EvntcmdEvntcmd

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

イベントをトラップ、トラップ送信先、または構成ファイル内の情報に基づく両方の変換を構成します。Configures the translation of events to traps, trap destinations, or both based on information in a configuration file.

構文Syntax

evntcmd [/s <computerName>] [/v <verbosityLevel>] [/n] <FileName>  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/s /s イベントをトラップ、トラップ送信先、またはその両方の変換を構成するコンピューターを名前で指定します。Specifies, by name, the computer on which you want to configure the translation of events to traps, trap destinations, or both. コンピューターを指定しない場合は、ローカル コンピューターの構成が発生します。If you do not specify a computer, the configuration occurs on the local computer.
/v /v 構成するステータス メッセージは、トラップとして表示され、トラップ送信先の種類を指定します。Specifies which types of status messages appear as traps and trap destinations are configured. このパラメーターは、0 から 10 までの整数である必要があります。This parameter must be an integer between 0 and 10. 10 を指定する場合は、メッセージとトラップの構成が成功したかどうかに関する警告のトレースを含むすべての種類のメッセージが表示されます。If you specify 10, all types of messages appear, including tracing messages and warnings about whether trap configuration was successful. 0 を指定する場合は、メッセージは表示されません。If you specify 0, no messages appear.
/n/n このコンピューターは、トラップ構成の変更を受信した場合は、SNMP サービスを再起動しない必要がありますを指定します。Specifies that the SNMP service should not be restarted if this computer receives trap configuration changes.
名前、構成するイベントおよびトラップ送信先の変換に関する情報を含む構成ファイルで指定します。Specifies, by name, the configuration file that contains information about the translation of events to traps and trap destinations you want to configure.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • トラップの構成が、変換先をトラップする場合は、イベント トラップ トランスレーターで有効な構成ファイルを作成できます。if you want to configure traps but not trap destinations, you can create a valid configuration file by using Event to Trap Translator, which is a graphical utility. 」と入力してイベント トラップ トランスレーターを開始するには、SNMP サービスがインストールされている場合は、 「evntwin」とコマンド プロンプトでします。If you have the SNMP service installed, you can start Event to Trap Translator by typing evntwin at a command prompt. トラップの目的を定義した後で使用するための適切なファイルを作成するエクスポート をクリックしてevntcmdします。After you have defined the traps you want, click Export to create a file suitable for use with evntcmd. イベント トラップ トランスレーターを使用して、簡単に構成ファイルを作成し、構成ファイルを使用するevntcmd迅速にトラップを構成する複数のコンピューターでコマンド プロンプトでします。You can use Event to Trap Translator to easily create a configuration file and then use the configuration file with evntcmd at the command prompt to quickly configure traps on multiple computers.
  • トラップを構成するための構文は次のとおりです。The syntax for configuring a trap is as follows:
    #pragma add [ []]#pragma add [ []]
    • テキスト #pragmaファイル内のすべてのエントリの先頭に表示する必要があります。The text #pragma must appear at the beginning of every entry in the file.
    • パラメーター追加イベント トラップ構成を追加することを指定します。The parameter add specifies that you want to add an event to trap configuration.
    • パラメーター EventLogFileEventSource、およびEventIDが必要です。The parameters EventLogFile, EventSource, and EventID are required. パラメーター EventLogFileイベントを記録するファイルを指定します。The parameter EventLogFile specifies the file in which the event is recorded. パラメーター EventSourceイベントを生成するアプリケーションを指定します。The parameter EventSource specifies the application that generates the event. EventIDパラメーターを各イベントを識別する一意の番号を指定します。The EventID parameter specifies the unique number that identifies each event. 特定のイベントに対応してどのような値については、入力してイベント トラップ トランスレーターを起動します。 「evntwin」とコマンド プロンプトでします。To find out what values correspond to particular events, start Event to Trap Translator by typing evntwin at a command prompt. クリックしてカスタム、 をクリックし、編集します。Click Custom, and then click edit. [イベント ソース、構成] をクリックし、をクリックしイベントが見つかるまで、フォルダーの参照追加します。Under Event Sources, browse the folders until you locate the event you want to configure, click it, and then click add. イベント ソース、イベント ログ ファイル、およびイベント ID については、下に表示されますソース、ログ、および特定の ID をトラップ、それぞれします。Information about the event source, the event log file, and the event ID appear under Source, Log, and Trap specific ID, respectively.
    • カウントパラメーターは省略可能、およびトラップ メッセージを送信する前に、イベントが発生する回数を指定します。The Count parameter is optional, and it specifies how many times the event must occur before a trap message is sent. 使用しない場合、カウントパラメーター、トラップ メッセージは、イベントが 1 回発生した後に送信されます。If you do not use the Count parameter, the trap message is sent after the event occurs once.
    • 期間パラメーターは省略可能なが使用する必要がある、カウントパラメーター。The Period parameter is optional, but it requires you to use the Count parameter. 期間パラメーターがの中にイベントがトラップ メッセージを送信する前に、Count パラメーターで指定された回数を実行する必要があります (秒単位で時間の長さを指定します。The Period parameter specifies a length of time (in seconds) during which the event must occur the number of times specified with the Count parameter before a trap message is sent. 使用しない場合、期間パラメーター、イベントで指定された回数の発生後に、トラップ メッセージを送信は、カウントを実行する間隔の経過時間に関係なく、パラメーター。If you do not use the Period parameter, a trap message is sent after the event occurs the number of times specified with the Count parameter, no matter how much time elapses between occurrences.
  • トラップを削除するための構文は次のとおりです。The syntax for removing a trap is as follows:
    #pragma delete #pragma delete
    • テキスト #pragmaファイル内のすべてのエントリの先頭に表示する必要があります。The text #pragma must appear at the beginning of every entry in the file.
    • パラメーター削除イベント トラップ構成を削除することを指定します。The parameter delete specifies that you want to remove an event to trap configuration.
    • パラメーター EventLogFileEventSource、およびEventIDが必要です。The parameters EventLogFile, EventSource, and EventID are required. パラメーター EventLogFileログを指定のイベントが記録されます。The parameter EventLogFile specifies the log in which the event is recorded. パラメーター EventSourceイベントを生成するアプリケーションを指定します。The parameter EventSource specifies the application that generates the event. EventIDパラメーターを各イベントを識別する一意の番号を指定します。The EventID parameter specifies the unique number that identifies each event.
  • トラップの送信先を構成するための構文は次のとおりです。The syntax for configuring a trap destination is as follows:
    #pragma add_TRAP_DEST #pragma add_TRAP_DEST
    • テキスト #pragmaファイル内のすべてのエントリの先頭に表示する必要があります。The text #pragma must appear at the beginning of every entry in the file.
    • パラメーター add_TRAP_DESTコミュニティ内で指定したホストに送信されるメッセージをトラップすることを指定します。The parameter add_TRAP_DEST specifies that you want trap messages to be sent to a specified host within a community.
    • パラメーター CommunityNameメッセージを送信するトラップのコミュニティを名前を指定します。The parameter CommunityName specifies, by name, the community in which trap messages are sent.
    • パラメーター HostIDトラップ メッセージを送信するホストを名前または IP アドレスを指定します。The parameter HostID specifies, by name or IP address, the host to which you want trap messages to be sent.
  • トラップの送信先を削除するための構文は次のとおりです。The syntax for removing a trap destination is as follows:
    #pragma delete_TRAP_DEST #pragma delete_TRAP_DEST
    • テキスト #pragmaファイル内のすべてのエントリの先頭に表示する必要があります。The text #pragma must appear at the beginning of every entry in the file.
    • パラメーター delete_TRAP_DESTコミュニティ内で指定したホストに送信されるメッセージをトラップしないことを指定します。The parameter delete_TRAP_DEST specifies that you do not want trap messages to be sent to a specified host within a community.
    • パラメーター CommunityNameメッセージを送信するトラップのコミュニティを名前を指定します。The parameter CommunityName specifies, by name, the community in which trap messages are sent.
    • パラメーター HostIDをたくないトラップ メッセージを送信するホストを名前または IP アドレスで指定します。The parameter HostID specifies, by name or IP address, the host to which you do not want trap messages to be sent.

