectorypartition <PartitionFQDN>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

作成される DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションの FQDN。The FQDN of the DNS application directory partition that will be created.
### dnscmd /deletedirectorypartition### dnscmd /deletedirectorypartition
既存の DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを削除します。removes an existing DNS application directory partition.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /deletedirectorypartition <PartitionFQDN>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

削除される DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションの FQDN。The FQDN of the DNS application directory partition that will be removed.
### dnscmd /directorypartitioninfo### dnscmd /directorypartitioninfo
指定した DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションに関する情報を一覧表示します。lists information about a specified DNS application directory partition.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /directorypartitioninfo <PartitionFQDN> [/detail]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションの FQDN。The FQDN of the DNS application directory partition.
/detail/detail
アプリケーション ディレクトリ パーティションのすべての情報を一覧表示します。lists all information about the application directory partition.
### dnscmd /enlistdirectorypartition### dnscmd /enlistdirectorypartition
指定されたディレクトリ パーティションに DNS サーバーを追加します。's レプリカ セット。adds the DNS server to the specified directory partition's replica set.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /enlistdirectorypartition <PartitionFQDN>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションの FQDN。The FQDN of the DNS application directory partition.
### dnscmd /enumdirectorypartitions### dnscmd /enumdirectorypartitions
指定されたサーバーの DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションを一覧表示します。lists the DNS application directory partitions for the specified server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /enumdirectorypartitions [/custom]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.
/custom/custom
ユーザーが作成したディレクトリ パーティションのみを一覧表示します。lists only user-created directory partitions.
### dnscmd/enumrecords### dnscmd /enumrecords
DNS ゾーンで指定されたノードのリソース レコードを一覧表示します。lists the resource records of a specified node in a DNS zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /enumrecords <ZoneName> <NodeName> [/type <RRtype> <Rrdata>] [/authority] [/glue] [/additional] [/node | /child | /startchild<ChildName>] [/continue | /detail]
### パラメーター#### Parameters

DNS サーバーを管理するを指定します。 は、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server that you plan to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.
/enumrecords/enumrecords
指定したゾーン内のリソース レコードを一覧表示します。lists resource records in the specified zone.

リソース レコードが属しているゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to which the resource records belong.

リソース レコードのノードの名前を指定します。Specifies the name of the node of the resource records.
/type /type
一覧表示するリソース レコードの種類と予想されるデータの種類を指定します。Specifies the type of resource records to be listed and the type of data that is expected:

一覧表示するリソース レコードの種類を指定します。Specifies the type of resource records to be listed.

予期されるレコードは、データの種類を指定します。Specifies the type of data that is expected record.
/authority/authority
権限のあるデータが含まれています。Includes authoritative data.
/glue/glue
グルー データが含まれています。Includes glue data.
/additional/additional
表示されているリソース レコードに関するすべての追加情報が含まれています。Includes all additional information about the listed resource records.
{0}/ノード |/child |/startchild }{/node | /child | /startchild }
フィルター処理するか、リソース レコードの表示に情報を追加します。Filters or adds information to the resource record display:
/node/node
指定したノードのリソース レコードのみを一覧表示します。lists only the resource records of the specified node.
/child/child
指定した子ドメインのリソース レコードのみを一覧表示します。lists only the resource records of a specified child domain.
/startchild /startchild
指定した子ドメインにあるリストを開始します。Begins the list at the specified child domain.
/continue | /detail/continue | /detail
返されるデータの表示方法を指定します。Specifies how the returned data is displayed.
/continue/continue
それらの型とデータとリソース レコードのみを一覧表示します。lists only the resource records with their type and data.
/detail/detail
リソース レコードに関するすべての情報を一覧表示します。lists all information about the resource records.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd /enumrecords test.contoso.com test /additional
### dnscmd/enumzones### dnscmd /enumzones
指定した DNS サーバー上に存在するゾーンを一覧表示します。lists the zones that exist on the specified DNS server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /enumzones [/primary | /secondary | /forwarder | /stub | /cache | /auto-created] [/forward | /reverse | /ds | /file] [/domaindirectorypartition | /forestdirectorypartition | /customdirectorypartition | /legacydirectorypartition | /directorypartition <PartitionFQDN>]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.
/primary | /secondary | /forwarder | /stub | /cache | /auto-created/primary | /secondary | /forwarder | /stub | /cache | /auto-created
フィルターを表示するゾーンの種類:Filters the types of zones to display:
/primary/primary
標準プライマリ ゾーンまたは active directory 統合ゾーンのいずれかであるすべてのゾーンを一覧表示します。lists all zones that are either standard primary zones or active directory integrated zones.
/secondary/secondary
標準のすべてのセカンダリ ゾーンを一覧表示します。lists all standard secondary zones.
/forwarder/forwarder
別の DNS サーバーに未解決のクエリを転送するゾーンを一覧表示します。lists zones that forward unresolved queries to another DNS server.
/stub/stub
スタブ ゾーンをすべて一覧表示します。lists all stub zones.
/cache/cache
キャッシュに読み込まれるゾーンのみを一覧表示します。lists only the zones that are loaded into the cache.
/auto-created/auto-created
DNS サーバーのインストール時に自動的に作成されたゾーンを一覧表示します。lists the zones that were created automatically during the DNS server installation.
/forward | /reverse | /ds | /file/forward | /reverse | /ds | /file
表示するゾーンの種類の追加のフィルターを指定します。Specifies additional filters of the types of zones to display:
//forward
リストは前方参照ゾーンです。lists forward lookup zones.
/reverse/reverse
リストは逆引き参照ゾーンです。lists reverse lookup zones.
/ds/ds
active directory 統合ゾーンを一覧表示します。lists active directory integrated zones.
/file/file
ファイルで提供されるゾーンを一覧表示します。lists zones that are backed by files.
/domaindirectorypartition/domaindirectorypartition
ドメイン ディレクトリ パーティションに格納されているゾーンを一覧表示します。lists zones that are stored in the domain directory partition.
/forestdirectorypartition/forestdirectorypartition
フォレスト DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションに格納されているゾーンを一覧表示します。lists zones that are stored in the forest DNS application directory partition.
/customdirectorypartition/customdirectorypartition
ユーザー定義のアプリケーション ディレクトリ パーティションに格納されているすべてのゾーンを一覧表示します。lists all zones that are stored in a user-defined application directory partition.
/legacydirectorypartition/legacydirectorypartition
ドメイン ディレクトリ パーティションに格納されているすべてのゾーンを一覧表示します。lists all zones that are stored in the domain directory partition.
/directorypartition /directorypartition
指定されたディレクトリ パーティションに格納されているすべてのゾーンを一覧表示します。lists all zones that are stored in the specified directory partition.
### 解説#### Remarks
- Enumzonesパラメーターは、ゾーンの一覧でフィルターとして機能します。- The enumzones parameters act as filters on the list of zones. フィルターが指定されていない場合は、ゾーンの完全な一覧が返されます。If no filters are specified, a complete list of zones is returned. フィルターを指定すると、そのフィルターに一致するゾーンのみ's 条件は、ゾーンの返されたリストに含まれます。When a filter is specified, only the zones that meet that filter's criteria are included in the returned list of zones.
### 例#### Example
参照してください例 2。DNS サーバーでゾーンの完全な一覧を表示または例 3。DNS サーバーの自動作成ゾーンの一覧を表示します。See Example 2: Display a complete list of zones on a DNS server or Example 3: Display a list of autocreated zones on a DNS server.
### dnscmd /exportsettings### dnscmd /exportsettings
DNS サーバーの構成の詳細を一覧表示するテキスト ファイルを作成します。creates a text file that lists the configuration details of a DNS server. テキスト ファイルの名前は DnsSettings.txt します。The text file is named DnsSettings.txt. サーバーの %systemroot%\system32\dns ディレクトリにあります。It is located in the %systemroot%\system32\dns directory of the server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /exportsettings
### パラメーター#### Parameters

