FsutilFsutil

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

ファイル アロケーション テーブル (FAT) および再解析の管理など、NTFS ファイル システムが指す、スパース ファイルの管理またはボリュームのマウント解除に関連するタスクを実行します。Performs tasks that are related to file allocation table (FAT) and NTFS file systems, such as managing reparse points, managing sparse files, or dismounting a volume. パラメーターを指定せずに使用されている場合Fsutilサポートされているサブコマンドの一覧を表示します。If it is used without parameters, Fsutil displays a list of supported subcommands.

注意

Fsutil を使用するには、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。You must be logged on as an administrator or a member of the Administrators group to use Fsutil. Fsutil コマンドでは、非常に強力ですし、Windows オペレーティング システムの詳細な知識を持っている上級ユーザーのみが使用する必要があります。The Fsutil command is quite powerful and should be used only by advanced users who have a thorough knowledge of Windows operating systems.

実行するには、Linux 用 Windows サブシステムを有効にする必要があるFsutilします。You have to enable Windows Subsystem for Linux before you can run Fsutil. この省略可能な機能を有効にする PowerShell で管理者として、次のコマンドを実行します。Run the following command as Administrator in PowerShell to enable this optional feature:

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

インストールされたコンピューターの再起動を求め。You'll be prompted to restart your computer once it's installed. コンピューターの再起動後を実行するをできるFsutilに管理者として。After your computer restarts, you'll be able to run Fsutil as an administrator.

