flattempflattemp

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

有効または、フラットな一時フォルダーを無効にします。Enables or disables flat temporary folders. このコマンドを使用する方法の例については、次を参照してください。します。for examples of how to use this command, see Examples.

注意

Windows Server 2008 R2 で、「ターミナル サービス」は「リモート デスクトップ サービス」に名前変更されました。In Windows Server 2008 R2, Terminal Services was renamed Remote Desktop Services. 新機能については、最新バージョンについてを参照してください。 Windows Server 2012 でのリモート デスクトップ サービスでどのような s の新しい、Windows Server TechNet ライブラリです。To find out what's new in the latest version, see What s New in Remote Desktop Services in Windows Server 2012 in the Windows Server TechNet Library.

構文Syntax

flattemp {/query | /enable | /disable}

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/query/query 現在の設定を照会します。Queries the current setting.
/enable/enable フラットな一時フォルダーを有効にします。Enables flat temporary folders. ユーザーのホーム フォルダーに一時フォルダーが存在する場合を除き、ユーザーは、一時フォルダーを共有します。Users will share the temporary folder unless the temporary folder resides in the user s home folder.
/disable/disable フラットな一時フォルダーを無効にします。Disables flat temporary folders. 各ユーザーの一時フォルダーは、(ユーザーのセッション id によって決まります) を別のフォルダーに置かれます。Each user s temporary folder will reside in a separate folder (determined by the user s Session ID).
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • Flattempコマンドは Windows Server 2008 R2 を実行するコンピューターで Windows Server 2008 または rd セッション ホスト役割サービスを実行するコンピューターにターミナル サーバーの役割サービスをインストールしたときにのみ使用できます。The flattemp command is only available when you have installed the Terminal Server role service on a computer running Windows Server 2008 or the rd Session Host role service on a computer running Windows Server 2008 R2.
  • 管理資格情報を実行する必要がありますflattempします。You must have administrative credentials to run flattemp.
  • 各ユーザーは、一意の一時フォルダーを使用してflattemp/enableフラットな一時フォルダーを有効にします。After each user has a unique temporary folder, use flattemp /enable to enable flat temporary folders.
  • (通常は、TEMP と TMP 環境変数によって指さ) 複数のユーザーの一時フォルダーを作成するための既定の方法が内のサブフォルダーを作成するには、 \Tempフォルダー、サブフォルダー名として、logonID を使用しています。The default method for creating temporary folders for multiple users (usually pointed to by the TEMP and TMP environment variables) is to create subfolders in the \Temp folder, by using the logonID as the subfolder name. たとえば、TEMP 環境変数は、C:\Temp をポイントしている場合ユーザー logonID 4 に割り当てられている一時フォルダーは C:\Temp\4 します。For example, if the TEMP environment variable points to C:\Temp, the temporary folder assigned to the user logonID 4 is C:\Temp\4. 使用してflattemp、\Temp フォルダを直接ポイントし、サブフォルダーが形成することを防ぐことができます。Using flattemp, you can point directly to the \Temp folder and prevent subfolders from forming. これは、ユーザーの一時フォルダーに、rd セッション ホスト サーバーのローカル ドライブであるかどうか、または共有ネットワーク ドライブ上のホーム フォルダー、格納する場合に便利です。This is useful when you want the user temporary folders to be contained in home folders, whether on an rd Session Host server local drive or on a shared network drive. 使用する必要があります、 flattemp/enableユーザーごとに別々 の一時フォルダーがある場合にのみコマンドします。You should use the flattemp /enable command only when each user has a separate temporary folder.
  • ユーザーの一時フォルダーがネットワーク ドライブにある場合は、アプリケーション エラーが発生する可能性があります。You might encounter application errors if the user's temporary folder is on a network drive. これには、共有ネットワーク ドライブにネットワークに一時的にアクセスできなくなったときに発生します。This occurs when the shared network drive becomes momentarily inaccessible on the network. アプリケーションの一時ファイルがアクセスできないか同期であるために、ディスクが停止した場合に応答します。Because the temporary files of the application are either inaccessible or out of synchronization, it responds as if the disk has stopped. ネットワーク ドライブに一時フォルダーを移動することは推奨されません。Moving the temporary folder to a network drive is not recommended. 既定では、ローカルのハード ディスク上の一時フォルダーを保持します。The default is to keep temporary folders on the local hard disk. 予期しない動作や特定のアプリケーションでディスク破損エラーが発生した場合、ネットワークを安定化または一時フォルダーをローカル ハード_ディスクに移動します。If you experience unexpected behavior or disk-corruption errors with certain applications, stabilize your network or move the temporary folders back to the local hard disk.
  • セッションを使用して別の一時フォルダーごとに、無効にした場合flattemp設定は無視されます。if you disable using separate temporary folders per-session, flattemp settings are ignored. このオプションは、リモート デスクトップ サービスの構成ツールで設定されます。This option is set in the Remote Desktop Services Configuration tool.

Examples

  • フラットな一時フォルダーの現在の設定を表示するには、次のように入力します。To display the current setting for flat temporary folders, type:
    flattemp /query
    
  • フラットな一時フォルダーを有効にするには、次のように入力します。To enable flat temporary folders, type:
    flattemp /enable
    
  • フラットな一時フォルダーを無効にするには、次のように入力します。To disable flat temporary folders, type:
    flattemp /disable
    

その他の参照additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key

リモート デスクトップ サービス(ターミナル サービス)コマンドのリファレンスRemote Desktop Services (Terminal Services) Command Reference