を管理する DNS サーバーの指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.
### 解説#### Remarks
-ファイルの情報を使用することができますをdnscmd/exportsettings構成の問題のトラブルシューティングを行うように構成する複数のサーバーが同じまたは作成します。- You can use the information in the file that dnscmd /exportsettings creates to troubleshoot configuration problems or to ensure that you have configured multiple servers identically.
### dnscmd/info### dnscmd /info
指定したサーバーのレジストリの DNS セクションから設定が表示されます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\ParametersDisplays settings from the DNS section of the registry of the specified server: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\Parameters
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /info [<Setting>]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

あるすべての設定、情報返すコマンドを個別に指定することができます。Any setting that the info command returns can be specified individually. 設定が指定されていない場合は、一般的な設定のレポートが返されます。If a setting is not specified, a report of common settings is returned.
### 解説#### Remarks
-このコマンドは、DNS サーバー レベルのレジストリ設定を表示します。- This command displays registry settings that are at the DNS server level. ゾーン レベルのレジストリ設定を表示するには、使用、 zoneinfoコマンド。To display zone-level registry settings, use the zoneinfo command. このコマンドで表示可能な設定の一覧を表示するには、次を参照してください。、 config説明します。To see a list of settings that can be displayed with this command, see the config description.
### 例#### Example
参照してください例 4。DNS サーバーから IsSlave 設定を表示するまたは例 5。DNS サーバーから Recursiontimeout 設定を表示するします。See Example 4: Display the IsSlave setting from a DNS server or Example 5: Display the Recursiontimeout setting from a DNS server.
### dnscmd/ipvalidate### dnscmd /ipvalidate
IP アドレスが機能している DNS サーバーまたは DNS サーバーがフォワーダー、ルート ヒントのサーバー、または特定のゾーンのマスター サーバーとして機能するかどうかを識別するかどうかをテストします。Tests whether an IP address identifies a functioning DNS server or whether the DNS server can act as a forwarder, a root hint server, or a master server for a specific zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /ipvalidate <Context> [<ZoneName>] [[<IPaddress>]]
### パラメーター#### Parameters

を管理する DNS サーバーの指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

実行するテストの種類を指定します。Specifies the type of test to perform. 次のテストのいずれかを指定できます。You can specify any of the following tests:
- /dnsserversコンピューターを指定したアドレスに DNS サーバーが機能していることをテストします。- /dnsservers tests that the computers with the addresses that you specify are functioning DNS servers.
- /forwarders指定したアドレスがフォワーダとして機能できる DNS サーバーを識別することをテストします。- /forwarders tests that the addresses that you specify identify DNS servers that can act as forwarders.
- /roothints指定したアドレスがルート ヒントのネーム サーバーとして機能できる DNS サーバーを識別することをテストします。- /roothints tests that the addresses that you specify identify DNS servers that can act as root hint name servers.
- /zonemastersテスト用のマスター サーバーの DNS サーバーを指定したアドレスに識別ZoneNameします。- /zonemasters tests that the addresses that you specify identify DNS servers that are master servers for ZoneName.