      Examples

      次の例では、構成ファイル内のエントリ、 evntcmdコマンド。The following examples illustrate entries in the configuration file for the evntcmd command. コマンド プロンプトで入力する、設計されていません。They are not designed to be typed at a command prompt.
      入力イベント ログ サービスを再起動すると場合、トラップ メッセージを送信します。To send a trap message if the Event Log service is restarted, type:
      #pragma add System "Eventlog" 2147489653  
      
      入力 3 分間に 2 回のイベント ログ サービスを再起動した場合、トラップ メッセージを送信します。To send a trap message if the Event Log service is restarted twice in three minutes, type:
      #pragma add System "Eventlog" 2147489653 2 180  
      
      イベント ログ サービスが再起動されるたびに、トラップ メッセージを送信を停止するには、次のように入力します。To stop sending a trap message whenever the Event Log service is restarted, type:
      #pragma delete System "Eventlog" 2147489653  
      
      192.168.100.100 IP アドレスを持つホストをという名前のパブリック コミュニティ内のトラップ メッセージを送信するには、次のように入力します。To send trap messages within the community named Public to the host with the IP address 192.168.100.100, type:
      #pragma add_TRAP_DEST public 192.168.100.100  
      
      Host1 という名前のホストをという名前のプライベート、コミュニティ内のトラップ メッセージを送信するには、次のように入力します。To send trap messages within the community named Private to the host named Host1, type:
      #pragma add_TRAP_DEST private Host1  
      
      トラップ送信先の構成を同じコンピューターをという名前のプライベート、コミュニティ内のトラップ メッセージの送信を停止するには、次のように入力します。To stop sending trap messages within the community named Private to the same computer on which you are configuring trap destinations, type:
      #pragma delete_TRAP_DEST private localhost  
      

      その他の参照additional references

  • コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key