パラメーターParameters

サブコマンドSubcommand 説明Description
fsutil 8dot3nameFsutil 8dot3name クエリまたはなど、システムでは、短い名前の動作の設定を変更、8.3 形式の文字長のファイル名を生成します。Queries or changes the settings for short name behavior on the system, for example, generates 8.3 character-length file names. ディレクトリ内のすべてのファイルの短い名前を削除します。Removes short names for all files within a directory. ディレクトリをスキャンし、短い名前は、ディレクトリ内のファイルから削除された場合に影響を受ける可能性がありますレジストリ キーを識別します。Scans a directory and identifies registry keys that might be impacted if short names were stripped from the files in the directory.
fsutil の動作Fsutil behavior クエリまたはボリュームの動作を設定します。Queries or sets volume behavior.
ダーティ fsutilFsutil dirty ボリュームの不良ビットが設定されているまたはボリュームの不良ビットを設定するかどうかを照会します。Queries whether the volume's dirty bit is set or sets a volume's dirty bit. ボリュームがダーティの場合は、ビットが設定、 autochkコンピューターが再起動したときに、ボリュームのエラーを自動的にチェックします。When a volume's dirty bit is set, autochk automatically checks the volume for errors the next time the computer is restarted.
fsutil ファイルFsutil file (ディスク クォータが有効になっている) 場合、ユーザー名でファイルを検索、ファイルに割り当てられた範囲をクエリ、ファイルの短い名前を設定、ファイルの有効なデータの長さを設定、ファイルのゼロのデータの設定、指定したサイズの新しいファイルを作成、名前を指定した場合は、ファイル ID を検索します、または指定されたファイル ID のファイル リンク名を検索します。Finds a file by user name (if Disk Quotas are enabled), queries allocated ranges for a file, sets a file's short name, sets a file's valid data length, sets zero data for a file, creates a new file of a specified size, finds a file ID if given the name, or finds a file link name for a specified file ID.
fsutil fsinfoFsutil fsinfo すべてのドライブを一覧表示して、ドライブの種類、ボリューム情報、NTFS に固有のボリューム情報、またはファイル システムの統計情報をクエリします。Lists all drives and queries the drive type, volume information, NTFS-specific volume information, or file system statistics.
fsutil hardlinkFsutil hardlink ハード リンク (ファイルのディレクトリ エントリ) の作成またはファイルの場合、ハード リンクを示します。Lists hard links for a file, or creates a hard link (a directory entry for a file). すべてのファイルは、少なくとも 1 つのハード リンクを持つと見なさことができます。Every file can be considered to have at least one hard link. NTFS ボリュームで各ファイルは 1 つのファイルは、多くのディレクトリ (または、異なる名前を持つ、同じディレクトリ内) を表示できるように複数のハード リンクを持つことができます。On NTFS volumes, each file can have multiple hard links, so a single file can appear in many directories (or even in the same directory, with different names). すべてのリンクは、同じファイルを参照するため、プログラムは、リンクを開くし、ファイルを変更します。Because all of the links reference the same file, programs can open any of the links and modify the file. ファイルは、すべてのリンクが削除された後にのみ、ファイル システムから削除されます。A file is deleted from the file system only after all links to it are deleted. ハード リンクを作成したら、プログラムの他の任意のファイル名のように使用できます。After you create a hard link, programs can use it like any other file name.
fsutil の objectidFsutil objectid ファイルやディレクトリなどのオブジェクトを追跡するために、Windows オペレーティング システムで使用されるオブジェクト識別子を管理します。Manages object identifiers, which are used by the Windows operating system to track objects such as files and directories.
Fsutil クォータFsutil quota ネットワーク ベースの記憶域をより正確に制御を提供する NTFS ボリューム上のディスク クォータを管理します。Manages disk quotas on NTFS volumes to provide more precise control of network-based storage. ディスク クォータは、ボリュームごとに実装され、両方をユーザーごとに実装できるハード- と論理的なストレージの制限を有効にします。Disk quotas are implemented on a per-volume basis and enable both hard- and soft-storage limits to be implemented on a per-user basis.
fsutil の修復Fsutil repair クエリまたはボリュームの自動修復の状態を設定します。Queries or sets the self-healing state of the volume. 必要とせず、NTFS ファイル システムをオンラインの破損を修正しようとして NTFS の自己修復Chkdsk.exeを実行します。Self-healing NTFS attempts to correct corruptions of the NTFS file system online without requiring Chkdsk.exe to be run. ディスク上の検証を開始して、修復が完了するまでが含まれています。Includes initiating on-disk verification and waiting for repair completion.
fsutil reparsepointFsutil reparsepoint 再解析ポイント (NTFS ファイル システム属性を持つオブジェクトを定義可能なユーザーの管理対象データを含む) をクエリまたは削除します。Queries or deletes reparse points (NTFS file system objects that have a definable attribute containing user-controlled data). 再解析ポイントは、入力/出力 (I/O) サブシステムでの機能を拡張するために使用します。Reparse points are used to extend functionality in the input/output (I/O) subsystem. ディレクトリの接合ポイントとボリューム マウント ポイントが使用されます。They are used for directory junction points and volume mount points. ファイル システム フィルター ドライバーでドライバーを特別なものとして特定のファイルをマークにも使用されます。They are also used by file system filter drivers to mark certain files as special to that driver.
fsutil リソースFsutil resource セカンダリ トランザクション リソース マネージャーを作成、開始、トランザクション リソース マネージャーを停止またはトランザクション リソース マネージャーに関する情報が表示されます、またはその動作を変更します。Creates a Secondary Transactional Resource Manager, starts or stops a Transactional Resource Manager, displays information about a Transactional Resource Manager or modifies its behavior.
fsutil スパースFsutil sparse スパース ファイルを管理します。Manages sparse files. スパース ファイルは、未割り当てのデータの 1 つまたは複数の領域を持つファイルです。A sparse file is a file with one or more regions of unallocated data in it. プログラムは、値が 0 バイトを含むようこれら未割り当てのリージョンが表示されますが、これらのゼロを表すためにディスク領域は使用されません。A program will see these unallocated regions as containing bytes with the value zero, but no disk space is used to represent these zeros. すべての意味のないデータが (ゼロのデータの大きな文字列で構成されます) が割り当てられていませんが、意味のある、または 0 以外のすべてのデータが割り当てられます。All meaningful or nonzero data is allocated, whereas all non-meaningful data (large strings of data composed of zeros) is not allocated. スパース ファイルが読み取られるときに格納されている割り当て済みのデータが返され、(C2 セキュリティ要件の指定に従って既定値) をゼロとして未割り当てのデータが返されます。When a sparse file is read, allocated data is returned as stored and unallocated data is returned as zeros (by default in accordance with the C2 security requirement specification). スパース ファイルのサポートにより、データをファイルに任意の場所から解除します。Sparse file support allows data to be deallocated from anywhere in the file.
fsutil の階層制御Fsutil tiering 設定してフラグを無効にすると、階層の一覧など、ストレージ層の関数の管理を有効にします。Enables management of storage tier functions, such as setting and disabling flags and listing of tiers.
fsutil トランザクションFsutil transaction 指定したトランザクションをコミットまたは、指定のトランザクションがロールバック トランザクションに関する情報が表示されます。Commits a specified transaction, rolls back a specified transaction, or displays info about the transaction.
fsutil usnFsutil usn ボリューム上のファイルに加えられたすべての変更の永続的なログを提供します。 更新シーケンス番号 (USN) 変更ジャーナルを管理します。Manages the update sequence number (USN) change journal, which provides a persistent log of all changes made to files on the volume.
fsutil ボリュームFsutil volume ボリュームを管理します。Manages a volume. クエリをどの程度空き領域がディスクを参照してください。 ボリュームのマウントを解除または指定されたクラスターを使用しているファイルを検索します。Dismounts a volume, queries to see how much free space is available on a disk, or finds a file that is using a specified cluster.
fsutil wimFsutil wim 検出し、WIM バックアップ ファイルを管理する機能を提供します。Provides functions to discover and manage WIM-backed files.

関連項目See also

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key