ゾーンを識別します。Identifies the zone. このパラメーターを使用して、 /zonemastersパラメーター。Use this parameter with the /zonemasters parameter.

コマンドをテストする IP アドレスを指定します。Specifies the IP addresses that the command tests.
### サンプルの使用法#### Sample usage

dnscmd dnssvr1.contoso.com /ipvalidate /dnsservers 10.0.0.1 10.0.0.2
dnscmd dnssvr1.contoso.com /ipvalidate /zonemasters corp.contoso.com 10.0.0.2

### dnscmd /nodedelete### dnscmd /nodedelete
指定されたホストのすべてのレコードを削除します。deletes all records for a specified host.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /nodedelete <ZoneName> <NodeName> [/tree] [/f]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

ゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone.

削除するノードのホスト名を指定します。Specifies the host name of the node to delete.
/tree/tree
すべての子レコードを削除します。deletes all the child records.
/f/f
確認を求めずに、コマンドを実行します。executes the command without asking for confirmation.
### 例#### Example
参照してください例 6: ノードからレコードを削除します。See Example 6: delete the records from a node.
### dnscmd /recordadd### dnscmd /recordadd
DNS サーバーで指定されたゾーンにレコードを追加します。adds a record to a specified zone in a DNS server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /recordadd <ZoneName> <NodeName> <RRtype> <Rrdata>
### パラメーター#### Parameters

を管理する DNS サーバーの指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

レコードが存在するゾーンを指定します。Specifies the zone in which the record resides.

ゾーンでは、特定のノードを指定します。Specifies a specific node in the zone.

追加するレコードの種類を指定します。Specifies the type of record to be added.

予想されるデータの種類を指定します。Specifies the type of data that is expected.
>> [!NOTE]
> レコードを追加するときに、正しいデータ型とデータ形式を使用することを確認します。> When you add a record, make sure that you use the correct data type and data format. リソース レコードの種類と適切なデータ型の一覧は、次を参照してください。リソース レコード リファレンスします。For a list of resource record types and the appropriate data types, see Resource records reference.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /recordadd test A 10.0.0.5
dnscmd /recordadd test.contoso.com test MX 10 mailserver.test.contoso.com

### dnscmd /recorddelete### dnscmd /recorddelete
指定されたゾーンからリソース レコードを削除します。deletes a resource record from a specified zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd <ServerName> /recorddelete <ZoneName> <NodeName> <RRtype> <Rrdata>[/f]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

リソース レコードが存在するゾーンを指定します。Specifies the zone in which the resource record resides.

ホストの名前を指定します。Specifies the name of the host.

削除するリソース レコードの種類を指定します。Specifies the type of resource record to be deleted.

予想されるデータの種類を指定します。Specifies the type of data that is expected.
/f/f
確認を求めずにコマンドを実行します。executes the command without asking for confirmation:
-ノードが 1 つ以上のリソース レコードを持てないために、このコマンドからを削除するリソース レコードの種類について非常に限定する必要があります。- Because nodes can have more than one resource record, this command requires you to be very specific about the type of resource record that you want to delete.
データ型を指定するリソース レコードのデータの種類を指定しない場合は、指定されたノードの場合は、その特定のデータ型を持つすべてのレコードが削除されます。- if you specify a data type and you do not specify a type of resource record data, all records with that specific data type for the specified node are deleted.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd /recorddelete test.contoso.com test MX 10 mailserver.test.contoso.com
### dnscmd /resetforwarders### dnscmd /resetforwarders
選択するか、DNS サーバーがローカルで解決できないときに DNS クエリを転送する IP アドレスをリセットします。selects or resets the IP addresses to which the DNS server forwards DNS queries when it cannot resolve them locally.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /resetforwarders [<IPaddress> [,<IPaddress>]...][/timeout <timeOut>] [/slave|/noslave]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

DNS サーバーが解決されていないクエリを転送する IP アドレスを一覧表示します。lists the IP addresses to which the DNS server forwards unresolved queries.
/timeout /timeout
DNS サーバーがフォワーダーからの応答を待機する秒数を設定します。Sets the number of seconds that the DNS server waits for a response from the forwarder. 既定では、この値は 5 秒です。By default, this value is five seconds.
/slave|/noslave/slave|/noslave
クエリを解決するのには、フォワーダーが失敗した場合、DNS サーバーが独自の反復的なクエリを実行するかどうかを決定します。Determines whether the DNS server performs its own iterative queries if the forwarder fails to resolve a query:
/slave/slave
DNS サーバーがクエリを解決するのには、フォワーダーが失敗した場合、独自の反復的なクエリを実行するを防ぎます。Prevents the DNS server from performing its own iterative queries if the forwarder fails to resolve a query.
/noslave/noslave
クエリを解決するのには、フォワーダーが失敗した場合は、独自の反復的なクエリを実行する DNS サーバーを使用できます。Allows the DNS server to perform its own iterative queries if the forwarder fails to resolve a query. これは、既定の設定です。This is the default setting.
### 解説#### Remarks
-既定では、DNS サーバーは、クエリを解決できない場合に反復的なクエリを実行します。- By default, a DNS server performs iterative queries when it cannot resolve a query.
-IP アドレスの設定を使用して、 resetforwardersコマンドは、指定された IP アドレスの DNS サーバーの再帰的なクエリを実行する DNS サーバーを実行します。- Setting IP addresses by using the resetforwarders command causes the DNS server to perform recursive queries to the DNS servers at the specified IP addresses. フォワーダーで、クエリが解決しない場合、DNS サーバーは、独自の反復的なクエリを実行できます。If the forwarders do not resolve the query, the DNS server can then perform its own iterative queries.
場合、 /スレーブパラメーターを使うと、DNS サーバーが独自の反復的なクエリを実行していません。- if the /slave parameter is used, the DNS server does not perform its own iterative queries. つまり、DNS サーバーが一覧で、DNS サーバーのみに未解決のクエリを転送および、そのフォワーダーが解決しない場合、反復的なクエリは試行しません。This means that the DNS server forwards unresolved queries only to the DNS servers in the list, and it does not attempt iterative queries if the forwarders do not resolve them. DNS サーバーのフォワーダーとして 1 つの IP アドレスを設定する方が効率的になります。It is more efficient to set one IP address as a forwarder for a DNS server. 使用することができます、 resetforwardersを外部接続を持つ 1 つの DNS サーバーに、未解決のクエリを転送するように、ネットワーク内の内部サーバーのコマンド。You can use the resetforwarders command for internal servers in a network to forward their unresolved queries to one DNS server that has an external connection.
-2 回、そのサーバーに転送しようとする DNS サーバーを原因、フォワーダーの IP アドレスを 2 回一覧表示します。- listing a forwarder s IP address twice causes the DNS server to attempt to forward to that server twice.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /resetforwarders 10.0.0.1 /timeout 7 /slave
dnscmd dnssvr1.contoso.com /resetforwarders /noslave

