doskeydoskey

Doskey.exe (どのリコールは以前として、コマンド ライン コマンドを入力) を呼び出し、コマンドラインを編集し、マクロを作成します。Calls Doskey.exe (which recalls previously entered command-line commands), edits command lines, and creates macros.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

doskey [/reinstall] [/listsize=<Size>] [/macros:[all | <ExeName>] [/history] [/insert | /overstrike] [/exename=<ExeName>] [/macrofile=<FileName>] [<MacroName>=[<Text>]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
再インストール//reinstall Doskey.exe の新しいコピーをインストールし、コマンド履歴バッファーをクリアします。Installs a new copy of Doskey.exe and clears the command history buffer.
/listsize=<Size>/listsize=<Size> 履歴バッファーでは、コマンドの最大数を指定します。Specifies the maximum number of commands in the history buffer.
/macros/macros すべての一覧を表示しますdoskeyマクロ。Displays a list of all doskey macros. リダイレクト文字を使用することができます ( > ) で /macros一覧をファイルにリダイレクトします。You can use the redirection symbol (>) with /macros to redirect the list to a file. 省略することができます /macros/mします。You can abbreviate /macros to /m.
/macros:all/macros:all 表示doskeyマクロのすべての実行可能ファイルです。Displays doskey macros for all executables.
/macros:<ExeName >/macros:<ExeName> 表示doskeyマクロで指定された実行可能ファイルのExeNameします。Displays doskey macros for the executable specified by ExeName.
/history/history メモリに格納されているすべてのコマンドが表示されます。Displays all commands that are stored in memory. リダイレクト文字を使用することができます ( > ) で /history一覧をファイルにリダイレクトします。You can use the redirection symbol (>) with /history to redirect the list to a file. 省略することができます /historyとして /hします。You can abbreviate /history as /h.
[/insert[/insert /overstrike]/overstrike]
/exename=<ExeName>/exename=<ExeName> プログラムを指定します (つまり、実行可能ファイル) をdoskeyマクロを実行します。Specifies the program (that is, executable) in which the doskey macro runs.
/macrofile=<FileName>/macrofile=<FileName> インストールするマクロを含むファイルを指定します。Specifies a file that contains the macros that you want to install.
<マクロ名 > = []<MacroName>=[] 指定されたコマンドを実行するマクロを作成します。テキストします。Creates a macro that carries out the commands specified by Text. MacroNameマクロに割り当てる名前を指定します。MacroName specifies the name you want to assign to the macro. テキストを記録するコマンドを指定します。Text specifies the commands you want to record. 場合テキストは、空白のままMacroNameの割り当てられたコマンドが削除されます。If Text is left blank, MacroName is cleared of any assigned commands.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • Doskey.exe を使用します。Using Doskey.exe

    Doskey.exe は常にすべての文字ベースの対話型プログラム (プログラム デバッガーやファイル転送プログラム) の利用とコマンドの履歴バッファーおよび開始する各プログラムのマクロを保持します。Doskey.exe is always available for all character-based, interactive programs (such as program debuggers or file transfer programs), and it maintains a command history buffer and macros for each program that it starts. 使用することはできませんdoskeyプログラムからのコマンド ライン オプション。You cannot use doskey command-line options from a program. 実行する必要がありますdoskeyプログラムを開始する前に、コマンド ライン オプション。You must run doskey command-line options before you start a program. プログラムのキーの割り当てを上書きdoskeyキーの割り当て。Program key assignments override doskey key assignments.

  • コマンドを呼び出すRecalling a command

    コマンドを再呼び出しに使用できます、次のキーのいずれかの Doskey.exe を開始した後。To recall a command, you can use any of the following keys after you start Doskey.exe. Doskey.exe をプログラム内で使用する場合は、そのプログラムのキーの割り当てが優先されます。If you use Doskey.exe within a program, that program's key assignments take precedence.

