抽出 (extract)extract

構文Syntax

EXTRACT [/Y] [/A] [/D | /E] [/L dir] cabinet [filename ...]
EXTRACT [/Y] source [newname]
EXTRACT [/Y] /C source destination

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
キャビネットcabinet ファイルには、2 つ以上のファイルが含まれています。File contains two or more files.
<ファイル名>filename キャビネットから抽出するファイルの名前。Name of the file to extract from the cabinet. ワイルドカードと空白で区切って複数のファイル名を使用できます。Wild cards and multiple filenames (separated by blanks) may be used.
sourcesource 圧縮ファイル (1 つのファイルのキャビネット)。Compressed file (a cabinet with only one file).
newnamenewname 抽出されたファイルを提供する新しいファイル名。New filename to give the extracted file. 指定しない場合、元の名前が使用されます。If not supplied, the original name is used.
/A/A すべてのキャビネットを処理します。Process ALL cabinets. 以降で説明したように最初のキャビネット キャビネットのチェーンに依存します。Follows cabinet chain starting in first cabinet mentioned.
/C/C ソース ファイルを送信先 (DMF ディスクからコピー) 先にコピーします。Copy source file to destination (to copy from DMF disks).
/D/D キャビネット ディレクトリ (ファイル名に抽出を回避するために使用) を表示します。Display cabinet directory (use with filename to avoid extract).
/E/E 抽出 (の代わりに使用します。Extract (use instead of . すべてのファイルを抽出)。to extract all files).
/L dir/L dir (既定値は現在のディレクトリ) 抽出したファイルを配置する場所。Location to place extracted files (default is current directory).
/Y/Y 既存のファイルを上書きする前にプロンプトは表示されません。Do not prompt before overwriting an existing file.

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key