### dnscmd /resetlistenaddresses### dnscmd /resetlistenaddresses
DNS クライアントの要求をリッスンするサーバーの IP アドレスを指定します。Specifies the IP addresses on a server that listens for DNS client requests.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /resetlistenaddresses [<listenaddress>]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

DNS クライアントの要求をリッスンする DNS サーバーの IP アドレスを指定します。Specifies an IP address on the DNS server that listens for DNS client requests. リッスンするアドレスが指定されていない場合、サーバー上のすべての IP アドレスはクライアント要求をリッスンします。If no listen address is specified, all IP addresses on the server listen for client requests.
### 解説#### Remarks
-既定では、DNS サーバー上のすべての IP アドレスは、クライアント DNS 要求をリッスンします。- By default, all IP addresses on a DNS server listen for client DNS requests.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /resetlistenaddresses 10.0.0.1
### dnscmd/startscavenging### dnscmd /startscavenging
指定した DNS サーバーに古いリソース レコードの即時に検索を試行する DNS サーバーに指示します。Tells a DNS server to attempt an immediate search for stale resource records in a specified DNS server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /startscavenging
### パラメーター#### Parameter

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.
### 解説#### Remarks
でこのコマンド正常に完了、清掃を直ちに開始します。- Successful completion of this command starts a scavenge immediately.
-ですが、清掃を開始するコマンドが正常に完了が表示されたら、次の前提条件が満たされている場合を除き、清掃が起動しません。- Although the command to start the scavenge appears to complete successfully, the scavenge does not start unless the following preconditions are met:
でサーバーとゾーンの両方清掃が有効になっています。- Scavenging is enabled for both the server and the zone.
-ゾーンが開始されます。- The zone is started.
リソース レコードでは、タイムスタンプがあります。- The resource records have a time stamp.
-サーバーの清掃を有効にする方法については、次を参照してください。、 scavengingintervalでサーバー レベルの構文でパラメーター、 configセクション。- for information about how to enable scavenging for the server, see the scavenginginterval parameter under Server-level syntax in the config section.
-ゾーンの清掃を有効にする方法については、次を参照してください。、エージングでゾーン レベルの構文の下のパラメーター、 configセクション。- for information about how to enable scavenging for the zone, see the aging parameter under Zone-level syntax in the config section.
-一時停止されているゾーンを開始する方法については、次を参照してください。、 zoneresumeセクション。- for information about how to start a zone that is paused, see the zoneresume section.
-リソース レコードのタイムスタンプを確認する方法については、次を参照してください。、 ageallrecordsセクション。- for information about how to check resource records for a time stamp, see the ageallrecords section.
かどうか、清掃を行う失敗、警告メッセージは表示されません。- if the scavenge fails, no warning message appears.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /startscavenging
### dnscmd/statistics### dnscmd /statistics
表示または指定された DNS サーバーのデータを消去します。Displays or clears data for a specified DNS server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /statistics [<StatID>] [/clear]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

統計情報を表示する統計情報の組み合わせを指定します。Specifies which statistic or combination of statistics to display. Id 番号を使用して、統計情報を識別します。An identification number is used to identify a statistic. 統計の ID 番号が指定されていない場合のすべての統計を表示します。If no statistic ID number is specified, all statistics display.
指定できる番号と対応する統計情報を表示するの一覧を次には。The following is a list of numbers that can be specified and the corresponding statistic that displays:
0000000100000001
timetime
0000000200000002
queryquery
0000000400000004
クエリ 2query2
0000000800000008
RecurseRecurse
0000001000000010
マスタMaster
0000002000000020
セカンダリSecondary
0000004000000040
WINSWINS
0000010000000100
更新Update
0000020000000200
SkwanSecSkwanSec
0000040000000400
dsDs
0001000000010000
メモリMemory
0010000000100000
PacketMemPacketMem
0004000000040000
DbaseDbase
0008000000080000
[レコード]Records
0020000000200000
NbstatMemNbstatMem
/clear/clear
0 に指定した統計カウンターをリセットします。resets the specified statistics counter to zero.
### 解説#### Remarks
-統計が起動または再開時にコマンドに DNS サーバーで開始するカウンターが表示されます。- The statistics command displays counters that begin on the DNS server when it is started or resumed.
### 例#### Examples
参照してください例 7。DNS サーバーの時間の統計情報の表示または例 8。DNS サーバーの NbstatMem 統計情報の表示します。See Example 7: Display time statistics for a DNS server or Example 8: Display NbstatMem statistics for a DNS server.
### dnscmd /unenlistdirectorypartition### dnscmd /unenlistdirectorypartition
指定されたディレクトリ パーティションから DNS サーバーを削除します。's レプリカ セット。removes the DNS server from the specified directory partition's replica set.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /unenlistdirectorypartition <PartitionFQDN>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