    KeyKey 説明Description
    上矢印UP ARROW 表示される前に使用したコマンドを呼び出します。Recalls the command that you used before the one that is displayed.
    下方向キーDOWN ARROW 表示される 1 つ後に使用するコマンドを呼び出します。Recalls the command that you used after the one that is displayed.
    PageUpPAGE UP 現在のセッションで使用した最初のコマンドを呼び出します。Recalls the first command that you used in the current session.
    PageDownPAGE DOWN 現在のセッションで使用した最新のコマンドを呼び出します。Recalls the most recent command that you used in the current session.
  • コマンドラインを編集Editing the command line

    Doskey.exe、現在のコマンドラインを編集できます。With Doskey.exe, you can edit the current command line. Doskey.exe をプログラム内で使用する場合は、そのプログラムのキーの割り当てが優先され、いくつかの Doskey.exe 編集キーが機能しない可能性があります。If you use Doskey.exe within a program, that program's key assignments take precedence and some Doskey.exe editing keys might not work.

    次の表doskeyキーとその機能を編集します。The following table lists doskey editing keys and their functions.

    キーまたはキーの組み合わせKey or key combination 説明Description
    左方向キーLEFT ARROW カーソルを 1 文字に移動します。Moves the insertion point back one character.
    右矢印RIGHT ARROW カーソルを 1 文字前方に移動します。Moves the insertion point forward one character.
    CTRL キーを押しながら左方向キーCTRL+LEFT ARROW カーソルを 1 単語に移動します。Moves the insertion point back one word.
    CTRL + 右方向キーCTRL+RIGHT ARROW カーソルを 1 単語前方に移動します。Moves the insertion point forward one word.
    HomeHOME 行の先頭にカーソルを移動します。Moves the insertion point to the beginning of the line.
    ENDEND 行の末尾にカーソルを移動します。Moves the insertion point to the end of the line.
    EscESC 表示からコマンドをクリアします。Clears the command from the display.
    F1F1 コマンド プロンプト ウィンドウで同じ列に、テンプレート内の列から 1 つの文字をコピーします。Copies one character from a column in the template to the same column in the Command Prompt window. (テンプレートとは、入力した最後のコマンドを保持するメモリ バッファーのことです)。(The template is a memory buffer that holds the last command you typed.)
    F2F2 前方に検索した後に入力した次のキー用のテンプレートで F2 キーを押します。Searches forward in the template for the next key that you type after you press F2. Doskey.exe テンプレートからテキストを挿入します-までが含まれていない場合は、文字の指定します。Doskey.exe inserts the text from the template—up to, but not including, the character you specify.
    F3F3 コマンド ラインには、テンプレートの残りの部分をコピーします。Copies the remainder of the template to the command line. Doskey.exe では、コマンドラインでカーソル位置で指定された位置に対応するテンプレート内の位置から文字のコピーを開始します。Doskey.exe begins copying characters from the position in the template that corresponds to the position indicated by the insertion point on the command line.
    F4F4 次に出現した後に入力した文字位置までが含まれていないをポイントする現在のカーソルからすべての文字を削除には、F4 キーを押します。Deletes all characters from the current insertion point position up to, but not including, the next occurrence of the character that you type after you press F4.
    F5F5 現在の行には、テンプレートをコピーします。Copies the template into the current command line.
    F6F6 現在の挿入ポイントの位置にあるファイルの終端文字 (CTRL + Z) を配置します。Places an end-of-file character (CTRL+Z) at the current insertion point position.
    F7F7 このプログラムのメモリに格納されているすべてのコマンド (ダイアログ ボックス) が表示されます。Displays (in a dialog box) all commands for this program that are stored in memory. ↑ キーと下方向キーを使用して、目的のコマンドを選択し、コマンドを実行するには ENTER キーを押します。Use the UP ARROW key and the DOWN ARROW key to select the command you want, and press ENTER to run the command. コマンドの前にシーケンシャル番号をメモし、F9 キーと組み合わせてこの番号を使用できます。You can also note the sequential number in front of the command and use this number in conjunction with the F9 key.
    ALT + F7ALT+F7 現在の履歴バッファーのメモリに格納されているすべてのコマンドを削除します。Deletes all commands stored in memory for the current history buffer.
    F8F8 現在のコマンド内の文字で始まる履歴バッファー内のすべてのコマンドを表示します。Displays all commands in the history buffer that start with the characters in the current command.
    F9F9 履歴バッファー コマンド数の入力を要求し、指定した数に関連付けられたコマンドが表示されます。Prompts you for a history buffer command number, and then displays the command associated with the number that you specify. コマンドを実行するには ENTER キーを押します。Press ENTER to run the command. すべての数値とそれに関連付けられているコマンドを表示するには、f7 キーを押します。To display all the numbers and their associated commands, press F7.
    ALT キーを押しながら F10ALT+F10 すべてのマクロ定義を削除します。Deletes all macro definitions.
  • 使用してdoskeyプログラム内でUsing doskey within a program

