echo

メッセージを表示するか、コマンドエコー機能をオンまたはオフにします。 パラメーターを指定せずに使用すると、 echo は現在のエコー設定を表示します。

構文

echo [<message>]
echo [on | off]

パラメーター

パラメーター 説明
[on | off] コマンドエコー機能をオンまたはオフにします。 コマンドのエコーは既定でオンになっています。
<message> 画面に表示するテキストを指定します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

注釈

  • コマンドは、 echo <message>echo <message> がオフになっている場合に特に便利です。 コマンドを何も表示せずに、数行のメッセージを表示するには、 echo <message> batch プログラムの echo <message> コマンドの後にいくつかのコマンドを含めることができます。

  • エコーをオフにすると、コマンドプロンプトウィンドウにコマンドプロンプトは表示されません。 コマンドプロンプトを表示するには、「echo on」と入力し ます。

  • バッチファイルで使用する場合、 echo onecho off は、コマンドプロンプトでの設定には影響しません。

  • バッチファイル内の特定のコマンドがエコーされないようにするには、 @ コマンドの前にサインインを挿入します。 バッチファイル内のすべてのコマンドがエコーされないようにするには、ファイルの先頭に echo off コマンドを追加します。

  • |Echo を使用しているときにパイプ () またはリダイレクト文字 (または) を表示するには、 <>|^ パイプまたはリダイレクト文字の直前にカレット () を使用します。 たとえば、、 ^| 、など) を使用 ^>^< します。 キャレットを表示するには、2つのキャレットを連続して入力し ^^ ます ()。

現在の エコー 設定を表示するには、次のように入力します。

echo

画面上の空白行をエコーするには、次のように入力します。

echo.

注意

ピリオドの前にスペースを入れないでください。 それ以外の場合は、空白行ではなくピリオドが表示されます。

コマンドプロンプトでコマンドがエコーされないようにするには、次のように入力します。

echo off

注意

Echoがオフになっていると、コマンドプロンプトウィンドウにコマンドプロンプトは表示されません。 コマンドプロンプトを再度表示するには、「 echo on」と入力します。

バッチファイル内のすべてのコマンド ( echo off コマンドを含む) が画面に表示されないようにするには、バッチファイルの1行目で次のように入力します。

@echo off

Echoコマンドは、 ifステートメントの一部として使用できます。 たとえば、現在のディレクトリで、ファイル名拡張子が rpt のファイルを検索し、そのようなファイルが見つかった場合はメッセージをエコーするには、次のように入力します。

if exist *.rpt echo The report has arrived.

次のバッチファイルは、現在のディレクトリで .txt ファイル名拡張子を持つファイルを検索し、検索結果を示すメッセージを表示します。

@echo off
if not exist *.txt (
echo This directory contains no text files.
) else (
   echo This directory contains the following text files:
   echo.
   dir /b *.txt
   )

バッチファイルの実行中に .txt ファイルが見つからない場合は、次のメッセージが表示されます。

This directory contains no text files.

バッチファイルの実行時に .txt ファイルが見つかった場合、次の出力が表示されます (この例では、File1.txt、File2.txt、および File3.txt ファイルが存在するものとします)。

This directory contains the following text files:
File1.txt
File2.txt
File3.txt

その他のリファレンス