削除される DNS アプリケーション ディレクトリ パーティションの FQDN。The FQDN of the DNS application directory partition that will be removed.
### dnscmd /writebackfiles### dnscmd /writebackfiles
変更については、DNS サーバーのメモリをチェック、永続的ストレージに書き込みます。Checks the DNS server memory for changes, and writes them to persistent storage.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /writebackfiles [<ZoneName>]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

更新するゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to be updated.
### 解説#### Remarks
- Writebackfilesコマンドは、すべてのダーティ ゾーンまたは指定されたゾーンを更新します。- The writebackfiles command updates all dirty zones or a specified zone. 永続的ストレージに書き込まれていないメモリ内の変更がある場合に、ゾーンがダーティです。A zone is dirty when there are changes in memory that have not yet been written to persistent storage. これは、すべてのゾーンを確認するサーバー レベルの操作です。This is a server-level operation that checks all zones. この操作で 1 つのゾーンを指定するか、使用することができます、 zonewriteback操作。You can specify one zone in this operation or you can use the zonewriteback operation.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /writebackfiles
### dnscmd/zoneadd### dnscmd /zoneadd
DNS サーバーにゾーンを追加します。adds a zone to the DNS server.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zoneadd <ZoneName> <Zonetype> [/dp <FQDN>| {/domain|/enterprise|/legacy}]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

ゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone.

作成するゾーンの種類を指定します。Specifies the type of zone to create. 各ゾーンの種類では、他の必要なパラメーターがあります。Each zone type has different required parameters:
/dsprimary/dsprimary
active directory 統合ゾーンを作成します。creates an active directory integrated zone.
プライマリ//ファイル /primary /file
標準のプライマリ ゾーンを作成し、ゾーン情報を格納するファイルの名前を指定します。creates a standard primary zone, and specifies the name of the file that will store the zone information.
/secondary [...]/secondary [...]
標準のゾーンのセカンダリを作成します。creates a standard secondary zone.
/stub [...] ファイル /stub [...] /file
ファイルに格納されたスタブ ゾーンを作成します。creates a file-backed stub zone.
/dsstub [...]/dsstub [...]
active directory 統合スタブ ゾーンを作成します。creates an active directory integrated stub zone.
/forwarder []... /file /forwarder []... /file
作成されたゾーンが別の DNS サーバーに未解決のクエリを転送することを指定します。Specifies that the created zone forwards unresolved queries to another DNS server.
/dsforwarder/dsforwarder
作成した active directory 統合ゾーンが別の DNS サーバーに未解決のクエリを転送することを指定します。Specifies that the created active directory integrated zone forwards unresolved queries to another DNS server.
/dp {/domain | /enterprise | /legacy}/dp {/domain | /enterprise | /legacy}
ゾーンの格納先となるディレクトリ パーティションを指定します。Specifies the directory partition on which to store the zone.

ディレクトリ パーティションの FQDN を指定します。Specifies FQDN of the directory partition.
/domain/domain
ドメイン ディレクトリ パーティションにゾーンを格納します。Stores the zone on the domain directory partition.
/enterprise/enterprise
エンタープライズ ディレクトリ パーティションにゾーンを格納します。Stores the zone on the enterprise directory partition.
/legacy/legacy
従来のディレクトリ パーティションにゾーンを格納します。Stores the zone on a legacy directory partition.
### 解説#### Remarks
-のゾーンの種類を指定する /forwarderまたは /dsforwarder条件付き転送を実行するゾーンを作成します。- Specifying a zone type of /forwarder or /dsforwarder creates a zone that performs conditional forwarding.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneadd test.contoso.com /dsprimary
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneadd secondtest.contoso.com /secondary 10.0.0.2

### dnscmd /zonechangedirectorypartition### dnscmd /zonechangedirectorypartition
指定されたゾーンが存在するディレクトリ パーティションを変更します。changes the directory partition on which the specified zone resides.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zonechangedirectorypartition <ZoneName>] {[<NewPartitionName>] | [<Zonetype>] }
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

ゾーンが存在する現在のディレクトリ パーティションの FQDN。The FQDN of the current directory partition on which the zone resides.

ゾーンに移動されるディレクトリ パーティションの FQDN です。The FQDN of the directory partition that the zone will be moved to.