    特定のプログラム デバッガーなどの文字ベース、対話型のプログラムまたはファイル転送プログラム (FTP) Doskey.exe を自動的に使用します。Certain character-based, interactive programs, such as program debuggers or file transfer programs (FTP) automatically use Doskey.exe. Doskey.exe を使用するには、プログラムがコンソール プロセスをして、バッファー内の入力を使用する必要があります。To use Doskey.exe, a program must be a console process and use buffered input. プログラムのキーの割り当てを上書きdoskeyキーの割り当て。Program key assignments override doskey key assignments. たとえば、プログラムでは、関数の場合、F7 キーを使用している場合ことはできませんが表示、 doskeyコマンドのポップアップ ウィンドウに履歴。For example, if the program uses the F7 key for a function, you cannot get a doskey command history in a pop-up window.

    Doskey.exe の各プログラムを開始するか、繰り返しのコマンド履歴を保持できます。With Doskey.exe, you can maintain a command history for each program that you start or repeat. プログラムのプロンプトで、前のコマンドを編集し、開始できるdoskeyマクロは、プログラムの作成します。You can edit previous commands at the program's prompt, and start doskey macros created for the program. 終了してから、同じコマンド プロンプト ウィンドウからプログラムを再起動する場合は、プログラムの前のセッションからコマンドの履歴を使用。If you exit and then restart a program from the same Command Prompt window, the command history from the previous program session is available.

    プログラムを開始する前に、Doskey.exe を実行する必要があります。You must run Doskey.exe before you start a program. 使用することはできませんdoskeyプログラムのシェル コマンドである場合でも、プログラムのコマンドからコマンド ライン オプションを確認します。You cannot use doskey command-line options from a program's command prompt, even if the program has a shell command.

    プログラムで Doskey.exe の動作をカスタマイズおよび作成する場合doskeyそのプログラムのマクロ、Doskey.exe が変更され、プログラムを起動するバッチ ファイルを作成できます。If you want to customize how Doskey.exe works with a program and create doskey macros for that program, you can create a batch program that modifies Doskey.exe and starts the program.

  • 既定の挿入モードを指定します。Specifying a default Insert mode

    テキストを入力するには、INSERT キーを押す場合、 doskeyコマンド ライン テキストを置き換えることがなく既存のテキストの途中です。If you press the INSERT key, you can type text on the doskey command line in the midst of existing text without replacing the text. ただし、ENTER キーを押すと、Doskey.exe は置換モードをキーボードを返します。However, after you press ENTER, Doskey.exe returns your keyboard to Replace mode. 挿入モードに戻るにもう一度挿入を押す必要があります。You must press INSERT again to return to Insert mode.

    使用 /挿入挿入モードに、キーボードを切り替えるたびに ENTER キーを押します。Use /insert to switch your keyboard to Insert mode each time you press ENTER. 使用するまで、このキーボードは、効果的に挿入モードに保持されますoverstrike/ します。Your keyboard effectively remains in Insert mode until you use /overstrike. 一時的に、INSERT キーを押して置換モードに戻ることができますが、Doskey.exe が挿入モードに、キーボードを返します、ENTER キーを押す。You can temporarily return to Replace mode by pressing the INSERT key, but after you press ENTER, Doskey.exe returns your keyboard to Insert mode.