ゾーンに移動されるディレクトリ パーティションの種類を指定します。Specifies the type of directory partition that the zone will be moved to.
/domain/domain
組み込みのドメイン ディレクトリ パーティションにゾーンに移動します。moves the zone to the built-in domain directory partition.
/forest/forest
組み込みのフォレスト ディレクトリ パーティションにゾーンに移動します。moves the zone to the built-in forest directory partition.
/legacy/legacy
ゾーンを active directory ドメイン コント ローラーの前に作成されるディレクトリ パーティションに移動します。moves the zone to the directory partition that is created for pre active directory domain controllers. これらのディレクトリ パーティションでは、ネイティブ モードは必要ありません。These directory partitions are not necessary for native mode.
### するか### dnscmd /zonedelete
指定されたゾーンを削除します。deletes a specified zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zonedelete <ZoneName> [/dsdel] [/f]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

削除するゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to be deleted.
/dsdel/dsdel
AD DS からゾーンを削除します。deletes the zone from AD DS.
/f/f
確認を求めずにコマンドを実行します。Runs the command without asking for confirmation.
### 例#### Example
参照してください例 9: DNS サーバーからゾーンを削除します。See Example 9: delete a zone from a DNS server.
### dnscmd /zoneexport### dnscmd /zoneexport
指定されたゾーンのリソース レコードを一覧表示するテキスト ファイルを作成します。creates a text file that lists the resource records of a specified zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zoneexport <ZoneName> <ZoneExportFile>
### パラメーター#### Parameters

を管理する DNS サーバーの指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

ゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone.

作成するファイルの名前を指定します。Specifies the name of the file to create.
### 解説#### Remarks
- Zoneexport操作は、トラブルシューティングのために、active directory 統合ゾーンのリソース レコードのファイルを作成します。- The zoneexport operation creates a file of resource records for an active directory integrated zone for troubleshooting purposes. 既定では、このコマンドが作成したファイルは %systemroot%/System32/Dns ディレクトリに既定では DNS ディレクトリに配置されます。By default, the file that this command creates is placed in the DNS directory, which is by default the %systemroot%/System32/Dns directory.
### 例#### Example
参照してください例 10。ゾーン リソース レコードの一覧をファイルにエクスポートします。See Example 10: Export zone resource records list to a file.
### dnscmd/zoneinfo### dnscmd /zoneinfo
指定されたゾーンのレジストリのセクションの設定が表示されます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\Parameters\Zones<ZoneName>Displays settings from the section of the registry of the specified zone: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\Parameters\Zones<ZoneName>
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zoneinfo <ZoneName> [<Setting>]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

ゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone.

個別にあるすべての設定を指定できます、 zoneinfoコマンドを返します。You can individually specify any setting that the zoneinfo command returns. 設定を指定しない場合は、すべての設定が返されます。If you do not specify a setting, all settings are returned.
### 解説#### Remarks
- Zoneinfoコマンドでは、レベルは、DNS ゾーンではレジストリ設定を表示します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\Parameters\Zones<ZoneName > します。- The zoneinfo command displays registry settings that are at the DNS zone level at HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\Parameters\Zones<ZoneName>.
、サーバー レベルのレジストリ設定を表示するには使用、情報コマンド。- To display server-level registry settings, use the info command.
、このコマンドで表示できる設定の一覧を表示するには次を参照してください。、 configコマンド。- To see a list of settings that you can display with this command, see the config command.
### 例#### Example
参照してください例 11。レジストリから RefreshInterval 設定を表示するまたは例 12。レジストリから設定をエージング表示します。See Example 11: Display RefreshInterval setting from the registry or Example 12: Display Aging setting from the registry.
### dnscmd/zonepause### dnscmd /zonepause
クエリ要求を無視し、指定されたゾーンを一時停止します。pauses the specified zone, which then ignores query requests.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zonepause <ZoneName>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

一時停止するゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to be paused.
### 解説#### Remarks
ゾーンを再開し、一時停止した後に使用できるように、先を使用して、 zoneresumeコマンド。- To resume a zone and make it available after it has been paused, use the zoneresume command.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zonepause test.contoso.com
### dnscmd/zoneprint### dnscmd /zoneprint
ゾーンのレコードを一覧表示します。lists the records in a zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zoneprint <ZoneName>
### パラメーター#### Parameters

を管理する DNS サーバーの指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

一覧表示するゾーンを識別します。Identifies the zone to be listed.
### dnscmd /zonerefresh### dnscmd /zonerefresh
セカンダリ DNS ゾーンをマスター ゾーンの更新を強制します。forces a secondary DNS zone to update from the master zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd <ServerName> /zonerefresh <ZoneName>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

更新するゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to be refreshed.
### 解説#### Remarks
- Zonerefresh authority (SOA) リソース レコードのマスター サーバーのスタートでは、バージョン番号のチェックを強制的にコマンド。- The zonerefresh command forces a check of the version number in the master server s start of authority (SOA) resource record. マスター サーバーのバージョン番号は、セカンダリ サーバーよりも高いかどうか's バージョン番号、ゾーン転送が開始されたセカンダリ サーバーを更新します。If the version number on the master server is higher than the secondary server's version number, a zone transfer is initiated that updates the secondary server. バージョン番号、同じである場合は、ゾーン転送は行われません。If the version number is the same, no zone transfer occurs.
-強制チェックは、15 分ごとで、既定で発生します。- The forced check occurs by default every 15 minutes. 既定値を変更するには、使用、 dnscmd config refreshintervalコマンド。To change the default, use the dnscmd config refreshinterval command.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zonerefresh test.contoso.com
### dnscmd/zonereload### dnscmd /zonereload
コピーは、そのソースからの情報をゾーンです。Copies zone information from its source.
### 構文#### Syntax
dnscmd <ServerName> /zonereload <ZoneName>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

再読み込みするゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to be reloaded.
### 解説#### Remarks
-AD DS からゾーンが active directory 統合の場合を再読み込みします。- if the zone is active directory integrated, it reloads from AD DS.
-ファイルから、ゾーンが標準のファイルに格納されたゾーンの場合を再読み込みします。- if the zone is a standard file-backed zone, it reloads from a file.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zonereload test.contoso.com
### dnscmd/zoneresetmasters### dnscmd /zoneresetmasters
セカンダリ ゾーンのゾーン転送の情報を提供するマスター サーバーの IP アドレスをリセットします。resets the IP addresses of the master server that provides zone transfer information to a secondary zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd <ServerName> /zoneresetmasters <ZoneName> [/local] [<IPaddress> [<IPaddress>]...]
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

再読み込みするゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to be reloaded.
/local/local
ローカル マスター一覧を設定します。Sets a local master list. このパラメーターは、active directory 統合ゾーンに対して使用されます。This parameter is used for active directory integrated zones.