    挿入ポイントの変更形状 INS キーを使用して、他の 1 つのモードから変更します。The insertion point changes shape when you use the INSERT key to change from one mode to the other.

  • マクロの作成Creating a macro

    Doskey.exe を使用すると、1 つまたは複数のコマンドを実行するマクロを作成します。You can use Doskey.exe to create macros that carry out one or more commands. 次の表では、マクロを定義するときにコマンド操作を制御するために使用できる特殊文字を示します。The following table lists special characters that you can use to control command operations when you define a macro.

    文字Character 説明Description
    $G または $g$G or $g 出力をリダイレクトします。Redirects output. これらの特殊文字のいずれかを使用して出力を送信するデバイスまたはファイルの代わりに、画面にします。Use either of these special characters to send output to a device or a file instead of to the screen. この文字は出力のリダイレクト文字と同じです ( > )。This character is equivalent to the redirection symbol for output (>).
    $G$ G または $g$ g$G$G or $g$g 出力をファイルの末尾に追加します。Appends output to the end of a file. 出力ファイル内のデータを置き換える代わりに既存のファイルを追加するのにには、これら 2 つの文字のいずれかを使用します。Use either of these double characters to append output to an existing file instead of replacing the data in the file. これら 2 つの文字は出力の追加のリダイレクト文字と同等です ( >> )。These double characters are equivalent to the append redirection symbol for output (>>).
    $L または $l$L or $l 入力をリダイレクトします。Redirects input. 読み取りを使用してこれらの特殊文字のいずれかから、デバイスまたはファイルの代わりに、キーボードから入力します。Use either of these special characters to read input from a device or a file instead of from the keyboard. この文字は入力用のリダイレクト文字と同じです ( < )。This character is equivalent to the redirection symbol for input (<).
    $B または $b$B or $b コマンドには、マクロの出力を送信します。Sends macro output to a command. これらの特殊文字はパイプ (を使用すると**These special characters are equivalent to using the pipe (**
    $T または $t$T or $t コマンドを区切ります。Separates commands. これらの特殊文字のいずれかを使用して、マクロを作成するかでコマンドを入力するときに、コマンドを区別する、 doskeyコマンドライン。Use either of these special characters to separate commands when you create macros or type commands on the doskey command line. これらの特殊文字は、アンパサンドを使用すると ( & )、コマンド ラインでします。These special characters are equivalent to using the ampersand (&) on a command line.
    $$ ドル記号を指定します ( $ )。Specifies the dollar-sign character ($).
    $ 1 9 ドル ~$1 through $9 マクロを実行するときに指定するコマンドライン情報を表します。Represent any command-line information you want to specify when you run the macro. 特殊文字 $1を通じて $9はマクロを実行するたびに、コマンドラインで別のデータを使用するためのバッチのパラメーターです。The special characters $1 through $9 are batch parameters that enable you to use different data on the command line each time you run the macro. $1文字内で、 doskeyコマンドと似ています、 %1バッチ プログラムで文字。The $1 character in a doskey command is similar to the %1 character in a batch program.
    $* マクロ名を入力するときに指定するすべてのコマンドライン情報を表します。Represents all the command-line information that you want to specify when you type the macro name. 特殊文字 $ \ *バッチ パラメーターに類似した置き換え可能パラメーターは、 $1を通じて $9、1 つの重要な違い: の代わりにマクロ名は使用後に、コマンドラインで入力するすべてのもの、 $ \ *マクロ内。The special character $\* is a replaceable parameter that is similar to the batch parameters $1 through $9, with one important difference: everything you type on the command line after the macro name is substituted for the $\* in the macro.
  • 実行している、 doskeyマクロRunning a doskey macro

    マクロを実行するには、最初の位置から始まり、コマンド プロンプトで、マクロ名を入力します。To run a macro, type the macro name at the command prompt, starting at the first position. マクロが定義されている場合 $ \ * バッチのパラメーターのいずれかまたは $1を通じて9 ドルパラメーターを区切るためのスペースを使用します。If the macro was defined with $\* or any of the batch parameters $1 through $9, use a space to separate the parameters. 実行することはできません、 doskeyバッチ プログラムからマクロ。You cannot run a doskey macro from a batch program.