セカンダリ ゾーンのマスター サーバーの IP アドレス。The IP addresses of the master servers of the secondary zone.
### 解説#### Remarks
-セカンダリ ゾーンを作成する場合、この値が最初に設定します。- This value is originally set when the secondary zone is created. 使用して、 zoneresetmastersセカンダリ サーバーでコマンド。Use the zoneresetmasters command on the secondary server. マスタ DNS サーバーで設定されている場合は、この値を指定しても効果はありません。This value has no effect if it is set on the master DNS server.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresetmasters test.contoso.com 10.0.0.1
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresetmasters test.contoso.com /local

### dnscmd /zoneresetscavengeservers### dnscmd /zoneresetscavengeservers
指定されたゾーンの清掃を行うサーバーの IP アドレスを変更します。changes the IP addresses of the servers that can scavenge the specified zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zoneresetscavengeservers <ZoneName> [<IPaddress> [<IPaddress>]...]
### パラメーター#### Parameters

を管理する DNS サーバーの指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

清掃するゾーンを識別します。Identifies the zone to scavenge.

清掃を行うを実行できるサーバーの IP アドレスを一覧表示します。lists the IP addresses of the servers that can perform the scavenge. このパラメーターを省略した場合、このゾーンをホストするすべてのサーバーは、清掃を行うことができます。If this parameter is omitted, all servers that host this zone can scavenge it.
### 解説#### Remarks
-既定では、ゾーンをホストするすべてのサーバーはそのゾーンに清掃できます。- By default, all servers that host a zone can scavenge that zone.
場合は、ゾーンは、1 つ以上の DNS サーバーでホストされているが、ゾーンの清掃回数を削減する、このコマンドを使用できます。- if a zone is hosted on more than one DNS server, you can use this command to reduce the number of times a zone is scavenged.
の DNS サーバーでこのコマンドによって影響を受けるゾーン清掃を有効にする必要があります。- Scavenging must be enabled on the DNS server and zone that is affected by this command.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresetscavengeservers test.contoso.com 10.0.0.1 10.0.0.2
### dnscmd /zoneresetsecondaries### dnscmd /zoneresetsecondaries
ゾーン転送の要求時にマスター サーバーが応答するセカンダリ サーバーの IP アドレスの一覧を指定します。Specifies a list of IP addresses of secondary servers to which a master server responds when it is asked for a zone transfer.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zoneresetsecondaries <ZoneName> {/noxfr | /nonsecure | /securens | /securelist <SecurityIPaddresses>} {/nonotify | /notify | /notifylist <NotifyIPaddresses>}
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. 場合、パラメーターを省略すると、ローカル サーバーが使用されます。If the is parameter is omitted, the local server is used.

そのセカンダリ サーバーがゾーンの名前を示すをリセットします。Specifies the name of the zone that will have its secondary servers reset.
/noxfr | /nonsecure | /securens | /securelist /noxfr | /nonsecure | /securens | /securelist
すべてまたは一部の更新を要求するセカンダリ サーバーのみが更新プログラムを取得するかどうかを指定します。Specifies whether all or only some of the secondary servers requesting an update get an update.
/noxfr/noxfr
ゾーン転送が許可されないことを指定します。Specifies that no zone transfers are allowed.
/nonsecure/nonsecure
すべてのゾーン転送要求を許可されたことを指定します。Specifies that all zone transfer requests are granted.
/securens/securens
ゾーンのネーム サーバー (NS) リソース レコードに記載されているサーバーのみが転送を許可されているを指定します。Specifies that only the server that is listed in the name server (NS) resource record for the zone is granted a transfer.
/securelist/securelist
サーバーの一覧にのみゾーン転送を許可されたことを指定します。Specifies that zone transfers are granted only to the list of servers. このパラメーターの後に、IP アドレスまたはマスター サーバーを使用するアドレスを指定する必要があります。This parameter must be followed by an IP address or addresses that the master server uses.

マスター サーバーからゾーン転送を受信する IP アドレスを一覧表示します。lists the IP addresses that receive zone transfers from the master server. このパラメーターでのみ使用、 /securelistパラメーター。This parameter is used only with the /securelist parameter.
/nonotify | /notify | /notifylist /nonotify | /notify | /notifylist
特定のセカンダリ サーバーにのみ変更通知が送信されることを指定します。Specifies that a change notification is sent only to certain secondary servers:
/nonotify/nonotify
セカンダリ サーバーに変更通知が送信されていないことを指定します。Specifies that no change notifications are sent to secondary servers.
/notify/notify
すべてのセカンダリ サーバーへの変更通知が送信されることを指定します。Specifies that change notifications are sent to all secondary servers.
/notifylist/notifylist
サーバーの一覧のみを変更通知が送信されることを指定します。Specifies that change notifications are sent to only the list of servers. このコマンドの後に、IP アドレスまたはマスター サーバーを使用するアドレスを指定する必要があります。This command must be followed by an IP address or addresses that the master server uses.

IP アドレスまたはまたは通知を送信する変更を複数のセカンダリ サーバーのアドレスを指定します。Specifies the IP address or addresses of the secondary server or servers to which change notifications are sent. この一覧でのみ使用、 /notifylistパラメーター。This list is used only with the /notifylist parameter.
### 解説#### Remarks
-を使用して、 zoneresetsecondariesコマンドをマスター サーバーへの応答方法ゾーン転送要求のセカンダリ サーバーからを指定します。- Use the zoneresetsecondaries command on the master server to specify how it responds to zone transfer requests from secondary servers.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresetsecondaries test.contoso.com /noxfr /nonotify
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresetsecondaries test.contoso.com /securelist 11.0.0.2

### dnscmd /zoneresettype### dnscmd /zoneresettype
ゾーンの種類を変更します。changes the type of the zone.
### 構文#### Syntax
dnscmd [<ServerName>] /zoneresettype <ZoneName> <Zonetype> [/overwrite_mem | /overwrite_ds]
### パラメーター#### Parameters

を管理する DNS サーバーの指定は、ローカル コンピューターの構文、IP アドレス、FQDN、またはホスト名で表されます。Specifies the DNS server to manage, represented by local computer syntax, IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

ゾーンの種類の変更を識別します。Identifies the zone on which the type will be changed.

作成するゾーンの種類を指定します。Specifies the type of zone to create. 各種類では、他の必要なパラメーターがあります。Each type has different required parameters:
/dsprimary/dsprimary
active directory 統合ゾーンを作成します。creates an active directory integrated zone.
プライマリ//ファイル /primary /file
標準プライマリ ゾーンを作成します。creates a standard primary zone.
/secondary [,...]/secondary [,...]
標準のゾーンのセカンダリを作成します。creates a standard secondary zone.
/stub [,...] /file /stub [,...] /file
ファイルに格納されたスタブ ゾーンを作成します。creates a file-backed stub zone.
/dsstub [,...]/dsstub [,...]
active directory 統合スタブ ゾーンを作成します。creates an active directory integrated stub zone.
/forwarder <MasterIPaddress[,]... /file/forwarder <MasterIPaddress[,]... /file
作成されたゾーンが別の DNS サーバーに未解決のクエリを転送することを指定します。Specifies that the created zone forwards unresolved queries to another DNS server.
/dsforwarder/dsforwarder
作成した active directory 統合ゾーンが別の DNS サーバーに未解決のクエリを転送することを指定します。Specifies that the created active directory integrated zone forwards unresolved queries to another DNS server.
/overwrite_mem | /overwrite_ds/overwrite_mem | /overwrite_ds
既存のデータを上書きする方法を指定します。Specifies how to overwrite existing data:
/overwrite_mem/overwrite_mem
AD DS 内のデータから DNS データが上書きされます。Overwrites DNS data from data in AD DS.
/overwrite_ds/overwrite_ds
AD DS の既存のデータを上書きします。Overwrites existing data in AD DS.
### 解説#### Remarks
-としてゾーンの種類を設定する /dsforwarder条件付き転送を実行するゾーンを作成します。- Setting the zone type as /dsforwarder creates a zone that performs conditional forwarding.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresettype test.contoso.com /primary /file test.contoso.com.dns
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresettype second.contoso.com /secondary 10.0.0.2

### dnscmd/zoneresume### dnscmd /zoneresume
一時停止されている指定されたゾーンを開始します。starts a specified zone that was previously paused.
### 構文#### Syntax
dnscmd <ServerName> /zoneresume <ZoneName>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

再開するゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to resume.
### 解説#### Remarks
-このオペレーションを使用して反転させることができます、 zonepause操作。- You can use this operation to reverse the zonepause operation.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneresume test.contoso.com
### dnscmd/zoneupdatefromds### dnscmd /zoneupdatefromds
AD DS から指定された active directory 統合ゾーンを更新します。Updates the specified active directory integrated zone from AD DS.
### 構文#### Syntax
dnscmd <ServerName> /zoneupdatefromds <ZoneName>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

更新するゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to update.
### 解説#### Remarks
-active directory 統合ゾーン実行この更新プログラム既定で 5 分ごと。- active directory integrated zones perform this update by default every five minutes. このパラメーターを変更するには、使用、 dnscmd config dspollingintervalコマンド。To change this parameter, use the dnscmd config dspollinginterval command.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zoneupdatefromds
### dnscmd /zonewriteback### dnscmd /zonewriteback
指定されたゾーンに関連する変更の DNS サーバーのメモリをチェック、永続的ストレージに書き込みます。Checks DNS server memory for changes that are relevant to a specified zone, and writes them to persistent storage.
### 構文#### Syntax
dnscmd <ServerName> /zonewriteback <ZoneName>
### パラメーター#### Parameters

IP アドレス、FQDN、またはホスト名によって表されるを管理する DNS サーバーを指定します。Specifies the DNS server to manage, represented by IP address, FQDN, or host name. このパラメーターを省略した場合は、ローカル サーバーが使用されます。If this parameter is omitted, the local server is used.

更新するゾーンの名前を指定します。Specifies the name of the zone to update.
### 解説#### Remarks
-これは、ゾーン レベルの操作です。- This is a zone-level operation. DNS サーバー上のすべてのゾーンを更新することができます、 writebackfiles操作。You can update all zones on a DNS server with the writebackfiles operation.
### サンプルの使用法#### Sample usage
dnscmd dnssvr1.contoso.com /zonewriteback test.contoso.com