  • Windows Server 2003 ファミリのコマンドと同じ名前のマクロの作成Creating a macro with the same name as a Windows Server 2003 family command

    特定のコマンド ライン オプションで常に特定のコマンドを使用する場合は、コマンドと同じ名前を持つマクロを作成することができます。If you always use a particular command with specific command-line options, you can create a macro that has the same name as the command. マクロと、コマンドを実行するかどうかを指定するには、次のガイドラインに従います。To specify whether you want to run the macro or the command, follow these guidelines:

    • マクロを実行するには、コマンド プロンプトで、マクロ名を入力します。To run the macro, type the macro name at the command prompt. マクロ名の前にスペースを入れないでください。Do not add a space before the macro name.
    • コマンドを実行するには、コマンド プロンプトでは、1 つ以上のスペースを挿入し、コマンド名を入力します。To run the command, insert one or more spaces at the command prompt, and then type the command name.
  • マクロを削除します。Deleting a macro

    マクロを削除するには、次のように入力します。To delete a macro, type:

    doskey <MacroName> =
    

Examples

/Macros/historyコマンド ライン オプションはマクロとコマンドを保存するバッチ プログラムを作成するために役立ちます。The /macros and /history command-line options are useful for creating batch programs to save macros and commands. たとえば、現在のすべてを格納するdoskeyマクロ、種類。For example, to store all current doskey macros, type:

doskey /macros > macinit 

Macinit に格納されているマクロを使用するには、次のように入力します。To use the macros stored in Macinit, type:

doskey /macrofile=macinit 

バッチを作成するには、プログラムを含む最近 tmp.bat コマンド、型を使用します。To create a batch program named Tmp.bat that contains recently used commands, type:

doskey /history> tmp.bat 

複数のコマンドでマクロを定義するには、使用 $tコマンドを次のように分離します。To define a macro with multiple commands, use $t to separate commands, as follows:

doskey tx=cd temp$tdir/w $*

上の例では、TX マクロは、Temp、現在のディレクトリに変更され、ディレクトリ全体の表示形式で一覧が表示されます。In the preceding example, the TX macro changes the current directory to Temp and then displays a directory listing in wide display format. 使用することができます $ \ * するその他のコマンド ライン オプションを追加するマクロの最後にdir TX を実行するとします。You can use $\* at the end of the macro to append other command-line options to dir when you run TX.

次のマクロは、新しいディレクトリ名のバッチのパラメーターを使用します。The following macro uses a batch parameter for a new directory name:

doskey mc=md $1$tcd $1

マクロは、新しいディレクトリを作成し、現在のディレクトリから、新しいディレクトリに変更します。The macro creates a new directory and then changes to the new directory from the current directory.

上記のマクロを作成し、ブックの「という名前のディレクトリ変更を使用するには、次ように入力します。To use the preceding macro to create and change to a directory named Books, type:

mc books

作成する、 doskeyプログラム用のマクロが Ftp.exe を呼び出すと、含める /exename次のようにします。To create a doskey macro for a program called Ftp.exe, include /exename as follows:

doskey /exename=ftp.exe go=open 172.27.1.100$tmget *.TXT c:\reports$tbye 

上記のマクロを使用するには、FTP を開始します。To use the preceding macro, start FTP. FTP のプロンプトで次のように入力します。At the FTP prompt, type:

go

FTP の実行、開くmget、およびbyeコマンド。FTP runs the open, mget, and bye commands.

迅速かつ無条件にディスクをフォーマットするマクロを作成するには、次のように入力します。To create a macro that quickly and unconditionally formats a disk, type:

doskey qf=format $1 /q /u

迅速かつ無条件では、ドライブ A でディスクをフォーマットして、次のように入力します。To quickly and unconditionally format a disk in drive A, type:

qf a:

Vlist と呼ばれるマクロを削除するには、次のように入力します。To delete a macro called vlist, type:

doskey vlist =

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key